5歳の幼稚園生に建国記念日を分かりやすく説明するにはどんな風に説明したらいいでしょうか?
神武天皇がとか大和朝廷がとか言っても分からないと思うんで!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

建国記念日とは、わが国の誕生日を祝う祭りで、第1代神武(じんむ)天皇が御位(みくらい)に就(つ)かれた日です。



これを5歳のお子さんに話すには、『初代(初めての)天皇が天皇になり、日本という国が作られた日』だと説明されてはいかがでしょうか?

http://www.koubenomiya.or.jp/p5.html
    • good
    • 11
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。
幼稚園生に建国記念日!って思わず戸惑ってしまったんですがなるほどですね!

お礼日時:2002/02/12 22:06

春分、秋分は簡単ですよ。

「天動説」の時代から、太陽が真西に沈む日が「お彼岸」だったのだから。昼の長さと夜の長さが同じ(きっちりじゃないけれど)。
これから日が長くなるぞ、というのは農耕民族にとっては価値があるものですからね。
「成人の日」なんて、わからんなあ。それぞれの人が誕生日を迎えて成人になるのに、なんで全国いっせいに「成人の日」を、老若男女がやるんだ。

「○○の日」ってのは、結局は「○月は○○で酒がのめるぞ」の延長でしょうね。
    • good
    • 2

「今の天皇の祖先の神武天皇が即位して日本の国ができた日」でいいんじゃないですか?非常に分かりやすい祝日だと思いますが。


それが事実かどうかは成長すればわかることです。

それより次の春分の日のほうが難しいですよ。
「地球の地軸が、公転面に対し23.5度傾いているから…」なんて言っても分からないですよね。そこに仏教思想が絡むんですから…
どう説明しましょうか???
    • good
    • 3

いやあ、私にもわからないのですよ。

縄文時代に100年以上も天皇を務めた人が即位した、なんて・・。大阪から九州まで情報が伝わるのに何日かかるかわからないのに、全国的な「即位の日」の意味があるの・・?

戦前は「紀元節」といって建国記念日(さいしょは2月16日だったらしい)だったのですが、「記念日」という根拠がない、ということで「記念の日」(とりあえず、記念するだけなら日が確定していなくてもいい)と言う名前で、日付けについても、他の祝日が法律で定められているのに対して、「記念の日」は定められていません。内閣で相談して決める事になっています。「来年は金曜日にして連休にしよう」ということも、他の祝日ならば国会で法改正が必要ですが、「記念の日」は、「いつ記念するか」を小泉さんが言い出せば変更できます。

いってみれば、パーティのネタみたいなもん?
    • good
    • 2

細かいですが、建国記念日ではなく、「建国記念の日」ですね。

    • good
    • 5

日本という国の「誕生日」ではどうでしょうか?

    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど!
端的でわかりやすですね!

お礼日時:2002/02/12 22:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q天皇陛下の呼び方ですが、現在の天皇陛下を「平成天皇」と呼ぶことは間違っ

天皇陛下の呼び方ですが、現在の天皇陛下を「平成天皇」と呼ぶことは間違っているのですか?正しい呼び方は何でしょうか?

Aベストアンサー

間違いです

天皇陛下

または

今上天皇 

昭和天皇などの「昭和」の部分は
諡号 といい、没後、その遺徳をしのんで、決めます。
「明治」「大正」「昭和」の三代にあたり、年号を諡号とすることが慣例となりましたが
けして、そうしなければならないというわけではありませんので、
「平成」の代の天皇陛下が、逝去後 平成天皇になるか定かでないので・・・
「平成(みこみ)天皇」では、ちょっと\(^^;)

Q古代の大和政権以外の王国についてよくわかっていない理由 飛鳥時代以前、日本には大和政権以外の王国が

古代の大和政権以外の王国についてよくわかっていない理由

飛鳥時代以前、日本には大和政権以外の王国が複数あったとの記録があります。 
出雲国、吉備国、筑紫国あたりが代表的だと思いますが、これらの古代王国についてどのくらい分かっているのでしょうか? 

歴代の王、首都、滅亡の経緯など、考古学が進歩した現在においてはある程度分かっていてもおかしくないと思うのですが。 
それとも、考古学の世界においては未だに皇国史観に支配されており、大和政権以外の王朝の歴史を調べるのは現在もタブーとされているのでしょうか?

例えば、古代の吉備王国は岡山のどこに首都を構えていて、誰が統治しており、何の産業によって栄え、どういう経緯で滅びたか、ほとんど解っていないし、研究する人もいないように思います。

Aベストアンサー

出雲その他がヤマト政権の傘下に加わったのは、相当古い時代のことですから、記録がないのは無理もありません。吉備や筑紫は、ヤマト政権ができたとき(多分3世紀前半)、すでにその一員だったようです。「ヤマト政権に滅ぼされた」わけではなく、西日本各地の勢力が連合して、ヤマト政権をつくったという形でしょう。
出雲はやや遅れたかもしれませんが、それでも多分4世紀のうちには、ヤマト政権に服属(または参加?)したはずです。

> それとも、考古学の世界においては未だに皇国史観に支配されており、大和政権以外の王朝の歴史を調べるのは現在もタブーとされているのでしょうか?
そこまで人間性の腐った研究者は、多くはないでしょう。資料不足で、わかっていることが少ないだけです。

ヤマト政権ができる以前の歴史は、『古事記』『日本書紀』でも神話の世界で(国譲り神話もその一部)、史実をどの程度反映しているかはわかりません。中央政権でもその有様ですから、地方の国々の歴史に謎が多いのは(記紀・風土記の物語や考古資料から、一部を推定することはできます)、当然と言えば当然です。

> 首都と歴代の王、主な産業くらいはわかってもよさそうです。
まず歴代の王の名は、文献がないのでわかりません。「王墓級」とみられる巨大な墓に葬られている人物が、多分この地方の王だったのだろう、という推測が成り立つ程度です。
次に首都ですが、古墳時代までの日本の住居跡は、柱穴くらいしか残されていません。「王宮」の類が判別しにくいので、首都を特定するのは困難です。ヤマト政権の王宮跡でさえ、発掘で確認された最も古い例は、推古天皇の「豊浦宮」跡です(雄略や用明の宮跡についても、有力な候補はありますが)。
http://sakuwa.com/yw62.html
産業については、遺跡からある程度わかります。たとえば出雲は、玉類(管玉・勾玉など)の製作が盛んだったようです。

寺沢薫『王権誕生』(講談社学術文庫)↓によれば、ヤマト政権ができる前(2世紀ごろ)の各地の状況は、以下のように推定されています(もちろん、あくまで一説です)。
http://www.honyaclub.com/shop/g/g12539804/

出雲:出雲半島の東部と西部に大きな勢力があり、統一されてはいなかったようです。東部では安来市の塩津山墳墓群、西部では出雲市の西谷墳墓群が、王の墓と考えられています。
吉備:吉備地方の国々がまとまって、連合をつくっていたようです。吉備国連合のリーダーの墓は、総社市の楯築遺跡です。
筑紫:伊都国・奴国など、多くの国々がありましたが、2世紀には伊都国を中心にまとまっていたとされています。糸島市の平原遺跡が、伊都国王(伊都国連合のリーダーでもある)の墓でしょう。

古代の地方史については多くの本が出ていますが、トンデモの類も多いです。比較的あてになりそうなものだけ挙げておきましょう。
『列島の古代史(1)古代史の舞台』岩波書店
http://www.honyaclub.com/shop/g/g12250137/
『出雲の考古学と「出雲国風土記」』学生社
http://www.honyaclub.com/shop/g/g12253835/
『邪馬台国時代のツクシとヤマト』〃
http://www.honyaclub.com/shop/g/g12267341/
『古代を考える 出雲』吉川弘文館
http://www.yoshikawa-k.co.jp/book/b32351.html
『古代を考える 吉備』〃
http://www.yoshikawa-k.co.jp/book/b32361.html
『古代吉備王国の謎』山陽新聞社
http://honto.jp/netstore/pd-book_01182631.html

出雲その他がヤマト政権の傘下に加わったのは、相当古い時代のことですから、記録がないのは無理もありません。吉備や筑紫は、ヤマト政権ができたとき(多分3世紀前半)、すでにその一員だったようです。「ヤマト政権に滅ぼされた」わけではなく、西日本各地の勢力が連合して、ヤマト政権をつくったという形でしょう。
出雲はやや遅れたかもしれませんが、それでも多分4世紀のうちには、ヤマト政権に服属(または参加?)したはずです。

> それとも、考古学の世界においては未だに皇国史観に支配されており、大和...続きを読む

Q高学歴で向学心のあるインテリな両親(教員とか法律家とか医者とか院卒とか

高学歴で向学心のあるインテリな両親(教員とか法律家とか医者とか院卒とか)から生まれる子供と、
そうでない親から生まれる子供の間には
子供の教育において、かなりのハンデがあると思うんですが、
本当でしょうか?

Aベストアンサー

これはもう、教育社会学では常識です。特に難しい論文でなくても、一般向けの書籍でいくらでもそうした調査結果は出ていますから、お読みになったらいかがでしょうか?
もちろん、個々には「例外」もありますが、統計的には(つまり確率的には)はっきりと有意に差があります。

例えば、お茶大の調査結果ですと、低学力の子どもの保護者の特徴として
・携帯でゲームをする
・カラオケが好き
・スポーツ新聞、女性週刊誌を良く読む
・テレビが好き
・競馬、パチンコなどのギャンブルが好き

逆に高学力の子どもの保護者の特徴としては
・家庭に雑誌や漫画以外の本がたくさんある
・(携帯よりも)パソコンでメールをする
・新聞の政治経済欄を良く読む
・美術館などによく行く
・食事の時にテレビを見ない

等々が挙げられていますね。
これは、つまり家庭の「文化」と学校の「文化」の親和性が高いということで、そのため、子ども達が教師の言葉や学習の言葉に対して、親しみを感じ、理解力が高くなるためではないか、と言われています。

Q最近 脳のバックアップとかクラウド化とかサイボーグ化とか あまりにも人類が人間離れしすぎていて その

最近 脳のバックアップとかクラウド化とかサイボーグ化とか あまりにも人類が人間離れしすぎていて そのうち あの世や魂が無いことも証明されてしまうような気がして恐いです そんな世の中にこれからなっていってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

そのうち あの世や魂が無いことも証明されてしまうような
気がして恐いです
 ↑
ハイ、時間の問題ですね。
事実、分子生物学では魂など存在しないと
断言する専門家が多いです。

ノーベル賞を受賞した、利根川進先生も、
魂は存在しない、と明言していました。

恐いというのは納得です。
あの世や魂など存在しない、とする世界は
人心が荒廃し、犯罪が増えるような気がします。



そんな世の中にこれからなっていってしまうのでしょうか?
    ↑
なっていくと思いますが、それは証明とは
あまり関係ないでしょう。

科学技術大国である米国では未だに宗教が
大きな力を持っていますし、
進化論など信じない、という人が沢山おります。

科学がいくら発達しても、宗教は宗教で残ります。
宗教が残れば、魂やあの世も存続し続けます。

Q物語風に世界史を学べる書籍がありましたらご紹介ください。 国別ではなく欧州とかイスラムとか中国とかの

物語風に世界史を学べる書籍がありましたらご紹介ください。
国別ではなく欧州とかイスラムとか中国とかの分け方で。

Aベストアンサー

宝島社の本でしたら詳しくわかりやすく書いてありますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報