亡くなった祖父が保管していた土地売買契約証書を発見したのですが、32年も前のもので、北海道の原野(100坪)を25万円で購入したものでした。
ところが土地近辺の役場に連絡したところ、証書にある土地の番地は存在せず、買主である祖父の名前も登録されていないとのことでした。
さらに現在では土地の所有会社も存在せず、倒産したのか会社名を変えたのか、行方すら分かりません。
そして不可解なのは「土地の権利書」が無いということです。(紛失するなどということはありえません)
購入した土地(存在していませんが)は現在も原野のままで、一坪あたりの単価も数十円だそうです。
祖父はその土地の1000倍近いお金を払って当時購入したのです。典型的な原野商法だと言われました。
せめて契約条項の義務不履行に基づく「手付金の返金」だけでもしてもらえないかと考えているのですが、この場合どうすればよいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

結論としては、諦めた方が良いでしょう。


父が「心の遊び」で同じ時期に似たような値段で200坪買っています。評価額は千円程度。 所有者変更の相続登記をして、今はいつ北海道に取りに行こうか・・・ 思案中です。
人も踏み入れた事もないような土地だという話も役場で聞きました。
「夢を見たんだなぁ」と割り切っています。
    • good
    • 3

残念ながら話が昔のこと過ぎます。


相手が見つかったところで時効です。

>この場合どうすればよいのでしょうか?

どうにも出来ません。
    • good
    • 1

原野商法を展開して、土地の権利書を渡すまでにドボンした業者でしょうね。


なので、誰から返してもらうのですか?
それに、時効でしょう。
    • good
    • 5

>現在では土地の所有会社も存在せず、倒産したのか会社名を変えたのか、行方すら分かりません。


これでは、返金を請求する相手すら、わからない状態ですね。

25万円の手付け金がいくらかわかりませんが、請求先を調査する方がコストがかかりそうです。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q原野商法をスクワッティングする方法

初めまして、

北海道某所に別荘地を買いました。
役所にて周りの地権者を調べたところ、隣が原野商法の売れ残りの土地のようなのです。

原野商法とは、20年から30年前に関東関西で流行った、一種の詐欺です。
原野を区画して別荘地に造成したように見せかけ、新幹線が通るから、地価が上昇すると売りつける、
会社がたくさんあったそうです。

実際僕が買ったところも、もと原野商法の土地だったようです。
幸い、リゾート地なので地元の土建会社が管理しライフラインは通っています。
別荘はちらほら最近になって増えてきたようなところです。

で、その売れ残りの土地を自分のものにする方法を有識者の方に是非教えていただきたく思います。

噂では、その土地の税金を税務署で7年払うと、自分のものになる、とか、
はがきをその住所に届けとけば10年で裁判を起こされても勝てるとか。
時効成立とか。

実際に地価が上昇しているところなので、その権利書を持っていた詐欺社長が、上昇していることに気付けば、それを売りに出すってことも考えられるとは思いますが…。

スマートな皆さん、よろしくお願い致します。

初めまして、

北海道某所に別荘地を買いました。
役所にて周りの地権者を調べたところ、隣が原野商法の売れ残りの土地のようなのです。

原野商法とは、20年から30年前に関東関西で流行った、一種の詐欺です。
原野を区画して別荘地に造成したように見せかけ、新幹線が通るから、地価が上昇すると売りつける、
会社がたくさんあったそうです。

実際僕が買ったところも、もと原野商法の土地だったようです。
幸い、リゾート地なので地元の土建会社が管理しライフラインは通っています。
別荘はちらほら最近に...続きを読む

Aベストアンサー

それを真剣に頑張ったとして・・・

所有権移転にハンコを入れてくれる、司法さんが居ないと思いますよ、
確信犯、ほぼ確信犯、を含め、問題発覚時、自分の首が飛ぶから。

自ら、司法の資格を取る、と言う手もありますね。

Q亡くなった父親の土地売却について

こんにちは。

皆様のお知恵を拝借したいと思い、下記の質問をさせていただきます。


5年前に父親が死去しましたが、土地の名義は父親のままで残っています。母親、兄、私の3人が法定相続人となりますが、家族間の揉め事等々今まで色々なことがあり、最終的に、この土地は私一人のものとなり、売却を考えています。


1)父親の死去後、父親名義の土地を売却するには、まず、土地の名義を私のものにする必要がありますか?
2)名義を変更するにあたり、相続に関する手続きをする必要がありますか?この際、母親、兄の承諾(押印)が必要でしょうか?
3)父親名義のままで、土地の売却は出来ると不動産会社の営業マンが入っていますが、本当でしょうか?
4)土地の評価額は5000万円くらいですが、相続するとなると、相続税は発生するのでしょうか。相続しないで売却する場合、譲渡税が発生するのでしょうか。
5)相続しないで売却した場合、その売却益は確定申告をすればよいのでしょうか。


母親、兄は一旦は土地の処分を全て私に一任し、利益(損益)が出ても一切関知しない、という念書を書いたのですが、いざ、売却しようという段階になると、お金が欲しいと言い出しました。父親の死去後、固定資産税を支払ってきたのは私ですし、母親と兄の念書があるので、万が一、相続ということになっても、二人の言い分は却下できると思っていますが、そのあたりも、どなたか教えて下さい。


何卒宜しくお願いします。

こんにちは。

皆様のお知恵を拝借したいと思い、下記の質問をさせていただきます。


5年前に父親が死去しましたが、土地の名義は父親のままで残っています。母親、兄、私の3人が法定相続人となりますが、家族間の揉め事等々今まで色々なことがあり、最終的に、この土地は私一人のものとなり、売却を考えています。


1)父親の死去後、父親名義の土地を売却するには、まず、土地の名義を私のものにする必要がありますか?
2)名義を変更するにあたり、相続に関する手続きをする必要がありますか?こ...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

1.質問者様名義にする必要があります。被相続人名義のまま第3者に所有権移転登記をすることはできません。

2.相続を原因とする所有権移転登記をする必要があります。質問者様が相続することを証する書類が必要となります。戸籍関係書類に加え、遺産分割協議書・特別受益証明書などがこれに該当します。質問者様以外の法定相続人(質問のとおりなら、母と兄であり、叔父さんなどは相続人にはなりません)の実印の押印・印鑑証明書は「必須」です。「念書」の内容が相続証明書の一部として適切であったとしても印鑑証明書も必ず必要です。

3.父親が売却し、書類が整っているが登記だけ未了と言う状態で亡くなったのなら、その方法もありますが、質問のケースでは1で記載したとおりできません。不動産会社の営業マンにその真意と根拠(条文・先例)などを示すように要望してみてください。

4.相続税は基礎控除があります。質問のケースでは8000万円までは相続税はかかりません。評価5000万円の土地とその上物ですので、基礎控除額内だと思います。相続しないで売却はできません。譲渡税は当然かかります。

5.相続しないで売却はできません。当然確定申告する必要があります。

司法書士に依頼すれば相続関係書類を作成し、他の法定相続人にその書類が意味するところを説明することはできますが、最終的に母と兄に押印をしてもらうには質問者様自らの力で承諾を得なくてはなりません。

登記のことが中心になりますので、まずは司法書士に相談してください。各都道府県の司法書士会では無料相談会にも積極的に取り組んでいるはずです。利用してみてはいかがでしょうか。↓「日本司法書士会連合会」のホームページ、左側メニューの「全国の司法書士会一覧」で最寄の司法書士会の連絡先が分かります。

参考URL:http://www.shiho-shoshi.or.jp/

こんばんは。

1.質問者様名義にする必要があります。被相続人名義のまま第3者に所有権移転登記をすることはできません。

2.相続を原因とする所有権移転登記をする必要があります。質問者様が相続することを証する書類が必要となります。戸籍関係書類に加え、遺産分割協議書・特別受益証明書などがこれに該当します。質問者様以外の法定相続人(質問のとおりなら、母と兄であり、叔父さんなどは相続人にはなりません)の実印の押印・印鑑証明書は「必須」です。「念書」の内容が相続証明書の一部として適...続きを読む

Q原野商法ですか・

今から約40年前に、母が南伊豆町の市之瀬と言うところの山林を購入しました。
当時140坪、600万円したそうですが、現在の評価額はだいたい、一坪
4000円くらいだそうで、ほとほと困っています。
母も91歳と高齢で事情も分からず、この土地をどうしたものか迷っています。
これって、原野商法にひっかかったんでしょうか。

Aベストアンサー

原野商法であったとしても 今さら どうしようもありません
刑事事件でも 民事事件(損害賠償請求)でも 時効期間が終了しています。
どうしようといわれても 売るのも自由 そのまま持っていて別荘用地にするのも自由 としか言いようがありません。

Q「土地の権利書」の保管場所・保管方法

皆様、どうなさってますか?
また、どうするのがbestでしょうか?

土地の権利書をどこに閉まっておくのが安全でしょうか?

貸し金庫はコストが掛かるし・・・
必ずしも安全とは言えないような気がします。

保管場所・方法・色々とご意見下さい!

Aベストアンサー

 私の家では、権利書、保険証書などまとめてダイヤル式の
防火金庫(防盗は高いので)に入れています。
 尚お金は入れて居ません。

Q原野商法まがい

ワンルームマンションの赤字解消のための唯一の解決策として、那須高原の別荘地の土地を買って2年後には建て売りにして販売すれば、土地代分のついては3倍になるので、それで解決できます。という触れ込みで勧誘され550万(50坪)契約をしてしまいました。改めて考えたらどうもおかしいだろうといろいろ調べると、周辺の実勢価格は坪1~2万円、3倍になるなんてありえないという現地の不動産の話。消費者センターの相談員の方に入ってもらい、消費者制約法にもどづいて解約を要請していますが、なかなか応じてくれない状況です。相手は3倍なんて言った覚えはない、こちらから勧誘してはいないなどうそばかり言っています。消費者契約法による解約全額返還をする良い方法はありますか。都知事免許も取っている不動産会社なのにひどい商売と対応に怒りを感じています。

Aベストアンサー

こんにちは
まず、客観的な証拠がなければ法的手続きは難しいのではないかと思います。ただ、東京都庁には不動産業に免許を発行しているという関係上、これを指導する責任があり、住宅局不動産業指導課という部門があります。
東京都庁 住宅局不動産業 指導部指導課 (03-5321-1111)
ここには相談窓口があり、様々な相談を元に不動産業を指導します。業者の方も、ここに悪評を持たれると免許更新の障害になることを恐れるので、少なくとも精神的なプレッシャーにはなります。また、同じような被害にあっている人と連絡が取れれば、お一人ではなくできるだけ多くの被害者とともに相談した方が良いと思います。一件だけの苦情ですと、指導する側にも迫力がなくなりますが、複数人が同じような被害に遭っているとなれば、話は別です。
また、同じような被害に遭っている人の中に、だまされたということを裏付ける証拠となるようなメモや録音などがあれば、強いとおもいます。また、不動産業は免許取得の際に、顧客の債券保護を目的として、都庁に供託金を差し入れています。これを差し押さえできれば、相手はビビります。だまされたという証拠なしに差し押さえができるかどうかまでは存じませんが、そんなこともできるのかどうかとうことも含めてご相談されることをお勧めいたします。できるならば、電話ではなく、実際の出向いた方が相談員も真剣になってくれます。

こんにちは
まず、客観的な証拠がなければ法的手続きは難しいのではないかと思います。ただ、東京都庁には不動産業に免許を発行しているという関係上、これを指導する責任があり、住宅局不動産業指導課という部門があります。
東京都庁 住宅局不動産業 指導部指導課 (03-5321-1111)
ここには相談窓口があり、様々な相談を元に不動産業を指導します。業者の方も、ここに悪評を持たれると免許更新の障害になることを恐れるので、少なくとも精神的なプレッシャーにはなります。また、同じような被害にあっている人と...続きを読む

Q土地の個人売買(土地の評価方法&司法書士の選び方)

両親の持ち家を個人的に売買する話があります。当然、素人ではこなせない手続きがたくさんあるので、専門家に依頼しなくてはと思っております。この場合の司法書士の選び方と、土地の値段の決め方などをアドバイスいただきたいのです。

1:リハウスメーカーの診断を利用して評価額を知り、その値段を参考に売値を決めるという感じは妥当でしょうか?
または不動産鑑定士にきちんと鑑定してもらったほうがいいのでしょうか?
1-2:売値についての算出方法(例えば評価額の9掛けなど)は説明すべきこととなるでしょうか?

2:司法書士はどのように選ぶのでしょうか?法務局に相談して紹介してもらう?司法書士事務所に飛び込みで入ってお願いする?

3:市場を見ますと、土地のみの価格は1200万です。
3-1:築25年の木造物件ですので、リフォーム済みとはいえ古屋あり扱い、上物の価格は考慮されないですよね?
3-2:業者に売る場合はその8掛けの960万となるようですが、個人売買だと9掛けくらい(1080万)にするのは妥当でしょうか?
3-3:だいたい1080万で売るとして、この場合本当に個人売買のほうがコスト的に得でしょうか?大差ないなら確実な不動産屋を通したほうが良いかとも思います。

4:司法書士への報酬、書類手続きの手数料は買主負担でいいでしょうか?(協議の上決めると思うのですが)。また、贅沢を言わなければ住める状態ですので、取壊し費用は買主負担(物件の売買契約に含まない)で良いと思うのですがいかがでしょう?

類似の質問を読みましたが、いくつか解決できなかったことがあるので質問させていただきました。全てではなくとも一部でも、ご存知のことがありましたら教えてください。

両親の持ち家を個人的に売買する話があります。当然、素人ではこなせない手続きがたくさんあるので、専門家に依頼しなくてはと思っております。この場合の司法書士の選び方と、土地の値段の決め方などをアドバイスいただきたいのです。

1:リハウスメーカーの診断を利用して評価額を知り、その値段を参考に売値を決めるという感じは妥当でしょうか?
または不動産鑑定士にきちんと鑑定してもらったほうがいいのでしょうか?
1-2:売値についての算出方法(例えば評価額の9掛けなど)は説明すべきことと...続きを読む

Aベストアンサー

注意点を順番にご説明いたします。
【土地の評価】
土地の評価は路線化、固定資産税の評価額と色々ありますが、やはり実勢価格です。
不動産鑑定士の方の個人の土地の評価は、たいして当てになりません。
不動産業界の方のほうが実勢価格を把握しておられるようですね。
価格は相手側と支払い条件など話し合われて決めるといいでしょう。
売却を急ぐと安い価格で契約をすることになりますので、
急がないことが大切ですね。値段が合わなかったら断る気持ちが大切です。
一言「話はなかったことにしてください」と言えばイイデスネ。
【司法書士】
司法書士を撰ぶのは、買い手が決めます。売る側はノータッチです。
相手側も全くあてがないときは、取引のある銀行に紹介してもらうといいでしょう。
必ずお金と交換に権利証、印鑑証明を渡すように。
手付け金の時は渡す必要はありません。
【家屋の評価】
築25年ですとほとんど評価無しですね。
むしろ更地の方が早く売れることもあります。
相手が更地を希望すると取り壊しの負担が増えます。
【売買】
個人でも業者が入っても価格の面は当事者が決めるので関係はないですが、
多少安くても支払いの条件がいい方をを選ばれたほうが良いでしょう。
ローン特約とか分割とかを条件にする方はやめたほうがイイデスネ。
【登記費用】
買主が負担します。しかし各自の契約書の印紙代は負担する必要があります。
【境界、測量】
また境界がはっきりしない時は売主が責任を持って
はっきりさせる必要があります。
買主が更地で購入するという場合は、取り壊しの費用は売主の負担となります。

下記のサイトをお読み下さい。
参考になるかと思います。うまく売買が成立されることを祈っています。

参考URL:http://www.interq.or.jp/japan/office-s/

注意点を順番にご説明いたします。
【土地の評価】
土地の評価は路線化、固定資産税の評価額と色々ありますが、やはり実勢価格です。
不動産鑑定士の方の個人の土地の評価は、たいして当てになりません。
不動産業界の方のほうが実勢価格を把握しておられるようですね。
価格は相手側と支払い条件など話し合われて決めるといいでしょう。
売却を急ぐと安い価格で契約をすることになりますので、
急がないことが大切ですね。値段が合わなかったら断る気持ちが大切です。
一言「話はなかったことにしてくだ...続きを読む

Q過去の新聞、平成元年頃の新聞をみたい(読売新聞)

ある事件に巻き込まれております。原野商法の二次被害です。群馬の長野原町ですが、当時の新聞がみたいです。何か方法有りますか?

Aベストアンサー

公立図書館なら殆どの所に縮刷版(東京本社最終版)があります。
群馬県版なら県立図書館に原紙とマイクロフィルムで保存されています。
有料ですがWEBで閲覧できます。
http://www.yomiuri.co.jp/database/

Q公正証書・…土地店舗トラブル

公正証書(事業用借地)を守らなかった場合にかかる
使用損害料はどのくらいでしょうか??
土地は250坪、鑑定士によると
一坪あたりの実勢価格は25~27万程度です。
使用年数は15年で契約、無断で土地に別の建物を建て、
第三者(私←知らずに借りました)に店舗として貸しております。
建物の登記(どちらも)はありません。
賃料も現在20万超のところ、2年間限定の値下げを経て、
期間は過ぎたのにもかかわらず12万程度しか払っていないようです。
ちなみに私は借家に対し10万(!)払っております。
ついでに土地を借りている者と第三者(私)に建物を貸している
契約者は別名です。
どうでしょうか?どう考えてもおかしい気がするのですが…
現在私は内容証明により無料での立ち退きを要求されました。
使用損害料と立ち退き金の事を教えていただきたいです。

Aベストアンサー

公正証書による15年の事業用定期借地権だと思いますが
不明な点を質問します。

質問者さんは、地主より事業用定期借地にて借りた人が建てた建物を借りているのですか?
また、その借りている建物を第三者に又貸ししている?

>どうでしょうか?どう考えてもおかしい気がするのですが…

何がどのようにおかしいのでしょうか?
もう少し詳しく説明ください。

Q土地の権利の放棄について

30~40年ほど前、原野商法というのに引っかかって、北海道に土地を持っていますが、後々のことを考えて権利を放棄したいのですが、どのようにすれば可能でしょうか?ご教示のほどお願いいたします。

Aベストアンサー

 数年前、父の相続で相続財産の中に『北関東某県某市 山林 4千坪』と言うのがあり、調べると、保安林の指定があって木を切ることも出来ず、第一、場所がわからない!(これは山林の場合はよくあることです)ので会計士に言われて税務署に相談に行きました。
 税務署員曰く、『評価格の50%が控除されますが、相続財産に算入して下さい。相続税はかかります。誰かにあげればその方に贈与税がかかります。国に寄付されると税金はかかりません!』
 “脅し”に屈せず?未だに所有しています(~_~;)
 ご参考まで。

Q不動産売買 住宅の売買 不動産個人売買

自宅の売買を予定しています。(一戸建+土地)個人での不動産売買ができないか検討していますが、その際のメリット、デメリットを教えてください。素人はやはり専門家(不動産業者)へお願いしたほうが良いのでしょうか?できるだけ手数料等も抑えたいのですが。。。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

元業者営業です

メリット
●仲介手数料なし

デメリット
●買い手はどのように見つけるか(既にいる場合は除く)
●契約業務(契約書作成)
●引き渡し後の各リスク(瑕疵担保等)
●買い手がローンを借りられないケースが多い。現金のみでしか売れない
(銀行は契約書、重要事項の説明書の提出を義務付けている)

ご質問者が不動産取引に関するトラブル時に対応できる、知識、時間、お金があるのならご自身で大丈夫でしょう。
そうでないなら業者を間に入れることをお勧めします。業者仲介であればトラブル時の責任は業者に多くかかりますので。

以上、参考までに。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報