おそらく商用車用のタイヤだと思いますが、165R13-6PR-LTというタイヤの偏平率を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

82です。



参考URL:http://www2.bridgestone.co.jp/hq/index.html
    • good
    • 0

この場合のタイヤの記号について。


165 タイヤの幅を示します。この場合、165mmです。
R ラジアルタイヤを示します。
13 ホイールの大きさです。インチ単位で示します。
6PR JATMA(社団法人日本タイヤ協会)が定める
プライレ-ティングと呼ばれるタイヤ強度を示す記号です。
LT ライトトラックの略で、タイヤの仕様用途を示す記号です。
以上、簡単にご説明しました。
    • good
    • 0

そうそう、扁平率の表示が無いのは、82なんです。


交換するんでしたら、指定のPR(6PR?)未満では、
車検に通りませんよ。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QR言語で統計分析を始めたい

カテゴリ違いかもしれませんが、
ここなら適切な回答を頂けると思い質問します。

本日ちょっとした出来事がありまして統計分析とR言語に強烈な興味をもちました。
しかし、残念ながら中学の数学もろくにできないような人間ですので
統計学を学ぶにはどの位のレベルの数学知識が必要かが知りたいです。

今目標としているのは財務省が発表している輸出入貿易統計を使って
今後どの国に何を輸出したらよいかという指標を自分で算出したいと思います。

データ参照元↓(財務省統計ページ)
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001100843


こういった予測をするのに必要な数学レベルを教えてください
そこから統計分析、R言語と進んで行けたらと思います。
よろしくお願いします。


余談ですが英語が読めたりコピペでVBAプログラムを多少作る事はできます。

Aベストアンサー

統計は、今ある数値を解析するものです。つまり、過去の出来事です。
やりたいことは未来の予測なので統計とは違いますね。
統計手法の中で、大量のマトリックスデーターを使って傾向分析をして、予測をすることができるものとして、近いものとしては、重回帰分析でしょうか。

Q15インチホイールと165/55R15タイヤの組み合わせ この15インチホイールに165/55R15以外で可能なタイヤサイズは?

15インチホイールに
165/55R15 
のタイヤが付いている車に

タイヤ交換として
先述の15インチホイールに
先述サイズ以外のタイヤを取り付けることは可能なのでしょうか?

付けられるとしたらどんなサイズになりますか?
○○○/○○R○○ 形式でお答えいただけますか?

その場合の安全性に関しては上下するのでしょうか?

お車に関するお仕事にかかわりのある方様
並びに的確な御答えをいただける方様

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

極端にサイズを変えなければ
履けますが タイヤ外形が変わり メーター誤差が出ます。

同じタイヤで 55扁平のままと仮定し
185・55など幅を広くすると 
外形は大きくなります メーター速度は遅く表示され トリップメーターは少なく加算
幅が広がり 燃費加速は悪化傾向になります グリップは良くなりそうですが 過剰な幅ですし μの低い 未舗装路やウエット路面では 滑り易くなります。
大きすぎると ボトムした際 インナーフェンダーを擦り 剥がし取ってしまうことも有ったり ハンドル 切った際に 内側にタイヤが擦れることも有ります。

155・55と 幅を細くした場合 
外形が小さくなり 速度は速く表示されます トリップメーターは 多く加算されます。
車高が下若干がります フェンダー隙間が広く 見栄えがわるくなります
走りは軽く感じますが 多く回転させないと 進まないので 燃費面でもメリットありません グリップ力は細くなった分 落ちるでしょう
コーナーなど怖くなります。

基本 ドアを開け 車体に貼られた タイヤ空気圧表示に書かれてる
タイヤサイズ以外は 
適合サイズではなく 車検には通りません
インチUPするにしても 外形サイズを狂わせないような サイズ選び
幅と扁平率のチョイスが必要です。

サイズを変える メリットがありません(自己満足だけの世界)

サイズを変える目的が明確で無い限り(スポーツ走行など)は、純正サイズをお勧めします。
純正15incなら 純正サイズ
インチUP 2インチUPするなら 多少変える(変わってしまう)程度でしょうか。

極端にサイズを変えなければ
履けますが タイヤ外形が変わり メーター誤差が出ます。

同じタイヤで 55扁平のままと仮定し
185・55など幅を広くすると 
外形は大きくなります メーター速度は遅く表示され トリップメーターは少なく加算
幅が広がり 燃費加速は悪化傾向になります グリップは良くなりそうですが 過剰な幅ですし μの低い 未舗装路やウエット路面では 滑り易くなります。
大きすぎると ボトムした際 インナーフェンダーを擦り 剥がし取ってしまうことも有ったり ハンド...続きを読む

Q統計ソフトRの表をワードにはりつけたい

お世話になります。

タイトルの通りなんですが、統計ソフトRで、統計解析した後に出力した表をウインドウズのワードにはりつけたいんですが、どのようにしたらよいでしょうか。
パソコンが苦手でやり方が分からないので回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

統計ソフトR・・・使ったことがないので、画面イメージを図として貼り付けで構わないのであれば。
[Prt Scrn](ノートは[Fn]+[PrtSc])で画面コピー
ペイントを起動して、編集→貼り付け、ツールボックスの点線四角枠ボタンを選んで、必要範囲にトリミングしたものをコピー。
Wordを起動して、編集→貼り付け、または編集→形式を選択して貼り付け→図
でどうでしょうか。
 

Qタイヤ交換について(タイヤ幅と偏平率)

明日タイヤを購入予定ですがホイールに適合したタイヤ幅に
変えたいので教えて下さい。
◇現状
(1)車種:アクシス ステージア(M35)
(2)標準:225/45R18 91W 8J/18
(3)現装着ホイール:(前)BBS RG-R 8.5J/18 (後)BBS RG-R 9.5J/18
(4)現装着タイヤ:(前)225/45/18 (後)225/45/18
◇質問
後輪に関してですがリム幅(9.5J)に対してタイヤ幅 (225)が
小さいので245にしようと思うのですが、外径を考慮すると
偏平率は45から40にした方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

外径を245にすると、偏平率は40がもっとも近いサイズですね

参考URL:http://www.tiresize.net/rim/rim.htm

Q統計ソフトRを用いた回帰直線の傾きの検定法

統計ソフトRの初心者です。
回帰直線を引くところまではできるのですが、傾きの検定はRでできますでしょうか?Rで簡単にできる方法があれば教えていただきたいと思います。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

preタグが使えないので見にくいですが、、、

g.dat <- as.factor(rep(c(1, 2), c(5, 6))) # グループを表す変数
x.dat <- c(1.3, 1.5, 1.5, 1.8, 2.0, 1.5, 1.5, 1.8, 1.8, 2.0, 2.2) # 説明変数
y.dat <- c(17.3, 15.6, 14.1, 13.8, 10.2, 17.8, 15.8, 16.0, 13.6, 11.2, 10.2) # 目的変数
mydata <- data.frame(Y = y.dat, X = x.dat, group = g.dat) # データフレームの作成

# 関数two.slopeを定義する
two.slope <- function(dat){
attach(dat) # 引数に指定されたデータフレームにパスを通す
# データフレームより各群のデータを抽出
Y1 <- Y[group==1]
X1 <- X[group==1]
Y2 <- Y[group==2]
X2 <- X[group==2]

# 2本の回帰直線を求める
model1 <- lm(Y1 ~ X1)
model2 <- lm(Y2 ~ X2)

# それぞれの残差を求め、残差平方和を求める
m1.resid <- sum(resid(model1) ^ 2)
m2.resid <- sum(resid(model2) ^ 2)
SSr <- m1.resid + m2.resid

# 各群の平均値
y1.M <- mean(Y1)
y2.M <- mean(Y2)
x1.M <- mean(X1)
x2.M <- mean(X2)

# 2つの回帰直線が平行であるとしたときの推定値と残差平方和
sum1 <- sum((X1 - x1.M) * (Y1 - y1.M))
sum2 <- sum((X2 - x2.M) * (Y2 - y2.M))
sum3 <- sum((X1 - x1.M) ^ 2)
sum4 <- sum((X2 - x2.M) ^ 2)
b <- (sum1 + sum2) / (sum3 + sum4)
a1 <- y1.M - b * x1.M
a2 <- y2.M - b * x2.M
sig1 <- sum((Y1 - (a1 + b * X1)) ^ 2)
sig2 <- sum((Y2 - (a2 + b * X2)) ^ 2)
SSrb <- sig1 + sig2

m <- length(Y1) # グループ1のデータ数
n <- length(Y2) # グループ2のデータ数
DF2 <- m + n - 4 # 自由度2
Fb <- (SSrb - SSr) / (SSr / (DF2)) # F統計量の計算
pb <- 1 - pf(Fb, df1 = 1, df2 = DF2) # p値の計算

cat("F = ", Fb, "\n")
cat("p = ", pb, "\n")

detach(dat) # データフレームのパスを解除
}

# 使用例
> two.slope(mydata)
F = 0.1161944
p = 0.7432014

一応、補足しておきますと、帰無仮説は「2本の回帰直線は平行である(傾きが同じである)」というもので、今回の場合はp = 0.74 < 0.05なので「2本の回帰直線は平行である」と結論づけられます。すなわち、傾きが異なるとはいえないということですね。

詳しくは参考文献

岩崎学「統計的データ解析入門 単回帰分析」東京図書 p88-89

を参照してください。

もっとちゃんと探せばこういう関数があると思いますけど(^_^;)

preタグが使えないので見にくいですが、、、

g.dat <- as.factor(rep(c(1, 2), c(5, 6))) # グループを表す変数
x.dat <- c(1.3, 1.5, 1.5, 1.8, 2.0, 1.5, 1.5, 1.8, 1.8, 2.0, 2.2) # 説明変数
y.dat <- c(17.3, 15.6, 14.1, 13.8, 10.2, 17.8, 15.8, 16.0, 13.6, 11.2, 10.2) # 目的変数
mydata <- data.frame(Y = y.dat, X = x.dat, group = g.dat) # データフレームの作成

# 関数two.slopeを定義する
two.slope <- function(dat){
attach(dat) # 引数に指定されたデータフレームにパスを通す
# ...続きを読む

Qタイヤ偏平率の変更について

今使っているタイヤが減ってきたので交換を考えています。

今は純正ホイールに純正サイズのタイヤが装備されています。
交換にあたって、始めはサイズは純正で行こうと思っていたのですが調べてみると今履いている175/60R14のタイヤより偏平率65%のタイヤのほうが同じ銘柄でもかなり安くなることが分かりました。
そこで質問なのですが、この純正ホイールに175/65R14のタイヤは装着できるのでしょうか?
出来たとして、車に装着した場合にはなにかデメリットがでてきてしまうでしょうか?
車種はH12年式マツダデミオ(DW5W)です。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

ANo.4です、165/65R14 79Sの適用ホイール幅は4.5J~6Jです、デミオGL-X DW5Wの純正ホイールは14×5.5Jなので問題なく使えます。

Qエクセルのデータを統計ソフトRで使う方法

エクセルに入力した数値データを統計ソフトRで使うにはどうしたら良いのでしょうか?これまではデータが少なかったので手入力をしていたのですが、現在たくさんあって困ってます。
Rの解説サイトを見たのですが、どうも分かりずらくてうまくいきません。
OSはウィンドウズです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

統計ソフトRですが、No1の方も御回答されているように
エクセルの保存をcsv形式へと変換することもできます。
難しければ参考URLの
“EXCELのセルをコピー&ペーストする方法”にしたがって
実行されてはいかがでしょう?

参考URL:http://cse.naro.affrc.go.jp/takezawa/r-tips/r2.html

Qタイヤの偏平率の違いによるホイールの適用リム幅の違いについて

タイヤを交換しようとした時に疑問ができたため分かる方いましたら教えてください。
現在リアにホイール幅9.5J×18インチ、タイヤ245/40のタイヤが付いています。摩耗の為「ヨコハマ EARTH-1」に交換を考えているのですが、乗り心地や静寂性、タイヤとフェンダーの間隔が気になるため 245-45/18にしようとしました。
しかしヨコハマに限らずタイヤメーカーのサイトを見ますと、245/40-18のホイール適用リム幅が9.5Jに対し、245/45-18だと9Jまでになっています。
外径については純正215/55-17が約670mmに対し245/40-18が654mm、245/45-18が678mmで問題無いと思います。
素人考えでは、幅が245と同じでタイヤに厚みが出ればむしろ余裕を持って装着できそうじゃんと思ってしまいました。
適用サイズ外の引っ張りタイヤについては他の質問にもある通りビードが外れたりする危険性があることを認識しているのですが、まだ245/45のタイヤがあきらめきれないので、なぜ同じ幅なのに偏平率の違いによってホイール幅の適用サイズに違いが出るのか教えてください。

タイヤを交換しようとした時に疑問ができたため分かる方いましたら教えてください。
現在リアにホイール幅9.5J×18インチ、タイヤ245/40のタイヤが付いています。摩耗の為「ヨコハマ EARTH-1」に交換を考えているのですが、乗り心地や静寂性、タイヤとフェンダーの間隔が気になるため 245-45/18にしようとしました。
しかしヨコハマに限らずタイヤメーカーのサイトを見ますと、245/40-18のホイール適用リム幅が9.5Jに対し、245/45-18だと9Jまでになっています。
外径については純正215/55-17が約670mmに対し24...続きを読む

Aベストアンサー

コレは装着時のタイヤの変形率で決まるからです。
扁平率が35や40と数値が小さいと、リム幅により「トレッド面」が変形する率が高いからです。
タイヤを縦に置き、ビート部分を左右から内側に押せば、タイヤは浮き輪の様に、断面が丸くなる。
浮き輪状に膨らませて使用すれば、タイヤ性能や消耗が著しく悪化するからです。
扁平率が70や65でしたら「サイドウォール」も広いので、リム幅を狭めても、
引っ張りにしても融通が利きますから、適応J数が広い訳です。
ちなみに、245/35-19を8Jに履かせていたところ、センターが磨り減っていました。
完全にリムが負けて(細くて)タイヤが「丸く膨らんだ」結果です。
まあ、35などと言う扁平タイヤでは、内圧も300とか入れてますからね・・・
質問の場合は幅広のリムに組む事で、引っ張りでも無いだろう?でしょうか?性能は限界でないと
差が判らないと思いますけど、タイヤ寿命では差が出ますね。
「車高短の内減り」は常識ですけど、扁平幅広タイヤで「J数」を無視すると、ノーマル車高でも偏磨耗します。

Q統計ソフトRの回帰分析について

フリー統計ソフトRの回帰分析に関する質問です。

統計の研究でRというソフトを最近使い始めたのですが、なかなかうまくいきません。
特に、説明変数に期間を考慮した回帰分析のやり方です。

具体的には

二つの変数XとYがあって
t期におけるYの値を過去6期間(k=1,2,3,...,6)のXの値で回帰させたいのですが

(式)
     6
Yt=A+ΣBkXt-k
    k=1

どのような式をlm()に入れれば分析できるでしょうか? 

Aベストアンサー

★回答

式は 電気工学で言う MA (移動平均モデル)  ほぼ FIR フィルターですね。
フィルター係数が A と Bk (k=1~6までの係数) です。

A+B1×Z^-1+B2×Z^-1+B3×Z^-2+B3×Z^-3・・・・・・・・+Bk×Z^-k
k=1 2 3・・・・・・・6 の数列 
Z^-1=EXP(-jωt)  は  Z変換のZで シフトメモリ  遅延器  1個遅らせる意味



計量経済て言う分野でしょうか   当方経済しゃないけど
以下で見ますと このソフトは以下入れろと書いてありますね

http://cse.naro.affrc.go.jp/takezawa/r-tips/r/71.html

y ~ x1 + x2

モデル式 y = a + b1x1 + b2x2 + ε( ε は誤差項)について,目的変数 y と説明変数 x1,x2 をベクトルで指定する
と書いてあります。

y ~ x1 * x2
含んだモデル式( x1:x2 でもよい) y = a + b1x1 + b2x2 + b3x1x2 + ε( ε は誤差項)について,目的変数 y と説明変数 x1,x2 をベクトルで指定する


貴君の式は 誤差なし O で入れなきゃOKてことでしょ この関数は

Xt はすきに入れればいいんじゃないでしょうか 貴君の場合 6 ですね

Yt がその分 出力されるだけじゃないのでしょうか。

★回答

式は 電気工学で言う MA (移動平均モデル)  ほぼ FIR フィルターですね。
フィルター係数が A と Bk (k=1~6までの係数) です。

A+B1×Z^-1+B2×Z^-1+B3×Z^-2+B3×Z^-3・・・・・・・・+Bk×Z^-k
k=1 2 3・・・・・・・6 の数列 
Z^-1=EXP(-jωt)  は  Z変換のZで シフトメモリ  遅延器  1個遅らせる意味



計量経済て言う分野でしょうか   当方経済しゃないけど
以下で見ますと このソフトは以下入れろと書いてありますね

http://cse.naro.affrc.go.jp/takezawa/...続きを読む

Q教えてください!ホイールをそのままにタイヤの偏平率を変えるにはどうした

教えてください!ホイールをそのままにタイヤの偏平率を変えるにはどうしたら良いですか?

現在、アコードワゴン(CF6後期)に乗っており、標準サイズの205/60R15のタイヤを使用していますが、タイヤの側面にひびが入り始めたため、タイヤを交換することを検討しています。
しかし、現在使用しているアルミホイールは状態が良いため、タイヤだけの交換を考えております。

現在と同じ205/60R15のタイヤを使えば良いとは思うのですが、私が欲しいブランドのタイヤは偏平率が55以下のものに限られています。

一般にはインチアップすることで対応すると思うのですが、たとえば、215/55R16とした場合は現在使用しているホイールが使えなくなるということかと思います。
ホイールをそのままにタイヤの偏平率を変えるにはどうしたら良いでしょうか?

素人なもので、どなたかご教授いただければ幸いです。

Aベストアンサー

今、装着しているホイールに、リム径(15インチ)とリム幅(6.5J)と2つのサイズがあるのですけれど、それがポイントになるようです。タイヤも、適合リムについて表示があるはずなので、ホイールを変えたくない場合、その自分のホイールのサイズに適合しているものを選べば装着できるわけです。

ただ、装着ができても微妙に直径が変わりますから当然、円周の長さが変わりまして、タイヤの回転(実際にはエンジンの出力軸の回転数だろうけど)で計測しているスピードメータに誤差が出てきてしまい、場合によっては車検で認められている誤差に収まらないことがあります。

205/60R15であれば、225/55R15あたりがサイズで近いようですが、ホイールが適合しているのかどうかは、この質問にサイズが書かれていないのでここで解答できできかねます。
http://www.tiresize.net/rim/rim.htm

タイヤについてのHP
http://www.taiyaya.info/inchup/06/1.htm

ここらあたりを参考にして見てください。
また、タイヤ専門店(カー用品店ではありません)に行って質問してみると親切に教えてくれると思います。
最終的には、お店で信用出来そうな店員さんを探して聞くことがいいと思います。また、ディーラーでもある程度は教えてくれると思います。(作業してくれるかどうかは別ですが。)

今、装着しているホイールに、リム径(15インチ)とリム幅(6.5J)と2つのサイズがあるのですけれど、それがポイントになるようです。タイヤも、適合リムについて表示があるはずなので、ホイールを変えたくない場合、その自分のホイールのサイズに適合しているものを選べば装着できるわけです。

ただ、装着ができても微妙に直径が変わりますから当然、円周の長さが変わりまして、タイヤの回転(実際にはエンジンの出力軸の回転数だろうけど)で計測しているスピードメータに誤差が出てきてしまい、場合に...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報