教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

大学の教養で、自然主義的誤謬について学びました。

「事実としてそうであることが、そうあるべきであるという論拠にはならない」ということですが、「論拠にならない」ことは証明されているのでしょうか。

哲学的な事柄に対して素人である私に、わかりやすく説明してください。

gooドクター

A 回答 (2件)

まず、わたしは論理学はほとんど知らなくて、オースティンやサールをほんのすこしかじっただけなので、用語に混乱があるはずです。


ですから、ここはおおざっぱな説明ということで、正確な用語はぜひ論理学の本を読んでください。

文章にはさまざまな種類の文章があります。

通常の命題になるような文章

○○は~である。……これは記述文です。

事実文というのも一種の記述文で、「事実としてそうあること」というのは、つまり、事実文として記述できる、と考えることができます。

つぎに有名な三段論法の例を見てみましょう。
-------
すべての人間は死ぬ。(大前提)
ソクラテスは人間である。(小前提)
 ↓
ソクラテスは死ぬ。(結論)
-------

ここでは前提は「人間」という語を共有し、大前提と結論は「死ぬ」を、小前提と結論は「ソクラテス」を共有しています。
したがって矛盾のない三段論法ということができます。

ところで文章にはこの記述文だけでなく

「○○は~すべきである。」……これは規範文と呼ばれます。

このほかにも
「○○はよい(悪い)。」……価値文

「○○は望ましい(~したい)。」……欲求文
という種類の文章もあります。

こうした文章は、たいていひとまとめにして価値・規範文と呼ばれ、通常の記述文とはレベルの異なるものとされています。

ここで
記述文…大前提
記述文…小前提
を重ねたとして、ここから結論として規範文を導くことはできない、とする考え方が、「自然主義的誤謬」というものです。

たとえば、

http://www.lit.osaka-cu.ac.jp/~tsuchiya/class/et …

このページを見てください。
ここで例に引かれているように、前提に規範文を含む文章からは、規範文を導くことができます。

けれども、前提に規範文を含まない命題からは、規範文の結論を導くことができないのです。それが「論拠にならない」ということです。

つまり、「○○は~だ。」という文章と、「○○は××すべきだ。」という文章では、文章のレベルがちがう、したがって、その三段論法は誤りである、というのが、「自然主義の誤謬」と呼ばれる考え方です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございます。

自分に知識と理解力が不足しているようで、多少理解できないところはありましたが、概ね納得できました。

お礼日時:2006/05/25 15:12

「論拠にならない」ということを示す手っ取り早い方法は,反例を出すことです。

たとえば,

「自然界では強い者だけが生き残る。だから弱い人間は殺してもよい。」

「すべての人は快楽を求める。ゆえに快楽は善であり,強姦でも殺人でも,その人にとって快楽ならば善である。」


厳密に言えば,反例があったからと行って,その考えが間違っているとは限りません。理論を修正すれば説明できるかもしれないから。

本当は
「○○である」ならば「××であるべきだ」
という推論を一般的かつ,論理的に否定しなければならない。でもそれは私の能力を超えてます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

大変わかりやすい回答です。

お礼日時:2006/05/24 16:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング