英語のリスニングの勉強方法で、ディクテーションってありますよね。聴こえてく
る英語をそのまま紙に書き取るってやつです。あれって何が良いんですかね?確か
に、ただ聞き流すよりは自分がちゃんと聴けてるかどうかを確かめられるでしょう
けど、こないだ初めてやったら死にそうになりました。あんな死ぬ程の思いまでし
て、本当に効果あるんですか?なんだか労力の無駄なような気がして仕方がないん
ですけど。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

先日110件で締め切られた「誤字・脱字、言い間違い、…そして誤解?」という質問があったのですが、日本語でも我々はしょっちゅう聞き間違えをしますがすぐに「今なんて言ったの?」とは聞き返しません。

なぜならすぐに頭で考えて「ここでそんなことはおかしい」と思いふさわしい単語を捜して納得するのです。これは母国語だから頭の中でできるのですが外国語ではこうはいきません。そのために紙に書く必要があるのです。冠詞や代名詞は強く発音されませんし、聞き間違えたかどうかは紙に書いて意味や文法的に間違いがないと確認できて、始めて聞き取れたと言えるのではないでしょうか。頑張ってください。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=186872
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに普通のリスニングと違ってごまかしはきかないですもんね。受身のリスニングじゃないことは確かです。少しやる気になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2002/02/14 11:01

私もディクテーションをやり始めたころはぜんぜん書き取れていませんでしたが、慣れてくると結構聞き取れるように慣れます。



ディクテーションが難しい理由は、書き取るスピードが聞こえてくる声の速さに追いつけないことでしょうか? 聞きながら書き取ろうとすると、どんどん頭がパニック状態に陥ります。

もし聞き取る内容が10語程度の短いものなら、聞きながら文を覚えて、聞き終わってから書いてみる。
あるいは、単語をそのまま記憶するのではなく、出来る限り文の内容の場面をイメージする。

もし、それ以前にどんな単語を発音しているのかまったくわからないのなら、答えを見ながら聞き取る練習をして、それぞれの単語がどのように発音されているのか注意して聞く。

私はこんなことを心がけていつもディクテーションをやっていました。実際私はリスニング能力が上達したのを実感できるぐらい、上達しました。

最初のころは確かにつらいですが、努力すれば必ず上達します。がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。僕がディクテーションしたのは結構長い会話のテキストだったから、最初はもっと短い文章からやれば楽だったんでしょうね。でも大学の時の友達は、学校で英語をまるまるディクテーションさせられたらしいです。そこまでやる必要ってあるんですかね?

お礼日時:2002/02/14 10:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qネットでディクテーション

以前質問しましたが回答が得られなかったため
再度投稿します。

ディクテーションを始めたいと思います。
内容はニュース。
できれば毎日更新のあるものがいいです。
そして英語のサブタイトルか原稿が見れるもの。
アメリカorカナダの英語。

現在ポッドキャストで毎日ニュースを聞いていますが
原稿やサブタイトルがないため
あっているのか確認ができません。
知らない単語もスペルがわからない時は調べられず
わからないままになってしまっています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

毎日ではなくて毎週ですが、New York Public Radioどうですか?
http://www.onthemedia.org/episodes(Archiveへのリンク)
試しにArchiveの
[Nov]を押して
[November 30, 2007]を押す
すると、上のほうに[Download]がありますから押してポッドキャストをダウンロードする。それから各記事に[Transcript]がありますから押せば出ます。
注:毎週、ポッドキャストは配信されているようですが、Transcriptが、あるときと無いときがある

参考URL:http://www.onthemedia.org/episodes

QPCを使ってディクテーション

 英語の自習方法について質問です.
 PCを使ってディクテーションをしようと考えています.MP3フォーマットなどでHDDに英語教材のCDを取り込んで,プレイヤーで再生しながらテキストエディタなどで活字にしてゆく作業をします.
 当然聞き取りにくい部分が出てくると思うので,その部分を聞き取れるまでなんども聞きたいときに,例えば1クリックで5秒間戻る機能などが搭載されているようなプレイヤーは無いものでしょうか?
 

Aベストアンサー

MDのマーク機能がついたプレイヤソフトでよろしいでしょうか?

とりあえず
これと(フリーウェア)
http://www.vector.co.jp/magazine/softnews/000712/n0007123.html
これ(シェアウェア¥300)
http://www.vector.co.jp/magazine/softnews/000712/n0007123.html
なんかどうでしょう?ご希望に添えば幸いです。

Q英語ディクテーションの進め方について

英語ディクテーションの進め方についてアドバイスいただけますか。

ボクはどうしてもリスニングが苦手のため、これまで難易度が高そうで敬遠していたディクテーションを2週間前に始めました。市販のCD付英語教材(具体的には「究極の英語リスニング Vol.3」アルク))の60秒から120秒くらいの会話を書き出す形です。実際の流れはこんな感じです。

1)普通に聴く。1回では半分くらいしか内容(主旨)を理解できないので数回繰り返し聴く。この方法ではこれが限界かなと感じるところまで繰り返して聞く。これでだいたい6~7割くいまで理解できる。
2)会話スピードを70%くらいに落としてまた繰り返し聞く。これで新たに拾えることもあるが大きく拾えることはあまりない。ここまではただリスニングしているだけ。
3)ここから書き出しを開始。できるだけセンテンス単位で書き出そうとするが長くい場合や聞き取りが難しい場合はフレーズで切ったり、それ以外で切って繰り返しリピート再生して書き出す。これを全会話終了まで繰り返す。どうしてもわからない部分は()にしておいたり、自分が聞こえた音と近い音をカタカナで残す。これで何とか8割から9割くらいは(とにかく)書き出せる。
4)各スクリプト前段で解説している単語やイディオムを確認してみる。これで聞けなかった単語や熟語の音が判明することもあるが結構知っていたりするので大きく判明することはない。
5)これまで書き出した会話文を最初から読み直して会話の流れの理解に努める。この際、上の方法で書き出したものの文法的におかしいとか、抜けがありそうと判断した場合は再度聞き直してみる。特に定冠詞、不定冠詞、接続詞、不定詞のto、指示代名詞、省略された助動詞、ofやforなどの前置詞、be動詞、複数名詞のsの抜けなどがないかも意識して確認
6)上記が済んで全文となるトランスクリプトと突き合わせる(一言一句確認)。

こんな方法で1日1会話やっています。

それで現在の状況なのですが、これだけ意識して聴いていても冠詞や複数のsを必ずどこかで聞き落としています(冠詞で5-8個程度)。またtheとthatとtheirを聞き違えていたり、aとourを聞き違えていたり、to不定詞のtoがまったく聞こえていなかったり(当然文法的におかしい書き出しになってしまっています)、that節のthatが聞けていなかったり。あとたまにcan/can't、is/isn't、its/it'sとかを間違っていることも。

これらは実際にディクテーションをやってみて実感した自分の弱みですのでやること自体無駄ではなかったと思っています。

確かに最初始めたときよりも少し慣れたかも的な感覚(ただ書き出すことに慣れただけ?)もありますが、果たしてこのまま続けていくのがよいものか、何かやり方の起動修正を行った方がいいのかアドバイスいただければありがたいです。

またボク同様にリスニング力向上のためディクテーションされている方の状況や経験談などでも構いません。参考にさせていただければありがたいです。

英語ディクテーションの進め方についてアドバイスいただけますか。

ボクはどうしてもリスニングが苦手のため、これまで難易度が高そうで敬遠していたディクテーションを2週間前に始めました。市販のCD付英語教材(具体的には「究極の英語リスニング Vol.3」アルク))の60秒から120秒くらいの会話を書き出す形です。実際の流れはこんな感じです。

1)普通に聴く。1回では半分くらいしか内容(主旨)を理解できないので数回繰り返し聴く。この方法ではこれが限界かなと感じるところまで繰り返して聞く。これでだい...続きを読む

Aベストアンサー

具体的に書いてくださっているおかげで、問題点が想像できました。音声を聞き取ることに集中するあまり、意味や文脈がおざなりになっているのだと思いますがいかがでしょうか。

日本語を聞き取る場合でもそうだと思うのですが、人はたいてい、思い込みで聞き取れているものだと思います。例えば、ドラマを見ていて主人公が「あなたが好きよ。愛してるの。○○よ!」と言って誰かと抱き合ったとしたら、この「○○」に入るものが「嫌い」の2文字だと想像する人はあまりいません。やはり「好き」とか「本当」あたりを想像しますよね。

それと同じで、「can(できる)」を「can't(できない)」と思ってしまうのは、文脈を理解していないからだと思います。ましてや、教材というものは、あまり非常識な内容にはなっていないはずですので、「できない」と言いそうな時に、いきなり「できる」とは言わないものです。

1)で「6~7割くらいまで理解できる」とお書きになっていますが、それは「文意が理解できる」ということでしょうか? そうでないなら、まずは文意を理解することです。

それが難しそうなら、6割理解できるまで待たずに、どんどん書き出していくといいです。書き出したうえで、わからなかった箇所を穴埋めしていくのです。穴埋めの仕方は、テストの穴埋め問題と同様に、「すでに判明している単語によると、こう言っているのだから、穴の部分はこうであるに違いない」と見当をつけたうえで、そこの部分だけを繰り返し聞いてみるのです。私は昔からヒアリングのテストでも、こうしてきました。

また、穴埋めの段階で、辞書を引くなり、解答を見るなりしてもいいと思います。そうすると、「こういう文字を、この話者はこう発音するのだな」という話者のクセがわかるので、次に同じ話者の別の音声を聞く時に、聞き取りやすくなります。

こうしたことを続けていくと、自然と応用力も身についてくるはずですし、小まめにストレス発散ができる分、長続きしやすいのではないかとも思います。

一方で、私は日常的に英語の取材テープなどを書き起こしていますが、細かい単語に至るまで一字一句を正確に聞き取れる人は、プロでも案外と少ないです。それよりは、肝心な単語をきちんと聞き取って文意を正確につかむことが大切です。したがって、たとえ細かい単語が聞き取れなくても、解答の通りに解釈できていれば、だいたいよしと考えてもいいのではないでしょうか。逆に言えば、その程度までに理解できていれば、多少は“てにをは”が間違っていても“通じる英語”を話す能力がおありだということになりますので。

ちなみに、これは、現実世界に即した方法です。つまり、例えば、誰かが英語で会話をしている中に質問者さんが加わったとしますよね。方言が強い日本人の会話にいきなり加わった場合と同様に、初めは何を言っているのかあまりわからないと思うのです。しかし、根気よく耳を傾けて、「今、なになにの次に、何とおっしゃいましたか?」と問い続ければ、やがてその人のクセがつかめて、その人の仲間のクセまでつかめるようになってきます。

ご参考までに。

具体的に書いてくださっているおかげで、問題点が想像できました。音声を聞き取ることに集中するあまり、意味や文脈がおざなりになっているのだと思いますがいかがでしょうか。

日本語を聞き取る場合でもそうだと思うのですが、人はたいてい、思い込みで聞き取れているものだと思います。例えば、ドラマを見ていて主人公が「あなたが好きよ。愛してるの。○○よ!」と言って誰かと抱き合ったとしたら、この「○○」に入るものが「嫌い」の2文字だと想像する人はあまりいません。やはり「好き」とか「本当」あたりを...続きを読む

Q【英語】質問1:「Be Lazy」のLazyは怠慢という意味なのに日本語訳にすると「最小限の労力で最

【英語】質問1:「Be Lazy」のLazyは怠慢という意味なのに日本語訳にすると「最小限の労力で最大のインパクトを与える」という意味になるのはなぜですか?

質問2:「Smoking free in the restaurant」がなぜ「このレストランは禁煙です」になるんですか?

Smoking = タバコを吸う free=自由 で喫煙って思ってしまいます。

じゃあ、「このレストランは喫煙です」はどうやって表現するのでしょう。

英語の2つの疑問です。

Aベストアンサー

1は文脈によるとしかいえない。

2については、Merriam-websterを参照。
http://www.merriam-webster.com/dictionary/free
relieved from or lacking something and especially something unpleasant or burdensome <free from pain> <a speech free of political rhetoric> —often used in combination

acid-free paperとかlead free solderとかと同じ使い方。

このレストランは喫煙です
No smoking in the restaurant

Qディクテーション素材について

英語のディクテーション素材を探しています。
条件は下記のものになります。ポッドキャストや書籍素材を色々、探しているのですが中々最適な物が見つかりません。

・TOEICは770点です。難し過ぎず易し過ぎない素材
・音声とテキストがどちらも揃っている
・1分以下の素材
・1日2日おきに行えるだけの豊富な素材
・予算は無料~月2,000円程度

理想では無料のポッドキャストで1日1分程度のニューストピックが毎日テキストつきで公開されているという物ですがその他、良い素材であれば有料でも構いません。

どなたかご存知の方がいらっしゃれば、教えてください。

Aベストアンサー

目的はなんですか? ご自分の英語力アップのためか、お教室かなにかでお使いになるのか…。またビジネス系の英語か、その他の英語か。それによって大分違うと思います。

タイムリーな時事英語を素材に、と思われているのでしたら、別ですが、TOEICの点を上げるためだったら、すでにお持ちのTOEIC対策の教材(CDつき)のshort talksをディクテーションに利用するのもいいと思います。

また、NHKのラジオ講座(英会話入門・上級)は、為になりますよ。入門は高校生レベルとしてありますが、とてもとてもバカに出来ないレベルです。テキスト代がかかりますが、たいしたことはないです。別売のCDは、図書館で借りるか、番組を録音すれば無料。一日おきに新しい講義ですので、ご希望の条件にもぴったり。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報