木製の棚を作り、それに扉を付けようとしているのですが、蝶番を取り付ける木ねじが板の厚みを突き抜けてしまいます。
全体をあまり重くしたくなかったので、薄めの板を選んだ結果です。
木ねじも多分一番短いものだと思うのですが・・・。
突き抜けた木ねじの先端をどうすれば、危なくないように隠せるか、考えているのですが、あまりいい案が浮かばず、悩んでいます。
何か良い方法はありませんか?。教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

#01の問い合わせの追加回答です。


私の場合は、ペンチで切ります。本当は斜めにカットすると一番良いのですが、ネジヤマがつぶれてしまう可能性があるので直角にカットします。

そうすると、先端のトンガリがなくなるので、新たに締める場合、うまく穴が開かない可能性があります。そのために、カット前に板の半分位まで一度ネジを入れて誘導する穴を開けておきます。

すっかり締めてしまうと、緩む可能性があるので、あくまでも途中までで、最後に完全に締めます。

他の方の回答の様に、「当て板をつける」「締めた後削る」という方法も良策です。何分板の材質が判らなかったので、極力傷つけない方法をと思ってアドバイスしました。

塗装せずに素朴さを出すなら「当て板」というのもいいでしょうね。
「削る」方法は、日曜雑貨の店で、金属板のやすりがあります。それが一番良いかも。
紙やすりや布やすりもありますが、板に対して平行に削ることが求められますので、出来栄えが気になるところです。

「ワッシャー」については、蝶番のネジ受けは、確か斜めになっていると思います。当然ネジの受けも同様ですか。

その場合、ワッシャーを挟むことで密着することが出来ず、締め具合が悪くなる場合があります。一度確認してみてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
まさかねじがペンチなんかで切れるとは思わなかったので、びっくりしましたが、試しにやってみたらほんとに切れました。
枠の板は扉の板より少しだけ厚く、ねじが突き出すのもほんのちょっぴりだったので、この方法を使わせて頂いたら、上手くいきました。
二度もご回答いただきありがとうございました。

それから、これって、一度お礼書いちゃうと、もう一度は書けないんですね。
ここからはお答えくださった皆様へ。(last timeさん、この場をかりてすみません。他に方法が思いつかなかったので)
木ねじの長さを考えずに板を買ってしまい、常識はずれなことをしてしまったわー、トホホとなっていたのに、こんなに色んな方法があるのを教えていただき、すごく嬉しかったです。
結局、蝶番を枠に取り付けるのにはねじの先端をカットしました。
そして、扉の部分はアテ木を上から下まで左右対称に取り付けました。
今、そこまで完成したところです。
でも、教えていただいた金やすり、今欲しくなっている所です。何かと便利そうですよね。
実は、デスクトップ型のパソコンの本体をすっぽり収める箱を作り、扉をつけていたのです。子供がいたずらざかりで、使用中のパソコンを切ったり、フロッピーを入れる部分に手を入れたりしていたので。ついでに、その箱からつなげて、パソコンデスクの足元に周辺の物を収納できるように、棚も作る予定です。
子供のいたずら対策は、まだまだ続くと思います。
元々日曜大工好きだったので、子供のおかげで色んなものが作れてかえって嬉しいです。
また、困ったことが起こって、対処の方法が分からなくなったら、お世話になるかもしれません。
今回は本当にありがとうございました。
皆さんにお礼ポイントを差し上げたいところですが、そうはいきませんので、今回試してみた方法を教えてくださったお二人に。

お礼日時:2002/02/15 18:11

#3です。


先の方もすでに説明されていますが、ワッシャー(日本語で座金)とは、孔の明いた硬貨のような形状の金具です。
それをネジに通して締め付けることによって、ネジが木にねじ込まれる長さを調整しようということです。
つまり、見かけ上、ワッシャーの厚み分だけネジ部分を短くできるということです。
(※ただ、これはワッシャーの本来の使用目的ではありません、念のため)
お手元か、お近くにある金物店にあるとよいのですが・・・
一応、参考URLに座金の写真をつけます。(この写真は1例としての参考にしてください)

参考URL:http://www.yht.co.jp/yds/01.asp?pf_id=0501100530 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。よく分かりました。
この、ワッシャーを使う方法は、一番簡単そうだったので、これでやってみようかと思っていたのですが、結局、何も買わずに済む、他の方法でやってしまいました。でも、ワッシャーはいずれ何かで使うことになると思います。
今、子供がどんどん部屋の中で悪さを始めたので、家中の扉とか棚とかスライド本棚とか、いろんなところに鍵をつけたり、触られると困るものに箱を作って蓋をしたりしている所なんです。今までにも鍵を付けるのに、微妙な段差があって、それをカバーするためにフエルトをはさんで木ねじを締めたりしてたんです。その時にワッシャーの存在を知っていれば・・・って感じです。
でも、子供対策はこれからもしばらく続きそうなので、ワッシャーの存在はすごく参考になりました。
二度もお答えいただいてありがとうございました。

お礼日時:2002/02/15 17:40

ワッシャーについて。


参考URLの2つ目の画像「ネジセットの拡大図」をみてください。ネジにナットと同様についている、ドーナツ状の円盤のことです。
見つけた画像は金属製ですが、ゴム製やプラスチック製もあったとおもいます。
ホームセンターで売ってますが、くぎやネジを売ってる店なら大概置いてあると思います。

参考URL:http://www.linkclub.or.jp/~bibendum/stream/er-17 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参照画像まで付けて下さって、ありがとうございました。
今までに、見たことありました。名前は初めて聞きました。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/15 17:30

>薄めの板を選んだ結果です。


一番短いと思われる木ねじさえも突き抜ける状態では蝶番を保持する強度が保てるかどうか疑問です。
単に木ねじの先端を隠すだけなら他の回答にあったように木ねじの先をペンチでチョキンと切れば良いのですが、強度不足はそのままです。
強度を高めるためには、もう少し長い木ねじを使用して突き出す長さよりも少し厚い板を縦に流します。
上下に少なくとも二つ以上蝶番がついているでしょうから、すべてを通しで取り付けられる状態にします。
途中に桟(横木)が入っている扉ならばその部分だけ切り取ればよいでしょう。
幅は全体のデザインによりますが2cmもあればよいでしょう。
さらに強度を上げるためには扉と補強板をボンドで接着してください。
二枚扉(観音開き)の場合はよいですが、扉は左右対称になるようにデザインすることが重要ですから、一枚扉の場合は補強板と同じ物を反対側にもダミーで取り付けましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご回答、ありがとうございました。
強度は全然考えませんでした。でも、小さい棚で、扉も23cm×55cmくらいの物なので、何とかならないかなーなんて考えています。
でも、補強板を飾り板として逆に見せてしまう、というのは強度も上がるし、難しくなさそうだしいいですね。多分、その位の補強板なら、扉を取った後の残りの板から取れるかもしれません。よく考えてみます。
強度の問題から、見栄えまで考えてくださって、本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/02/14 14:08

ネジの突き出た部分をアテ木で補ってみてはいかがでしょう。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご回答ありがとうございました。
なるほど、アテ木ですね。これは簡単そうでいいですね。
よく考えてみます。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/14 13:58

ワッシャーを必要な個数だけかまして締めるのは、どうでしょう?


そうすれば、突き抜けることはなくなりますが・・・

この回答への補足

早々のお返事ありがとうございました。
申し訳ないのですが、「ワッシャー」とは何ですか?。
初めて聞く名称です。どこで売っているのでしょうか。ちなみに近所には金物屋さんはありますが、ホームセンターはないので、ホームセンターじゃないと手に入らないものならば、なかなか買いに行けないので、困ってしまうんです。
すみませんが、教えてくださいませ。

補足日時:2002/02/14 13:46
    • good
    • 0

#1さんのは丁寧な方法です。

突き抜けた出っ張りの長さがちょっぴりなら、私はそれを板の面までヤスリで削って平にしてしまいます。塗装すれば目立たなくなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にお返事をいただき、ありがとうございました。
確かに突き出た出っ張りは、ほんのちょっぴりなんです。だから、やすりで削る、というのはすごくいい方法だと思いました。塗装もする予定でしたし。
ところが、うちには今金属を削れるやすりがないのです・・・。
なので、他の方が教えてくださった案も全部検討してみて、どれにするか決めようと思っています。いずれにしても、何かは買わないと解決しそうにないみたいなので、近所で購入出来そうな物で、この先無駄のない物を選ぶ方向で考えます。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/14 13:44

 こんちわ。

こういう手はどうですか。
 最初ある程度ねじをねじ込んで穴を作り、一度外してねじの先端を斜めにカットして再度ねじ込むという手はどうですか。最初からカットするとねじが入らなくなるので、一度ねじ込んでからカットするのがミソです。

 また、少々見栄えが悪くなりますが、ドリルで穴を開けて、ボルトとナットでとめるという方法もあります。ボルトの長さが合わないときは、同様にカットすればいいし、日曜大工の店で、ナットを隠すフタみたいなのもありますので、幾らかは見栄えはよいと思います。

この回答への補足

早々のお返事ありがとうございました。
ねじをカットする、というのは考え付きませんでした。
でも、ねじの先端をカットできるような道具がうちにはないかもしれません。
何を使うといいのでしょうか?。
それから一度ねじを抜く、というのはやったことがないのですが、固定が甘くなったりはしないもんなのですか?。

補足日時:2002/02/14 13:32
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qボルト(ねじ)にかかる応力について

ボルトとナットの強度が充分であれば、ナットの締め付けトルクを大きくしても
ボルトには そんなに負担かからないのでしょうか?

特に、ボルトのネジ山に対し、ナットが浅く(半分以下)しかかかってない場合。

たとえば、クルマ。

タイヤ(ホイール)をナットで締める時、ホイールによっては とんでもなく厚みがあり、
ナットが浅くしかかからない場合があります。

ネジ部にかかった ナットの締め付け力(軸力)は、最終的にはボルト全体が負担するものでしょうが、直接的には 接しているネジ斜面部が受け持つと思います。

いくらボルトやナットが強度あり、大きなトルクで締める事ができたとしても、
半分くらいしか かかってないのでは、双方の接合部にかなりの負荷がかかると思います。
それでも、「トルクかけてもネジの斜面部が壊れなければ問題無い」 ものなのでしょうか?

あと、車重がかかった時のモーメント。
先端に より荷重がかかる 「浅がけ」。

こんな状態で締められた クルマのナット。
私はこんなクルマには絶対に乗りたくないのですが・・・。気分的に。

工学的にみて、どうなんでしょうか?

(工学、物理学にはまったくウトイ人間です。)

ボルトとナットの強度が充分であれば、ナットの締め付けトルクを大きくしても
ボルトには そんなに負担かからないのでしょうか?

特に、ボルトのネジ山に対し、ナットが浅く(半分以下)しかかかってない場合。

たとえば、クルマ。

タイヤ(ホイール)をナットで締める時、ホイールによっては とんでもなく厚みがあり、
ナットが浅くしかかからない場合があります。

ネジ部にかかった ナットの締め付け力(軸力)は、最終的にはボルト全体が負担するものでしょうが、直接的には 接しているネジ斜面部が受け持...続きを読む

Aベストアンサー

 横から失礼します。

>普通の乗用車のボルト径は 12mmです。
ということは、その1/4の幅(3mm!)でねじこまれてれば、とりあえずはOK?

 それは違うと思います。
 ANo.2様の(1)式中のDの値は、強度的に最も弱くなる部分の直径の事ですから、最も細くなる部分の直径という事になり、ボルト径(即ちボルトの山径)ではなく、ボルトのねじの谷径を指しているのだと思います。
 又、Fはボルトが引き千切れる限界の力を表していますから、Fの値はボルトの本体に加える事の出来る引っ張り応力の限界を表しています。
 一方、fは応力に負けてネジ山が潰れる限界の力を表していますから、fの値はネジ山に加える事の出来る剪断応力の限界を表しています。
 従って、(1)式中のσはボルトに使用されている材質の引っ張り強さ(σt)を表しているのに対し、(2)式中のσはボルトとナットに使用されている材質の剪断応力に対する強さ(τ)を表している事になりますから、(1)式中のσと(2)式中のσは異なる値となるため、

L=D/4

とはならないと思います。

>ボルト径は 12mmです。
>ネジピッチは、トヨタの場合 1.5mmですので、、、

 単位がmmである処から考えて、ネジの規格はユニファイやウィットの様なインチねじではなく、メートルねじだと思われます。
 そして、外径が12mmで、ピッチが1.5mmという事は、多分、M12×1.5メートル細目ねじではないかと思います。(JIS規格外の特殊ねじではない場合)
 メートルねじでは、雄ねじと雌ねじで、ねじ山の厚みが異なり、雄ねじと雌ねじが噛み合わさっている部分で最も厚い部分は、雄ねじではネジピッチの4分の3、雌ねじではネジピッチの8分の7になっていますから、雄ねじの方がネジ山の厚さが薄い事になります。

【参考URL】
 鍋屋バイテック会社 > 技術資料 > 一般用メートルねじ
  http://www.nbk1560.com/technical/pdf/697-698.pdf

 鍋屋バイテック会社 > 技術資料 > メートル細目ねじ
  http://www.nbk1560.com/technical/pdf/700-701.pdf

 又、ネジ山が厚くなっている位置は、雌ねじよりも雄ねじの方がボルトの中心軸に近いため、ネジ山の厚みの違いも合わさって、雄ねじの方が剪断応力が加わる面積が狭くなり、その分、単位面積当たりに加わる剪断応力が大きくなると思われます。
 普通の錬鉄や鋼の場合には、剪断応力に対する強さは、引っ張り強さの7~8割程度のものが多い様ですが、ホイールのハブボルトに使用される様な特殊鋼の剪断応力に対する強さがどの程度であるのかに関しては、データを見つける事は出来ませんでした。
 但し、ネジ山の剪断強さではなく、ボルト本体の剪断強さを扱う場合に、材質の剪断強さは引っ張り強さの6割として扱うという決まりを、どこかで目にした記憶がありますから、取り敢えず、それに基づいて計算する事に致します。

 雄ねじの谷径には明確な規格はありませんが、ナットの内径よりも細くなりますから、ANo.2様の(1)式中のDの値に、ナットの山径の値を代入した場合に、F≦fとなる最小のfの値が判れば、雄ねじが千切れる程の力に耐え得るめに必要な、ネジの噛み合わさっている長さを求める事が出来る筈です。
 M12×1.5メートル細目ねじの場合、ナットの内径は約10.376mmですから、

F=(10.376/2)^2×π×σt=26.915π×σt

になります。
 一方、ボルトのネジ山がナットと噛み合わさっている部分における、剪断応力が加わる面積をS、ボルトのネジ山がナットと噛み合わさっている部分の長さをLとすると、メートルねじの雄ねじではネジ山の厚さがピッチの4分の3ですから

S=10.376×π×L×3/4=7.782πL
f=S×τ=7.782πLτ

となります。
 τの値をσtの6割と仮定すると、

f=7.782πLτ=7.782πL×(σt×0.6)=4.669πL×σt

となります。
 ここで、F≦fとおくと

26.915π×σt≦4.669πL×σt
となり、これを解くと

L≧5.765

になりますから、ナットの縁からの長さではなく、ネジ同士が実際に噛み合わさっている長さが5.765mm以上あれば、大雑把な計算上は、ボルトが千切れる力が加わっても、ネジ山が砕けてのナットの噛み合わせが外れる事は無いという事になると思います。
 尤も、現実にはこんな計算通りには行かないと思います。

 横から失礼します。

>普通の乗用車のボルト径は 12mmです。
ということは、その1/4の幅(3mm!)でねじこまれてれば、とりあえずはOK?

 それは違うと思います。
 ANo.2様の(1)式中のDの値は、強度的に最も弱くなる部分の直径の事ですから、最も細くなる部分の直径という事になり、ボルト径(即ちボルトの山径)ではなく、ボルトのねじの谷径を指しているのだと思います。
 又、Fはボルトが引き千切れる限界の力を表していますから、Fの値はボルトの本体に加える事の出来る引っ張り応力...続きを読む

Q奥行19cmの棚板につける棚板のサイズ

約19cm幅の足場板(全長2m)を
壁に取り付け、棚にしようと思っています。
アイアンのシンプルな棚受けを探しているのですが
どのサイズが一番ベストでしょうか?
今見ていていいなと思っているのはが10.5x10.5cmなのですが、小さすぎますか?
次のサイズが19.5cmx19.5cmではみ出てしまうので悩んでいます。
棚板は以前からあるものなので、変更がききません。
また、サイズにぴったりで安価でシンプルなやつがあればあわせてご紹介くださると光栄です

Aベストアンサー

19.5センチがよいです。
はみ出る部分は、壁側か、前面に1cm前後の厚み分の角材をうつか、
棚受けの出た部分に何かを取付けることによりごまかすことができます。

Qねじ・ボルト関係に詳しい方

たとえば、我が家のコタツの脚の接続部分ですが脚からはボルトが飛び出た感じになっています。
本体にまわしながら接続していくタイプなんですが、同じようなものを木につけたいと思っています。
ボルトかネジのどちらの分類かは知りませんが(先端はとがっていません、円柱になっています)種類を教えていただきたいです。

Aベストアンサー

「ネジ」とは棒と穴に切ったらせん状の溝により結合させる方法の総称。

棒状のネジを「ボルト」
穴状のネジを「ナット」といいます。

んで、あなたが探しているのは「ハンガーボルト」というものです。
http://www.neji-no1.com/lineup/0B0750.htm

ナット側なら鬼目ナットと言います。

Q透明棚板の素材と厚みについて

http://gazoy.s3.amazonaws.com/s/1mQ7/md.jpg

画像の本棚(カラーボックス)の棚板を透明のものに替えたいのですが、
(1)素材はアクリル板、PET板、塩ビ板のうちならどれがたわみ難いですか。
(2)厚さは5mmくらいでも大丈夫でしょうか。

棚板の大きさは570mm×132mmで、上に乗せる物は合計で600gくらいです。
棚受けダボは長さ12mm×4箇所です。

ご回答いただければ助かります。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

Web上でアクリル(PMMA)、ペット(PET)、塩ビ(PVC)の密度(g/cm3)と弾性率(Kgf/mm2)を調べて見ました。
PMMA=1.19,290-310、PET=1.34,280-420(結晶性不透明)、PVC=1.4,250-420(硬質)。
いずれの素材も弾性率は300Kgf/mm2前後で、撓み量も弾性率に反比例しますがそれほど大差は無いでしょう。

さて、撓みδの計算ですが、板の重さW1と加重W2が幅l、奥行きb、厚みhの板の上に均一に掛かる両端支持の
平板として次式で計算すると
δ=5Wl^3/384EI     I=b*h^3/12
=5(W1+W2)l^3/32Ebh^3

幅l=570-12x2=546、奥行きb=132、厚みh=5mm、とすると
PMMAのW1=430g,PETのW1=480g,PVCのW1=500g。W2=600gとし弾性率を300Kgf/mm2としてそれぞれの
撓みを計算すると
PMMAのδ=5.3mm,PETのδ=5.5mm,PVCのδ=5.6mm
意外と大きい撓みです。

板の厚みhを2倍の10mmとすると、3乗で効いてきますから、撓みは1/8になります。
ただ10mmの厚い板が有るかどうか疑問ですし、値段も高いでしょう。

5mm厚の棚板の前後に、同じ厚みで30mmの透明板を接着し、H形板にすれば、剛性は著しく高まります。
この場合
I =(2hH^3 + b*h^3)/12
となり,h=5,H=30を代入し計算すると、平板の場合の17.4倍の値となります。
つまり、撓みは
PMMAのδ=0.304mm,PETのδ=0.316m,PVCのδ=0.322mm
となります。
検討されたらいかがでしょうか。

アクリルの加工は難しいですが、河童橋の什器店で通販加工しています。
以前ディスプレー用の物を頼んだ事がありますが、それほど高い物では有りませんでした。
DIY店でアクリル板を買うとかなり割高です。

ガラス板が一番お勧めですが。

Web上でアクリル(PMMA)、ペット(PET)、塩ビ(PVC)の密度(g/cm3)と弾性率(Kgf/mm2)を調べて見ました。
PMMA=1.19,290-310、PET=1.34,280-420(結晶性不透明)、PVC=1.4,250-420(硬質)。
いずれの素材も弾性率は300Kgf/mm2前後で、撓み量も弾性率に反比例しますがそれほど大差は無いでしょう。

さて、撓みδの計算ですが、板の重さW1と加重W2が幅l、奥行きb、厚みhの板の上に均一に掛かる両端支持の
平板として次式で計算すると
δ=5Wl^3/384EI     I=b*h^3/12
=5(W1+W2)l^3/32Ebh^3

幅l=570-12x2=546、奥行...続きを読む

Q図面のボルト表記に小ねじと各必要性について

図面のボルト表記について教えて下さい。

現在社内の図面表記統一の話が出ており、M8以下のボルトの事を
1.「ボルト」(例:M6六角穴付皿ボルト)
2.「小ねじ」(例:M6六角穴付皿小ねじ)
どちらで表記するかでもめております。

私としてはこのM8がM10に変更する可能性なども考慮し1の「ボルト」で統一したいのですが、
「"小ねじ"という規格があるので"小ねじ"でないとダメ。」と言うものも居ます。

本当に”小ねじ”でないとダメなのでしょうか?
”ボルト”で説得したいのですが説得材料などは有りますでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

JIS B0101等の定義に従うべきでしょう。
違う物を統一すること自体無理がありますね。

Qアクリル板かポリカーボネート板で扉を付けたい

DIYで洗面所の洗濯機置き場の上部にある棚部分に、アクリル板かポリカーボネート板を使って観音開きの扉を付けたいと思っています。

大きさは横82センチ×縦92センチです。

いくつか疑問がありますので、ご存知の方どうかよろしくお願いいたします。

(1)アクリル板とポリカーボネート板のどちらが適しているか。(その他に適してるものがありますか?)
(2)蝶番はどんなものを、どのように、付けたらいいか。(ネジの付け方なども)

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>(1)アクリル板とポリカーボネート板のどちらが適しているか。(その他に適してるものがありますか?)

我が家の場合はアクリルのほうが入手可能だったので、アクリルを使いました。

>(2)蝶番はどんなものを、どのように、付けたらいいか。(ネジの付け方なども)

ガラス用蝶番を使いました。
使用した蝶番はアクリル側に丸穴をあけ固定し、
収納棚側には木ネジで固定しました。

使用した蝶番はアトムリビングテック株式会社の物で
スカーレットヒンジと言う製品です。
ホームセンターになければネット販売もしていますので便利かと。

参考URL:http://www.atomlt.com/catalog/adl/adl0608_pdf/split_ver/ADL0608_04.pdf

Qボルトのねじの呼びは?

日本語の勉強者で専門用語にとても苦手です。
ボルトのねじの呼びは何ですか?呼び径は口径という意味ですが、この場合でもボルトのねじの呼びとボルトの呼びとの意味は同じでしょうか?直径という意味でしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。

ねじの呼び方についてですが・・・

一般的にはメートル法を使っていますが、大工さんとかはいまだに昔ながらの尺貫法を使っている人もいます。
なぜなら木造住宅の場合、今でも家の図面そのものが昔ながらの尺貫法に基づいた寸法が基本になっています。
たとえば柱の芯々寸法は1間=6尺(1818mm)といった感じです。
他には6尺3寸間(1910mm)とか地方によって様々でしたが、いまは3種類程度に集約されています。

前置きが長くなりましたが、インチねじの呼び方は尺貫法の寸法に換算した場合に
近い寸法で呼んでいるみたいです。

1間(ケン)=1818mm(6尺)

1尺(シャク)=303mm → 1/6間

1寸(スン)= 303mm → 1/10尺

1分(ブ)=3.03mm → 1/10寸

1厘(リン)=0.303mm → 1/10分

1毛(モウ)=0.0303mm → 1/10厘 ※ この辺だと計測不可能

と単位の呼び方が変わりますので、この中の分(ブ)で呼んでいます。

しかし、元々が「インチ」基準のものを無理やりに
インチ → メートル法(mm) → 尺貫法 と置き換えて換算しています。
ぴったり!という寸法で読んでしまうと
「○分○厘○厘ねじ」と長くなってしまいます。
それらを極力短い言葉で言うにはおおよその近い部分でそのねじの大きさを言ったのだと思います。
(この部分は私的憶測)

1分 → いちぶ
2分 → にぶ
3分 → さんぶ
4分 → よんぶ
5分 → ごぶ
6分 → ろくぶ
7分 → ななぶ
8分 → はちぶ
9分 → くぶ(「きゅうぶ」とはあまり聞かない)

といった感じでしょうかね?

前回も書きましたが 5/8 は1インチ(25.4mm)の8分の5インチの大きさですので
電卓で計算してみてください。
ぴったり「ごぶ(5分)」とはなりませんが、5分(15mm)程度になると思います。

以上長々と書きましたが
参考になりますかね?m(_ _)m

No.1です。

ねじの呼び方についてですが・・・

一般的にはメートル法を使っていますが、大工さんとかはいまだに昔ながらの尺貫法を使っている人もいます。
なぜなら木造住宅の場合、今でも家の図面そのものが昔ながらの尺貫法に基づいた寸法が基本になっています。
たとえば柱の芯々寸法は1間=6尺(1818mm)といった感じです。
他には6尺3寸間(1910mm)とか地方によって様々でしたが、いまは3種類程度に集約されています。

前置きが長くなりましたが、インチねじの呼び方は尺貫法の寸法に換算した場合に
近...続きを読む

Q重荷分散の為に敷く板には木製板とステンレス合板のどちらがよいですか

一畳ほどのスペースに2つの機械(合計200キロ弱)を設置するので
重荷分散板を敷きたいと思っています
そこで以下質問致します

1.1.2~1.5cmの木製板と3~5mmのステンレス合板のどちらが重荷分散効果が高いですか?
2.一畳よりある程度大きめに板を敷いた方が効果的なのでしょうか?
3.木製板で防水効果を得るよい方法はありますか?

宜しくお願いします

Aベストアンサー

>3について塗装はホームセンターで加工してもらえますか?

してくれません

https://www.google.co.jp/search?q=%E9%98%B2%E6%B0%B4%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%8D&hl=ja&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0ahUKEwjBp6Cx0ebTAhWCUbwKHdLhAH4QsAQIRw&biw=1680&bih=913

防水タイプのコンパネがありますので、上面はそれで事足りると思います
側面は木がむき出しですから、刷毛でペンキを塗りましょう

200kg程度なら1.5mm厚のコンパネで充分ですが、更なる過重分散を求めるのであれば、それを2枚重ねてネジ止めしておきましょう

Qコンクリートに打ち込むアンカーボルトは雄ねじ型と雌ねじ型があります。 雄ねじ型のアンカーボルトの方が

コンクリートに打ち込むアンカーボルトは雄ねじ型と雌ねじ型があります。
雄ねじ型のアンカーボルトの方が信頼性が高いみたいですが何故信頼性が高いのか理由を教え下さい。

Aベストアンサー

信頼性が高いと言っても少しですけどね。

同じ程度の下穴径では貴方の言う雌ネジで1300、雄ネジで1500の引抜き耐性です。

なぜ雄ネジ型(芯棒打ち込み型)の方が、貴方の言う「信頼性」が高いか

ご存知と思いますが一応仕様の違いを確認。
・雄ネジ型は、芯棒が打ち込まれることで本体先端が開きます。
・雌ネジ型(テーパーピン型)は穴の突き当りで止まる先端のテーパーピンに、本体が更に打ち込まれて先端が開きます。

どちらも開いた先端が穴の中で踏ん張ってくれるので抜けないという事ですね。

さて、これを抜こうとすると、開いた先端はどういう動きになるでしょうか?
雄ネジ型は
開いた先端が閉じようとしても芯棒があるので閉じることは出来ません。

雌ネジ型は
テーパーに沿って開いたので、行けるという事は元の場所を通って閉じていきます。
つまり踏ん張るはずの開き幅が少なくなっていきます。

言ってみれば雌ネジ型は、開いた先端の一番先端だけが踏ん張っている商品。
雄ネジ型は、芯棒によって、開いて下穴外周に強く押し付けられている部分が最先端だけではなく。ちょっと手前も押し付ける力が掛かっている。
しかも抜けかかっても先端が閉じることは無い。

これほど構造的に有利な雄ネジ型でも引抜き強度に大きなさが無いのは、下穴が大きいから。

という事です。

あと違いとしては
雄ネジ型は本体太さがほぼネジ径。
雌ネジ型は本体より2割ほど細いネジ径。

信頼性が高いと言っても少しですけどね。

同じ程度の下穴径では貴方の言う雌ネジで1300、雄ネジで1500の引抜き耐性です。

なぜ雄ネジ型(芯棒打ち込み型)の方が、貴方の言う「信頼性」が高いか

ご存知と思いますが一応仕様の違いを確認。
・雄ネジ型は、芯棒が打ち込まれることで本体先端が開きます。
・雌ネジ型(テーパーピン型)は穴の突き当りで止まる先端のテーパーピンに、本体が更に打ち込まれて先端が開きます。

どちらも開いた先端が穴の中で踏ん張ってくれるので抜けないという事ですね。

さて、...続きを読む

Qポリプロピレン板の厚み1mmくらいで600×600mm以上の透明を探しています。

ポリプロピレン板、もしくはポリエチレン板の厚み1mmくらいで600×600mm以上の透明を探しています。
ホームセンターで見かけるアクリルサンデーのPPクラフトシートはラインが入っていて使えません。
ネット通販の、はざい屋さんでは透明な物は取り扱いがないです。
ネットでだいぶ調べたのですが見つけることができませんでした。
上記のサイズで1枚から販売してくれるお店や、ネット通販の店をご存知でしたら教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アクリルで良ければ、以下製品シールより

アクリルサンデー板
透明度抜群アクリル樹脂板
色番 「IR001強化透明」
サイズ 600×1100mm
厚み 1mm
素材 アクリル樹脂
特徴 長期屋外でも劣化しない、ガラスより軽く強い、透明板は透明度抜群
比重 1.19
使用温度 -60~80℃
燃焼性 可燃性
お客様専用フリーダイヤル 0120-005-998

此は全面透明で筋や線など入っていません、ホームセンターで購入しました、無ければこの色番で取り寄せて貰えます、お値段は約¥2600程でした。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報