福祉関連の仕事を始めるものです。以前新聞か何かで「精神薄弱」を「知的障害」に置きかえるという記事を見かけたことがあります。今では、「精神薄弱」という言い方は公の場では聞かれなくなり、「知的障害」に変ったのかなと感じております。
 社内の会議で、「身体障害者」と「精神障害者」という言葉について話題になり、”公の場で「身体障害者」や「精神障害者」という言葉を使うときは注意して使って下さい。差別用語として相手に伝わることがあります。”という注意がありました。
 「身体障害者」に代わる言葉、「精神障害者」にかわる言葉は、どんなものがあるのでしょうか。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

 米国ではハンディキャップという表現をしていますが、実用上は和製英語的に「ハンディのある方」はどんなもんでしょう。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

legalmindcorpさん。回答どうもありがとうございます。
 JRの電車の中で昔、お年寄りなどの優先座席シルバーシートのところに
'for handicapped passenger'のシールが張ってあったことをふと、思い
出しました。また、ゴルフの世界では、”私のハンディーは32です”など
と言っていますよね。
 ハンディキャップという表現はなかなかいい感じだなと思います。

お礼日時:2002/03/09 14:34

 自身が障害者であり、かつ介護職に就く者ですが、参考にして下さい。


 実際に介護の現場では、不用意な言葉遣いでトラブルを招く例が多々ありますので、
会議での注意が安易な言葉遣いを戒めるものだとすれば、的を射たもの、と言えます。
しかしその事と「それに替わる表現」という事とは、全く別次元の問題に思われます。

 私の考えは、#8の方と同様です。言葉の言い替えは、問題の本質とは無縁です。

 差別したり傷付けるのは、その人自身の「心」であって「言葉」ではありません。
ですから、安易な言い替えや俗に言う「言葉狩り」には「嫌悪」すら感じます。
ただ、これは一障害者の私見で、家族の見解とは違った物かもしれません。
「ことだま」か「ことのは」か、受け止める側の見方によっても違いますしね。

 他とは異質の意見かもしれませんが、参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

onkelさん。回答どうもありがとうございます。
 たしかに大切なことは、相手に対する「思い」「気持ち」「こころ」だと
思います。

 ところで、介護保険制度の法律が平成12年4月からすでに始まっていますが、
身体障害者や知的障害者の介護保険制度版の法律が、平成15年4月から施行さ
れる様です。この法律がマスコミなどで取りあげられる様になり、世間の関心が
身体障害者に向くといいのですが。
 

お礼日時:2002/03/09 16:01

たぶん外国の話だったと思いますが。

健常者のの身代わりに、障害者は障害を授かるとの考えがあったような記憶です。私も特に先天的な障害を持つ方と接していると、本当に神をうらみたくなります。そんな時「この方々は私たちの身代わりに不運を背負ってくれているんだな」そう無理にも納得させています。ですから、新しい言葉には私たちの感謝または尊敬の気持ちがこもった言葉が適当ではないかと思います。天使さんとかエンジェルさん・・
 私は2級のエンジェル手帳もってます・・・変ですか?

この回答への補足

 質問をGooに掲載したのは2月14日でした。今日は2月26日です。
12日経過していますが、まだ若干の回答が来るようですので締め切らずに
もうしばらく待つことにします。
 たまたま、私が質問を投げかけることになりましたが、回答を寄せて下さっ
た人だけでなく、GOOのこの画面を開いて内容を読んでくれた人がきっと大勢
いらっしゃると思います。そのぞれの人がいろんな「思い」を感じたでしょう。
その「思い」から新しい言葉が生まれるような気がします。
(回答No1の補足の再掲)

補足日時:2002/02/26 21:53
    • good
    • 0

 私には、言い替えて済む問題では無いように思えます。



 現在、公には「精神薄弱」との言葉は一切使われていません。それは、数年前に「精神薄弱」との呼称を「知的障害」に改める法案が議員立法で可決したからです。その結果、全ての法文において「精神薄弱」の呼称が「知的障害」に置き換えられました。

 時に差別的表現として使われる「精神薄弱」(略して「せいはく」と呼ばれた)の呼称が、「知的障害」と一新されたのを、喜んで迎えた方が沢山おられたのは事実のようです。

 しかし、「精神薄弱」にはそれ以前の呼称もあります。「白痴」や「知恵遅れ」という言葉がそうです。これらの呼称から、「精神薄弱」との新たな呼び方が生まれたとき、沢山の親御さんが喜んだのも事実です。「なんて学術的な呼び方なのだろう」と。

 言葉が誤解を生むことは、確かにあります。それが差別と絡む言葉であるなら、なおさらです。とはいえ、私は、安易な言い替えには反対です。臭いものにふたをする行為に思えるからです。

 私が思うに、何より重要なのは、相手(利用者)を尊敬する気持ち、そして、真摯な姿勢で相手を見つめようとする気持ちではないでしょうか。それがないのならば、例えどんな聖なる言葉を使おうと、差別を感じる方が残るでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

fuchikomaさん。回答どうもありがとうございました。
 たしかに、fuchikomaさんのおっしゃるように大切なことは、上っ面の言葉よりも、相手を思う気持ちだと思います。このことは忘れないようにしていきます。

お礼日時:2002/03/09 15:42

言葉は,私たちの考えを規定していくので,このような言葉へのこだわりはとても重要だと思いながら,質問と回答を拝見させていただいています。



 「精神薄弱」の言葉の整理は,法令にまでかかわるものなので,その言葉の使用されなくなりますが,「身体障害者」等の表現は,使用する場面は必ず残るでしょうね。ただ,「知的障害」という表現も「身体障害」や「精神障害」と同様の表現であることから,少なくとも法改正時には(最近だったと思うのですが)差別用語としての認識はあまりないのだと思います。
 
 正直,「代わる言葉」はわからないのですが,ある本では,「障害をもつ人」よりも「障害がある人」の方がより適切ではないかとは聞いたことはあります。
 ただ,あまり聞き慣れない言葉を使う場合は,そういう使い方をするという宣言?が必要になってくると思います。行政や福祉団体で全体でそうしましょうという方針は示せますが,個人的に使用するのであれば,自分はこういう言葉を使いますが,ということを伝えるようにし,また理由をいつでも示せるようにする必要があるかもしれません。
 前の回答において,「肢体不自由者」なら一般的な言葉ですが,「チャレンジド」なら,言葉の普及から始めないと伝わらないですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

chocolabさん。回答どうもありがとうございました。
 貴重なご指摘をいただきましてどうもありがとうございます。
わたしが福祉関連の仕事をこれから始めるにあたり、今回の私の質問は、
当分答えの見つからない私的な課題になると思います。

お礼日時:2002/03/09 15:34

確か大阪の福祉団体が「チャレンジド」という呼び方をしています。


いわれは、(今、調べたんですが(^^;)
challenged(チャレンジド)というのは「障害を持つ人」を表す新しい米語「the challenged」を語源とし、障害をマイナスとのみ捉えるのでなく、障害を持つゆえに体験する様々な事象を自分自身のため、あるいは社会のためポジティブに生かして行こう、という想いが込められてるみたいです。
私的には良い言葉だと思います。

参考URL:http://www.prop.or.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

mahalさん。回答ありがとうございます。
わざわざ、調べていただいてんですね。参考URLを見てみました。
challenged(チャレンジド)という言葉を最近まで、わたしは知りませんでした。
これからどんどん世の中に広がっていくといいですね。

お礼日時:2002/03/09 15:25

難しい質問ですね。


私も今福祉の勉強をしています。

そもそも、障害者の法律的な定義は「身体障害者」手帳をもっていることです。そして、一口に身体障害者といっても、視覚、聴覚、内部(心臓にペースメーカー、人工透析をしている人)など各部分によって障害者の前に名称がつきます。

NO2の方のように、四肢が不自由であれば、「肢体不自由」といえますけれども、四肢が不自由でない人は肢体自由なわけです。

ある障害者団体では、障害者を「障碍者(しょうがいしゃ)」と表記しています。

答えになっていないですねすいません。

参考URL:http://www.neting.or.jp/welfare/chime/#challenged
    • good
    • 0
この回答へのお礼

omi519さん。回答どうもありがとうございました。
 参考URLのホームページを見させていただきました。世界保健機構(WHO)の
提案で、国際的には3種類で定着しているですね。
 impairment :病気やけがによる機能的、形態的な身体障害
disability :impairmentから二次的に派生する能力的障害
handicap  :これにより受ける三次的な社会的不利
英語表現は定着しているのに、日本語はうまい表現が無いのが現状であることが
よくわかりました。参考になりました。

お礼日時:2002/03/09 15:11

akkinさん、こんばんは。



日本語で言うと漢字を思い浮かべちゃうので難しいかと思います。
最近ではハンディキャッパーという言葉を聞くことが多いと感じます。
この言葉で通じるんじゃありませんか。
「身体的ハンディキャッパー」、「知的ハンディキャッパー」というのはいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Yoshi-Pさん。回答ありがとうございます。
なるほどと思いました。参考にさせて頂きます。

お礼日時:2002/03/09 14:42

ここ数年「身体障害者」のことを「肢体不自由者」と呼ぶ方が増えてきているように感じます。



「障害」ではなく「不自由」と置き換えることによって差別を減らそうとしているのではないでしょうか?
似たようなものに「登校拒否」→「不登校」という言葉もありましたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Kurioさん。回答どうもありがとうございました。
差別を減らそうという気持ちが大切ですね。

お礼日時:2002/03/09 14:02

私の従弟にも「知的障害」の子がいますが


確かに昔は「薄弱」と言う言葉を使っていましたね。
その「知的障害児」の父親が亡くなったお葬式の時に親戚の大人達が
その子のことを列席者に「自閉症」と説明していました。
私達いとこは「自閉症?それは違うのでは?」と首を傾げました 
ああいう場でそういう風に言う事(ハッキリ障害と言わない事)にすごく抵抗がありました。
父親の死を理解させるためにみんなで一生懸命やったこと
ちょっとの間も静かに出来ない彼が 式の間静かだったこと
すごく感動したし 恥ずべき事でも隠すことでもなく
みんなに見て欲しいくらいでした。
大人達は私達いとこに障害を持った従弟がいることを
私たちの為を思って隠そうとした感じだったのですが
子供の頃から彼を含め仲の良かったいとこ連中はちょっとやりきれない思いでした。
近くに障害を持った人がいる身としては そんなに気にすることでもないと思いますが・・・・
でも「身体障害者」は良くないと思います。
単に訓読みしただけのようですが「身体に障害を持った方」って言い方だと
なんだか柔らかい気がするのですが?
ちなみに「身体に障害を持った」いとこもいるのですが
全然「身体障害者」だと思ったこと無いですね(笑)

なんだか全然回答になっていなくてすいません(^^;;;

この回答への補足

私が質問をしてから直ぐに回答を頂きました。ありがとうございます。
 質問をGooに掲載したのは2月14日でした。今日は2月26日です。
12日経過していますが、まだ若干の回答が来るようですので締め切らずに
もうしばらく待つことにします。
 たまたま、私が質問を投げかけることになりましたが、回答を寄せて下さっ
た人だけでなく、GOOのこの画面を開いて内容を読んでくれた人がきっと大勢
いらっしゃると思います。そのぞれの人がいろんな「思い」を感じたでしょう。
その「思い」から新しい言葉が生まれるような気がします。

補足日時:2002/02/26 21:20
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q"身体障害者”という言葉(語句)は差別用語でしょうか?

先日、我が家にお客様がお見えになりました。その方は足が不自由です。

父が応接間に招き入れました。お茶をお出しするので台所に言った時の私の母の言葉です。「身体障害者だからいろいろ大変なんだよ。」
この言葉は相手に間違いなく聞こえたはず。いや、確実に聞こえました。

私は、相手の立場でその言葉を考えました。決して耳にしたくない言葉だと思います。響きも良くありません。「体が不自由なので・・・」というような表現が良いのではないかと考えました。ご意見いただきたく存じます。

Aベストアンサー

最近は健康な方を健常者といいますね。
年金は障害年金、手帳は障害手帳。
昔は一般的でした。法律もそう定めています。

私は言葉自体は差別用語ではないと思います。しかし使い方次第とも思います。お母様の言葉は差別用語として使っています。

「障害をお持ちになると大変では?」と本人(のみ)に聞くのはあまり抵抗を感じませんが、障害をお持ちの方の家族が居るときに聞くことは出来ません。それだけデリケートな問題と感じます。

TVや公共機関の乗り物では体の不自由な方と表現されてますが、不自由と言われる方が嫌な思いをすることも多いようです。参考URLをどうぞ

不自由=出来ない
障害=生活に支障(困難)がある何かを持っている
というイメージに思えます。

無難な道を選ぶなら障害でよいと思いますが、障害があるから大変・・・と決め付けるのが差別と感じました。

参考URL:http://www.hatena.ne.jp/1086487012

Q障害者という言い方について

 一般に、障害者と言う言われ方がされていますが、この言い方ではなくて
障{}者とか言う別の言い方があって、そのほうがふさわしいと聞いたことがあります。何だったかおもいだせないのですが・・・・お願いします。

Aベストアンサー

sassyさんが言われているとおり、かつて障害者というと、「害」と言う字が使われマイナスイメージどころか、社会的に害となる存在として認識されていました。
ですが、ノーマライゼーションの認知やバリアフリーが叫ばれるようになり、害という字を使うこと自体が人間として扱っていないと批判になり、一部では障碍と当てはめられるように変わりました。メディアなどでは、今もなお「障害」と言う字を使われています。
そして最近では、障害者・健常者という人種はいないと言うことから、
「」をつけ「障害」者とされることが多くなりました。意味合いとしてはいわゆる障害のある人となります。

Q「障害者」と「身障者」の言葉のちがいについて

身体の不自由な方への表現として、「障害者」と「身障者」のどちらが適切でしょうか?教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

障害者は、身体障害者、知的障害者、精神障害者に分けられます。

身体の不自由な方は「身障者」または、「身体障害者」と言います。ただし、昨今は差別的であるからと下記の方々の書いてある通りの言い方がされます。

個人的には、言葉の言い換えで差別がなくなるとは思っていないので言い換えは好きではありません。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q「健常者」は差別用語!?(長文です)

 先日、教員免許取得に必要な「介護等体験」で養護学校に行ったときのことです。

 たまたま一緒だった知り合いとの会話の中で、私が「健常者」という言葉を口にしたとたん、その人が「“健常者”って言葉はダメだよ!」と言ったのです。
 もちろん私は、養護学校に通う子どものことを差別するつもりで「健常者」という言葉を使ったのではなく、そのことを彼に言いました。しかし彼は、「いや、“健常者”という言葉そのものを使うことが誤解を招くことがあるからいけないんだ。」というのです。
 確かに「健常者」という言葉は使い方を間違えれば差別用語になりえるかもしれませんが、それは「健常者」と言う言葉に限らないような気がします。(たとえば“目が悪いから眼鏡をかける”や“足が痛くてまともに歩けません”なども、受け止め方によっては他人を傷つける可能性があるようにも感じられます。さらにいえば、“子ども”は良いが“子供”はいけないなど、切りがありませんよね。)
 それゆえ、「健常者という言葉を使うこと自体がいけない」という理論には納得できなかったのです。
 もちろん、無難に、波風を立てずに介護等体験を終えたいのなら、このような言葉は使わないのが良かったのかもしれません。周囲の人間の神経を逆なでしてしまうかもしれない言葉は避けたほうが良かったかもしれません。でもこの程度のことで「ビビッて」いたら、(私の目指している)小学校教師なんて勤まらないんじゃないかなあ、とも思ったのです。
 ちなみにその場では、彼とケンカしたくなかったので、また一連のできごとがあまりに咄嗟だったので「あぁそうですね。すみません。」と謝罪しました(“謝罪してしまいました”と表現したほうが正確かもしれません。)。

 ぜひ皆さまの意見をお聞かせください。m(_ _)m
とりわけ障害児教育に関心のある方々からの回答をお待ちしています。

 先日、教員免許取得に必要な「介護等体験」で養護学校に行ったときのことです。

 たまたま一緒だった知り合いとの会話の中で、私が「健常者」という言葉を口にしたとたん、その人が「“健常者”って言葉はダメだよ!」と言ったのです。
 もちろん私は、養護学校に通う子どものことを差別するつもりで「健常者」という言葉を使ったのではなく、そのことを彼に言いました。しかし彼は、「いや、“健常者”という言葉そのものを使うことが誤解を招くことがあるからいけないんだ。」というのです。
 確かに「健...続きを読む

Aベストアンサー

健常者と言う言葉は差別用語になると思います。
字の通り常に健康な者と書きますよね。
そうじゃない人間にとってこの言葉は傷付きます。
失礼ですが、そういう言葉の意味が理解できないようでは
子供の気持ちも汲み取れないんじゃないでしょうか?
子供って些細なことでも傷付くんですよ。
そして、その些細なことで一生心に傷を持つんです。
そういうことを児童心理学で学びませんでしたか?
また、その程度の言葉でビビってたらなんて言葉も使うべきではありません。
教師と言う物は生徒の鏡でなければならないのです。
また、貴方のことを考え注意してくれたのに、自分の意見が通らなく
常識的なことの判断が出来ない人が教師になるのはどうかと思います。
そういう方に子供を預けたいとは思いません。
貴方、将来自分の子供が出来て、何らかの障害があった場合
誰かにそういう風に言われたらどう思いますか?
貴方のような人は絶対私の子供にそんなことはないと思ってるんでしょうね。
教師を目指す以上、相手の気持ちに立って物事を考えるという姿勢を養った方がいいです。
それが出来ないのなら、人様の成長に携わる仕事はしないで下さい。
ましてや、教員と言う仕事には移動を伴う仕事ですよね。
障害児教育現場に勤務することもあるんですよ。
そういった学校に通わない児童もいてそういう児童がいるクラスを受け持つことだってあるんですよ。
そういう児童をもつ親はとても敏感になります。
それに、今は体だけでなく心を病む児童が多いことはご存知ですよね。
貴方が考えているほど教育現場は簡単な物ではありません。
教師の職業病に鬱病と言う病気が上げられます。
それほど、教師は神経を擦る切る仕事なんです。
保護者も気に入らなければ教師をつるし上げるんですよ。
責任転嫁してくる保護者なんて山ほどいるんですよ。
それらを覚悟して目指してください。

健常者と言う言葉は差別用語になると思います。
字の通り常に健康な者と書きますよね。
そうじゃない人間にとってこの言葉は傷付きます。
失礼ですが、そういう言葉の意味が理解できないようでは
子供の気持ちも汲み取れないんじゃないでしょうか?
子供って些細なことでも傷付くんですよ。
そして、その些細なことで一生心に傷を持つんです。
そういうことを児童心理学で学びませんでしたか?
また、その程度の言葉でビビってたらなんて言葉も使うべきではありません。
教師と言う物は生徒の鏡でなけれ...続きを読む

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q住民票、身元証明書を取る際に必要なもの

住民票と身元証明書を市役所に取りに行きます。印鑑などいるのでしょうか?必要なものを教えて下さい。

Aベストアンサー

H20.5から窓口での本人確認が法律で義務化されています。
つまり、本人確認のため、
運転免許証、パスポート、
住基カード、健康保険証などが必要です。
ただし、顔写真がないものは、複数の提示を求められることがあります。
あとは、ハンコと手数料ですね。


人気Q&Aランキング