福祉関連の仕事を始めるものです。以前新聞か何かで「精神薄弱」を「知的障害」に置きかえるという記事を見かけたことがあります。今では、「精神薄弱」という言い方は公の場では聞かれなくなり、「知的障害」に変ったのかなと感じております。
 社内の会議で、「身体障害者」と「精神障害者」という言葉について話題になり、”公の場で「身体障害者」や「精神障害者」という言葉を使うときは注意して使って下さい。差別用語として相手に伝わることがあります。”という注意がありました。
 「身体障害者」に代わる言葉、「精神障害者」にかわる言葉は、どんなものがあるのでしょうか。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

 米国ではハンディキャップという表現をしていますが、実用上は和製英語的に「ハンディのある方」はどんなもんでしょう。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

legalmindcorpさん。回答どうもありがとうございます。
 JRの電車の中で昔、お年寄りなどの優先座席シルバーシートのところに
'for handicapped passenger'のシールが張ってあったことをふと、思い
出しました。また、ゴルフの世界では、”私のハンディーは32です”など
と言っていますよね。
 ハンディキャップという表現はなかなかいい感じだなと思います。

お礼日時:2002/03/09 14:34

 自身が障害者であり、かつ介護職に就く者ですが、参考にして下さい。


 実際に介護の現場では、不用意な言葉遣いでトラブルを招く例が多々ありますので、
会議での注意が安易な言葉遣いを戒めるものだとすれば、的を射たもの、と言えます。
しかしその事と「それに替わる表現」という事とは、全く別次元の問題に思われます。

 私の考えは、#8の方と同様です。言葉の言い替えは、問題の本質とは無縁です。

 差別したり傷付けるのは、その人自身の「心」であって「言葉」ではありません。
ですから、安易な言い替えや俗に言う「言葉狩り」には「嫌悪」すら感じます。
ただ、これは一障害者の私見で、家族の見解とは違った物かもしれません。
「ことだま」か「ことのは」か、受け止める側の見方によっても違いますしね。

 他とは異質の意見かもしれませんが、参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

onkelさん。回答どうもありがとうございます。
 たしかに大切なことは、相手に対する「思い」「気持ち」「こころ」だと
思います。

 ところで、介護保険制度の法律が平成12年4月からすでに始まっていますが、
身体障害者や知的障害者の介護保険制度版の法律が、平成15年4月から施行さ
れる様です。この法律がマスコミなどで取りあげられる様になり、世間の関心が
身体障害者に向くといいのですが。
 

お礼日時:2002/03/09 16:01

たぶん外国の話だったと思いますが。

健常者のの身代わりに、障害者は障害を授かるとの考えがあったような記憶です。私も特に先天的な障害を持つ方と接していると、本当に神をうらみたくなります。そんな時「この方々は私たちの身代わりに不運を背負ってくれているんだな」そう無理にも納得させています。ですから、新しい言葉には私たちの感謝または尊敬の気持ちがこもった言葉が適当ではないかと思います。天使さんとかエンジェルさん・・
 私は2級のエンジェル手帳もってます・・・変ですか?

この回答への補足

 質問をGooに掲載したのは2月14日でした。今日は2月26日です。
12日経過していますが、まだ若干の回答が来るようですので締め切らずに
もうしばらく待つことにします。
 たまたま、私が質問を投げかけることになりましたが、回答を寄せて下さっ
た人だけでなく、GOOのこの画面を開いて内容を読んでくれた人がきっと大勢
いらっしゃると思います。そのぞれの人がいろんな「思い」を感じたでしょう。
その「思い」から新しい言葉が生まれるような気がします。
(回答No1の補足の再掲)

補足日時:2002/02/26 21:53
    • good
    • 0

 私には、言い替えて済む問題では無いように思えます。



 現在、公には「精神薄弱」との言葉は一切使われていません。それは、数年前に「精神薄弱」との呼称を「知的障害」に改める法案が議員立法で可決したからです。その結果、全ての法文において「精神薄弱」の呼称が「知的障害」に置き換えられました。

 時に差別的表現として使われる「精神薄弱」(略して「せいはく」と呼ばれた)の呼称が、「知的障害」と一新されたのを、喜んで迎えた方が沢山おられたのは事実のようです。

 しかし、「精神薄弱」にはそれ以前の呼称もあります。「白痴」や「知恵遅れ」という言葉がそうです。これらの呼称から、「精神薄弱」との新たな呼び方が生まれたとき、沢山の親御さんが喜んだのも事実です。「なんて学術的な呼び方なのだろう」と。

 言葉が誤解を生むことは、確かにあります。それが差別と絡む言葉であるなら、なおさらです。とはいえ、私は、安易な言い替えには反対です。臭いものにふたをする行為に思えるからです。

 私が思うに、何より重要なのは、相手(利用者)を尊敬する気持ち、そして、真摯な姿勢で相手を見つめようとする気持ちではないでしょうか。それがないのならば、例えどんな聖なる言葉を使おうと、差別を感じる方が残るでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

fuchikomaさん。回答どうもありがとうございました。
 たしかに、fuchikomaさんのおっしゃるように大切なことは、上っ面の言葉よりも、相手を思う気持ちだと思います。このことは忘れないようにしていきます。

お礼日時:2002/03/09 15:42

言葉は,私たちの考えを規定していくので,このような言葉へのこだわりはとても重要だと思いながら,質問と回答を拝見させていただいています。



 「精神薄弱」の言葉の整理は,法令にまでかかわるものなので,その言葉の使用されなくなりますが,「身体障害者」等の表現は,使用する場面は必ず残るでしょうね。ただ,「知的障害」という表現も「身体障害」や「精神障害」と同様の表現であることから,少なくとも法改正時には(最近だったと思うのですが)差別用語としての認識はあまりないのだと思います。
 
 正直,「代わる言葉」はわからないのですが,ある本では,「障害をもつ人」よりも「障害がある人」の方がより適切ではないかとは聞いたことはあります。
 ただ,あまり聞き慣れない言葉を使う場合は,そういう使い方をするという宣言?が必要になってくると思います。行政や福祉団体で全体でそうしましょうという方針は示せますが,個人的に使用するのであれば,自分はこういう言葉を使いますが,ということを伝えるようにし,また理由をいつでも示せるようにする必要があるかもしれません。
 前の回答において,「肢体不自由者」なら一般的な言葉ですが,「チャレンジド」なら,言葉の普及から始めないと伝わらないですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

chocolabさん。回答どうもありがとうございました。
 貴重なご指摘をいただきましてどうもありがとうございます。
わたしが福祉関連の仕事をこれから始めるにあたり、今回の私の質問は、
当分答えの見つからない私的な課題になると思います。

お礼日時:2002/03/09 15:34

確か大阪の福祉団体が「チャレンジド」という呼び方をしています。


いわれは、(今、調べたんですが(^^;)
challenged(チャレンジド)というのは「障害を持つ人」を表す新しい米語「the challenged」を語源とし、障害をマイナスとのみ捉えるのでなく、障害を持つゆえに体験する様々な事象を自分自身のため、あるいは社会のためポジティブに生かして行こう、という想いが込められてるみたいです。
私的には良い言葉だと思います。

参考URL:http://www.prop.or.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

mahalさん。回答ありがとうございます。
わざわざ、調べていただいてんですね。参考URLを見てみました。
challenged(チャレンジド)という言葉を最近まで、わたしは知りませんでした。
これからどんどん世の中に広がっていくといいですね。

お礼日時:2002/03/09 15:25

難しい質問ですね。


私も今福祉の勉強をしています。

そもそも、障害者の法律的な定義は「身体障害者」手帳をもっていることです。そして、一口に身体障害者といっても、視覚、聴覚、内部(心臓にペースメーカー、人工透析をしている人)など各部分によって障害者の前に名称がつきます。

NO2の方のように、四肢が不自由であれば、「肢体不自由」といえますけれども、四肢が不自由でない人は肢体自由なわけです。

ある障害者団体では、障害者を「障碍者(しょうがいしゃ)」と表記しています。

答えになっていないですねすいません。

参考URL:http://www.neting.or.jp/welfare/chime/#challenged
    • good
    • 0
この回答へのお礼

omi519さん。回答どうもありがとうございました。
 参考URLのホームページを見させていただきました。世界保健機構(WHO)の
提案で、国際的には3種類で定着しているですね。
 impairment :病気やけがによる機能的、形態的な身体障害
disability :impairmentから二次的に派生する能力的障害
handicap  :これにより受ける三次的な社会的不利
英語表現は定着しているのに、日本語はうまい表現が無いのが現状であることが
よくわかりました。参考になりました。

お礼日時:2002/03/09 15:11

akkinさん、こんばんは。



日本語で言うと漢字を思い浮かべちゃうので難しいかと思います。
最近ではハンディキャッパーという言葉を聞くことが多いと感じます。
この言葉で通じるんじゃありませんか。
「身体的ハンディキャッパー」、「知的ハンディキャッパー」というのはいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Yoshi-Pさん。回答ありがとうございます。
なるほどと思いました。参考にさせて頂きます。

お礼日時:2002/03/09 14:42

ここ数年「身体障害者」のことを「肢体不自由者」と呼ぶ方が増えてきているように感じます。



「障害」ではなく「不自由」と置き換えることによって差別を減らそうとしているのではないでしょうか?
似たようなものに「登校拒否」→「不登校」という言葉もありましたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Kurioさん。回答どうもありがとうございました。
差別を減らそうという気持ちが大切ですね。

お礼日時:2002/03/09 14:02

私の従弟にも「知的障害」の子がいますが


確かに昔は「薄弱」と言う言葉を使っていましたね。
その「知的障害児」の父親が亡くなったお葬式の時に親戚の大人達が
その子のことを列席者に「自閉症」と説明していました。
私達いとこは「自閉症?それは違うのでは?」と首を傾げました 
ああいう場でそういう風に言う事(ハッキリ障害と言わない事)にすごく抵抗がありました。
父親の死を理解させるためにみんなで一生懸命やったこと
ちょっとの間も静かに出来ない彼が 式の間静かだったこと
すごく感動したし 恥ずべき事でも隠すことでもなく
みんなに見て欲しいくらいでした。
大人達は私達いとこに障害を持った従弟がいることを
私たちの為を思って隠そうとした感じだったのですが
子供の頃から彼を含め仲の良かったいとこ連中はちょっとやりきれない思いでした。
近くに障害を持った人がいる身としては そんなに気にすることでもないと思いますが・・・・
でも「身体障害者」は良くないと思います。
単に訓読みしただけのようですが「身体に障害を持った方」って言い方だと
なんだか柔らかい気がするのですが?
ちなみに「身体に障害を持った」いとこもいるのですが
全然「身体障害者」だと思ったこと無いですね(笑)

なんだか全然回答になっていなくてすいません(^^;;;

この回答への補足

私が質問をしてから直ぐに回答を頂きました。ありがとうございます。
 質問をGooに掲載したのは2月14日でした。今日は2月26日です。
12日経過していますが、まだ若干の回答が来るようですので締め切らずに
もうしばらく待つことにします。
 たまたま、私が質問を投げかけることになりましたが、回答を寄せて下さっ
た人だけでなく、GOOのこの画面を開いて内容を読んでくれた人がきっと大勢
いらっしゃると思います。そのぞれの人がいろんな「思い」を感じたでしょう。
その「思い」から新しい言葉が生まれるような気がします。

補足日時:2002/02/26 21:20
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2歳の子供,言葉の発達について。。。

2歳になったばかりの男の子のことで質問です。
まだ言葉があまり出ません。
「おいしー」「どうじょ(どうぞ)」「ブーブー(車)
「ぎゅう,にゅ(牛乳)」「た,ぶ(食べる」「よ,で(読んで)」
。。。ぐらいでしょうか。あとは何でもババ,ビビ,ブブなどの,なん語ですませています。。
今はインプットの時期,そのうち喋りだすだろう,とあまり心配していなかたのですが,1才半~くらいの周りのお友だちがすごくおしゃべりしているのを見ると,やはり不安になってきます。また,以前は言えた数少ない言葉を言わなくなったりもするので,心配です。

絵本が大好きで,1歳をややすぎてから,5~6冊の本を並べて,私がソラであるフレーズを言うと,きちんとその本を選んだり,3歳向けくらいのやや長い文章の絵本も,集中して聞くようになっていました。
他に,OOとって,OOはどこ?と聞くと,もってきたりします。
私から見ると,コミュニケーションの能力はは日々,上達しているなあと感じるのですが,先日,検診で(言葉の発達に関して)あと3ヶ月ほど様子を見て変わりなければ,神経科で診てもらっても,と言われてしまいました。
今後,どのような発達の仕方をするでしょうか。順調に語彙が増えてくれたらいいと思うのですが。。。
このまま様子を見てもよいものか,神経科にかかるならより早いほうがよいのか,迷っています。
経験者の方,専門家の方,アドバイス宜しくお願いいたします。

2歳になったばかりの男の子のことで質問です。
まだ言葉があまり出ません。
「おいしー」「どうじょ(どうぞ)」「ブーブー(車)
「ぎゅう,にゅ(牛乳)」「た,ぶ(食べる」「よ,で(読んで)」
。。。ぐらいでしょうか。あとは何でもババ,ビビ,ブブなどの,なん語ですませています。。
今はインプットの時期,そのうち喋りだすだろう,とあまり心配していなかたのですが,1才半~くらいの周りのお友だちがすごくおしゃべりしているのを見ると,やはり不安になってきます。また,以前は言えた数少な...続きを読む

Aベストアンサー

子供のしゃべり始めは、一般にグラスに水が満ちていく様子にたとえられます。
ゆっくりといろんな言葉が順番にたまっていき、グラスをあふれ始めたときに、それが言葉となって出てくるのです。
標準より遅いということは、それだけグラスが大きいということ。
あふれ始めたら、それこそ堰を切ったように言葉がどんどん出てきます。え?そんな言葉なんで知ってるの?みたいに。
ちなみにうちの下の子(現在小学2年生女子)は3歳に近かったと思いますが、なんぼいうても遅すぎやろ!と思ってた矢先にしゃべり始め、現在は、もー許して!ってくらいしゃべります。
大丈夫ですよ。気長に待ちましょう。
それこそ明日、あふれ始めるかも。

Q知的障害者更生施設と知的障害者援護施設

知的障害者更生施設と知的障害者援護施設の違いについて、教えてください

Aベストアンサー

知的障害者援護施設とは、
障害者自立支援法施行前の旧・知的障害者福祉法第5条で定義される
  1.知的障害者デイサービスセンター
  2.知的障害者更生施設
  3.知的障害者授産施設
  4.知的障害者通勤寮
  5.知的障害者福祉ホーム
の計5つの総称です。

知的障害者更生施設は、
旧・知的障害者福祉法第21条の6で定義され、
「18歳以上の知的障害者を入所させて、これを保護するとともに、
その更生に必要な指導及び訓練を行うことを目的とする施設」です。

いずれも、
障害者自立支援法施行後は、知的障害者福祉法が改正されたために、
施設種別としては存在しません。

現在は、
障害者自立支援法第5条に定義される「障害福祉サービス」の中で
主に「施設入所支援」として位置づけられ、
「障害者支援施設」と呼ばれます。
施設は、障害者自立支援法による指定を受ける必要があり、
この指定を受けて「指定知的障害者支援施設」という呼び方をします。
これが、それまでの「知的障害者援護施設」や「知的障害者更生施設」
を意味します。

障害者自立支援法では、
それまでの「知的障害者援護施設」(旧法施設)を
「指定知的障害者支援施設」(新法施設)に移行しなければならない、
と定めています。
ただ、障害者自立支援法附則により、
当面の間(概ね平成25年3月末迄)、旧法施設の存続を認めており、
旧法施設は、新法施設と同様に見なされます。
但し、旧法施設のままだと、給付費(自立支援の経費)が減額されます。

知的障害者援護施設とは、
障害者自立支援法施行前の旧・知的障害者福祉法第5条で定義される
  1.知的障害者デイサービスセンター
  2.知的障害者更生施設
  3.知的障害者授産施設
  4.知的障害者通勤寮
  5.知的障害者福祉ホーム
の計5つの総称です。

知的障害者更生施設は、
旧・知的障害者福祉法第21条の6で定義され、
「18歳以上の知的障害者を入所させて、これを保護するとともに、
その更生に必要な指導及び訓練を行うことを目的とする施設」です。

いずれも、
...続きを読む

Q2歳の子供の言葉の発達について‥

長文になりますが‥

2歳2ヶ月になる息子がいます。
周りの同じ位の子はペラペラと会話できる子も多い中、うちの子はあまり喋れず心配しています。

単語は出ていても、ワンワンやブーブーのような赤ちゃん言葉?や、んご(りんご)、ンナー(ウインナー)、こーこ(氷)など発音が下手でほとんど聞き取れません。イヤ!はハッキリ言いますが‥

最近、「あち行った(あっち行った)」 、「パンパン、たい(アンパンマン見たい)」、「ママ、でーで(ママおいで)」、「ねんねしゅー(ねんねする)」など二語分らしきものも出てますが、
聞き取りづらく、オウム返しも多いし、いまだにナンゴだったり、奇声もあげたりでかなり気になります。理解力もいまいちな気がします‥
この歳でナンゴ喋る子供なんていますか?(>_<)

先天性の病気もあり病院に通ってるのですが、そこの病院の小児科の先生や心理師の方は全然問題ない。と言いますが、
別の病院の専門医の先生は、極端に発達が遅れてるわけじゃないけど注意してみていく必要があると言われています。
言葉以外にも落ち着きがなく癇癪もひどいです(>_<)

初めての子でよくわからないのですが、これ位の子供でこの程度の言葉だとやはり障害がある場合が多いのでしょうか?

長文になりますが‥

2歳2ヶ月になる息子がいます。
周りの同じ位の子はペラペラと会話できる子も多い中、うちの子はあまり喋れず心配しています。

単語は出ていても、ワンワンやブーブーのような赤ちゃん言葉?や、んご(りんご)、ンナー(ウインナー)、こーこ(氷)など発音が下手でほとんど聞き取れません。イヤ!はハッキリ言いますが‥

最近、「あち行った(あっち行った)」 、「パンパン、たい(アンパンマン見たい)」、「ママ、でーで(ママおいで)」、「ねんねしゅー(ねんねする)」など二語分らしきものも...続きを読む

Aベストアンサー

さぞ御心配かと思います。

さて小児の発達には概ね設定はされていますが大きな個人差があります。
2歳2ヶ月と言うことではまだ2語文(りんご ほしい)などが始まる時期
語彙数(言える有意味語)もそこまで多くなくそのボキャブラリーから言葉を作るため非常に浮動的と思ってくださって間違いはないと思います。

また、50音に関しても言葉が完成するのは基本的に5歳~6歳になって初めてあ~んまでがはっきり発音できるようになるとされております。

今の現状から発達障害であると診断するのは専門医や心理学者でも難しく私もそこまで発達が遅れている印象はうけません。今のお子様の現状は簡単に言うと

どんどん言葉を聞いてオウム返しによって意味と言葉の定義付けをしているところといった感じです。
喃語に関しても出てもまだ問題にされる年齢ではなく言葉の定義付けが終われば語彙数も増えていき自然に消滅していくと思います。

落ち着きや癇癪に関してはまだ病的なものか本人が言いたい言葉、やりたい行動ができずに腹を立てているのか?との判断はしずらくまたネットの状況ではなんとも言えないため確かに要注意かと思います。

さらに付け加えるとするのであれば
語彙が少なくてもある一定の時期(その子次第)を経ると語彙が一気に増加したりしますし、発音が不動であっても自然に治って行く事は多いのでそこまで過度に心配されずに先天性の病気のついでに見てもらう程度でぜんぜん問題はないと思いますので過度に心配して親御さんが参ってしまわないように適度にリラックスしてください。

問題の顕在化は4~以降に出てくる事が多く言葉の完成までに専門の方(言語聴覚士、それに準じた療法士)と訓練をしていくことも考えていけますので今はじっくり見てあげてください。

ご参考までに

さぞ御心配かと思います。

さて小児の発達には概ね設定はされていますが大きな個人差があります。
2歳2ヶ月と言うことではまだ2語文(りんご ほしい)などが始まる時期
語彙数(言える有意味語)もそこまで多くなくそのボキャブラリーから言葉を作るため非常に浮動的と思ってくださって間違いはないと思います。

また、50音に関しても言葉が完成するのは基本的に5歳~6歳になって初めてあ~んまでがはっきり発音できるようになるとされております。

今の現状から発達障害であると診断するのは専門医や心理学者...続きを読む

Q身体障害者手帳、精神障害者手帳について

双極性障害で手帳と障害年金の申請準備中、
腰椎骨折により下肢が麻痺している状態(腰下から尻、腿、脹脛、足の裏、指)と、
膀胱直腸障害でまだ半年なので手帳のみ申請準備中です。

精神の方は2級相当と言われていますが、
身体は3級だと思うと医師から言われています。

身体、精神障害手帳を交付してもらうメリットを分かりやすく噛み砕いて教えて頂きたいです。
また、身体の障害が後1年回復せず年金申請を行う際に、精神の方とどう合算されるのかも教えて頂きたいです。

ご回答お待ちしてます。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

精神障害手帳と両建ての年金については知識は有りませんが身体障害者手帳のみを、

先ず、等級については判定資格医の診断を仰いでの裁量です、何級相当との意見具申が有り、其れによって等級が決定されます、
現状では恐らく3級、膀胱障害がどの程度か判りませんが例えば病状で摘出などが有り、体内パウチや対外処理袋などの装着が必要なら等級は体幹障害と併合して恐らく2級、直腸障害も人工肛門などの装着が有れば同様に2級、
併せても1級には恐らく成りません、

メリット:
介護者の車両購入に便宜が有ります、
2L未満の車両の自動車税・自動車取得税(現行の、改正後はどうなるのかわかりません)に減免があります、2L超えは減免額プラス応分の負担、
有料道路の通行料は365D/24H5割引です(要介護者の同乗時)、
4級以上の手帳所持者を介護する者の所有する車両には、警察から介護用の駐車禁止指定除外車の標証が交付されます、法定駐車禁止場所と駐車方法指定場所以外は何処へでも自由に駐車出来ます(要介護者の同乗時と介護時に限ります)、

当然、ご本人が運転する事も公安委員会の許可があれば改造車等で運転可能です、この場合は、上記の制約は有りません、当人用が交付され、減免対象も広がります、

公営のバス(一部私営も)などはおおむね半額(介助者も)、住居地のコミュニティーバスは無料(介助者も=市の窓口で申請が必要のところも)、

後、博物館・水族館・などの施設も(一部に無料も)、
更に、テーマパークなどは押しなべて半額、特に人気のコーナー等は係員が付き添い優先的な扱いも、
必然的に介護者は半額、

後は、枚挙に暇が有りません、

以上知る限りを。

精神障害手帳と両建ての年金については知識は有りませんが身体障害者手帳のみを、

先ず、等級については判定資格医の診断を仰いでの裁量です、何級相当との意見具申が有り、其れによって等級が決定されます、
現状では恐らく3級、膀胱障害がどの程度か判りませんが例えば病状で摘出などが有り、体内パウチや対外処理袋などの装着が必要なら等級は体幹障害と併合して恐らく2級、直腸障害も人工肛門などの装着が有れば同様に2級、
併せても1級には恐らく成りません、

メリット:
介護者の車両購入に便宜が有り...続きを読む

Q2歳8ヶ月の息子がいるんですが、言葉が遅くて発達障害ではないかと心配し

2歳8ヶ月の息子がいるんですが、言葉が遅くて発達障害ではないかと心配しています。

理解して言える単語は20~30ぐらいです。

二語文は「パパいた」「電車すごい」「あっち行って」と言います。
私に向かって「パパいた」と言ったりもします。
繋ぎ合わせて言っているというより一つの言葉として使っている感じもしますが・・

バイバイの手の向きは常に逆です。
正しい向きだとやりにくいみたいで何度教えても直りません。

コミュニケーションは自分から取ろうとしてきます。
よその子に対しても自分からおもちゃを「どうぞ」と言って差し出したり
気に入った子がいると一緒に遊びたそうにしています。

一番引っかかるのは話し方や歩き方の幼さです。
仕草や話し方は1歳ぐらいに見えます。
よく喋りますがまだほとんどが宇宙語で親でさえ理解出来ません。
人の名前はパパ以外言えません。
なので「これ誰の?」と聞いても勿論答えられるはずもなく・・
質問に対して言葉で答えるという事が出来ません。
「これ片付けて」と言うと「ないない」と言ってお片付けをしたりする事は出来ます。
「どうぞ」「ありがとう」も言いますが、たまに逆になったりします。

何かを取ってほしい時は、たまに「取って」と言う時もあるんですが、
「ぽう」と言ったりもします。(←どういう意味か分からないけど何かを訴える時によく使います)

これを読んだ限りで問題あるように思いますか?
あとみなさんのお子さんはどのぐらい喋れるんでしょうか?

2歳8ヶ月の息子がいるんですが、言葉が遅くて発達障害ではないかと心配しています。

理解して言える単語は20~30ぐらいです。

二語文は「パパいた」「電車すごい」「あっち行って」と言います。
私に向かって「パパいた」と言ったりもします。
繋ぎ合わせて言っているというより一つの言葉として使っている感じもしますが・・

バイバイの手の向きは常に逆です。
正しい向きだとやりにくいみたいで何度教えても直りません。

コミュニケーションは自分から取ろうとしてきます。
よその子に対しても自分からおも...続きを読む

Aベストアンサー

専門家(医師)であっても、文章だけでは診断はできません。
なので、心配ならば保健所や子育て支援センターなどの
幼児相談へ行く事をお勧めします。何か言われるのでは、
と怖い気持ちになると思います。勇気がいります。
ですが、何もなければ後で笑い話になります。もし、
何かあったとしても、早期発見は早期療育に繋がります。
何よりお子さんに合った方法でのコミュニケーションの
取り方ができるし、改善に繋がります。

私の子どもは言語精神発達遅滞という診断をもらっています。
これは親の私の勝手な考えですが、多少の自閉傾向もあるかな、
と思っています。療育を受け始めてから、自分がいかに
子どもが理解できない言い方や伝え方をしていたのか、と
実感しました。できないのは子どものせいではなく、指導
しているほうのせい、ということも言われました。
初めて相談に行った時は、本当に怖かったです。
ですが、その行動が今の落ち着いた生活に繋がっている
ことを実感しています。障害者手帳は重度判定ですが、
就労支援型の施設で、毎日忙しく働いています。

お子さんが意味不明の言葉を言った時、または何も言わない時、
そのままにせずに、必ず「とって、かな」「ありがとう、って
言ったんだね」と返していきましょう。
パパやママを言うためには、認識することが必要になります。
うちも言えませんでしたが、療育の専門家の方から教えてもらい、
写真を並べて「パパ」と言ってパパの写真を取る、という遊びを
しながら覚えました。カルタ遊びのような感じです。もう少し
応用して、写真を目の前に出して「パパ」と言えるようにする、
という方法もあります。その時、なかなか言えなかったら、
こちらから「ぱ」と最初の一文字だけ言ったり、小さい声で
「パパ」と伝えてもいいんです。こちらからのヒントがあっても
多少、発音が正しくなくても、とにかく「できたらうんと褒める」
ということがコツです。できなくて叱るのは厳禁。できなかったら
できるように工夫することが大事です。

長文失礼いたしました。

専門家(医師)であっても、文章だけでは診断はできません。
なので、心配ならば保健所や子育て支援センターなどの
幼児相談へ行く事をお勧めします。何か言われるのでは、
と怖い気持ちになると思います。勇気がいります。
ですが、何もなければ後で笑い話になります。もし、
何かあったとしても、早期発見は早期療育に繋がります。
何よりお子さんに合った方法でのコミュニケーションの
取り方ができるし、改善に繋がります。

私の子どもは言語精神発達遅滞という診断をもらっています。
これは親の私の勝手な...続きを読む

Q身体障害者手帳と精神障害者保健福祉手帳とは?

友人の親(50代前半)が10年以上前に精神分裂症になり、現在も通院を続けているそうです。
一時期に比べて症状はかなり軽くなってはいますが、内向的な性格になってしまい職場での人付き合いもうまくいかず、すぐにクビになってしまうようです。(現在無職)

今まで知らなかったのですが、身体障害者手帳を交付してもらうと税金面や旧人の斡旋について優遇措置が取られるようです。そのため知人の家族が障害者に認定してもらいたいと言ってます。(決して裕福な家庭ではありません)

身体障害者手帳について調べてみると精神障害者は対象外のようでした。
(でも精神障害者が身体障害者手帳を持ってたり、障害者年金を受給してる話を聞いたことがあります)

それとは別に精神障害者保健福祉手帳というものがありましたが、これは税金面で優遇されるだけで障害者年金の支給がなく、また公共の交通機関を乗車料金の減免制度もないため、身体障害者手帳と比べて内容薄かったです。(就職の斡旋もしてくれるかどうかわからない)

質問をまとめます。
・精神障害者は身体障害者手帳をもらえないのか?
・精神障害者は障害者年金をうけられるか?
・その他、精神障害者が受けられる公的支援(手帳、年金等)には何かあるのでしょうか?

以上よろしくお願いします。

友人の親(50代前半)が10年以上前に精神分裂症になり、現在も通院を続けているそうです。
一時期に比べて症状はかなり軽くなってはいますが、内向的な性格になってしまい職場での人付き合いもうまくいかず、すぐにクビになってしまうようです。(現在無職)

今まで知らなかったのですが、身体障害者手帳を交付してもらうと税金面や旧人の斡旋について優遇措置が取られるようです。そのため知人の家族が障害者に認定してもらいたいと言ってます。(決して裕福な家庭ではありません)

身体障害者手帳につい...続きを読む

Aベストアンサー

・精神障害者は身体障害者手帳をもらえないのか?
精神障害者には身体障害者手帳を交付しません。
でも
精神障害者であり身体障害者ならば交付されるはずです。
身体障害者についての本を読みましたが
1種2種とあり1~6級までと度合いが決まっています。
重度←1種1級・1種2級…2種5級・2種6級→軽度
です。
詳しくは書けませんが
例えば一番軽度の条件は「片手親指の著しい障害」で交付(2種6級)です。
片腕が無い・聴力が無い等でも交付されますし下半身不随でももちろん交付されます。

身体障害者手帳には「精神障害者になった場合は返却を求める事があります」という文章書いてありませんからね…

ただ…精神障害者の場合、「思いこみによる不能」があるから身体障害者手帳を出しにくいのだと思います。
身体的に病気で無いのにどこかが痛かったり、動かせるはずなのに動かなかったりと…
それは精神的な問題ですから身体的な障害で無いわけです…
あまりに酷いと感じましたら、日赤病院やリハビリを専門に扱う病院等で診断してもらい交付を受けられれば良いかと思います。

・精神障害者は障害者年金をうけられるか?
・その他、精神障害者が受けられる公的支援(手帳、年金等)には何かあるのでしょうか?

それしかわかりません…が…
参考URLにて
「精神障害者 年金」「精神障害者 割引」「精神障害者 公的支援」等と検索すれば何か得られるかと思います。

参考URL:http://www.google.co.jp

・精神障害者は身体障害者手帳をもらえないのか?
精神障害者には身体障害者手帳を交付しません。
でも
精神障害者であり身体障害者ならば交付されるはずです。
身体障害者についての本を読みましたが
1種2種とあり1~6級までと度合いが決まっています。
重度←1種1級・1種2級…2種5級・2種6級→軽度
です。
詳しくは書けませんが
例えば一番軽度の条件は「片手親指の著しい障害」で交付(2種6級)です。
片腕が無い・聴力が無い等でも交付されますし下半身不随でももちろん交付されます。

...続きを読む

Q2歳4ヶ月、言葉の発達のためには?

こんばんは。
2歳4ヶ月の男の子がいますが、言葉の成長がとても遅いです。はっきり聞き取れるのは「ブーブー(車)」「たべる」「おいしい」「(電気が)(目的地に)ついた」「ぎゅう(牛乳)」くらいです。二語文なんてとてもとても・・・。
記憶力や理解力はかなりしっかりしていると思いますし,体に麻痺等もありません。耳も聞こえています。ですが言葉がどうしても出なくて,大人の言うことをオウム返しにするということがまずありません。まわりの同い年の子たちはほんとに日を追うごとに言葉を獲得しているようで,あまりの違いにちょっと心配です。かかりつけの小児科の先生にも3歳くらいまで様子を見るようにといわれていますし,こちらの過去スレッドでも参考になる意見を目にしましたが,いつになったら話しだす,というはっきりとしたものがないだけでに不安です。

最近はそれまで日に一時間くらい見せていた子供番組を見せず,なるべく絵本を読んだり,あいうえおボードで遊んだりしています。他にどのような遊びやゲームをしてあげたら言葉が上達するでしょうか?ママ友だちやその子供達とよく遊びますが,基本的には核家族で昼間はわたしと二人です。
どなたかアドバイスいただけましたら,とってもうれしいです。

また同じように言葉の遅い子をおもちの方がいましたら,いつになったら上手になったとか,どんなふうに成長したとか,ご経験談をいただけたらうれしいです。よろしくお願いいたします。

こんばんは。
2歳4ヶ月の男の子がいますが、言葉の成長がとても遅いです。はっきり聞き取れるのは「ブーブー(車)」「たべる」「おいしい」「(電気が)(目的地に)ついた」「ぎゅう(牛乳)」くらいです。二語文なんてとてもとても・・・。
記憶力や理解力はかなりしっかりしていると思いますし,体に麻痺等もありません。耳も聞こえています。ですが言葉がどうしても出なくて,大人の言うことをオウム返しにするということがまずありません。まわりの同い年の子たちはほんとに日を追うごとに言葉を獲得して...続きを読む

Aベストアンサー

うちの子もすっごく言葉が遅いです。
3歳の時でも宇宙語で、私にしか理解が出来ない状態です。
4歳になった今は文章で話すことができるようになりました。
3歳~4歳この一年で二語に増えて、文章になりました。
ただ言葉の発音は、いまいちです。
さ→ちゃとかそういう言葉になることが多いですけど・・・
多分1年でこんなに成長したのは、幼稚園に通ったからだと思います。
ママもいない場所、自分の言葉を通訳してくれる人がいない。子供同士で話す。そういう場所にいると、言葉が増えるんだと思います。

2歳でも未園児で通える幼稚園もありますし、なにか習い事とかしてみてもいいかと思います。
私がいくら教えても覚えてくれないことが、子供同士によりすぐ覚えることが本当にたくさんあります。

Q「身体障害者」と「身体障がい者」の違い。

「身体障害者」と「身体障がい者」の違い。
ネットで検索しますと、「身体障害者」と記載しているサイトと「身体障がい者」と記載しているサイト。同じサイト内でも、2種類の記載をしているサイトとありますが、
決まった使い分け方があるのでしょうか。
特にないようでしたら、どちらを使うのが好ましいのでしょうか。

Aベストアンサー

障害者施策の法令名等に言及するときは、必ず「障害」を用いて下さい。
例えば、身体障害者手帳や精神障害者保健福祉手帳と記すのが正しく、身体障がい者手帳や精神障がい者保健福祉手帳と記しては誤りです。
なぜならば、これらの根拠になっている法令(ここでは身体障害者福祉法や精神保健福祉法)では、まだ「障がい」とはしていないからです。
ここは意外な盲点です。福祉系の小論文などで「身体障がい者手帳」などと書いてしまうと少しまずい、ということになってしまいます。

その他一般については、他の方が言及されているとおりです。
「障がい」と記しても特に差し障りはない、と言えるでしょう。

「害」という字の持つマイナスイメージと、元々は「障碍(「しょうげ」又は「しょうがい」と読みます)」と記されていたことから、『「障碍」と記してほしい』と障害者団体等から根強い要望があります。
しかし、「碍」が常用漢字として認められなかったことから、同じ音・字義の「害」を用いた、という経過がありました。
ちなみに、「碍」は「碍子(がいし)」という単語に用いられています。電柱等にある陶製の絶縁体が「碍子」です。さまたげるもの・害を及ぼすものという意味があるので、「害」でなく「碍」を用いたとしても本質的には差異がないのではないか、という意見もあります。

結局、このような経過から「障害」でも「障碍」でもなく、「障がい」とひらがな表記するようになったようです。
障害者自立支援法の廃止を議論している国の「障がい者制度改革推進本部」等がその好例です。

障害者施策の法令名等に言及するときは、必ず「障害」を用いて下さい。
例えば、身体障害者手帳や精神障害者保健福祉手帳と記すのが正しく、身体障がい者手帳や精神障がい者保健福祉手帳と記しては誤りです。
なぜならば、これらの根拠になっている法令(ここでは身体障害者福祉法や精神保健福祉法)では、まだ「障がい」とはしていないからです。
ここは意外な盲点です。福祉系の小論文などで「身体障がい者手帳」などと書いてしまうと少しまずい、ということになってしまいます。

その他一般については、他の方...続きを読む

Q2歳3か月の男の子供が広汎性発達性障害と診断

ウチの2歳の男の子供が広汎性発達性障害と診断されました。

ウチの2歳3か月の男の子供が広汎性発達性障害と診断されました。
ウチの子供は癇癪持ちで言葉がしゃべれません。
犬の写真見せたら「ワンワン」とたまに言うくらいと、ほしいものに「あっ」といい、指さしはします。
こちらの言ってることは理解できてるかなとおもいます。

自閉症ということなんですかね?広汎性発達性障害とは今のとこ判断はできないが自閉症の疑いありということですかね?
心配です。
ちなみに再来月に言葉の訓練に行く予定です。

Aベストアンサー

2歳児で広汎性発達性障害と診断されるケースは珍しいです。
広汎性発達性障害とわかりやすく言えば、
能力に隔たりが大きいんです。
好き・嫌いもはっきりしていると思います。
自閉症の疑いはあると思います。
そういうタイプもありますからね。
口頭ではコミニケーションが苦手なお子さんが多いですが、
知的能力が高いので、ブログをやたせたら、自分の気持ちを
スラスラ書いているとか。
成長に伴い、能力の強く部分、弱い部分が顕著にでますから、
診断名より、今はできることを精一杯やってください。

Q精神・知的・身体に障害があることを、他人から分かるようにしたいです。

私は、精神・知的・身体に障害があります。
ところが、この障害がうまく人に伝わりません。
「私は精神・知的・身体に障害があります!」というようなことがロゴマーク(?)などで、何か表示できるようなものはないでしょうか?
独自でロゴマークをデザイン会社に作ってもらう、ということも考えているのですが、そもそも、そういうデザインなどは商標としてあるのでしょうか?
また、そのようなデザインを作成していただけそうなデザイン会社がありましたら、そちらもご紹介いただきたいです。
因みに、身体の障害は、精神・知的の障害から二次的,三次的に出現した症状ばかりです。
(心因性喘息、線維筋痛症、突発性難聴、失語症など。)
私としては、人に自己紹介するとき、「聞こえない・喋れない・理解できない」などが、パッと一目で分かるようなデザインがあったらいいなと思っているのですが・・・。
ご回答のほど、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

わたしたちには、
人がわたしをこう見ている、人がわたしについてこう考えている、という服みたいな、膜みたいなものがあります。
この服がないと、実は、わたしたちは、自分自身がよくわかりません。

服を押しつけ・押し付けられる関係には、共依存があります。逃れるのが難しい関係です。
共依存では、押しつけられているほうもまた、知らず知らず、自分に服を押しつけ脱げなくしてしまいます。

服は、いつでも脱いだり変えたりすることができなくてはなりません。
あいまいな、ぼんやりとしたもので、そのつど、修正が効くような服です。

人は、あなたの「精神・知的・身体に障害がある」ことに興味はないですね。
どうでもいいことですね。
大切なことは、あなたが何を望んでいるか、です。何々ができないので何々してほしい、何々をさせてほしい、何々したくない。。。。

「妊婦です」や「脚が悪い」「幼児を連れています」なども同じですね。
それじたいはどうでもよいことで、その人たちが何を望んでいるか、が大切です。
何ができないのか。何ができるのか。何に困るのか。何は大丈夫なのか。
何をよろこび、何を悲しみ、何に苦しむのか。
どんなことに感謝して、どんなことに怒るのか。

それらを知ろうとすることを抜きにしては、よい人間関係、スムーズな社会生活というものはないです。
ロゴマークは、しるしのつもりであるなら、自己紹介などはうまく機能しません。
あなたは、パウル・クレーの泣いている天使をご存知ですか?
たとえばあの絵を小さなブローチにして、胸に飾ってはいかがですか。
泣いているあなたを知ってもらう、それだけで良いならば。

> 人に感情を伝えると、それによって失うものって多くないですか?

感情を伝えるということは、自分について、
「わたしは悲しい」 「わたしはあなたが好きだ」
と言うことであって、
相手について
「あなたはなんでわたしを悲しませるの」 「あなたはわたしが嫌いだろう」
と言うことではありませんが、
これらは間違いやすく、間違えれば、知ろうとするお互いの気持ちを遮断し、信頼や機会を失うことにもなりますね。
そのつど、ひとつひとつ、ていねいに、人間関係を作ってください。
。。。わたしは研究者です。精神科の医者ではありませんよ。

わたしたちには、
人がわたしをこう見ている、人がわたしについてこう考えている、という服みたいな、膜みたいなものがあります。
この服がないと、実は、わたしたちは、自分自身がよくわかりません。

服を押しつけ・押し付けられる関係には、共依存があります。逃れるのが難しい関係です。
共依存では、押しつけられているほうもまた、知らず知らず、自分に服を押しつけ脱げなくしてしまいます。

服は、いつでも脱いだり変えたりすることができなくてはなりません。
あいまいな、ぼんやりとしたもので...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報