PCの買い替え(デスクトップからオールインワンノート)を検討中です。
Pentium(3)1GHzとCeleron900MHzあたりで迷っていたのですが、こちらの掲示板などを読ませて頂いて、今現在の用途ではCeleronでも十分だと思っています。

ただ、出来るだけ長く使いたいと思っていますので、一つ気になるのが、後々光ファイバーなど導入した時に違いは出てくるのでしょうか?
他にも、音楽・動画の編集などしていきたいと思っていますので、「後々」上記のCPU選択で違いが出てくる部分があれば、分かりやすく教えてください。

見当違いの質問でしたら申し訳ありませんが、宜しくお願いします。

ちなみに今の用途はインターネット、メール、デジカメ編集、動画を見ることも多いです。接続環境は現在ISDNで、ADSLかケイオプティコム「eo64エア」の導入を検討中です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

Noyさんが書いているとおり、動画以外は十分です。


というか、オーバースペックなくらいでしょう。
動画となるとパワーも要りますが、ノートでは
例え1GHzのP3でもパワーを十分発揮できないと思います。

ほとんどのノートは高速のCPUをフルパワーで連続で使えるだけの放熱ができません。
だいたいクロックを落として放熱を抑えてます。
また、他のハードもノートという形状の制約から
速度的にはデスクトップにどうしても劣りますし、
拡張性も大きく劣ります。
動画となると、高速で大容量のHDDも欲しいでしょうから。
また、いろいろ外部につなげてしまうとノートのメリットが減少しますし。

私が思うには、今の用途でならCeleron900MHzでもおつりがきますね。


光は特殊なインターフェイスで接続にでもならなければ特に問題は無いでしょう。
100MのEthernetが使えれば十分でしょうから。


長く使うには,ノートでやるには無理なことに使わないことでしょう。
ノートはコンパクトであるが、より高く、より性能が低く、より拡張性が無いことをわきまえましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当は、DynaBook PAT4410PMEに決めようかと思っていたのですが、アドバイスを参考にさせていただいて、もう一度検討し直そうと思っています。

また、光ファイバーの点も安心しました。Celeronでも、問題ないという事でよかったんですね?

terra5さんもNoyさんも、分かりやすいご回答有難うございました。大変勉強になりました。

お礼日時:2002/02/15 02:47

こんばんわ。

Noyといいます。

ADSLなどのみでしたらCeleronでも十分だと思いますが、やはり動画編集となると、Pentium3以上は必要となります。動画編集は、かなりのHDとCPUスペックを必要とします(メモリも256M以上は最低必要)。Pentium3でしたら、1.2GHzぐらいは必ず必要です。

また、ご存じかもしれませんが、同じ1.2GHzでも、CeleronとPentium3では全然違います。やはりPentium3の方が処理はいいです。

ということで、後々の事を考えるのでしたら、purimoroさんの場合はやはりPentium3がいいかと思います(おそらく1.0GHzではスペックが不足すると思いますので、1.2GHz当たりをおすすめします)。

お役に立てると光栄です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
動画編集を軽く見ていたようです・・・。それだけのスペックが必要だとは知りませんでした。
予算の事もあるので、動画編集の方をあきらめようかと思います。

お礼日時:2002/02/15 02:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qceleron 800Mhz からのCPU交換

ちょっと古い自作PCのCPUを交換しようと思っています。

 M/B Aopen MX3S
 CPU celeron 800Mhz (Socket370)

という組み合わせなのですが、交換可能な範囲で一番早い
Pen3 or celeron を探しています。

そこで質問させて頂きたいのですが・・・

今載っかっているのはFC-PGAという規格の製品ですが、
“FC-PGA2”という規格のCPUを載せる事は可能なので
しょうか?

不可の場合、どのスペックのCPUが限界でしょうか?

どなたかご教示頂けると幸いです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

参考URLから察するに、FC-PGAの1.1GHzまでは認識すると思われます。
(Pentium3は1.1GHzの記載が無いので自信無し)

FC-PGA2のCPUは、電気的な仕様が異なるため使用できません。
Celeronですと1.1AGHzとなっている物はFC-PGA2コアですので
購入の際はお気をつけ下さい。

参考URL:http://swe.aopen.com.tw/testreport/mb/ListTestItem.asp?TestFunction=38&model=278

QCPU celeron300MHz で外付けCD-RWは使用できますか?

USB接続で、外付けCD-RWを使用したいのですが、下記パソコンで、現在売られているもので使用できるのでしょうか?メーカーの推奨スペックはCPU200MHzぐらだったと思うのですが、本当に動くか不安です。
また、USBは1.1ですので、2.0のカード購入してどうなるのか、1.1でも低い倍速なら使用できるのか?
もしくは、SCSIがいいとききますので、PCカードのSCSIタイプを購入した方が、安定した動作が得られるのか?
などをアドバイス頂きたく存じます。


NEC LaVieNX LW30H/64D6を使用しています。
---------------------------以下スペック詳細。
CPU :Celeron クロック 300MHz
メモリ :標準 64MB (最大 256MB)
HD :6.5GB タイプ UltraATA
CD-ROM ドライブ :24倍速
モニタ:あり タイプ:TFT 14.1インチ ドットピッチ:mm 最大解像度:1024 x 768ドット
モデム:あり スピード:56Kbps
インストール搭載OS:Windows98→2000を使用してます。
------------------------------------------------

何卒よろしくお願い致します。

USB接続で、外付けCD-RWを使用したいのですが、下記パソコンで、現在売られているもので使用できるのでしょうか?メーカーの推奨スペックはCPU200MHzぐらだったと思うのですが、本当に動くか不安です。
また、USBは1.1ですので、2.0のカード購入してどうなるのか、1.1でも低い倍速なら使用できるのか?
もしくは、SCSIがいいとききますので、PCカードのSCSIタイプを購入した方が、安定した動作が得られるのか?
などをアドバイス頂きたく存じます。


NEC LaVieNX LW30H/64D6を使用しています。
----------...続きを読む

Aベストアンサー

いやあ、これがやってみないとわからない世界なんです。

ただの経験法則と分かっているような理屈で、言ってるだけですから…(^^;

(1)について
その通りです。データを書き込む時間はそうなります。ですが、インデックス処理や、イメージファイルを作成したりするともっと時間がかかります。テスト書き込みは、実際の書き込みと同じように動作しますので、同じ時間がかかり、都合倍の時間がかかります。

(2)について
PCカードタイプのUSB2.0を購入されるとして、PCカードのIFが確かATA33かATA66相当だったような記憶があります。ATA33でしたら12倍速当たりで転送スピードが飽和するはずです。ATA66相当なら倍の24倍速になりますね。お使いになられるPCカードで変わるはずなので、ショップなどでご確認ください。
ただ、現在のマシンでお使いになるというのが前提ならば12倍速あたりでもいいと思います。

将来PCを買い換える予定があれば、早いものにしておいたほうが長く使えることになると思います。

QCeleron 1.4GHz と Pen3 866MHz Dual、どっちが強いですか?分野いろいろ。

プログラムのコンパイルとかは後者が速そうですが、分かりません。両方ともFSB133ですが、前者は一般のnon-ECCメモリー、一方後者はRegisteredECCです。

もちろん、OSはマルチプロセッサに対応しています。

どうでしょうか?

Aベストアンサー

Celeron 1.4GHz はFSB100Mhzで
Pen3 866MHzはFSB133Mhzです。

そこでPen3 1Ghz(FSB133Mhz)=Celeron1.2Ghz(FSB100Mhz)
という算式は当時からよくいわれてましたし実際の各種ベンチマークもこれを証明してます。
メモリのECCはECCがある分メモリのレイテンシが下がるので速度的には遅いんです。要は信頼性の問題なんです。

プログラムのコンパイルは単純にクロック数の高い方が処理が速いです。866Mhzが2つあったからといって単体の1.4Ghzにはとうてい及びません。

またPen3(カッパーマインコア)とCeleron(Tualatinコア)では同じクロックの場合でもコアの性能が全然違います。当時のIntelの資料で30%近く処理速度がアップしてると宣伝してました。

この当時のDualの効果はクロック数x1.2くらいのようです。
そうなるとPen3-866MhzのDualは単体のPen3-1,1Ghz相当かそれ未満ってことです。
以上からどう考えてもPen3-866Mhzが相当遅いハズです。

Celeron 1.4GHz はFSB100Mhzで
Pen3 866MHzはFSB133Mhzです。

そこでPen3 1Ghz(FSB133Mhz)=Celeron1.2Ghz(FSB100Mhz)
という算式は当時からよくいわれてましたし実際の各種ベンチマークもこれを証明してます。
メモリのECCはECCがある分メモリのレイテンシが下がるので速度的には遅いんです。要は信頼性の問題なんです。

プログラムのコンパイルは単純にクロック数の高い方が処理が速いです。866Mhzが2つあったからといって単体の1.4Ghzにはとうてい及びません。

またPen3(カッパーマインコア)...続きを読む

Qpentium3 600mhzとceleron700mhzの違い。

ペンティアムIII 600mhzと
セレロン 700mhzと比較すると
性能は大分違うでしょうか?

あと値段のちがいとかも本来新品時であれば
大分、(例えば2/3)とか違うものなのでしょうか?

用途は主にオフィス、メール、ネット、動画閲覧です。

Aベストアンサー

>セレロン 700mhz

FSBが66MHzのものですので、基本的に動作はかなり遅いです。これが、800MHzからは、FSBが100あるいは133になりますので、結構快適になるのですが、おおよそセレロン800とP3の600は同等の性能となります。

>ペンティアムIII 600mhz

これが曲者でして、ソケット370のものとスロットタイプが数種類存在します。普通はFSBが100MHzのものが多く、セレロンの倍の2次キャッシュがあるせいで、動画再生などの面では優秀です。

新品時には、P3はセレロンより2万円から3万円程度高いことが多かったのですが、先にP3の高速タイプが発売され、その周波数より幾分低いセレロンが同時期発売ですので、単純に比較できません。特に最高のP3搭載のものは、セレロンより5万円も高いことがあるので、発売時はなかなか手の出ない高額なこともあります。セレロン700の発売前、2年前にP3の600搭載のデスクトップが発売されたりしますので、場合によっては10万円以上も高い値段でしか手に入らなかったりということも当時は当たり前でした。

デルなどで、いろいろCPUをオプションで選べるものが出たころですと、発売から2年以上経過したP3の600がセレロン700より1万円も出せば変更できた機種もありますので、その程度のこともあります。

オフィス、メールでは差が出ませんが、ネットの開き方、動画ではP3の600の方がやや優秀という程度の差ですし、両者とも最近の動画はほとんど再生できないと思います。DVDを見るなら、P3の600でメモリーを増やせば結構見れます。

>セレロン 700mhz

FSBが66MHzのものですので、基本的に動作はかなり遅いです。これが、800MHzからは、FSBが100あるいは133になりますので、結構快適になるのですが、おおよそセレロン800とP3の600は同等の性能となります。

>ペンティアムIII 600mhz

これが曲者でして、ソケット370のものとスロットタイプが数種類存在します。普通はFSBが100MHzのものが多く、セレロンの倍の2次キャッシュがあるせいで、動画再生などの面では優秀です。

新品時には、P3はセ...続きを読む

Qpentiumとceleron?

新しいPCを買おうと思っています。DELLが安くていいなぁと思いHPで価格比較をしてみたんですが、celeronがpentiumになるだけで、高くなるんですね。なにがどう違うのでしょうか??

Aベストアンサー

過去に同様な質問があるので、検索して欲しかったのですが

性能はPentium4>Celeronです。

CPUの中にはPCのメインメモリよりも速くデータをやり取りできるキャッシュメモリという物があります。

現行のPentium4は1次と2次キャッシュメモリを搭載していますが(ExtremeEditionは別に3次キャッシュも持つ)、
Pentium4の2次キャッシュメモリの容量は512KBなのに対して、
Celeronの2次キャッシュメモリの容量は128KBしかありません

メモリの容量が多い方がCPUが要求するデータを数多くやり取りできるので有利です
特に同じ作業の繰り返しなどでは、メインメモリにアクセスしなくてもCPU内のキャッシュにデータがある場合が多いので処理が速くなります

あと、CPUとメモリを結ぶコントロールチップがありますが、CPU⇔コントロールチップの間のフロントサイドバス(FSB)という通り道の幅(速度)が
Pentium4では800Mhzもしくは533Mhzなのに対して
Celeronでは400Mhzに抑えられています。

どちらにしても、同じ周波数ではOfficeやインターネット、メールチェック程度では体感できる速度差は感じられません。

3Dゲームや動画エンコード(圧縮)など、負荷の高いアプリケーションではPentium4をお勧めします

過去に同様な質問があるので、検索して欲しかったのですが

性能はPentium4>Celeronです。

CPUの中にはPCのメインメモリよりも速くデータをやり取りできるキャッシュメモリという物があります。

現行のPentium4は1次と2次キャッシュメモリを搭載していますが(ExtremeEditionは別に3次キャッシュも持つ)、
Pentium4の2次キャッシュメモリの容量は512KBなのに対して、
Celeronの2次キャッシュメモリの容量は128KBしかありません

メモリの容量が多い方がCPUが要求するデータを数多くやり取りできるの...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報