私は休日に90分ぐらい筋トレをした後に、食事と一緒にプロテインを取ります。その後3時間後ぐらいから胃腸が張ってガスも溜まってしょうがありません。
体質的に合わないんでしょうか?今飲んでいるのは、ウィダーのホエイプロテインです。
前はザバスのプロテインXXです。この時の方が酷くて、飲んだ後胃腸が張るに加えて尿回数もかなり増えました。
筋肉痛を残したまま仕事をしたくないので少しでも早く解消するために飲んでいます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

No.1です。



●>私は、プロテインを牛乳に溶かして飲んでいます。
 >乳糖不耐性なんでしょうか?

普段から牛乳を飲み慣れていますでしょうか?。

日本人は乳糖不耐性の方が多くて、子供の時にあった酵素(ラクターゼ)が少なくなってしまっています。
分解されずに残った乳糖は腸内細菌によって乳酸、酢酸、炭酸ガス、水素に分解されます。
そのため、お腹がゴロゴロしたり、張ったり、ガスの刺激で腹痛を起こしたりします。
乳糖不耐性が自覚できない人も、血中の水素濃度を測ると上昇しますので、多かれ少なかれ日本人の大人は乳糖不耐性だと思って間違いはありません。

あまり多く飲み過ぎると体調を壊します。

乳糖不耐性が大きい人は、白湯、オレンジジュースなどにプロテインを溶かして飲むと良いです。

●>ザバスのプロテインXXの時は、尿が黄色くて回数も15分ごとに行きたくなる程でした。
 >何だか全く吸収しないで、栄養だだ漏れといったかんじでした。

タンパク質(プロテイン)が体に吸収される度を超すと、おしっこの色が茶色になり、臭いがきつくなります。
肝臓、腎臓での負担が大きくなっている証拠です。
そのため、タンパク質を多く摂る人は、腎臓の負担を減らすため、水を1日1~2リッターは多く摂ります。
タンパク質の摂取量が、体重1kgあたり2gを越えてくると要注意です。

ただ、御質問者様のように頻尿となる話しは聞いた事がありません。
初耳です。
これについては、申し訳ありませんが情報を持ち合わせていません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

度々の回答どうも有り難うございました。
自分の体に負担をかけない程度の摂取量にしたいと思います。
有り難うございました。

お礼日時:2006/05/30 21:05

40代。

男性。ウエイトトレーニング歴6年。

●体質により、サプリメントのプロテインが合わない人がいるみたいです。

便秘症になったり、逆にお腹が緩くなったりです。
解決策としては食物繊維を多く摂ったりします。

牛乳を混ぜて飲んでいる場合、乳糖不耐性であれば腸内で水素ガスが発生します。

尿回数が多くなるのは、プロテインを溶かしているための牛乳、若しくは水の水分ではないでしょうか。

●筋肉痛(遅発性筋痛:1~2日くらいしてから出る筋肉痛)は傷ついた筋線維細胞をマクロファージ(白血球)が取り込むために起きる炎症反応です。
そのため、筋肉材料(プロテイン)を摂ったから、早く筋肉痛が消えるといった事はありません。

筋力増、筋肥大のトレーニングでは筋線維細胞が傷ついているためマッサージは要注意です。
さすって血行が良くなる程度にします。
傷ついた筋肉をマッサージで強く刺激すると、症状が悪化します。

トレーニング直後は数分間アイシングをして、その後、安静にした方が無難です。

1~2日おいて筋肉痛が出始め、ひどければ、温浴で血行を良くするか、温湿布を貼るか、軽くマッサージをします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有り難うございました。私は、プロテインを牛乳に溶かして飲んでいます。乳糖不耐性なんでしょうか?
ザバスのプロテインXXの時は、尿が黄色くて回数も15分ごとに行きたくなる程でした。何だか全く吸収しないで、栄養だだ漏れといったかんじでした。

お礼日時:2006/05/29 21:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 線維筋痛症<膠原病と原因不明の全身疾患>の症状や原因・診断と治療方法

    線維筋痛症とはどんな病気か  線維筋痛症は新たに現れた病気でなく、以前には別な病名で呼ばれていたものを、この病名に統一したものです。この病気の主な症状は、体の広範な部位に起こる激しい慢性の疼痛(とうつう)と「こわばり」ですが、その他に激しい疲労や倦怠感、頭痛・頭重感(ずじゅうかん)、落ち込んだ(抑うつ)気分、不安感や不眠など多彩な自覚症状を伴います。  診察では、体のある部位を親指で押さえると、疼痛...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプロテインの副作用?

最近ジムに通い始めました。
目的はスリムな体を目指してなんですが、ただ運動するだけではなくスリムな体になる女性用のプロテインを購入して飲みました。
その話を友人にしたらプロテインは副作用があると言う話をきいたのですが本当なのでしょうか?
また本当ならどういう副作用があるのでしょうか?

Aベストアンサー

特に運動をしていないなら体重×1.0g、適度に運動をしているなら体重×1.2~1.5g、ハードな運動をしているなら体重×1.5~2.0g以上が、1日のタンパク質の摂取量の目安です。

これ以上摂ると、余ったタンパク質は脂肪に変換され、体に蓄積されます。また、1回の食事で吸収できる量は30g程度なので、一度に摂ろうとすれば、余った分はやはり脂肪になります。

また、タンパク質の摂りすぎは、分解のために肝臓を酷使することになるほか、分解時に尿素を過剰に分泌することになるため、腎臓にも負担をかけます(ただし個人差はありますが)。

あとは、ホエイプロテインなど、牛乳からできているものはお腹を下す人もいます。

といったところが副作用というなら副作用です(この程度を副作用と呼ぶかは疑問ですが)。
ですが、これらを気にしてタンパク質が不足すれば、筋肉をつけるための材料が不足しますし、カロリー不足になればエネルギーを取り出すために筋肉が分解され、前より太りやすい体になります。

そもそもどんなものであれ、摂りすぎが良くないというのは当たり前のことです。

それを理解したうえで、食事だけでは足りない分を、プロテインで補給することはスリムな体型作りで重要なことです。
不安なら3~6か月ごとに健康診断を受けて、内蔵などに異常がないかチェックするといいでしょう。

なおプロテインの摂取タイミングは、運動前後など吸収の良い時間帯を狙いましょう。運動を行わない日も、筋肉の修復のため、適量摂取することを心がけてください。

特に運動をしていないなら体重×1.0g、適度に運動をしているなら体重×1.2~1.5g、ハードな運動をしているなら体重×1.5~2.0g以上が、1日のタンパク質の摂取量の目安です。

これ以上摂ると、余ったタンパク質は脂肪に変換され、体に蓄積されます。また、1回の食事で吸収できる量は30g程度なので、一度に摂ろうとすれば、余った分はやはり脂肪になります。

また、タンパク質の摂りすぎは、分解のために肝臓を酷使することになるほか、分解時に尿素を過剰に分泌することになるため、腎臓にも負担をかけます...続きを読む

Q市販筋トレ用プロテインの「害」はありますか?

計画的な筋力トレーニングとプロテインのおかげでかなりたくましい体つきになってきました。しかし、食物ではなく薬を毎食時摂っていることになるような気がして、このままのペースで摂りつづけていいのか心配です。つまり薬漬けの体になっているのではと。詳しい方、または経験者の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

過剰摂取すると次のような問題が起こります。
(1)タンパク質の過剰摂取
 ・余分なタンパク質は糖新生により糖質や脂質に作りかえられるので肥満の原因となる。
 ・糖新生は肝臓に負担となる→肝臓病
 ・糖新生による老廃物として窒素化合物が増え腎臓に負担となる→腎臓病
 ・その他(痛風や骨粗しょう症、頻脈や高血圧、神経過敏症や不眠症)
(2)単一アミノ酸の過剰摂取
 筋力アップに役立つアミノ酸は、分岐鎖アミノ酸(バリン、ロイシン、イソロイシン)及びアルギニン、グルタミンだが、これらに偏ったサプリメントを過剰摂取すると過剰毒性が起こりやすい。プロテインは必須アミノ酸をバランスよく含む(=タンパク価もしくはアミノ酸価が高い)ものを利用するのが好ましい。
(3)動物性タンパク質の過剰摂取
 動物性タンパク質から作ったプロテインはタンパク質以外に脂質や金属などが結合している。この結合を解いて分解する過程で活性酸素や過酸化脂質をはじめとする有害物質が生産される。これによってさまざまな弊害が生ずる。一方、植物性タンパク質はほぼ純粋なタンパク質であり弊害が少ない。

栄養バランスの良い食事をすることが大前提です。その上でタンパク質全体の過剰摂取に注意して不足分をプロテイン価の高いプロテインで補助的に摂取するようにしていれば問題は生じないと思います。

参考URL:http://www.r-dietetics.com/amino.htm

過剰摂取すると次のような問題が起こります。
(1)タンパク質の過剰摂取
 ・余分なタンパク質は糖新生により糖質や脂質に作りかえられるので肥満の原因となる。
 ・糖新生は肝臓に負担となる→肝臓病
 ・糖新生による老廃物として窒素化合物が増え腎臓に負担となる→腎臓病
 ・その他(痛風や骨粗しょう症、頻脈や高血圧、神経過敏症や不眠症)
(2)単一アミノ酸の過剰摂取
 筋力アップに役立つアミノ酸は、分岐鎖アミノ酸(バリン、ロイシン、イソロイシン)及びアルギニン、グルタミンだが、これ...続きを読む

Qプロテインの知識

筋トレで腹筋や背筋・胸筋に筋肉をつけてしっかりした身体になりたいのですが、それならプロテインがさらにいいと聞きました。

プロテインの知識がほとんどないのですが、筋トレとプロテインの関係や摂取方法、種類・量・価格・副作用などをお教えください。

また、プロテイン摂取や筋トレはずっと続けないといけないのかや、オススメのプロテインがありましたら
是非教えてください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ステロイドではありません。
あくまで栄養補助食品。
効率的に筋肉を作る材料を食事でまかなうには大変でお金もかかる。
だから必要な栄養素が入ったプロテインを摂ります。
薬ではないので特に副作用はありません。

そりゃ筋トレやめたら筋力落ちるに決まってます。
あと筋トレしなくてもプロテインを摂取してる人はたくさんいます。
コンビニでも売ってるサプリと同じ感覚で大丈夫ですよ。

プロテインは増量目的、筋力UP目的、減量目的とさまざまあります。
また初心者はまず味でダメになる人も多い。
プレーンと水でいけるならそれでいいが、チョコ味やバナナ味なの今はたくさんでています。

プロスポーツ選手でもないので、かなり適当で大丈夫ですよ。
どんな栄養がはいっていてなんて気にするのはあとから。
継続的にできるかどうかです。
ほんと継続的なことが大事です。
それと、あなたが聞きたい用語を検索にいれればゴマンとでてきますのでやってみてわどうでしょう。

Q筋トレ後にたんぱく質が不足気味になるとどうなる?

たんぱく質は、60kgの人であれば最低60gは必要だと習ったことがあります。ネット上で調べたところ、筋トレや運動をしている人は、それ以上にたんぱく質を摂取することが必要らしいのですが、疑問があります。

私の食生活を振り返るに、たんぱく質は通常の必要量すら満たしていなかった(60kgの体重のときに40gからせいぜい50g程度しかとれていなかった)と思われるのですが、運動や肉体労働を日常的にしていたときには、たんぱく質不足にもかかわらず、ある程度筋肉が発達してゆきました。たんぱく質の摂取がある程度不足しているときに筋トレなどの運動をすると、筋肉の発達が遅れるだけで、筋肉が減ってゆくということはないのでしょうか?

Aベストアンサー

質問者さんの仰るように、極端な事を言えば、食事を抜いたり或いは栄養不足の人が激しい筋トレを継続してれば疲労困憊してカロリー不足を筋肉から補おうとしますので痩せてきます、ですがそれ以前に力が入らないのでトレーニング自体が出来ないと思います。

ですが、通常の運動やスポーツ或いは肉体労働の場合、1日3食の食事を摂ってれば問題ありません、筋肉も発達しますが、更にボディビルダーや筋肥大を考えてる場合には3食以外にも高蛋白低脂肪を考えた食事を摂ると効果的と言えます。

Qプロテインについて

週に1回程ボクシングジムに通い体を鍛えてますが、効率的に筋肉をつけるため、プロテインを買いたいと考えてます。
プロテインは体への副作用ありますか?具体的にどのプロテインがオススメか、商品名を紹介してくれませんか?
お願いします。

Aベストアンサー

こんなサイトをみつけました
参考にどうぞ

参考URL:http://www.ls-kaientai.com/kenkou/purotein.html

Qプロテインの摂取

はじめまして。
32歳(女),160cm74キロです。

現在ダイエットのために下記の運動をしています。
●スポーツクラブへ週2~3回
 ・ウォーキング1時間 + ストレッチ15分
 ・ウェーブ(ステップ)50分 + ストレッチ15分
 ・バイク15分 + 筋トレ40分 + ストレッチ15分
 *内容は上記をその日の体調で変更。これより多くやったり・・・。
●ホットヨガ週1回(60分コース)
食事内容は平日の夜は野菜スープ+αなかんじで朝昼は普通です。
土日は朝昼晩と普通に食べてます(極力、量には気をつけてますが)

こんな感じの運動量・食事なのですが、この場合でも運動後にプロテインを摂取してよいものでしょうか?
たんぱく質、食事では足りていない感じはするのですが・・・。

Aベストアンサー

エクササイズはこの内容で十分でしょう。

ダイエットがどうか?ってところですね。
数字で言ってしまえば、スタイル良く見え、健康にも問題ないと思われる体重は51kgほど。
これに見合った摂取カロリーは1800kcal/日となります。
74kgになったということは、1日あたり、およそ2600kcal食べていた事になりますね。

本屋などで、食品交換表を買ってきて、食事管理の勉強をするとリバウンドしないダイエットが出来ますよ。

Q副作用

プロテインにて副作用が出た人はいますか?

自分は、だるさ・頭皮の硬直感などが出た事があるのですが、これは、その時の体調だったのか、分からないので、同じような症状。 また、他副作用が出た事がある方、回答願います。

また、そのような方は、たんぱく質の摂取。どうしてますか?

Aベストアンサー

こちらなど参考にどうぞ

http://www.yomiuri.co.jp/komachi/reader/2003053100023.htm
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/a3/women/diet5.htm

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/komachi/reader/2003053100023.htm,http://www.bekkoame.ne.jp/ro/a3/women/diet5.htm

Q寝る前のプロテイン摂取について

寝ている間は成長ホルモンが分泌されて
筋肉も成長&回復するそうですね
でも、それには材料があってこそ
(もちろん、筋トレなどの運動をしてる事は大前提で)
で、
最近寝る前にプロテインパウダーを水の溶かして飲んでいます。
そうすると、寝る前にトイレにいっているのも関わらず、
夜中にトイレに起きてしまいます。
途中で起きるのは休息的によくないし、
今は、起きられているからいいものの、もし起きれなくって・・・などという事になったら困ります

何か良い案はないでしょうか?

Aベストアンサー

私も明け方必ずトイレに行きます。

逆の発想をしてみれば?
プロテイン摂取→インスリンリリース→抗GH

つまり成長ホルモンを出したければ寝る前のプロテイン摂取は逆効果だがね

Qサプリメントやプロテインは体に悪影響ないのでしょうか?

友人にサプリメントやプロテインを依存しているほどにのんでいる人がいます。
私はほとんど経験がなく、友人をみていて「体に悪影響ないのか?」と思ってしまいます。
もちろん規定があるのにそれ以上多く飲んでいるとかは論外ですが、それはおいといて、規定量は守っていたとして、根本的に常用していてホントに大丈夫か?ということとが疑問です。
コエンザイムQ10や筋力増強のためのプロテイン摂取など、やりたいなとは思うのですが。
製造会社はもちろん体に問題ないようにつくってはいるのかも知れませんが、長いスパンでどれだけ考えているのかな?という気がするんです。
こういったサプリ・プロテインはどの程度長期的に考えられているのでしょうか?
弊害・副作用とかは大丈夫なんでしょうか。
弊害・副作用等のご経験などもあれば伺いたいです。

Aベストアンサー

NO2,です。カロテンも脂溶性の抗酸化成分です。抗酸化栄養素というのは、酸化されてもすぐには普通の脂肪酸のように、有害な作用をしないものを抗酸化栄養素といいます。酸化されて電子を失ったような状態のときに、他のビタミンCのような抗酸化栄養素があると、再度ビタミンCが酸化されて、カロテンの方が生き返るということがあります。
 しかし抗酸化栄養素とはいえ、酸化された状態が持続するとそのうちに壊れて、有害な作用をしてしまいます。
 ですから、やはりタバコのような、酸化ストレスの多いような状態では、サプリメントとして大量のカロテンを取るのをやめるか、他の抗酸化栄養素と一緒に摂るとか、もしくは普通のニンジンとか、みかんなどのように、他の抗酸化成分の入っているような天然のものでしたらそういうことは起こらないでしょうと言うことです。

 少しわかりにくかったでしょうか。

Q寝る前のプロテイン摂取について

こんにちは。
筋肉質な体型になるため、トレーニングをがんばっています。
体脂肪が高めなので、今は体脂肪を落とそうとがんばっています。
プロテインを寝る1時間前に飲むといいと聞きましたが、体脂肪に影響はありませんでしょうか??
お願いします

Aベストアンサー

>プロテインを寝る1時間前に飲むといいと聞きましたが、
⇒筋肉を付けるためには良いですね。

>体脂肪に影響はありませんでしょうか??
⇒これは実際はなんとも言えません。体質(遺伝子型)も有るし、食事内容・摂取時間から、運動内容から脂肪になる場合も有ります。

それは遣っているうちに分かってきます。
基本的には、(プロティンの種類にもよりますが)寝る1時間から3時間程度前に飲むのが良いでしょう。

>体脂肪が高めなので、今は体脂肪を落とそうとがんばっています
⇒筋トレは勿論ですが、兎に角、有酸素運動で走り回りましょう。
毎日二時間程度走るだけでも相当に筋肉が付きます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング