最終的に再生骨材になるような原料(コンクリートがれき等)を中間処理施設に搬入する場合でもそれを運搬する車輌には特別な免許が必要ですか。一般のトラック等を使用しても構わないのですか。どなたか大至急教えてください。

A 回答 (2件)

ご自分のところで出たコンクリートがれき等を、ご自分で運ぶ場合には、特に規制は有りませんから、一般のトラックで運んでも問題ありません。


産廃業者が運ぶ場合は、許可を受けた車両で運ぶ必要があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kyaezawa氏には、確か以前にもお世話になりました。本当に素早く明快なご回答をありがとうございます。
5月から建設リサイクル法なるものが施行されるそうですがまたいろいろ疑問が出てきそうで今から心配です・・。

お礼日時:2002/02/15 11:04

 特に必要はないと思います。

一般のトラックなどで搬入をしても、問題は無いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ありがとうございます。運ぶという行為は同じなのに
何かこういう法律って抜け道が多々ありそうで一般人にはよく理解しがたいですね。

お礼日時:2002/02/15 10:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q特殊車輌の運搬品数

ポールトレーラーで分割出来ない長尺物を運搬しようと思うのですが、1度の運搬で長尺物を複数積んで運搬出来るのでしょうか?1品ずつの運搬になるのでしょうか?

Aベストアンサー

長尺ものが、たとえば鉄骨なら、普通に複数本積んでいます。
勿論、最大積載重量の範囲で。
http://www.torigoeunsou.co.jp/torigoe_car.htm

Q一般廃棄物収集運搬 産業廃棄物収集運搬について質問です

例えばですが
よくバイクの回収や エアコン処分 バッテリー回収 不用品処分
などトラックがラッパで回ってくるのですが この場合一般廃棄物収集運搬 産業廃棄物収集運搬などの免許はひつようなのでしょうか?
 
一番のポイントは 
このバイクやエアコン バッテリー 自転車などは 海外やほかの業者売るという目的で回収や処分で集めていることです また場合によって料金もいただく この場合でも収集運搬の免許や許可は必要ですか?

Aベストアンサー

 以前資格ありましたが(更新しなかったので流れた)、記憶があやふやなので間違っていたらゴメンナサイということで。
 まず、産業廃棄物収集運搬業・処理業とも許可制に違反して、都道府県知事の許可を受けずに、産業廃棄物の収集・運搬を業として行った者は、5年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金、又はこれの併科だったと思います。収集運搬の無許可でも上記罰則です。
 中間処理や最終処分場へのゴミの運搬を業務として行っている以上資格は必要です(正確には会社の取締役クラスに有資格者がおり、都道府県に登録・許可を得ている事)。運搬車両にも運搬車である事を明示しなければなりません。工事業者等は解体等でゴミを運搬する機会があるので、処理業者でなくても必要な資格と言えます。
 「リサイクル品」(買い取り品等)であれば資格は無くとも良いとなりますが、1つでも処分するゴミがあれば(集めていれば)、資格は必要ですね。

Q中間確認の訴えと中間判決の違いをおしえてください

裁判のおける判決は主文にしか既判力が出ないので、「土地を引き渡せ」とかしかでないので、所有権を自分があることをみとめてもらうために中間確認の訴えができると聞きました。これって理由中の判断に既判力が及ぶようになるっていうことなのでしょうか?しかし中間判決には既判力は及ばないらしいので、中間確認っていうのはどういう位置づけになっているのでしょうか?そもそも中間判決と中間確認の訴えの違いがよく分かっていません。どなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「中間確認の訴え」は、(判決の効力としては)あくまでも独立したひとつの確認の訴えです。

具体的に No.2 さんの例でいうと、(1)著作権侵害を理由とする損害賠償請求訴訟と (2)著作権確認訴訟を併合提起するか、(1)の裁判中に(2)の裁判を追加的に併合提起した上で、(2)の訴訟の判決を先にもらいたいというのが「中間確認の訴え」になります。

「中間確認の訴え」に対する判決は、あくまでも独立した「訴え」に対する判決であり、終局判決です。したがって、通常の判決となんら代わることなく既判力を持ちます。

(「中間確認の訴え」に対して出されるのは、あくまでも「終局判決」であり、「中間判決」ではありません。)

これに対し、中間判決とは、 (1) の訴訟しか提起されていない場合に、裁判の進行上、著作権の有無を先に確定した方が都合がいいと裁判所が考えた時、裁判所の職権で、終局判決に先立って、一定の判断を示す行為です。

「中間判決」は、裁判の進行の必要上されるものにすぎず、当事者の「訴え」に対してなれる終局判決ではありません。したがって、既判力を持たず、その裁判手続きの中でしか法的効力はありません。

「中間確認の訴え」は、(判決の効力としては)あくまでも独立したひとつの確認の訴えです。

具体的に No.2 さんの例でいうと、(1)著作権侵害を理由とする損害賠償請求訴訟と (2)著作権確認訴訟を併合提起するか、(1)の裁判中に(2)の裁判を追加的に併合提起した上で、(2)の訴訟の判決を先にもらいたいというのが「中間確認の訴え」になります。

「中間確認の訴え」に対する判決は、あくまでも独立した「訴え」に対する判決であり、終局判決です。したがって、通常の判決となんら代わることなく既判力を持ち...続きを読む

Q中間確認訴訟と中間判決の違い

混乱してます。違いのわかる人、整理できている人
わかりやすいように違いを教えてくれませんか

Aベストアンサー


 原告が、甲土地の所有権侵害を理由に不法行為による損害賠償請求訴訟を起こしたところ、被告は「原告が甲土地の所有者である」ことを否認して争ったが、審理の結果、裁判所は原告の請求には理由があるとして請求認容判決を言い渡し、それが確定したという事例で考えてみます。

 甲土地の所有権が原告にあるという裁判所の判断は、理由中の判断に過ぎませんから、甲土地の所有者は原告であるということについて既判力は生じません。そこで、審理中に原告が、甲土地の所有権の確認を求める中間確認の訴えをしておけば、裁判所は、損害賠償を命じる判決の他に所有権を確認する判決もしますから、損害賠償請求権の存在のみならず、所有権の存在についても既判力が生じることになります。
 中間確認の訴えは、確認の対象が限定されている点において特殊ではありますが、本質的には原告がすれば訴えの変更であり、被告がすれば反訴にすぎません。
 一方、中間判決は、中間確認の訴えとは関係ありません。中間確認の訴えに対しては、裁判所は最終的には「終局判決」をするからです。
 中間判決というのは、先の事例で言えば、裁判所が審理中、「原告が甲土地の所有者である」という心証を十分に抱いたので、以後は、損害発生の有無や損害額について審理をしたいと考えた場合、「甲土地につき原告の所有権を確認する」という中間判決をすることにより、審理の整序をすることができます。そのような中間判決がなされた以後は、当事者は所有権の有無について争うことはできなくなり、裁判所も、原告に所有権がないことを理由にして、損害賠償の請求を棄却する終局判決をすることはできなくなります。もちろん、損害が発生していないとか、除斥期間経過を理由にすることはできます。
 ここで注意しなければならないのは、「甲土地につき原告の所有権を確認する」という中間判決がなされても、甲土地につき原告に所有権があることについて既判力は生じないということです。なぜなら、判決の既判力というのは、「終局」判決の確定よって生じる効力だからです。本件の終局判決の主文は、損害賠償請求を認容するか棄却するかであって、甲土地の所有権を確認するではありません。


 原告が、甲土地の所有権侵害を理由に不法行為による損害賠償請求訴訟を起こしたところ、被告は「原告が甲土地の所有者である」ことを否認して争ったが、審理の結果、裁判所は原告の請求には理由があるとして請求認容判決を言い渡し、それが確定したという事例で考えてみます。

 甲土地の所有権が原告にあるという裁判所の判断は、理由中の判断に過ぎませんから、甲土地の所有者は原告であるということについて既判力は生じません。そこで、審理中に原告が、甲土地の所有権の確認を求める中間確認の訴えをし...続きを読む

Q住宅借入金等特別控除の適用時期

(国税庁のホームページより)・・・その取得等に係る住宅ローン等の年末残高の合計額等を基として計算した金額を、居住の用に供した年分以後の各年分の所得税額から控除するものです。

とあります。
控除が適用されるのは平成24年分の所得税からなのか、平成25年以降なのか分かりません。どちらなのでしょうか?文字面からすれば「以降」は平成24年も含むかと思いますが・・・

もし、平成24年分から控除だとすると、どのように反映されるのでしょうか?
すでに平成24年の所得税は納付済みなので、還付されるかたちになるかと思いますが、具体的にどのように還付されるのでしょうか?

Aベストアンサー

去年購入して居住し借入もされているなら、去年の所得税から税額控除されます(所得から引かれる所得控除と違い、所得税から直接引かれるので金額的に大きいです)。これには確定申告が必要であり、還付申告なので今年初めから可能なのでした。ただ、2/16(今年は休日のため2/18から)~3/15までは激混みなので、それまでにしておくことをお勧めします。早く確定申告すれば、その分早く還付金が振り込まれますので。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q04

必要書類については↓を参考にしてください。この他に、認め印と還付金振込のための銀行口座情報も必要です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1214.htm

また、今年分からは年末調整でも可能です。確定申告後、年末までに今後9年間分の“給与所得者の住宅借入金等特別控除申告書”が税務署から送られてきます(再発行可能ですが、失くさないように)。これのうち該当する年分の申告書に記入し、銀行から送られてくる“残高証明書”とともに会社に提出してください。
http://internet-kaikei.com/nentyo/jyutak.html

去年購入して居住し借入もされているなら、去年の所得税から税額控除されます(所得から引かれる所得控除と違い、所得税から直接引かれるので金額的に大きいです)。これには確定申告が必要であり、還付申告なので今年初めから可能なのでした。ただ、2/16(今年は休日のため2/18から)~3/15までは激混みなので、それまでにしておくことをお勧めします。早く確定申告すれば、その分早く還付金が振り込まれますので。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q04

必要書類については↓を...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報