ドラマや絵ではよく、伊達政宗や柳生十兵衛は、眼帯として刀の鍔を使用していますが、何かそういった記録があるのでしょうか。

それとも昔から刀の鍔を眼帯として用いる習慣があったのですか?

どなたか教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

伊達政宗の片目には謎が残っています。

   片目失明の確証は見つかっていません。   伊達家で作らせた、木像や画では両眼が普通ですが、これは政宗が指示したと伝わっています。   伊達家の文書では政宗の片目について、言及したものはないようです。   1974年仙台の瑞鳳寺再建時、政宗の遺骨を調査しましたが、片目失明の証拠は得られませんでした。
これで、片目失明は否定かというと、そうでもなく幼時、天然痘にかかり片目失明(瘡のためか)の伝承は否定できません。  骨には残らないから。   
私の個人的想像的意見では、片目は完全失明では、なかったのではないかと思います。   ただ見苦しいので正式な席では眼帯をつけて出たものと思います。   それも伊達者の武士らしく、鍔を形どったものでしょう。   諸大名がさすが独眼流政宗公とほめたと思います。
政宗は老年まで、鉄砲、弓の鍛錬をしており、命中率もよかったそうで、片目完全失明ではむずかしいでしょう。 
柳生十兵衛は片目失明は確かです。  眼帯については伝わっていません。   政宗のまねをしたか、後世の画家が政宗を参考にしたか、など考えられます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

完全失明ではなかった可能性があるのですか。それは存じませんでした。

傷や変質等の外見的異常が無かった場合、外見からは視力の有無が判断できないとして、眼帯をする必要が無かった可能性も考えられますね。

>後世の画家が政宗を参考にしたか

そうとも考えられますね。もしくは眼帯で鍔を象る事は、案外ポピュラーな事だったのかもしれませんね。

色々な情報をどうもありがとうございました。

お礼日時:2006/06/02 14:40

まず、あれは鍔風の眼帯ですね。



もともと鍔は鉄の塊ですから・・・つけるというのは土台無理かと。厚さも1ミリ2ミリの世界ではないのですから、持ってみればかなりずしりとくるかと思いますし、大きさも直径8cmとかありますから。
そして厚さが7mmとしても(これは江戸期だともっと薄いのですが、あの時代のものは透かし彫りがすさまじく、実戦とはかけ離れているため、戦国期なら1cmはあっても不思議ではありません)・・・
そうなると軽く200g越えるのですよね。重量が。
こんなものをつけてまともに何かできますでしょうか?

江戸期のものだと100g以下もあるのですが、もし本当に目隠しとして使うならば透かしは入れられませんから(伊達者が目立つためとかならともかくとして、普通の目隠しにはなりません)これらの重量は参考にはなりません(参考にするならば透かしの入っていない重厚なものではないと)。
また、戦国期にも趣向重視の代物はあり、それらが130g程度ですね(実際には透かしが入っているため参考にはなりません)。でも、これでようやく「大き目の卵2つ分」なんです。

やはり重すぎなのですね。

なので直接的な回答としては「そもそもあれは鍔ではなく、鍔風の眼帯」ということでしょうかね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

知人から「重い鉄の塊を顔につけるはずが無い」と言われて質問に参上したのですが、やはりあれらは鍔風の眼帯ですか。
大きさや重さを具体的に教えていただくと、確かに無理があるように感じます。

ためしに150gのものを目にあててみたのですが(笑)、重くて何も出来ない、というほどではないにしろ、あの重さを皮ひも等で頭に固定しようとするとかなりきつく締めなくてはならず、実用的でないなと感じました。

鍔の重さという観点からの回答、大変参考になりました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/06/02 14:47

刀の鍔というのは金属製ですから、眼帯にしたら痛くてつけていられません。

時代劇やイラストで「眼帯」として目にするのは、黒い革で作ったと思われるもののようですが。

伊達政宗の場合、肖像画や木像は全て「両目がある」ように作らせたそうです。例えば、「馬上青年過」の誌が書かれている有名な肖像画では両目が描かれています。なお、政宗が「義眼」を入れていたという話は聞きませんので、片目は閉じていたはずです。

政宗の在世当時の画像資料が残っていませんし、「政宗の眼帯」というものが現存または記録されているとも聞きませんので、
「政宗が眼帯をしていたのか、どのようなものだったのか」

「不明」
としか言えないでしょう。柳生十兵衛については分かりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

やはり鍔は使いませんか。鍔の形を模した革なのかもしれないのですね。

>肖像画や木像は全て「両目がある」ように作らせたそうです。

私もそう聞いておりますし、私が見た絵や像も全て両目がありました。
そのため眼帯については確認できず、こうして質問させて頂いたのですが、なるほど、眼帯自体をしていなかった、という可能性もあるのですね。

知人から質問されて答えられなかったのですが、では「不明」と答えておくことにします。

丁寧なお答え、どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/06/01 10:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「iPhoneからの投稿」と記載する理由

「iPhoneからの投稿」と記載する理由

ブログなどみていると、時々ですが最後に「iPhoneからの投稿」と記載されています。
記載する理由があるのですか?決まり事なのでしょうか?

Aベストアンサー

iPhoneから投稿すると、
iPhoneが勝手にその文言をつけるんです。

なので、記載する理由があるというよりも、
消すのがめんどくさいという理由が大きいと思います。

ちなみにメールでも
「IPhoneから送信」が付け足されます(笑)

Q宮本武蔵と柳生十兵衛は歴史上、実際に剣を交えた事があったのでしょうか?

皆様どうもこんにちは。
つい先日、映画「魔界転生」が上映開始されその数日前に20年程前の旧作「魔界転生(沢田研二と千葉真一出演)」が深夜TV放映されていました。
この中で柳生十兵衛と宮本武蔵は闘っていました。
数年前にも正月長時間時代劇ドラマで「宮本武蔵」がTV東京系で放映され、その中でも北大路欣也扮する「宮本武蔵」と藤岡弘扮する「柳生十兵衛」が闘っています。
どちらも単なる娯楽作品中での戦闘ですが、ただ単純に「この2人は歴史上実際に剣を交えた、もしくは何かしらの接触や接点があったのだろうか?」と素朴な疑問を持ちました。
年代的にも同時代の人物の様ですし、共に歴史に名を残す剣豪で何かしらの接点があったのではないかと思ってしまうのですが、歴史には疎い者でして、そこらへんについて詳しい方が居られましたらば、「宮本武蔵」と「柳生十兵衛三厳(柳生一族全般)」についての歴史的関係等を御教授頂ければ幸いでございます。
何卒宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

時代小説や時代劇は同年代に生きた人(有名人)に接点を無理矢理作って話をおもしろくしてるだけです。
実際に二人にはほぼまったく接点はありません。(史料上)
十兵衛の実像すらはっきりわかっていないのです。
こういった謎の人物ほど小説に登場しやすいのです。なぜなら好き勝手に想像で書けるから。

Q美人な人が早死にする理由

美人な人が早死にする理由
教えてください。

Aベストアンサー

美人は早死すると目立つから。美人でない人も早死しています。

Q伊達政宗について教えて下さい。

伊達政宗について教えて下さい。
慶長の役に出兵はしていたのでしょうか?
出兵していたら何人の兵と家臣は誰が行ったのか?
陣を何処に張ったのか?
分かる範囲で結構です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は、自称「歴史作家です。

>>慶長の役に出兵はしていたのでしょうか?出兵していたら何人の兵と家臣は誰が行ったのか?
陣を何処に張ったのか?

回答から先に述べますと、
「慶長の役」には、正宗は出陣していません。

それ以前の「文禄の役」には出陣しています。
すでにお調べとは思いますが、「文禄の役」について述べてみます。

(1)文禄元年(1592)1月5日、伊達政宗に朝鮮出兵の命が下さた。秀吉からは500の兵で良い、と言われていたが3000人の軍勢を従えて陸奥の居城岩出山城を出立し、まずは、京都の伊達屋敷に入る。

(2)同年3月、京都の伊達屋敷を出立。この時、自らの馬には豹の毛皮の鞍を付け、兵士たちには具足の前後には、金の星といういでたちで、濃い紫の地に金の日の丸をあしらった幟を30本を掲げていた。続く鉄砲隊、弓隊、槍隊の足軽は全員朱塗りの太刀に銀箔の脇差頭、そして、金のトンガリ笠。騎馬揃えは30騎、いずれも黒鎧で、兜は金に輝く、と派手な隊列であったため、京都の人々のド肝をぬき、一躍有名となる。肥前の名護屋城に入る。肥前名護屋に入ったのは1500人。京都の留守部隊1500人と言われている。

(3)その頃、3月12日には、第一陣が釜山浦に入港し、13日釜山鎮城を攻め落とす。伊達政宗は、後続留守部隊として名護屋城で待機する。

(4)文禄2年(1593)3月、伊達政宗、第三陣として出撃命令で名護屋城から出陣。

しかし、伊達政宗が渡海した時には、日本水軍は李舜臣の朝鮮水軍によって敗れ、制海権を奪われ、政宗自身が船に事欠く状況でした。政宗は釜山に上陸して蔚山に進み、この後、梁山に駐屯していますが、秀吉は政宗を晋州城攻撃に参加させています。釜山と漢城の間の「つなぎの城」だった梁山も、日本軍が漢城から南下せざるをえなかったために、その意味がなくなり、梁山にいた政宗も晋州城攻撃に加わらせた。それだけ、戦いが泥沼化していた証拠だというわけです。
政宗は秀吉から兵糧を支給されるはずでしたが、浅野長政の兵站がうまくいかず、結局自分で調達せざるをえませんでした。政宗が後に浅野長政と不和になった原因は、この問題も要因の一つであったと言われています。
7月から伊達政宗が取り掛かった倭城築城は、金海竹島倭城だったと推定されています。この城は鍋島直茂が普請を担当していましたが、政宗も石垣普請に参加していたと述べています。政宗が帰国したのは9月であり半年の渡海でしたが、帰国命令が下りたのは、和議の条件が秀吉側から示され、日本軍は釜山周辺の倭城に守備兵を残して後は日本に戻るようにとの指示が出たからでした。

(5)随行した重臣は、詳細は分かりかねますが、常に正宗と行動を共にし、一番の信頼のあった伊達成実
(しげざね・ 藤五郎)伊達の獅子と称される伊達軍団最強の武将 。片倉景網(小十朗)常に大局を読み取る伊達家の名参謀。原田宗時(左馬助・重実)景網と並び、伊達家の中心人物であったと考えられます。

(6)4年後の「慶長の役」(1597~1598)では、正宗は、陸奥から連れてきていた3000人と共に、京都留守部隊で京都に駐在していました。

こんにちは。
私は、自称「歴史作家です。

>>慶長の役に出兵はしていたのでしょうか?出兵していたら何人の兵と家臣は誰が行ったのか?
陣を何処に張ったのか?

回答から先に述べますと、
「慶長の役」には、正宗は出陣していません。

それ以前の「文禄の役」には出陣しています。
すでにお調べとは思いますが、「文禄の役」について述べてみます。

(1)文禄元年(1592)1月5日、伊達政宗に朝鮮出兵の命が下さた。秀吉からは500の兵で良い、と言われていたが3000人の軍勢を従えて陸奥の居城岩出山城を出立...続きを読む

Qヘビが脱皮する理由

外骨格である節足動物が脱皮する理由はわかります。
しかし、なぜ内骨格であるヘビが脱皮するのかわかりません。何か理由があるのでしょうか。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

内骨格でありながら、ウロコで作られた外骨格に近い状態なので、脱皮で成長する事の方が効率が良い事からの進化だと思われます。

Q柳生 十兵衛三厳

皆さんこんにちは。

柳生 十兵衛三厳
江戸初期の実在の剣豪として知られ、ドラマや映画でも
度々でてますが、本当に強かったのですか?
もし、何か彼の武勇伝でもあれば教えてください。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ドラマや映画ではとても有名な柳生十兵衛ですが,残念ながらその実際の行動やエピソードは謎(詳細不明)とされております。でも,柳生但馬守宗矩(将軍家指南役。江戸柳生の祖)を父に持ち,「月の抄」その他の兵法書も書いておりますから,おそらく相当に強かったであろうとは推測されます。

しかし,柳生石舟斎以降の柳生新陰流における剣豪と云えば,まず第一に柳生兵庫助(十兵衛の従兄であり,新陰流第三世)でしょうね。その次が,連也斎(同第五世)。

特に,兵庫助はその後の剣術史の一大変革となった「直立たる身の兵法」(つったったるみのへいほう)の発明者ですから,天才と呼んでも過言ではないかと。これは,他の流派(宮本武蔵の二天一流を除く)が腰を低く落として構えるのに対して,現代剣道と同様に腰を落とさないでまっすぐに伸ばす構えです。高いところから撃ち下ろすことができたわけで,おそらく他流が敵することはできなかったと思います。

同じ柳生でも江戸柳生には,この構えは当時伝わらなかったようですから,十兵衛が伝来の「沈なる身の兵法」(これは低い構え)で対決すると,兵庫助に勝利を得るのは困難であったであろうと考えられます。

なお,反論するわけではないのですが,仮に柳生十兵衛が伝えられるように隻眼であったとすると,武芸者としては致命的かと思います。数ミリの見切りが命を左右する立ち会いにおいて,隻眼では距離(間合い)が測れないからです。ですから,これはあくまでも伝説だと思います。

ドラマや映画ではとても有名な柳生十兵衛ですが,残念ながらその実際の行動やエピソードは謎(詳細不明)とされております。でも,柳生但馬守宗矩(将軍家指南役。江戸柳生の祖)を父に持ち,「月の抄」その他の兵法書も書いておりますから,おそらく相当に強かったであろうとは推測されます。

しかし,柳生石舟斎以降の柳生新陰流における剣豪と云えば,まず第一に柳生兵庫助(十兵衛の従兄であり,新陰流第三世)でしょうね。その次が,連也斎(同第五世)。

特に,兵庫助はその後の剣術史の一大変革とな...続きを読む

Q今回日本がオスプレイを購入しましたが購入する理由はあったんですか?

今回日本がオスプレイを購入しましたが購入する理由はあったんですか?

Aベストアンサー

>今回日本がオスプレイを購入しましたが購入する理由はあったんですか?

 防衛省、自衛隊のHPに書いてあります。

http://www.mod.go.jp/j/approach/anpo/osprey/kaisetsu/index.html

Q柳生十兵衛の著作

柳生十兵衛が著した「月の抄」という書物について教えてください。
この書物は、出版されているのでしょうか?
また、詳しく解説されているサイトは存在するでしょうか?
一日中、検索してもうまくヒットせず、困っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。

国立国会図書館に所蔵しているようです。

請求記号 W451-2

参考URL:http://www.ikedakai.com/sankou4.html

Q宿題をする理由は何ですか?

宿題をする理由は何ですか?

Aベストアンサー

しゅくだいいらねー

Q伊達正宗は眼帯をしていたのでしょうか?

こんにちは。
大河ドラマの「独眼竜正宗」を見た時には眼帯をしていたと思うのですが、伊達正宗の肖像画には眼帯が描かれていなかったり、仙台城の銅像も眼帯をしていません。
眼帯はドラマ上の演出だったのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

最新の政宗の遺体監査で、疱瘡にかかったというわれる方の右目には目が残っていたそうです。
伝聞の目を抉ったや、食べたというのは嘘です。

肖像の件は、政宗の言いつけで、両目は開いた肖像画しか書かせなかったそうでう。

眼帯に刀の鍔を使いだした政宗は1942年ごろの戦国映画からです。

1950年代以降の柳生十兵衛などで、鍔眼帯が流行りました。
以降
・カッコ良さ重視⇒鍔眼帯
・史実重視⇒眼帯なし
となりました。

その辺で、ご理解頂けると物語と史実の差が分かると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報