著作権上で問題なければ、自分が購入したCDをカセットテープにコピーして友人一人に無料で貸そうと思ってます。
著作権について、いろいろインターネットで調べてみたんですが、文化庁の著作権関係の次に示すページの記述で違反にならないんじゃないか、と思うようになったんですが、どうでしょうか。

文化庁「http://www.bunka.go.jp/」にジャンプ
  ↓
「著作権~新たな文化のパスワード~」をクリック
  ↓
「著作権制度の概要」をクリック
  ↓
「著作物が自由に使える場合」をクリック

で表示されるページ、つまり
http://www.bunka.go.jp/1tyosaku/main.asp{0fl=show&id=1000002963&clc=1000000081&cmc=1000002923&cli=1000002937&cmi=1000002954{9.html
なんですが、ここの「営利を目的としない上演等(第38条)」の部分に、

『営利を目的とせず,貸与を受ける者から料金をとらない場合は,CDなど公表された著作物の複製物を貸与することができる』

とありまして、これで大丈夫かもしれないと思いはじめたんですが、実際のところ大丈夫でしょうか。

A 回答 (5件)

>CDなど公表された著作物の複製物



↑で言っている「複製物」とは、CDそのものを指します。
つまり、著作物の複製を許可された事業者などが複製した物であれば問題ないとしているのです。
従って、許可を得ていない人が複製した物を配布する行為は、たとえ無償であったとしても違法となってしまいます。
http://www.sme.co.jp/savemusic/6.html

ただ、個別のケースを全て取り締まる事は事実上不可能なので、一人に配布する程度であれば咎められる事はないでしょう。
ご自身の良識の範囲内で行ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

CDそのものが「複製物」だったんですね。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/06/02 13:47

友人一人に実物のCDを貸すことは、私的利用の範囲内に入りますので、問題ありません。


複製に関して私的利用になるためには、その複製物を利用する本人が複製する必要があります。

つまり、CDそのものを友人に貸し出し、それを友人が複製するのは問題なし。
複製して、その複製物を貸し出すのは問題あり。
ということになります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やはりコピーを貸すのはダメみたいですね。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/06/02 13:52

(私的使用のための複製)


第30条 著作権の目的となつている著作物(以下この款において単に「著作物」という。)は、個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること(以下「私的使用」という。)を目的とするときは、次に掲げる場合を除き、その使用する者が複製することができる。
1.公衆の使用に供することを目的として設置されている自動複製機器(複製の機能を有し、これに関する装置の全部又は主要な部分が自動化されている機器をいう。)を用いて複製する場合
2.技術的保護手段の回避(技術的保護手段に用いられている信号の除去又は改変(記録又は送信の方式の変換に伴う技術的な制約による除去又は改変を除く。)を行うことにより、当該技術的保護手段によつて防止される行為を可能とし、又は当該技術的保護手段によつて抑止される行為の結果に障害を生じないようにすることをいう。第120条の2第1号及び第2号において同じ。)により可能となり、又はその結果に障害が生じないようになつた複製を、その事実を知りながら行う場合

私的使用というのは「個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること」ですので、貸すのが目的でのコピーは違法行為と言えると思いますよ。

38条は上映の場合のことですので、友達に貸すのは上映ではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

もともとは自分の車で運転中に聞くためにコピーしたものなので「貸すのが目的でのコピー」したものではないんです。
でも、貸すことには問題がありそうですね。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/06/02 13:55

友人1人だけに貸す場合には、そもそも貸与権の対象となりませんから、38条を持ち出すまでもなく、貸すこと自体に著作権は及びません。

(貸与権は、不特定の人又は多数の人に貸すことを対象とする権利です)

問題があるとすると、CDをカセットテープにコピーするところです。
コピーすることは、複製権の対象となります。「著作物が自由に使える場合」に該当しない限り、著作権者の許可なく行ってはいけないのですが、さて、どうお考えになりますか?
    • good
    • 0

その友人が、貴方から借りたテープをコピーして、


そのコピーを販売する等した場合、
著作権侵害の幇助ということで
罪にとわれる可能性はあります。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCDからCD-RWにコピーする前のCDからのファイルコピーの方法

CDからCD-RWにコピーする前のCDからのPC上へのファイルコピーの方法が分かりません。

Aベストアンサー

CDのバックアップでしょうか。
バックアップなら、付属のライティングソフトでできるはずです。
その場合は、お使いのライティングソフト(B's Recoderとか)を教えてください。

単体のファイルコピーでしたら、対象のファイルをコピー先にドラッグアンドドロップで大丈夫です。
それから、ライティングソフトでCD-RWに書き込んでください。

Q著作権を侵害した著作物に著作権はあるか。

 題の通りです。例えば「月刊あはは」に書いてあった文章を「週刊いひひ」が無断で一ページ掲載した場合、「週刊いひひ」には、著作権は存在するのですか?(無断で掲載したページ以外についても)あとその「週刊いひひ」が無断で掲載した一ページを「日刊うふふ」が無断で掲載した場合どうなるのでしょうか?また「週刊いひひ」が無断で掲載した以外のページを「秒刊えへへ」が無断で掲載した場合はそうなるのでしょうか?
※ここに登場する名前はフィクションです。
 あと、DVDコピーのやり方などを書いている、間接的に著作権を侵害している著作物にも著作権はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 著作権が発生する要件は創作されたものとみなされることです。複製された著作物は創作によって制作されてはいませんから、著作権がありません。何社が次々に出版しても著作権は原作者にしかないことになります。
 しかし、難しいのはその1ページが引用に過ぎなかったり、まったくそのままではなく、パロディやニュース記事として創作されている場合です。そういったものを二次的著作物とよび二次的著作者としての著作権上の権利が発生します。そして、著作権法28条には著作物から派生的に作られた二次的著作物にも原著作者の権利が及ぶとされていることから、二次著作物には複数の権利が重畳して存在していることになります。
そこで、「月間あはは」は某教祖のスキャンダルをすっぱ抜いた。「月間いひひ」は「月間あはは」の写真と記事を引用して攻撃の火の手をあげた。「月間うふふ」は「月間いひひ」には承諾を得たが「月間あはは」には承諾を得ることもなく記事を掲載した。とすると「月間うふふ」は「月間あはは」から訴えられる可能性があることになります。

Qフォルダの写真をCDRやDVDRにコピーする方法

Vistaを使用している初心者です。
ピクチャの中のたくさんあるフォルダの中から、好きなフォルダを1つ選んで
そのフォルダをCDRやDVDRにコピーして保存する方法があると聞いたことがあります。
残しておきたいデジカメの写真などあるので、CDRやDVDRに保存する方法を教えて下さい。
又、CDRやDVDRには何枚位の写真が残せるのでしょうか?
そもそも一般的にはどちらにコピーするのが普通なのでしょうか?
(カメラ屋さんではCDにコピーしてた気がするのですが・・・?)
全くの素人です、できればPCの専門用語をさけて教えていただけるとうれしく思います。
どうぞよろしくお願いします。
(1)フォルダ内の写真をCDRやDVDRにコピーする方法(簡単な言葉でお願いします)
(2)CDRやDVDRには何枚位の写真がコピーできるか
(3)CDRとDVDR,どちらに残すのが一般的か

Aベストアンサー

(2)
CD-Rは700MBで650MB程度
DVD-Rは4.7GBで実質4.4GB程度

写真の画素数により違います。DVDで4GBでは1200万画素で約635枚、1000万画素で約765枚、800万画素で約955枚
CDは約1/6

(3)
ふつう、写真はCD-Rへ、動画の保存はDVD-Rへ。(ご自分の好みでどうぞ)
CD/DVDはSDカード、USBメモリーより信頼性は高いですが、傷や紫外線に弱いので、定期的にバックアップ(複製作成)した方がよいでしょう。
また、海外製より日本製が信頼できます。
ちなみに以前海外製CDを大量に購入した時10枚の内1~2枚程度は不良品でした(最近はかなりよくなっていると推定)

書き込み方法にもよりますが、書き込み終了時「ファイナライズ」しないと他のPCなどでは見えません。

QCDのコピーについて(著作権?)

全くの素人なので教えてください。

ある企業の代表の方が行われた講演会の録音CDを上司に借りたので聞いた所、とても感銘を受けました。
私も含めて後援会好きな仲間が揃っており、これらの仲間にコピーCDを配って是非聞いてもらっては?と思いつきましたが、著作権などのことについて気になり、思いとどまっています。
こういうケースは可能なのでしょうか?また、参考URLなどご存知でしたら教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

バックアップの又聞きがOKと言う意見がありますが、そんなことはありません。おそらく、著30条か、著47条の2の制限規定を曲解されたのでしょうか。

プログラム著作物のインストール用CDのバックアップであれば、著47条の2で認められているんですけどね。講演会のCDはダメでしょう。(#2さん出来たらその根拠を示してくださいね)

上司にCDを借りたという事は質問者さんは企業の方ですよね。個人の方であれば、著30条(CD製作者の制限は著102条)という私的使用の為の複製の規定でOKの場合もあるのですが、企業の方がそのような複製をされたら原則NGですよ。但し、講演をされた方、CDを製作された方が著作権(著作隣接権)を放棄された場合はOKですが、そんなことないですね。

また企業の代表の方というのですから、講演内容はビジネスに関連したことですよね?

公演内容が政治上の演説等であれば、講演をされた方の了解なしに複製できるんですが、(著40条)但し、この場合もCD製作者の了解は必要です。

又、ビジネス関連の講演内容で聞く人が企業の人だとそのCDを皆を一同に集めて聞くのも著38条の制限外でアウトだと思います。

ということで、きちんと講演された方、CD製作者の了解を取りましょう。

バックアップの又聞きがOKと言う意見がありますが、そんなことはありません。おそらく、著30条か、著47条の2の制限規定を曲解されたのでしょうか。

プログラム著作物のインストール用CDのバックアップであれば、著47条の2で認められているんですけどね。講演会のCDはダメでしょう。(#2さん出来たらその根拠を示してくださいね)

上司にCDを借りたという事は質問者さんは企業の方ですよね。個人の方であれば、著30条(CD製作者の制限は著102条)という私的使用の為の複製の規定でOKの場合もあるのですが...続きを読む

QCD から PC にコピーする方法。

初歩的な質問ですみません。
旧パソコン(Win98)でバックアップしたCDを新パソコン(WIN XP)にコピーする方法をご教示下さい。

マイコンピューターをクリック→CD-RWをクリック→My
Documentsのフォルダが表示される。
このMy Documentsを一度にまとめて新パソコンにコピーする方法です。

Aベストアンサー

ただのコピーなら
(1)マイコンピューターをクリック→CD-RWをクリック→MyDocumentsのフォルダを表示
(2)もう一度マイコンピューターをクリックして別窓を開き
コピーしたいフォルダを開く

(1)→(2)にフォルダーをドラッグ&ドロップ

これでコピーできないでしょうか?

QDVD、CDのコピーと著作権法

著作権法を勉強している学生です。
以下、私の理解が正しいかどうか教えてください。

現在、私的利用の範囲内において、音楽CDが複製を実質上許可されており、映像を録画したDVDの複製が許されていないのは、DVDにはコピーガード処理が施されており、それが著作権法で禁止される「技術保護手段の回避」にあたるため、違法であるということですよね?

つまり
(1)コピーガードのないDVDであれば、私的利用の範囲内なら複製しても何ら違法ではない。
(2)音楽CDにコピーガードの技術が導入され、通常の再生機器やパソコンでダビングすることが不可能になった場合、そのコピーガードを破ってダビングすれば違法である。
という解釈でよろしいのでしょうか?

Aベストアンサー

よろしいと思います。

Q動画ファイルのコピー(CDR)でエラーを回避する方法

はじめまして。

少々教えて頂きたいのですが、
CDRに保存しておいた動画がコピーする方法はないでしょうか?
コピーすると「循環冗長エラー」が出てしまうのです。

因みに、
・著作権保護CDではありません。
(デジタルビデオで撮った風景を他のパソコンでMPEG化したものです)
・CDRは汚れ傷等もありません。
・動画は最初から最後まで再生できます。

色々試した結果、
・ライティングソフトで他のCDRにコピーしてみる⇒可能
・仮想CDで見てみる⇒閲覧可能
・仮想CDにしたファイルをコピー⇒同じエラーが出る

どうにかして、動画をHDDにコピーする方法はないでしょうか?
方法は良くわかりませんが、
著作権保護CDと同じと考えて、リッピングするとか・・・?

過去にも同じような質問が出ていますが、動画自体が見れますので、質問させてください。

どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私は「巡回冗長エラー」だと思っていたのですが、
循環・・・でも同じCRCエラーのことなのかな?

どちらにしても、ファイルなどをコピーする際に、
エラーを検査するシステムのことでしょう。
http://www.dlmaster.com/other/crc.html

予想としては、動画を観るのには問題ない程度かも
しれないが、ファイルの一部が破損している
・・・と見るのが普通ではないかと思います。

駄目かも知れませんが、動画閲覧可能であれば、
以下URL参考に、コマンドラインからxcopyなどで
吸い出せば出来るかもしれません。

ただ、これでコピー出来たとしても、そのデータが
完全である保証はありませんが。

回答がついていないようなので、分かる範囲で書きました。
もう少し詳しい方がいるといいんですが・・・。

参考URL:http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/268filecopy/filecopy.html

Q私的利用の音楽CDコピーの著作権について。

結婚式の引き出物として、
式の最中に使用したBGMをCDにしようと考えています。

その際、購入した複数の音楽CDから曲を選択し、
オリジナルのCDを作成しようと考えています。
もちろん、売るわけではなく引き出物として、
無料で配布するのですが、この場合
著作権的にはOKなのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

結論から言えば、権利者の許諾を得ない限り、ほぼ確実に駄目です。
有料か無料かは著作権法違反かどうかには何の関係もありません。無料配布でも権利者の許諾を得ない限り違反は違反です。

#余談ですが、結婚式での使用自体も違法の可能性がないとは言えません。

まず原則として「権利者の許諾を得ない複製は原則違法」なのです。それが大原則。その上で、30条以下に定める一定の場合には複製が適法となるのですが、本件はそのいずれにも当たると言えないので違法です。
一応可能性がありそうなのは30条1項ですが、私的使用目的の範囲の判断基準の一つに「特定かつ少数」というのがあり、結婚式出席者が特定かつ少数でなければ駄目です。しかし、引き出物を出すような結婚式なら特定かつ少数ではないでしょう。なので、「ほぼ確実に」駄目。
この「特定かつ少数」に該当するかどうかは本当はもっときちんと検討する必要がありますが、概ね「家族またはそれに準ずるような関係で人数的には一桁以内」程度なのでかなり厳しいです。

なお、私的録音録画補償金の話をしている人がいますが、本件では何の関係もありません。私的録音録画補償金は「私的目的の複製であることが前提」の話であって、「私的目的の複製でない」場合に私的録音録画補償金を払ったからと言って私的目的の複製になるわけではありません。本件では「そもそも私的目的の複製ではないから違法」の可能性が高いのです。
私的録音録画補償金は許諾の必要な複製について当該許諾に代わるものではありません。
なお、私的使用目的の複製はアナログ、デジタルを問わず可能です。可能ですが、デジタルの場合には一定の場合には補償金を払うことが要件として加重されているとそれだけの話です。


ということで、もう分かりにくいので削除覚悟ではっきり書きますが、#4の回答の21行以下だけ読めば充分です。20行目までの話ははっきり言えば不正確ですし私的目的として例外になるかどうかの判断の役にも立たないどうでもいい話です。「本題」と称する部分が本件においては実は瑣末な話に過ぎないからです。
複製は「許諾を得れば私的目的でない場合に『も』できる」のであり、その許諾を得た経験談が#4の回答の21行目以下。初めから許諾さえ得れば複製は当然できますから、その場合には私的目的であるかないかは実はどうでもよいことになります。許諾の要否を決めるのが私的目的かどうかであり、許諾を得てしまえば、もはや私的目的かどうかはどうでもよくなるのです。よって、適法な複製を行う最も確実な方法は「許諾を得ること」であり、その許諾を得る方法の参考として#4の21行目以下を読むのが有用であるということになります。

結論から言えば、権利者の許諾を得ない限り、ほぼ確実に駄目です。
有料か無料かは著作権法違反かどうかには何の関係もありません。無料配布でも権利者の許諾を得ない限り違反は違反です。

#余談ですが、結婚式での使用自体も違法の可能性がないとは言えません。

まず原則として「権利者の許諾を得ない複製は原則違法」なのです。それが大原則。その上で、30条以下に定める一定の場合には複製が適法となるのですが、本件はそのいずれにも当たると言えないので違法です。
一応可能性がありそうなのは30条1...続きを読む

QCD-ROMのデータをCD-Rへコピーする方法

WINDOWS XPの機能で、CD-ROMの内容をCD-R(CD-RW)へコピーできると聞いていいますが、方法を教えてください。

Aベストアンサー

はじめに確認して置きますが、著作件とかライセンスとかその辺の問題は大丈夫ですか?
不正コピーは犯罪、法律違反です。
コピーの方法は簡単。
マイコンピュータを開き、CDドライブを右クリック。
コピーを選択して、適当なHDDドライブを開いて右クリックで貼り付けを選択。
CD内のデータがコピーされます。
次はCDドライブにブランクCDを入れます。
マイコンピュータを開き、先程作成したHDD内のフォルダを開き、全部選択。
ドラック&ドロップでマイコンピュータ内のCDドライブのアイコンまで持っていって落とす。
これだけでは書き込まれませんので、CDドライブを開き、書き込みのタスクを実行します。

Q著作権・図書館で音楽CDを借りて、全曲コピーする場合

著作権情報センターの資料を読んでいるのですが、ずばり 回答が書いてないのでわからないので教えてください。

「図書館で音楽CDを借りて、全曲を音楽用CDに自宅でコピーする」
と言うことは 著作権上 許されるのでしょうか?
(図書館に聞いてもみます。)
================
・音楽用CDなら 保証金を支払っているのでかまわないのかなー。
・でも、それなら CDが少ししか売れないような木がするし・・・。保証金はわずかだから、著作者は溜まったもんじゃないような気がする・・・。
・「私的使用」は 「元のCDを著作権上問題なく購入して それを 家庭内でコピーして利用する」程度で「元のCDが図書館の貸出じゃまずい」と思うのですが・・。

Aベストアンサー

著作権法上、30条により、私的使用のためであれば無許諾で複製しても構わないことになっていますので、問題ありません。
複製元の入手経緯については規定がありませんから、自己所有のものはもちろん、友人から借り受けたものでも、レンタル店で借りたものも、問題なく複製できます。

#1で引用しておられる38条ですが、これは、対価を受けずに著作物を利用する際の規定で、複製には関係しません。無償で行われるコンサートや上映会、街頭テレビ、電波障害地域への公共事業としての有線放送などがこれにあたります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング