はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

こんばんは。
CD,レコードジャケットの著作権についてお尋ねいたします。
レコード、CDのオークションでの販売やCD等を紹介するホームページの作成を考えております。
CD,レコードジャケットの写真等を引用の範囲を超えホームページにて掲載する場合、さまざまな許可や申請を必要とすることを最近知りました。
しかし、ネットショップ等でCD,レコードを販売する目的でジャケット画像を掲載する場合も同様なのでしょうか?また、オークションの場合はいかがでしょうか?
多くのネットショップはジャケット画像を掲載しているわけですが、どういった手続きを踏んでいるのでしょうか?
amazonアソシエイトを利用することで画像等が利用可能となるようですが、amazonでも取り扱ってない場合が多いのです。
以上よろしくおねがいいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

質問と話が変わりますが。


多くの方が、インターネットで質問をされていますが、個人的な悩みならいいんですが、法律がからむ重大な問題に誰が回答しているかも分からないインターネットの掲示板の情報を信用してはいけません。
実際、他のサイトでも同じような質問が何件もありますが、回答者毎に回答が違っているんです。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
↑の質問では、社長は肖像権の侵害にならないと言っているのに、多くの方がそれと反対に肖像権の侵害になるっとおっしゃっています。同じ質問でも、十分な専門知識がないから回答が人によって異なってくるいい証拠だと思います。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
↑の回答では、回答者は違法と言ってますが違法になるプロセスもろくに説明していないので信憑性に欠けますよね。

先の回答者は、撮られた人に肖像権、撮った人に著作権があると言っていますが、
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
↑の質問では、結局CDジャケットそのものに著作権がないのでネットで使用しても問題ないという回答になっています。ほとんど同じような質問なのに、回答者によって回答が違うのです。つまり、どれも信憑性など皆無に等しいと言えるのです。オークションの販売をやるとは書いていませんが、先の回答者の場合「営利目的であろうと『なかろうと』ネットで公開するのは公衆送信権侵害」とおっしゃっています。つまり、どのような理由があろうと、許可なく転載すれば違反になるとおっしゃっているんですが、その場合↑の質問の回答も違反と言うことになります。

結局、民間療法が一番怖いって言われているのと同じように、専門家でもない素人の浅知恵を鵜呑みにして、それを信じること自体怖いものだと私は考えています。結局回答している人はプロじゃないから自分の考え、常識で回答しているのです。
個人の問題ならそれでいいのですが、このように法律が絡んでくる問題に他人の浅知恵を信用してはいけません。
こちらのサイトで専門家、自信ありと回答しても、相手の顔も経歴もわからないネット上での情報ですので、信憑性は薄いですからそのような場合でも100%信用してはいけないと私は考えます。
ですので、この場合きちんと法律のプロに相談、もしくは電話で少し確認を取ってみた方が遥かに安全だと私は思います。
    • good
    • 1

どこで利用するのであれ、権利のないもの使えば著作権法違反です。



レコード、CDのジャケットに写っている人には肖像権があり、撮影した人には著作権があります。
営利目的であろうとなかろうとネットで公開するのは公衆送信権侵害です。

オークションは営利目的ですね(^^)
ただ小さな写真で自分の持ち物紹介するのが問題になったことはないか、目立ちません。

ネットショップで実店舗持つところや雑誌社などは権利者と許諾契約しています。ポスターチラシなどに使う権利ですが、こういうところは信頼関係あるのでネットに利用することもあるかもしれません(無制限ではないはずです)
テレビ局のページに(ジャケットじゃないが)ドラマの予告や出演者紹介(顔写真やシーン)あって「掲載期限なので削除した」ページあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

alpha123さま。
ご丁寧な回答ありがとうございました。

>オークションは営利目的ですね(^^)
ただ小さな写真で自分の持ち物紹介するのが問題になったことはないか、目立ちません。

つまりオークションやネットショップに掲載しているもの(で許諾契約のないもの)は、問題になっていないだけで違法になるわけですね。そう考えると、わざわざ各権利者と契約しているレコードショップは少なそうですね。

使用できないのは残念ですが、仕方ありませんね。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/12/16 09:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCDジャケットの著作権について

お世話になっております。

このカテゴリに質問する内容ではないかな、と思いましたが経験者の方が要るかもしれないと思い、ここに質問させていただきます。

今回個人のホームページを作成しようと思い立ち、音楽系のサイトにするつもりなのですがやはりジャケットの画像は必要だと思ってます。サイトの内容は営利目的のものにはしません。
CDジャケットの画像には著作権があることは知っておりますが、多くのサイトでCDジャケットの画像を見かけます。やはり彼らはレコード会社等に許可を取っているのでしょうか。また、洋楽(輸入盤)の場合もやはりメールを送っておいた方がよいのでしょうか?
すごくくだらない質問なのですがジャケット画像をホームページに載せた経験のある方いらっしゃいましたらお教えいただければ幸いです。

Aベストアンサー

個人サイトの場合、ほとんどは許可はとっていません。
以前、私が好きなアーティストのファンサイトを立ち上げる
といってジャケットのレーベル画像を多用したサイトを
構築した管理人へ忠告をしたことがあります。
なぜなら、オフィシャルのサイトにある画像をダウンロードして
無断で使っていたからです。
以後、著作権に関しての表記を入れ、画像は有る程度
加工をしたものを使っているようです。

曲自体よりも軽んじられることが多い(ような気がします)
ジャケットの画像使用ですが、これもCDを構成する
大事な要素の一つです。もちろん著作権は制作者にある
場合がほとんどです。(会社にせよ個人にせよ)

可能ならば、あらかじめそのCDの製作会社にサイトを
作るうえでの画像使用に関して問い合わせて許可をとったほうが良いです。
Disneyのように使用範囲を限定すること等を条件に使用が許可されれば、その旨をサイトに表明することで
制作するあなたも安心できますし、ユーザも安心して
もらえるとおもいます。

オフィシャル側から認定をもらえるようなシステムが
あれば、なお良いです。

私は自身でwebサイトを持っていますが、使う画像は
全て自分で作成し、オリジナルがあるものに関しては
著作者表示を入れています。

チェックされて消されてしまうということはありませんが、
著作権に関しての意識をWeb制作側も閲覧する側も
頭に入れておくのが良いとおもいますよ。

個人サイトの場合、ほとんどは許可はとっていません。
以前、私が好きなアーティストのファンサイトを立ち上げる
といってジャケットのレーベル画像を多用したサイトを
構築した管理人へ忠告をしたことがあります。
なぜなら、オフィシャルのサイトにある画像をダウンロードして
無断で使っていたからです。
以後、著作権に関しての表記を入れ、画像は有る程度
加工をしたものを使っているようです。

曲自体よりも軽んじられることが多い(ような気がします)
ジャケットの画像使用ですが、これもCD...続きを読む

QCDジャケ、書籍表紙をHPで公開。著作権侵害か。

CDジャケ、書籍表紙をHPで公開するのは著作権侵害かどうかに関して、「教えて!goo」でも見解が分かれるようです。人の顔写真を公開してはいけない。これは分かります。雑誌に掲載されたグラビア、これも公開は違法なことは理解できます。
さて、ジャケットや表紙は店頭でも閲覧できる、つまり中身ではないので、公開OKという考えがあるようです。ただ、表紙も当然創作物ではあります。
ややこしいので、誰か整理して頂けませんでしょうか。

Aベストアンサー

原則をしっかりとおさえる必要があります。

著作権は、「公開」という行為について及ぶのではありません。「複製」や「公衆送信」という行為について及ぶものです。店頭で表紙を見せたり、見ることについては、著作権は及びませんが、HPで公開することは「複製」や「公衆送信」を伴うので、著作権の対象となるのです。「中身ではないので公開OK」という考え方は、そもそも成立しません。

したがって、無断でHPに公開すれば著作権侵害になるというのが、大原則です。

そのうえで、引用の範囲で認められる場合がありうる(これは著作権が制限されるので、著作権侵害にならない)とか、実際に損害があるとは思えないので問題ないのではないか(著作権侵害ではあるけれども、実際に訴えられないであろうという予測)とか、そもそも題号などと同様に広く見られることを予定しているのだから著作権者もこのような利用は了解しているはずだ(黙示の許諾)とかという議論があるわけです。

様々な事例が考えられるでしょうが、普遍的には、著作権者に許諾を得るのが一番間違いない、という以上のアドバイスは難しいですね。

なお、中古ゲームソフト判決は、「映画の著作物」の「頒布権」という特別な著作物に限って特別な権利を認める場合に関する判断ですので、これをもって「性質上権利が制約を受ける場合」をあまり広く解釈するのはどうかと思います。

原則をしっかりとおさえる必要があります。

著作権は、「公開」という行為について及ぶのではありません。「複製」や「公衆送信」という行為について及ぶものです。店頭で表紙を見せたり、見ることについては、著作権は及びませんが、HPで公開することは「複製」や「公衆送信」を伴うので、著作権の対象となるのです。「中身ではないので公開OK」という考え方は、そもそも成立しません。

したがって、無断でHPに公開すれば著作権侵害になるというのが、大原則です。

そのうえで、引用の範囲で認め...続きを読む

Q雑誌掲載時の写真の著作権

当方フリーマガジンを制作しております。
フリーマガジンなので非営利ではありますが、広告費などは頂いております。

著作権のことでお聞きしたいのですが、
雑誌内で映画やCDを紹介するために
ジャケット写真や映画のワンシーンの画像を掲載する場合、
1作品づつ、その映画やCDの著作権元へ確認をとらなければいけないのでしょうか。

また、ネットから画像を探して掲載するのはアウトですよね。
自分の所持物を写真に撮って掲載するのは、どうなんでしょうか。
その場合も著作権表示をいれなければならないのでしょうか。

無知で大変お恥ずかしいのですが、ご指導宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No1です。

> 学生に好きな映画や音楽をきくという取材を行ったのですが、
> そこで挙げられたものの画像を掲載するつもりでおります。

うーーん、かなり微妙ですね、実際にできたものを見て判断するしかないようにも思いますが。
記事全体として、学生の好きな「映画や音楽を“紹介”する」という内容であれば、引用にならない可能性が高く、「学生に好きな映画や音楽を聴き、その“聴いたこと”を記事にした」ということであれば、引用とされる余地もあると思います。
ただ、その場合においても、CDのジャケット写真や映画のワンシーンを掲載する必然性があるかどうかです。単に「○○(アーチスト)の××って楽曲が好きです」という記事にアルバムのジャケット写真を載せる必然性は無いと思いますがいかがでしょうか?

市販のCDや公開された映画であれば、発売元や配給先は調べればすぐわかります。どうしても著作権者がわからなければ、文化庁長官に申し出て裁定を受けることもできますので、試用するすべての画像について著作権者の許諾を得ることは不可能ではありません。
数が多くて大変というのは、利用する側の論理で、「赤信号が長すぎるから待てずに進入した」といっても道路交通法違反であるとには違いないですよね(おわかりだと思いますがあえて)

まぁ最終的な判断は裁判所で決着をつけるしかないので、そのつもりがあれば、「私は引用だと判断しました」と言い切って無許可で掲載するのは自己責任でお願いします。
もちろん、著作権者が何も言ってこなければ裁判にもなりませんし、よほどのことが無い限り、(失礼ですが)大手でないフリーマガジン程度にクレームを入れることも無いとも思います。

ただ、著作権者にクレームを入れられる可能性がまったく無いわけではないし、仮にも、「出版」という著作権ビジネスをしている以上はそれなりの手続きをしたほうがよいと思いますので、
>そうした(個々の著作権者すべてに許諾を得る)ほうが無難でしょう。
と言うしかないのですが。

参考までに、引用の要件について
著作権法上は
公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。(著作権法43条1)

判例上は
既に公表されている著作物である
公正な慣行に合致する
報道,批評,研究などの引用の目的上正当な範囲内である
引用部分とそれ以外の部分の主従関係が明確である
カギ括弧などにより引用部分が明確になっている
引用を行う必然性がある
出所の明示が必要

とされています。

No1です。

> 学生に好きな映画や音楽をきくという取材を行ったのですが、
> そこで挙げられたものの画像を掲載するつもりでおります。

うーーん、かなり微妙ですね、実際にできたものを見て判断するしかないようにも思いますが。
記事全体として、学生の好きな「映画や音楽を“紹介”する」という内容であれば、引用にならない可能性が高く、「学生に好きな映画や音楽を聴き、その“聴いたこと”を記事にした」ということであれば、引用とされる余地もあると思います。
ただ、その場合においても、CDのジャケ...続きを読む


人気Q&Aランキング