滑降・回転・大回転・スーパー大回転の違いを教えてください。特に滑降とスーパー大回転の違いがよく分かりません・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 こんにちは。



 簡単に言ってしまうと、滑降とスーパー大回転(以下スーパーG)が「スピード系種目」、大回転と回転が「技術系種目」――に分けられます。

1)滑降
 アルペン競技の中で、もっともスピードが出ます。旗門のセッティングも直線的で、最高速度が100キロを超すのが普通です。豪快なジャンプが見られるのもこの種目です。

2)スーパー大回転
 82~83シーズンに登場した一番新しい種目で、1)の滑降と、3)の大回転の中間に位置する種目です。「速さ」と「ターン技術」の両方が要求されるという点で、一番難しい種目かもしれません。

3)大回転
 4)の回転ほど細かいターンはなく、左右に大きく振られた旗門の間を抜けていきます。
 
4)回転
 大回転よりも旗門と旗門の間隔が狭く、ターンの技術がもっとも要求される種目です。

 ですから、滑降とスーパーGの違いは「より早くて直線的なほうが滑降、ターンが大きい(=旗門が左右に振られている)ほうがスーパーG」――です。

 スピードが早い順に並べると、滑降→スーパーG→大回転→回転―となります。
 逆にターンの細かい順に並べると回転→大回転→スーパーG→滑降―となります。


 滑降とスーパー大回転は1発勝負ですが、大回転と回転は2本滑った合計タイムで順位を競います。

 参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました.スキーのできない私にとってはアルペン競技はどの種目も見るだけでため息ものだったのですが,どうも違いがわからなくて….これで解決しました.

お礼日時:2002/02/18 16:36

 すみません。

回答を編集していて変になってしまいました。
 出だしの「それ以外」はカットして下さい。

 それだけでも何なので、少し追加を。

 旗門は回転では普通の三角旗を使い、それ以外ではハードルのように二本足の四角い旗を使います。
 また滑降だけは旗が赤一色でそれ以外は赤、青交互になっています。
 
 ですから、旗とコースのきつさから判断すれば、途中から見てもどの競技かすぐに見当が付くようになっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

先ほどの解答と合わせて,ありがとうございました.なるほど旗門の色と配置でどの種目か分かるようになっていたんですね!これからますますアルペンを見るのが楽しくなりそうです.

お礼日時:2002/02/18 16:38

 それ以外の競技は「旗門」と呼ばれる旗が設置されます。

そこでは赤旗、青旗が交互に一対ずつ並べられ、その間を必ず通過しなければなりません。
 ですから、速さだけではなく正確なターンコントロールが要求され、より難しくなるわけです。
 回転は中でも旗門が狭く且つ数も多くて、スピードよりもターンの技を競うと言っても良い競技です。
 大回転ではもう少し間隔が広くスピードが乗ってくる分ダイナミックになり、よりスリリングになります。
 この二つは通常同じコースを使い、距離が違っています。
 滑降(ダウンヒル)は決められたコースをとにかく速く滑り降りれば良い、という事が基本の競技で、コース内にある旗門は数が少なく、且つもともと最短のアプローチが有利になるのであまり問題にはなりません。スキーの滑り方にしても、ターンよりはクローチングスタイル(しゃがみ込む形)でできるだけ速くしようとしたり、ジャンプがあったりして豪快な競技です。
 スーパー大回転はかなり新しい競技で、この滑降のコース(距離は短い)を使ってそこに旗門を多目に設置し、物凄いスピードと強烈なターンを競うスポーツです。かなり大きなターンをしなければならないように作られているため、昨日の女子のようにコースアウトもかなり多くなります。

 競技の詳細については以下のURLにて。

参考URL:http://sports.nikkei.co.jp/saltlake/setsumei/ind …
    • good
    • 0

スキーのアルペン競技は,設定されたコースの旗門をどれだけ早くくぐってゴールできるかを競う競技です。



滑降(ダウンヒル,DH)とスーパー大回転(スーパーG,SG)は高速系種目,
大回転(ジャイアントスラローム,GS)と回転(スラローム,SL)は技術系種目と呼ばれたりもします。

スーパーGはもともとオリンピックでもワールドカップでも行われていませんでしたが,10年ほど前から採用されたものだったと思います。

コース設定は,ダウンヒルより短い距離で旗門の間隔をより縮め,ターン技術をより重視した種目になっています。
ダウンヒルよりの設定にも,GSよりの設定にもできます。

各種目により,スピードやターンの技術の比率が変わるので,それに合わせたスキー板を使うことが普通です。

オリンピックでは,滑降と回転を両方行う「アルペン複合」という競技もあります。

参考URLも見てください。
簡単ですが…。

参考URL:http://www.kusu.kyoto-u.ac.jp/~ski/kyogi/kyogi.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/18 16:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qdocomoオンラインショッピング

現在、docomoSHOPから購入したSOー02Eを使用しています。今回、機種変更のため、docomoSHOPに行ったのですが、土日は一時間まちと言われました。平日にSHOPに行けないので、docomoオンラインショッピングからも購入できることを知りました。そこで教えてください。オンラインショッピングで購入した場合、機械音痴なわたしでも機種変更が簡単にできるでしょうか。データーの移行とかHPには書いてありましたが、難しそうです。
でも、一度、壊れた時に保証額5千円でスマホの代替をしたことはあります。
わたしでもdocomoオンラインショッピングでの 購入はおすすめできるでしょうか。
また、docomoオンラインショッピングで購入した場合【SONY機】 の特典はあるのでしょうか。docomoオンラインショッピングでの購入に迷っています。結局は、壊れた時に保証でスマホが送られてくるときの設定と機種変更はあまり変わらないものなのでしょうか。まとまりがない質問ですみませんが教えてください。

Aベストアンサー

>機械音痴なわたしでも機種変更が簡単にできるでしょうか

まず、携帯電話の電源を切る。(取説を見て下さい。それすら出来ないなら、あきらめましょう)
SIMカードを取り外す。
そして、新しい携帯電話にSIMカードをさす。

電源を入れる。
(機種によりSIMカードの位置は異なります。取説参照。)
以上で機種変更完了。


それが出来るなら、出来る。それすら、出来ないなら、あきめらめてください
基本的に携帯電話の設定については、自分で行います。(Google IDなどの設定とかですが)
ドコモショップなら、ご丁寧にある程度の設定までサービスで行ってくれる場合がありますけどね

>データーの移行とかHPには書いてありましたが、難しそうです。

ドコモショップにいって、データコピーして~って頼めばやってくれる。
窓口ではなく、ショップ店内にある誰でも使える機械で行うので、すぐに使える状態なら、待ち時間は、1分ほど??
本来は、客自らが操作を行う機器です。使い方は店員が教えてくれます。 ショップで購入した場合は、店によっては全て店員が行ってくれる場合もある。

>docomoオンラインショッピングで購入した場合【SONY機】 の特典はあるのでしょうか。


NTTドコモから直接購入するのか、代理店から購入するかの違いでしかありません。
(ドコモショップって看板をあげていおり、他にauショップなども運営している代理店を含みます)
代理店独自に行っている特典は、ありません。
NTTドコモやソニーモバイルコミュニケーションズが行っている特典ならあります
ただし、NTTドコモなどが行っている特典でも、ドコモショップのみやリアル店のみの特典だとありません。
そもそも、どんな特典か不明でが・・・
キャンペーンなら、キャンペーンの詳細や注意事項がサイトなどに書いてありますので、そちらをご覧下さい。(キャンペーンについては確認しておりませんので、ご自身で確認してください)


ちなみに、ドコモショップでは、来店予約を行っていたりします。
予約のときは、事前に番号札をとりますので、店にいきとると、3時間待ちでも、20分程度の待ち時間となる場合があります。
https://www.nttdocomo.co.jp/support/procedure/reserve_shop/

>機械音痴なわたしでも機種変更が簡単にできるでしょうか

まず、携帯電話の電源を切る。(取説を見て下さい。それすら出来ないなら、あきらめましょう)
SIMカードを取り外す。
そして、新しい携帯電話にSIMカードをさす。

電源を入れる。
(機種によりSIMカードの位置は異なります。取説参照。)
以上で機種変更完了。


それが出来るなら、出来る。それすら、出来ないなら、あきめらめてください
基本的に携帯電話の設定については、自分で行います。(Google IDなどの設定とかですが)
ドコモショップなら、...続きを読む

Qスーパー大回転の青いライン

こんにちは

オリンピックのスーパー大回転等で、コースに青いラインが引かれてますが、昔は無かったですよね。
最近のトレンドなのか、規定のようなものなのか、ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

安全のためです。
特に雪や曇り、ガスが出ているときは斜面変化がわかり難く、一瞬の操作の遅れがコースアウト=クラッシュに繋がってしまいます。
スーパーGや滑降の高速系種目ではいまや当たり前になってきましたが、GSでも最近はよく見られます。
規定ではありません。
またラインではなく、松葉を雪面に撒かれる時もあります。

Qオンラインショッピングの送付先

オンラインショッピングで買い物をした時に、滞在中のホテルの自分の部屋を送り先にすることってできるのでしょうか?
可能な場合、どのようにすればいいか教えていただけるとありがたいです。

また、同様にオンラインショッピングの荷物を、宅配便の営業所止めにしてもらう事ってできるのでしょうか。

Aベストアンサー

 先方に聞いてもらえますか?ここで出来ますよ、とアドバイスしても先方がしてくれなくては元も子もありませんから(^^;

 ホテルに送ってもらうのなら
ホテルの住所+何号室+○○様 宛で
部屋番号が分からなければ■■ホテル気付 ○○様 宛とすればいいでしょう。

 営業所止めにする場合も同様にお伺いください。可能であれば、住所を調べてその旨を伝えればいいでしょう。

Q滑降はどの程度ジャンプしているのか?

この質問は、コースにより、マチマチと思います。先程、ニュースを見ていましたら、スノーボード日本代表の角野選手と言うのでしょうか?側面からのカメラですと、かなりの距離をジャンプしています。見た感じ、そうスピードは出ていない感じで、尚且つジャンプ台があるので、それなりに飛距離は出る設計なんだろうと思いますが、では、スピードでは、比べ物にならない程のスピードで突っ込んでジャンプしている【滑降(ダウンヒル)】や、【スーパー大回転】等は、一体どの程度飛んでいるのでしょうか?
角野選手でも20m位は飛んでいる感じがするのですが、一見飛んで無いように見えて、50m近くは飛んでいるのでしょうか?

Aベストアンサー

ytz500secさんがご存知かどうか分かりませんが、長野県白馬に八方根スキー場があります。
ここは昔からの欧州型の広大なスキー場なのですが、ここにリーゼンスラロームというコースがあります。
昔、ここで全日本アルペンスキー大会があって滑降を見学しました。我々が何分もかけてチンタラ滑ってくる200メーターほどの大斜面を選手は直滑降で2~3秒で通過しました。
その斜面にはジャンプして入ってきたのですが多分50メーター位は飛んでいたと思います。

Qコーディネートを紹介してくれるオンラインショッピングサイト

コーディネートを紹介してくれて、そのコーディネートに使用されているアイテムを購入できるようなオンラインショッピングのサイトはないでしょうか?
オンラインで買うとイメージがわかなかったりするので、他のアイテムとあわせてモデルさん(もしくはマネキンなど)が着ている画像などがあればイメージがつかみやすいと思うのです。

ファッション初心者、オンラインショッピング初心者なのでおねがいします。
「こんな風に検索するとたくさん候補が出てくるよ!!」という方法でもかまいません。自分で検索してみたのですがなかなか思うようなサイトがなくて・・・楽天、YAHOOショッピングなどは情報が多すぎてどうすればいいのやら。。。(泣)
歳は10代後半で、ギャル系以外ならどんなテイストのものでもOKです。

Aベストアンサー

お世話になります。
年間40億円を出しているサイトをご紹介します

エイメル
http://www.rakuten.ne.jp/gold/mel/

購買層は少し高めですね

Qスキーの滑降競技のスポーツ科学 ~タイムを縮める要素の科学的な説明

アルペンスキーの滑降競技でタイムを縮める要素についてですが、

身体能力として、腰の強さが重要という話を聞いたことがあります。

また、技術としては、斜面の凸凹のところで、なるべく雪面から板を離さない(ジャンプしない)ようにするれば、タイムロスを少なくできると、解説者がテレビで言ってました。

なぜ、それらのことが、タイムを縮めることになるのか、理由がわかりません。


上記に挙げた要因に限らず、滑降のタイム向上のためには、科学的にどのような身体能力や技術が必要か? そして、それらの理由は何か? について、なるべく沢山のことを知りたいので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

かなりの長文になってしまいましたが、何卒ご容赦を。

 スキーのダウンヒル競技(DH)ですが、これはスキーの中でも最速のスピードを競う競技で、コースの全長は3kmにも及び、スピードも時速100kmを超えます。この競技にはスキー技術、体力、マテリアル(スキー、ブーツ、ストック、ワックス)、そして何よりも恐怖心を克服できる強靭な精神力が必要になります。

身体能力としては、腰の他に足首と膝の関節の使い方が重要になります。「スキーは膝で滑る」という言葉がオーストリアにありますが、スキーでは足首と膝、腰の使い方が重要になってきます。DHでは選手は空気抵抗を減らし、スピードを上げるために「クランチング」という卵形の姿勢を作ります。この姿勢は空気抵抗を減らすと共に、ちょうど自動車のサスペンションのような働きもします。

レーシングカー等のコーナリングではサスペンションを固めるとか、車体の重心を低くするためにローダウンするとかいいますが、サスペンションを調整し重心を低くすることで、高速コーナリングで横に振られる遠心力(G)を前方への力に振り向ける事が可能です。エンジンの動力によって進む自動車と違い、スキー競技は地球の重力によって“落下”する力でスピードを得ます。この力を効率良くスピードに変えて時速100kmを超えるスピードを得るためには、身体のバランスを上手にとって身体にかかるGを進行方向に持っていく事が重要なのです。ですから、クランチングで姿勢を低くして足首と膝と腰を調整しながらスピードに乗ることは競技の結果を左右する重要なテクニックなのです。

ところが、この姿勢は長く保つ事ができません。いわゆるスピードスケートのトレーニングの「爪先立ちの空気椅子」と同様に1分~1分半位から身体が根を上げ始めてきます。DHのタイムが1分30秒前後ですから、その間にいかに身体のバランスを最大に発揮するか、という課題の中から腰の重要性を云われているのではないでしょうか。

次に、DHにおけるジャンプについてですが、100kmを超えるDHではコースの設定によって50mから時には70m近くまでジャンプします。No.1さんの「三角形の理論」と同じなのですが、大きなジャンプをすればするほど、ジャンプ後のGの方向は下向きになります。小さなジャンプであれば推進力を前方に保てますのでスピードもあまり殺さずに済みます。ですから、逆にジャンプを全くしない、というのも100km前後のスピードではありえない訳で、もし本当に行なったら推進力が下方に分散してしまいスピードに乗れなくなってしまいます。

               ←推進力  ○
             ・  ・ ・・・・・・・・ ー\─ ≡з
           ・     ・・・・・・・・__⊆_
         ・   ・     ______
 推進力   ・  ・      /
  ↓    ・ ・  ←推進力/
      ・         /
_________/
────────

その他に必要なタイム向上のための要因は、上にも書きましたが恐怖を克服できる強靭な精神力です。
私はリレハンメルオリンピックの際にDHの行なわれたクビートフィエルで働いておりまして、スタッフに誘われて何度かDHのコースを滑った事がありますが、DHのスピードの恐怖は大変大きなものです。以前、ドイツで車を200km近いスピードで走らせた事がありますが、DHの恐怖感覚はそれ以上のものがありました。

強靭な精神力といえば、DHの得意な選手は例えばオーストリアのヘルマン・マイアー選手(Hermann Maier)など病院で片足切断を勧められる程の大事故の経験をしたり、DHコースで転倒して大怪我をした後でも早々に復活して優勝したり良い成績を収めるタフな選手が多いようですね。

DHのコースは競技会場によって違います。しかし、例えばリレハンメルの場合はコース前半が青光りするアイスバーンでコース幅が10数mしかない、ジャンプした先がブラインドになっていて先が読めない、高速カーブが逆バンクになっている、最もスピードの乗った高速カーブの次にあるヘアピンカーブを曲がった直後に斜度30度を超える絶壁の逆カーブが続く…と、スピード感覚と身体のバランス感覚を極限まで発揮しないと良いタイムに到達できません。

下記に参考URLを貼らせていただきます。
元オリンピックアルペン選手にして元全日本スキー選手権アルペン三冠王の丸山さん(通称:雷オヤジさん)の記事は長野オリンピックでのDHコース造成の裏話が書かれていて面白いと思いますよ。

【千葉信哉さんのスキー理論】
 http://tabijozu.ne.jp/shinya/main-riron2-3.html
【元オリンピックアルペン選手 千葉信哉さんのオフィシャルサイトTOP】
 http://tabijozu.ne.jp/shinya/main-pro.html
【Wiki 滑降競技(DH)の説明】
 http://rd.search.goo.ne.jp/click?DEST=http://ja.wikipedia.org/wiki/%25E6%25BB%2591%25E9%2599%258D&no=1
【朝日新聞 スキー4種目の比較】
 http://www2.asahi.com/torino2006/howto/TKY200512260196.html
【丸山仁也氏の競技セミナー】
 http://www.sak.or.jp/report/2004/kyougi-seminer2/kyougi-seminer2-02.html
【おまけ:丸山氏のオフィシャルサイト(ホテルHP)】
 http://www.happei.co.jp/aisatu.htm
 http://www.happei.co.jp/

かなりの長文になってしまいましたが、何卒ご容赦を。

 スキーのダウンヒル競技(DH)ですが、これはスキーの中でも最速のスピードを競う競技で、コースの全長は3kmにも及び、スピードも時速100kmを超えます。この競技にはスキー技術、体力、マテリアル(スキー、ブーツ、ストック、ワックス)、そして何よりも恐怖心を克服できる強靭な精神力が必要になります。

身体能力としては、腰の他に足首と膝の関節の使い方が重要になります。「スキーは膝で滑る」という言葉がオーストリアにありますが、スキーで...続きを読む

Qhotmailでオンラインショッピング

hotmailでオンラインショッピングを行うことは危険でしょうか?
今まで(ここ5年程度)hotmailを使用してオンラインショッピングや個人情報の登録を行っていたのですが、最近になって個人情報の流出などが話題なり不安に思うようになりました。
口座番号やクレジットカードの情報などはやり取りしていないのですが・・・。パスワードは最近になって初めて変更しました。
どのような危険性があるか詳しい方、教えてください。また、逆に安全性があるという方も教えてください。

Aベストアンサー

>今後は自分が管理していないパソコンでは、hotmailを使用しないようにします。(hotmailの便利さがなくなってしまっていますね・・・)

メールでとても重要な内容をやり取りする事自体がないかもしれませんが・・
目的に応じて、複数使うのもいいかもしれませんよ。



>ホテルの客室で自分のPCでLAN接続した場合何か気をつけるようなことはありますか?こんなことをすると危険だとか・・・。

基本的には、フリースポットやホットスポット等の公共の無料LANと同じと考えて、特に無線では盗聴もあるかもしれませんが・・

当たり前のセキュリティ対策をして、常に気を使っていたらあまり神経質にならなくても良いかもしれませんよ。

出先へ、大切なデータが入ったパソコンを持ち歩いたり公共の無線LANで、とても重要なデータのやり取りは普通しませんよね・・?!


フォルダ共有機能はしないようにする。

個人情報を送信するような場合は、SSLで暗号化されているページかを確認する。(暗号化されていないときは利用しない)

複合的なセキュリティ対策ソフトを必ず使用する

接続は必要最低限におさえる。

↑これを守れば良いのではないでしょうか。

>今後は自分が管理していないパソコンでは、hotmailを使用しないようにします。(hotmailの便利さがなくなってしまっていますね・・・)

メールでとても重要な内容をやり取りする事自体がないかもしれませんが・・
目的に応じて、複数使うのもいいかもしれませんよ。



>ホテルの客室で自分のPCでLAN接続した場合何か気をつけるようなことはありますか?こんなことをすると危険だとか・・・。

基本的には、フリースポットやホットスポット等の公共の無料LANと同じと考えて、特に無線では盗聴もあるか...続きを読む

Qスキー大回転…?

私はまえまえから思っていたのですが
なぜ「大回転」なのでしょうか?
この名前の由来をご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

 スキーの基本はスピードとターン。
 これをそのまま競技にしたのが滑降と回転です。

 回転は旗門と呼ばれる旗を左右に掻き分けながらターンの正確な技術を競う競技です。
 ただ、残念ながらこれにはダイナミックさがありません。見ていて、どうにも地味です。
 そこで、そうした回転の技術を要しながらもっとダイナミックに且つ高速に滑ることでスキーの基本を両方とも競技に盛り込もう、として産まれたのが、この大回転です。
 旗門もコースの左右に離れて置かれる部分もあり、文字通り大きな回転を要求されます。
 こうした回転の違い、競技としてのダイナミックさの差からこれが「大回転」と呼ばれることになったのだと思います。
 またそこからさらにスピードに取り憑かれ、これを滑降のコースを使ってやってしまえ、ということで最近誕生した怖ろしい競技が「スーパー大回転」です。

参考URL:http://sports.nikkei.co.jp/saltlake/setsumei/index.cfm?i=alpine

Qtsutayaのオンラインショッピングを利用したのですが注文してから取

tsutayaのオンラインショッピングを利用したのですが注文してから取り消しはできますか?

Aベストアンサー

下記、良くある質問、「注文した商品はキャンセルできますか」の回答をご覧下さい
http://shop.tsutaya.co.jp/faq/can/01.html

Qトリプルアクセルと3回転ジャンプの違い

 最近フィギアスケートのニュースを良く見ますが、トリプルアクセルと3回転ジャンプとはどう違うのでしょうか?

Aベストアンサー

トリプルアクセルは3回転半ですので基本的に違います。
+半回転があるのはアクセルです


人気Q&Aランキング