友達にテレビで納豆は体に良いと、納豆が食べられない人はNTという薬が良いと。NTってなんですか?またどんなお店に売っていますか?

A 回答 (2件)

「NK」の聞き違いではないでしょうか。


昔から、大豆や大豆加工製品である納豆が身体に良いとは言われていましたね。その理由を探って色々な研究が行われています。
その結果、身体によさそうな成分として「ナットウキナーゼ」と呼ばれるものが見つかり、注目されています。
「ナットウキナーゼ」略して[NK]は血液を固まりにくくし、サラサラに保ち、それが身体に良いといわれる原因であるとしてテレビなどでも取り上げられたりしています。
そして、健康食品として「ナットウキナーゼ」は、ドラッグストアなどで売られています(薬ではありません)。
ただ、基礎研究の結果がそのまま生身の人間に当てはまるわけではありません。視聴率を稼ぐために、かなりでたらめな番組が流されたりもしています。うのみにはなさらない方が良いと思います。
インターネットサイトを一つご紹介いたします。

参考URL:http://www.jafra.gr.jp/natto.htm
    • good
    • 0

 NTという薬は知りません。

回答にならないですが。
 テレビで○○が良い、と聞くと、それを食べなければ病気になるような気分がするものです。しかし、関西人はほとんど納豆を食べませんが、納豆を食べる地域の人に比べて病気が多いことはありません。ヨーロッパの人は、まず納豆を食べないでしょう。それでも、北欧やフランスの平均寿命は日本とほとんど同じです。
 納豆が食べられないからといって心配する必要はありませんよ。それより、もっと悪いこと(タバコの煙を吸うこと、運動不足、睡眠不足、多量の飲酒など)をやめる方が長生きできます。
 言葉をかえると、「もっと悪いことを放置しておいて、些細なことを気にしても意味ない」ということです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ