知人が、仕事のし過ぎで鬱病になり、普通鬱は「やる気が起きない」「不安」なのですが、その人は「睡眠障害」になり、普通の睡眠薬では全く効き目がなく、いわゆる「劇薬」を服用しています。眠れれば元気なのですが、どうしても眠れない時はどうしようもないらしく、入院してました。担当医とその人の会社の上司と相談して、退院しても会社に3時間出社しています。でも、また最近入院したようです。ずっと同じ大学病院に入退院していているのですが、それでも治らないなら、いっそ病院を変えてみれば、と思うのですが、(大学病院はそれぞれ病症について考え方、対処も違うと聞いたので)どなたか同じような経験をされた方、ご回答をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

うつ病治療歴もうすぐ7年、昨年秋に1ヵ月半入院していたburanです。



何か感じはよく分かります。ご友人の会社も理解のあるほうだと思います。
入退院を繰り返すパターンはどうも「よくあること」のようです。
私が入院していた病院は公立の総合病院で、短期入院・軽症のみ、急性期救急は行なわない(というかスタッフと病床不足)という条件でした。
患者の平均入院期間は3か月、最長でも1年でそれで回復に向かわない場合には長期入院のできる病院を紹介しています。
俗にいう「リピーター」はかなり多いとスタッフの方も言っておられました。

劇薬というのが何かは大体想像がつきますが、あまりに本人もそんな薬を使ったりその病院に度々入院するのがつらいということであれば、紹介状を書いてもらって別の病院の医師の「セカンド・オピニオン」を取られるのがいいと思います。
実際、公立総合病院と大学附属病院、そして精神科単科の専門病院では、全く見立てが違う場合があります。使う薬も違いますし、入院の是非の決め方もかなり違います。
本人は憔悴しきっておられるとは思いますが、一度違う意見を聞かれてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。前にいただいた回答者の方の補足のところにも書きましたが、私も鬱病で、入院しました。2回。私の場合、リピーターというよりは「鬱になりやすい性格」が原因らしいです。おっしゃる通り、今の時代、すぐリストラにされるところ、知人は会社にはとても感謝しているみたいです。何度か「病院を変えてみたら」と言うのですが、頑固な性格、なかなか移ろうとしないんです・・・私も鬱を2回繰り返した為、違う病院に行ったりしました。やはり治療の仕方も考え方も違うし、それが一番なんですよね。あとは本人をどう説得するか、が問題なんです。ちなみに私も今でも勿論抗鬱薬は飲んでます。もう、なんというか、諦めがついてきてしまいました。とてもご親切な回答、本当にありがとうございました。
知人に「ほら、この人もこう言ってくれてるよ」と言えば納得してくれそうなので、早速報告します。感謝の気持ちで一杯です(涙)

お礼日時:2002/02/22 20:42

鬱病でも色々あります。

(当然ですが)

<普通の睡眠薬では全く効き目がなく、いわゆる「劇薬」を服用しています。
「劇薬」の意味が不明も多分医者の処方で使用に注意が必要な薬という事でしょう。
睡眠導入剤でも、通関で逮捕される薬もありますし、睡眠薬と睡眠導入剤もかなり違います。

ご質問は「病院を変えてみる」という事ですが、かなり良い事でしょう。是非勧めます。
問題は、病院を変える事に感情を害する担当医がいる事。(他の病気と同様ですが)
当然現在入院中では、困難です。入院中に他の病院で診療を受け投薬をしてもらう事は出来ないはずです。(健康保険適用上の問題です。)
一度退院してから、紹介状を貰い(貰わなくてもOK)他の病院で外来診療を数箇所受けてみれば、必ずより合った病院があると思います。
問題は、「入院設備のある精神科・神経科病院」は非常に少なく限定され、しかも郊外に多い(逆に言えば都市にある入院可能な精神病院は少なく、あなたの知人の入院先のように、大学病院などは空きベッド待ち状態だという事を理解下さい。)
また、大学病院の特性として、「あくまでも大学を兼ねている」事実です。確かに設備等は整ってますが、医者の卵・インターン生に臨床経験をさせる場所という事実(だから診断・治療レベルが悪いという事ではありません)

取敢えず、他の病院で診療を幾つか受けてみる事。
そして、より合った病院・担当医を見つけても入院出来る可能性は少なく投薬を受けながら、自宅・通勤しながらになる事。(経験上良い先生が見つかっても「入院」希望すると紹介される病院が、その先生と同様「あなたの知人に合う」可能性は低い事)

一度退院すると、再度入院するには、「空きベッド」待ちになる事。これを承知で病院を変えてみるのは、非常にお勧めします。
個人によって同じ「坑鬱剤」でも効果が全然違います。幾つか変えて「これは効く!」と実感出来る薬は、どんなに信頼出来る先生でも分かりません。それを承知で処方薬もいやがらずに、気軽に変えてくれる先生なら良いでしょう。
逆に「俺の診療・処方がいいんだ!」と頑固に主張する(本人が診療を受けた方が良いタイプ)も現実に存在します。当然このタイプはお勧め出来ません。

以上とりとめも無く書きましが、睡眠障害の患者が都市部で非常に増えてます。(鬱と睡眠障害の境界線状態があなたの知人でしょう。)

最後に睡眠障害の患者のサイトは、幾つかありますが、「基本的にネットで病院紹介」は「医師法上の問題」から無理です。(かつ良くないでしょう)
むしろ、本屋さんで立ち読み等してから、「地図検索の際と睡眠障害の詳細(病理学的)」に関する情報の道具としてネットを利用して下さい。
※睡眠障害・鬱は本人は一番苦しいはずです。(「今日も起きれず会社を休んでしまった」「ああまた迷惑をかけた」「明日こそ起きて、そうだ徹夜しよう」「今日出勤も徹夜が響き明日は起きれそうも無い」「もう会社には行けない。」「もうだめだ」「何てダメな奴なんだ、おれは。」こんな悪循環で、寝ていても本人の心の中は「地獄」状態です。
でも治療法も日々進んでいます。(相談者の住所が不明なので具体的病院は紹介出来なく申訳ありません。)無理に起こしたりせず、会社もある程度休み、数ヶ月(最低3ヶ月)から1年の単位で直そうと考えれば、必ず良い方向へ向かいます。
最後にその知人の側を代表して詩の抜粋を
「心の中の戦い・苦悩も、現実の戦争と同様に、残酷でむごたらしい!」

この回答への補足

ありがとうございます!実は私も鬱で入院していて、そこで知り合った人なんです。鬱病は私の場合は「腰」にきました。車椅子生活でした。大部屋に移って隣の患者さんは異常な低血圧(上が40をきっていました)その大学病院はいわゆる日本の治療方(鬱は寝てなさい。ゆっくりしなさい)なのですが、今ではアメリカの病院を見習い、鬱病患者にも「もっと活動して」などのアドバイスをしている大学病院も増えているようですね。確かにアメリカ人の方が日本人より鬱病患者が多いので鬱病治療は日本よりはるかに治療法が進歩しているようですね。私とその知人が入院している(いた)大学病院はいわゆる日本的治療法なので、いっそ病院をかえるのがやはり一番なのでしょうか・・・

補足日時:2002/02/22 11:35
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q関東で入院費用の安い病院

タイトルどうりなのですが、友人が病院を探しています。
状況は以下のとおりです。

■77歳、男性 脳溢血にて倒れ、現在都内病院に入院中。
 奥さんと二人暮らしで、70代の奥さんが働いて生活を支えています。
 容態が安定したため退院を促されていますが、自宅にて世話は無理
(経済的にも体力的にも)とのこと。
 別の病院を紹介されましたが、費用が高くて払えないとのこと。
 紹介された病院は都内の自宅から近い場所ですが
 費用が安ければ、遠い場所でもやむをえないと奥さんは言っています。
 (せめて月1回でも顔を見にいける程度でも、と。)
 旦那さんは、現在寝たきりで流動食、意識はあるが、話はあいづち程度です。
 介護レベル(?)は「5」と認定されています。

どなたか、おすすめの病院、施設、あるいはそれらの探し方を教えていただけませんか。
区の保健センターに問い合わせてみたところ、結局は、本人の状態を把握している
ソーシャルワーカーさんに聞くのが一番よいとの答えでした。
もちろんソーシャルワーカーさんに改めて確認しなければならないでしょうが、
それ以外に方法があれば、念のため知っておきたいと思っています。
私自身は病院探しなど無縁の状態のため、全く見当がつかず
急を要する話のため、ネットやこのウェブ上でも調べきれていません。
ので、勉強不足で重複する質問になっていたら申し訳ないのですが
どうぞよろしくお願いします!
 
 
 

タイトルどうりなのですが、友人が病院を探しています。
状況は以下のとおりです。

■77歳、男性 脳溢血にて倒れ、現在都内病院に入院中。
 奥さんと二人暮らしで、70代の奥さんが働いて生活を支えています。
 容態が安定したため退院を促されていますが、自宅にて世話は無理
(経済的にも体力的にも)とのこと。
 別の病院を紹介されましたが、費用が高くて払えないとのこと。
 紹介された病院は都内の自宅から近い場所ですが
 費用が安ければ、遠い場所でもやむをえないと奥さんは言っています。...続きを読む

Aベストアンサー

厚生労働省の指導で、現在入院されておられるような病院の患者さんの平均在院日数が厳しく制限されていることと、長期に入院されると、国民健康保険から病院に支払われる入院費が、徐々に減らされることから、患者さんに居座られると困るのは実は病院なのです。

従って、入院中にケースワーカーやソーシャルワーカーに相談しなさいというのは、そういう方たちが必死になって、患者さんの希望する次の入院施設を、探してくれるからなのです。

個室料、お世話料などは施設によってかなりの差があり、患者さんの経済状態によっては、とても支払うことができない施設が現にあるわけですから、経済状態(それぞれの年金や恩給などの額も含めて)を包み隠さずお話されて、ケースワーカーの方といっしょにご希望にあう医療機関や施設をさがしてください。

最近は老々介護で、介護をしておられる方の家族の方にもハナシが通じない(といいますか、若い健常者の方でも、こういう介護とか税金などのルールは難しいですね)例が多く、多少なりともハナシの通じる方は、病院側としてもむしろ歓迎です。もちろん、無理を言って交渉をぶち壊すような態度はだめですが、常識的なハナシを常識的にして、解決策を見出すという方ならという意味です。

なんとかうまくいくと良いですね。

厚生労働省の指導で、現在入院されておられるような病院の患者さんの平均在院日数が厳しく制限されていることと、長期に入院されると、国民健康保険から病院に支払われる入院費が、徐々に減らされることから、患者さんに居座られると困るのは実は病院なのです。

従って、入院中にケースワーカーやソーシャルワーカーに相談しなさいというのは、そういう方たちが必死になって、患者さんの希望する次の入院施設を、探してくれるからなのです。

個室料、お世話料などは施設によってかなりの差があり、患者さん...続きを読む

Q睡眠前の酒

祖母は僕部屋の隣の部屋で寝てます。
祖母が最近、 「寝られない」と言い 
酒とワインを買ってきて寝る前に飲んでいます。
僕が、「寝る前に酒なんか飲んだらいかん」と言ったら
祖母が、「酒飲んでも寝れるならいいだろ」と言いました。
これ以上言うと 祖母は怒るので言わないことにした。
しかし、「寝られない」と言い 何回も起きてきては飲みと、
量がだんだん増えてきて 「なんか最近全然寝られない」と言い
そして 寝られないのを「あんたが隣の部屋で電気つけてるから」とか
「テレビの音がうるさい」とか 僕のせいにするようになりました。
祖母はいつも 8時半ごろには寝て、 何回も起きて、 酒を飲み、
いつも 「あんたが起きてるから寝られんとよ あんたは10時ごろには寝ろ」と怒ります。

ここで質問。
祖母が寝られないのは 寝られないからって 酒を飲んでるから
よけい寝れないのだと思いますが どうなんですかね

Aベストアンサー

まずは回答ですが酒を飲むと余計寝られない、というのに一票です。

私の実体験です。
私は酒が好きなので毎日飲んでいました(特に寝る前・・・というか仕事が忙しかったので帰ってきたら風呂入って寝るだけに近かったので)。
 ある時酒を飲まない方が途中で起きないと言うことに気づきました。
実験好きなので自分で試してみました。
・酒を飲むと、3時間ぐらいで一旦起きてしまう。
・酒を飲まないときは起きることが少ない(朝までぐっすり)。
以上の傾向を発見しました^^;

しかし悪循環を続けてしまいました。
酒が好きだったので止められないのです(肝臓もどんなに飲んでもスペックが悪くならないので)。
悪循環は・・・、
睡眠不足になりがち
酒の量が増える
それでも途中で起きる
もっと飲む
だんだん酒に対してメチャメチャ鈍感になる
いよいよ睡眠不足なので睡眠薬をもらうようになる(白色の)
これも全く利かなくなりもっと強い睡眠薬をもらう(紫色の)
更に利かなくなるので半分に割っていたのを一粒飲む
ここで・・・酒も一緒に飲むと効果的なのがわかる
しかしこれは完全にやってはいけないことで肝臓のスペックが悪くなり体調崩す

ここまでくればどんな人でも考え直すことでしょう。
今では酒は嗜む程度にして健康体を維持(でも飲んでいるのね^^;)
寝る前に飲まなくなったので睡眠状態がいい、というところに落ち着いてます。
一例なのでなんとも言えませんがお役に立てればと思います。

まずは回答ですが酒を飲むと余計寝られない、というのに一票です。

私の実体験です。
私は酒が好きなので毎日飲んでいました(特に寝る前・・・というか仕事が忙しかったので帰ってきたら風呂入って寝るだけに近かったので)。
 ある時酒を飲まない方が途中で起きないと言うことに気づきました。
実験好きなので自分で試してみました。
・酒を飲むと、3時間ぐらいで一旦起きてしまう。
・酒を飲まないときは起きることが少ない(朝までぐっすり)。
以上の傾向を発見しました^^;

しかし悪循環を続け...続きを読む

Q父の睡眠

最近、父(65歳)の睡眠時間が急に長くなりました。これまでは0時前に就寝、6時頃には起きていたのですが、近頃は21時台でもテレビを観ながら寝ており、22時頃に床につく事もあります。まあ、その分早く起きていれば別段何も感じないのですが、朝も7時を過ぎても、ぐっすり眠り込んでいます。仕事を辞めてからも、もう数年経っており、環境や生活習慣が変わったという事はありません。へたすると、起きたばかりの午前中でもテレビを観ながら寝ている時があるそうです。趣味の庭いじりをしている時は精力的なのですが・・・(笑)母は「認知症の予兆ではないか」とか、「脳の検査をした方が良いのではないか」と心配しております。どなたか、この様な経験がおありの方いらっしゃいましたら、ご助言をお願い致します。

Aベストアンサー

 65歳と睡眠時間だけで、認知症かどうかお考えになるのは、いかがなものかと考えます。そうは言っても、ご心配になるお気持ちは分かります。私の母も近い年代ですので。。
 
 一般的に認知症(脳血管性認知症)の危険因子として、高血圧症、動脈硬化症、高脂血症、心疾患、糖尿病、過度の飲酒・喫煙が挙げられます。これらを予防する事で、認知症を予防する事につながります。アルツハイマー型については、また別ですが・・・。
 
 いずれにせよ、ご心配と思いますので、お父様に「老後をゆっくり健康に過ごして欲しいから、定期的に検査をして下さい。検査して何もなければ、私も安心だし・・・。」という感じで話しをされ、MRI・CT検査を含めた検査をされてみてはいかがでしょう。

Q睡眠と鼻づまり

昔から寝ても寝てもすぐ眠たくなります。
10時間くらい睡眠を取った後でも昼寝をしてしまったりします。

疲れがちゃんと取れてスッキリする睡眠方法を教えてください。

ちなみに
昔からずっとどちらかの鼻がつまっていて鼻炎スプレーがないと鼻がづまって苦しくてたまらない状態がつづきます。
これを解消する事ができたら深い眠りについて
疲れも取れるでしょうか。

鼻づまり⇔口呼吸⇔呼吸がしにくい⇔ちゃんとした睡眠が取れない

のような関係はありますでしょうか・・・。

Aベストアンサー

>寝ても寝てもすぐ眠たくなり
>10時間くらい睡眠を取った後でも昼寝

それは、
毎日4~5時間しか寝なくてもすっきり元気な私から
すると
何らかの医学的な理由があるように思えます。
ご病気? と思っちゃいます。

>鼻がつまっていて
>苦しくてたまらない状態
>解消する事ができたら深い眠りについて
>疲れも取れるでしょうか。

はい、そう思います。
鼻づまりがひどくて口で呼吸をすると
取り込む酸素が鼻呼吸よりも少ないので
集中力も落ち、大脳の発達にも悪いそうです。

>鼻づまり⇔口呼吸⇔呼吸がしにくい⇔ちゃんとした睡眠が取れない
のような関係はありますでしょうか・・・。

おおいにあると思います。

無呼吸睡眠・・とかいうれっきとした病気もあったはずです。
以前、新幹線の運転手さんが
停まるべき駅で停まらない、という事故が
ありました。
調査の結果、運転手さんはその病気で
四六時中眠かったそうです。

病院へ行かれることをお勧めします。

Q身長 睡眠

外国人は睡眠はうつぶせ寝なんでしょうか?あと高身長のひとはうつぶせ寝仰向け寝どちらで寝ていたんでしょう 教えてください

Aベストアンサー

外国人でもうつ伏せ寝が多い訳じゃないですよ。
日本人も大差ないです。僕は180以上ありますけど、仰向けに寝てましたね。うつぶせ寝は殆どしませんでした☆


人気Q&Aランキング

おすすめ情報