出産前後の痔にはご注意!

ジェット機のエンジンの強さをよく『~万ポンドある』という言い方をしますが、感覚的によく分かりません。
これは、そのジェットエンジンを垂直に置けると仮定した場合、~万ポンドの重さのものを一瞬でも持ち上げられるという理解でよろしいのでしょうか。
また上記説明が間違っていたら、正しい説明をお教えください。また馬力とはどのような力なのでしょうか。
素人なので出来るだけ数式を使わないで、感覚的に分かるような説明を頂きたいです。

A 回答 (4件)

例えば、


推力が、10トンで、機体重量が10トンなら、
上昇できずに燃料だけを消費することになります。
このときの馬力は0馬力です。

推力が、20トンで、機体重量が10トンなら、
加速度 1G=9.8Nで上昇でき、パイロットには2G が掛かります。
このときの馬力は、速度に比例していて、
もし、
30m/s(約100km )なら、約 4000馬力になり
300m/s(約マッハ)なら、約40000馬力になります。

ロケットは、遅い速度の状態を短くするために、
10Gくらいで加速した方が高効率なのですが、
機器が壊れるので、5Gくらいに抑えています。
H2Aにブースターロケットが付いているのは、
初期は重い液体燃料も持ち上げないといけないからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細説明有難うございます。

お礼日時:2006/06/24 09:56

#1,2です。

たびたびすいません。最大速度というのは水平に飛んだ場合の最大速度です(厳密に言えば位置エネルギーが変らないように飛んでいる場合の最大速度です)
    • good
    • 0

#1です。

最大馬力=最大推力×最大速度 です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご説明有難うございます。

お礼日時:2006/06/24 09:57

推力の単位は力です。

したがって質問者さんの解釈でだいたいいいんじゃないですか? ポンドは質量の単位のはず
だからそれにかかる重力と思っていいはずです。
馬力の単位は力ではなく仕事率です。単位時間あたりどれだけ仕事するかです。日常のワットと同じ種類の量です。
だから最大推力と最高速度が分っていたとしたら最大馬力が分るということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご説明有難うございます。

お礼日時:2006/06/24 09:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qジェットエンジンの推力とはどんなこと?

B747-400のエンジン推力は25930kg×4と表記されていますが最大離陸重量が394トンの機体を押す、飛ばすには290トン足りないと考えるのはなんか変ですね。推力の単位には /cm2とかが省略されているのでしょうか。それとも別の考え方があるのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

 推力は“力”ですから、本来は質量の単位kgではなく、力の単位kgwとか、kgfと表示するところなのでしょうが、それをkgと表記しているだけではないでしょうか。

 もちろん、単位の次元としてはキログラム・メートル・毎秒・毎秒(ニュートン)ですが、kgで表したほうが直感的にわかりやすいと判断されたのかもしれません。

 また、推力は、前に進むための力であって、上に持ち上げる力(揚力)ではありません。前に進むことによって翼の近辺に空気の流れができ、揚力が発生します。ですから、一定以上の速さを保つことさえできれば、飛んでいることはできます。極端な例はグライダーで、推力がゼロでもちゃんと飛んでいますよね。

Q自動車はなぜジェットエンジンにしないの?

 航空機ではプロペラ機やヘリコプターもジェットエンジン(ターボプロップ及びターボシャフト)が主流ですが、自動車にジェットエンジンを利用しないのは何故なのでしょうか?(試作車ならあるのかもしれませんが、市販車は無いですよね)

 航空機部門のある三菱やスバルあたりが作ってもよさそうに思うのですが、大きさや、騒音などで技術的に難しいのでしょうか?

Aベストアンサー

>大きさや、騒音などで技術的に難しいのでしょうか?

『大きさ』は、ジェットエンジン全般にガソリンや軽油を燃料とするレシプロエンジンよりは小型軽量だと思います。
ヘリコプター用のターボシャフトエンジン(約550馬力)で重量わずか94kgというものもあり(フランス・チュルボメカ社TM3191M)、レシプロエンジンに比べ、小型・軽量・大出力のターボシャフトエンジンが実用化されたことで、ヘリコプターが民間でも使われるようになったわけですから。(それ以前は、ほとんどがレシプロエンジンを搭載した軍用ヘリ)

『騒音』も、ターボプロップやターボシャフトの構造から見て、直接燃焼ガスを後方に噴射して飛行するターボジェットやターボファンに比べれば、低減化は容易だと思います。若干の出力の低下を我慢すれば、所謂マフラーのような物を付けることも可能でしょう。(この点に関しては、ANo.#4の方以外は、ターボジェット・ターボファンとターボプロップ・ターボシャフトの構造の区別がついていないようです。)

やはり、一番の理由は『燃費』でしょう。

航空機用ターボプロップ/ターボシャフトエンジンの燃料消費量(50~100μg/J。一般的にターボシャフトの方が多い)から、大雑把に計算して、ターボプロップやターボシャフトを搭載した自動車の燃費は、良くても1km/リットルくらいになるのではないかと思います。
(1J=2.68452×10^6HPh、ジェット燃料の比重を0.8として、100馬力の出力で1時間走行すると、約20~40リットルを消費するという計算になります。)

ちなみに、一般的な自動車ではありませんが、アメリカ陸軍のM1A1戦車には、アブコライカミングAGT-1500C(1,500HP/3,000rpm、重量約1.1t)ターボシャフトエンジンが使われていますし、戦車のトランスミッションは普通乗用車以上に複雑ですから、作る気さえあれば作れるだけの技術は既にあるわけです。(軍用車両だから、燃費が悪くても(路上走行時250m/リットル)、許されるわけで、市販車で1km以下/リットルなんて到底許されない数字でしょう。)

>大きさや、騒音などで技術的に難しいのでしょうか?

『大きさ』は、ジェットエンジン全般にガソリンや軽油を燃料とするレシプロエンジンよりは小型軽量だと思います。
ヘリコプター用のターボシャフトエンジン(約550馬力)で重量わずか94kgというものもあり(フランス・チュルボメカ社TM3191M)、レシプロエンジンに比べ、小型・軽量・大出力のターボシャフトエンジンが実用化されたことで、ヘリコプターが民間でも使われるようになったわけですから。(それ以前は、ほとんどがレシプロエンジンを搭載した軍...続きを読む


人気Q&Aランキング