最近、友人に聞いたのですが、ときめきめもりあるメモリーカード事件に最高裁判決が下ったそうです。
 事件の概要はですね、プレステのメモリーカードの販売業者がですね、主人公の好感度だとがほぼ最高のデータが入ったメモリーカードを販売したというものです。それをロードすると、必ずお目当てのキャラ(例えば藤崎詩織)から告白されるというものです。
 それで、コナミは著作人格権の侵害などで訴えたというものです。一審はコナミ敗訴、2審はコナミ勝訴です。
 それで、販売業者が上告したものです。
 この、上告審が、何に載ってるか、どなたかしりませんか?例えば、判例時報か判例タイムズなど。民集に入ってればなおいいですね。多分、判例時報にあるとは思うのですが、何号かはわからないのです。ご存知の方がいらっしゃったら教えてください。
 なぜ、僕がこの判決に注目してるか、その理由はですね、なんでも個人レベルの私的改変は違法であるみたいな、理論構成してるらしいんですよ。それが民法709条の不法行為責任を形成してるっていう主旨らしいです。ホンマカ?
 これが本当でしたら、替え歌すら違法ですよね?
以上の点知ってる方は教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

最高裁判所の判例は最高裁のサイトに載っています。

とりあえず調べましたので参考URLを見てください。それからコナミにもページがありました。
コナミのページ
http://www.konami.co.jp/press/2001/02/013/r.13.0 …

以上のことは質問文を読んで検索した結果です。あえて法律論は語りません。(要は面倒なので読んでないんです。(^^ゞ)

では。

参考URL:http://courtdomino2.courts.go.jp/schanrei.nsf/VM …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

最高裁のホームページで調べれば良かったのですね。
私は、どうもこういうのは弱くて・・・
だから、ここで聞いたんですよ、テヘ。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/02/27 23:56

原審たる大阪高裁判決では、プレイヤーが同一性保持権の侵害主体としていますが、最高裁判決では同一性保持権の侵害主体については明言していません。


したがって、私的改変も同一性保持権侵害になるという結論は、この最高裁判決からは必ずしも導き出すことはできません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たしかに、明言はしてないですが、ただ理由付けが
そう読める気もするのですが…。
 感想どうもです。

お礼日時:2002/02/28 00:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qwinnyの作成者は一審と控訴審、それぞれ有罪か無罪かは異なっているに

winnyの作成者は一審と控訴審、それぞれ有罪か無罪かは異なっているにしても、両方「著作権法違反幇助」という犯罪で議論がなされています。

「幇助犯」以外での犯罪の成立は無理なのでしょうか。

無理だとしても、「このアプローチでなら○○犯、○○罪の成立は出来ないことはない。でもこの犯罪の成立にはこのような問題がある。」という意見があればお願いします。

winny事件に関しては「著作権法違反幇助」が妥当だと言われれば仕方がありません。
その点は重々承知してありますのでお願いします。

Aベストアンサー

どう考えても無理でしょう。

「プログラムを製作すること」「自作物をアップロードすること」
これらに違法性は一切ありませんから、幇助犯以外での立件は不可能です。


一審でも控訴審でも「プログラムを開発したこと」ではなく、
「著作権違反が数多く行われていると認識した中で最新版をアップロードしたこと」
が幇助にあたるかどうかという議論しかされていませんからね。

製作・配布に違法性を問えないのは確実ですから、幇助犯以外でのアプローチは無理です。

Q上告審で証拠を提出してもよいのか?

よろしくお願いします。

上告の場では、2審の判決について「法律問題だけを審理する」というのはわかったのですが・・・。ここで質問があります。

法律問題ではなく事実問題を左右するような「新証拠」が見つかったとしても、提出することは出来ないのでしょうか?仮に提出そのものは出来ても、事実認定が翻ることはないのでしょうか?

Aベストアンサー

 上告審では証拠は出せません。事実を左右するような新証拠が見つかったとしても,同様です。訴訟で認められる事実は,事実審の,すなわち控訴審の口頭弁論終結時における証拠と主張によって認定されるというのが,訴訟の大原則であり,これを揺るがすことはできません。

 ただし,上告審で破棄差戻されたあとの,差戻審では,新たな証拠を出すことができます。

 それと,上告審の審理については,民事訴訟と刑事訴訟では少し違いがあります。民事訴訟では,新証拠があっても基本的に無視されます。それは,民事訴訟法の上告受理申立理由(318条)や,再審事由(338条)からも分かることです。民事訴訟で事実問題で原判決が破棄されるのは,いわゆる経験則違背,すなわち,その証拠と主張からはそのような事実を認定することはおよそ不合理である,という場合(これは,事実認定の違法ではなく法令違背とされます。)に限られますし,加えて,現行民事訴訟法では,それが「法令の解釈に関する重要な事項」であると認められなければならないとされていますので,仮に新証拠があったとしても,事実認定を理由に破棄されることは大変難しいといえます。

 しかし,刑事訴訟では,上告審の職権破棄事由に「判決に影響を及ぼすべき重大な事実の誤認」があり(411条),いわゆる「新証拠」が再審事由とされていること(435条)からして,そのような上告審の職権発動を求める理由として,新証拠の存在を主張することは可能だ(証拠調べをしてもらえるわけではないが,考慮してもらえる。)と考えられます。そういう点で,理屈の上での話ではありますが,刑事訴訟の方が,上告審裁判所に,新証拠に振り向いてもらえる可能性が若干なりとも高いということができます。

 上告審では証拠は出せません。事実を左右するような新証拠が見つかったとしても,同様です。訴訟で認められる事実は,事実審の,すなわち控訴審の口頭弁論終結時における証拠と主張によって認定されるというのが,訴訟の大原則であり,これを揺るがすことはできません。

 ただし,上告審で破棄差戻されたあとの,差戻審では,新たな証拠を出すことができます。

 それと,上告審の審理については,民事訴訟と刑事訴訟では少し違いがあります。民事訴訟では,新証拠があっても基本的に無視されます。それ...続きを読む

Q最高裁決定「本件上告審として受理しない」とは?

最高裁判所の決定主文によく、
(1)「本件上告を棄却する」
(2)「本件を上告審として受理しない」という言葉を見ます。
この2つの言葉が入っている主文と、
(2)の「本件上告審として受理しない」という項目だけの主文の違いを素人の私にご教授下さい。

Aベストアンサー

#6,7です。

>決定の理由は至って簡単なものでした。
(以下略)

一言で言えばそうです。上告棄却および上告受理申立てを受理しない場合の典型的(と言うよりも定型的)な理由の書き方です。

Q高裁ー上告審の宛先

高裁で上告審をする場合、上告状の宛先は、高裁でしょうか?最高裁でしょうか?

Aベストアンサー

高裁が上告審の場合は最高裁判所を宛名として、判決をした高裁に提出します。

Q判例タイムズ・法律時報をインターネット上でみれますか?

教えていただきたことがあります。
判例タイムズ、法律時報の中の判例をインターネット上でみれますか?
法科大学院に行っており、TKCというシステムにも入っているのですが、なさそうです。
図書館でコピーしても良いのですが、図書館が開いていないときがあるので、
インターネット上でみれるかお聞きしたいのです。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

残念ながら、無料のインターネット上のものは知らないのですが、

大学によってはDVDを購入しているところがあります。
それも図書館でしかみれないかも知れませんが、
自習室で見ることができないか、一応確認してください。

図書館の開いている時に資料を集めるというのも、実務では必要な能力の一つです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報