私は高校2年生です。
将来の夢はピアノ調律師になることで、調律師養成の専門学校でも最も
優れたヤマハピアノテクニカルアカデミーにぜひ入学したいと強く考えています。
しかし、アカデミーへ入るための試験の情報も乏しく調べるにもなかなか困難な
状態でした。
過去問はあるのか、どのような程度の試験内容なのか、
ヤマハピアノテクニカルアカデミーについて、知っていることがあれば
どんなことでもよいのでどうぞ教えてください!
よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

akane-kさん、はじめまして。


調律師志望なのですね。

はっきり「ヤマハピアノテクニカルアカデミー」と書かれてありますね。
メーカー系の調律師養成所を出ると、特約店に調律師として就職する際に有利ですが、調律だけではなく、販売もしなければならないことだけは覚悟してください。
場合によっては、調律師にもノルマが課せられることもあります。
(その実話へのリンク:http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Miyuki/8465 …

また、調律師になるためには、身長が低すぎないこと、オクターブが届くことなど、ちょっとした条件もあります。
ヤマハピアノテクニカルアカデミーの募集要項は、夏ごろヤマハのホームページへ掲載されます。参考URLには、カワイの調律師養成所へのリンクを貼っておきます。おそらく内容はヤマハも大きく変わらないと思います。

わが家へ来てくださる調律師さんもとても素敵な方であこがれます。
しかし、調律だけで生活を安定させられる時代ではなくなっていることも事実です。状況は厳しいですが、ぜひがんばってください。

参考URL:http://www.kawai.co.jp/sc/tcenter.html
    • good
    • 1

akane-kさま。


はじめまして。
私はアカデミーを卒業して調律師をしている者です。
試験等の情報は、募集要項を参照していただけると
お分かりいただけると思います。
(アカデミーに電話すると送ってもらえます)
過去問は出ていません。
試験自体はそんなに難しいものではありません。
高校で習う事位でしょうか。
試験はそんなに問題は無いと思いますが、なにぶん
募集人数が年々少なくなっているので、倍率は高いと
思います(全国から志願者がみえるので)。
いつかお仕事が御一緒出来ます様楽しみにしています。
又何かあれば書きこんで下さい。
出来る限りお答えできればと思っています。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q楽器リペアマンになるには 専門か大学か?

高校三年生(吹奏楽部員)の者です。

自分は中学の時から管楽器リペアマンを夢見ていて、現在の憧れでもあるのですが、
進路の事で親ともめています。

自分は学校に来ていた修理屋さんの経験や部活の顧問との話などから
中部楽器技術専門学校を希望しているのですが、親には
・就職してからの給料や昇進が心配
・他の仕事をしたくなったときに不利になる
・場所が遠い(自分は神奈川に住んでいます)
等の問題で専門ではなく4年制の大学を希望しています。

仕事がきつくても給料が安くても自分はリペアの仕事を続ける自信はあるし、
修理屋みたいなサービス業に学歴が必要なのか疑問に感じ、専門学校を選んだのですが、
本当に大学に行かなくていいのか答えが見つかりません。

そこで皆さまの知恵を借りたいのですが
具体的に管楽器リペアマンになるには専門か大学か、大学と専門では収入や雇用でどのくらい差が開くのか、それともあまり変わらないのか経験その他教えていただきたいです。

親にはかなりわがまま言っています
でも自分としては可能性のある方に行きたいと思っています。

ヤマハやその他は考えていません。

もう7月なので早く結論を出したいと思っています。
よろしくお願いします。

高校三年生(吹奏楽部員)の者です。

自分は中学の時から管楽器リペアマンを夢見ていて、現在の憧れでもあるのですが、
進路の事で親ともめています。

自分は学校に来ていた修理屋さんの経験や部活の顧問との話などから
中部楽器技術専門学校を希望しているのですが、親には
・就職してからの給料や昇進が心配
・他の仕事をしたくなったときに不利になる
・場所が遠い(自分は神奈川に住んでいます)
等の問題で専門ではなく4年制の大学を希望しています。

仕事がきつくても給料が安くても自分はリペアの仕事を...続きを読む

Aベストアンサー

この手の業界にいる知人からよく聞いている話の範囲ですので又聞きですが、
そのまま正直にお伝え致しますね。


(管楽器に限らず)楽器リペアマンのお仕事は、どれも相当きつい。
労働時間が長い、公休日が少ない、見習い期間が長い、孤独な作業。
勤務先は小さな会社や楽器店などが多くなる為、リペア以外の細々としたあらゆる種類の仕事もリペアと並行してこなさなくてはならない場合が殆どである。

大学か専門学校かといえば、リペアマンでの専門学校では修理の仕方の基礎や楽器についての正しい情報をみっちりと叩き込めるので、学校卒業後にリペアマンの仕事に就いた時に役立つことが、大学よりかは(少しは)多い。

しかし、実際には学校を出てすぐにいきなりリペアマンとして成り立つ充実度の仕事が出来る人は皆無なので、どこを出てリペアマンとして就職しても、最初の数年間は見習いとしての勤務になる。(見習い期間は、だいたい数年間くらい。期間の長さは、その人がどれだけ出来るようになるかによるため、個々に異なる。)恐らくは、大学出でもリペアマン専門学校出でも、給与は同じ。見習い期間中は、とても食べて行ける金額の給与ではない。(僅かながらでも給与を頂けて、実地体験で技術とノウハウを学ばせて頂いているのだから、ラッキーというのが見習い期間、なのだそうです。)

ちなみに知人の見て来た見習いの人達のうち一年以上、継続して残ってその先の段階へ行く人は10人に1人くらいの割合だそうです。専門学校にいる間に研修的にリペアマン見習い体験を何度か出来るようですが、それが余りにきついので、専門学校を出てもリペアマンを希望する人が僅かになるのだとか。

業界としては人材を欲しがっているようですが、実際に希望者が少ない。
そしてその僅かな希望者も、リペアマン見習いとして就職後、余りのきつさに途中でやめてしまう人が多い。
大体、リペアマンとして仕事をし始めてから約10年目くらいから、プロとして使いものになる完成度で仕事が出来るようになる人が多いそうです。


が、まだお若いのですし、余り悩まず、やりたいことに挑戦してみれば、良いと思います。
トライしないで後で後悔するよりは、トライした方がいいです。

自分がそのことを本当に好きで、それが天と地がひっくりかえろうと、絶対に揺るぎないものであれば、
どんな困難でも乗り越えられるものだと思います。

がんばってくださいね☆

この手の業界にいる知人からよく聞いている話の範囲ですので又聞きですが、
そのまま正直にお伝え致しますね。


(管楽器に限らず)楽器リペアマンのお仕事は、どれも相当きつい。
労働時間が長い、公休日が少ない、見習い期間が長い、孤独な作業。
勤務先は小さな会社や楽器店などが多くなる為、リペア以外の細々としたあらゆる種類の仕事もリペアと並行してこなさなくてはならない場合が殆どである。

大学か専門学校かといえば、リペアマンでの専門学校では修理の仕方の基礎や楽器についての正しい情報をみっ...続きを読む

Qヤマハピアノテクニカルアカデミー入試について

ヤマハピアノテクニカルアカデミーの入試の試験に英語、数学、一般常識(含楽典)、音感テスト(ピアノによる高低和音判別他)、適性検査、作文、面接。とありますが
(1)英語、数学はどのくらいできたらよいですか?テストの内容は難しいのでしょうか?
(2)一般常識はどのようなないようですか?楽典はどのくらいできたらよいですか?
(3)音感テストは難しいですか?
(4)適性検査はなにをするのですか?
(5)作文はどのような内容ですか?
わからないことばかりです…。
教えてください!!!お願いします

Aベストアンサー

数年前のお話ですが…

(1)英語、数学は個人差があるので一概には言えないのですが、高校までの授業がちゃんと理解できていれば、問題はないいと思います。数学は数IIBまでやっていれば大丈夫だと思います。

(2)一般常識は就職試験用の問題集とよく似た感じでしたよ。楽典は…中学の音楽の内容が理解できていれば大丈夫な程度だったと思います。

(3)これも個人差があるので一概には言えませんが、簡単な内容だったと思います。

(4)すみません…これは覚えていません。

(5)作文は、私たちの時は、『なぜ調律師になりたいのか~』っていう題だったと思います。たぶん、毎年変わるんだと思いますが…。

あまり参考にならなかったかもしれませんが、頑張ってくださいね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報