お尋ねいたします。
医療費控除で、保険金などで補填される金額を書かなかった場合
どうなるのでしょうか?
医療費控除のことを知らなくて、入院給付金の明細を捨ててしまい
銀行振り込みになった通帳も繰越したので捨ててしまいました。
こういう場合、やはり生命保険会社に再発行してもらうべきでしょうか?
書かなかった場合、罰金等あるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 医療費控除の申告の際には、全ての役所や税務署が実施しているかどうかはわかりませんが、領収書を提示した段階で、高額療養費の該当の有無、出産育児一時金の30万円の支給、障害者の方であれば自己負担額が非常に少なくなること、加入している健康保険の種類によっては月額負担上限が、1万円とか2万円になっていること、さらに生命保険料控除で控除を申告していれば、加入している生命保険からの給付の有無を、担当者が確認をします。

したがって、加入している保険からの給付金を受け取っている場合には、再度保険会社に確認をして、差し引いた額を申告すべきでしょう。
    • good
    • 2

入院給付金などを支払った場合、保険会社から税務署に 資料を提出する場合がありますから、分ってしまうことが有ります。



その場合は、当然、過剰に還付された額を返却し、延滞金も取られることになります。

保険会社に問い合わせれば、給付金の額は分りますから、正しい申告をしましょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速、回答していただきありがとうございました。

ちょっとの金額で延滞金とかとられるくらいならきちんと
しておくべきですね。

当然のことをお聞きしてすみませんでした。

お礼日時:2002/02/25 17:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確定申告と医療費控除の関係について

少し複雑な質問ですがよろしくお願いします。
サラリーマンです。
両親と妻・子供一人を扶養しており、毎年医療費が15万円くらいなっています。
1昨年は、給与以外の収入があったため確定申告を行い、合わせて医療費控除の申請を行いました。
昨年は、給与だけの収入です。
今年、給与以外の雑収入があるため来年確定申告が必要と担当から説明がありました。
このため、今年の医療費控除の申請を行わず、来年の確定申告に合わせて、確定申告は17年、医療費控除の申請は16年分と17年分(約30万円)を一緒に申請できるでしょうか?

Aベストアンサー

確定申告も医療費控除も確年ごとの申告となっています。

従って、16年の医療費控除は16年分の確定申告で、17年分の医療費は1年7分の確定申告で控除を受ける事となります。

又、確定申告は、一度も確定申告をしていない年について、還付のための確定申告をする場合は、5年間まで遡ることが可能です。

従って、来年に、17年と16年分について、それぞれ医療費控除の為に確定申告をすることは可能です。

なお、給与所得者の場合、給与以外の所得が20万円以下の場合は、申告をする必要がありません。
ただし、医療費控除などのために確定申告をする場合は、20万円以下の給与以外の所得も申告をする必要があります。

20万円以下の所得を申告して所得税が増えるのと、医療費控除で所得税が減る金額を比較して、確定申告をするかどうか判断しましょう。

Q医療費控除の保険金などの補填額について

医療費控除の計算で「保険金などで補填される金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引く」とありますが、この「給付の目的となった医療費」の範囲について教えてください。

例えば、有る病気になり
1)A医院(通院) 1万円
2)B病院(通院) 5万円
3)B病院(入院) 30万円
4)さらに別の病気で 10万円
合計46万円の医療費を支払い、一方、3)に対し
a)高額療養費  10万円
b)生命保険入院給付金 40万円
合計50万円の補填を受けたとします。

この場合「給付の目的となった医療費」は以下のどの場合となるのでしょうか?
・3)のみ >>>医療費控除額1)+2)+4)-10=6万円
・2)+3) >>>医療費控除額1)+4)-10=1万円
・1)+2)+3)>>>医療費控除額4)-10=ゼロ

Aベストアンサー

国税庁の「医療費控除を受けられる方へ」というパンフレットによると(2ページ目(4)の下※印)
 
保険金などで補てんされる金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きますので、引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費からは差し引きません。

となっていますので、3)からのみ差引けば良いのではないでしょうか。

参考URL:http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2007/pdf/04.pdf

Q医療費控除・確定申告について

医療費控除・確定申告についてです。
現在、夫が1~7月までアルバイト、8月から派遣社員で就職しました。私は出産のため8月まで働いて退職しました。
出産にかかった費用から出産一時金を差し引いて13万円ほどの医療費を使いました。来年の確定申告時に医療費控除を申請しようと思うのですが、次のことが心配です。
1.夫の1~7月までのアルバイト分は毎月2~3万円くらいですが確定申告の必要はあるのでしょうか?
2.医療費控除申請は夫と私の所得を足したものから計算されるのでしょうか?もし片方だけの所得で申請できるならどちらをしたほうがいいのでしょうか?
3.私は確定申告したほうが良いのでしょうか?
4.どこで確定申告をおこなえばいいのでしょうか?税務署だけですか?

また、昨年度の医療費控除はもうできないのでしょうか?

Aベストアンサー

アルバイトにせよ、正社員にせよ、1月~12月の所得が103万円(所得控除65万円・基礎控除38万円)以上になると確定申告をする必要があります。
医療費控除は、同居家族全員分の医療費を、家族の中で一番所得の多い方で申告すると還元率がよいです。
医療費控除は、納めた(算出した)税額の中から控除されるので、控除される以上の税額が出ないと、まったく意味がありません。
税金は、個々別々ですので、夫婦の所得を合算することはありません。
申告は、確定申告の時期(2月16日~3月15日)ですと、近くの公民館や市役所、公の場所などへ税務署員の方が出張してきてくださいます。
国税庁のHPから、申告書を作成しプリントアウトし、必要なもの(源泉徴収票・領収書など)を添付や同封をして税務署へ郵送すればご自分でご家庭ですませることができます。この場合、納税は郵便局や銀行へ行って、窓口にある納付書に記入して納めればよいのです。医療費の還付などは、後日銀行口座などへ入金されます。
税金は、時効が5年ですからそれまで遡って申告や還付を受けることができます。

Q医療費控除と医療保険費の控除をする場合。

一般企業でフルタイムで働いてるものです。

今年、医療費が10万円を越えるため、確定申告を来年しようと思っています。そこで、質問なのですが、医療費控除のために確定申告をする場合、医療保険(年間4万ちょい)の控除も確定申告時に行う必要があるのでしょうか?
それとも、医療保険分に関しては、「給与所得者の保険料控除申告書」で年末調整してしまうほうが良いのでしょうか?

確定申告するのが初めてで、無知で申し訳ありません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

いつものとおりに年末調整をしてもらって、源泉徴収票を会社からもらって、確定申告します。

Q給与所得の確定申告と過去の医療費控除申請を同時にできますか?

給与所得の確定申告と過去の医療費控除申請を同時にできますか?
年度途中で退職したため、確定申告をします。3年前の医療費控除も一緒にしたいのですが、
項目には、”21年度中に支払った医療費”とあります。
過去5年間遡って申請できると思うのですが、この場合の医療費控除はどうすればいいのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>給与所得の確定申告と過去の医療費控除申請を同時にできますか…

同時にって、一緒に持参したり一緒の封筒に入れて送っても良いかという意味ですか。
それならかまいません。

しかし、申告書自体は各年ごとに作成しなければなりませんよ。

>項目には、”21年度中に支払った医療費”とあります…

「21年度中」なんて書いてないでしょう。
個人の税金は「年度」(4/1~3/31) ではありません。
いずれにしても、「21年分」の申告に含められるのは、21年中に支払った医療費だけです。

>過去5年間遡って申請できると思うのですが、この場合の医療費…

各年ごとに支払った額が 10万円を超えるなら、それぞれその年の給与などと一緒にして申告。
5年分を集めたら 10万円を超えるなんてのはだめですよ。

Q医療費控除と高額医療費について

昨年子供の歯科矯正でお金がかかり高額医療費の支給を受けるつもりが
知識がなかった為 勘違いをし確定申告の時に医療費控除の申請をしました。ほんの少しの支給は受けられたのですが・・・・
私がしたかったのは高額医療費の方で・・・;
二年前のものなら高額医療費の支給は受けられると聞いたのですが
確定申告に領収書など全部提出してしまったので
手元にはなく 高額医療費の申請が出来ません・・
医療費控除に使った領収書などは返してもらえませんよね?
どうしようもないですか???

Aベストアンサー

所得税の確定申告の際の医療費控除については、領収書は、添付又は提示が要件となっていますので、必ず提出してしまわなければならないものではありませんので、返却は可能と思います。
ただ、いったん提出を受けて、署内で保存してしまっているものですので、すんなり返却してくれるかどうかはわかりませんが。
もちろん、高額療養費の入金があれば、医療費控除の対象額から控除しなければなりませんので、修正申告も必要となってきます。
(それでも追徴税額より、高額療養費の入金の方が大きいとは思いますが)

ただ、そもそも健康保険の高額療養費の対象となるのは、あくまでも保険診療が適用されるものに限られ、保険外のものは対象外ですので、歯列矯正の場合は、保険外のケースが多いと思われますので、まずは、それを確認されてから検討されるべきでは、と思います。

Q確定申告に医療費控除を忘れました  どうすれば?

22年分の確定申告書をすでに提出してしまったんですが、22年初に手術して30万円弱出費していたことをうっかり忘れていたので、医療費控除を申告しないで出してしまいました。
この場合、当該医療費控除を受けるには3/15までに確定申告をやり直さないといけないのでしょうか、あるいは23年分の確定申告時に22年分医療費控除として申告できるのでしょうか(何年間か繰り延べできるとか聞いたことがあるようなので)。

もし、確定申告をやり直さないといけないとなると、すでに提出(郵送)した確定申告書を取り戻さないといけないでしょうか? それとも、事情説明(修正理由)を付記した新申告書を郵送すればいいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>当該医療費控除を受けるには3/15までに確定申告をやり直さないといけない…

3/16 以降でもかまいませんが、書く書類が違ってきて面倒です。
3/15 までなら、同じ確定申告を何回でも出せ、最後に出したものが有効となります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026_qa.htm#q1

3/16 以降になると、「更正の請求」に変わります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm

>23年分の確定申告時に22年分医療費控除として申告…

それはだめだめ。

>すでに提出(郵送)した確定申告書を取り戻さないと…

そのまま。

>事情説明(修正理由)を付記した新申告書を郵送…

そういうことです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q一時帰国中にうけた医療費の医療費控除

現在海外勤務中のものです(すでに5年以上日本を離れています)。昨年に妻が一時帰国中に受けたインプラント治療について、確定申告にて医療費控除を受けることは可能でしょうか。可能な場合は方法も教えていただけますと助かります。

Aベストアンサー

非居住者は、国内源泉所得のみに課税されます。

非居住者は、基礎控除、雑損控除、寄付金控除のみ所得控除されます。

したがって、医療費控除は適用されません。

居住者として申告する国の制度に従って下さい。

Q確定申告と医療費控除について

確定申告ですが、パート収入で確定申告します。
主人はサラリーマンなので、年末調整を受けていますが、
医療費控除の申告をします。
この場合、私の確定申告に医療費控除を入れてもいいのでしょうか?
それとも、主人の名前で医療費控除を申告して、別々の申告をしなくてはいけないのでしょうか?

宜しくお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

医療費控除は、生計を一にする家族なら、どちらで申告してもかまいません。
考え方として、税率の高いほうで申告する方が、世帯全体での納税額は少なくなります。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/2260.htm

Q自費の医療費も医療費控除の対象になりますか

色々調べてみたのですが、自分ではわからなかったので教えてください。

生まれたばかりの娘が主人の社会保険に入る前に病気をして自費で病院にかかりました。
里帰り出産だったため、その後の手続きができなく、結局自費でかかった領収書が手元にあります。
出産費用も含め昨年は高額医療だったため医療費控除の申請をしようと思っているのですが、この自費でかかった分も含めて申請できるのでしょうか。

是非わかる方、経験のある方、教えてください。お願いいたします。

Aベストアンサー

結果的に、自費でかかったものであっても、治療の対価として支払われたものであれば、医療費控除の対象となります。

ただ、自費で診療された分について、今からでも保険適用して保険負担分が戻るのであれば、そちらの手続きが先決と思います。
確定申告で戻る還付金より多いのは確実ですから。
もしも、それによって入金が見込まれる場合には、それを支払った医療費から控除する必要があるものとは思います。
(そうでなく、戻る可能性がない場合や、取り戻す意思も全くないのであれば、その自費分の医療費は医療費控除の対象になるものと思います。)

仮に、自費分で申告された後に、保険適用されて入金があった場合には、修正申告すべき事となります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報