利用規約の変更について

蓮の茎には八つの穴が空いているとの文を読みましたが、茎の中に八本の管があるということでしょうか?
蓮の根(レンコン)の穴の数、蓮の実の数と関係ありますか?

A 回答 (2件)

ハスの茎がどこをさすのか分かりませんが…



ハスの茎とは,蓮根のことです。蓮根は中央に穴があり,その周りを9個の穴が囲みます。ですから合計10個の穴があるのが普通です。

茎が葉柄(葉の下の茎)をさすのでしたら,蓮根より1個か2個少ないものが多いようです。ですから8個~9個の穴があります。

これらの穴は,葉が光合成しました際に放出される酸素を蓮根や根に送るためのものです。また,ハスは,その実が蜂の巣に似ていることから→蜂巣(ハチス)→蓮(ハチス)→蓮(ハス)と呼ばれるようになりました。

○茎の断面の写真があります。
http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

天、水、地をつなぐ茎は空気お送る管が8本有ることから、アジアではめでたいものとして、、、の文章でしたが、葉柄のことですね。ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/03 21:20

面白い疑問なので、つい調べてしまいました。



蓮根(レンコン)の穴の数は必ずしも8つではないようです。
生物学的表現なら「個体差」ではないでしょうか?

食材事典 - れんこん(蓮根)はす
http://www2.odn.ne.jp/shokuzai/Renkon.htm

また同様に、レンコンの穴の数と蓮の実の数との間に相関関係はなさそうです。

フォト@篠山投稿編
http://www.city.sasayama.hyogo.jp/photo/ph040913 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。写真も参考になりました。

お礼日時:2006/07/03 21:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハスの茎

ベトナム系スーパーでハスの茎らしき野菜を買ってきました。これって本当にハスの茎なのでしょうか?パッケージには「open plu」と書いてありましたが、何のことなのかわかりません。

外側は鮮やかな緑で、白くて小さな穴のいっぱい開いた果肉(?)です。ハスの茎で検索してみましたが、決定的な画像が見つけられませんでした。ハスの茎のサラダなんかもあるそうですが、これ、生で食べられるのでしょうか。

Aベストアンサー

http://www.chisan-chisho.com/shokuzai/nosan/n031.html

こちらの画像のようなものでしょうか?
もしそうであれば「リュウキュウ」「ハスイモ」ですね。
(ズイキは里芋の茎の乾燥したもので別物です)

リュウキュウであれば、皮をすーっとひっぱると剥がせるので、皮を除いた後、薄くそぎ切りにして塩を振り、しんなりしたら水にさらしてしぼり、酢の物にして食べたりサラダにしたり。
煮物にするときはそのままそぎ切りにして入れます。
お味噌汁の実に使うこともあります。
http://www.kochinews.co.jp/tosaumai/tosaumai04.htm
人によっては、皮をむくときに手が痒くなる人もいるようですね。

Q植物の蓮の基礎知識、レンコンとの関係など

蓮の一生、蓮とレンコンの関係について質問させていただきます。

花屋さんで売られている緑色の実ようなものや、それが乾いて茶色いドライフラワーのようになったものは、蓮のどの部分(実?根?花?)で、どの段階(季節)でできるものなのでしょうか?

緑色の方にはいくつもの丸い芽が付いているのに対し、ドライフラワーの方は芽のような部分は、すべて空洞になっています。これはどういうことなのでしょうか?

一方、レンコンは文字通り、蓮の根かと存じます。
そうしますと、水の中に手を入れて採取し、乾かしたものが、店に並んでいるものなのでしょうか?
レンコンが採取できるのは、蓮がどのような段階(季節)のときでしょうか?

ご存知の方、なにとぞご教授ください。

Aベストアンサー

温帯域(関東地方)における蓮の成長サイクルに則して回答いたします。

地下茎(蓮根)の状態で冬越しした蓮は4~5月に成長を開始,水上においては浮き葉を展開し,地下においてはランナー(細い地下茎)と細かいヒゲ根を伸ばします。

浮き葉の後に,水上に立ち上がる立ち葉が出て,開花は6月後半~8月後半です。
一本の花の寿命は約4日,花弁が散った後,中央部の花托が成長を始め,種が成熟します。

蓮根は,夏から秋にかけて地下茎の一部が栄養を蓄えて太ることでできます。
食用の“レンコン”は,太い蓮根が取れるように改良された特殊な品種なので,原種や観賞用の花蓮(はなはす)の蓮根はそれほど太くはなりません。

9月頃から枯葉が目立つようになり,冬は地上部は全て枯れ,夏の間に成長させた新しい地下茎で越冬します。1年前の地下茎はシワシワになって,もう使い物にはなりません。

>花屋さんで売られている緑色の実ようなものや、それが乾いて茶色いドライフラワーのようになったものは、蓮のどの部分(実?根?花?)で、どの段階(季節)でできるものなのでしょうか?

花の中央部で,花托(かたく)と呼ばれる部分です。
花が散った後に成長するので,季節としては花期である夏にできます。
この部分は蜂の巣に似ているのでハチスとも呼ばれ,このハチスがハスに変化して蓮という名称がついたと言われています。

>緑色の方にはいくつもの丸い芽が付いているのに対し、ドライフラワーの方は芽のような部分は、すべて空洞になっています。これはどういうことなのでしょうか?

緑色の丸いものは種なので,熟すると外れやすくなります。
ドライフラワーが空洞になっているというのは,種は種で利用価値があるので取り去ってしまったか,自然に落ちたのでしょう。
自分で蓮を栽培して花を咲かせれば,種付きのドライフラワーも作れます。

>一方、レンコンは文字通り、蓮の根かと存じます。

レンコンは正確には地下茎です。
いわゆる「根」はレンコンの節の部分から出ますが,これはヒゲ根などと呼ばれます。

>レンコンが採取できるのは、蓮がどのような段階(季節)のときでしょうか?

蓮根を太らせるには,夏の太陽の下で盛んに光合成を行う必要があります。従って蓮根を採取できるのは夏場以降ということになります。
ただし,栽培目的で蓮根を植え付けるのは春先なので,
夏場に蓮根を掘る=食べることを意味します。
鑑賞目的の容器栽培の場合,桜の開花を目安に株分けして,太っていて芽が良く付いている蓮根を2~3節,植え付けます。


http://chonanshokou.com/kaiin/hasu/hasu01.htm
http://www.ikiiki-zaidan.or.jp/kodaihasu/genzai.html
http://www.kosaiji.org/lotus/2002/index.htm

温帯域(関東地方)における蓮の成長サイクルに則して回答いたします。

地下茎(蓮根)の状態で冬越しした蓮は4~5月に成長を開始,水上においては浮き葉を展開し,地下においてはランナー(細い地下茎)と細かいヒゲ根を伸ばします。

浮き葉の後に,水上に立ち上がる立ち葉が出て,開花は6月後半~8月後半です。
一本の花の寿命は約4日,花弁が散った後,中央部の花托が成長を始め,種が成熟します。

蓮根は,夏から秋にかけて地下茎の一部が栄養を蓄えて太ることでできます。
食用の“レンコン”は,太...続きを読む

Q蓮の切花

こんにちは。
昨日、蓮の切花を購入しました。
花は、咲く前の蕾の状態です。
大きめの花瓶に蕾より5cmほど下まで水を入れた状態で差してます。
蕾はまだまだ開かない様子ですが、花びらが頻繁に落ちてきております。
お店の人のアドバイス通り、家に持ち帰った直後と今朝、ホースで直接茎の中へ水を入れてみたのですが、花びらがぱらぱらと落ち続けてます。
なんとなく、このまま咲かずに花びらが落ちて枯れてしまうような気がするのですが、切花はやはり難しいでしょうか?
それと、室内の窓際に置いているのですが、直射日光はあたらない方がよろしいのでしょうか?
同じように切花を購入された方で、咲いたという方いらっしゃいましたらアドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

成功を祈る。URL内一番下。


http://www.pupuramoss.com/log_200607.html

Q蓮の葉の違いは?

こんばんわ。
すごく素朴な疑問なのですが…。
池で水に浮いている蓮の葉と、水面からはえている(=茎の部分が見える)蓮の葉の違いは何ですか?
色が違う(水に浮いている蓮の葉のほうが濃い緑で、水面からはえているほうは黄緑)ような気がするのですが、そもそも違う植物だったりするのでしょうか??葉の種類が違うのでしょうか?
当方生物学にはまったく詳しくない(中学卒業レベルです)ので、ご存知の方はできるだけ簡単に教えてください。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

ハスには水面に浮く「浮き葉」と水面から立ち上がる「立ち葉」の2種類の葉を持ちます。まず「浮き葉」が出て,梅雨のちょうど今頃から「立ち葉」が出始めます。葉が開く時期が違うのです。ですから今頃は「立ち葉」の方が若葉ですので少し色が薄いと思います。秋になりますと「浮き葉」の方が早くから水面に出ていたわけですから退色は「立ち葉」より早く始まります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報