昨日、下記のダイレクトメールが e-mail で届きました。
[伏せ字]にしております。
---------------------- ここから ---------------------
差出人 : [A社] <[知らないアドレス]@[B社]>
宛先 : <[私のアドレス]>
送信日時 : 2002年 2月 25日 月曜日 13:35
件名 : 「1万円を切った [A社のあまり有名でないアプリケーションの入門版]発売!!」

 [A社] [有名なアプリケーションソフトの入門版]をご愛用の方へお得なお知らせです!

[中略]

※このご案内は[A社] [有名なアプリケーションソフトの入門版]のご登録の皆様に配信しています。
配信は[A社] が [B社] に委託し、行っております。

[後略]
---------------------- ここまで ---------------------
私は、[A社] の [有名なアプリケーションソフトの入門版] を購入し、オンラインでユーザー登録しており、メールが届いたのが、そのアドレスですので、「A社がB社にアドレスを教えているんだな。」と考え、【[A社]・アップグレードセンター】に、電話し、登録情報を社外に公開しないで欲しいとお願いしようとしました。
A社からは、調べた後、折り返し電話で
  「その様な委託を行っていない。びっくりしている。」
との、コメントが帰りました。

となると、B社は非合法な手段で、私のアドレスを入手していることになります。

さて、質問です。こういう情報が、第3者に抜けないようにしたいとき、気を付けなければいけないポイントを教えてください。
たとえば、オンライン登録などは、https:でも行わない方が良いのでしょうか?

私のメイン環境としては、マックですが、ウインドウズも含め一般論で教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ユーザー側で防御するのは限界があります。



たとえば、
本当にその「A社」がメールアドレスを漏らさなくても
そこの社員(もしくは関係者)が漏らす場合があります。
これは社員のモラルの問題なのでユーザー側では手の打ちようが
ありません。

やはり、フリーメールなどを使うことなどで防御する
しかないです。

私の場合は
プロバイダからの
メインメールアドレス
追加で取得したメールアドレス
フリーメール(複数)
で分けています。

友達などは追加で取得したメールアドレス
ほかはフリーメールを使います。

プロバイダのメインメールアドレスは誰にも知らせていないです。
追加取得アドレスはいざとなれば捨てることが出来ますが
メインメールアドレスは変更が出来ないためです。
おかげで今のところはプロバイダ以外からメールを受けたことは
ありません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報