Sn=8×(5/4)n  -8-20n の最小値を与える整数nを求めたいのです。

8かける 4分の5 のn乗 ひく 8 ひく 20n です。よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

Sn+1-Sn<0を解けば求まります。

もしかして元の問題には「ただしlog(10)2=0.3010とする」のような但し書きがありませんでいたか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうそう。これこれ!近頃,この分野から離れていたので,私の脳が錆付いています。
 今回は,有難うございました。
 ではまた。

お礼日時:2002/02/28 19:01

基本的には1の方と答えは一緒ですが、厳密にはS(n)をnで微分してS'(n)=0となるnについてS''(n)の値が正であるか負であるかを考察する必要があります。

S''(n)>0となるとき、そのnは極小値を取ります。
その極小値nが最小であるか否かは、nの左側と右側とで、それぞれ単調減少、単調増加しているかを別途調べる必要がありますが、それについてはまあいいでしょう。


以上、蛇足でした。
    • good
    • 0

xのy乗をx^yって書きます。

すると
S(n) = 8((5/4)^n)-8-20n (nは整数)
まず、
nの代わりに実数xを持ってきて
S(x) = 8((5/4)^x)-8-20x
にしてみる。(5/4)^xの部分は単調増加の指数関数であり、-20xの部分は単調減少の直線ですから、S(x)は極小を1個だけ持つのが分かります。
S(x)の最小値(極小値)を考えます。つまりxで微分して、これを0と置く。
∂S(x)/∂x = 8((5/4)^x)ln(5/4)-20
より
8((5/4)^x)ln(5/4)-20 = 0
ですから
x=ln(ln(5/4)/2)/ln(4/5)+1
これはもう電卓で計算しちゃうと、
x=10.828
ってわけで、この前後、つまりn=11かn=10っきゃないと分かります。
あとは電卓で、S(10)とS(11)のどっちが小さいか調べれば良い。
S(10)=-133.49
S(11)=-134.87
ってわけで、S(11)の勝ち。(<勝ち?)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q整数nにたいしf(n)=n^3 +5nは常に□の倍

整数nにたいしf(n)=n^3 +5nは常に□の倍数である

という問題で
一回目の場合わけはkを任意の整数とするときn=2k、n=2k+1として調べて
二回目でn=3k,3k±1,3k+2とおいて調べ、結果的に6の倍数であるというようは問題なのですが

二回目の場合わけの3k±1は3k+1でも大丈夫ですよね?
大丈夫だとは思うんですが自信があまりもてなくて…
解答宜しくお願いします

Aベストアンサー

3k±1とおくなら3k+2はいらない。
3k+1、3k+2とおくなら3k-1はいらない。

Qnを自然数とするとき、n^5/5+n^4/2+n^3/3-n/30が自然数であることを証明せよ。

高校数学の教科書の数列のところの一番最後の一番難しい章末問題で
nを自然数とするとき、n^5/5+n^4/2+n^3/3-n/30が自然数であることを証明せよ。
って問題なんですが、とりあえず数学的帰納法で解くんだろうけど全然解けそうにないです。
月曜日までにやってこないとやばいので、だれか助けてください!!

Aベストアンサー

因数分解すると
n(n+1)(2n+1)(3n^2+3n-1)/30
=n(n+1)(2n+1){3n(n+1)-1}/30
n、n+1のどちらかは必ず2の倍数

n,n+1のどちらも3の倍数でないのは
n=3k+1のときで(kは整数)
2n+1=6k+2+1=6k+3=3(2k+1)
なので、このとき、(2n+1)は3の倍数。
結局、n(n+1)(2n+1)は6の倍数になる。
また、
n=5k+m(kは整数、m=0,1,2,3,4)
とおけば
3n(n+1)-1=15k(5k+2m+1)+3m^2+3m-1
m=0のとき
n=5k
m=1のとき
3n(n+1)-1=15k(5k+3)+5
m=2のとき
2n+1=10n+4+1=5(2n+2)
m=3のとき
3n(n+1)-1=15k(5k+7)+35
m=4のとき
n+1=5k+4+1=5(k+1)
となり、必ず5の因数を含む。
したがって、
n(n+1)(2n+1){3n(n+1)-1}
は30の倍数となる。

Qn^2-20n+91が素数となる整数nの値・・・

すごく、基本的な問題だと思うのですが、考え方に疑問があります。

n^2-20n+91が素数となる整数nの値を求める問題です。

参考書の解説には、題式を因数分解して=(n-7)(n-13)とし、

Pが素数のとき、素因数分解したとき1×Pにしかならないので、

n-7又はn-13のどちらかが1ということで、

n-7=±1またはn-13=±1とおいています。

自分が分からないので、「±」です。素因数分解したとき1×Pにしかならないので、

n-7=1またはn-13=1とおいてしまいました。

なぜ、±1とおけるのかが分かりません。要は-1がどのようにして条件になるのかが理解

できていません。

そういうわけでございます。考え方の質問です。

Aベストアンサー

例えば、6は2でも割り切れるし、-2でも割り切れる。
P=1×Pでもあるし、P=(-1)×(-P)でもある。
そんだけのことです。

Q3/(n+2)(n+5)= 1/3 {<1/(n+2)>-<1/(n+5)>} ???

{1/(n+2)}-{1/(n+5)}=3/(n+2)(n+5)…(1)です。更に
1/3 {<1/(n+2)>-<1/(n+5)>}…(2)
にと変形できるそうです。
読んでいる本に、(1)の分子の3を1にする為に上の変形が紹介されていたのですが、

(1)と(2)は同じ数値、大きさになるのでしょうか? 
分子と分母で数字が同じでも、分子を1にして元々の数字で割ってしまっては(分母に元の数字を)、違う大きさになると思うのですが…
2/1と1/2は違いますし…

Aベストアンサー

A-B=3Cだから、C=(1/3)(A-B)だ、といっているのです。

1/(n+2)-1/(n+5)=3{1/(n+2)(n+5)}だから
1/(n+2)(n+5)=(1/3){1/(n+2)-1/(n+5)}になりますよということ。
(2)の方の式に等号がありませんが、左辺(あるいは右辺)に
くるべきものをいっしょに考えてください。

Q(n+2)!-n!を11^6で割り切れるnの最小値

(n+2)!-n!を11^6で割り切れるnの最小値を求めよ。

Aベストアンサー

>どうして速やかにn=35という答えを導き出す野がちょっとわからない。 33以上の自然数が多いですね

 (n+2)! - n! = (n^2 + 3n + 1)*(n!)

・左辺の第 1 因数 (n^2 + 3n + 1) が 11 の倍数になる n の分布
 n^2 + 3n + 1 = 11 の解は?
 n^2 + 3n - 10 = (n+5)(n-2) のゼロ点、つまり n = 2, -5 。
 各ゼロ点を 11 ずつ増やしていけば、やはり (n^2 + 3n + 1) が 11 の倍数になる。

 問題点は、11 の累乗の検出。簡便な方法が見つけられず、一々チェック。
 何かうまい手、ありませんか?

・左辺の第 2 因数 (n!) に含まれる素因数 11 の個数は、整数部分 (n/11)
 たとえば、n = 65 なら 整数部分 (65/11) = 5 。

-----------------------
66 未満の n 虱つぶし
 55 ≦ n で n^2 + 3n + 1 = 11 の倍数になる最小のもの = 57 / 11^1
 44 ≦ n で n^2 + 3n + 1 = 11 の倍数になる最小のもの = 46 / 11^1
 33 ≦ n で n^2 + 3n + 1 = 11 の倍数になる最小のもの = 35 / 11^3  Bingo !

  

>どうして速やかにn=35という答えを導き出す野がちょっとわからない。 33以上の自然数が多いですね

 (n+2)! - n! = (n^2 + 3n + 1)*(n!)

・左辺の第 1 因数 (n^2 + 3n + 1) が 11 の倍数になる n の分布
 n^2 + 3n + 1 = 11 の解は?
 n^2 + 3n - 10 = (n+5)(n-2) のゼロ点、つまり n = 2, -5 。
 各ゼロ点を 11 ずつ増やしていけば、やはり (n^2 + 3n + 1) が 11 の倍数になる。

 問題点は、11 の累乗の検出。簡便な方法が見つけられず、一々チェック。
 何かうまい手、ありませんか?

・左辺の第 2 ...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報