『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

経済開発区と経済解放区との違いは何なのでしょうか?

経済開発区の集まりが経済解放区なのでしょうか?

宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ちゃんと調べて書いているわけではありませんが、ざっとこんな感じになるかと思います。



経済開発区:日本でいう「工業団地」に相当。市レベルなどでハイテクパークなどそれほど規模の大きくないもので郊外一帯などのインフラを整備して工場などを誘致する形。北京では南東部にあるものとか、天津のタンクーあたりがこれらの例になると思います。

経済開放区(「解放」ではないです):正式には国が外資への開放条件のレベルごとに「経済特区」「開放区」その他に数段階区分して指定していますが、大雑把にまとめれば、深センや上海浦東など、都市全体が数々の外資優遇を行うなどして大規模に経済自由化が実施されている地域と考えればよいと思います。最近は国全体が市場経済化されていますので、あまり区別が感じられなくなっていますし、各都市が誘致合戦をして入り乱れている感があります。

大体こんな感じです。正確なものはJETROあたりに聞くとわかると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。大変参考になりました。

お礼日時:2006/07/21 08:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中国の経済開放政策とは?

中学生の地理で中国を勉強しているのですが、「世界の工場になった中国」と題して、そこでの話に1980年以降、シェンチェンなどを経済特区に、ティエンチンなどを沿海開放都市に指定・・・とあるのですが、これはその頃中国が行った経済開放政策の一部ということですか?

そもそも経済開放政策というものを調べてみているのですが、はっきり理解できません。
一体、経済開放政策というものはどのようなものだったのですか?
外国との貿易をしやすくするために、一部の地域を経済特区としてそこの地域は関税などの優遇処置をとるということですか?

経済開放政策とは。。。などと簡単に説明できないものなのでしょうか?

少し長くなってしまったので、
今回教えていただきたいことは、

(1)経済特区とは何か?

(2)対外経済開放政策とは何か?

ということです。

全く知識がないものですから、大変申し訳ない質問になってしまったかもしれません。
どうぞご存知の方ぜひご教授の程よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

中国の国内企業にいくら優遇措置をとっても、海外の技術やお金が入って来なければ、中国の企業は育たないし、中国にお金も落ちません。 よって非常に簡単に説明すれば、「対外経済開放政策」とは、海外の企業や資本が中国に入って来易いように、優遇税制を制定したりインフラを整えることで、「経済特区」とはそういった措置が取られた特別な地域のことです。 簡単すぎて済みません。 


人気Q&Aランキング