知り合いと話していて、首をかしげたことなんですが、
最近の小学校では、十を「じゅ」か「じぃ」と呼ばせるそうなんですが、ホントでしょうか。

私の小学校の頃は「じゅう」と習ったんですか。

指導要項が変更されたとしたら、文部省の何処が何を基準にして変更したのでしょうか?

A 回答 (4件)

学生時代に国語学の時間に習ったことのおぼろげな記憶です。


漢字の音読みで、「く、ふ、つ、ち、き」で終わる音は、あとに「か行・た行」の音がきたときに促音化(小さい「っ」で表記される音に変化)する傾向があります。各国(かっこく)、一体(いったい)、吉兆(きっちょう)、的確(てっかく)というふうに例はいくつも挙げられます(なんでこう変化するかというと、発音しやすいからだと思うのですが)。「は行」がくる場合には促音化した上で「は行」は「ぱ行」に変化します。
やっかいなのは「ふ」で終わる音をもつ漢字です。これらはすべて、現代かなづかいでは「う」に書き換えられました。「合」の「がふ」は「ごう」、「納」の「なふ」は「のう」というふうに。「合体」「納得」を「がったい」「なっとく」と読むのは、上記の原則に従った結果なのですが、「がふ」「なふ」という表記を捨てたため、同じ音からの派生には見えなくなってしまいました。結果として、常用漢字表では「合」には「ごう」「がっ」、「納」には「のう」「なっ」という2種類の音を登録しています。
さて、「十」ですが、これは歴史的かなづかいでは「じふ」です。「十戒」を「じっかい」と読むのは、「合体」を「がったい」と読むのと同じ理屈で、ごく原則的な音韻変化です(十回でも、十階でも同じ理屈のはずですが、今これを入力していて「十階」「十回」は「じゅっかい」でないと出てこないのには少々あきれました)。そして、「じゅう」と「じっ」が「十」の音として常用漢字表に登録されているのです。
ご質問の件ですが、「じゅう」が「か行」や「た行」(ここまで書いてきて「さ行」考え落としていました。「十歳」は「じっさい」です)につながる場合には「じゅっ」ではなくて「じっ」になる、という説明が(発音が悪くて?)誤解されて伝わったとしか私には思えません(前置きが長いわりに単純な結論で恐縮です)。「じゅ」や「じぃ」はどう考えてもありえないと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答していただきありがとうございました。
音韻の規則変化ですか'''。
日本語を二十何年使っていて初めて知りました。

(あまりの衝撃でなにも書くことが浮かびません)

お礼をするのが遅れて申し訳ありませんでした。

お礼日時:2001/02/02 11:35

kensakuさんのおっしゃるとおり、音便変化のことを考えて十を「じゅう」でなく「じゅ」とか「じぃ」とか読ませるのであれば、新たな疑問があります。



一匹は、「いちひき」というのでしょうか。やっぱり、「いっびき」だと思います。逆に今の小学校では「いちひき」とおしえているのでしょうか。

また「いちひき」「にひき」「さんひき」「しひき」と学習させているのでしょうか。
「匹」は、「ひき」で統一しているのでしょうか。「ぴき」「ひき」「びき」の区別をしていないのでしょうか。
また、四匹を「よんひき」とは読ませていないのでしょうか。非常に疑問がわいてきたのですが‥‥。

tukitosan でした。

この回答への補足

私の知り合いの娘さんのケースで、現在小学校にかよっているんです。
父親を介して間接的に聞いているので、情報の精度はそんなに高くないのかも知れません。
「じゅ」については私の勘違いかも知れませんが、「じぃ」については、そう教えると聞いています。

補足日時:2000/12/28 13:17
    • good
    • 0

十(拾)は通常はじゅうと読まれますが、下記のように


[じっ]と読まれるケースがあります。

kensakuさんが挙げられた例に加えて、
十戒(仏教、キリスト教用語)十界(天上界、地獄界など。仏教用語)十干(甲乙丙丁など等)

しかし[じゅ]の例は知りません。方言?教育現場の方の意見が欲しいですね。
    • good
    • 0

数の数え方として、「いち、にい・・・」でいくと「じゅう」ですし、「十」という漢字の読み方も「じゅう」です。

が、時間を表す「十分」の正しい読み方は「ジュップン」ではなく「ジップン」。十匹も「ジッピキ」となります。
なぜ? といわれると困るんですが・・・(^^;;
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ