川中島の戦いのように1対1なら誰が敵で誰が味方かに悩むことも無かったでしょう。が、関が原の戦いでは何十もの軍隊が戦っています。ある軍に属する兵隊は、自分の軍以外の兵隊に遭遇したときそれが敵か味方かどうやって識別したのでしょうか。もちろん旗指物は見ます。でもそれが井伊の軍なのか、大谷の軍なのか、福島の軍なのか、彼らは識別するだけの知識を持っていたのでしょうか。前の晩に必死になってこのデザインは誰それの軍のもの、と記憶(それこそ一夜漬け)したのでしょうか?さらに言えば、仮にこのデザインが島津軍のものだと分かっても、それが東軍か西軍かわかったのでしょか?寝返りもたくさん発生しています。一体関が原の戦いに参加した兵隊はどんな認識で行動を取っていたのでしょうか?

A 回答 (3件)

個々の兵隊は、「指揮官」の指示で戦いますから、(戦わずに退くこともふくめ)


隊長が「あれは○○軍である。○○軍は敵方である」という情報をもっていれば「つっこめ」という判断をするでしょう。指揮官の役目はそういうところにある。
(それによって、戦力的に武田軍に劣った織田軍が勝利したわけだから、その後の戦いがそういう方向で行なわれたのは自然でしょう)
開戦前に、誰々の軍はどこに配置、という軍議はされているだろうから、戦いの方針として「まず、○○軍にあたる。次に予想されるのは・・。身近な味方は・・」、という予備知識はあります。

関が原の戦いは、小早川が寝返って(徳川からみれば予定通り)2時間ぐらいで決着がついたそうだから、それぐらいの時間では敵味方が入り乱れるほどの混戦にはならなかったのではないでしょうか。
    • good
    • 0

同士討ちを避けるための目印を「合印(あいじるし)」というのですが、背旗、袖印、槍印のほか、具足、陣笠、胴中などにかなり目立つ印を雑兵にいたるまで付けて味方を識別したようです。


テレビなんかでは使い回しを考えてか、やってもせいぜい布を付けるくらいですね。わかりにくいことおびただしいですが、かえって乱戦の迫力が出ていいのかも。
敵・味方となる軍が複数の場合…やっぱり覚えたんでしょうねえ。全軍では何十もいても、局所的な戦闘ではそれほど複数が入り乱れないでしょうし、「××印は敵なり、○○印は味方なり」と周知してから戦闘に臨むのは、かなり重要でかつ常識的な仕事だったんじゃないでしょうか。
従って敵軍を寝返らせることは、単に戦力という以上に、敵軍勢に相当な混乱をもたらす大変効果的な戦法ですよね。関ヶ原みたいな寝返らせ合戦だと、どの軍も周囲の状況をみるのに相当神経をすり減らしていたことでしょう。現場レベルの認識はだから…臨機応変。味方以外は敵。襲ってくるのも敵。状況が掴めなければ撤退もやむなし。そんな感じじゃないかなー。
    • good
    • 1

旗もありますが、当時は合い言葉を使っていたようですよ。

「山」とか「川」とかですね。当時は足軽が発達していましたから、戦国初期のように「やあやあやあ」と名乗りを上げるのはあまりなかった(隊長級の武将はあったでしょうが)ようですしね。以上、あんまり自信ないですが・・・。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q関ヶ原の戦いでもし(IF)小早川秀秋が裏切らなかったらどうなってた

関ヶ原の戦いでもし(IF)小早川秀秋が裏切らなかったらどうなってた

小早川秀秋がもし東軍(家康側)に寝返らなかったら関ヶ原の戦いは西軍(石田三成側)の勝利となっていたのでしょうか。
小早川秀秋は家康から寝がいりを要求する手紙をもらっていたらしいのですが。
もし寝が入り、の決断をできなかった、もしくは家臣に反対されて西軍を裏切らす東軍と戦ってた場合

関ヶ原の戦いの結果はどうなっていたのでしょうか
あと裏切りという作戦を家康が立てていたのですが
裏切ってくれなかったとしたときのために
家康は何か策でも立てていたのでしょうか

皆様の考えをどうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 関ヶ原の戦いのポイントは、戦いの前に岐阜城が落とされたことにあります。ここで西軍の主力の一つの織田が全滅しました。そのとき西軍主力の宇喜多は、伊勢にいました。石田は、岐阜城の重要性に気がつかないで織田を見殺しにしています。その間、戦略をたてに大垣と佐和山を行ったり来たりしています。
 そうして濃尾平野の重要部分を徳川方に押さえられて
関ヶ原を迎えます。
 もひとつは、島津義弘の軍が、正規の部隊でないことだと思います。島津軍が、1万人くらいの戦力で司令官になって作戦指揮していたら家康も無謀な関ヶ原の野戦にでることはなかったでしょう。義弘の朝鮮の役の活躍や関ヶ原以後の対島津の扱いから見ても誰もが納得できるでしょう。
 後一つは、立花宗茂がいたらです。小早川を大津に残し立花を関ヶ原につれてきていたら、宇喜多と立花、島津と並んでいたら、西軍の勝ちになるでしょう。
 といっても、石田は、小早川に(関白)を約束していたので決戦場にいないわけにはいきませんね。結局これも実現の可能性はゼロです。
 ただ、一つ重要な点は、徳川軍本体は強かったかと言うことです。秀吉に対抗した当時までは、徳川は最強でした。でも、関ヶ原前の20年くらいは大きな戦争もなく人数はともかく経験不足でとても精強とは言えない武士団でした。もし、徳川本体が戦って強くないことがばれたら本当に大変なことになるところです。
 いろいろな書籍を読んでみてもホントにうまく進めた物です。家康という人物の戦略眼と組織作りは見事です。最終勝利者というのでしょうね。参考になります。

 関ヶ原の戦いのポイントは、戦いの前に岐阜城が落とされたことにあります。ここで西軍の主力の一つの織田が全滅しました。そのとき西軍主力の宇喜多は、伊勢にいました。石田は、岐阜城の重要性に気がつかないで織田を見殺しにしています。その間、戦略をたてに大垣と佐和山を行ったり来たりしています。
 そうして濃尾平野の重要部分を徳川方に押さえられて
関ヶ原を迎えます。
 もひとつは、島津義弘の軍が、正規の部隊でないことだと思います。島津軍が、1万人くらいの戦力で司令官になって作戦指揮し...続きを読む

Q川中島の戦いは

やっぱり引き分けですか?

でも個人的には謙信の勝ちな気がします…確かにお互い領地を獲得したりはできなかったけど
信玄は 弟の信繁と山本勘助を失いました

一方謙信は 足軽雑兵に死者は出しましたが 主だった武将は死なせていませんし…

あ ちなみに信玄と謙信の本陣での一騎打ちは後世の作り話です☆

Aベストアンサー

秀吉は、前半は謙信の勝ち!!後半は信玄の勝ち!!

と言っていますが、長篠の合戦の敗因は
川中島の傷がまだ癒えてなかった
要するに、戦闘できる状態の者が少なかった・・とも言われているので
たしかに信玄の負けにも思えますね~
う~んロマン・・と結果を出すのを逃げみる・・

ちなみに、信玄VS謙信は当時の文献で
信玄側は【あれは謙信!切られたのは影武者!】といい
謙信側は【切り込んだのは影武者!!切られたのは信玄!!】と言っているので
まあ・・謙信さんの気性から(-Д-)あんた切り込んだのとちゃうん?
と思う時もあります、大将が切り込むのは恥ですので謙信側の影武者発言が微妙に気になります

Q戦国無双2の石田三成シナリオ関ヶ原の戦い

今更ですが戦国無双2をやっています。
石田三成シナリオの最後、関ヶ原の戦いにて難易度をどれ選んでも
開始早々に毛利が裏切り、続いて小早川も裏切ってしまいます。
士気が関わるのかと、東軍の砲台を占拠したりしましたがそれでも裏切ってしまいます。
クリア自体は出来たのですが、どうにか裏切りを発生させずにクリアしたいんです。
何か良い方法ありますか?

Aベストアンサー

毛利に関してはどうあがいても裏切りますよ。
あとは半蔵を防い士気が下がらないようにすれば
何とかなると思います。

Q川中島の戦いについて教えてください!

今、川中島の戦いについて調べているんですけど、(五回とも川中島の戦いとして)
・室町時代なのか安土桃山時代なのか(またいでいる?)
・川中島はどこなのか
・四回目が一番有名ですが、そのわけは?
ということが知りたいです。

それと、私の教科書では室町→安土桃山となっていましたが「南北朝時代」「戦国時代」というのは載っていないんです。一緒に説明してくださるとうれしいです。

Aベストアンサー

はじめまして、
#1さんの書かれているwikiをごらんになればわかる内容ですが、せっかくご質問されているので簡潔に回答します。

>室町時代なのか安土桃山時代なのか(またいでいる?)
安土桃山時代は1573年に織田信長が足利将軍を京都から追放した年を始めとしています。これで室町幕府が名実ともに終了したということですからね。川中島の戦いは1550年代から1560年代ですから、当然に室町時代です。

>川中島はどこなのか
千曲川と犀川が合流する三角状の平坦地ですから現在の長野県長野市になります。

>四回目が一番有名ですが、そのわけは?
両軍の主力が激突した大規模な戦闘が行われ、双方に最大の戦死者がでたからです。他の戦いは小競り合いの域をでません。

>「南北朝時代」「戦国時代」
南北朝時代は、室町時代の初期に朝廷が北朝・南朝と分裂していた時期のなまえです。同じく戦国時代は応仁の乱から室町幕府の終焉の時期をいいます。普通の歴史教育では双方とも室町時代にはいっています。

ここで聞かれるよりも、ネットで各々のキーワードで検索すればもっと詳しいことがわかりますよ。

はじめまして、
#1さんの書かれているwikiをごらんになればわかる内容ですが、せっかくご質問されているので簡潔に回答します。

>室町時代なのか安土桃山時代なのか(またいでいる?)
安土桃山時代は1573年に織田信長が足利将軍を京都から追放した年を始めとしています。これで室町幕府が名実ともに終了したということですからね。川中島の戦いは1550年代から1560年代ですから、当然に室町時代です。

>川中島はどこなのか
千曲川と犀川が合流する三角状の平坦地ですから現在の長野県長野市になります。

>...続きを読む

Q関ヶ原の戦い 手柄一番多かったのは?

関ヶ原で攻めまくってすみません…反省してます

関ヶ原の戦いで最も勲功をあげたのって誰ですか?
やはり17の首級すべてに笹を立てて目印として「笹の才蔵」の異名がある可児長吉でしょうかね?

宮本武蔵も関ヶ原に参戦してたのはびっくりしました☆

Aベストアンサー

石田三成でしょう。
戦前の状況では彼我の戦力差など、どうみても豊臣方有利だったのに、小早川、朽木、脇坂、島津、吉川ら裏切者~傍観者を多数だしたのは石田三成の統率力のなさによるものです。さらに豊臣恩顧の黒田、福島、池田、加藤、蜂須賀らは三成憎しの一念から東軍についたわけですから、家康から見れば三成さまさまです。
かりに豊臣方総大将が三成でなく直江兼続や立花宗茂だったら東軍のボロ負けだし、そもそも三成さえいなければ加藤清正あたりが大阪方の大将になった可能性もあるので、そもそも関ヶ原の戦いが成立しません。
よって東軍勝利の最功労者は石田三成。
あと無能なのに西軍総大将をうけた毛利輝元や、秀頼の出陣を拒否した淀君あたりが第二の功労者ですかね。いずれにせよ西軍側の敗因の大もとを探るならこの辺になりそうです。

Q「川中島の戦い」ではどちらが勝ったのですか?教えて下さい。

「川中島の戦い」の勝敗結果を教えて下さい。

Aベストアンサー

戦闘的には、兵の損耗は上杉軍が多いが、重要武将の損失は、武田軍のほうが多い。
引き分け

戦術的には、上杉軍撤退のため武田軍勝利

短期戦略的には、川中島付近の領有化に成功した武田軍の勝利

長期的状況では、武田軍が越後侵攻を断念する事により、上杉軍が信越国境の安定化に成功し、関東・越中方面への侵攻の自由が確保できた一方、武田軍は、北上という選択肢を無くす事となり、今川・北条との同盟関係にヒビが入るなど、武田軍に不利にはたらいている。

したがって、戦闘自体は武田軍の勝利だが、その結果起こった事は、上杉軍に多大な利益を与えた。

Q関ヶ原の戦いで

関ヶ原の戦いで加藤清正や福島正則みたいに石田三成が嫌いで東軍についた人もいますが他に東軍に味方した人は豊臣家を裏切った人達ですか? 徳川家康が勝った結果、豊臣秀頼は知行や領地が減らされたし…

Aベストアンサー

大阪の陣は
ともかく、
・関ヶ原の段階では、東軍に味方した人は豊臣家を裏切った人達
ではない

石田三成大坂退去後の
豊臣政権から、上杉討伐を命じられて徳川家康を総大将に、諸将が集ったのが
東軍。

東軍出撃後に、石田三成が、毛利家を総大将にかついで、
徳川討伐を叫んで、組織したのが、西軍。

つまり、豊臣政権内の内紛であり、
公文書では、豊臣秀頼は西軍の大将ではない。

この結果豊臣家乗っ取りを図った悪党石田は処刑、
悪巧みに加担した毛利家は、御家断絶のところ、忠臣吉川の嘆願で
減封ということになっている。

・豊臣秀頼は知行や領地が減らされたし…

これは、豊臣家のために功績を上げた東軍諸将に
家康の斡旋で、秀頼が所領を分け与えたということに、されている。

関ヶ原の段階では、
家康以下東軍諸将は、秀頼のために戦い、大坂城をとりもどした忠臣
なのである。ほとんどの東軍諸将、家康さえ表面上は豊臣秀頼のために
戦ったのである。

※大坂の陣までの十年間に、なし崩し的に
豊臣家と徳川家の立場が逆転し、
大坂の陣では、大名が一人も豊臣家のもとに参戦しないという情けないことに
なるが・・・

大阪の陣は
ともかく、
・関ヶ原の段階では、東軍に味方した人は豊臣家を裏切った人達
ではない

石田三成大坂退去後の
豊臣政権から、上杉討伐を命じられて徳川家康を総大将に、諸将が集ったのが
東軍。

東軍出撃後に、石田三成が、毛利家を総大将にかついで、
徳川討伐を叫んで、組織したのが、西軍。

つまり、豊臣政権内の内紛であり、
公文書では、豊臣秀頼は西軍の大将ではない。

この結果豊臣家乗っ取りを図った悪党石田は処刑、
悪巧みに加担した毛利家は、御家断絶のところ、忠臣吉川の嘆願で
減封とい...続きを読む

Q関が原の戦い

ご存知関が原の戦いなのですが、疑問点かあります。
豊臣秀吉が亡くなったあと、家康が大老の身にありながら専横の限りをつくし。。。
ということで戦いが始まったと思うのですが、

いくら主がいなくなったとはいえ、大阪には淀殿と小さいながらも秀頼公がおり、関が原合戦当時、直轄地が240万石ほどあったと認識しております。
片桐且元などは家臣と家臣の戦いだからということでノータッチを貫くよう言っていたようですが、
単純に、豊臣家として「家康の暴走」を止められなかったのでしょうか?
また合戦当時の豊臣直轄の軍隊はどれほどだったのでしょうか?
詳しい方お願いします。

ついでに、関が原の合戦では小早川秀秋の裏切りがクローズアップされひどい極悪人扱いされていますが、どの家もお家大事であり、つぶさに見ていくとみんなあまり変わらなく卑怯のような気がします。(特に毛利)
この辺もついでに、ご意見いただければと思います。

Aベストアンサー

大阪城の秀頼公直属の部隊は・・・
御小姓衆・・・・・・7500人
御馬廻衆・・・・・・8300人
御弓・鉄砲衆・・・5900人
前備・後備・・・・・6700人
総計・・・・・・・・・2万8400人
これには豊臣恩顧の大名の兵力は含まれておらず、あくまで秀頼公直轄の兵力です。

家康の暴走を止められなかったのは、豊臣恩顧の大名達の内部の争いを家康にうまく利用され、豊臣恩顧の大名が一つにまとまらなかったのが原因です。
特に福島正則などの武断派と石田三成らの文治派の対立が致命的でした。

徳川家康の石高は255万石に対し・・・
豊臣秀頼の石高は220万石で、この他に金山、銀山を直轄地とし、他の大名の領地にある金山、銀山以外の鉱山からも運上(税)をとり、大きな貿易港も押さえていました。
そして、豊臣恩顧の大名がいたわけですが、秀吉一門の扱いを受けた五大老の一人、宇喜多秀家が57万石。
武断派の福島正則が20万石、黒田長政が18万石、加藤清正が25万石、加藤嘉明が10万石、細川忠興が17万石、浅野幸長が22万石、池田輝政が15万石、藤堂高虎が7万石、蜂須賀家政が18万石。
文治派の石田三成が19万石、小西行長が20万石、大谷吉継が5万石、増田長盛が20万石、前田玄以が5万石、長束正家が5万石。
この他にも秀吉の親戚筋である木下一門で10万石、青木一矩が20万石、小早川秀秋35万石などがあります。他にも秀吉に古くから仕えていた山内一豊らもいます。
こうした豊臣恩顧の大名だけで300万石を超えているわけで、秀頼の220万石と合わせれば500万石を軽く超え、徳川の2倍以上の石高があり、数字の上では押さえる事が可能の筈でした。
そしてこの他に秀吉の盟友前田家100万石もありました。
しかし、武断派と文治派の対立で豊臣恩顧の大名はまとまらず、前田利家も亡くなり、関が原で西軍で上記の豊臣恩顧の大名で最後まで戦ったのは石田三成の19万石、小西行長20万石、大谷吉継5万石、長束正家5万石、宇喜多秀家の57万石の106万石です。
豊臣恩顧の約三分の二の200万石は東軍についています。
全ては豊臣内部の分裂とそこに付け込んだ家康のうまさでしょう。
残念な事に秀吉の死後、豊臣を一つにまとめておく事のできる人物がいませんでした。
五大老の一人の宇喜多秀家は秀吉に目をかけられたとはいえ、福島正則などより約10歳も若く、お家の内部がごたごたしており、その手腕にも限界がありました。小早川秀秋の器量もそれほど高いとは思えず皆をまとめる事は無理でした。そして他の秀吉子飼いの大名は皆、石高がとても高いとはいえず、同じような石高の者も多く、誰にしても豊臣を一つにまとめる力量に欠けました。
秀頼公はわずか7歳。淀君にも諸大名を心底敬服させる求心力はありませんし、その力量もありませんでした。
そして徳川家康の力があまりに大きすぎました。
外様大名で徳川の次に石高の大きい大名は毛利と上杉で、どちらも120万石で徳川の半分の石高しかありません。
これでは外様の大名が徳川の顔色を伺うのも無理からぬ事です。
結局、豊臣を一つにまとめ徳川家康の器量に対抗できる人物が豊臣方にいなかったという事が問題だったのでしょう。
せめて秀頼公があと10歳歳をとっていれば、状況は変わったかもしれませんが・・・

小早川秀秋は関が原の戦いを決定付けた人で、その裏切りも分かりやすいから叩かれるのでしょうね。
皆、生き残るのに必至になったという事でしょうが、石高の低い大名ならその気持ちも分かります。何せ自分の力で戦局を動かすなど殆どできないでしょうから、生き延びるために勝つ側につくために右往左往して日和見したり、時間を稼ごうとするのは理解できます。ですが毛利をはじめかなりの石高を持つ大名が、戦局を変えるだけの力を持つ大名が日和見するのは、いくら生き残るためとはいえ情け無い限りだと思います。

大阪城の秀頼公直属の部隊は・・・
御小姓衆・・・・・・7500人
御馬廻衆・・・・・・8300人
御弓・鉄砲衆・・・5900人
前備・後備・・・・・6700人
総計・・・・・・・・・2万8400人
これには豊臣恩顧の大名の兵力は含まれておらず、あくまで秀頼公直轄の兵力です。

家康の暴走を止められなかったのは、豊臣恩顧の大名達の内部の争いを家康にうまく利用され、豊臣恩顧の大名が一つにまとまらなかったのが原因です。
特に福島正則などの武断派と石田三成らの文治派の対立が致命的でした。

徳川家康の石高は255万...続きを読む

Q関ヶ原の戦い

今学校の宿題で関ヶ原の戦いについて調べているんですがどのサイトも中学生の私には難しく理解できません…なので詳しい方教えてください!!!!!
関ヶ原の戦いの事ですが特に細川夫妻について調べたいと思っているので細川ガラシャの小さい頃の事とかも教えてくださると、とても助かります!!!!!よろしくおねがいします!!!!!m(_ _*)m゛

Aベストアンサー

簡単に言うと、東軍(徳川勢)と西軍(豊臣勢)が戦って、東軍が勝ちました、という事です。

細川忠興は、東軍で勝ちました。
その頃、細川ガラシャは大阪で自害していました

細川ガラシャは、本能寺で織田信長を討った明智光秀の三女で、越前、今の新潟県で生まれました、本名は明智 珠(あけち たま)

15歳の時に細川忠興と結婚しました
24歳になった頃、洗礼をうけてクリスチャンになりました、洗礼名がガラシャ

細川ガラシャと呼ばれるようになるのは、明治時代になってからで、当時ガラシャさんと呼ばれていたわけではありません

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%B0%E5%B7%9D%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%A3#.E5.BF.A0.E8.88.88.E3.81.AB.E5.AB.81.E3.81.90

Q関が原の戦い

の裏話や、有名な話でもいいので、関が原の戦いに関しての話を聞かせてください。

Aベストアンサー

当時の話ではなく、後日談なのですが、明治の初めに日本に近代兵学を教えに来た、ドイツのメッケル少佐と言う人が関が原の布陣図を見せられて、即座に「西軍の勝ちだ」と言ったそうです。彼はその時、小早川の寝返り(これは知ってますよね?)の事は知らなかったのですが、純粋に兵力と配置のみなら、それ位西軍が有利な状況だったのです。
では何故西軍は敗れたのか、例えば、企業において命令系統が部長>重役のプロジェクトチームがスムーズに仕事を出来るか、考えればお解かりになると思いますが、西軍の大将、石田三成は会社の役職で言ったら部長位の地位であり、彼の指揮する諸大名、毛利、宇喜田、小早川、と言った主力を構成する諸大名は重役クラスです。これが政治的な思惑で結びついた集団でしたので、逆に政情によって簡単に分解してしまう性質を持っていました。土台、指揮権の確立に無理があったのです。それに気付かなかった石田三成は、負けるべくして負けた、と言えるでしょう。


人気Q&Aランキング