川中島の戦いのように1対1なら誰が敵で誰が味方かに悩むことも無かったでしょう。が、関が原の戦いでは何十もの軍隊が戦っています。ある軍に属する兵隊は、自分の軍以外の兵隊に遭遇したときそれが敵か味方かどうやって識別したのでしょうか。もちろん旗指物は見ます。でもそれが井伊の軍なのか、大谷の軍なのか、福島の軍なのか、彼らは識別するだけの知識を持っていたのでしょうか。前の晩に必死になってこのデザインは誰それの軍のもの、と記憶(それこそ一夜漬け)したのでしょうか?さらに言えば、仮にこのデザインが島津軍のものだと分かっても、それが東軍か西軍かわかったのでしょか?寝返りもたくさん発生しています。一体関が原の戦いに参加した兵隊はどんな認識で行動を取っていたのでしょうか?

A 回答 (3件)

個々の兵隊は、「指揮官」の指示で戦いますから、(戦わずに退くこともふくめ)


隊長が「あれは○○軍である。○○軍は敵方である」という情報をもっていれば「つっこめ」という判断をするでしょう。指揮官の役目はそういうところにある。
(それによって、戦力的に武田軍に劣った織田軍が勝利したわけだから、その後の戦いがそういう方向で行なわれたのは自然でしょう)
開戦前に、誰々の軍はどこに配置、という軍議はされているだろうから、戦いの方針として「まず、○○軍にあたる。次に予想されるのは・・。身近な味方は・・」、という予備知識はあります。

関が原の戦いは、小早川が寝返って(徳川からみれば予定通り)2時間ぐらいで決着がついたそうだから、それぐらいの時間では敵味方が入り乱れるほどの混戦にはならなかったのではないでしょうか。
    • good
    • 0

同士討ちを避けるための目印を「合印(あいじるし)」というのですが、背旗、袖印、槍印のほか、具足、陣笠、胴中などにかなり目立つ印を雑兵にいたるまで付けて味方を識別したようです。


テレビなんかでは使い回しを考えてか、やってもせいぜい布を付けるくらいですね。わかりにくいことおびただしいですが、かえって乱戦の迫力が出ていいのかも。
敵・味方となる軍が複数の場合…やっぱり覚えたんでしょうねえ。全軍では何十もいても、局所的な戦闘ではそれほど複数が入り乱れないでしょうし、「××印は敵なり、○○印は味方なり」と周知してから戦闘に臨むのは、かなり重要でかつ常識的な仕事だったんじゃないでしょうか。
従って敵軍を寝返らせることは、単に戦力という以上に、敵軍勢に相当な混乱をもたらす大変効果的な戦法ですよね。関ヶ原みたいな寝返らせ合戦だと、どの軍も周囲の状況をみるのに相当神経をすり減らしていたことでしょう。現場レベルの認識はだから…臨機応変。味方以外は敵。襲ってくるのも敵。状況が掴めなければ撤退もやむなし。そんな感じじゃないかなー。
    • good
    • 1

旗もありますが、当時は合い言葉を使っていたようですよ。

「山」とか「川」とかですね。当時は足軽が発達していましたから、戦国初期のように「やあやあやあ」と名乗りを上げるのはあまりなかった(隊長級の武将はあったでしょうが)ようですしね。以上、あんまり自信ないですが・・・。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q関ヶ原の戦いでもし(IF)小早川秀秋が裏切らなかったらどうなってた

関ヶ原の戦いでもし(IF)小早川秀秋が裏切らなかったらどうなってた

小早川秀秋がもし東軍(家康側)に寝返らなかったら関ヶ原の戦いは西軍(石田三成側)の勝利となっていたのでしょうか。
小早川秀秋は家康から寝がいりを要求する手紙をもらっていたらしいのですが。
もし寝が入り、の決断をできなかった、もしくは家臣に反対されて西軍を裏切らす東軍と戦ってた場合

関ヶ原の戦いの結果はどうなっていたのでしょうか
あと裏切りという作戦を家康が立てていたのですが
裏切ってくれなかったとしたときのために
家康は何か策でも立てていたのでしょうか

皆様の考えをどうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 関ヶ原の戦いのポイントは、戦いの前に岐阜城が落とされたことにあります。ここで西軍の主力の一つの織田が全滅しました。そのとき西軍主力の宇喜多は、伊勢にいました。石田は、岐阜城の重要性に気がつかないで織田を見殺しにしています。その間、戦略をたてに大垣と佐和山を行ったり来たりしています。
 そうして濃尾平野の重要部分を徳川方に押さえられて
関ヶ原を迎えます。
 もひとつは、島津義弘の軍が、正規の部隊でないことだと思います。島津軍が、1万人くらいの戦力で司令官になって作戦指揮していたら家康も無謀な関ヶ原の野戦にでることはなかったでしょう。義弘の朝鮮の役の活躍や関ヶ原以後の対島津の扱いから見ても誰もが納得できるでしょう。
 後一つは、立花宗茂がいたらです。小早川を大津に残し立花を関ヶ原につれてきていたら、宇喜多と立花、島津と並んでいたら、西軍の勝ちになるでしょう。
 といっても、石田は、小早川に(関白)を約束していたので決戦場にいないわけにはいきませんね。結局これも実現の可能性はゼロです。
 ただ、一つ重要な点は、徳川軍本体は強かったかと言うことです。秀吉に対抗した当時までは、徳川は最強でした。でも、関ヶ原前の20年くらいは大きな戦争もなく人数はともかく経験不足でとても精強とは言えない武士団でした。もし、徳川本体が戦って強くないことがばれたら本当に大変なことになるところです。
 いろいろな書籍を読んでみてもホントにうまく進めた物です。家康という人物の戦略眼と組織作りは見事です。最終勝利者というのでしょうね。参考になります。

 関ヶ原の戦いのポイントは、戦いの前に岐阜城が落とされたことにあります。ここで西軍の主力の一つの織田が全滅しました。そのとき西軍主力の宇喜多は、伊勢にいました。石田は、岐阜城の重要性に気がつかないで織田を見殺しにしています。その間、戦略をたてに大垣と佐和山を行ったり来たりしています。
 そうして濃尾平野の重要部分を徳川方に押さえられて
関ヶ原を迎えます。
 もひとつは、島津義弘の軍が、正規の部隊でないことだと思います。島津軍が、1万人くらいの戦力で司令官になって作戦指揮し...続きを読む

Q関が原の戦いで東軍、西軍どっっちにつく?

あなたが当時の一国の大将で、結果を知らなかったとしたら、どっちにつきますか?

Aベストアンサー

結果を知らないなら西ですね

大谷吉継 真田幸村が西軍なのに東に付く理由はありません
家康は天下を奪おうとしている魂胆が見え見えなので
私が大名なら 東軍に付くふりでもして土壇場で西に寝返って 家康本陣の背後を急襲して首を取っていたでしょう


西軍を寄せ集めだと批判する人もいますが
そうでもないです 三成の人望で集まった武将も多々居ました

三成嫌いだから東に着こうって平気で豊臣を裏切った加藤や福島よりマシだと思います

Q関ヶ原の戦い 手柄一番多かったのは?

関ヶ原で攻めまくってすみません…反省してます

関ヶ原の戦いで最も勲功をあげたのって誰ですか?
やはり17の首級すべてに笹を立てて目印として「笹の才蔵」の異名がある可児長吉でしょうかね?

宮本武蔵も関ヶ原に参戦してたのはびっくりしました☆

Aベストアンサー

石田三成でしょう。
戦前の状況では彼我の戦力差など、どうみても豊臣方有利だったのに、小早川、朽木、脇坂、島津、吉川ら裏切者~傍観者を多数だしたのは石田三成の統率力のなさによるものです。さらに豊臣恩顧の黒田、福島、池田、加藤、蜂須賀らは三成憎しの一念から東軍についたわけですから、家康から見れば三成さまさまです。
かりに豊臣方総大将が三成でなく直江兼続や立花宗茂だったら東軍のボロ負けだし、そもそも三成さえいなければ加藤清正あたりが大阪方の大将になった可能性もあるので、そもそも関ヶ原の戦いが成立しません。
よって東軍勝利の最功労者は石田三成。
あと無能なのに西軍総大将をうけた毛利輝元や、秀頼の出陣を拒否した淀君あたりが第二の功労者ですかね。いずれにせよ西軍側の敗因の大もとを探るならこの辺になりそうです。

Q関ヶ原の戦いで前田家が東軍に味方した理由は?

題名の通りです。
歴史の勉強をしていて詰まってしまいました。ネットで探しても本で探しても全然見つからないのですが、私の見落としかもしれませんので、もし参考になるHPや本などありましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

先の回答者さんがおっしゃるように、徳川家康から向けられた謀反の疑いを、母を人質に出して回避した前田家でしたが、関ヶ原の戦いで東軍に味方したのは利長で、弟の利政は西軍にくみしてします。
(ただし、利政は西軍を表明しながらも、七尾城を出て合戦に参加することはありませんでしたが)

また、西軍には、娘婿の宇喜多秀家が主力の1人として参戦しています。
つまり、「どっちが勝っても良いように保険をかけていた」のだという事だと思います。

東軍が勝ったので、利政は領地を没収され隠居生活を送りますが、その没収された領地は、利長にいきますから、前田家全体としてはプラマイ0です。
もちろん、この後、兄が京都で暮らす弟を援助し続けています。

また、西軍として参加して八丈島に流された宇喜多秀家には、実家の前田家に戻った奥さんを通じて援助の品を送り続けてもいます。

なので、逆に西軍が勝っていたら、宇喜多秀家と利政が、負けた利長を援助する手はずになってたと想像しています。

Q関ヶ原の戦い

今学校の宿題で関ヶ原の戦いについて調べているんですがどのサイトも中学生の私には難しく理解できません…なので詳しい方教えてください!!!!!
関ヶ原の戦いの事ですが特に細川夫妻について調べたいと思っているので細川ガラシャの小さい頃の事とかも教えてくださると、とても助かります!!!!!よろしくおねがいします!!!!!m(_ _*)m゛

Aベストアンサー

簡単に言うと、東軍(徳川勢)と西軍(豊臣勢)が戦って、東軍が勝ちました、という事です。

細川忠興は、東軍で勝ちました。
その頃、細川ガラシャは大阪で自害していました

細川ガラシャは、本能寺で織田信長を討った明智光秀の三女で、越前、今の新潟県で生まれました、本名は明智 珠(あけち たま)

15歳の時に細川忠興と結婚しました
24歳になった頃、洗礼をうけてクリスチャンになりました、洗礼名がガラシャ

細川ガラシャと呼ばれるようになるのは、明治時代になってからで、当時ガラシャさんと呼ばれていたわけではありません

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%B0%E5%B7%9D%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%A3#.E5.BF.A0.E8.88.88.E3.81.AB.E5.AB.81.E3.81.90

Q関が原合戦後の島津

九州の諸大名らに西軍に加担した島津攻めの準備をさせておきながら、なぜ徳川家康は島津を一気に攻め滅ぼさなかったのでしょうか?減封さえしないのは手緩いのでは?

Aベストアンサー

 小説などを読んでの集大成ですので、どこかでご覧になったかもしれませんが、順不動に。

(1) すでに徳川との内通が成立していた。

(2) 薩摩軍は殿様が出てきておらず実際ほとんど動いておらず、さらに「島津には東軍と戦う意志はなかった」という弁明があり、信じたふりができた。

(3) 関ヶ原からの撤退戦で見せた島津の強さが、家康をして征服の難しさをを認識させた。

(4) 島津は九州統一直前に、豊臣軍によって九州の隅に押し込められて豊臣に恨みを持っている(親・徳川の)はずだから、西軍残党を牽制させるのに都合が良い。

 加えて、いわくありげに島津を許すと、西軍側は疑心暗鬼に陥るだろう。

(5) 島津は、吉良など高家などと同様、鎌倉以来の名家だ。

(6) 日本の一番隅っこにどんな人間がいても大勢に影響がない。

(7) 琉球を支配下に置かせ、中国などからクレームがあった場合に責任を押しつけて、それから潰しても遅くない。

Q1600年に関ヶ原の戦いに勝ち、1603年に江戸幕府が成立していますが

1600年に関ヶ原の戦いに勝ち、1603年に江戸幕府が成立していますが、この空白の3年間家康は何をしていたのでしょうか。

Aベストアンサー

>この空白の3年間家康は何をしていたのでしょうか。

関ヶ原の戦いで、既に日本の統治者になりました。
この後、既に戦後処理など「日本統治」を行なっています。
つまり、既に徳川政権が誕生している訳ですね。
1603年は、ただの征夷大将軍に任命・就任した年に過ぎません。

鎌倉幕府・室町幕府も同様で、頼朝・尊氏が征夷大将軍に任命・就任した年が幕府誕生となっていますが、彼らも既に日本統治を行なっています。
ですから、今では「幕府成立=征夷大将軍任命」としない説が有力です。

Q川中島の戦いは

やっぱり引き分けですか?

でも個人的には謙信の勝ちな気がします…確かにお互い領地を獲得したりはできなかったけど
信玄は 弟の信繁と山本勘助を失いました

一方謙信は 足軽雑兵に死者は出しましたが 主だった武将は死なせていませんし…

あ ちなみに信玄と謙信の本陣での一騎打ちは後世の作り話です☆

Aベストアンサー

秀吉は、前半は謙信の勝ち!!後半は信玄の勝ち!!

と言っていますが、長篠の合戦の敗因は
川中島の傷がまだ癒えてなかった
要するに、戦闘できる状態の者が少なかった・・とも言われているので
たしかに信玄の負けにも思えますね~
う~んロマン・・と結果を出すのを逃げみる・・

ちなみに、信玄VS謙信は当時の文献で
信玄側は【あれは謙信!切られたのは影武者!】といい
謙信側は【切り込んだのは影武者!!切られたのは信玄!!】と言っているので
まあ・・謙信さんの気性から(-Д-)あんた切り込んだのとちゃうん?
と思う時もあります、大将が切り込むのは恥ですので謙信側の影武者発言が微妙に気になります

Q関ヶ原の戦いで

関ヶ原の戦いで加藤清正や福島正則みたいに石田三成が嫌いで東軍についた人もいますが他に東軍に味方した人は豊臣家を裏切った人達ですか? 徳川家康が勝った結果、豊臣秀頼は知行や領地が減らされたし…

Aベストアンサー

大阪の陣は
ともかく、
・関ヶ原の段階では、東軍に味方した人は豊臣家を裏切った人達
ではない

石田三成大坂退去後の
豊臣政権から、上杉討伐を命じられて徳川家康を総大将に、諸将が集ったのが
東軍。

東軍出撃後に、石田三成が、毛利家を総大将にかついで、
徳川討伐を叫んで、組織したのが、西軍。

つまり、豊臣政権内の内紛であり、
公文書では、豊臣秀頼は西軍の大将ではない。

この結果豊臣家乗っ取りを図った悪党石田は処刑、
悪巧みに加担した毛利家は、御家断絶のところ、忠臣吉川の嘆願で
減封ということになっている。

・豊臣秀頼は知行や領地が減らされたし…

これは、豊臣家のために功績を上げた東軍諸将に
家康の斡旋で、秀頼が所領を分け与えたということに、されている。

関ヶ原の段階では、
家康以下東軍諸将は、秀頼のために戦い、大坂城をとりもどした忠臣
なのである。ほとんどの東軍諸将、家康さえ表面上は豊臣秀頼のために
戦ったのである。

※大坂の陣までの十年間に、なし崩し的に
豊臣家と徳川家の立場が逆転し、
大坂の陣では、大名が一人も豊臣家のもとに参戦しないという情けないことに
なるが・・・

大阪の陣は
ともかく、
・関ヶ原の段階では、東軍に味方した人は豊臣家を裏切った人達
ではない

石田三成大坂退去後の
豊臣政権から、上杉討伐を命じられて徳川家康を総大将に、諸将が集ったのが
東軍。

東軍出撃後に、石田三成が、毛利家を総大将にかついで、
徳川討伐を叫んで、組織したのが、西軍。

つまり、豊臣政権内の内紛であり、
公文書では、豊臣秀頼は西軍の大将ではない。

この結果豊臣家乗っ取りを図った悪党石田は処刑、
悪巧みに加担した毛利家は、御家断絶のところ、忠臣吉川の嘆願で
減封とい...続きを読む

Qヴィットリオ・ヴェネトの戦いのオーストリア軍と1945年のソ連進攻に際しての日本軍

1918年の第一次大戦終結時の、イタリアが、休戦して武装解除を待っているオーストリア軍に対して大勝利したのは、抵抗がなかったからでしょう。なぜ1945年の日本軍のように、武装解除を待つ状態でも抵抗したようにしなかったんでしょうか?抵抗していたら、イタリアは失地を回復できないまま休戦を迎えることになり、戦後交渉がやりやすくなるのではないでしょうか。内部崩壊して軍そのものが消滅していたのでしょうか?

Aベストアンサー

ヴィットリオ・ヴェネトでのイタリア軍の勝利は、オーストリア軍の油断と、既に軍の撤退が開始されていた為です。

オーストリア政府の休戦の決定により、オーストリア軍は、連合国軍に休戦を要請し、既に一部の部隊は撤退を開始していました。
当時、オーストリア国内は各民族が独立を求めており、混乱状態にもなっていました。そうした状況と長い戦争による厭戦気分の為、オーストリア軍の兵士は戦意が低下し、早く帰郷したいとも願っていました。また、指揮官達は軍の帰還による国内安定が早期に必要と判断していました。
その為、オーストリア軍は、占領地からの撤退行動を開始していたのです。イタリア軍が休戦締結後に攻撃を開始してくるとは思っていませんでした。
戦意が無い上に、休戦が結ばれたと思い、その上撤退に入っていたところを、攻められた結果があの敗北です。

この戦いに兵士として従軍していたイタリアの若き文学者プレッツォリーニは、あまりにもヴィットリオ・ヴェネトの勝利がイタリア軍によって過大に飾られた為に、真実を民衆に伝える為に、1920年にその名も「ヴィットリオ・ヴェネト」という本を執筆し世に出しています。
私は読んでいませんが、そこには実際の戦いは、もはや戦意がなく国内に撤退しようとしていたオーストリア軍にイタリア軍が襲い掛かったものであり、軍が喧伝しているような華々しい戦いで、戦果をあげたものではないと指摘しているそうです。

なお休戦を無視して攻撃に出たイタリアの意図は、戦後を睨み連合国の一員としてより大きな発言権や権利を主張する為に、大きな勝利を上げておきたかったからだと言われています。

ヴィットリオ・ヴェネトでのイタリア軍の勝利は、オーストリア軍の油断と、既に軍の撤退が開始されていた為です。

オーストリア政府の休戦の決定により、オーストリア軍は、連合国軍に休戦を要請し、既に一部の部隊は撤退を開始していました。
当時、オーストリア国内は各民族が独立を求めており、混乱状態にもなっていました。そうした状況と長い戦争による厭戦気分の為、オーストリア軍の兵士は戦意が低下し、早く帰郷したいとも願っていました。また、指揮官達は軍の帰還による国内安定が早期に必要と判断...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報