今年の1月末に退職し4月から再就職します。
よって、その間の2ヶ月のみ国保と同時に国民年金に加入しました。
私の場合、国民年金保険料を納めることは損になるのでしょうか?

年金加入が義務で相互扶助であることはわかっているつもりです。
しかし、分かっていながら少子高齢化が進み
納めた分のお金が戻ってこないといわれていると←ここが重要!
損だから納めたくないと思ってしまします。
いわれている根拠を具体的に知りたいです。

今年の2月分(昨日納付期限)以外はすべて納付済か免除ですので
障害年金の受給資格はあると思います。

今年度の保険料が13300円/月
現在の年金額67,017/月
1ヶ月納めないと(1ヶ月/480ヶ月)分減額されるので
140円の減額になると思います。
(今回の質問では免除期間の減額は無視します)

13300円のもとを取るには13300/140=95ヶ月で
約8年間で返ってくることになります。
65歳支給開始だと73歳です。
平均寿命から考えるとあまり損をするとは思えません。
年金額が半額近くになると損かもしれませんが。

以上は、ど素人の私の勝手な試算ですので間違いを指摘してください。
将来の法律によるので、誰にもわからないというのが真実だと思いますが、
予測でかまわないのでご教授ください。ホームページでも結構です。
(自分でも探しましたが、現行制度を解説したものはよく見つかりましたが、
将来をシミュレートしたものは見つけられませんでした)
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>納めた分のお金が戻ってこないといわれている


これは確か厚生年金のことであったと思われます。しかも、厚生年金の場合は会社の負担している額を含めてでの話だったと思います。つまり、個人で支払った分以上のリターンはあるはずです。あ、もちろん65歳支給開始で66歳で死去なんていう場合には戻ってきませんがそれは承知のことと思います。

それはともかくとして、制度の変化が起こり得るということは考えの中にいれておいた方が良いと思います。例をあげると、私が学生の頃は、20歳を越えていても学生であれば国民年金保険料は払わなくて良かったのです。それが制度改正により学生であってもはらわなくてはならないことになり、私はその間の分が未納ということになってしまっております。okokok77さんの場合は1ヶ月かも知れませんが私は何年もになり、今の所60歳を越えた時点での保険料払い込みを考えております。(当時と将来の保険料の差など考えると大損です。)

で、例えば将来的には、年金受給資格が厳しくなって連続で何年払い込んでいることなどということになったとき、okokok77さんにとって1ヶ月払ってないということが致命的なことになるかもしれません。目先の利益のみを考えているとこうした(ある意味では不当な)法改正に対して無力となってしまいます。切り捨てられてしまうかもしれないのです。ですから私としては、きちんと払っておくべきだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「ある意味では不当な法改正に対して無力となってしまう」
この指摘はもっともなことだと思います。
今は、未納分の基礎年金は比例して減額されますが、将来その未納分のペナルティーが重くなることも考えられますね。
大変参考になりました。 この度はご回答いただきありがとうございました。

お礼日時:2002/03/03 23:25

>納めた分のお金が戻ってこないといわれていると←ここが重要!


>損だから納めたくないと思ってしまします。
>いわれている根拠を具体的に知りたいです。

損という基準も色々あると思います。
1.支払われるものが収めた分より少ない
2.現行の制度と比較して支払われる分が少ない
現在、ちまたで言われていることは2の方だと思います。現役世代は現在の年金受給世代よりも冷遇されるということですが、これは間違いありません。
勿論、今後の展開次第では1になる可能性も否定はできません。
年金の支払が困難となっている要因を列挙します。
・少子高齢化
・低金利の継続
・国の借金が限界に近いところまで膨らんでいる
・政治で将来の年金像が議論されていないので、問題先送りしている(最悪の事態まで放置)

現在は問題が放置されていますが、解決策が全く議論されていない訳ではないと思います
・米国のように移民受け入れ
・保険料を租税化して徴収強化
・保険料未払者への罰則強化
・年金目的税の設立(消費税の目的化)
・保険支払時期の繰り下げ
・人為的にインフレ(資産)を発生させる
上記を組み合わせて何らかの対策が打たれることは間違いありません。
問題はそれが予想できないところに悩ましい点があります。

約5年後に日本の人口がピークアウトしますからその時から議論が始まると
思います。その時点で国民にある程度の妥協を迫ることは考えられますが、
支払よりも受取が極端に少なくなるというような無茶なことにはしないと
予想しています。(政治も人気商売ですから)

国が当てにならないから民間で発想から過去10年生命保険会社の個人
年金保険が飛躍的に延びましたが、倒産するところが続々と出て、損になった
人も少なくないと思います。このような信用リスクがないだけ、国の保険制度
の方がマシであり、老後資金を足元のゼロ金利に合わせて預けているだけと
思えばそれ程腹も立ちませんし、最悪の事態に陥った後に有効な政策が打たれ
それよりはメリットのある制度になるかもしれないという期待もあります。

結論は損か得かはわかりません。判断材料のひとつでも提供できていたとすれば幸いです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありませんでした。
参考になりました。ありがとうございす。

お礼日時:2002/03/11 20:43

日本の年金制度は「社会保険方式」を採用しています。

これは,基本的に「保険料を負担(拠出)した人のみがサービス(給付)を受けることができる」という方式です。
この方式をとっている以上,「納めないと損」と言わざるを得ません。「老齢」「障害」「死亡」に対する保障が,受けられなくなってしまうからです。

建て前では,「現在拠出されている保険料はそのまま受給者に給付されている」と言われていますが,社会保険方式を採っている以上,個人単位では「積み立て」の考えを捨て去ることは不可能です。そこで,損得論が持ち上がるわけです。

もうひとつ,損得論が持ち上がる理由として,「年金といえば老齢年金のこと」という考えが頭にあるからでしょう。
年金制度も社会保険制度ですから,「保険事故」が起こらない限り給付を受けることはできません。「老齢」も「保険事故」の一種なんですよね。「交通事故に遭わなかったから自動車保険払ってて損をした」とは言わないのに,「長生きしなかったら年金保険料払ってても損だ」となるのはなぜなんでしょうね。「長生き」が当たり前の世の中だからでしょうか。
そう考えると,老齢年金というのは10人中8人くらいが事故に遭ってしまう大変な保険制度なんですよね。そりゃ,国庫負担も必要です。「終身」で「物価スライド」のある年金制度は,民間では不可能でしょう。

長々と書きましたが,生活保障の基礎として公的年金に加入しておいて損はないでしょう。
我々国民が常に気をつけなければならないのは,
「生活保障制度として機能しているかどうか。」
「集められた保険料が正しく運用されているかどうか。」
この2点だと思います。

「ムネオハウス」みたいなものに使われちゃたまりませんからね。「グリーンピア」も五十歩百歩だとは思いますが・・・(独り言)。
    • good
    • 0

あなたの望んでいらっしゃる具体的な答えではありませんが、年金についての考え方について聞いたことがある話をお伝えしたいと思います。



国民年金は、自分のためにお金を貯金していると考えると、損だという考えが起きてしまいます。自分が将来受け取るお金を貯めるのが国民年金というシステムではありません。国民年金というシステムは、現在年金を受け取っている人の年金を、年金を納める側が皆で負担しているシステムです。
昭和の時代ひとりの老人を5人くらいで支えていたのですが、それが将来2人でひとりの老人を支える時代がきてしまいます。そうなると2人に高額な負担を強いることもできませんから、年金を受け取る額もどうしても少なくなるであろうといわれています。
ですから、いま年金を納めている側が、将来受け取る額の具体的なシュミレーションはできないのです。今年から受け取る、というような人は受取額を推測することはできるでしょうけれど。支給額については確か1年毎くらいに変更されているような覚えがあります。

このアドバイスをお伝えしても「損」という気持ちはやはり拭えないですよね。でも国は年金制度をなくすことは考えていないとも聞いたことがあります。納める側がゼロにならない限り制度としては成り立つ訳ですから。ただ以前のように満足できる額を受給できる時代は当分こないでしょう。しかし少子化も限界があるでしょうから、今の子供が年金を受給する頃には納める側のほうが人数が多くなるという現象がおきる訳です。そのときにはまた以前のような状況に戻れるのかもしれませんけれど。
自己責任の世の中、やはり自分の将来は自分で支えていけるようにしておかなくてはならないのかもしれませんね。

なにか考え方の手助けにでもなれば幸いですが・・・何の助けにもならないですね(-_-;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
高齢化が進むなか、払った分だけの十分な受給ができるとは思えませんね。
しかし、無くなることはないことと、税金も財源に含まれることを考えると
すべてが不利であるといえません。
これから更に年金や将来の生活について考えていこうと思います。

お礼日時:2002/03/03 23:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q障害年金で国民年金免除されてる時の納付書について

五月の始めに障害基礎年金2級の年金証書が来て4月分から年金を受給しています。
それまで国民年金を払ってたのですが免除されると言うことなので年金証書が届くとすぐに
市役所に国民年金免除の手続きをしに行って、もう国民年金は払ってないんですが、昨日、国民年金保険料納付書在中という封筒が送られてきて毎月用、6ヶ月用、1年分用の納付書が入ってました。
これは国民年金の支払いを免除されてる人でも送られてくる物で、私の場合無視しておけばいいのでしょうか?

Aベストアンサー

国民年金第1号被保険者、つまりは「自ら国民年金保険料を納めなければならない人」に限っては、障害基礎年金1級又は2級を受けられるときには、国民年金保険料の全額が法定免除となります。
したがって、「国民年金保険料免除事由(該当・消滅)届」を提出して、法定免除を受ける手続きをされたことと思います。
このとき、『「認定された日を含む月」の前月』の分からの保険料の納付が免除されます。
( http://goo.gl/bYBbZO )

「認定された日を含む月」とは、「受給権が発生した日を含む月」のことです。
年金証書に印字されているはずの「受給権を取得した年月」というのが、それです。

ここが、仮に、平成26年6月となっていたとします。
障害基礎年金の支給は、『「受給権を取得した年月の翌月」の分』から始まります。
つまり、ここでは、平成26年7月分から年金の支給が始まります。
一方、保険料の法定免除のほうは、『「受給権を取得した年月の前月」の分』から始まります。
つまり、ここでは、平成26年5月分から法定免除が始まります。

このずれに気をつけていただきたいと思います。
4月分から年金を受給しているからといって、4月分から法定免除になるわけではないのです。

したがって、上の例で言えば、少なくとも、平成26年4月分まで(受給権獲得年月の前々月まで)は保険料を納付しなければいけません。
ここがミソと言いますか、盲点となっているため、結局、国民年金保険料納付通知書が送付されてくることになります。
早い話が、「納めるべき保険料で、まだ納めてないものがありませんか?確認し、もしあれば納めて下さい」ということを指し示している納付通知書なのです(見方を変えれば、先述した盲点にさえ気づいていただければ、「ずいぶん親切に送ってきた」ということにもなりますよ。)。

したがって、もう1度年金証書を確認していただき、万が一の納め忘れがないかどうか、念のために確認なさってみて下さい。
納め忘れがないときには、送られてきた納付通知書については、無視していただいて結構です。

なお、法定免除を受けた場合、その免除期間の保険料を追納しないと、将来の老齢基礎年金の額が減ってしまいます。
障害基礎年金は有期認定が大原則ですから、永久固定(定時の診断書提出[障害状況確認]が不要となり、障害等級が固定されること。年金証書の「診断書の種類」の数字が「1」のとき。)でない限り、いつでも支給が停止される可能性があります。
したがって、老後については特に、障害基礎年金との二者択一となる点を考慮すると、できるだけ多くの老齢基礎年金額を確保できるようにするべきです。
つまり、国民年金保険料を納め続けることが得策です。

平成26年3月分までの保険料については、法定免除を受けた場合、追納によってしか納めることができませんでした(追納する場合、一定の時期を過ぎると加算金も発生します。)。
しかし、年金機能強化法の成立・施行により、平成26年4月分以降については、法定免除の対象となった者についても、追納によらず、通常どおり、国民年金保険料を納め続けることができます。加算金の発生を避けるためにも、こちらの方法を選んだほうが得策です。
( http://goo.gl/3NiJF7 )
( http://goo.gl/8a6oN2 )

平成26年4月以降の「国民年金保険料免除事由(該当・消滅)届」は様式が変わり、「国民年金保険料免除事由該当届」に「国民年金保険料免除期間納付申出書」が添えられるようになりました。
この申出書こそ、通常どおり国民年金保険料を納め続ける場合に、市区町村の国民年金担当窓口か年金事務所へ提出するもので、通常、法定免除を受けるときに任意で納め続けるかどうかを聞かれますので、もし納め続けるときには、該当届の下の申出書欄にも記入して提出することとなります。(
( http://goo.gl/s6rxLX )
( http://goo.gl/lz5g6X )
 

国民年金第1号被保険者、つまりは「自ら国民年金保険料を納めなければならない人」に限っては、障害基礎年金1級又は2級を受けられるときには、国民年金保険料の全額が法定免除となります。
したがって、「国民年金保険料免除事由(該当・消滅)届」を提出して、法定免除を受ける手続きをされたことと思います。
このとき、『「認定された日を含む月」の前月』の分からの保険料の納付が免除されます。
( http://goo.gl/bYBbZO )

「認定された日を含む月」とは、「受給権が発生した日を含む月」のことです。
...続きを読む

Q二年だけ納めた厚生年金と四年だけ納めた共済年金

私は現在二十七歳の自衛官です。 私は二十歳から二十二歳までは国民年金、二十二歳で民間会社に就職して厚生年金、二十四歳で自衛隊に入隊して現在は共済年金を納めていますが、来年の三月に除隊して自分で商売を始めようと思っています。ということはこれからは国民年金を納めるということになりそうなのですが、ひとつ疑問があります。 私が二年間だけ納めていた厚生年金と自衛隊時代の四年間納めていた共済年金はどうなってしまうのでしょうか。 納めた機関や金額に応じて老後に少しだけもらえるのでしょうか、それとも一定の期間(たとえば十年とか)収めていればもらえるのでしょうか、それともこれだけではもらえないのでしょうか?(そうだったらちょっと損した気分)・・・・。その辺を踏まえて今後の老後対策の参考にしたいのでぜひ教えてください。

Aベストアンサー

私も、民間企業の厚生年金に1年3ヶ月、共済年金に5年加入していたことがあります。

で、両方とも、加入していた期間に応じて、微々たる金額かもしれませんが、もらえますよ。

一定の期間だけ収めていたら……というのは有るようなんですが、私が聞いたのは、1年以上だそうです。
(共済年金に加入していた時、私はアルバイト社員だったんですが、途中で結婚した時、社会保険に加入させてもらえるギリギリまで勤務日数を減らしたことがあります。その時、人事課で仕事してた友達が、「1年以上、可能な限りまで社保に入ってた方がいいよ」って言われました。

Q自分が納めた年金の納付総額を知りたい

20年弱サラリーマン生活を送っておりますが
自分が今まで納めた年金額はいくらと記録されているか知る方法は
あるでしょうか?

ちなみに、初任給から現在までの給与明細をすべて持ち合わせていますので
私と会社が納めた年金額はわかりますので照合して見たいと考えています

Aベストアンサー

http://www.nenkin.go.jp/idpass-service/service.html
これで出来ると思います

間違っていたら、すいません

Q国民年金の学生納付免除が不承認になってしまった

私は今就職活動中の大学四年生なのですが、学生なので国民年金の学生納付免除を受けていました。
ところが昨日、先月付けの日付でこの納付免除による全額免除の「期間延長不承認」のはがきが届きました。全額免除が今年の七月から来年の六月までの間の免除は「基準に届かないから却下する」、なので納付書を送るから上の期間の保険料は払いなさいと書いてありました。
年金のサイトを見たら118万と社会保険料控除などを含めた範囲内の所得なら学生納付免除に該当するとありましたが、私はこのように却下されてしまっています。私のアルバイト代(学費などに当ててます)は高くて月六万円ほどなので、一年でも72万くらいにしかなりませんが、これで118万以下の所得なら該当するこの免除が不承認というのは正しいのでしょうか?申請していたのが全額免除だからでしょうか?
卒業するまでは所得が変わらないので、いきなり月15000円払うのはとてもきついです。せめて学生でいる間はもう少し減らすことは出来ないでしょうか?学生納付免除申請書は送られて来なかったので、卒業するまで新しく免除や猶予を願い出るのに何がよいのかわからなくて困っています。
アドバイス頂けたら幸いです。

私は今就職活動中の大学四年生なのですが、学生なので国民年金の学生納付免除を受けていました。
ところが昨日、先月付けの日付でこの納付免除による全額免除の「期間延長不承認」のはがきが届きました。全額免除が今年の七月から来年の六月までの間の免除は「基準に届かないから却下する」、なので納付書を送るから上の期間の保険料は払いなさいと書いてありました。
年金のサイトを見たら118万と社会保険料控除などを含めた範囲内の所得なら学生納付免除に該当するとありましたが、私はこのように却下されてし...続きを読む

Aベストアンサー

>全額免除が今年の七月から来年の六月までの間の免除は「基準に届かないから却下する」、なので納付書を送るから上の期間の保険料は払いなさいと書いてありました
 ・この(今年の七月から来年の六月までの間の免除)免除は学生納付免除ではなく、通常の免除・納付猶予制度の方の免除です
 ・学生納付免除の期間は、4月~翌年3月までの1年間です
 ・提出書類を間違っていませんか

・下記:パンフ
http://www.nenkin.go.jp/n/data/service/0000011074yfZjPWEcUU.pdf
・学生納付特例申請書
http://www.nenkin.go.jp/n/data/service/0000011523YNnysOS3QT.pdf
再度上記の様式で、再提出しましょう

Q国民年金の納付月数+免除月数の計が加入月数をこえている?

今日、ねんきん特別便が届きました。
その中で、(8)国民年金の欄を見ると、

納付済月数=12ヶ月
全額免除月数=31ヶ月
学生納付特例月数等=24ヶ月
計=67ヶ月

国民年金の加入月数の合計=62ヶ月

となっており、払った月数+免除してもらった月数の合計が、
加入月数を超えていたのですが、どういうことでしょうか?
逆のケース(加入月数の方が多い)だったら、未納期間があった
ということで、話は分かるのですが、私のようなケースは
一体何なのでしょうか?

詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

保険料を年度末まで前納しませんでしたか?

計=実際に払った額(前納していると09年の3月まで払った分)

加入月数=実際に加入している年数(現段階では08年10月まで)

と前納しているとずれるようです。

おそらく5ヶ月の差なので、これが原因だと思います。


下記のホームページに詳しいことが書いてありましたので、
参考にしてみてください
http://www.nenkin-tokubetsubin.com/faq.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報