石灰窒素を20kgばかり入手したのですが、土壌改良剤として、あるいは肥料や農薬としての正しい使い方を教えていただけませんか。家庭菜園ができる程度の庭があります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

下記のURLは日本石灰窒素工業会のHPです。


http://www18.u-page.so-net.ne.jp/sc5/sekititu/
このページの「晩酌」のコーナーを見て下さい。石灰窒素は吸い込むと問題ですので、
No.1のtaka113さんが書かれたマスク、ゴム手袋を必ずお願いします。
また、施用時は子供やペットを近づけない事などに注意が必要です。
冬場は安全の為に施用後1週間くらいは植え付けまであけたほうが良いと思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

痒いところに手の届くようなお答え、ありがとうございました。早速試して見ます。

お礼日時:2002/03/05 14:32

貴方の言う石灰の使用目的は、おそらく酸性土壌の中和又は土壌の消毒及び有機質の分解促進を目的としている品物だと思いますので、参考までに、まず、苗を植える前や種をまく前に一坪当たり200グラムから400グラムを前面にほぼ均等に散布して、土と石灰を出来るだけ良く混ぜてください。

また、石灰はアルカリ性なので硫酸加里や化成肥料と同時に散布しないで下さい。(化成肥料などを使用する場合には石灰と畑の土を十分混ぜて3日ほどしてからにして下さい)。堆肥と石灰を混ぜて肥料を作りますが、肥料の与え方としては、肥料の上に10センチ以上土をかぶせてから種や苗を植えてください。また、後から肥料を与える場合も幹から20センチ以上離して与えてください。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

具体的に教えて下さり、とても参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2002/03/05 14:30

石灰窒素は弱アルカリ性の窒素肥料で、石灰と窒素肥料を合わせたような効果があります。

従って、さらに窒素価の高い肥料を与えると窒素過多になって作物が木ぼけしますので、元肥として少量与えるだけにするか、化学肥料をくみ合わせる場合は窒素価の低い物を使用してください。

土壌中和にも使えるので1平米当たり100~150g程度を撒き、土と良く混ぜておきます。
臭いが強く、ある種の微生物やモグラの活動を押さえる効果があるといわれています。

微粒子になって飛散しますので、風の強い日の使用は気をつけてください。また、マスクと手袋の着用をお勧めします。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しく教えていただき、ありがとうございます。

お礼日時:2002/03/04 19:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q家庭菜園二年生です!去年あまり収量が得られなかった1坪程度の庭の畑を、2週間くらい前に土壌改良(苦土

家庭菜園二年生です!去年あまり収量が得られなかった1坪程度の庭の畑を、2週間くらい前に土壌改良(苦土石灰、牛糞堆肥、腐葉土、有機肥料のすき込み)しまして、去年より良い感じに仕上がりました!
5月中頃からナス、トマト、ピーマン等を苗から育てようと思っての土作りでしたが、筋肉痛になりながらも耕した畑を眺めていると、何かを育てたくてウズウズしてしまっています笑。
そこで、5月中頃の本格始動の前の繋ぎに何かを栽培したいのですが、それまでに収穫を終えられて、そのままナス、トマト、ピーマン等の苗付けが可能な野菜はありませんでしょうか?
因みに、宮城県なので、まだ朝晩は結構冷え込みます。

Aベストアンサー

宮城県ですと、早いものでも発芽温度になっているでしょうか。
苗屋さんに相談するのも良いかと思います。連作障害を避けるには
きゅうりなどを一畝栽培して、トマトを翌年きゅうりの後に植えるなどの
ローリングを可能な野菜を入れると良いと思います。
5月の本格化までに天地返しなどをもう一度やって、土を細かく均等にするのも
準備としては大切です。肥料が効いた菜園での野菜はすくすく育ちますので
楽しみですね。

Q石灰窒素と有機液体肥料について

いつもお世話になります。
収穫の終わった土を掘割、雑草などのごみを入れ、埋める前に 石灰窒素と米糠をまぜ、
その上から 万能有機液体肥料を3000倍に薄めたものを散布して土をかぶせたのですが、そこに定植した胡瓜が全滅してしまいました。
おそらく 石灰窒素に有機液体肥料を直接かけてしまったためだと思うのですが、
今後その場所は どのように処置すればよいのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

問題になるのは石灰窒素を入れてから定植するまでの期間が問題になります。温度により違いますが通常は施肥してから定植までの期間は最低でも30日は必要になります。それより短いとガスにより枯れてしまいます。石灰窒素は除草剤として使われることもあるくらい強い作用があります。有機質を分解させる作用もありますから堆肥づくりにも使われます。有機液肥とは反応しませんから液肥を使用したのとは関係はありません。
石灰窒素はユリ科の野菜には障害がでませんからネギやニラには直接施用しても大丈夫ですが近くに葉物野菜が有ると被害が出やすいので注意して下さい。

Qチッソ過剰の家庭菜園の土壌改良

チッソ過剰の家庭菜園の土壌改良についてお尋ねします。
菜園の広さは2.5平方メートルぐらいです。

今春、トマト、きゅうり、なすびなどの植え付けの時、いつもは有機肥料を買いに行くのですが、
横着をして、身近に残っていた硫安と化成肥料を入れて、チッソ過剰の障害を起こして大失敗してしまいました。
大玉トマトときゅうりは、すでに抜いて、ミニトマトは花ができても、実にならなくてぽとぽと落ちてしまいます。ネギは、いつも市販のもののようになるのに、やっこネギかという細さです。
なすびも枝が茶色い木の枝みたいで…もう抜いてしまったほうがいいんでしょうか?

この後とりあえずサラダ水菜、蕪など葉物野菜だけ植えて、
秋は玉ねぎなどはお休みして、来春に向けて土をまともに戻したいと思います。
(この間は、ネギ、ワケギ、葉物野菜だけにしたいと思います。)


できれば有機肥料にこだわりたいのですが、今春まいた硫安の効果は、
来春までに消えるでしょうか?

石灰は、苦土石灰、牡蠣がら石灰のどちらがいいでしょうか?

また、お勧めの有機肥料はありますか?
配合してあるものを見ると、チッソの配合率が多いものが多いようです。

多分チッソは多すぎるぐらいなので、他の栄養素を補充できるものがいいのですが…
以前は、有機肥料、牡蠣がら石灰、団塊構造の園芸用の土を苗の根元に撒くという感じにしていたのですが、土づくりに詳しい方、お教えください。
よろしくお願いします。

チッソ過剰の家庭菜園の土壌改良についてお尋ねします。
菜園の広さは2.5平方メートルぐらいです。

今春、トマト、きゅうり、なすびなどの植え付けの時、いつもは有機肥料を買いに行くのですが、
横着をして、身近に残っていた硫安と化成肥料を入れて、チッソ過剰の障害を起こして大失敗してしまいました。
大玉トマトときゅうりは、すでに抜いて、ミニトマトは花ができても、実にならなくてぽとぽと落ちてしまいます。ネギは、いつも市販のもののようになるのに、やっこネギかという細さです。
なすびも枝が茶色...続きを読む

Aベストアンサー

どんな管理をしていたのか、お書き頂いた事だけでは十分には分かりかねますが、

硫安や化成肥料をどれだけたくさん撒いたのか知りませんが、
化学肥料の窒素過剰の害なんて、そんなに長く残ることはありませんよ。
土の中の過剰の窒素は、硝酸化性作用によって、アンモニア態から硝酸態に変わり、
硝酸態の窒素は、土に吸着されないので、「来春までに」はもちろんのこと、
雨がしっかり降れば流れて無くなってしまいます。

本当に窒素過剰かどうかは別にしても、
私はむしろ、有機肥料をたくさん与え続けたこと影響かもしれないと思います。
有機肥料からの窒素は、(化学肥料と違って)いつまでもダラダラと出てきて、
影響が長く残ります。

石灰については有機石灰や牡蠣がら石灰を勧める人もいるでしょうが、
本質的に、普通の苦土石灰や石灰を越える効き目があるとは考えられません。

土の中に過剰な窒素があってそれを減らすことが出来ない場合の裏ワザとして、
稲わらなど、窒素の少ない(CN比の高い)有機物を土に混ぜ込む方法があります。
過剰な窒素を、藁に取り込んでもらうのです。
取り込まれた窒素は、あとからじわじわと効いてきます。

どんな管理をしていたのか、お書き頂いた事だけでは十分には分かりかねますが、

硫安や化成肥料をどれだけたくさん撒いたのか知りませんが、
化学肥料の窒素過剰の害なんて、そんなに長く残ることはありませんよ。
土の中の過剰の窒素は、硝酸化性作用によって、アンモニア態から硝酸態に変わり、
硝酸態の窒素は、土に吸着されないので、「来春までに」はもちろんのこと、
雨がしっかり降れば流れて無くなってしまいます。

本当に窒素過剰かどうかは別にしても、
私はむしろ、有機肥料をたくさん与え続けたこと...続きを読む

Q家庭菜園 土壌改良について

小さな庭に野菜を植えています、植える前には石灰を撒き、堆肥を混ぜて土を作ったのですが、野菜の生長が悪く、先日酸性度を調べたら、Ph7.0くらいありました、これがどのような影響を及ぼすのかよくわかりませんが、酸性度が高いですよね、野菜が植わっている状態で今からアルカリ性に近づけるにはどうしたらよいのでしょうか?

Aベストアンサー

あなたの場合は生育が悪くなってから酸度値を調べられましたよね。
どちらかと言えば最初に酸度値を調べ、どの程度まで石灰を入れれば
良いのか調べるのが普通です。
例えば石灰を入れる前の酸度値が6.5だったとします。ほとんどの
植物が好む酸度値は5.5~6.5の弱酸性ですから、6.5は植物
が好む酸度値のギリギリセーフになります。適切な酸度値なのに石灰
を入れたら、弱アルカリ性に傾くので植物の生育は悪くなります。
中性である7.0に石灰を入れると、弱アルカリ性から強アルカリ性
になり、作物は育たなくなります。

どの程度の石灰を入れたか分かりませんが、雨は酸性ですから得に何
もしなくても自然に酸性土壌に傾きます。ただし石灰を大量に入れた
時は、雨に任せても酸性土壌に傾く事はありません。土壌を酸性土壌
にさせる必要があり、その時はピートモスを入れて酸性にします。
ピートモスは強酸性で、袋に入っている物は完全に乾燥しています。
そのままでは土に馴染みませんから、バケツにピートモスを入れ水を
入れて暫く置いて水を十分に吸収させます。後は軽く絞って土に混ぜ
合わせるようにします。量は事前に酸度値を計り、酸度値によって量
を加減して下さい。

あなたの場合は生育が悪くなってから酸度値を調べられましたよね。
どちらかと言えば最初に酸度値を調べ、どの程度まで石灰を入れれば
良いのか調べるのが普通です。
例えば石灰を入れる前の酸度値が6.5だったとします。ほとんどの
植物が好む酸度値は5.5~6.5の弱酸性ですから、6.5は植物
が好む酸度値のギリギリセーフになります。適切な酸度値なのに石灰
を入れたら、弱アルカリ性に傾くので植物の生育は悪くなります。
中性である7.0に石灰を入れると、弱アルカリ性から強アルカリ性
になり、...続きを読む

Q百合を植えるのに良い土壌改良や肥料は?

関東ですが、庭にカサブランカの球根を植える予定です。
深く植えたほうが良いと聞いたので、バーク堆肥やピートモスの
ようなものを園芸店で買ってきて、盛り土してから植えようかと考えました。
カサブランカの花を咲かせたいのですが、何を買ってきて土壌改良や
盛土するとよいのでしょうか?

Aベストアンサー

 百合の球根を植えるのに、1月はぎりぎりというところでしょうか(通常は11月か、遅くとも12月)。でもまだ大丈夫だと思います。
 百合の場合、一番大切なのは風通し(ウイルス発生を抑えるため)と品種に合った日当たりです。カサブランカの場合はあまりかんかん照りではない方がむしろ良いので、日本の庭ならば、平均的な環境でまず大丈夫だと思います。
 庭植えならば少なくとも30cmの深さに植えたいところ。バーク堆肥や腐葉土(細菌のない上質のもの)を混ぜるのはもちろん良いことですが、ぜひやりたいのは球根の上部(下ではなく)に緩行性の肥料をすきこんでやることです。百合は球根より上の「上根」から養分を吸収しますので、そうすると翌年、もっと良くなります。
 芽が出て、伸び始めたら(5~6月頃)、アブラムシがいないかどうか毎日チェックし、いたら必ず退治(薬よりつぶすのが確実です)してください。そうしないと、必ずと言ってよいほどウィルスにやられます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報