三角形要素を用いた場合、隣り合う要素間で応力が結構違う場合があるのですが、これはどう考えればよいのでしょうか。誰か答えてください。

A 回答 (1件)

 状況がよくわからないので断定できないのですが、使用されている三角形要素が1次要素で、かつ問題の部分の要素の大きさが不適当ということが考えられます。


 1次三角形要素(三角形要素に限りませんが)では、隣接要素間での変位の連続性は保たれていますが、応力は要素内一定で隣接要素間で不連続です。そのため、応力集中が起こるような部分の要素はその他の部分に比べ、小さく密にする必要があります。応力の変化が激しい部分ですから、本来の応力分布を近似するためには細かく区切らなければならないわけです。
 ですから、高次要素を使うか、問題の部分の要素分割を細かくすれば改善されるかもしれません。また、一般に三角形要素よりも四角形要素を使ったほうが精度が良くなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のレスありがとうございます。
材料として、セラミックスを仮定しているため、ヤング率が大きく、確かに大きな集中応力が発生しています。アドバイスのとおり、もう少し検討してみようと思います。

お礼日時:2000/12/28 23:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q誰か教えてください! 三角形DEFは、三角形ABCの2分の3の拡大図です。 辺BCの長さは、辺EFの

誰か教えてください!
三角形DEFは、三角形ABCの2分の3の拡大図です。
辺BCの長さは、辺EFの長さの何倍ですか?

Aベストアンサー

2/3倍。

Qこの図形の中に三角形はいくつありますか? 答えのわかる方、教えてください。 宜しくお願いします!

この図形の中に三角形はいくつありますか?

答えのわかる方、教えてください。
宜しくお願いします!

Aベストアンサー

6マスの三角形1個
4マスの三角形2個
3マスの三角形2個
2マスの三角形6個
1マスの三角形4個
計15個

Q配管の応力集中についてと、有限要素法について

はじめまして。

私は有限要素法解析ソフトで、段付き配管の4点曲げを解析しています。
変位(配管を下げた長さ)に対する、荷重を調べたいと思い解析したのですが、変位が100mm位で荷重が低下する結果が得られました。

段付き配管の段のところで応力集中が起こり、そのせいで、荷重が低下したのでしょうか?

応力集中が起こると、変位に対する荷重も低下するものなのでしょうか?

座屈が生じたのかと思ったのですが、解析ソフトの結果を見ても、それらしい状態図が表示されなくて、ただ応力集中が見て取れるだけです。

漠然とした質問で申し訳ないのですが、よろしければ回答お願いいたします。

Aベストアンサー

単純に降伏して組成変形しただけでは?
私がFEMをやるときには、降伏現象を考慮しないでやるのでその辺の説明はすっ飛ばして読んでいますが弾性限や組成変形時の挙動を考慮できるモデルになっているため応力集中部で弾性限を越えた状態になっていないか解析結果と材料物性のモデリングを確認したほうが良いと思います。

Qこの答えは60で合ってますか? 違ってる場合はその理由も教えてください。

この答えは60で合ってますか?
違ってる場合はその理由も教えてください。

Aベストアンサー

No.3です。
補足が付いたので、解決済みとは思いますが、回答しておきます。
それぞれの数字の出し方は同じです。
もしかして!っと思ったけど本当にそうだったとは。
やらかしましたね。
まあードンマイ。

Q場の屋根はどうして三角形が並んだ形?

工場の屋根って横から見ると一方が斜面になって一方が垂直、という形がいくつも並んでいるものをよく見かけますよね。
あれにはどういった意味があるのでしょうか?あの形の屋根をもった工場は何か特定の製品を作っているのでしょうか。

Aベストアンサー

あれはガラス窓になってます。
広い建物内部でも明かりを取り入れて電気代を安くする工夫です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報