暗く暑く大群衆と花火待つ   (西東三鬼)

 この俳句の季語は、「花火」の他に何があるのですか。教えてください。
「暑く」ですか、「暑し」と答えるべきですか。それともどちらでもいいのですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 まず、「花火」の季節に関して少し。



 江戸時代の松永貞徳の有名な俳諧書「俳諧御傘(ごさん)」には、「花火」は「秋」とされているようです。その伝統を受け継いで「花火」を「秋」とするものが多いようですが、実感を優先して「夏」とするものも増えてきているようです。
 私が見た歳時記も「晩夏」となっていました。要は、俳諧の伝統を重んじるか、実感を重んじるかの違いといえます。
 
 ついでですが、旧暦では1月から3月まで春(お正月を「新春」などといいますね。)、4月から6月が夏、7月から9月が秋です。だから、7月7日の七夕も伝統的には秋の季語になりますし、旧暦8月15日は秋の真ん中だから「仲秋の明月」ということになります。

 なお、「花火」が「秋」とされたのは、京都の大文字焼きなどと同様に、お盆の行事としてとらえられていたからだそうです。 

 江戸で有名だった両国の花火(涼み舟を出すことが許される、隅田川の川開き)は旧暦5月28日に行われていたようですが、両国の花火の元々の起こりは、大飢饉や疫病による死者供養の目的もあったようです。でも、花火は夏のものという実感は江戸時代からあったかもしれませんね。

 なお、旧暦は年によって違いますが、新暦(現在の暦)と比べて1ヵ月ぐらいはずれているので注意が必要です。(今日3月6日は、旧暦では1月23日です。)

 それから、

> 「暑さ」、ですか、「暑く」ではだめですか?

 ダメじゃありません。たとえば「西瓜割り」は夏の季語ですが、「西瓜割る」と動詞の形で使っても季語として認められます。
 No.2 の方が言っていらっしゃるように、「暑さ」「暑し」「暑き」あるいは「暑く」と品詞が変わったり、活用したりしても季語になります。
 テストなんかで「季語は」と聞かれたら、「暑く」と句中の語で答えて言いと思います。

 一つの句に二つ(以上)季語が入るのを「季重(きかさ)なり」といい、感動の中心がぼやけてしまう危険性があるので、「できれば避けた方がいい」ということになっています。
 御質問の句では、「花火」を待っている気持ちが句の中心だと思われます。「暑く」の方は「暗く」「大群衆と」と並べられて、あくまで「花火」を待っている状況の説明です。したがって、「花火」が主、「暑く」が従ということになり、季重なりで感動の対象が分散して、感動が薄められるといことにはならないと思います。
    • good
    • 0

 


  ちょっと違っている可能性があるのですが、「花火」は夏です。「晩夏」になります。他方、「暑さ」「暑し」「暑き」などは、「三夏」の季語です。「三夏」は、「初夏」「仲夏」「晩夏」共通の「夏」の意味で、この場合だと、「暑き」と「花火」は、「晩夏」の季節で一致します。大群衆・群集は特に季語ではないようです。
 
  なお、これは、連句用の「季寄せ」という本を参照しています。俳句の季語は、四季節ですが、連句は十六季節+アルファで、「晩夏」の花火が俳句の季語としては、「秋」に入っているのかも知れません。
 
    • good
    • 0

「花火」は意外かもしれませんが、秋の季語です。


もう一つ、あえて季語をあげろといわれれば、
「暑さ」でしょう。でもこちらは夏の季語です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくありがとうございます。
>「花火」は意外かもしれませんが、秋の季語です。
ちょっと驚きですね。

>「暑さ」
 「暑さ」、ですか、「暑く」ではだめですか?

お礼日時:2002/03/05 21:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q西東三鬼の「水枕ガバリ…」のことでお聞きしたいです。

西東三鬼さんの
「水枕ガバリと寒い海がある
 豊年や松を輪切りにして戻る」
という俳句の、意味?を教えて頂きたいです。
学校の授業で調べなければいけなくて、自分でもいろいろ
探してみたのですが、なかなか見当たらなく
大変困っています。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

【豊年や松を輪切りにして戻る】

稲が豊作なので、今日は釜でその米でご飯を
炊く事にしよう。
燃料にするために倒れている松木を
輪切りにして持ち帰った。

こんな解釈でいかがでしょうか。

Q俳句の季語「卯の花腐し」について

俳句の季語「卯の花腐し」について
「卯の花腐し」は名詞的性格を有するものと考えていましたが、次のような使い方が目にとまりました。
・・・卯の花腐つ・・・
「卯の花腐つ」の「腐つ」は文法的にはどのように解釈するのでしょう。また例外的な使い方でしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

なお「くたし」の方は他動詞「くたす」の連用形名詞。

「くたす」は〈朽ちる〉に対する他動詞と辞書(大辞林)にあり。

Q俳句の季語 「山微笑」の読み方

春の季語に、「山笑う」「山笑ふ」がありますが、
高橋睦郎氏の俳句 「山微笑そのさざなみや空渡る」の「山微笑」も
「やまわらう」と読むのでしょうか?
それとも、文字そのまま「やまびしょう」と読んでよいのでしょうか?

Aベストアンサー

根拠があるわけではないのですが、「やまわらふ」と読むのだけれども、詩人の高橋睦郎氏の作であるだけに、文字として見た場合の文字の面白さも考えて「山微笑」という漢字を当てたのではなかろうかという気がします。
「やまびしょう」と読むのであれば、耳で聞いた感じが、ただちに「山笑ふ」と結びつかなくて、頭の中で文字を操作してから初めて理解するという、面倒なことになります。
もしも特殊な読み方をして欲しいのであれば、振り仮名とか註とかが必要になってしまいます。
ということで、あくまでも私見に過ぎませんが、私としては、すなおに「山笑ふ」と読むのではあるまいかという気がいたします。

Q至急お願いします!!!! 俳句の宿題があります。 お題が「中尊寺」、「湯殿山」で必ず夏の季語を入

至急お願いします!!!!

俳句の宿題があります。
お題が「中尊寺」、「湯殿山」で必ず夏の季語を入れなければならいのですが、、、

・中尊寺
「緑陰に映ゆや金色中尊寺」

・湯殿山
「湯殿山こころ新たや滝の行」

という風に考えたのですがどうですか?アドバイスもしくは直し、よろしくお願いしますm(*_ _)m

Aベストアンサー

「緑陰に映ゆや金色中尊寺」 → 「緑陰に金色映ゆる中尊寺」 でも宜しいかと思います。金色と中尊寺が続いているところが・・・。

「湯殿山こころ新たや滝の行」 → 「湯殿山こころ新たに滝の行」 では如何でしょう。心新たにの方が新鮮かな。

いずれにしても、上手ですね。

参考までに。

Q俳句の季語、その他について

ボランティアで点訳をしている人に頼まれて、俳句の季語、動植物、その他の行事
そして、それぞれの句、についてまとめる事になりました。
解りやすくまとめられた書、または、URLご存知の方、いらっしゃいませんでしょうか?よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 
それは、インターネットのページで調べるよりも、書籍で購入した方がよいと思います。下の「季寄せ」というのは、連句で使うものですが、16季節プラスになっているだけで、基本的には四季節を細分したもので、俳句にも使えます。

最初にあげた文藝春秋の「季寄せ」が一番いいように思いますが、入手しにくいかも知れません(以下の Amazon.co.jp ならすぐ入手できるようですが)。また、この季寄せは、自然・動植物・行事などに分かれていて、見本の俳句も季語ごとに入っています。

>「季寄せ」
単行本 (1994/11/01) 文藝春秋
価格: ¥2,000

>「ホトトギス季寄せ」
稲畑 汀子 (編集) 単行本 (1997/11/01) 三省堂
価格: ¥1,900

>「季寄せ」
角川 春樹 (編集) 単行本 (2000/02/01) 角川春樹事務所
価格: ¥1,900

>「NHK出版 季寄せ」
平井 照敏 (編集) 単行本 (2001/10/01) 日本放送出版協会
価格: ¥2,800

普通の俳句に使う季語を調べるのは、「俳諧歳時記」で調べるのですが、これは色々な種類のものが出ています。普通、四季節に応じて、四冊に分かれていますが、春夏扁、秋冬編の二冊や、一冊にまとまっているのもあるはずです。

以下の角川の「俳句歳時記」も、一冊本があったと思います。
季語は非常に多いので、ネットのページでは、限界があります。
「季寄せ」、特に最初にあげたものが一番よいようにも思います。

「ハンディ版 入門歳時記」というのは、どういう本か知りませんが、コンパクトな本だとしたら、この本がいいかも知れません。

>「第三版 俳句歳時記〈春の部〉」角川文庫
角川書店 (編集) 文庫 (1996/03/01) 角川書店
価格: ¥485

>「俳句歳時記 夏の部」角川文庫
角川書店 (編集) 文庫 (1996/05/01) 角川書店
価格: ¥544

>「俳句歳時記―新年の部」角川文庫
角川書店 (編集) 文庫 (1996/11/01) 角川書店
価格: ¥460

>「俳句歳時記 冬の部」角川文庫
角川書店 (編集) 文庫 (1996/10/01) 角川書店
価格: ¥485

>「俳句歳時記 秋の部」角川文庫
角川書店 (編集) 文庫 (1996/08/01) 角川書店
価格: ¥460

>「ハンディ版 入門歳時記」
俳句文学館 (編集)
価格: ¥1,400

>「今はじめる人のための俳句歳時記 (春)」角川mini文庫 (26)
角川書店 (編集) 文庫 (1997/02/01) 角川書店
価格: ¥194

書店に行って調べるなり、お店の人に尋ねますと、普通、大きな書店なら必ず置いています。季語はたいへん多いので、選ぶのに困ります。

また、以下のURLのオンライン・ショップである Amazon.co.jp から注文すれば、最初に挙げた「季寄せ」は数日で入手できます。

>AMAZON-CO-JP
>http://www.amazon.co.jp/
 

参考URL:http://www.amazon.co.jp/

 
それは、インターネットのページで調べるよりも、書籍で購入した方がよいと思います。下の「季寄せ」というのは、連句で使うものですが、16季節プラスになっているだけで、基本的には四季節を細分したもので、俳句にも使えます。

最初にあげた文藝春秋の「季寄せ」が一番いいように思いますが、入手しにくいかも知れません(以下の Amazon.co.jp ならすぐ入手できるようですが)。また、この季寄せは、自然・動植物・行事などに分かれていて、見本の俳句も季語ごとに入っています。

>「季寄せ」
単...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報