ユーロになるなあとうろうろしていたら、いつの間にやら市中銀行でフランスフランのトラベラーズチェックが両替できなくなってしまいました。トーマスクックで10年くらい前につくったやつですが・・・。結構な小金ですのでなんとしても日本円に戻したいのですが・・・。教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

つい先日フランスフランのTCをやっとこさ両替したとこですのでお役にたてれば・・・。



現金も残っていたので、急いで両替所にもって行ったら、現金はまだできますが、TCはできませんと言われました・・。発行元(私は東京三菱銀行発行でダイナースのTCでした)の連絡先を教えてもらい、そこに電話したら、1:どこでTCを作ったか(銀行・支店)
2:いつ作ったか
3:パスポートNo.
4:換金後のお金の振込先
と一緒に発行元に持って行く。2ヶ月後に振込先に入金しますと言われました。

同じ処理になるか解らないですが、私はそう言われました。私は去年旅行に行くのに作ったので、よく覚えてましたが、普通だったら忘れちゃうよな・・と思いました。
取り敢えず発行元にすぐに連絡した方が良いですよ。
TCは銀行とかでは1月までが期限だったと言われました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「実体験」は非常にありがたい回答です。
とりあえず「伊丹空港」にあった「東京銀行」で1993年購入までは覚えてますので,東三に連絡をとってみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/08 08:51

現金とT/Cの換金性を比較すると一般にT/Cの方が換金性が高いものです。


色々調べましたが2月17日以降は、現金の交換に手数料を取っても良く
6月30日迄は現地の銀行で両替出来るが、以降はフランス中央銀行や国庫
事務所に限定され、硬貨は2005年2月17日まで、紙幣は2012年2月17日まで、
手数料無しで両替できるようです。即ち現金は期限を過ぎると無効になり
ます。
詳細はこちら→http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/anzen/europe/17 …

しかし、T/Cはこの様な制限は発行体が倒産しない限り換金に応じる
ルールです。とは言いましてもフランスフランは無くなっていますので
(手形や小切手は今年1月の切替え以降全てユーロ換算での取引になっている)
以前の様に日本の銀行で直ぐに日本円に換えられないのでは?・・・・
(都銀数行のHPを見ましたが情報なし)
そうなると問題は取立て扱いになり手数料が結構高いので少額ですと赤字に
あるので事実上換金できません。

現在、トーマスクック単独のT/Cは存在しないのでは?と思うのですが
第一勧銀(参考URL参照)にT/Cのデザインがあります。この右の
肖像はクックさんではないでしょうか?お手持のT/Cの肖像と見比べて
下さい。同じであれば第一勧銀に問い合せするのが一番早いと思います。

参考URL:http://www.dkb.co.jp/kojin/service/service005.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かに手数料が高くつくかもしれません。
購入先は今はなき「東京銀行」というところまで思い出しました。なんとか連絡とって見て小金を取り返しに行こうと思います。

お礼日時:2002/03/08 08:54

現金だと方法はあるようですが、TCでは・・。


発行元との直接交渉しかないのでは?

参考URL:http://www.geocities.jp/mitapon/efakansen_eur.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトラベラーズチェック(アメックス)の換金手数料が安い所はどこでしょうか?

昔はトラベラーズチェックの換金手数料が無料だった所もありますが、今現在、換金手数料が無料・もしくは手数料が安い所はどこでしょうか?
昔、作ったトラベラーズチェックを日本かアメリカで換金したいと思っています。

Aベストアンサー

アメックスに聞いても全然参考になりません。銀行によって手数料は違うのと、すぐ無料のところも変わってしまうのでとにかく現地で聞いてみるしかありません。ただ、昔より手数料なしで換金してくれるところは少なくなりましたね。たまにチェックで支払できる店舗でお釣りは現金でくれるところがあるので、そういうところで使ってお釣りで現金化することも可能です。

Qユーロへの両替

今日、ユーロへの両替レートを調べたところ 一週間前よりだいぶ下がっていたのですが、まだ下がりそうでしょうか?今月末から旅行にいくので、ユーロへの両替を今したほうがいいのか、もう少し待とうか考えています。為替は変動するもの、というくらいの知識しかないので、皆様の考えをお聞かせください。

Aベストアンサー

こんにちは。

ユーロですが、約1年ぐらいかけて下がると言われているようです。
ただ、今月中に例えば10円レベルで下がるようなことはないと思われます。
また、両替される額にもよりますが、数円の上下では両替した際の金額にあまり差はありません。
例えば、
20万円を1ユーロ=163円で両替した場合、1212ユーロ、
20万円を1ユーロ=160円で両替した場合、1250ユーロ、
20万円を1ユーロ=155円で両替した場合、1290ユーロ、というように
100ユーロ以下の差になります。

ですので、私なら150円台になった時点で以前より多少安く感じるので、両替はすると思いますが、両替の金額によっては大差がないので、いつ両替されても良いかと思います。

旅行を楽しんできてくださいね。

Q米ドルやトラベラーズチェックへの換金

恐れ入ります。
米ドルやトラベラーズチェックへの換金って所要時間はどのくらいなのでしょうか?

明日、出発するのですが空港で換金するのに混んでいる場合があるそうなので、地元の友人と合流する前に最寄の都市銀行で換金したいなぁと思ったのですが、当日ではトラベラーズチェックは発行できませんか?

どうぞご教示ください。

Aベストアンサー

現金でしたら、混んでなければ1、2分で終わると思います。
換金場所によって、所要時間が違うと思います。
銀行より銀行以外の両替所の方が早いです。
また、店に外貨現金自動販売機があれば、すぐですよ。
トラベラーズチェックについては、当日でも発行できますよ。
トラベラーズチェックの発行には、受け取りのサインとかが必要なので3、4分は掛かります。

Qユーロ両替について

来年または1年後にヨーロッパに行こうと思っているのですが
今のうちに10-15万円程ユーロに替えておこうと思います。

三井住友の外貨両替しか利用したことがないのですが
どこか他に良いレートの銀行/両替商をご存知の方はいらっしゃいますか?

ちなみに大阪で現金で替えるつもりです。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 両替レートの有利不利は、基準となるレートからの上乗せ分の大小で判断できます。「基準となるレート」とはそもそも何か、その数字自体が金融機関ごとにバラバラなのではないか、といった点については付記(為替用語の説明)で説明していますのでご覧ください。

 ユーロ現金への両替の場合、メガバンクでは三菱東京UFJ銀行[1]と三井住友銀行[2]が公示仲値+4円で最も有利です。公示仲値が1ユーロ=125円60銭のとき、顧客へのユーロ現金売りレートは129円60銭ということです。郵便局(ゆうちょ銀行)も公示仲値+4円ですが、外国為替取扱局は少なく、その中でもユーロ常備局となると僅かなので注意が必要です。メガバンクのうちみずほ銀行[3]は公示仲値+6円なので候補から外して下さい。
 関西の地銀にも公示仲値+4円のレートを出しているところがあり、知る範囲ではみなと銀行、泉州銀行が該当します。またみなと銀行、泉州銀行(*1)は一部の出張所で数十銭程度のレート優遇を行っています[4-6]。
 金券ショップは公示仲値+3円~3円50銭程度で営業しています。大阪および近郊でレートのよい金券ショップを知る範囲で[7-9]に記しました。ただし金券ショップは昨今の円高で外貨を買う客が殺到し、在庫切れも常態化しているようです。金券ショップを覗いて在庫がなければ銀行に回る、といった二段構えで対応する必要があるでしょう。(銀行でも在庫が切れていたり、在庫はあっても長蛇の列だったりすることがあります)

 前回ハンガリー、チェコへ旅行についてのご質問を頂いていますので、それらの国の有利な両替についても参考までに回答いたします。ブダペストのフェリヘジ空港の両替はOTP銀行が扱っており、日本円現金を両替した場合の銀行間レートからの上乗せは5.0%程度です。これはちょっと高めなので、すぐ隣にある現金自動預払機(以下ATM)で、クレジットカードを使ってキャッシングするか、デビットカードや国際キャッシュカードで引き出した方が有利です。ブダペスト市内の両替商は全般には良心的なレート設定で、日本円現金からの両替で上乗せ分は3.6%程度と少し有利です。
 これに対しチェコの両替は曲者です。プラハのルズニェ空港の両替商は悪名高い"Travelex"が担当しており、レート自体悪い(日本円だと銀行間レートに上に7%上乗せ)上に、両替1回ごとの手数料を5%も徴収するなど勝手放題です。ここは空港内のATMからクレジットカードのキャッシングで引き出すのが防衛策です。プラハ市内まで出ると両替商はいくらでも見つかりますが、こちらも9割はボッタクリです(*2)。良心的両替商もわずかに存在するのですが、探す手間を考えるとATMからのキャッシングが最善解でしょう。

参考ページ
[1] http://www.bk.mufg.jp/gdocs/kinri/list_j/kinri/kawase.html
[2] http://www.smbc.co.jp/market/index.html
[3] http://www.mizuhobank.co.jp/corporate/bizinfo/information/market/cash.html
[4] みなと銀行三宮外貨両替コーナー 3円50銭(2008年1月現地確認済)
http://www.minatobk.co.jp/kojin/service/gaika_ryogae.html
[5] 泉州銀行クイック外貨両替ショップ難波駅店 3円40銭(現地未確認)
http://www.senshubank.co.jp/tenpo/gaika/namba.html
[6] 泉州銀行関西国際空港出張所 3円40銭(現地未確認)
http://www.senshubank.co.jp/tenpo/siten/077.html
[7] 甲南チケット(関西各地) 3円50銭(2007年1月現地確認済)
http://www.kounan.com/
[8] チケットゾーン(梅田) 売り3円上乗せ 買い3円40銭差し引き
http://www.ticketzone.jp/gaika/gaika_index.html
[9] チケットショップトーカイ(京都) 3円
http://kinken.homepage.jp/change/
[10] http://www.senshubank.co.jp/kojin/service/gaika/gaika_list.html

付記 為替用語の説明と「基準となるレート」について
・銀行間レート 外国為替市場において文字通り金融機関間の取引に使われるレートで、新聞やテレビが「今日の東京外国為替市場、終値は1ドル=98円05銭でした」と報じているレートは断りのない限りこの「銀行間レート」です。一般の顧客はこのレートでの取引きはできず、必ずいくらかの手数料を上乗せして支払います。
・公示仲値 銀行間レートは常に変動しているため、両替や送金の基準レートとして使うと処理が煩雑になります。そこで各金融機関は銀行間レートを参照しながら「公示仲値」というレートを定め、その日の取引の基準レートとして用います。
 公示仲値と銀行間レートは厳密には一致しませんが、為替取引の有利不利を考える上では同一視して差し支えありません。また公示仲値は各金融機関が独立に定めるため金融機関間で若干ばらつきがありますが、その差は0.1%か大きくても0.2%以内です。銀行間レートとかけ離れた円高/円安のレートになることはありません。
・対顧客電信売レート(TTS) 外貨現金のやり取りを伴わずに外貨を買う取引きで適用されるレートです。具体的には外貨建てトラベラーズチェックの購入、外貨預金、外貨建て国際送金などが該当します。TTSは決まった幅の手数料(為替手数料)を公示仲値に上乗せすることで機械的に計算されます。TTSと反対に顧客が外貨を売る=銀行が買う取引きで適用されるレートがTTBです。
・外貨現金売りレート 外貨現金の取扱いでは発行国からの輸送コスト、運用に回せないことによる死蔵コスト、為替変動によるリスクが必然的に発生します。そこで外貨現金のやり取りを伴う取引きには「外貨現金取扱手数料」を課すことでコスト/リスク対策をしています。実際の両替ではTTSに外貨現金取扱手数料を加算したレートが「現金売りレート」として発表されます。繰り返しになりますが送金(数字上での取引き)と外貨両替(現金のやり取りを伴う取引き)ではレートが異なるということです。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も海外での利用分を決済する関係で通貨間の換算レートを毎日設定します。これも前出の公示仲値と同様に銀行間レートを参照して決定されます。このレートのことを本回答では「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」と呼ぶことにします。
 銀行間レート、公示仲値、クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三者は厳密には一致しませんが、両替の有利不利を考える上では同一視して差し支えありません。私の過去のデータでは、クレジットカード会社が定める通貨間換算レートと銀行間レートの乖離は通常時で±0.4%以内、為替市場が大きく動いている局面で±1.0%以内です。これらを「基準となるレート」と考え、そこからの上乗せ分を比較するわけです。

*1 関西国際空港出張所で優遇を受けるには、予め申し込む、割引券を印刷して持っていく、同行か池田銀行のキャッシュカードを提示する、JCBカードを提示するのいずれかが必要です[10]。難波駅店は不要です。
*2 渡す札の枚数をごまかすといった手口でなく、レート自体をびっくりするような低レートに設定しています。店の外に「チェココルナ→外貨」のレートの看板だけ出しており、その数字は極端な「外貨高コルナ安」になっています。それにつられて「外貨→コルナの両替も外貨高コルナ安のお得な設定だろう」と思って両替すると、こちらは一転して外貨安コルナ高の設定で客が大損する仕組みになっています。レート表自体はちゃんと掲出されていて、その低レートもしっかりと記されているので、抗議しても「レート表通りですが」とかわされてしまいます。レートを「4万コルナ以下は別レート(さらに20%低い)」といった2段階設定にし、さらにむしり取る悪質店すらあります(短期の旅行者が4万コルナも両替することはまずあり得ない)。

 両替レートの有利不利は、基準となるレートからの上乗せ分の大小で判断できます。「基準となるレート」とはそもそも何か、その数字自体が金融機関ごとにバラバラなのではないか、といった点については付記(為替用語の説明)で説明していますのでご覧ください。

 ユーロ現金への両替の場合、メガバンクでは三菱東京UFJ銀行[1]と三井住友銀行[2]が公示仲値+4円で最も有利です。公示仲値が1ユーロ=125円60銭のとき、顧客へのユーロ現金売りレートは129円60銭ということです。郵便局(ゆうちょ銀行)も公示仲値+4円...続きを読む

Qバンクーバーかカルガリーの空港でトラベラーズチェックを換金

来月カナダに旅行します。
カナダではトラベラーズチェックが現金に近いぐらいのレベルで使用できると聞いたので、お金は8割方トラベラーズチェックで持って行く予定です。

ただ、現地について即必要なお金をある程度到着空港で換金しておきたいのですが、空港内の銀行では換金の手数料が必要になりますでしょうか?

バンクーバーなどで町中の銀行などでは手数料がかからない場合が多いようですが、もしバンクーバーかカルガリーの空港でトラベラーズチェックを換金されたことがある方がいらっしゃったら、手数料がかかったかどうか教えて下さい。

それと、同じくバンクーバーorカルガリーの空港内の銀行で日本円→カナダドルに現金の両替を行う場合、どのぐらいのレートになるのか(市中銀行や両替所とどのぐらい差があるのか)も、わかれば教えて下さい。

多少長めの旅行で所持金も多めになるので、できるだけお得に両替したいと思っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「バンクーバーかカルガリーの空港でトラベラーズチェックを換金」した事はありませんが、カナダ旅行リピーターです。

> カナダではトラベラーズチェックが現金に近いぐらいのレベルで使用できる

都市や店の規模にも依りますね。バンクーバーはカナダ第三の都市ですし、観光客も多いのであまり問題ないと思いますが、カルガリーぐらいのクラスの都市だとどうでしょうか…
カルガリーより更に都市の規模としては落ちると思いますが、それでも中部を代表する都市の一つ、ウィニペグの空港では「空港内の売店」でTCの使用を拒否された経験があります。で、

> 空港内の銀行では換金の手数料が必要になりますでしょうか?

仕方なくその空港内での換金所で100ドルのTCを換金したのですが、確か手数料が10ドルぐらいかかったと記憶しています。
ただし、そこは外貨両替のレートも一律に悪かったですから、他の都市の空港ではいかほどかはわかりませんが。

> バンクーバーなどで町中の銀行などでは手数料がかからない場合が多いようですが、

TCはAMEXだと思いますが、昔は”AMEXの”(TCを換金できる)トラベラーズ・オフィスが都市部には数カ所あって、そこでのTCからカナダドルへの換金は勿論無料だったので銀行での換金をしなくて済んだのですが、ここ数年ですっかりなくなってしまいました。なので、近年は私も銀行での換金を利用したりしているのですが、少なくとも私の利用したToronto Dominion Bank(通称TD)、Bank of Montreal(通称BOM)では2007年の時点ではいずれも手数料は無料でした。
#ただしこれはカナダ東部での話であり、ここ数年の間にバンクーバーでTCを銀行で換金した経験はありません。
#カルガリーに至ってはNo.1様の様な実例もある様ですね。

> 現地について即必要なお金をある程度到着空港で換金しておきたい

「現地について即必要なお金」があるなら、予めその分は日本でキャッシュを用意しておく方が確実だと思います。空港からの足代・市内交通費・ちょっとした買い物等であれば多分、100ドルもあれば充分でしょうし。私も旅行の際は必ず多少の現金も持って行きます。

> できるだけお得に両替したいと思っています。

お泊まりのホテルが中級程度以上であればフロントで手数料なしで換金してもらえる場合が多いです。一泊100ドル前後のクラスのホテルに宿泊した際にも換金しましたが手数料を取られたことはありませんでした(それ以下の安宿では換金を試した事がないのでわかりませんが…)。
#もちろん、いっぺんに大量の換金は無理なので、せいぜい一回に100~200ドルぐらいに留めておきましたが。

あとは、TCを使えるお店では安い値段のものをTCで購入(例えば10ドルのものを飼うのに50ドルTCを使用するなど)してお釣りをもらって、少額の現金をせっせと作る、というのも一つの手だと思います。

#ここに書いてある事と重複しますが、参考までに。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4180641.html

「バンクーバーかカルガリーの空港でトラベラーズチェックを換金」した事はありませんが、カナダ旅行リピーターです。

> カナダではトラベラーズチェックが現金に近いぐらいのレベルで使用できる

都市や店の規模にも依りますね。バンクーバーはカナダ第三の都市ですし、観光客も多いのであまり問題ないと思いますが、カルガリーぐらいのクラスの都市だとどうでしょうか…
カルガリーより更に都市の規模としては落ちると思いますが、それでも中部を代表する都市の一つ、ウィニペグの空港では「空港内の売店」...続きを読む

Q【ユーロ安】ユーロを売った後のユーロの行き先は?

いつも本サイトには大変お世話になってます。
回答して頂く方、誠にありがとうございます。


今回も質問させて頂きます。
表題の件、とても基本的なことかもしれませんが、
一時的に95円/ユーロに迫るユーロ安・円高になりました。
これは、ヘッジファンドが過去最高額のユーロ売却を行ったことも一つの要因だと聞いてますが、

果たして、売却後のユーロはどこに言ったのでしょうか?
米ドルかなって思ったのですが、ユーロ/米ドルは5年間で15%ユーロ安になっている程度なので、
他にもマネーの流れ先があるかなと思って質問しました。

新興国?中国?原油?商品?
いろんな流れ先があるかと思うのですが、何かご存知のことがありましたら教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

CDS ヘッジファンドはユーロ危機からユーロを売ったんで、ユーロ圏のCDSがあれば危機は逆に大歓迎でしょ。
春にデフォルトかとも言われてるんで、倒産前とか危機とかネタがあれば必ずCDSに流れるんです。
海外のCDSの額のここ数年の伸び方を見れば一目瞭然でしょう。

Qトラベラーズチェックを換金 行先シドニー

トラベラーズチェックを換金した場合
手数料はどの程度かかるのでしょうか?
また、換金の際はパスポートのコピーを見せるの
ではまずいのでしょうか?

現金持っていき外貨両替した方が
手数料は安いのでしょうか?

Aベストアンサー

換金したい金額はいくらですか?また留学ですか?現地で銀行口座を開設する予定はありますか?それによっても解答はは異なりますので、よかったら教えてください。

換金する場所によって手数料がことなりますが、手数料が無料なところはレートが悪い傾向があるので、結果的に損をすることもあります。手数料とレートの両方を含めて比較した方が良いでしょう。
例えば、カジノやアメリカンエキスプレス等のT/C発行会社の窓口は、手数料無料です。両替商や多くの銀行では、換金額の○%です。ANZ銀行では、金額に関わらず1回につき4or5ドルだったので、ある程度まとまった金額(4~5万円くらい)なら、ANZ銀行がお得だと思います。

> 換金の際はパスポートのコピーを見せるのではまずいのでしょうか?
コピーではNGのところもありますし、受付の人によってもNGだったりするので、コピーじゃないほうが良いですね。

> 現金持っていき外貨両替した方が手数料は安いのでしょうか?
現金より、トラベラーズチェックで持って行った方がレートが良いし安全です(万が一紛失しても翌日には再発行されます)。

換金したい金額はいくらですか?また留学ですか?現地で銀行口座を開設する予定はありますか?それによっても解答はは異なりますので、よかったら教えてください。

換金する場所によって手数料がことなりますが、手数料が無料なところはレートが悪い傾向があるので、結果的に損をすることもあります。手数料とレートの両方を含めて比較した方が良いでしょう。
例えば、カジノやアメリカンエキスプレス等のT/C発行会社の窓口は、手数料無料です。両替商や多くの銀行では、換金額の○%です。ANZ銀行では、金額に...続きを読む

Q円からユーロへの現金両替

来年2月からユーロ圏で生活をします。
現在ユーロが一時に比べ安くなっているので
今のうちに将来の生活費として
円からユーロにある程度替えておこうと考えています。
日本国内の銀行では外貨預金はできても、
ヨーロッパで直接現金を引き出すことができないようです。
こういったケースの場合、どのようにするのが一番お得なんでしょうか。
手数料がかかりますが、日本にてユーロを現金で両替しておき
ハンドキャリーするしかないのでしょうか。

Aベストアンサー

永住ならヨーロッパの銀行に送金すればいいんじゃないですか。日本に戻らないのであれば損ではなく得し損ねただけですから。いずれ戻るなら両替すればいいと思います。

Qロンドン・パリにおけるトラベラーズチェック換金

一週間の旅程で、成田→ロンドン滞在後、ユーロスターでパリへ移動する予定でいます。
今のところ、Citibankで口座開設&トラベラーズチェック(Amex)を購入し、ロンドン・パリの各都市でトラベラーズチェックを現金化して過ごそうと考えており、出来れば換金手数料を少なくしたいと思っています。

1)ロンドン・ヒースローairportのamex換金所は手数料無料と聞いたのですが、パリのユーロスター発着駅付近でもそういった換金ポイントはあるでしょうか。
2)他にもロンドン中心部やパリ中心部で良い換金ポイントはあるでしょうか。
3)ここ数カ月で多くの銀行等のトラベラーズチェック購入手数料が上がった為、Citiでの口座開設を考えてたのですが、田舎に住んでいる為、最寄店頭に行くとそれなりに金額&時間の手間がかかってしまいます。Citiの他にもお勧め購入場所があったら教えて下さい。

知りたい比重として、1)≧2)>3)です。
1)は緊急、3)はお勧めがあれば参考にさせて頂きたい、という感じです。
どうか、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

1)パリだとオペラ座の前のオフィスにいくしかないと思います。
ユーロスターの駅で現金が必要なのはタクシーを利用するからですか?
パリ市内のタクシー代はそんなに高くないですし、公共交通機関を利用すればもっと安いので少額のユーロを持っていかれたほうがいいかと。
郵便局が無料だった記憶がありますが、今はどうなんでしょう。

2)他の方が仰っていた英国のマーク&スペンサーが無料でした。
ただ、中にはコンビニ版みたいな小さい店もあるのでそこで換金できるとは思えません。一週間という日程で店を探して、店の中で換金する場所をまた探してでは時間がもったいないような気もします。

「安く」を考えるなら日本から換金した少額の現地通貨を持っていき、クレジットカードで支払ったほうが結果的に安くあがるんじゃないでしょうか。イギリスは特にカード社会なのでレートの高いポンドのT/Cを持っていく必要はないかと思います。
ロンドンは基本的に博物館・美術館は入場無料のところが多いですし、ウェストミンスターやロンドン塔はクレジットカードが使えます。ウェストミンスターはオーディオガイドも売店もカードOKでした。駅で切符を購入したり、オイスターカードのチャージもすべてカードでできます。
パリもオペラ座はカードで支払いをした記憶があります。地下鉄のチケットもカードで買いました。

どういうご旅程なのかにもよりますが、現金を使うのはせいぜいタクシー代や屋外マーケット、小さなカフェやパブくらいなので、その分を現金で持っていくくらいにしたほうがいいのではないでしょうか。そんなにたくさんお金を使うわけではないならなおさら。換金所出たところでひったくりなんて話もたまに聞きますし。ロンドンのアメックスはオフィスの中にガラの悪そうな男性の集団が何もせずずっと居座ったりしていてとても換金する気にはならなかったことがあります。

1年ほど英国に滞在してカードとCitibankの口座から直接引き出すのみでしたがロンドンは現金なんてほとんど使いませんでした。ミュージカルや芝居の当日券をレスタースクエアで購入する場合に現金が必要だったくらいで。

1)パリだとオペラ座の前のオフィスにいくしかないと思います。
ユーロスターの駅で現金が必要なのはタクシーを利用するからですか?
パリ市内のタクシー代はそんなに高くないですし、公共交通機関を利用すればもっと安いので少額のユーロを持っていかれたほうがいいかと。
郵便局が無料だった記憶がありますが、今はどうなんでしょう。

2)他の方が仰っていた英国のマーク&スペンサーが無料でした。
ただ、中にはコンビニ版みたいな小さい店もあるのでそこで換金できるとは思えません。一週間という日程...続きを読む

Qドルからユーロへの両替

8月12日からニース周辺を旅行します。
現在、USドルを1,000ドル以上所有しているので、ドルをユーロに変えようと思います。
ニースの空港での両替は換算率が日本より悪いと聞きまました。日本でドルから日本円、日本円からユーロに変えるのと、ニースの空港で直接ドルからユーロに変えるのとどちらがいいでしょう。

Aベストアンサー

現状でドルからユーロへ直接換えてくれそうな所を
探しましたが、見当たらないので、
円を介して両替するしかなさそうですね。

成田で両替すると
http://www.narita-airport.or.jp/exchange/
1000ドル→121,030円→867.1013ユーロとなります。

2015/8/5現在
ユーロドルのレートは1.0891ぐらいですから、
1000ドル÷1.0891
≒918.19ユーロなので
867.10ユーロでは、
随分と目減りしてしまいます。

ニース空港か現地銀行なら
もっと交換レートはよいと思います。
目安としては、
交換レート1.1
1000ドル÷1.1=909ユーロ
最低900ユーロぐらいに換えられたら
十分ではないでしょうか。

お気をつけて。
Bon Voyage !


人気Q&Aランキング

おすすめ情報