ネットワークに接続(ダイヤルアップ)できなくするウィルスなんてあるのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

W95.MTXというウイルスに感染すると、ワクチンの製作会社へのアクセスができなくなります(参考URLを参照願います)。


この技術を応用すれば、ウイルスの増殖以外のインターネットアクセスができなくなるウイルスを作ることは可能でしょう。

しかし、そのようなウイルスはあまり増殖できないでしょう。なぜならば、異常が見つかり、対策が行われる時間が短くなるからです。

コンピュータウイルスとして怖いのは、感染したことがすぐわかるものではなく、特定の発病日以外は静かにしているものなのです。
感染したことがすぐわかるものは前述のとおり対策がすぐなされ、感染する端から駆除されます。
しかし、特定の発病日以外は静かにしているものは、発病日になるまでフリーパスですので、一気に何千万台のコンピュータに影響を与えます。
#無論ワクチンプログラムも今までのウイルスに似たファイルを注視し警告しますが、ここではまったく新しい手段を使用された(つまりワクチンが効かない)ウイルスとします。
逆に言えば、本当に全世界のシステムの破壊を考えるならば、特定の日に発病し、その日が来るまでは静かなウイルスの方が効果的です。

なお、私は「経験者」となっていますが、プログラミングの「経験者」であってウイルス作成の「経験者」ではないということを明記しておきます。

参考URL:http://www.symantec.co.jp/region/jp/sarcj/data/w …
    • good
    • 0

十分あると思いますよ。

ウイルス側にとって見れば接続できなくすればいいのだから接続のために必要なファイルを消すとか書き換えるとかすればいいだけです。そのようなファイルの中にはどのようなパソコン(ここではWindowsとして)にも必ず入っているようなファイルって言うのもあるので狙われやすいかもしれません。
    • good
    • 0

ネットワーク接続禁止を目的ではなくネットワーク関連のファイルを改変した結果、


ネットワークに接続できなくなったのでは?

たとえば、ウィルスではありませんが・・・・・
ダイヤルアップをQ2接続に変更するタイプなどは、ユーザーが
ADSLやQ2へのダイヤル不可の環境であれば結果的に接続不能状態になります。

当然、他にも様々考えられます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報