最近話題のマイナスイオンですが、仮に"本当にマイナスイオンが発生して空気中にただよっている"と仮定しても、わからないことがあります。
「酸性食物や酸性物質によって酸化された体に対して、マイナスイオン(=OH)が酸性血液を中和し、健全な抵抗力のある弱アルカリ性の血液に変える」
というのが売り文句のようですが、酸性物質が何かを酸化したり、マイナスイオンが酸性溶液を中和したりできるのでしょうか。「酸化」と「酸性」は一元的に見てよいのでしょうか。マイナスイオンがOHであるところにくせがあるのですが、どう考えればよいのでしょうか。無論、マイナスイオン効果を信じていないのですが、どうか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 別の方に答えたばかりで順番にこちらを見たら、既にNo.2の回答で詳しく述べられていて引用されているサイトも同じのようです。

失礼。
 アニオンはあっても「マイナスイオン」という言い方は無い、が共通認識です。造語と思って良いと思います。それで、私の解釈では水の粒子が負に帯電した物と認識しています。例えば、シャワーから水を出すと帯電した粒子が漂う・・・それで気分が良くなればそれで結構なことと思うのです。
 信じる信じないは問わず、効果があれば結構。プラシーボ効果でも構わないと考えます。しかし、もっともらしく、苛性ソーダの水溶液を持って来てアルカリイオン水は体に良いから金を出せ、などと吹聴するのは無責任だと思います。もう少し科学的な根拠を示して、本当の効果を知りたいと思うのは皆さん共通のことと思いますよ。
 血液の酸性に傾くというのは他の方の回答通りでpHの話とはちょっと違うようですので要注意。

 下記URLの化学のところの「マイナスイオンって」というトピで議論されています。参考までに。

参考URL:http://messages.yahoo.co.jp/yahoo/Science/index. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アニオンとマイナスイオンの違いについては、この話題について調べていてはじめて知りました。学校でも、アニオン、カチオンを教えるべきですね。中途半端で済ませるからこそ人間は変なものに引っかかりやすいものなんですよね。
ただ、pHの0.1あるかないかの違いを強調して酸性血液は危ないなどと言っている人々がそろそろ熱をさましてもいいんじゃないかとつくづく思います。

お礼日時:2002/03/11 20:23

追加。


「酸性血液」ですが、運動直後など、無酸素呼吸によって「乳酸」がたまって「疲労」のもととされます。
ただ、乳酸は、酸化されて最終的に二酸化炭素として排出されるものであって、「酸性」を「中和」してアルカリ性にする、というものではないはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「酸性」って漠然と捉えていましたが、なるほど乳酸ですか。生物の知識と化学の知識がなかなかつながらないものですね、両方高校で勉強しているというのに。いやそれ以前の問題ですね。
そう考えると結局、乳酸の分解が酸化にあたるわけですね。そうすれば、話が通りますね。「中和」って言葉はNo.1のお礼に書いておいたサイトがてきとーな理解でもっともらしく書いていたから出てきたんだと思います。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/11 20:15

もし、本当に「マイナスイオン」が部屋中に充満していたら、部屋がマイナスに帯電して、火花が散りますね。

下敷きでセーターをこすったみたいに。

以前、酸性と酸化のほか、いろいろの疑問の質問がありました。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=197886
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ほんと、現実に考えて不思議な現象を起こす機械がたくさん売られているものですよね。ただ、一言言わせてもらうとマイナスイオンと帯電とは微妙に異なるんじゃないですか。静電気とイオンは違うので。

お礼日時:2002/03/11 20:03

 エアコンや空気清浄機の売り文句として、最近マイナスイオンという言葉をよく耳にしますね。

インターネットで検索しても、多くのウェブサイトがヒットします。テレビでもいくつかの局で取り上げられているようです。このように話題のひとつとしては大変注目を浴びていますが、現在の「マイナスイオン」の取り上げられ方は科学者や科学に詳しい人の間ではあまり評判が良くないようです。
というのも、テレビでもウェブサイトでも同様に、

1.マイナスイオンの正体について科学的説明が十分になされておらず、
2.その効能の証明も不十分だったり、効能の証明そのものがなされていない

という場合が多く見られるからです。ひどい場合にはマイナスイオンとはオゾンであるというバカな説まで出る始末です(オゾンは人体に有害ですね)。

>「酸性食物や酸性物質によって酸化された体に対して、マイナスイオン(=OH)が酸性血液を中和し、健全な抵抗力のある弱アルカリ性の血液に変える」

 ご質問の売り文句中に、マイナスイオン(=OH)とありますが、OH^-は水酸化物イオンで、これは『陰イオン』『アニオン』ですね。水酸化物イオンはプロトンと反応して水になり、この反応を中和と呼びます。血液にそのまま当てはめることが出来るのかは知りませんけど、酸性溶液を中和する能力は水酸化物イオンにはあります。しかし、いわゆるマイナスイオンの正体が水酸化物イオンであるという証明はこれまでなされていません。したがって「マイナスイオンが酸性血液を中和し~」という表現は根拠の無い出鱈目ということになりますね。

>「酸化」と「酸性」は一元的に見てよいのでしょうか。

「酸化」と「酸性」は違います。酸化とは他の物質の電子を奪ったり酸素を結合させる化学反応のことを指します。一方、酸性とはその物質の性質のことですね。


「マイナスイオン」に関する記事をテレビや雑誌、新聞などコマーシャルメディアを通して目にした人がさらにその噂を広める、その結果として多くの人が「マイナスイオンは体に良い」と思い込むようになってしまったのではないでしょうか。大袈裟なことを言えば、一種の洗脳状態にあるように思います。

Yahoo掲示板でもマイナスイオンに関する議論がなされています。興味がありましたらごらん下さい。

http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m& …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まったくマイナスイオンについては同感です。
最近の健康番組といったらほとんどマイナスイオンつながりですからね。
観葉植物はマイナスイオンを出すからいいとか、電化製品はプラスイオンを出すから現代生活は不健康だとか・・・。
NHKだけはさすがに避けているようですがね。
ただ、ドロドロ血液の映像や、「酸化」や「酸性」といった言葉で学生時代に中途半端な知識を蓄えた人々の頭をくすぐるあたりは商売として完璧としかいえませんね。本来○○商法みたいなので捕まりそうなものですが。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/11 19:59

酸性と酸化性はぜんぜん別物ですよ。


水に溶かすとアルカリ性を示す酸化性物質はたくさんあります。

エアコンなどで宣伝に使われている「マイナスイオン」って一体何なのか、よくわかりません。あれは何なんでしょう?私も信じていない、というか、理解できません。 「マイナスイオン」=OHであると言っているのですか?

胡散臭いですねぇ。まあ詳しいリクツは良く知らないので完全に否定しきれませんが。酸性食物を食べると血液が酸性になるわけでもないですし、OH-イオンがそれだけで空気中を漂うことはできないと思います。水に溶けた状態で、ミストが漂うことならできるかもしれませんが、もしそんなものが漂っていたらかえって危険だと思うのですが。いずれにしてもカウンターカチオン(対になる+イオン)が必ず一緒に存在するはずですし、ちょっと簡単には信用できない話ですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてすみません。
その胡散臭いサイトは
http://www.kt.rim.or.jp/~ion/menu2.html
です。水のクラスターを云々と言っていたかと思ったら、マイナスイオン(=OH)なんて言いはじめたから困ってしまったんです。もちろん、酸性と酸化が根本的に違うことはわかっております(たまにうっかり間違えますが)。反語として投げかけてみました。ただ、一般にごちゃ混ぜに使われてしまっているような気がします。近くで無料体験と称してやっていた電子治療なる体験会場に半年ほど前行ったんですが、そこでも「ドロドロになった酸性血液に電子を与えてさらさらな血に・・・」とかなんとか言っていた覚えがあります。その場では納得してしまいました(恥)
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/11 19:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q犬の血液検査のCRP値の異常について

4歳のボーダーコリー(雄)を飼っています。去年暮れあたりから、寝起きのときだけに後脚がびっこをひくような感じがあり、かかりつけの病院で検査してもらったところ、レントゲン所見では異常がなく、血液検査でCPK2000オーバー、CRP4.4と出ました。一応、消炎剤で様子を見たところ、後脚については症状はおさまり、CPKはほぼ正常になったのですが、CRPは依然として下がりません。
症状としては、まだすこし寝起き時に後脚にぎこちなさは残るような気がしますが、それ以外に目立ったところはなく、食欲もあり、いつも通り元気です。
このような場合、何か病気が進行していることが考えられるのでしょうか?
うちの子は、ひどく神経質で、病院にいくとなると震えだしたり、待合室でもひどく落ち着きがなかったりします。特に、病院後の散歩のうんちが下痢ぎみだったり、膜がかかったようなうんちをする場合もあり(本人は全くもって元気ですが)、少なくとも腸に何らかの影響(ストレス)を与えているように思うのですが、これがCRPの数値に出てきているということは考えられるのでしょうか。
病院でも何も症状がないので様子を見ることぐらいしかできないのですが、どなたか同様な症状の子の経験がある方がいましたら、お教え下さい。

4歳のボーダーコリー(雄)を飼っています。去年暮れあたりから、寝起きのときだけに後脚がびっこをひくような感じがあり、かかりつけの病院で検査してもらったところ、レントゲン所見では異常がなく、血液検査でCPK2000オーバー、CRP4.4と出ました。一応、消炎剤で様子を見たところ、後脚については症状はおさまり、CPKはほぼ正常になったのですが、CRPは依然として下がりません。
症状としては、まだすこし寝起き時に後脚にぎこちなさは残るような気がしますが、それ以外に目立ったところ...続きを読む

Aベストアンサー

(^_^) こんにちは。3年前に腎臓病で17才の愛犬を亡くしました。

あくまで可能性のひとつ、仮説のひとつとして聞いてほしいのですが。

>寝起きのときだけに後脚がびっこをひくような感じがあり
>食欲もあり、いつも通り元気です。
>病院後の散歩のうんちが下痢ぎみだったり、膜がかかったようなうんちをする場合もあり

・・・ココのへんに、ウチのコのときの経験がチョットかぶる点があり、ひっかかるのです。
ウチのコが腎臓病が発覚したときなのですが・・・後ろ足を少し引きずっていて、捻挫とまちがえて病院に連れて行きました。
起き抜けや散歩の出かけはじめのころは足を少し引きずっているのですが、しばらくすると普通のなんでもない歩き方に戻ります。食欲もあり、とても元気にしていたので「捻挫でもしたのかナ?」と思いました。でも転んだとか、ぶつけたとかの心あたりは、まったく無いので、とても不思議でした。

うちのコが運が良かったのは、たまたま獣医さんが腎臓病の治療に自信を持っている先生だったことです。尿検査をすると、すぐに結果が出ました。ほどなくして多飲多尿やお漏らしの症状があらわれてきました。

腎臓は肝臓とともに「沈黙の臓器」といわれ、なかなか症状がオモテにでてこないので、腎臓病は、しばしば発見がおくれる病気です。主治医は、血液検査では腎臓病は発見することは出来ないと言います。腎臓は細胞の一部が損なわれても、残った細胞が倍の働きをして補ってしまうため、表面上は犬は元気になんともなく過ごしています。
血液検査でBANなどの数値が変化するのは、すでに腎臓の細胞が4分の3くらい損なわれていて、かなり重症になってからだそうです。

ウンチを包んでいる膜は腸壁がはがれたものです。腸に過剰な負担が、かかってしまっている証拠です。ウチのコもよく、そういうことがありました。コレがさらに悪化すると腸壁から出血を起こして、血便が出るようになるのだそうです。腎臓は解毒の器官ですから腎臓が機能低下を起こして弱りはじめていると、他の解毒器官である肝臓や大腸に、余分に負担がかかります。その結果という可能性もあります。
ただし、もしかしたらば・・・治療に消炎剤だけでなく抗生物質を使っているのかもしれません。そのせいで、下痢をするのかもしれません。ウチの主治医は抗生物質を使ったアトは、必ずビオフェルミンを飲ませておきなさいと言いますよ。

同じ「沈黙の臓器」といわれる肝臓ですが、肝臓は正しい治療をうければ、再生するのにくらべて、腎臓は一度損なわれた細胞は2度と再生しません。消しゴムのように磨り減っていく一方なのです。ココが腎臓病の怖いところなのですが。一方で食事療法などが効果的で飼い主の努力次第で、かなり寿命をのばすことも出来る病気でもあります。
とりあえず尿検査をしてみては、いかがでしょうか?オシッコに試験紙を浸すだけのカンタンな検査です。初期~中期の腎臓病の発見には尿検査が有効だそうですから。

CRP値とは炎症性の病気を疑う数値だそうですね。通常は関節炎などを疑うべきなのでしょうが。万が一、もしかして・・・腎臓が腫れていて・・・という仮説です。

(^_^) こんにちは。3年前に腎臓病で17才の愛犬を亡くしました。

あくまで可能性のひとつ、仮説のひとつとして聞いてほしいのですが。

>寝起きのときだけに後脚がびっこをひくような感じがあり
>食欲もあり、いつも通り元気です。
>病院後の散歩のうんちが下痢ぎみだったり、膜がかかったようなうんちをする場合もあり

・・・ココのへんに、ウチのコのときの経験がチョットかぶる点があり、ひっかかるのです。
ウチのコが腎臓病が発覚したときなのですが・・・後ろ足を少し引きずっていて、捻挫...続きを読む

Q酸性塩や塩基性塩は二段階中和の一段階目が終了したところ、すなわち反応途中にできる塩で、中和反応が全て

酸性塩や塩基性塩は二段階中和の一段階目が終了したところ、すなわち反応途中にできる塩で、中和反応が全て完了した場合、塩は全て正塩になる。
これで合っていますでしょうか?

Aベストアンサー

酸性塩はNaHCO3のように組成の中にHが残っている塩のことです、
塩基性塩はMgCl(OH)のように組成の中にOHが残っている塩のことです。
酸性塩塩基性塩は、塩の化学式の組成によって決められるもので、中和の過程や製造過程等で決めているものではないです。

正塩は酸性塩でも塩基性塩でもない塩で、化学式の中に-Hや-OHを含まない塩ですね。

反応の途中でできる終了してできる、のではなく化学式中の-Hや-OHが含まれるか含まれないかで、
酸性塩、塩基性塩、正塩か決まります。

Q血液検査の結果。CRP定量について。

私の母、(51歳)なのですが、足のくるぶしからかかとにかけて痛みと腫れが発生し、救急で整形外科へ行きました。

レントゲンの結果、骨などには異常がなく、
『ウイルス性のものもあるから血液検査をしてもらいに行ってください』と言われ後日内科へ行きました。

血液検査の結果、何も異常がないといわれたのですが
検査結果の用紙を見ると気になるところがありました。

CRP定性 (4+)
CRP定量 5.86

と書いてありました。

サイトなどで調べるとCRPはマイナスが正常だと
書いてあるところがほとんどですが、
定性によって適正な値は異なると書いてあり、
意味がまったくわかりません。

この数値には問題があるのでしょうか…。

Aベストアンサー

かつてCRPは定性的に測定され、(-)、(+-)、(1+)~(6+)としていました。
近年では定量法が普通となりましたが、従来の表現のほうがなじみやすい医師向け便宜的に定性法表示分類へ換算して併記する施設もあります。
どちらにしましても今回のCRPの値は明らかに異常値ですから原因を探る必要があります。
CRPは体内の種々の炎症性疾患で上昇するものですから、この値から特定の部位を推測することはできません。
足の症状の変化につれて値も推移するようであればその部位の炎症の程度を反映していると考えられます。
しかし、何らかの慢性的な病気が以前からあった場合は関連がわかりにくいこととなります。人間ドックなどで測定したことがあれば参考になるのですが?

足の痛みや腫れ、熱感が収まっていないようであれば、皮膚科、外科、整形外科がそろっている病院を朝、受診なさってください。

なお、似たような症状に長野県知事がなったことがあります。

参考URL:http://www.pref.nagano.jp/hisyo/governor/inform/phlegmon.htm

かつてCRPは定性的に測定され、(-)、(+-)、(1+)~(6+)としていました。
近年では定量法が普通となりましたが、従来の表現のほうがなじみやすい医師向け便宜的に定性法表示分類へ換算して併記する施設もあります。
どちらにしましても今回のCRPの値は明らかに異常値ですから原因を探る必要があります。
CRPは体内の種々の炎症性疾患で上昇するものですから、この値から特定の部位を推測することはできません。
足の症状の変化につれて値も推移するようであればその部位の炎症の程度を反映していると考えられま...続きを読む

Q【化学】塩基性酸化物って何ですか? アルカリ性の酸化物?どういうこと? アルカリ性の酸性??? そん

【化学】塩基性酸化物って何ですか?

アルカリ性の酸化物?どういうこと?

アルカリ性の酸性???

そんな物質ってあるの?

塩基性酸化物の例えの物質を教えてください。

Aベストアンサー

酸性と酸化は関係ありません。
っと言いたかったのかな?

アルカリ性の本体はOH^-(水酸化物イオン)ですが、水溶液中でしか存在できません。
酸性物質と反応して、酸性を打ち消す(中和)するものを塩基と呼んでいます。
水に溶ける塩基性物質の水溶液の液性を得にアルカリ性と呼んでいるのです。

さて本題
基本的に金属酸化物は塩基性です。
有名どころでは、アルカリ金属でしょうか?

この場合は、例外をあげた方が楽なのであげておきます。
両性金属
アルミニウムや亜鉛などの酸化物は強塩基と反応して中和する物があります。
酸性物質とも反応しますので、これを両性金属と呼んでいます。

逆に、非金属の酸化物は酸性物質であることが多く、その水溶液の場合は区別しないで酸性と呼んでいます。

炭素の酸化物→炭酸
窒素の酸化物→硝酸など
硫黄の酸化物→硫酸など
※「など」と書いたのは、その酸化数によって別の酸も存在します。

Q血液検査(白血球像)の異常について

白血球像のNeut値が上昇し、Lym値が低下する時に考えられる異常は何でしょうか?他の血液検査結果には異常ありません。例えばCRP値、血沈等も正常です。

Aベストアンサー

どの程度の増加かわかりませんが 白血球像に変化がなければ
問題ないと思われます。
勿論、白血球数にも異常は無いのですよね?

気になる場合は 2週間後に再検査しては・・・

参考URL:http://www.kcdmt.com/medical/inf03_014.html

Q酸性物質 塩基性物質 定義

アレニウスの定義に従うと、CO2やNH3はアレニウス酸やアレニウス塩基ではありませんが
(水と反応し生じるH2CO3やNH4OHがアレニウス酸とアレニウス塩基であるため)
間接的に他のアレニウス酸やアレニウス塩基と関係してきます。

よってアレニウスの定義に従って話をしているときに
CO2やNH3のことを酸性物質や塩基性物質と呼称することは知っているのですが
酸性酸化物や塩基性酸化物もそれぞれ酸性物質や塩基性物質にカテゴライズされることを知りました。

ここで酸性物質や塩基性物質の定義を調べようとしたのですが見つけられませんでした。

酸性物質と塩基性物質の定義を教えてください。

Aベストアンサー

#3に
「アレニウスの定義が目指していたのは分類の立場である」と書きました。
性質とか反応を説明するためのものではないのです。
「Hを含んでいて、水溶液中でH^+を放出する物質」というのは構造によって酸であると判断する基準になっています。そういう物質に「~酸」という名前を付けています。その酸の塩に対して「~酸~」という名前をつ行けています。この名前が残る限り、アレニウスの定義は存続して行くのです。
性質で酸を定義しているのではありません。性質を踏まえていますが物質を分類して行くための基準になる性質としてです。酸という分類をするための基本になる構造はどういうものであればいいのかということだろうと思います。従って酸性を示すが酸という分類の枠組みには入っていないものが出てくるのは承知のことだったのではないでしょうか。CO2を酸としなかったのはH2CO3を酸の基本形としたからです。

上の基準に当てはまるように見えても酸には入れていない物質もかなりあるようです。
フェノールのOHが酸性を示すというのはどの教科書にも出てきます。
でもフェノールはアルコールの仲間に入れています。
構造で分類しているというのが分かる例ではないでしょうか。

アセチレンのHが外れやすいというのはAg2C2を作る反応で出てきます。これも塩として考えることができるでしょう。でもC2H2は酸とはしていません。
分類の基本となる構造としての「酸」と「酸性物質」とは別のこととしているのでしょう。
この酸の定義がはっきりしていなければ「塩」も決まらなくなります。
酸からH^+が取れた残りのイオンを負イオンとするようなイオン結合性物質を「塩」としました。これで一般のイオン結合性物質から「塩」を区別することができたのです。

2つ後のあなたの質問に対してdoc sunday様が
>アレニウスの酸・塩基の概念を使う方が稀で、高校段階で既にブレーンステッドの定義が使われていると思いますが?

と書いています。アレニウスの定義に従って物質が分類され、名前が付けられているのですから「アレニウスの概念を使うことは稀である」ということはありません。硫酸や硝酸、酢酸が酸であることを示すのに使っているのはアレニウスの定義です。「アレニウスの概念を使うことは稀である」という認識がどこから出てきているのか理解できません。高校の教科書に出てくる物質の名前でブレンステッドの定義に従っているものなどありません。
塩は全てイオン単独ではなくて対のイオンを含んだ電気的に中性の物質として命名されています。
NH4^+が酸であるというのは働きにおいてです。名称として新しく「~酸」という名前を付けようという動きがあるわけではありません。

そういうことで言うとアレニウスの定義とブレンステッドの定義は並べて比べることのできるようなものではないということになります。構造に基づいて物質を分類しようとするときに使った定義と働きに基づいての定義とは異なるのです。酸・塩基の定義は二重構造になっているのです。
ブレンステッドの定義をアレニウスの定義の拡張であるという風に位置づけるのがおかしいのです。
アレニウスの定義はそのままにしておいて、別の面から見てみようという時の定義です。
アレニウスの定義を変更しようとしているものではありません。
命名法はそのままです。ブレンステッドの定義に従って名前を変更しようという動きがあるわけではありません。

IUPACにどういう風に定義されているのかは探し切れていません。しかし、日本語名でもIUPACの命名法にのっとっているのが普通ですから日本語名から判断したものとあまり違っているとは思えません。

#3に
「アレニウスの定義が目指していたのは分類の立場である」と書きました。
性質とか反応を説明するためのものではないのです。
「Hを含んでいて、水溶液中でH^+を放出する物質」というのは構造によって酸であると判断する基準になっています。そういう物質に「~酸」という名前を付けています。その酸の塩に対して「~酸~」という名前をつ行けています。この名前が残る限り、アレニウスの定義は存続して行くのです。
性質で酸を定義しているのではありません。性質を踏まえていますが物質を分類して行く...続きを読む

QCRP値と脂質異常症の関係

脂質異常症などにかかっているとCRP値も上がると聞いたのですが

私のCRP値は0.05と低いんですけど

この場合軽い脂質異常症って事ですか?

それともCRP値と脂質異常症はあまり関係ないのでしょうか?

Aベストアンサー

脂質異常症の場合には、総コレステロール、トリグリセリド、HDL、LDL、LPL、そのほかの検査の値が参考になると思います。

Q酸性物質、塩基性物質とは?

酸性物質はアルカリ側で解離してイオン化する化合物、塩基性物質は酸性側で解離してイオン化する化合物だと思いますが、例えば塩基性物質(アミン等)の塩(塩酸塩,スルホン酸塩等)になった化合物も塩基性化合物という表現でよろしいのでしょうか?

Aベストアンサー

そもそも酸・塩基の定義も主要なもので3種類あります。
アレニウスの定義によって考えれば、酸性物質・塩基物質の説明はNo.2のご回答のようになります。
すなわち、ご質問内容が水溶液に限定した話でしたら、No.2のご回答で十分だと思います。
もしも、水溶液以外も含んだご質問でしたら、説明を補足致します。

酸・塩基の定義として、より一般的にはブレンステッド-ローリーの定義が用いられます。
その定義によれば、H+を与える物が酸で、H+を受けとるものが塩基と定義されます。
しかし、ややこしいことに、この定義によれば、酸となるか塩基となるかは相対的なものです。
つまり、酸になるか塩基になるかは相手によって決まることであって、物質ごとに決まるわけではありません。
したがって、酸性物質とか塩基性物質という言い方は、この定義には不適当です。

アレニウスの定義では水という基準があるのですが、ブレンステッド-ローリーの定義では基準となる物質がありません。

Q血液検査のCRP

半年ほど前に胃カメラ検査する際に血液検査しました。その際に血液検査した時にCRPは1、93ありました。他の項目は基準内でした。CRPは身体の炎症反応?みたいなこと医師が言ってました。
もう一度検査した方がいいと思いますか?歯周病、かるい前立腺炎などでCRPの上昇はみられるもんですか?

Aベストアンサー

あります

Q酸性酸化物か塩基性酸化物かの見分け

高3で受験生です。
化学の新研究やネットでも探しましたが酸性(塩基性)酸化物かどうかを見分ける方法がわかりません。
(Na2Oは塩基性酸化物、CO2は酸性酸化物など)
酸性(塩基性)酸化物が酸性(塩基性)を示すまでのプロセスを理解したいのです。
暗記すればすむことなのでしょうが、できるなら理由を付けて理解したいです。
詳しい説明お願いします。

Aベストアンサー

教科書には
酸:水に溶けてH^+(正しくはH3O^+)を生じる物質
塩基:水に溶けてOH^-を生じる物質
という定義が載っています。

この定義からすると酸は化学式の中にHを持っている必要はありません。
SO2+H2O→H^++HSO3^-
という変化をしますのでSO2は酸であるという事になります。
塩基と反応して塩を作るということで考えることも出来ます。
SO2+NaOH→NaHSO3

アンモニアは化学式の中にOHを持っていませんが水に溶けてOH^-を生じる物質なので塩基であるということは教科書でも説明に使っています。それと同じ考えを当てはめている事になります。

金属の酸化物には水に溶けやすいものと溶けにくいものがあります。
でも形の上ではすべて
Na2O+H2O→2NaOH
CaO+H2O→Ca(OH)2
の変化と同じものを考えることが出来ます。
Ca(OH)2が塩基であればCaOも塩基です。
NaOHが塩基であればNa2Oも塩基です。
金属の酸化物と水酸化物は同等と考えてもいいはずです。

水に溶けにくい酸化物は沢山あります。でもたいていは酸に溶けます。
その時できる物質は水酸化物と酸との中和反応で出来るものと同じです。
CuO+H2SO4→CuSO4+H2O
Cu(OH)2+H2SO4→CuSO4+2H2O

CO2が酸であるとすればCO2とNaOHの反応は中和反応だということになります。
酸性酸化物は塩基と反応して塩を作ります。

CaO+CO2→CaCO3
この反応は石灰石の熱分解の逆ですが中和反応だと考えていいのです。

周期表では金属元素と非金属元素とが塗り分けられています。
この境界線に近いところにある金属元素は両性元素と呼ばれています。
教科書ではAlが酸にも塩基にも溶けるという説明がされています。
でも両性酸化物を作るという説明でもいいのです。
Al2O3は酸にも塩基にも溶けます。
Al2O3がNaOHに溶けるという性質はAlの精錬で利用されています。

非金属の酸化物でも水に溶けないもの、水に溶けても酸性を示さないものがあります。NOやCOは水に溶けません。酸性も示しません。
酸性を示す酸化物には対応する酸素酸が存在しています。
したがって普通のHの入っている形の酸素酸から水の取れた形のものになっていればその酸化物は酸性酸化物であると考える方がいいだろうということになります。
酸には2つの形があるということになります。
CO2もH2CO3も炭酸なのです。
区別する意味でCO2の方を酸性酸化物と呼んでいるのです。
昔は炭酸ガスと呼んでいました。
現在では化学式の通りに二酸化炭素と呼んでいます。
CO2は容器に入れたものが売っています。H2CO3は水の中でだけ存在すると考えられているものです。純粋に取り出すことは出来ません。これは習ったばかりの時には不思議な感じのするものです。なぜ純粋に存在できないものが基本形になっているのかという疑問を持つのです。CO2もH2CO3も炭酸だと考えるとどちらかが取り出しにくい形であるということがあっても不思議なことではなくなります。

普通は酸化物で存在する、水酸化物が存在しにくいという例もあります。Ag2Oはよく出て来る物質です。でもAgOHは普通出てきません。
硝酸銀水溶液に水酸化ナトリウムを加えます。水酸化銀が沈殿してもよさそうなのに出来るのはAg2Oです。
2AgOH→Ag2O+H2O
の変化が起こっていると考えられます。
このAg2Oは硝酸に溶けて元のAgNO3に戻ります。
Ag2Oは塩基性酸化物です。
Cu(OH)2の沈殿は水溶液のままで加熱してやると脱水反応が起こります。
Cu(OH)2→CuO+H2O
濃い目の水酸化ナトリウムで生じたどろっとした沈殿の方が起こりやすいです。
銀ではこういう変化が常温で起こると考えるといいのです。

教科書には
酸:水に溶けてH^+(正しくはH3O^+)を生じる物質
塩基:水に溶けてOH^-を生じる物質
という定義が載っています。

この定義からすると酸は化学式の中にHを持っている必要はありません。
SO2+H2O→H^++HSO3^-
という変化をしますのでSO2は酸であるという事になります。
塩基と反応して塩を作るということで考えることも出来ます。
SO2+NaOH→NaHSO3

アンモニアは化学式の中にOHを持っていませんが水に溶けてOH^-を生じる物質なので塩基であると...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報