「やむ」って、なんですか?

まさか、飲茶と関係あるのでしょうか?

A 回答 (4件)

「止むを得ず」ですね。


昔は橋等が良く大雨や大水などで流されてしまう事が良くありました。
それを見越して、わざと流れやすい板で橋を作り
流れても紐で結んでおいて、元に戻せるようにしていたそうです。
でも、大雨の最中は元に戻せないですから渡れませんよね?
止むを得ず、止むなくとは雨の事ではないでしょうか?
雨が止む事を得られずに橋を渡れようか。
雨が止む(こと)なく。諦める。等

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/jp-more_prin …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

きわめて、「らしい」感じがしますね。

>雨が止む(こと)なく。諦める。
雨なら、しょうがないですもんね。

お礼が遅くてスミマセンでした。

お礼日時:2002/05/01 14:42

 


  「やむ」というのは古語で、「継続を終了する・終わる・終了する・死ぬ」という意味なのです。ここから、「やむを得ない」とか「やむなく」とか「……して、やまむ」とかいう表現になります。
 
  「やむなく」だと、「終わりがなく」で、終了出来ないで「続ける」ので、「しかたなく(続ける)」になるのです。また「やむ得ず」や「やむを得ない」も同じです。終了できないので、「仕方なく継続する」のです。
 
  「討ちてし、やまむ」とかいう言葉があったような気がします。太平洋戦争中のスローガンだったのか、「敵を倒して後、死のう・本望だ」というような意味でしょうか。「敵を倒さねば、死なない」ということだったのか。これは、神武天皇のエピソードの中で、古代に出て来た言葉だったはずです。
 
  また、「……して、やまむ・やむ」は、「死ぬ」という意味で、「大望を成就して後、やまむ」とは、大望を実現した後、はじめて死に行くことができる、死ぬまでには、大望を果たす、というような言い方に使うのですが、あまり使わなくなっているかも知れません。古めかしい言葉ですから。
 
  「やむを得ない」などの形で、古い言葉の用法が、残っているということです。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

かなり古い言葉なんですね。

>「討ちてし、やまむ」
鬼畜米英ではないですが、勤皇の志士、有馬新七の歌にも見つけました。
http://bakumatu.727.net/shiika/shiika-teradaya.htm

ひとつの言葉で、日本の歴史を感じることができました。
ありがとうございました。
(お礼が遅くなってすみません)

お礼日時:2002/05/01 14:52

「已むを得ない」の「已む」は、ほかに「已む無く」「已むに已まれず」といった言い方でも使われます。


(昔はこう書きました。IMEでは変換してくれないな...)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

「已む」って知りませんでした・・・
勉強になります。
ありがとうございました

お礼が遅くてスミマセンでした。

お礼日時:2002/05/01 14:43

 J_euroさん、こんにちは。



 「やむを得ない」の「やむ」は「止(や)む」で、この場合は、「(何かを)しないで済ませること」という意味になります。

 つまり、「止む(=何かをしないで済ませること)」+「を(=が)」+「得ない(=出来ない)」で、全体として「(望ましくない何かをする以外に)他にどうすることも出来ない」「(望ましくはないことだが)仕方ない」という意味になるわけです。

 以上、御参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

てことは、
「やむを得ず中止する」
というのは、なんだか回りまわったことになるわけですね。

言葉って面白いと思いました。

ありがとうございました。
#お礼が遅くてスミマセンでした。

お礼日時:2002/05/01 14:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q般若心経や気を高める方法など教えて下さい

↓に質問を出していてtimeupさんに教えていただいた般若心経について(ありがとうございました)webで検索したのですが色々出てきました。間違った唱え方では失礼だと思いますし気持ちを込めて丁寧には心がけますがこれだけは大切なことという教えと他に自分の気を高めていけるような方法もありましたら皆様からアドバイスいただけたら嬉しいです。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

気を高めるのは、一朝一夕には行きません。
階段を上るようにやってゆくことです。
ハタヨーガとか仙道とか気功とかいろいろ有りますが、入門以上は人それぞれ一人一派で山を登ってゆくことと成ります。

とりあえず出したら、気を高める基礎として、仏教の礼拝から作ったという、真向法http://www.makkoho.or.jp/をされるのが良いでしょう。

最初は丁寧に・・・と言うより、完全に覚えて、いつでも唱えられる様にすることが大切です。 つまり何かおかしな事があったら、すぐに心の中で唱える・・・などです。
少なくても、唱えている間のその場逃れはできます。
その間に、電気をつけたり、甘いものを食べたり、塩や小豆を撒くのも良いでしょう。 兎に角、何が効果があるかは、相手の霊との関係もありますし、気の関係もあり、直接でないと何ともいえないので、いろいろためして下さい。 
普通の霊ならどれかが効果があります。


おっしゃるように、気を高めないと、かえって呼び寄せるだけの結果になることもありますが、今の段階で文章だけでの答えをする場合には他に代案がありません。

いろいろと、個人情報を知った上で、一般の人には面倒な方法は有るのですが、其れはおっしゃるように間違った唱え方などをかえって起こしやすいので、

私の第一の専門分野の医療と同じく、般若心経その物自体の<主作用>と<副作用>を考えて使うもので、この場合はこれがベストです。
そのため、流派などを超えて、あらゆる仏教系でも一部神道系でも般若心経は使われているのです。

で、兎に角、腹式呼吸・大きな呼吸で回数を唱えましょう。
読み方はいろいろありますが、1呼吸で一回唱え切ってしまう方法もあり、これは自律神経をウマく使う観点からも良い方法の一つです。
一回では無理でも、最初は二回に分けて、3回でも4回でも良いのです。
ゆっくりと全体に心・気をこめて唱えられれば、其れに越したことはありませんが、それよりも早い速度の方が、普通の方は集中力をとぎらせないで唱えることができます。

気を高めるのは、一朝一夕には行きません。
階段を上るようにやってゆくことです。
ハタヨーガとか仙道とか気功とかいろいろ有りますが、入門以上は人それぞれ一人一派で山を登ってゆくことと成ります。

とりあえず出したら、気を高める基礎として、仏教の礼拝から作ったという、真向法http://www.makkoho.or.jp/をされるのが良いでしょう。

最初は丁寧に・・・と言うより、完全に覚えて、いつでも唱えられる様にすることが大切です。 つまり何かおかしな事があったら、すぐに心の中で唱える・・・などで...続きを読む

Q「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」の名前は何という?

IMEパッドで見て気になる記号が、いくつかあったのでこの記号の名前を知ってるという方、1つでもいいですから是非教えてください。

 「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」です。  
他にもいくつかあります。「Å」・「;」・「∫」・「Σ」・「∽」・「"」・「!」・・・
 教えてください。

Aベストアンサー

以下のURLに、全角記号の意味とJISコードが記載されています。

参考URL:http://wwwmac.cc.sojo-u.ac.jp/kamaga/IPB/fullchar.html

Q私たちは必要の無いものを買わないように気をつけることが大切です。を英語に直すとどうなりますか。

私たちは必要の無いものを買わないように気をつけることが大切です。を英語に直すとどうなりますか。

Aベストアンサー

It is important for us to be careful so as not to buy things which we do not need

Q「やむをえない」?「やむおえない」?

仕方がないときに使うこの言葉って
書くときには
「やむをえない」でしょうか?
それとも
「やむおえない」でしょうか?

しゃべるときにはよく使いますが、どちらかわからないので今まで文章で
書くときに使ったことがありません。(^^;)
教えてください。

Aベストアンサー

 「止むを得ない」――です。

Q「(羊の)フンに気をつけてね。」

羊が放し飼いにされている公園に行った時に、このように言いたかったのですが、英語でどのようにいうのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Watch for the sheep droppings.

Q「いきむ」と「りきむ」の違いを教えてください。

ずっと、「いきむ」は、出産の時に使う言葉だと思っていましたが、排便時も「いきむ」と使っている文章を見ました。
トイレで「りきむ」は間違いなのですか?
「いきむ」と「りきむ」の正しい使い方を教えてください。

Aベストアンサー

 小学館の日本国語大辞典で「いきむ」を引くと、やはり出産の時の用例が多く載っています。
(例)「とりあげばば来りて、さあしきりがついたとて、いきますれば」
   「胎内の子、其のいきむはづみに生まるべき順道を違へ」
   「コヲ ウムニ ikimu」
 ただし、兵庫県神戸市の方言で「力む。辛抱する。」という記述もあるので「りきむ」ということばのかわりに「いきむ」を使う人もいるのでしょう。こう考えると、
(1)一般的に「力を入れて気張る」というときは「りきむ」
(2)特に出産の時に「力を入れて気張る」ときは「いきむ」
(3)「りきむ」の代わりに「いきむ」を使うこともある
ということになると思います。
 ですから、トイレで「りき」んでも「いき」んでもどちらでも良いのではないでしょうか。
 余談ですが、前出の辞書は日本語の問題を調べるのに非常に頼りになります。大きな図書館であれば入っているはずですのでご参考に。   

Q横浜駅西口相鉄線側のエステ店の広告車について

横浜駅西口相鉄線側近辺で派手に広告を打っているエステ店があります。
このエステ店の広告車がダイエー横浜西口店の近くの道路によく停車しています。
以前、同じ場所で一般車が停車しているところを警察が注意しているところを見かけた事がありますが、このエステ店の広告車が注意されているところを見かけた事はありません。
以下の2点が気になるのですが、どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

 ・このエステ店の広告車は警察から注意された事があるのか?
 ・注意された事がないとしたら、一般車は警察から注意されていたのに、このエステ店の広告車が注意されないのはなぜか?

Aベストアンサー

運転士が乗ってないなら警察に言えば対処してくれる
運転士が乗ってるなら注意しても移動するだけ

Q「貴方は月を詠む人ですか?」と聞かれたことがあるのですが、月を詠む人って何のことですか? なにやら比

「貴方は月を詠む人ですか?」と聞かれたことがあるのですが、月を詠む人って何のことですか?
なにやら比喩的な表現が含まれているよいですが……

Aベストアンサー

昔の人にとって月を詠むことは、思い出を詠むことでもあり、
世の中を詠むことでもあった。
その理由は月自体の姿にもよるものもあるでしょうが、月が様々な思いを喚起させるとともに、その思いを映し宿しているものとして捉えられていたと思われます。

Q気が強いわがままな女が好きな男

そんな変わった男の方いますか?
そんな方に質問ですが、
なんでそんな女が好きなんですか?
あなたはどんなキャラクターの人間ですか?

Aベストアンサー

いたな~、そんな子。懐かしい!
なんでだろ?その時は理由なんて無かったんだよねー。
だって好きになっちゃったんだもん。
私の場合は結果論だね。

でも、楽しかったですよ。
素直じゃないけど時折見せる素直なしぐさはかわいかったし、
一見わがままにも思える振る舞いや考え方も、実はそれなりに深い理由があったり。



>あなたはどんなキャラクターの人間ですか?

当時は、その彼女の周辺の女性らからは、「兄さん(にいさん)」と呼ばれていましたし、それなりに慕われていたと思っています(笑)

Q「折り込む」と「織り込む」の意味の違い、使用時の差を具体例で教えて

ビジネス(技術)レポートをまとめる時、「折り込む」と「織り込む」にいつも使
い分けに困っています。使い分けの分類と文脈と意味の微妙な違いと、その理由を教えてください。

Aベストアンサー

「折り込む」
例、折り込み広告 手(手へん)で新聞を二つに折って、新聞の間に広告を折り込む
「織り込む」
例、GDPのアップの報道にも、係わらず、織り込み済みであるとして、東京株式市場は、値を下げた。
例2、おばあちゃんは、孫の為に、洋服に刺繍を織り込んだ。
折り込むは、そのものを変更させずに、何かにはさむ感じでしょうか?
に、対して、織り込むは、溶けて、同一可するとか、混ざって、何か、新しい物を作り出す?
こんな説明でいかがでしょう?


人気Q&Aランキング