最新閲覧日:

単刀直入にお聞き致します。
皆さんにとっての桜、花見って何ですか?

A 回答 (26件中11~20件)

igmpさん、こんにちは。



先日の飲酒量削減計画の際にはお世話になりました。( ̄ー ̄)

桜って色んなイメージが湧く花ですよね。
一斉に咲いて散っていく様子は、栄枯盛衰の象徴のようでもあります。
新しい一歩を踏み出す時期に咲いている花ですから、
期待と不安両方の入り混じった気持ちを呼び覚ますようでもあります。


・・・さてと、桜はこんな感じで・・・・(笑)

花見についてですが、「家」での飲酒量は削減しようとしている私ですが、やるときはやります!

桜を肴に一杯。
仲間との歓談を肴に一杯。
頬をなでるそよ風を肴に一杯。



あれ、俺のコップに小さい虫がはいっとる~!(ーー;)
まあ良いかっ、飲んだって死にゃしないから!
ビール追加!



うぃ~。。


という感じです。(^^ゞ

それでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はいはい。専門家のAPACHEさん、待ってましたよ!

>先日の飲酒量削減計画の際にはお世話になりました。( ̄ー ̄)
いえいえ。その後、酔拳は極められましたでしょうか?

>・・・さてと、桜はこんな感じで・・・・(笑)
はは、APACHEさんも口実の口ですか? 私しゃもう口実にはしませんよ!

>やるときはやります!
さすが! 酒飲みはそうでなくっちゃ。 で、ここが専門家???

>という感じです。(^^ゞ
う~ん、いいですねぇ。もう待ちきれません。
っていうか、皆さんおかげで気分は既に花見状態(^^ゞ。


APACHEさん、ご回答誠にありがとうございました。
私より多く、飲んべぇのために、ためになる質問をする仲間がたくさんいますので、また宜しくお願いいたしますね。

お礼日時:2002/03/14 00:04

愛じいさん。

はじめまして!(うっパクリ病蔓延中)

♪さーくらさいたら、いちねんせー♪♪
うきうきした甘ずっぱい季節ですね。
緑の山肌に満開の桜が、ぽつんと一本だけ。ああ、あそこに桜の木があったんだ!と感動します。
我が家の庭の桜が、去年とうとう枯れてしまい早速植えかえました。
ただ今ちいさなつぼみを、付けてます。もうすぐで開きそうです。
一人で宴会です。花の命は短かくてなどと思いながらやります。

人生枯れてきますと、桜は満開より三分咲きをよしとします。
全体がほんのり淡いピンクに染まりだした頃です。実に奇麗です。

桜の一番いいところは、やはり、いさぎよさにあるんでしょうね。

一人しんみりと花見をば・・・似合わない?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

koronosukeさん、股割り、偽りです。
ウッ、違う! またあり、いつありです。(うっパクリ病億円中)
今頃、私の使者と一緒にS国K県T市一番の店で楽しんでおられることでしょう。

しかしkoroさん。今回は(も?)なかなかのご回答ですね。
満開より三分咲きをよしとするなんて、さすが丸亀、亀岡、亀井の甲より、年の功。素晴らしい!

>桜の一番いいところは、やはり、いさぎよさにあるんでしょうね。
まったくです。どこかの誰かさん達は潔く散って、潔く同じ名前で復帰する(笑)。
まるで桜のようですね。でも、繰り返しちゃダメよ(^_^;)!

>一人しんみりと花見をば・・・似合わない?
いえいえ、今回のコロじぃの回答を参考にすればピッタリ!
やはり一人でしみじみと飲むときは、温めの燗とあぶったイカでしょうか???


ではでは、シーユーアゲン!

お礼日時:2002/03/13 23:46

もう~igmpさん!


冗談かと思ったら、ホントに間違えています~?(笑)

子供の日に食べるのは「柏餅」ですよ~ん。
あのギザギザの葉っぱに包まれたボリュームのあるおもち。
ちなみに葉っぱは普通食べられません。
(ただこのサイトの過去の質問で食べる!という人もいらっしゃいましたけど)

「桜餅」はこの時期に出回るけれど、別に雛祭りのものとは決まっていないようです。葉っぱは食べられます。(剥いて捨てちゃう人もいますが)

両方のお餅とも「関東」「関西」でかなり異なります。
私はどーしても理屈抜きに「関東式」の物が好き!
(igmpさんもs県人ならお近くで売っているのは関東式と思われます)
でもここ名古屋ではなぜか「桜餅」だけは道明寺粉を使ったぼてっとした「関西式」なんですよね~。ううっ悲しい。関東式のが食べたい。長命寺の桜の葉っぱニ枚重ねのが特に恋しい・・・。

詳しくは下のページをご覧下さいませ。
(なぜ、食べ物のハナシになるとこうも熱くなれるんでしょ?)

http://www.kuidaore-osaka.com/2top/deep/02_tabu/ …

http://www.kuidaore-osaka.com/2top/deep/02_tabu/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わぁ、怖ーい!
でも、怒った瞳もなかなかですよ・・・(^_^)

>子供の日に食べるのは「柏餅」ですよ~ん。
はは、そうでしたね。ゴメンナサイ。


ご紹介のページ、拝見させていただきました。
いやー、驚き桃の木、桜の木! 「桜餅」でこれほど盛り上がるとは。
2種類あるとは全く知りませんでした。しかも道明寺と長命寺ですか。こりゃ勉強になりました。
しかし桜の葉はせっかく塩ずけされているのですから、絶対食べるべきですね。

>(igmpさんもs県人ならお近くで売っているのは関東式と思われます)
そうです。でも妻に聞いたら関西式も売っているらしいですよ。
今年は是非2種類買って食べ比べようと思います。実はこのig、両刀遣いなんですよ。


gomuahiruさん、今回は熱い熱い「食い気」のご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/13 23:20

呼んだ?


忙しいのに!!もう!

答え = 二日酔い

じゃね!また

・・・
ps
更埴のアンズ
いいよ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

konojiさん、ご回答ありがとうございます。

はは、呼びましたよー。 勿論!
お忙しい中のご登場、誠にありがとうございます。
でも、いくら忙しくても花見には行くんでしょ、絶対!

>答え = 二日酔い
はいはい、同郷の桜さん。同じですよー。

更埴のアンズは残念ながら見たことないッス。有名ですよね。
う~ん、まだまだ完全にS州人になりきっていない。
って、よく考えたらわたしゃ今じゃS県人だったぁ・・・

konojiさん、もうお気持ちの整理は出来ましたか?
また、宜しくお願いしますね。

お礼日時:2002/03/13 01:25

では単刀直入にー。


桜と言えば思い起こすのが有名な梶井基次郎の言葉です。

「桜の樹の下には屍体が埋まっている」

春を謳歌し咲き誇る桜、しかしその円熟、爛熟の美の中に言いしれぬ「生への不安」「死の暗示」を人はなぜ嗅ぎ取ってしまうのでしょうか?
あの幻想的な花色ゆえか、ごく短い間に散り急ぐその姿のためか、普段あまり
物を思わない私でも桜の木の下に立つと一年に一度だけとても不思議な心持ちになります。
(名古屋市内でのおすすめは何といっても山崎川沿いの桜並木です)

ってここまでは「食い気」「アルコール」抜きで眺めた場合。(笑)
食べる対象とした場合は、あの桜葉の馥郁たる香りを生かした「桜餅」(東京出身なので道明寺粉を使ったものではなく、薄い桜色のクレープのような皮の中にこしあんを巻いてあるのが好きです。)を思い浮かべます。
あ、あと桜アンパン、桜団子もいいな~。(またダイエット失敗か?)

アルコールが入った場合、【花見】は何といってもigmpさん同様、「ストレス解消」!!!
私も仲間とバーベキュー&ビールで盛り上がります。
って、ただのクダまきおばさんにならないように気をつけますね。igmpさんも哀爺さんにならないようにご注意あれ!(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

gomuahiruさん、いつもお世話になります。

>「桜の樹の下には屍体が埋まっている」
う~ん。ますます奥が深い、魔性の花! ど、どうし魔性の女、葉月里緒菜(^^;
ゲゲゲの鬼太郎の世界では運動会も花見も墓場なのでしょうか??
そこには、やはり屍体が埋まっている・・・失礼しましたぁ。

>「桜餅」
香り好きです。
確かこどもの日ですよね? あれって桜の葉っぱでしたっけ? 

>アルコールが入った場合、【花見】は何といってもigmpさん同様、「ストレス解消」!!!
あれれっ、失礼な! 私の場合は単なるストレス解消ではないですよー。
厳しい冬を乗り越えた桜さんに、「今年もまた会えたね」と語りかけ、「また来年も会いたいよ」
と再会をお祝いするアルコールなんだからぁ~・・・(愛;

>igmpさんも哀爺さんにならないようにご注意あれ!(笑)
あれれっ、読まれてる~! 
「哀」といえば、哀愁のページ。哀愁のページといえばシンシア。
シンシアといえば♪春の予感~~~♪ 懐かしいです。

ところで、ゴムさん。私は花見の前に必ず押入れの整理をするのですが、今日面白いものを発見しました。
それは「黒木瞳」さんからのお手紙! ひょっとして、ゴムさんのところには「役所広司」からの手紙が
ありませんでしたか??? う~ん、思いっきりのパクリ。ゴメンナサイ。

gomuahiruさん、「食い気」「アルコール」抜きのご回答、大変参考になりましたよ。ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/13 01:11

桜、お花見。

人に比べて、あんまり強い思い入れはないみたいです。

ただ、大勢でのお花見より、こじんまりとしたお花見が好き。

昔住んでいた場所の近くに、あまり知られていない桜並木の遊歩道があります。
今年もそこに行こうかな。

ダーリンと手を繋いでのんびり歩いたら、そのへんの柵に腰掛けて缶ビール。
おつまみはカッ○えびせん。

ホヨホヨと、桜越しに空を仰いでいるだけて、小確幸(小さいけれど確固たる幸せ:ある作家のパクリ(笑))。

こんなんで十分幸せ。安上がりな女だなぁ~。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

tartempionさん、ご回答ありがとうございます。

>桜、お花見。人に比べて、あんまり強い思い入れはないみたいです。
>ただ、大勢でのお花見より、こじんまりとしたお花見が好き。
分かります分かります。実は私も同じなんですよ。

>今年もそこに行こうかな。
行ってらっしゃ~い。
で、私はだーれ? そこはどこ?? 私も行くから、教えてgoo!

>ダーリンと手を繋いでのんびり歩いたら、そのへんの柵に腰掛けて缶ビール。
エッ、ダーリン!? それっていったいダーリン???

>ホヨホヨと、桜越しに空を仰いでいるだけ
いいですねぇー、これこそ究極の花見!!

>小確幸(小さいけれど確固たる幸せ:ある作家のパクリ(笑))。
ほほお、いい言葉ですねー。これ、「コケコッコー」って読むのでしょうか???
パクリ・・・パクリは文化だ! 子供が言葉を覚えるのもいわばパクリ。
流行語もしかり。 古今東西、パクリがなければ我々の社会は存在しないわけでぇ・・・

>こんなんで十分幸せ。安上がりな女だなぁ~。
おっ! これパクろっと。
「ビンボーの女」、「スーパーの女」に続く次回作、「安上がりの女」!
これで、故郷おフランスのカンヌでは監督笑、間違いなしだ~。

一、じゃなかった、さ、でもない、タルトンピオンさん、究極のご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/13 00:06

桜の花・・・玉川上水、京王閣、戦争の記憶、予科練、靖国神社。



花 見・・・酔っ払い、田舎者、おちこぼれ、ゴミ屑、ボタン雪。

季節になると家にいます・・・何もいい思い出はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

miyoshiqさん、はじめまして。

お気持ち分かります。
私は大好きですが、世の中、色々な方がいますからね。
でも、今後、出来れば今年、miyoshiqさんに楽しい思い出が出来ればいいなあ、と勝手に思っております。

貴重なご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/12 23:29

桜の花って、魔性の花だと思います。


昼美しく、夜は妖しく。

何処何処の桜・・・というのではないのですが、わたしはその春初めて見かけた桜の花には、「今年もまた会えたね」と語りかけます。厳しい冬を乗り越え、また新たな春と、そして夏がやって来た事を告げる花ですから。
そして散り行く桜には、「また来年も会いたいよ」と。
わたしにとって、桜の開花はお正月に新年を迎えるよりも過ぎ去った1年とこれからの1年を考えさせられる時でもあります。

4月初旬が誕生日の女性がある所にいました。
彼女が初めて愛した男性が、誕生日のお祝いにと海辺に連れて行ってくれました。その往復の海沿いの道は桜並木になっていて、それはそれは美しく、二人の深い思い出となりました。
お互いがお互いに心を残しながらも訳あって彼らは別れ、出会ってから20年以上の歳月が流れ、ある日彼は病で亡くなりました。
彼にとって、彼女は最愛の女性でした。彼は亡くなって、彼女にお別れを告げに行ったんですね。虫の知らせで彼女は彼の死を知り、彼女自身も彼に最後のお別れを告げに行けたそうです。
彼が亡くなったのは、二人が初めて愛し合った日から20年と10日後のことで、どこもソメイヨシノが散ってしまった葬儀の日、彼が荼毘にふされ、彼女がひとり泣く場所で、不思議とソメイヨシノとそっくりの桜が吹雪のごとく舞って彼女を包み込んでいたそうです。
今でも不思議で、いつか彼女はあの木は遅咲きなのかどうかを確かめに行こうと思っているそうです。

だから、彼女にとって桜(ソメイヨシノ)は、イコール愛した彼なのだそうです。

お花見は、ドンチャン騒ぎもそれはそれで楽しいけれど、愛する人と二人っきりでしっぽりとご一献・・・と行きたいところですねぇ。盃に桜の花びらなどを浮かべて・・・。
そして、わたしも桜の花のごとく、散り際の良い人生を送りたいと思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

adelaideさん、ご回答ありがとうございます。

>桜の花って、魔性の花だと思います。
ほう、これは新説ですね。どうし魔性・・・スミマセン(汗)

>わたしはその春初めて見かけた桜の花には、「今年もまた会えたね」と語りかけます。
>厳しい冬を乗り越え、また新たな春と、そして夏がやって来た事を告げる花ですから。
>そして散り行く桜には、「また来年も会いたいよ」と。
う~ん、素晴らしいです。これ頂きます。今年は私も是非!
会える時期が毎年ほぼ同じ時期ということに自然の神秘(?)を感じるのは私だけでしょうか?


>だから、彼女にとって桜(ソメイヨシノ)は、イコール愛した彼なのだそうです。
事実は小説より奇なりですね。魔性の花の所以でしょうか??
ここまで人の心に深く刻み込まれた、桜への(桜の?)想いがあるとは・・・

adelaideさん、私の素っ気ない(?)質問に大変貴重なご回答をいただきまして本当にありがとうございました。
愛する人とのしっぽりとご一献、楽しんで下さいね!

お礼日時:2002/03/12 23:25

愛爺様、いつもお世話様です。



花見・・・桜・・・・・と言えば、かつては『○○春闘・総決起集会!』でしたね。井之頭公園で・・・・
かつて私鉄労働者だったので。(我ながら色んな仕事してるなぁ・・・・・・)

ところが30歳を堺にがらりとかわりました。
生きるか死ぬかの大病(ちょっと大袈裟?)をしてから、ものの見方が変わりました。

過度のストレスから胃に穴が開き、3分の2を切除。体重は73キロから61キロへ激減。
手術1週間後に、母が心労から脳出血で倒れ半身麻痺に。
術後1ヶ月後にやっと外出許可をもらって母を見舞いに行き、その姿を見て愕然としました。

その帰り道、彼女(現在の妻)の運転で、桜並木を通りかかった時に見た、
あの美しさを未だに忘れることは出来ません。

何となく過ごしていた毎日が、とても勿体無く感じたんですね。
私達は生きている・・・のではなく、生きることを許されている・・・だけなのではないかと・・・・。

ならば例えどんな困難があっても、精一杯生きるべきではないのか?と思うようになりました。

その後の大きな試練と言えば、愛爺様は御存知の通り、初めての子を亡くした事です。

数多くの(いや、もっと辛い体験をされてる方はいらっしゃると思いますが)出来事がありましたが、
今はとても幸せだと思えるようになりました。

花見・・・桜は・・・・私に生きることの素晴らしさ、大切さを教えてくれます。
今年は初めて子供を連れて出かける予定ですが、またいっぱいの元気を頂いてくるつもりです。

そんな訳で、私にとっての花見は、生きるための活力源なのかも知れません。

(*ご質問の意図から外れてしまったようでしたら、お詫び致します。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

料理の出来る男性、better-lifeさん。私の回答者席へようこそ!(ひょっとしてはじめて?)

better-lifeさんと桜にまつわる半生を綴った奥の深いご回答、誠にありがとうございます。
やはり、桜、花見とは、人それぞれの思い出、思い入れがあるのですね。

>あの美しさを未だに忘れることは出来ません。
忘れることが出来ない理由はその桜の美しさのみではない、諸々の背景があるんでしょうね。

>今年は初めて子供を連れて出かける予定ですが、またいっぱいの元気を頂いてくるつもりです。
羨ましいですねぇ。お子さんも今が一番可愛いときでしょう。
元気に!楽しく!が一番!! でも、お子さんが間違ってお酒を飲まないようにご注意を・・・

>(*ご質問の意図から外れてしまったようでしたら、お詫び致します。) 
とんでもございません。このようなご回答をお待ちしておりました。

better-lifeさん、betterなご回答ありがとうございました。
ことしはBestな花見を楽しんで下さいね。

(蛇足)
私、『ブルワーカー』を持っているんですよ。ひょっとして、ベターさんも???
これって花見に欠かせないんですよねー。

お礼日時:2002/03/12 22:54

祭りかなぁ~♪



学生の頃は、夙川の川べり、造幣局の桜の通り抜け、城北公園でほのぼ~♪の宴会が常だった。

いまは、明石公園でわいわいがやがや王子動物園で戯れ宴会か家の近くの公園でバ-ベキュ-セット持ち出してほんわか~♪お腹いっぱいくつろぎパティ―が、ここ数年つづいています。


家の近くの川沿いの道に桜の木がズラ-っと、桜の花の咲く季節になると、普段、殺風景な川沿の道いも『ワァ-!』っと息飲むほどの華麗な変身をとげます。一瞬なんだ、ほんのひととき、一年のうちのほんのひととき、満開の桜の花がみれるのは。夜、夜桜、夜に見る桜、好きなんだ。軽く風がフッ-と吹くとヒラヒラ舞い落ちる桜の花びら。ほのぼの桜の花を眺めてると、風がひょいとわたしの方に流れてしらぬまにヒラヒラと舞飛んだ桜の花びら一枚が髪にのっかたり~♪家に戻ったとき、髪にのっかった桜の花びら一枚みつけて『うふぅ~♪(*^^*)v』と、いい気分~♪ス・テ・キ-☆かんじたり~♪

祭りをおもいっきり楽しむために一年をまた大事に過ごす。こんなとこかなぁ-?
楽しさのあとの儚さ、儚さがあるから、楽しさ倍増!また、楽しさがあるから儚さに恋焦がれる。あぁぁ。。。春色~恋モ-ド全開中!$(^-^)$vイェ-ィ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

littlekissさん、いつもお世話になります。

桜と言えば祭り! これですよねー。
便乗して「○○桜祭り」って看板をよく目にします。私なんかついつい・・・(^^;

バ-ベキュ-は皆さんやってますね。私も去年は夜桜を見ながらやりましたが、
特に寒いときには一石二鳥ですね、これ。

>普段、殺風景な川沿の道いも『ワァ-!』っと息飲むほどの華麗な変身をとげます。
全くです。その変身ぶりがまた最高なのでしょう。
でも、この時期だけ注目ってのもかわいそうな気もしますね。

>家に戻ったとき、髪にのっかった桜の花びら一枚みつけて『うふぅ~♪(*^^*)v』と、
>いい気分~♪ス・テ・キ-☆かんじたり~♪
素晴らしい、これぞlittlekissさんにとっての桜!
でもこれ、ありがちありがち。キリギリスの負け(愛;

>楽しさのあとの儚さ、儚さがあるから、楽しさ倍増!また、楽しさがあるから儚さに恋焦がれる。
花の命は短く・・・これがまた桜の魅力なのでしょう。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/12 22:32

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ