『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

甲子園を見ていて思ったことです。
私は駒大苫小牧の試合を全て応援して観ていたのですが、その中で2度疑問の判定がありました。
再試合だった決勝戦でもあったのですが、バッターが振りに行って足に投球が当る場面です。
ハーフスイングの判定がセーフであっても、スイングに行ったことによってボールが当った場合デッドボールにはならないのでは?
実際高校野球ではよくあると思いますが、当っても避けていないからボールという判定はよくありますよね。
それと同様の判定になるのではないかと思うのですが、ルールにお詳しい方がいらっしゃいましたらお暇な時に回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

その場面は見ていないので確定的なことは申せませんが・・・


ルールブックから抜き出します。

6・08 打者は、次の場合走者となり、アウトにされるおそれなく、安全に一塁が与えられる。(・・・省略・・・)
(b) 打者が打とうとしなかった投球に触れた場合。

ただし、(1) ・省略・(2) 打者が投球を避けないでこれに触れたときは除かれる。

投球がストライクゾーンの外で打者に触れ、しかも、打者がこれを避けようとしなかった場合には、ボールが宣告される。

【注三】打者が投球を避けようとしたかどうかは、一に球審の判断によって決定されるものであって、投球の性質上避けることができなかったと球審が判断した場合には、避けようとした場合と同様に扱われる。


以上です。
要は避けようとしなければ死球になるということですが、その判断は【注三】に書かれていることが全てで、実際に避けようとしなくとも、その球質により球審が死球と判定出来る場合があり、その判断は球審に委ねられるものですので、審判がそう判断したと言えばそれまでです。


またルールブックより抜き出します。

2・72 STRIKE「ストライク」--・・・省略・・・
(e) 打者が打った(バントした場合も含む)が、投球がバットには触れないで打者の身体または着衣に触れたもの。

すなわち投球が打者に当たっても、審判が打者がスイングしたと判断したら死球ではなくストライクですね。

2・72の規定をもう一度良く見て欲しいのですが、
(e) 打者が「打った」が、投球が「バットには触れないで」・・・
と書いてあると思いますが、私たちが俗に言うのは実際に球に当たった時に「打った」と言いますけれど、規則では当たらない場合でも「打った」と表現しています。
また、6・08の規定にも、「打とうとしなかった投球に・・・」とありますよね。
これは、実際にバットを振ったかどうかだけが判断基準とはされないのです。
打者に打つ気がある行為をしたら「スイング」とされ打つ気がないとされれば「スイング」とされないと解されているからです。
(プロ野球で投手が打者となった時に、戦術上、ボール球をわざと空振りして三振するケースを良くみると思いますが、実はあれはルール上、微妙なところです。)

ちょっと話が逸れましたが、すなわち、ご質問の場合、打つ気があればストライクとされますが、そうじゃなく、そもそも打つ気がなかったと判断されたから、ストライクではなかったのです。
推測では、投球を避けようとした動作でバットが回転したのではないでしょうか。
その場合は打つ気がなかったとされ、スイングとみなさないのが正しいです。


すなわち、実際にバットを振っても、また避けることをしなくとも、審判の判断により「死球」とされる場合があることが規定で明確となっているということです。
(その判断が正しかったかどうかは別問題ですが、規定の適用上の問題はなかったということです。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく回答していただきまして、ありがとうございます。
私ももっと詳しく書けばよかったのですが、その疑問に思った場面というのは、右投手が左打者の膝元にスライダーを投げてスイングに行って打者の左足のつま先あたりに当るという状況だったのですが。
3塁塁審に確認を求めると「セーフ」という判定で、スイングではなかったとのことでデッドボールになったんですね。
回答のルールを見ると、球質を見ての判断だったということなんでしょうか。
ルール上の理解はできたのですが、私としては納得できない部分がありますね。
バッターがスライダーに対応できず振りに行ってバットに当てることが出来ずに自分の足に当ったようにしか見えず、バッターが優秀ならこんなこと起こらないだろう!とも思えるのですが。。。(苦笑

わかりやすい回答でした、ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/22 00:05

No.2です。



ルール上は振ったのか(打とうとしたのか)、振らなかったのか(打とうとしなかったのか)のどちらかしかあり得ませんので、ハーフスイングの判定がセーフであったと言うことは、イコール打とうとしなかったとの判定であります。

したがって、審判の判断は「打とうとしなかった投球に触れた」ということです。

規定を簡単に言えば、「故意に当たったのかどうか」だけが問題であり、現状のルールでは故意でなければ死球になると解されるのです。
ですので、打ちに行った行為で避けられなかったとしても、故意に当たったのではないと審判の判断であれば死球となるのです。


ただ、ルールブックには、そもそも俗に言うハーフスイング時に関しての判断基準が「厳密に」書かれていませんので、質問者様が仰るとおり納得できないという世論が大きくなれば、ルールが改正されることもあり得ることです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
ハーフスイングに関する取り決めがしっかりされていればこのような疑問もなくなるかもしれませんね。
ハーフスイングで審判がセーフと言えばスイングしたことにならないというのも納得できない部分ではありますね。(苦笑

今まで自分でも野球をプレーした経験があるにも関わらずルールに関する詳細を知ろうとしなかったので、これを機会に少しルールというのを覚えてみようかと思いました。

度々ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/22 10:31

 試合を見てなかったので、どう云った状況だったのか判りませんが、例え体にあたってもボールがストライクコースであれば、判定はストライクです。

避けられるかどうかとか、バットを振っているかどうかは関係ないです。

http://www.geocities.co.jp/Athlete/5103/rule.htm …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

バットを振らなければボールだったコースでしたね。

お礼日時:2006/08/22 00:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qよけなくてもデッドボールになる?

17日の高校野球でのこと。
確か東洋大姫路対駒大苫小牧戦。
左打者に投げた右投げ投手のカーブ(スライダー?)に対し、ハーフスウィング気味。そして左足に投球が当たった。
そして、スウィングをしてない、即ち空振りでないとの判定で死球に。

この時打者はスウィングを途中で止めただけで、ボールをよけようとしたとは見えず。(スウィングの軸足なのでよけようがなかった)

スウィングをしてなければ楽によけられた投球で、全くよける動作はないのに死球になるのでしょうか。
確か、よけないと死球にならないはず。

Aベストアンサー

>打者の打つ気の有無は審判には分からないと思うし

全くごもっともです。
また、6・08【注三】に書かれていることは、簡単に言えば故意に死球を企てることを出来なくしている訳ですが、故意か否かの真意は本人しかわからないし、他にも、そのように審判の判断に委ねられる規定は多くあるのはご存じのとおりだと思います。
ですので現状では審判の目から見てどう感じたかで判定がなされるしかないのです。


>ハーフスウィングは打とうと思ってスイングを始めたが、何らかの理由で、途中で打つのを止めようとした場合と思うのですが。
そしてバットが回ったかどうかで判断していると思うのですが。

全くおっしゃるとおりで、規定上は、「打つつもりだったか」か「打たないつもりだったか」のどちらかを判断するしかありませんが、実際の運用ではそれを判断する基準として、どこまでバットが回ったかが境目とされているようです。


>審判の判断でなく、ルールとして決める方が良いと思いますが。

6・08【注三】にはハーフスイング時の場合が明確に書かれていません。
ですので、ここに記することの改正を議論する価値はあると思います。

もちろん、ルールは適当に決められるのではなく、実際に試合で問題となったことを討論され、常に改正が行われています。


そもそも、現状の規定ではハーフスイングの判定基準のことが厳密に書かれていないんですよね・・・


何れにしても、ご質問のケースは審判の判断に委ねられるケースであり、その判断が正しかったか否かは別の問題であり、審判の判断で避けなくとも死球と判断される場合があると書かれている以上、規定の適用上の間違いではないということだと思います。

ご質問者様がおっしゃるように「スイングをしたので避けられなかった」と審判が判断したら、ストライクが正しかったでしょう。

>打者の打つ気の有無は審判には分からないと思うし

全くごもっともです。
また、6・08【注三】に書かれていることは、簡単に言えば故意に死球を企てることを出来なくしている訳ですが、故意か否かの真意は本人しかわからないし、他にも、そのように審判の判断に委ねられる規定は多くあるのはご存じのとおりだと思います。
ですので現状では審判の目から見てどう感じたかで判定がなされるしかないのです。


>ハーフスウィングは打とうと思ってスイングを始めたが、何らかの理由で、途中で打つのを止めよ...続きを読む

Qスイングした手に投球が当たればどうなりますか?

・投手が投げた投球を打者がスイングしたとき、バットを握った手に当たってもフェアグラウンドに打球が転がればインプレーでしょうか?
それともファールでしょうか?

・またバントの構えのまま、バットを握った手に投球が当たってフェアグランドに転がった場合も同様でしょうか?

その場合、投球がストライクゾーンかボールゾーンかで判定が変わるのでしょうか?

できれば公認野球規則のどこに表現されているか教えてください。

Aベストアンサー

まず、投球が打者に当たれば、どの様な場合でもボールデットに
なりますので、その後ボールがどの様になろうと関係ありません。

また、投球がストライクの場合は打者に当たってもストライクでボールデッド
バントの構えからバットを引かず当たれば、ストライクですが、バットを引いて
投球に当たればデットボールです。

この辺の所は、公認野球規則の6・08(b)【付記】【注】に
書かれていますでの、確認されて下さい。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~elcondor/dragons/rules/6_00.htm

参考URL:http://www5b.biglobe.ne.jp/~elcondor/dragons/rules/index.htm

Q走塁妨害?守備妨害?判定は?

無死、2塁に走者が居ました。打者の強いショートゴロでショートの守備が前進して打球を捕球しようとしたとき2塁の走者と軽く接触したため、守備の選手は前にボールを落としチョット前によろめきボールが捕球できず1塁に送球出来ませんでした。2塁ランナーはあわてて2塁に戻りました。
従って、打者も走者(2塁にもどった)もセーフの判定でした。
走者と守備が接触したところは、2塁と3塁の走者のほぼライン上で、走者は3塁に走塁しかけたところで、前進してきたショートの守備に自然と接触したと見えました。どう見ても故意の接触でなく自然の成り行きでしたが・・。
この場合の判定は?

Aベストアンサー

この場合、接触したランナーは、アウトになり、審判の判断で、一塁に投げたらアウトになると判断したら、一塁もアウトのダブルプレイになることがあります。
要は、インフィールドにおいて、守備者はルールで守られており、その守備者を邪魔した場合は、厳罰を処します。
そうでないと、守備者は、非常に危険な状態になり、怪我人が続出します。
もし監督者でしたら、チーム員に教えて下さい。
この場合、守備者を避ける為に、3フィート以上等回りしても、3フィートラインアウトにはなりません。そこの、避けたラインから、新たな3フィートラインが発生します。

Q高校野球の審判員になりたい!

高校野球の公式戦の審判をするためには、何か規則や資格や審査が必要なのでしょうか??(プロの審判員のなりかたはある程度ネットで見つかりましたが、高校野球はまったく見つかりませんでした・・・泣)

Aベストアンサー

 まず、どこの都道府県でやるかということです。東京の場合、高野連に所属している学校の部長、監督の推薦が必要です。埼玉県の場合は教員なら無条件でなれます。栃木の場合は、高野連に加盟している学校の野球部のOBでなければなれません。
 東京の場合は春、夏、秋と3回講習会をやっています。講習を受けたらすぐに公式戦をやらせてもらえます。東京の場合、すぐに球審もやらせてもらえます。埼玉県の場合、5年くらい経験を積まないと公式戦の球審はやらせてもらえません。最初の2年くらいは二塁と三塁しかやらせてもらえないと覚悟した方がいいです。
 でも審判の世界というのは人間関係が複雑ですよ。審判技術よりも人間関係で神経が参るかもしれません。
 

Q純正カーナビで走行中もTVを見られるようにするには?

新車を購入し、はじめて純正のカーナビもオプションでつけました。ところが、走行中は「安全のためと…」とTVが見られません。後付したときには見られたのに残念です。
もし、純正カーナビでも走行中も見られるようにできるなら、その方法を教えてください。
ちなみに、車はエスティマです。

Aベストアンサー

助手席の人がナビを操作したり、TVを見るのはぜんぜんOKですよ。

今回も、助手席の人の為ですよね!
その場合は、下を参考にしてください。

-----------------------
前回、助手席の人が見たいということで回答しましたのでリンクを参照してください。

全ての車で出来るかどうかはわかりません。
また、全て自己責任でやってください。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1706179

Q草野球のピッチャーのレベルはどれくらい?

草野球のピッチャーの投げる球って、平均でどのくらいなんでしょうか?
球種は普通はどんななんでしょうか?
フォークやシュートとかって、あまり投げないんでしょうか?
速い人で何キロくらいでるんでしょうか?

Aベストアンサー

自分は大学の体育会で硬式野球の投手をやりつつ、助っ人で日曜日に草野球に参加したりしています。自分はMAXが140km位なので、草野球の試合で140kmを投げるわけにはいかず、軽く投げて120km~125km位で投げていますが、それでも自分の他に草野球で120km以上を投げるのは元プロの投手や大学野球をやっていた選手が卒業してすぐに草野球をはじめたような投手くらいです。
平均球速は草野球のリーグにもよりますが、おじさんの集まっているような草野球であれば平均90km位。本格的にやっている草野球チームで105km位だと思います。
球種はやはり一番多いのは「ストレート」と「チェンジアップ」のようです。
ストレートを投げておき、たまに抜いた球を投げます。まぁ変化球というよりは「緩急」というのが一般的のようです。
フォークやシュートは投げる人はいない事はないのですが、フォークが落ちるような球速のボールを投げるといえばやはり120kmは超えてこないとフォークが空気抵抗で落ちることはほとんど無いので、あまり効果がないようです。
シュートに関してはやはり草野球で肘を痛めたくはないので皆投げないようです。
ただ、自分の経験によると草野球では100kmのボールを確実にストライクゾーンに投げられれば、投手としてやっていけるのではないかと思います。

自分は大学の体育会で硬式野球の投手をやりつつ、助っ人で日曜日に草野球に参加したりしています。自分はMAXが140km位なので、草野球の試合で140kmを投げるわけにはいかず、軽く投げて120km~125km位で投げていますが、それでも自分の他に草野球で120km以上を投げるのは元プロの投手や大学野球をやっていた選手が卒業してすぐに草野球をはじめたような投手くらいです。
平均球速は草野球のリーグにもよりますが、おじさんの集まっているような草野球であれば平均90km位。本格的...続きを読む

Qピッチャーマウンドからホームベース間の距離

 ピッチャーマウンドからホームベース間の距離と
各ベース間の距離を教えて頂きたいのでお願いします。

それと、そのようなルールが紹介されているホームページ
も教えて頂きたいのでお願いします。

Aベストアンサー

マウンドとホームベース間=18.44メートル
各塁間=27.43メートル

これは中学以上は高校・大学・プロ・草野球(汗)まで、すべて共通です。

小学生やリトルリーグは別です。

「野球」「塁間」「距離」などをキーワードにして検索してみてください。

参考URL:http://www.google.co.jp/

Qバットに2度当たるとファウル?

昨日のダイエーVS近鉄戦をご覧になった方なら、お分かりだと思いますが、9回表近鉄が猛抗議をしました。

抗議の内容は「バットに2度当たったからファウルだ。フェアじゃない」というようなものでした。

テレビで見る限り、ボールはフェアグラウンドに落ちたのですが、そもそもバットに2度当たるとファウルなんですか?

ルールブックを持ってないのでわかりません。

Aベストアンサー

1番さんのご記憶で正解かと思います
(公認野球規則2.32【注一】)。
もちろん「打席内で」という条件がつきます。
なお、意図的に当てたと審判に判断されれば
守備妨害を取られることもあります。

2番さんは失礼ながら間違ったことを書かれて
いるように思います。

> 打者がバッターズボックスを離れてから
> 2度打ちになった場合はアウトとなります。
> これは故意に2度当ててセーフになろうという
> 意思動作があるかどうかで判定されます。

意思は関係ありません。
「フェア地域で」バットに当たれば、
偶然だろうとアウトです。以下が規則です。
----------------------------------------------
(次の場合は打者アウトになる)
フェアの打球に、フェア地域内でバットが再び
当たった場合(公認野球規則6.05h)
----------------------------------------------
故意が必要とはどこにも書いていません。


まとめるとこうです。
----------------------------------------------
2度目に当たったときに「打者がいた場所」が…

・打席外のフェア地域 =アウト (故意・偶然関係なし)
・打席内またはファウル地域 =ファウル(故意でない場合)
----------------------------------------------
打席に足の一部でも残っていれば
打席内として扱われます。

1番さんのご記憶で正解かと思います
(公認野球規則2.32【注一】)。
もちろん「打席内で」という条件がつきます。
なお、意図的に当てたと審判に判断されれば
守備妨害を取られることもあります。

2番さんは失礼ながら間違ったことを書かれて
いるように思います。

> 打者がバッターズボックスを離れてから
> 2度打ちになった場合はアウトとなります。
> これは故意に2度当ててセーフになろうという
> 意思動作があるかどうかで判定されます。

意思は関係ありません。
「フェア地域で」バ...続きを読む

Qランダウンプレーの判定について

息子がスポ少の野球チームに入っているのですが
試合の時は父兄が持ち回りで審判を務めています。
私も含め、ほとんどの父兄が審判の経験がないの
で勉強しながらやっていますが、判定に対し悩む
事も度々あります。
先日の試合で私が三塁塁審をした時のプレーに
付いて教えて頂きたいのですが、
1アウトランナー二塁三塁でバッターがセカンド
ゴロを打ちました。
三塁走者が飛び出したので二塁手がバックホーム
をし、三本間のランダウンプレーになりました。
その間に二塁走者は三塁に進みましたがキャッチ
ャーが落球し三塁走者も三塁に戻ってきました。
私は塁の占有権はそれぞれ元にいた走者にあるも
のと理解していたので、三塁手が三塁上の二人にタ
ッチした所で二塁走者に対しアウトの判定をしました
しかしランダウンプレーに気を取られ気付かなかった
のですが、この時すでに打者走者は二塁に進んでいました。
そうなると二塁走者は押し出された形で三塁に進ん
だ事になるので、『三塁走者をアウトにするべきだった
のかな』と思いましたが二塁走者をアウトにしてしま
った後で、また両チームの監督からのクレームも無かったので試合は続行しました。

はたして二塁走者をアウトにした判定は正しかったのでしょうか?
これからもまたあり得る事なので是非教えて頂きたい
のですが・・・お願いします。

息子がスポ少の野球チームに入っているのですが
試合の時は父兄が持ち回りで審判を務めています。
私も含め、ほとんどの父兄が審判の経験がないの
で勉強しながらやっていますが、判定に対し悩む
事も度々あります。
先日の試合で私が三塁塁審をした時のプレーに
付いて教えて頂きたいのですが、
1アウトランナー二塁三塁でバッターがセカンド
ゴロを打ちました。
三塁走者が飛び出したので二塁手がバックホーム
をし、三本間のランダウンプレーになりました。
その間に二塁走者は三塁に進みましたがキ...続きを読む

Aベストアンサー

正しいですよ。

まず、塁上に2人の走者が重なり、両者にタッグした場合は
こういうふうに考えてください。

1)重なった後位の走者がフォースの走者だったら
  前位の走者がアウト

2)重なった後位の走者がフォースの走者でなかったら
  後位の走者がアウト

で、ご質問の件ですが、重なった二塁走者がフォースの走者か
どうかってことが問題になります。

確かに打者走者が二塁にいることで二塁走者は
一見、押し出されています。
しかし打者走者は、二塁にいようとも、インプレー中ですから
必要とあれば一塁に戻れます。
(公認野球規則7・02や同【注二】、7.10b【付記】より)

打者走者が一塁に戻れるなら、二塁走者も二塁に戻れます。
戻れるって状態はフォース状態ではないです。

つまり二塁走者はフォースの走者ではなく
2)により二塁走者がアウトです。

Q軟式少年野球 低学年の練習方法。

幼稚園年長から小学2年生まで計12人の子供に、野球を教えています。 子供のレベルに差があり、指導方法・練習方法に困っています。

2年生でも大人顔負けのボールを投げる子もいれば、山なりで1メートルも投げれない子もいます。

他のコーチからは基本を教えてくれと言われていますが、まだまだきちっとものごとが出来る年齢ではありません。
経験者の方、どの様な練習方法をされていますか?

Aベストアンサー

年齢が若いほどその差は大きいです。
しかし、長期間やっていくと(4・5年生にもなると)その差はぐーんと縮まってきます。
2年の時やたらに上手だった子を3mからトスしてもとれなかったこが追い抜いて5年ではレギュラーを取った子供が私の経験で何人もいました。まず安心して下さい。

では練習方法です。
全くの初心者あるいはボール感覚がわからない、投げられないという子はその子達だけ集めて、まずとにかくボールにさわらせる機会、投げる機会を徹底的に与えることです。もちろんキャッチボールもいいのですがお互いとれない投げられないですからすぐにはできません。
大人がトスしてあげます。それを取る。取ったものはもう一人の大人に投げさせます。
次から次にいわゆる順番ノックみたいにさせます。
ものすごく近いところからさせます。

このとき投げ方だの取り方だの技術的なことは一切教えなくていいです。とにかくボールにさわらせ自己流で投げさせることです。

必ず1日の練習の中でこの時間を取って下さい。

基本などまだ全く必要ありません。
ボール感覚、つまり空間認知能力に乏しいのです。
どのくらいのスピードで自分に向かって来てるのか、どこに落下するのか、どのくらいの力で投げればそこまで行くのか、などなど全くといってほど認識できないのです。

ですから取り方などまだ先の話で、まずはボールのスピードに慣れることです。一番いい練習は「壁当て」です。
自分のボールが跳ね返ってくるわけですから、投げるキャッチするという機会は通常のキャッチボールの倍になります。空間認知、投げたり取ったりにはこれが一番!倍の速さで上手になっていきます。

子供の癖は、5年生になってもわりと早く直ります。一日で治ることもあります。

ですから自己流で投げたり取ったりでその程度の時は全くかまいません。
なんでもいいからボールにさわっているウチにうまくなっていきます。

おそらく今大人顔負けのボールを投げるという子も
お父さんが3っつ4っつ頃からボール遊びをさせたおかげでしょう。


基本を教えるのはそれからです。
片手でも、ボールの正面でなくてもとれるようになったら
基本を教えましょう。
そのころの基本とはおそらくキャッチングは体の真正面で取る、両手で取ることぐらいだとおもいます。


投げる方は難しいですが、上体を前につっこませない
ことなんですが、これをわからせるのは6年生になっても難しいです。

年少にもわかる基本とすれば、(右投げの場合)左手を目標に向けて出してからなげろ、程度です。

投げ方は、また質問して下さい。細かい技術はそのときにします。(一時代を築いた(エースとなったときもある)巨人軍の某ピッチャーの受け売りですが・・・)

それから、なにが大事かって、コーチ、監督が必ず手本を示すことです。いついかなる時でもいい加減な投げ方や取り方をしないことです。
キャッチボールの相手になってあげたとき近いからといって手首だけでぴょんと投げたり片手でチョイと取ったりしないこと、基本に忠実に取ったり投げたりしないと
子供は見て覚えることもたくさんありますので
まね、というより自然と同じことをしようとします。

どこのチームでも大人が基本に忠実ではありません。
やればできるのに子供相手だからとチョチョイとやってしまいます。これが一番上達を遅らせます。

もう一つ、うまくいったときには徹底的にほめましょう。
ミスしたときはけなしたりしかったりするのは絶対にやめて下さい。野球はおもしろい!と思わせるのが上達への近道です。

少年野球はお父さん連中のコーチの資質で左右されます。
お父さん方も本で勉強したり、高度な野球(高校野球や大学野球を見に行ったりしてください。(試合ばかりでなく練習も見にいってくださいね。早慶戦など10時から開門でそれぞれのチームが練習しますからそれをみにいってください。)
コーチが何人いるかわかりませんが、教えることを統一して下さい。あのコーチはこういった、このコーチはこうしろという、ではいけません。お父さん同士のミーティングで技術などについては十分統一を図ってください。

さらに注文ですが、筋トレとランニングなんぞ必要ないです。その時間があったらボールにさわらせてあげて下さ。
ランニングは体ほぐす時だけで十分です。

ボールをとれない子も、上記を実行してもらえれば2mしか投げられない子も来年の今頃は野球の形で試合ができるくらいにまでなります。

少年野球はついつい守備(取って投げる)練習に偏りがちです。実は野球は点を取るゲームです。打てなければ勝てません。3/5は打つ方の練習をして下さい。

打つ練習をしているチームはメチャ強いです。
今はまだ2年生が一番上のようですので素振りとティーバッティングくらいでいいと思います。時間も2/5でいいと思います。




上手な子供は分けて集めて練習させればいいです。

それから、全員をピッチャーの練習、サードの練習、外野の練習も忘れずに。特にピッチャーの練習をやることで
投げる基本がしっかりします。
セカンドしかやらない子はいつも横からチョイとファーストに投げる癖がついてしまいます。
大きなフォームから投げられるよう全員ピッチャーをさせて下さい。

少年野球監督歴20年の、大人には口やかましいジャイキチでした。

年齢が若いほどその差は大きいです。
しかし、長期間やっていくと(4・5年生にもなると)その差はぐーんと縮まってきます。
2年の時やたらに上手だった子を3mからトスしてもとれなかったこが追い抜いて5年ではレギュラーを取った子供が私の経験で何人もいました。まず安心して下さい。

では練習方法です。
全くの初心者あるいはボール感覚がわからない、投げられないという子はその子達だけ集めて、まずとにかくボールにさわらせる機会、投げる機会を徹底的に与えることです。もちろんキャッチボール...続きを読む


人気Q&Aランキング