【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編

 高分子関係について調べているのですが、コポリマーとダイマー(2量体)、トライマー(3量体)の違いがよく分かりません。どなたか教えてください。
特にPETに関して調べています。
 学生の時、化学工学系の専攻でしたが、高分子についてはあまり詳しくありません。そのレベルで教えていただければありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

#2です。

補足を拝見しました。
ダイマー、トリマーを通常はポリマーとは呼びません。2~20量体程度ですとオリゴマーと呼ぶほうが一般的だと考えられます。
(ただ、オリゴマーもポリマーも分子量○○以上もしくは○量体以上という厳密な定義はないので、この辺は感覚です。)

co-は2種類以上のモノマーがあるときになので、例えばトリマー(モノマー1種類)とコトリマー(モノマー2,3種類)とは違います。(コトリマーという言い方があるかどうかはわかりませんが)

PETは#3様の仰るとおりエチレングリコールとテレフタル酸の2種類のモノマーを使っていますので、定義上はコポリマーになります。
補足後半に関しては#3様回答で良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。もやっとしたものが、おかげさまで晴れました。

お礼日時:2006/08/24 13:47

コポリマーという概念は、付加重合物に対して用いられたのが最初ではないでしょうか?


つまり、本質的に1種類のモノマーで重合するものです。
例えば、ポリスチレン、ポリプロピレン、ポリエチレンなどです。
PETなどのポリエステル系ポリマーでは、酸とアルコールという2種類の原料を元々使わなければなりません。(原理的には同一分子中にカルボキシル基(酸)と水酸基(アルコール)をもっている化合物を使えば1種類の原料からポリマー合成は可能だと思いますが)
よって、1種類ずつの酸、アルコールを基本としたものはホモポリマーと分類しているのではないでしょうか。
PETの組成では、ランダム、ブロックなどの共重合形態はとれません。
コポリマーPETというのは、酸を2種類以上かアルコールを2種類以上使って、重合した物だと思います。
特に融点が130℃ということは、通常のPETよりもかなり融点が低いですよね。
酸成分にテレフタル酸にだけでなくフタル酸も併用すると結晶性が阻害され融点が低下すると思いますし、エチレングリコール単独ではなく、トリメチレングリコール、プロピレングリコールなどを併用しても同様に結晶性が阻害され、融点が低下すると思います。
実際にお探しのポリマーがどのようなものかの情報は持ち合わせていません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。PP、PEは扱ったことがあり、ある程度の知識があったのですが、PETに関してはほとんど無知でした。PETも同じようなものとして考えていたところがまず間違いだったと思います。

お礼日時:2006/09/03 09:57

3者の定義の違いは回答者さんの回答で間違いないと思います。

PETについて少し補足しますと。

PETはエチレングリコールとテレフタル酸の重縮合反応により合成されるため、定義上はコポリマーです。

しかし、汎用的には、これを純粋なPETとみなして、ホモポリマーと呼び、第3,4の成分を加えたものをコポリマーと呼ぶことがあります。文章を読んでいて、混同しているのかなぁと思ったのですが、違ってたらゴメンナサイ。

ちなみに、汎用品があるかは知りませんが、縮合反応の機構上、PETの2量体、3量体を作るのは簡単なので、大手化学メーカーでPETを作っているところなら、派生品として取り扱っている可能性はあると思います。

この回答への補足

 分かるようでしたら、さらに教えてください。化学メーカーが言う、ホモポリマーでなくPETコポリマーには、どのような物が一般に重合されていますか。
 特に今知りたいのは、融点が130℃付近まで下がった、結晶性のPETコポリマーです。これは例えばPEとの共重合体なのでしょうか?
 またPEを共重合させる時の種類に、LDPEとかL-LDPE、HDPEとか区別されるのですか?

補足日時:2006/08/24 13:56
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。大変参考になりました。確かにPETはコポリマーですね。しかし化学メーカーはこれをホモとして扱っています、一度メーカーに確認してみたいと思います。

お礼日時:2006/08/24 13:53

copolymer(コポリマー)


co-を接頭語に持つと『共に』という意味があります。複数の種類のモノマーを共に反応させたものを共重合体といい、コポリマーとも呼びます。
さらにどのような並びかで、ランダム、グラフト、ブロックに種類が分かれます。

○○mer
化学を専攻されているとわかると思いますが、merの前にmono(1)付けば単量体(monomer)、di(2)が付けば二量体(dimer)、tri(3)が付けば三量体(trimer)となります。
そしてpoly(いっぱい)となればpolymerとなるわけです。

この回答への補足

質問者ですが、コポリマーは共重合体の総称であり、その中にダイマーやトリマーがあると理解してよろしいでしょうか?

またPET系樹脂にも、コポリマーが見られますが、その中にトライマーやテトラマーなども汎用であるものなのでしょうか?

補足日時:2006/08/24 11:52
    • good
    • 0

>コポリマー



複数の種類のモノマーカラできているポリマーの総称です。通常は同じ反応機構で繰り返しA-B-C-A-B-C-と言った具合につながりますがA-A-B-A-A-Bと言った様々なものを造り性質の調整をします。

ダイマー、トライマーはモノマーが二つないし三つ反応したものでモノマーからポリマーを合成するより、楽にプロセスが進んだり扱いやすかったりするので取り出すことがあります。
専門家ではないのでこの辺で失礼します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早くご回答していただきまして、大変ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/24 13:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアクリレートとは

アクリレートとはどういったものでしょうか?

その意味を『エネルギー電子線照射により硬化させたもの』との表現を見ましたがすべてのアクリレートがそれに当てはまるのでしょうか?

『ポリアクリレート系の繊維』と書かれてた文章を見たときにイメージ出来なかったので。

Aベストアンサー

ポリアクリレートというのは、アクリル酸エステルやメタクリル酸エステルを付加重合させて作ったものです。いわゆる「アクリル」と同等のものと考えて良いでしょう。

>その意味を『エネルギー電子線照射により・・・がそれに当てはまるのでしょうか?
『 』の部分はポリアクリレートに対して行った加工処理のことであり、素材そのものの話ではないと思います。

アクリレートというのは、化学的には、アクリル酸のエステルまたは塩という意味しかありません。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%AB%E6%A8%B9%E8%84%82

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Qエクセルで計算すると2.43E-19などと表示される。Eとは何ですか?

よろしくお願いします。
エクセルの回帰分析をすると有意水準で2.43E-19などと表示されますが
Eとは何でしょうか?

また、回帰分析の数字の意味が良く分からないのですが、
皆さんは独学されましたか?それとも講座などをうけたのでしょうか?

回帰分析でR2(決定係数)しかみていないのですが
どうすれば回帰分析が分かるようになるのでしょうか?
本を読んだのですがいまいち難しくて分かりません。
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるための指数表記のことですよ。
・よって、『2.43E-19』とは?
 2.43×1/(10の19乗)で、
 2.43×1/10000000000000000000となり、
 2.43×0.0000000000000000001だから、
 0.000000000000000000243という数値を意味します。

補足:
・E+数値は 10、100、1000 という大きい数を表します。
・E-数値は 0.1、0.01、0.001 という小さい数を表します。
・数学では『2.43×10』の次に、小さい数字で上に『19』と表示します。→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E6%95%B0%E8%A1%A8%E8%A8%98
・最後に『回帰分析』とは何?下の『参考URL』をどうぞ。→『数学』カテゴリで質問してみては?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9E%E5%B8%B0%E5%88%86%E6%9E%90

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるた...続きを読む

Qダイマー酸

ダイマー酸というのをよく耳にしますが、どういうものですか?2塩基酸ですか?2量体になってるんでしょうか?何か特定の物質を指してダイマー酸と呼んでいるのでしょうか?

Aベストアンサー

私自身は初めて見聞きしましたが、脂肪酸を二量化させたもの、のようです。(酸無水物ではなく、C-Cで結合)
こちらが参考になるかと思います;
http://www.fujikasei.co.jp/pa_tpae/etc_sub01.html

ただ、こちらの記述通り「オレイン酸を出発原料」だとすると、分子間脱水素を経ないと
いけないので、不飽和結合を複数持つ脂肪酸からなのではないか、という気もするのですが(汗)

Q二量体ってなんですか?

二量体について教えてください。

Aベストアンサー

 二量体は分子が2つ結合したものを言います。結合は共有結合の場合もありますし,水素結合などによる会合の場合もあります。また,分子は同じ分子の場合も類似の別分子である場合もあります。

 つまり簡単に言うと,アミノ酸,核酸,・・・の様に,同じグループにまとめられる分子2つからなるものは全て二量体です。

 お書きの酢酸の場合は,酢酸分子2つを A, B とすると,分子 A の OH と分子 B の CO が水素結合し,分子 A の CO と分子 B の OH が水素結合した状態で存在します。つまり,2分子が水素結合で結合していますから,二量体と言うわけです。なお,これは酢酸に限らず,カルボン酸一般に言えることです。
 

Qカチオンとアニオンとは?

最近、化学を勉強し始めました。
カチオンとアニオンが分かりません。
テキストにCN+アニオン、CN-カチオンとありますが、分からないため、それらの結合次数が求められません。
基礎かもしれませんが、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

> カチオンとアニオンが分かりません。

 既に回答がありますが,カチオンとは (+) の電荷(正電荷)を持ったイオンの事です。日本語では「陽イオン」と言います。逆にアニオンは (-) の電荷(負電荷)を持ったイオンで「陰イオン」と言います。

 『最近、化学を勉強し始めました。』との事ですので,敢えて注意しておきますが,化学の用語で「プラスイオン」や「マイナスイオン」はありません。上記の様に「陽イオン」または「陰イオン」と言います。

> テキストにCN+アニオン、CN-カチオンとありますが、

 何か勘違いしていませんか? でなければ,教科書が間違っています。「CN+」や「CN-」の「+」や「-」は正電荷を持っている事及び負電荷を持っている事を示していますから,「CN+」はカチオンで「CN-」はアニオンです。つまり,「CN+ カチオン」と「CN- アニオン」です。

> CNとCNカチオン、CNアニオンの結合次数を求めていますが、使用しているテキストには等核二原子分子しか記載されておらず、異核二原子分子は記載されていません。今求めています。
求め方は違うのでしょうか?

 等核2原子分子でも異核2原子分子でも考え方は同じはずです。同じ様に考えれば良いと思います。

> CN,CN+,CN-の結合次数と結合の強さを考えたかったのですが・・・。

 どの結合の結合次数と結合の強さでしょうか? どういったレベルの話でしょうか? 『最近、化学を勉強し始めました。』との事から,勝手に「炭素・窒素間の結合」についての「初歩的レベルの話」と考えましたが・・・。

 そうであれば,「CN」,「CN+」,「CN-」で違いは無いと考えて良いと思います。それぞれの構造を考えてみれば解るかと思いますので,以下構造について説明しておきます。

 まず,炭素及び窒素原子の電子配置は,炭素:1s(↑↓), sp(↑), sp(↑), py(↑), pz(↑),窒素:1s(↑↓), sp(↑↓), sp(↑), py(↑), pz(↑) となっています。

 ここで,両原子の 1s 軌道の電子は結合には関与しませんので考えなくても良いです。で,両原子の電子1個を有する sp 軌道を使って C-N のσ結合が出来ます。さらに,両原子の py 軌道同士,pz 軌道同士の重なりによってπ結合2つが生じます。結果,CN 間は3重結合になります。

 残った軌道と電子をみると,炭素原子には電子1個の sp 軌道が,窒素原子には電子2個(孤立電子対)の sp 軌道がそれぞれ残っています。炭素の sp 軌道は窒素原子とは反対側,窒素の sp 軌道は炭素原子とは反対側,をそれぞれ向いていますので,結合に関与することはできません。したがって,その電子状態を書くと ・C:::N: となります。これが「CN」と書かれている構造です。ですので,より正確に書けば,炭素上の不対電子も示した「・CN」となります。

 この不対電子が存在する炭素の sp 軌道の電子を取り除いてやれば電子(負電荷)が1個減りますから -(-1) = +1 で「+」になります。これが「CN+」ですが,「+」電荷は炭素原子上にありますので「+CN」と書く方が正確です。

 さて,先の不対電子が存在する炭素の sp 軌道は電子を1個受け入れる事が可能です。ここに電子を受け入れた場合 +(-1) = -1 で「-」になります。これが「CN-」です。「-」電荷は炭素上にありますので「-CN」と書く方がより正確なのは先の「+CN」の場合と同じです。

 如何でしょうか。こうみれば「CN」も「CN+」も「CN-」もCN間の結合に関しては同じですね。勿論,炭素の sp 軌道上の電子の数はCN間の結合に影響が無いわけではありませんが,それを議論するのであれば『最近、化学を勉強し始めました』というレベルではないと思いますので・・・。

> カチオンとアニオンが分かりません。

 既に回答がありますが,カチオンとは (+) の電荷(正電荷)を持ったイオンの事です。日本語では「陽イオン」と言います。逆にアニオンは (-) の電荷(負電荷)を持ったイオンで「陰イオン」と言います。

 『最近、化学を勉強し始めました。』との事ですので,敢えて注意しておきますが,化学の用語で「プラスイオン」や「マイナスイオン」はありません。上記の様に「陽イオン」または「陰イオン」と言います。

> テキストにCN+アニオン、CN-カチオンとあります...続きを読む

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q固相重合とバルク重合の違いを教えてください

この二つの重合法は同じものではないのですか?
固体同士で重合する方法と、溶媒無しで重合する方法であると考えているのですが、これは違うものなのですか?

Aベストアンサー

バルク重合は溶媒なしで、モノマーだけで重合する方法です。生成物は塊状になるので、日本語では塊状重合と言われます。
しかし、多くのモノマーは液体なので、重合自体は液相で進行するはずです。
固相重合は、文字通り重合自体が固相で進行する重合を指すと思います。

全く意味が同一ということにはならないと思います。

Q融点とガラス転移温度の違い

融点とガラス転移温度の違いが良く理解できません。分かりやすく教えてください。

Aベストアンサー

高分子やってるものです。おそらく質問にでてくる融点は普通いわれている融点ではなく、高分子特有のTmといわれているほうの融点ですよね?
板ガムを考えていただけるとわかりやすいと思います。ガムってそのまんまだと引っ張ってもぶちぶちきれちゃいますよね?でも口の中でかむとひっぱっても伸びるようになります。この引っ張っても伸びる性質に変わる温度が高分子における融点です。次にガムを寒いところもしくは冷凍庫に入れてみてください。常温のガムは折り曲げてもたたまれるだけなのですが、低温におかれたガムを折り曲げようとすると割れてしまうと思います。このぱきぱきの状態になってしまう温度がガラス転移温度です。
食品保存容器とかラップに耐熱温度がかかれていると思いますが、よくみるとなぜか上と下の両方の温度限界がかかれていると思います。上の方の温度限界(融点)になると溶けてしまうのはまあ想像がつくのですが、下の方の温度限界(ガラス転移温度)になるとぱきぱきになって容器が割れてしまうので書かれているのです。

Q百分率を表すこの3つ、W/V%、W/W%、V/V%…

はじめまして、お世話になります。

百分率を表すこの3つ、W/V%、W/W%、V/V%…
どれも計算方法が同じなら、細かな意味まで覚えない良いような気がしますが^^;この場合W=質量 Vは体積でなない…?

このややこしい3つを分かりやすく記してるHP、又教えてくださる方はないでしょうか。覚えにくくて…TT

よろしくお願い致しますTwT

Aベストアンサー

こんにちは。WとVはそれでいいのではないでしょうか。

W/V%は、
溶液100ミリリットル中に溶質(溶けてる物)が何グラム入ってるか。

W/W%は、
溶液100グラム中に溶質が何グラム入ってるか。

V/V%は、
溶質が液体の場合に使われます。
溶液100ミリリットル中に溶質が何ミリリットル入ってるか。

という事になります。


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較