『忠犬もちしば』のAIを育てるとグッズが貰える!>>

 友人が夜中に車で走行中、斜め前を走っていたトラックから直径30cmほどの石が落ちてきてフロントガラスと助手席が壊れ、本人も切り傷をおいました。切ったところから血がでてきたため余りに気が動転し、そのまま運転して救急病院に行ったようです。怪我もたいしたことがなく、車が必要な仕事をしているため直ぐに車を修理に出したそうです。
 トラックの会社名だけは覚えていて、せめて謝罪だけでもしてもらおうと電話してみたようなのですが、まったくの言いがかりだとたかり屋扱いされただけだったそうです。気が動転し警察などを呼ばず、車も修理にだしてしまったため、修理前にとった写真と落ちてきた石しか証拠がないので修理代などは自分持ちで仕方ないとは思うのですが、今後そのようなことがないように対策をしてもらうことと謝罪してもらうことは可能でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

揚げ足取りじゃないのですが、確認しなければいけないことが何点か。



前を走行していたのは本当に”トラック”でしたか?
本来トラックには土砂等を積載させることができません。
そのために、本当にトラックであったならばそのトラックから石が落ちてきたという可能性は少ないでしょう。
(もしも、警察などにとめられた際の罰則が厳しいのでちゃんとした運送会社ならばトラックには土砂等を積載させることはない)
また、そのトラックの積載物は何であったかはわかりますか?

もしかしたら、そのトラックが置石をはねた可能性もあれば、トラックが通行する瞬間に石が落ちてきた可能性や、悪戯で道路に物を投げたことの被害にあっている可能性もあります。

何がいいたいかというと、運送会社に対してそのようなことをしてたかりや、脅迫まがいのことをする人もいるので運送会社としてもかなり強気で対応してきます。

また、本当にトラックであったのならば上にも書いてありますが石等をつんでいることはまずありません。
(商品として梱包してある砂利とかは運んでいることもあるけど)

>石が落ちてきた時友人はクラクションを押したため、トラックのドライバーは止まって
>友人の車を振り返ったそうなんですが、急発進して行ってしまったそうです。
>おそらくドライバーは気づいていると思います。

もしも、荷物を積んでいる場合は後方視界がないのでクラクションを激しく鳴らされた場合、確認するためにとまることはあります。
しかし、自分とは関係なさそうな場合はそのまま発進してしまうケースが多いですけどね。

本来ならば、とまった時点でドライバーとしっかり話をするべきでした。
(または、しっかりと警察に連絡する)

後から、ああだこうだ言われても運送会社からしたら言いがかりにしか聞こえないでしょう。
(本社に苦情を出したとしても、言いがかりにしかとられない可能性もあり)

まずは、警察に被害届けを出すことがよいと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。
 工事現場などで砂利などを積んでいたトラックだったようです。石はトラックの上から落ちてきたとのことでした。かなり大きな石なので跳ねたとは考えにくいです。3車線の一番真ん中を走っていたようなので、もし投石ならトラックの荷台を飛び超えて当たったことになります。
 運送会社には、このようなことがあったので気をつけてほしい、警察などを呼ばなかったため証拠がないので賠償を求めているわけではないことを伝えたところまでは普通だったようですが、覚えているナンバーの一部を言ったところ逆上されたようです。罵詈雑言をあびせられたため友人が怒って運送会社に行って直談判すると言い出しました。証拠もないし友人の対応が悪かったので穏便に解決する方法がないかとこちらに質問致しました。
 電話の対応の人が、そんなことがあったとは思えないし自分の会社かどうかも分からないため何も対応はできないが、このようなことがないよう注意を促したいなど対応してくれればよかったのですが・・・。
 被害届けをだすことを検討したいと思います。適切なアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2006/08/26 21:24

まず・・・トラックではなくてダンプカーでしょうね。


それはさておいて 私の友人でトラックに乗っている人がいるのですが
高速道路で突然パトカーに止められたことがあったそうです。
警官に話を聞くと友人の運転するトラックが石ををはね後続の車に当たったということだったらしいのです。
当たった車の方が携帯電話で警察に通報しパトカーの出動となったようです。
最終的には当たった車の方の勘違いだったらしいのですが今回の件では相当な被害がでていると思いますので被害届はだすべきだとおもいます。
警察がどの程度動くかはわかりかねますが相手の会社に注意を促すことくらいは最低するでしょう。
もし相手が非を認めれば保険対応になるかもしれません。
ダメもとと思っていれば気持ちも落ち着くと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 ご丁寧にありがとうございます!ダンプカーというんですね。知識不足で申し訳ありません。同じような事例、とても参考になりました。
 特殊な保険に入っていて、年に1回の事故なら等級が下がらないようで修理代は気にしていないようなのですが(保険会社の方には申し訳ないですけど)、警察に相談したと相手方に言うだけでも気をつけてくれるようにはなりそうですね。
 本当にありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:2006/08/28 18:00

No.1です。


>石が落ちてきた時友人はクラクションを押したため、トラックのドライバー
>は止まって友人の車を振り返ったそうなんですが、急発進して行ってしまっ
>たそうです。おそらくドライバーは気づいていると思います。

夜間だと難しいかもしれませんが、トラックのナンバーや色は記憶しています
か?
これが事実なら、できるだけ正確な日時・場所、運転者の風貌、トラックの色
・ナンバー等できるだけ細かい情報を挙げて、警察に届けてみてはいかがです
か?

友人個人が相手方に連絡しても相手は企業ですから先ずは否定しますよ。
しかしながら、相手方の対応を(文面から)察するに、虚勢の感もあります。
ですので、弁護士を通じた対応をする方が良さそうです。

他に(同乗者でない)目撃者がいれば良いですが・・・居なくても状況証拠で
も展開は変わることも考えられます。
もちろん費用もかかりますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 お礼が遅くなり申し訳ありません!

 ナンバーの一部は記憶していて、クラクションに気づいてトラックをとめてこっちを見たときのドライバーの顔を大体覚えているようなので、そのドライバーは特定できると思います。
 本人としては大事にはしたくなかったようで、認めなくても一言注意してもらえればよかったそうです。電話の対応にかなり怒ってしまっているので、アドバイス頂いたように弁護士を通すこともできると伝えたいと思います(怒鳴り込んでいって逆に警察など呼ばれるよりはずっといいので)。ありがとうございました!

お礼日時:2006/08/28 17:55

こんなことがあったのでもう乗らない、という判断をするかどうかは友人氏が決めればいいことです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

乗る・乗らないの判断ではありません。

お礼日時:2006/08/26 14:12

医者に行った時の診断書と、修理前に撮った写真、落ちてきた石が証拠にはなると思いますが・・・、一応相手は、ほぼ「業務上過失致傷罪」となるかと思います。


とすると「五年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金」ですが、「情状によりその刑を免除」されてしまうかもしれません。(相手が事故を認めないのであれば、免除されない可能性もないわけではない)

本当に対策・謝罪してほしいのであれば、警察で被害届を出して捜査してもらうしかないのではないでしょうか(落ちてきた石が、そのトラック会社が運んだ物と特定できなければ、だめでしょうが)・・・ほうっておけば、そのうち荷の落下で人を殺してしまって初めて気づくということになるのでしょうが。

それにしても怪我が軽くてよかったですね。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%B1%E9%99%BA% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。
 だめもとで被害届けをだすことも検討してみたいと思います(怒った友人が会社にのりこむことはさけてほしいので)。ありがとうございました!

お礼日時:2006/08/26 14:11

よくある事例ですが、実際の問題として前走車の過失を問うのは難しいですね。

その石が前走車の落としたもの・跳ね上げたものといった確たる証拠がない限りは、「言いがかりだ」といわれてもやむをえないでしょう。中には賠償までは無理でも謝罪ぐらいはしてもらえるケースもありますが、強要はできません。今回の相手の対応は至って普通だと思われます。

こういったケースで自分を守るためには、車両保険と人身傷害補償保険が必要になってきます。車の損害については「一般条件(オールリスク)」での対応になりますが、ガラスのみの損害やガラス部分の損害についてのみでしたら「エコノミー(車対車+A)」でも対応できます。

車を運転している以上、こういったリスクはつき物ですので、やはり「自分を守る」といったことも必要ですね。今回は車の損害と自分の損害だけのようですが、これが原因で新たな事故の発生につながることも十分に考えられます。

ちなみに自分が反対の立場になった場合においても、賠償義務は発生しないケースがほとんどです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。仕事で車を使っているため保険にはしっかり入っていたようです。
 助手席の大破の状態をみると、誰か乗っていたら死んでいたと思いますので積荷には気をつけてほしいので、会社からドライバーに一言注意してほしいと思ったのです。
 ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/26 14:09

普通なら相手が事故(落下物)を認めることはないと思います。


知らぬ存ぜぬで通されると思います。

ダンプカーからの落下物によって受傷された訳ですから、その場で警察を呼び処理してもらうべきでしたね。
積荷の責任は運転手の責任なのですが、相手はダンプですので落ちたとか落としたの意識は全くないと思います。
その場で追いかけて、運転手を捕まえないと難しいと思います。

ですから、運送屋にしてもユスリやタカリの類だと思っても仕方ないかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考になりましたm(_ _)m

お礼日時:2006/08/26 14:06

難しいでしょうね。


現認もなく、相手の運転者だって気付いていなかった可能性もあります。
気が動転していた・・・とは言っても、事故(被害者なら尚更です)発生した場合の処置は必須だと思いますよ。
どうしても、相手に認めさせて謝罪や補償を求めたいなら、証拠提示しないと認めないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。
 石が落ちてきた時友人はクラクションを押したため、トラックのドライバーは止まって友人の車を振り返ったそうなんですが、急発進して行ってしまったそうです。おそらくドライバーは気づいていると思います。
 以前、トラックからの落下物でお子さんが亡くなった事故もありましたし、会社としてドライバーに注意を喚起してもらいたいだけだったのです。事故処理をきちんとできなかった友人が悪いので、賠償をして欲しいわけではないことは電話で伝えたそうですが、怒鳴りつけられ口汚く罵られたそうです。友人がかなり怒っていてその会社に怒鳴り込もうとしていたので、何か別の方法はないかとこちらに質問しました。
 無駄だとは思いますが、文書で簡単な抗議(顛末とドライバーに注意してほしいこと)を本社に送ろうと思います。
 ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/26 14:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q県道の落下物で破損。責任は誰?

県道を走っていたら(運転者:夫。私と子供が乗っていました)、突然上の方に何かが落ちてきたような音がしました。
(走行中だったこともあり、降りて確認までしませんでした。)
「きっと雨粒でも落ちてきたのかな?」くらいにしか思わなかったのですが、今朝になって夫がフロントガラスにヒビが入っていることに気が付きました。
すぐに警察に行き、現場検証をお願いして事故処理(しぶしぶしてくれたらしい)をしてもらったのですが、フロントガラスの付着物を調べて欲しいとお願いしましたが断られてしまいました。
その後、道路を管轄している所?へ電話をしましたが、全く話になりません。
フロントガラスのヒビは今も進行していて、どんどん酷くなっています。
一体、この損害は誰?どこに?請求したら良いのでしょうか?

Aベストアンサー

 結論から言うと、「損害の請求先は確かに存在するが、実際に支払ってもらえるかどうか全く不明であり、しかも払ってもらえる場合であっても、そこへ至るまでに気の遠くなるような労力と費用と年月が要求されるだろう。」ということです。

 考え方としては、まず、刑事と民事に分けて考える必要があります。


●刑事的側面

 刑事的責任は、明らかに「落下物を落とした者」にあります。

 ただ、当該人物(又は組織)を正式に告訴しなければ、「ちょっとした器物損壊で、誰が何を落としたのかの検証が事実上極めて困難であることがわかっている」というような場合、普通は警察は動きません。

 また、本件の場合は、「犯人」が意図的に行ったのであれば「器物損壊」の罪に該当するので告訴も出来ますが、それすら不明なのでは実際問題として刑事告発は困難でしょう。

 法律的に厳しいことをいえば、それでも「犯人不明のまま告訴」ということになれば警察は捜査を拒否出来ません。
 しかし、そのことと、「本気で操作してくれるかどうか」ということは、無関係です。たぶん、やっても無駄なので、やってくれないんじゃないかと思います。

 なお、警察は、民事には介入出来ません。


●民事的側面

 民事的にも、その責任は、「落とし主」にあります。
 ただし、「明らかに危険な物」が「やむを得ない時間以上に放置されていた」というような場合は、道路の管理者も責任を問われます。

 問題は、警察が民事に介入出来ない以上、その落下物の成分特定や加害者探しは、被害者が自分自身の行為によって行う必要性が出てくるということです。
 これは、多額の金銭の消費を伴うでしょうから、実際に生じた損害額を確実に回収出来る場合以外には、実施する人は普通居ないでしょう。

 無駄を承知で一か八か加害者特定に血道をあけることもできますし、それが悪いことだとは申しません。本来的には正しいことです。
 これによって実際に加害者を特定出来れば、生じた費用、裁判費用、要した年月に報われるだけの慰謝料等に至るまで、全て加害者の負担になりますから、全く理のないことではありません。

 しかし・・・そこまでの膨大な労力を長期間に投入するのが嫌である人間がほとんどであるから、損害保険というものがあるのです。
 
 本件の場合、ここへご相談されているということは、おそらく車両保険へ加入なさっていなかったということなのでしょう。

 車両保険へ入っていれば、このような場合でも、警察発行の事故証明さえあれば全額が保険会社の負担となりますので、被害者本人の労力はほとんど要しません。
 逆に言えば、車両保険に入っていない場合には、本人の労力(費用も含む)を投入するしか、実際の道がないということです。

 保険をかけずに運行している以上、「原因不明の損害が生じた場合は自腹になる。」というリスクを暗黙のうちに受け入れていることになると考えるべきです。
 「毎年の保険料」というリスクを負担するのか、「損害時の自腹」というリスクを負うのか、という選択肢は、ご自身で選ぶ権利があります。
 貴殿の場合、後者を無意識に選んでしまったということになりましょう。 

 結論から言うと、「損害の請求先は確かに存在するが、実際に支払ってもらえるかどうか全く不明であり、しかも払ってもらえる場合であっても、そこへ至るまでに気の遠くなるような労力と費用と年月が要求されるだろう。」ということです。

 考え方としては、まず、刑事と民事に分けて考える必要があります。


●刑事的側面

 刑事的責任は、明らかに「落下物を落とした者」にあります。

 ただ、当該人物(又は組織)を正式に告訴しなければ、「ちょっとした器物損壊で、誰が何を落としたのかの検証...続きを読む

Q前の車が落下物を跳ね上げ車に衝突 泣き寝入り

一般道路上に落下物があり、前を走っていた車がそれを跳ね上げ私の車にぶつかりました。

私の車は落下物が直撃したおかげで燃料が漏れ始め、危険を感じたためJAFを呼びレッカー車で家まで帰ってきました。

前の車は車を降りて私の車に近づいて「大丈夫ですか?」と声をかけてくれましたが、その後「俺関係ないし」といわれそのまま立ち去ろうとしました。

前の車の運転手には警察を呼ぶ間待ってもらいました。

警察の現場検証を終え、お互いに名刺交換をし、帰宅しました。

保険会社には「いわゆる物損事故で、車両保険に加入していないのでこちらからの支払いがないので対応できないと言われ」ました。

通常通り法定速度を守って走行していたのに、人からぶつけられた落下物で現在車は走れません。

もし前の車の運転手に修理費を請求できるのであれば、請求したいのですが、何分素人のためどのように事故の処理を進めるべきかわかりません。

どなたかご回答よろしくお願いいたします。



■事故状況
一般道路(1車線)に落下物があり、前車が跳ね上げ、落下物は自車にぶつかり走行不能に。

落下物はトタン。50mm×100mm程度の物。
落下物は前車が跳ね上げ、自車の下に入り込み車体の下に挟まった。
よそ見などはしていなかったが、左右に避けるスペースはない。
車体底部と足回り破損

路肩へ移動、停車。
物損事故の届け出。

落とし主の身元は把握できない。
前車の運転手の身元は判明している。

よろしくお願いします。

一般道路上に落下物があり、前を走っていた車がそれを跳ね上げ私の車にぶつかりました。

私の車は落下物が直撃したおかげで燃料が漏れ始め、危険を感じたためJAFを呼びレッカー車で家まで帰ってきました。

前の車は車を降りて私の車に近づいて「大丈夫ですか?」と声をかけてくれましたが、その後「俺関係ないし」といわれそのまま立ち去ろうとしました。

前の車の運転手には警察を呼ぶ間待ってもらいました。

警察の現場検証を終え、お互いに名刺交換をし、帰宅しました。

保険会社には「いわゆる物損事...続きを読む

Aベストアンサー

このケース、貴方には避けるスペースもなく法定速度を守っていたという事ですのでその点についての落ち度は無さそうですが、一方で適正な車間距離を保っていたかどうかの記載がありませんね。少なくとも道路を走行している全ての車/運転手に対し「前方で障害が発生した時でも安全に回避行動のできる車間距離を保つ事」と決められています。そのため、特に高速道路等でも「前方に走る車との車間距離」について、再三の注意書きがありますからね。ですから、あなたにも過失が有るんです。ですから、まあ仮に裁判となったとしても50;50から始まるのでしょうね。良くなっても60:40だとは思います。

もう分かっていると思いますが、一般的に車両保険に入っていない限りは保険屋は介入しません。必要であれば、お金を払って特約を付けるべきでしたね。どうしても費用を請求したければ、ご自分で相手と交渉するしか有りません。過去の判例等をしらべて裏を取り、確かな証拠とともに内容証明郵便で相手に送りつつ費用を請求すれば良いでしょう。

ただまあ普通は応じないでしょうね。どうしても請求したければ民事訴訟裁判を請求するのでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/民事訴訟
費用と時間はかかりますが、個人レベルでも十分対応可能です。が、50;50以上の良い判決が出る可能性は低そうですから、果たして割にあうかどうかは疑問です。

このケース、貴方には避けるスペースもなく法定速度を守っていたという事ですのでその点についての落ち度は無さそうですが、一方で適正な車間距離を保っていたかどうかの記載がありませんね。少なくとも道路を走行している全ての車/運転手に対し「前方で障害が発生した時でも安全に回避行動のできる車間距離を保つ事」と決められています。そのため、特に高速道路等でも「前方に走る車との車間距離」について、再三の注意書きがありますからね。ですから、あなたにも過失が有るんです。ですから、まあ仮に裁判とな...続きを読む

Qフロントガラスに飛び石の責任は?

先日、一般道を走行中に前車からの飛び石で、フロントガラスに傷がついてしまいました。
一応、念のためと相手のナンバーは分っているのですが、どうすればいいのか良く分りません。この場合、相手に責任を問う事は可能なのでしょうか?
走行中の車が歩行者に水をかけると責任はドライバーにあると聞いたのですが、同じ事になるのでしょうか?

Aベストアンサー

まず責任についてですが・・・・

>走行中の車が歩行者に水をかける

この場合、身体に対する障害行為になりますので、立証も簡単です。

>前車からの飛び石で、フロントガラスに傷がついた

しかし、この場合ですと固有の財産に対する物損となります。
したがって厳密に言って「刑事」か「民事」かの違いになると
思われますので、確実な損害事実の立証が出来ないと、
なかなか難しいと思います。
(例えば第三者が同乗していて、目撃したとか・・・)

で、自動車保険の考え方としては「フロントガラスが割れる」
という事実が発生する根拠から見ることになっているようです。
つまり「イタズラで割られた」か「事故で割れた」か、
「飛び石で割れた」くらいしか、原因は無いということです。
窓以外に損害が無い(車内の物品盗難、車体の損傷)なら、
「飛び石で割れた」以外に、原因は無いというわけで、
それは「他の車両によるもの」と推測されるわけです。
(誰かが投石した、というなら別の犯罪行為ですが)

というわけで「車両、対、車両」以上の保険に加入して
あれば、相手を特定出来なくとも補填の対象になるようです。

強制保険である自賠責は、相手のみを保障するものですので、
自分の車両については効力はありません。

まず責任についてですが・・・・

>走行中の車が歩行者に水をかける

この場合、身体に対する障害行為になりますので、立証も簡単です。

>前車からの飛び石で、フロントガラスに傷がついた

しかし、この場合ですと固有の財産に対する物損となります。
したがって厳密に言って「刑事」か「民事」かの違いになると
思われますので、確実な損害事実の立証が出来ないと、
なかなか難しいと思います。
(例えば第三者が同乗していて、目撃したとか・・・)

で、自動車保険の考え方としては「フロン...続きを読む

Q納得できない 高速道路の落下物事故の過失割合

高速道路上に落下物があり、それに乗り上げ事故になりました。

詳細の状況は下記の通りですが、判例などみると基本的には過失割合が6(落とした側):4(ぶつかった側)になる様です。

判例ではそうでありますが、高速道路上では回避困難ですし、回避しても回避が原因でさらなる重大事故につながる可能性が高いと思います。落下物があったことは見える段階で認識していましたし、危険とも認識できました。ですが今回のケースでは実際にはよけることは非常に困難でした。
(当事者になるとよくわかります。100km/hでは100mを3.6秒で走ります。高速道路の制限速度80km/hでも4秒台です。充分に距離があってもかなり短時間での判断が必要です。)


判例など法律論はともかく、
ぶつかった私個人としては、冷静な視点に立っても、落とした側に圧倒的な過失があると感じています。
次の様な重大事故につながる可能性があるにもかかわらず、少なくとも6:4などといった過失割合にはとうてい納得ができません。
http://www.youtube.com/watch?v=cXSpI7MAmgs&feature=player_embedded#!

死ぬかもしれないという状況になり、痛い思いもして、この過失割合はおかしな話です。
落下物が無ければ今回の事故はそもそも無かったのです。
第三者の率直な意見を聞きました。実感としては10:0に近い意見が殆どです。

修正要素などで過失割合は変わってくるかと思いますが、
今回のケースで最大限相手側に過失を認めるアドバイスをお願いします。
納得できません。宜しくお願いします。


■事故状況
高速道路上に落下物があり、左前後輪を乗り上げ事故。
登坂車線、走行車線、追い越し車線の3車線の路上。
落下物はアルミブリッジ。幅2.2m、高さ25cm、奥行50cm、重さ30kg程度の物。
落下物は、走行車線、追い越し車線にまたがり落下。
横向きに落下。2.2mが塞いでいる状況。
私の目の前での落下ではない。落ちていた。
追い越し車線を走行。
登り(発見が通常より遅くなる)
よそ見などはしていない。見える時から落下物の存在を認識。
走行車線、追い越し車線にまたがり落下物があり、左右に避けるより直進が安全と判断しそのまま走行。→結果、蛇行せず側面にも激突せずに軽傷で済んだ。
左前後輪パンク、ホイール、足回り破損。
乗り上げ後、走行車線を直進、ハザード点滅し走行車線から登坂車線、路肩へ移動、停車。

前方には見える範囲で車両なし。
後続車両は、普通車2台程度、大型2台。いずれも走行車線および登坂車線走行。

私に怪我。頸椎・腰椎捻挫の診断。
人身事故の届け出。

落とし主の身元は把握できてる。
落とし主は落下原因もわからない。落下したことも気づかなかった。(過失では。再発も懸念)
落とした物が大きく重い。後続車に重大な事故を招くおそれがある。(積載方法によほどの過失。重大事故の懸念。過失がかなり大きいのでは。)

高速道路上に落下物があり、それに乗り上げ事故になりました。

詳細の状況は下記の通りですが、判例などみると基本的には過失割合が6(落とした側):4(ぶつかった側)になる様です。

判例ではそうでありますが、高速道路上では回避困難ですし、回避しても回避が原因でさらなる重大事故につながる可能性が高いと思います。落下物があったことは見える段階で認識していましたし、危険とも認識できました。ですが今回のケースでは実際にはよけることは非常に困難でした。
(当事者になるとよくわかります。100k...続きを読む

Aベストアンサー

>判例など法律論はともかく、ぶつかった私個人としては、冷静な視点に立っても、落とした側に圧倒的な過失があると感じています。

 お気持ちはお察ししますが、他人に損害賠償を求めるというのであれば、そこには法律的な裏づけが必要で、質問者さんが「冷静な視点」に立っているとは認められません。
 積載物を落下させる行為は、もちろん道路交通法等の法令に違反する行為ですが、一般道路上においては直接的に交通事故の原因として処理されることはあまりありません。
 一般道路を使用する対象者が車両ばかりとは言えず、歩行者や自転車等のケースもあり、交差点もあれば信号機もある。
 見通しの悪い曲がり角もあれば、横断歩道もある。
 広い幹線道路もあれば狭い裏道もあり、急勾配の坂道もあるなど、その道路環境は様々です。
 運転者には、道路環境や交通の状況に適応するような運転行為が求められるものであって、他の車両等の交通違反があったからといっても、そのすべてが交通事故の原因と評価されることはないといえるのです。
 こうした一般道路上における落下物との衝突は、ほぼ後続車の責任が重いと判断されてしまいます。
 道路交通法の目的は「交通の安全と円滑を保つこと」ですが、一般道路の場合はある程度「交通の安全」を重視せざるを得ない実情があります。
 交通の安全を確保することで、より円滑な交通を保持することを目的とすると理解すると良いでしょう。
 これに対して高速道路は、利用できる当事者を限定し、他の一般道路とインターチェンジを設けて隔離し、安全施設を充実させ、かつ、通行方法も特別の規定を設けています。
 高速道路は、安全施設や規定を充実させることで、「交通の円滑」を重要視していると解すことができるのです。
 この高速道路の特殊性をまったく理解しないままに、素人的な感覚だけで主張をしても説得力のある主張にはなりません。
 ある意味「交通の円滑」を重要視するため、高速道路を通行する場合、車両の運転者には「事前に落下物が存在することを予測した安全な速度と方法で運転すべき義務」はありません。
 言い換えると、電光掲示板等で「落下物注意」等の表示がなされている場合を除いて、道路上に落下物があることを事前に想定して減速・徐行しながら進行すべき注意義務はないということです。
 ここが一般道路上における予見義務と、高速道路上における予見義務の相違点になります。
 高速道路ではこうした予見義務がないという特徴があるとしても、ではどんな運転でもしてよいかというとそれは別問題です。
 高速道路はある程度見通しがよく、遠方からでも落下物の存在を確認できるという特質があり、いかに坂道であったとしても、落下物のすくそばまで進出しないと確認できないという道路設計はなされていません。
 予見義務がない場合でも、衝突事故を回避することは一般道路よりも容易な状態と捉えられています。
 前方の見通し距離が100m程度しかないという高速道路は皆無です。
 高速道路では、落下物の存在に対する予見性は低いが、回避可能性は高いという特質のある道路であるということを、まず理解してください。
 質問者さんが基本過失に疑問を感じたとしても、民事上の基本過失はある程度法的にも妥当性があり、決しておかしな考え方とはいえないのです。


>落下物が無ければ今回の事故はそもそも無かったのです。第三者の率直な意見を聞きました。実感としては10:0に近い意見が殆どです。

 法的に正当な評価を行うためには、その前提となる知識が必要となりますが、こうした第三者の意見は無意味としか評価されないでしょう。
 人は自分の考えに同調する論説を多数派と主張したがる傾向があります。
 他の回答者のみなさんの回答をどう考えますか?


>修正要素などで過失割合は変わってくるかと思いますが、今回のケースで最大限相手側に過失を認めるアドバイスをお願いします。

 民事上の基本過失には、その前提となる条件が設定されています。
 つまり、ある程度遠方からでも落下物の存在を確認できる状態で、発見可能な地点から直ちに適切な回避行為が取られなかったケースを前提としています。
 実際の事故現場の見通し情況は、道路の明るさや天候、落下物の形状や態様などによっても回避可能性は変化します。
 「見える時から落下物の存在を認識。走行車線、追い越し車線にまたがり落下物があり、左右に避けるより直進が安全と判断しそのまま走行。」という判断の妥当性と、落下物の視認性、他の回避方法の選択の可否等が影響するでしょう。
 見えるはずのものを見えないと主張するような、妥当性のない言い訳にならないように、きちんと事実を掌握し、その上で事実に即した理論武装することが大切です。
 ご参考まで・・

>判例など法律論はともかく、ぶつかった私個人としては、冷静な視点に立っても、落とした側に圧倒的な過失があると感じています。

 お気持ちはお察ししますが、他人に損害賠償を求めるというのであれば、そこには法律的な裏づけが必要で、質問者さんが「冷静な視点」に立っているとは認められません。
 積載物を落下させる行為は、もちろん道路交通法等の法令に違反する行為ですが、一般道路上においては直接的に交通事故の原因として処理されることはあまりありません。
 一般道路を使用する対象者が車両ば...続きを読む

Q飛び石をしたんですが、困っています

国道を走行中、信号で止まっていると、私の車からの飛び石でキズがついたとのこと。直ちに2人で警察に行きました。その後、私の保険会社に確認したところ、石の出所が特定できないので、私には支払う責任がないとの事。
保険会社で相手の方に話してもらっているんですが、納得できないらしく、毎日私の家に2-3回、いつも1時間ぐらい、どうにかして欲しいとの電話があります。
相手の方の話しでは、どこの保険会社に電話しても、保険で直せるそうなので、私の保険会社が払わないんであれば、私が自腹切ってでも直してもらいたい。と言うんです。それにあずき大のキズなのに、全部取り替えたいから、10万円もかかるとの事。どうしたらいいのでしょうか、わかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

皆さんが回答されているように、支払う必要は無いと思います。
(今回の飛び石の場合、過失による賠償責任になるのかどうかがよくわかりませんが、保険会社の見解はそのようですね…)
また、当事者間だけで話をするのは解決を長引かせると思います。

相手方は保険に加入されているのでしょうか。
さらにその保険の内容は?
あなたに責任を取れというあたり、車両保険は付保していないんでしょう。
cartierさんも指摘してますが、もしかしたら、保険自体に加入していないのでは?
相手自身に自分が加入している保険会社があるならば「どこの保険会社に電話しても…」なんて言い分は出てこないと思います。それか、賠償責任は無いときっぱり言われて加入保険会社から見限られているのかも。自分は被害者だから…と言っているそうですが、だいたい、そういうリスクに対して車両保険などがあるわけですから。

フロントガラスについては部分補修する業者もありますが、一般的には交換したほうが良いですから、10万という金額については妥当なものかも。ただし修理業者の見積もりがきちんとあればの話ですが。


相手の周りには良識を持ったアドバイスをする人間(保険会社なり、修理業者、会社の上司など)が居ないのだろうと想像されますので、kensakuさんもおっしゃってますが保険会社の方(代理店さんと損害調査担当者もしくは営業さん)に同席してもらい対面で話をされることをお勧めします。

事故相手からの電話が頻繁にあるということですが、警察は民事不介入ということで相手が「当たり屋」でもないかぎり相談にはのってくれないでしょう。事故現場でも、賠償とか過失についての警察の見解はあてに出来ません。
相手からの電話の件は、損保立会いのもとで対面で話をしたらあとは法律事務所などへ相談したほうがいいのかな。

皆さんが回答されているように、支払う必要は無いと思います。
(今回の飛び石の場合、過失による賠償責任になるのかどうかがよくわかりませんが、保険会社の見解はそのようですね…)
また、当事者間だけで話をするのは解決を長引かせると思います。

相手方は保険に加入されているのでしょうか。
さらにその保険の内容は?
あなたに責任を取れというあたり、車両保険は付保していないんでしょう。
cartierさんも指摘してますが、もしかしたら、保険自体に加入していないのでは?
相手自身に自分が加入し...続きを読む

Q高速道路での飛び石の賠償請求について

今日不運にも高速道路(無料バイパス)走行中にフロントグラスに飛び石を食らい、見事にヒビが入ってしまいました。

以前、高速道路やバイパスで飛び石などの被害にあった場合、JHに賠償責任があると聞いたことがあるのですが、これは本当なのでしょうか。

このような件についてどなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、アドバイスをお願いします。
先月納車したばかりの新車同然の車なだけにとてもショックです…。
お願いします。

Aベストアンサー

「そのクルマが石を飛ばしたこと」が証明出来ても、先行車に責任を問うことはまず無理です。
「高速道路上の飛び石でガラスが破損したこと」を証明出来ても、高速道路会社(今はJH=日本高速道路公団ではなく、NEXCO=東・中・西日本高速道路会社ですね)に責任を問うことはまず無理です。

なぜなら、因果関係があるだけでは損害賠償責任は発生しないからです。
損害賠償責任は、民法709条が根拠なのですが、同条で損害を賠償させるためには、相手方に「故意または過失」がないといけないのです。
飛び石の場合、先行車に故意はありませんし、高速道路会社にもないでしょう。
では過失はといいますと、先行車にとっても高速道路を走行中に路面に落ちている小さな石を発見してかつ避けることはまず不可能ですから、それができなかったからといって過失を問うことはできません。
また、高速道路会社にしても、こぶし大の石とかならまだしも、せいぜい指先程度のサイズの石を一つ残らず路面から排除し、その状態を常に保つことは不可能ですから、そのような注意義務はないというしかありません。となると、高速道路会社にも過失はないことになります。
(工作物に瑕疵がある場合は、無過失でも責任を負う「工作物責任」というのもありますが、路面の石が「工作物の瑕疵」とは言えないので、これは適用外と思います。)

結局、誰にも過失がないため、アクシデントとしてあきらめるほかないということになります。

「そのクルマが石を飛ばしたこと」が証明出来ても、先行車に責任を問うことはまず無理です。
「高速道路上の飛び石でガラスが破損したこと」を証明出来ても、高速道路会社(今はJH=日本高速道路公団ではなく、NEXCO=東・中・西日本高速道路会社ですね)に責任を問うことはまず無理です。

なぜなら、因果関係があるだけでは損害賠償責任は発生しないからです。
損害賠償責任は、民法709条が根拠なのですが、同条で損害を賠償させるためには、相手方に「故意または過失」がないといけないのです。
飛び石の...続きを読む

Q「修復歴あり」の中古車はやっぱり買ってはダメ?

こんにちは。
現在ある中古車の購入を考えています。近所の中古屋さんでとてもいい値段の車(VW ゴルフ)を見つけたのですが、よく調べてみると「修復歴あり」の車でした。
その他の状態、状態はよいものであり、エンジンルームも開けてもらい中を確認してみましたが素人の私が見たところ、フレームのゆがみ等は全くわかりませんでした。
別にゴルフで峠を攻めるわけでもないし、たまーに少し遠いところに出かけるかもしれませんが町乗り用ですし、「修復歴あり」という理由だけでお買い得の値段であるのならば、これでもよいのかなという気がしています。
店員さんは感じのよい人で残念ながらどのような事故であったかは店の方で把握できるわけではなく、車にどの程度の影響があるかはまちまちだろうが、店としては変な車は売りに出すことはない、しかし最終的には本人が試乗してみて影響がないことを確認するといいだろうと教えてくれました。
一般的に「修復歴あり」の車の中古車の購入は素人は避けたほうが賢明なのでしょうか?それともこだわる必要はありませんか? またどのような点に注意をすればよいでしょうか? 教えてください。

こんにちは。
現在ある中古車の購入を考えています。近所の中古屋さんでとてもいい値段の車(VW ゴルフ)を見つけたのですが、よく調べてみると「修復歴あり」の車でした。
その他の状態、状態はよいものであり、エンジンルームも開けてもらい中を確認してみましたが素人の私が見たところ、フレームのゆがみ等は全くわかりませんでした。
別にゴルフで峠を攻めるわけでもないし、たまーに少し遠いところに出かけるかもしれませんが町乗り用ですし、「修復歴あり」という理由だけでお買い得の値段であるのならば...続きを読む

Aベストアンサー

単刀直入に…今回はパス。。。です。

初めから"アリ"ときちんと表示されている事からお店自体はそんなに悪そうな印象は受けませんね
しかし今回の事例ですと、1.事故(修復内容)が不明である。これは非常に痛いです
修復内容によって千差万別ですからね
ちなみに中古車の修復歴とは、フロア・ルーフ・ピラー・フレーム…等のいわゆるモノコックの部分に交換、修復などが入っている車を指します。ですので、ドアやフェンダー(前)、ボンネット等の交換や修復は含まれません
要するに、修復歴アリ=それなりに大きくぶつけていると判断できます
ただ、例えば私の車の場合ですと、ほんの少しぶつけただけですが、当りどころが悪く不幸にも修復歴アリになってしまっています(ぶつけたのは私です…)しかし、走行上あまり関係のない部分であることや事故自体が小さかった事や事故後すぐに修理を行っている事などから実用上は全く問題のないレベルになっています
もし、このような車両でしたら"買い"かも知れませんが、普通に考えてこのようなケースは極稀だと思います。
普通は、ボディまでダメージが及ぶような事故は"それなり"にやっていると判断した方が賢明でしょう
修復内容がハッキリすれば判断もしやすいですが、内容が判らないのはちょっと恐い気がします
車に相当詳しい方でしたら程度の判断も付くでしょうが。。。

もちろん、"ナシ"であっても修復歴の定義から考えると、両手を上げて安心と言う訳ではないのですが

単刀直入に…今回はパス。。。です。

初めから"アリ"ときちんと表示されている事からお店自体はそんなに悪そうな印象は受けませんね
しかし今回の事例ですと、1.事故(修復内容)が不明である。これは非常に痛いです
修復内容によって千差万別ですからね
ちなみに中古車の修復歴とは、フロア・ルーフ・ピラー・フレーム…等のいわゆるモノコックの部分に交換、修復などが入っている車を指します。ですので、ドアやフェンダー(前)、ボンネット等の交換や修復は含まれません
要するに、修復歴アリ=それな...続きを読む

Q(緊急)飛び石でフロントガラスに傷が!!

仕事がたてこんでいて、まだお礼をしていない自分の質問があるのですが、急を要することが起こってしまったので、こちらを先に質問させていただくことをお許しください。

先ほどトラックなどで交通量の多い道路を走っていて、前の車が飛ばした(らしき)石が飛んできて、フロントガラスに当たりました。(私の車スズキのアルト)

以前も同じ道路で飛び石にあい、そのときは大きなヒビになってしまったので、車両保険を使いなおしました。(等級が下がったと思う)
今回は二箇所、直径2ミリ程度、削れたようなあとになっています。言われなければ気が付かないくらい、小さいことは小さいです。

これは放っておいてもよいものなのでしょうか?
マニキュアみたいなもので塗りつければOKというようなモノで自分で直すこともできるのでしょうか?
それとも小さな傷でも、保険屋さんに電話して処置の仕方を聞いた方がよいのでしょうか?(保険はソニー損保)

まったくお手上げ状態です。
ご存知の方、お知恵を貸してください!
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 たとえ今は小さな傷でもそのうちどんどん広がってくる場合があります。
傷口が小さいうちにリペアしてもらった方が良いでしょう。
(大きいと最悪の場合ガラス交換になります)
リペアなら症状にもよりますが、2~4万円。交換だと10万円を越える場合も。
 リペアの場合、真空状態にして接着剤みたいな液を注入する為、真空状態を
する時にさらに傷口が広がり修復不能になり交換、という場合もあります。
 車両保険に加入している場合、走行中に飛び石ならば等級据え置きで保険で
直せます。

 ウチの場合、ディーラーで、リペア中に傷口が大きくなり修復不能に。
等級据え置きで保険使用してガラス交換しました。
(ディーラーからはもともとリペアは難しいと言われたが一応トライしてもらい、
案の定修復不能。という具合でした)

Q気にするなといわれれも気になるフロントガラスの小キズをどうすれば?

いつのまにかついた極々小さなキズ。ほんと1ミリぐらいの点なのですが場所が問題で運転席のまん前。爪先でこするとわずかにカリカリします。どうしても気になるのです。
そこでウィンドリペアの店など数件に聞いたのですが
「完璧に治すのは無理で、むしろ直しても今より目立つかもしれない。」「こんなん気にすることないっすよ」と笑われたことも。
まあ、それもそうかな?と思って運転するのですが、目が疲れるんですよ、虫が飛んでいるみたいで。
市販のリペアキットもある程度跡が残るというし。
こんだけいろんな技術が進んでいる今、なにかもっとよい方法はないんでしょうか?

Aベストアンサー

おはようございます。

娘の車で小さな傷が付いた事がありました。その時の経験です。

車両保険でガラスの交換をしてもらえました。多分前の車両が踏んだ小石があたったのだと思いますが、本人には自覚が全然ありませんでした。

保険会社によるとそのようなケースは多々あり、いちいち確認は要らないという事でした。

ガラスの取り寄せタイミングに併せて持ち込み、一日預けて交換が終わりました。

傷の程度にも依ると思いますが、万一傷の進展があり得ないにしても、気になるのであれば事故の結びつく危険を含みます。安全が第一です。

交換をお勧めします。保険が利けばいいのですが。

Q道路の白線・黄色線は「はみ出し禁止」?「追い越し禁止」?車線変更は?

道路の白線・黄色線について疑問に思っています。過去の質問を拝見しましたら、白・黄色の実線について
「はみ出し」を禁止している
「追い越しのためのはみ出し」を禁止している
「追い越し」を禁止している
との回答を眼にしました。

1)どの見解が正しいのでしょうか?


2)1)の回答にもよりますが、車線区分線としての白・黄色の実線の場合には、車線変更は禁止なのでしょうか?

「はみ出し」禁止であれば当然ダメでしょうが、「追い越し」禁止であれば車線変更は可能なような気がします。しかし、その場合は「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別がつかず、どこから違反とされるのかわかりません。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

少し噛み砕いて書いてみます。
(学科のテキストには明記されていないと思われるので)

◆白色実線の中央線

主に、片側に複数車線ある場合の中央線で、(原則として)絶対にはみ出し禁止。

(複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから)

中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

◆黄色実線の中央線

主に、片側1車線の道路に引かれており、追い越しのための右側部分へのはみ出しは禁止。

(道幅が狭いため、駐車車両や道路工事、また軽車両を追い越すなどやむを得ない場合には、中央線の右側へはみ出すことが出来る)

「追い越し禁止」の標識がある場合は、右側へはみ出すことはもちろん、はみ出さずに済む状況であっても、追い越しそのものが禁止されます。


次に

◆実線の車線境界線(白色・黄色とも)

実線部分では、車線変更そのものが禁止されます。白・黄色ともに。

※交差点(内部)と、その手前30メートル以内はもともと「追い越し禁止」場所ですから、仮に点線(破線)の車線境界線であっても、追い越しのための進路変更(車線変更)をすることは出来ません。
(優先道路を走行していて信号機のない交差点の場合は除外。←あまり考えなくて結構です)

テキストには、「追い越しが禁止される場所」として7項目の記載があると思います。
それらの場所では、追い越しをしようとして進路変更(車線変更)しただけでも違反行為と考えられます。

●「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別 について。

クルマはその速度に応じた車間距離を必要としますが、最低限必要な距離としては、前車が急停車した場合に追突しない距離と考えられます。
次に、追い越す動機としては、速度差があるため前車に対して、最低限必要な距離程度までに近づいてしまったから、という理由が挙げられると思います。
(勿論、急いでいる場合もあるでしょう)

追い越す意識(目的)があるかどうかという心理は、遠目には分かりませんが、車間距離がギリギリまで近づいていた場合には、意図していたと判断されるのではないでしょうか?
追い越す必要がなければもう少し車間距離を取るでしょうから。
特に速度を上げて接近していった場合には、その速度差から、追い越す意識があったと判断されると思われます。

現実的には、追い越しのための車線変更自体が違反行為となるケースが多いと思いますが、単純に追い越す意図があるかないか、を判断する材料はギリギリの車間距離か十分な車間距離か、また、前車と同じ速度であったか、速い速度で接近中であったか、だと考えます。

前車と十分な車間距離があり、速度も同程度の場合には、単なる車線変更と見なされると思います。

どうぞご安全に。(元、指導員より)

少し噛み砕いて書いてみます。
(学科のテキストには明記されていないと思われるので)

◆白色実線の中央線

主に、片側に複数車線ある場合の中央線で、(原則として)絶対にはみ出し禁止。

(複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから)

中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

◆黄色実線の中央線

主に、片側1車線の道路に引かれており、追い越しのための右側部分...続きを読む


人気Q&Aランキング