友達同士で話題になり、調べてみてもわかりません(二人とも法学部ではありません)。教えて下さい。
同一の容疑者が十年前に土の中に埋めた死体を二年前に掘り返し、別の場所に放置しました。この場合、最初の死体遺棄は時効になっていますが、二度目の遺棄は罪になるのでしょうか。

A 回答 (2件)

 罪になると思います。


 ご質問の文面からですと罪名は死体遺棄です。

 もしも2度目の遺棄の際に「身元を判明させないようにバラバラにした」等、死体を損壊していれば死体損壊遺棄罪となります。

 刑法190条の保護法益は「信教上の善良の風俗」であり、損壊も遺棄も同じ法益を侵害する行為です。
 
 ですから、例えば死体を損壊したうえ遺棄した場合、死体損壊罪と死体遺棄罪の2罪が成立するのではなく、「死体損壊遺棄罪と表現され1罪が成立」します。
 ちなみに時効は3年です。

 蛇足ですが、信教上の善良の風俗が保護法益であるので、「何年前の死体か」というのはもちろん関係ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。これで、すっきりしました。

お礼日時:2002/03/24 02:21

 犯罪になります。

ただし、この場合は死体遺棄罪ではなく死体損壊罪が成立します。判例(S27.06.24 第三小法廷・判決 昭和25(あ)3396 死体遺棄、同損壊(第6巻6号804頁))によりますと、死体を埋没遺棄し、数月後更にこれを発掘して損壊した場合について、死体損壊罪と同遺棄罪との併合罪が成立を認めています(つまり、別の犯罪と認定しています)。判決文は下の検索のHPで刑事にチェックを入れて、判例集の数字を入れてください。

参考URL:http://courtdomino3.courts.go.jp/schanrei.nsf/Fo …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2002/03/24 02:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q時効に関して質問します。賃金の請求権の時効は二年ですが、休業手当、危険

時効に関して質問します。賃金の請求権の時効は二年ですが、休業手当、危険負担などはどうでしょうか?

Aベストアンサー

危険負担(手当)は賃金であり、休業手当は賃金と解しますので、それぞれの請求権の時効は2年です。

Q死体遺棄の疑いについて

先日、会社の同僚の女性(既婚:子供なし)が急死しました。自殺と他殺で調べたらしいのですが、最終的には死亡後1週間ほどで、お通夜が開かれ、特に進展がない状況だったので、事件性はなしということで片づけられたようです。

そこで以下の噂が耳に入ってきました。

これは1年ほど前に聞いた話ですが、同じく同僚の男性社員(独身)がMDMAを使って、よく人妻を口説き、寝る際に服用させていた。これはもうクセのようになっていて、とっかえひっかえやっている、いた?だろうと予測できます。

そして、その男性が上記の女性社員とかなり仲がよく、社員旅行等でもイチャイチャしていたことが目撃されていました。(肩を組んだり、後ろからハグのようなことをしたり)

そして、今回の急死です。これも確実な話ではないですが、女性は女性の旦那とは別居同然の生活をしていたらしく、いつでも他の男性が出入りできる環境にあった可能性があります。

というような環境もあり、もしかしたら、旦那も浮気を重ねていた結果、奥さんが急死したため、司法解剖して、麻薬が検出されても、旦那自身が奥さんに寂しい思いをさせたため、薬を飲んで死んでしまったと思い、特に事件での捜査はさせなかったように思えます。(警察も面倒なので、自殺案件にしてしまうようですね?)しかも女性はいつも明るく、まったく自殺をするタイプではありませんでした。

話が私の中で確信になったのは、社内で亡くなった報告があった後のその男性社員の落ち込みようでした。明らかに、他の社員は普通に同様して、あっけにとられているのに対して、その男性だけ、どんより全く別次元の落ち込み方をしていました。

私の推測では押尾学事件のように女性の容態が急変してから逃げた結果、亡くなったのではないかと思っています。

人一人が亡くなってしまったわけですから、いくら遺族が自殺に近い変死と納得しても、上記の予測が現実であれば、許させることではありません。(このような内容はお互い悪いですが、片方は生きています)

おそらく、SNSやメール、電話履歴さえあれば、状況証拠は収集できると思うのですが、今から警察を動かして真実を突き止めることはできるのでしょうか?

今後も犯罪を犯した疑いがある人と働き続けるものつらいです。
どうかご教授願います。

先日、会社の同僚の女性(既婚:子供なし)が急死しました。自殺と他殺で調べたらしいのですが、最終的には死亡後1週間ほどで、お通夜が開かれ、特に進展がない状況だったので、事件性はなしということで片づけられたようです。

そこで以下の噂が耳に入ってきました。

これは1年ほど前に聞いた話ですが、同じく同僚の男性社員(独身)がMDMAを使って、よく人妻を口説き、寝る際に服用させていた。これはもうクセのようになっていて、とっかえひっかえやっている、いた?だろうと予測できます。

そして、その...続きを読む

Aベストアンサー

自殺と他殺で調べていた、というなら司法解剖されたのでしょう。死去からお葬式まで1週間もかかったのはそのせいでしょう。
仮に事件性があったとしてもいつまでも遺体を保存して葬儀をしないわけにはいきませんからそれだけでは「事件性なしと判断された」とは言い切れません。
もし警察が事件として調べていたとしても証拠がなければ逮捕・起訴が出来ませんからまだ内定中なのかもしれません。
質問者さんが何らかの証拠や情報をもっていてそれを警察に提供、警察が重要な証拠と考えれば操作するかもしれませんが、もし一度「自殺」として処理していたのであればよほどの証拠がないと警察も動かないかと思われます。

ただ質問文のような情報では状況証拠でしかなく、さらに具体的な証拠もないようなのでそれだけでは警察は動かないでしょう。
ただ、前述のように司法解剖されていて薬物が検出されていたのであれば警察もそれなりに捜査はしているはずです。
最初から疑惑があからさまな押尾学の事件でさえ女性の死亡から逮捕まで4ヶ月もかかっています。

Q遭難に遭った乗組員達が死体遺棄等の罪に

次の様な場合、この遭難に遭った乗組員達は死体遺棄等の罪に問われるのでしょうか、それとも書類送検だけで済みますか?

遠洋航海中、漁船が嵐に遭い3人の乗組員が遭難した後、セレベス沖無人島に漂着した。

3人のうち1人目の乗組員は既に死亡、
残る2人のうち2人目の乗組員芝山も栄養失調により衰弱が激しくもはや死に直面する状況、
みかねた3人目の乗組員いかりやが既に死んだ1人目の乗組員の死肉を調理して”海亀のスープ”と偽り、
何とか瀕死の状態の芝山に食べさせて救助されるまでの間をもたせた。

*出典:世にも奇妙な物語「海亀のスープ」より

Aベストアンサー

"乗組員達は死体遺棄等の罪に問われるのでしょうか、
 それとも書類送検だけで済みますか?"
  ↑
1,成立する犯罪について

芝山・・これは完全に無罪です。
    死体であるとの認識が無かったのですから
    正確には、死体損壊罪の構成要件該当性が
    否定されます。

いかりや・・他の方が回答されているように無罪に
      なるでしょう。
      彼は死体を故意に損壊していますから
      死体損壊罪の構成要件を充足しています。
      しかし、それはやむを得ない処置であったと
      思われますので、刑法37条の緊急避難が  
      成立し、違法性が阻却され、無罪になると
      思われます。

2,手続きについて
 事件が事件ですから、警察から検察に送検されると
 思います。
 そして、検察で不起訴にするでしょう。
 例え、検察が提訴しても、無罪になると思われます。
 検察送致は、おそらく書類だけで身柄は送致されない
 でしょう。

Q死体遺棄の時効

死体遺棄の刑法上の時効は、死体を隠したときからカウントされるのでしょうか?死体が発見されたときからカウントされるのでしょうか?

Aベストアンサー

「時効は、犯行行為が終ったときから進行する。」(刑事訴訟法253条)
とされていますので、遺棄等したときからカウントされます。
最高刑が3年以下の懲役となる罪(刑法190条)ですから、
公訴時効は3年です。(刑事訴訟法250条)

ちなみに、殺人罪の公訴時効は、現在は15年ではなく25年です。(同条)

Q死体遺棄

テレビ等でよく聞く死体遺棄って何ですか?
簡単に調べたんですけど、よくわかりません。
私の記憶ですと、土葬は死体遺棄になったと思うんですけど、
どうなんでしょうか?
田舎のほうでは今だに、土葬しているらしいのですが、
問題はないのでしょうか?

至急教えてください。

Aベストアンサー

土葬は、埋葬で、市町村長の許可を得ればできます。
「墓地、埋葬等に関する法律」
  ↓
URL:http://www.normanet.ne.jp/~hourei/h048gR/s230531h048.htm

死体遺棄は、亡くなった人をほおっておくこと、刑法第30章 遺棄の罪
「刑法」
  ↓
URL:http://www.law.hiroshima-u.ac.jp/jobun/keiho/2hen3.htm#30sho


人気Q&Aランキング

おすすめ情報