友達同士で話題になり、調べてみてもわかりません(二人とも法学部ではありません)。教えて下さい。
同一の容疑者が十年前に土の中に埋めた死体を二年前に掘り返し、別の場所に放置しました。この場合、最初の死体遺棄は時効になっていますが、二度目の遺棄は罪になるのでしょうか。

A 回答 (2件)

 罪になると思います。


 ご質問の文面からですと罪名は死体遺棄です。

 もしも2度目の遺棄の際に「身元を判明させないようにバラバラにした」等、死体を損壊していれば死体損壊遺棄罪となります。

 刑法190条の保護法益は「信教上の善良の風俗」であり、損壊も遺棄も同じ法益を侵害する行為です。
 
 ですから、例えば死体を損壊したうえ遺棄した場合、死体損壊罪と死体遺棄罪の2罪が成立するのではなく、「死体損壊遺棄罪と表現され1罪が成立」します。
 ちなみに時効は3年です。

 蛇足ですが、信教上の善良の風俗が保護法益であるので、「何年前の死体か」というのはもちろん関係ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。これで、すっきりしました。

お礼日時:2002/03/24 02:21

 犯罪になります。

ただし、この場合は死体遺棄罪ではなく死体損壊罪が成立します。判例(S27.06.24 第三小法廷・判決 昭和25(あ)3396 死体遺棄、同損壊(第6巻6号804頁))によりますと、死体を埋没遺棄し、数月後更にこれを発掘して損壊した場合について、死体損壊罪と同遺棄罪との併合罪が成立を認めています(つまり、別の犯罪と認定しています)。判決文は下の検索のHPで刑事にチェックを入れて、判例集の数字を入れてください。

参考URL:http://courtdomino3.courts.go.jp/schanrei.nsf/Fo …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2002/03/24 02:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「死体遺棄」

 先日、ある質問に対して、回答欄に

「自分の飼っている動物でも、果ては野良犬や野良猫でも、遊び半分で虐待や殺生を行うと、動物の愛護及び管理に関する法律に基づいて罰せられますよ??・・・(中略)・・ ・ネット掲示板で猫の虐待方法を募り、それに応じて虐待して最後は殺して川に遺体を遺棄した男に対してこの法律に基づいて懲役6月、執行猶予3年が言い渡された事件でも、被害者は野良猫です。」

と書き込んだところ、

「あなたの書き込みはなんか変です。遺棄罪が動物でも成立するように読めるんですが。」

とのご指摘を受けました。

 皆さんにお聞きしたいのですが、私の書き込みが、「動物の死体を遺棄した場合、死体遺棄罪(刑法第190条)として処罰されます」という意味に解釈できますか?

※1 私が訊ねたいのは、純粋に上のことです。言葉が足りないようであれば、今後、自分の説明の仕方を工夫する必要もあるかと思っての質問ですので、「人によって解釈が違うこともあるし、いくら説明しても質問者に分かってもらえないこともある」というご回答はご遠慮下さい。あくまで、私の書き込みで「死体遺棄罪(刑法犯)として処罰される」という意味に捉えることができるかどうかを、主観でお聞かせ下さい。

※2 他の質問を引用する性質上、お礼は極めて簡素になるかと思いますがご容赦下さい。

※3 言語カテゴリにすべきかと思いましたが、罪の構成要件にも関しますので、このカテゴリにしました。

 先日、ある質問に対して、回答欄に

「自分の飼っている動物でも、果ては野良犬や野良猫でも、遊び半分で虐待や殺生を行うと、動物の愛護及び管理に関する法律に基づいて罰せられますよ??・・・(中略)・・ ・ネット掲示板で猫の虐待方法を募り、それに応じて虐待して最後は殺して川に遺体を遺棄した男に対してこの法律に基づいて懲役6月、執行猶予3年が言い渡された事件でも、被害者は野良猫です。」

と書き込んだところ、

「あなたの書き込みはなんか変です。遺棄罪が動物でも成立するように読め...続きを読む

Aベストアンサー

法律ではなく日本語の問題かと思いますが。

すらっと読んだ限りでは、指摘は適切と思います。「遺棄罪が動物でも成立するように読める」。そのとおりだと思います。このように書くべきだったのでは。

「・・・ネット掲示板で猫の虐待方法を募り、それに応じた行為を野良猫に行った果てに殺して川に遺体を遺棄するという虐待を行った男に対し、この法律に基づいて懲役6月、執行猶予3年が言い渡された事件・・・」

日本語は最後にくる文節が一番強く受け取られます(英語と逆です)。
「虐待を行った」ことが罪の要因なんですから、遺体を遺棄したことは虐待の一環として書けばよかったのです。事実とするならば「遺棄」と言う言葉が不適切だとは思いません。不適切なのは語順と表現方法だけです。

Q死体遺棄の時効

死体遺棄の刑法上の時効は、死体を隠したときからカウントされるのでしょうか?死体が発見されたときからカウントされるのでしょうか?

Aベストアンサー

「時効は、犯行行為が終ったときから進行する。」(刑事訴訟法253条)
とされていますので、遺棄等したときからカウントされます。
最高刑が3年以下の懲役となる罪(刑法190条)ですから、
公訴時効は3年です。(刑事訴訟法250条)

ちなみに、殺人罪の公訴時効は、現在は15年ではなく25年です。(同条)

Q遺棄における作為と不作為

私は最近まで遺棄罪が不作為によるものだと、つまり217条、218条が真正不作為犯だと思っていたのですが、よくよく調べてみると、218条後段だけが真正不作為犯(不保護罪)で217条や218条前段の遺棄には作為犯(他の場所へ移す)と不作為犯(置き去り)の二種類があることがわかりました。そこで質問です。作為による遺棄と不作為による遺棄の言葉の違いがよくわかりません。たとえば、わが子を遠隔地に連れて行ってのこしてくるというのは、一般的には置き去りと世の人は呼ぶと思うのですが、刑法的には作為による遺棄と呼ばれるのではないでしょうか。

Aベストアンサー

問 不真正不作為犯としての保護責任者遺棄罪が成立するならば、その場合も不真正不作為犯に独特の問題、つまり作為との同価値性の問題等があるのではないかと思うのですが、あまりそのような議論はきいたきいたことがありません。よく聞くのは、ひき逃げにおける保護責任者遺棄罪と不作為による殺人罪の問題です。しかし、その場合、殺人罪のほうの成立の問題ばかりが提起されて、保護責任者遺棄罪におけるそういった議論がされないのはなぜなのでしょうか。

答 ご質問のとおり,殺人であっても保護責任者遺棄罪であっても,不真正不作為犯が問題となります。具体的には,先行行為に基づく条理上の作為義務の問題です。
 「保護責任者遺棄罪におけるそういった議論がされ」ていないのか分かりかねますが,ひき逃げ事案では,たとえば次のように「分類」できるでしょう。

1 行為者が人を轢いたことに気づいたが,被害者を放置し逃げた場合 保護責任者遺棄罪の保護法益は,生命及び身体の安全であるところ,行為者には,先行行為に基づく条理上の保護義務があるが,放置したのが交通量の多い場所であるなど,その放置が類型的に生命に危険を生じさせる程度に達しない場合には,同罪の実行行為としての不作為はなく,保護責任者遺棄罪は成立しない。(道路交通法の救護義務違反等が成立するにとどまる。)

2 被害者を保護するためにいったん車に乗せたが,発覚を恐れ,途中,交通量や人通りの多い場所で被害者を降ろした場合
 いったんは救護を開始し被害者を事故の支配領域内に置いたのだから,被害者の生命への危険を支配しうる地位,すなわち不作為の殺人罪および保護責任者遺棄罪の作為義務が発生している。そして,交通量や人通りの多い場所で降ろしているので,救命可能性があり,不作為の殺人罪の実行行為とはいえず,保護責任者遺棄罪が成立する。

3 被害者を保護するためにいったん車に乗せたが,発覚を考えると怖くなり,ちょうど,人気のない山中にさしかかったので,死んでもかまわないと思って被害者を降ろした場合
 いったんは救護を開始し被害者を事故の支配領域内に置いたのだから,被害者の生命への危険を支配しうる地位,すなわち不作為の殺人罪および保護責任者遺棄罪の作為義務が発生している。そして,救命可能性のない場所で,死んでもかまわないと思って降ろしているので,不作為の殺人罪の実行行為が認められ,同罪が成立する。

問 不真正不作為犯としての保護責任者遺棄罪が成立するならば、その場合も不真正不作為犯に独特の問題、つまり作為との同価値性の問題等があるのではないかと思うのですが、あまりそのような議論はきいたきいたことがありません。よく聞くのは、ひき逃げにおける保護責任者遺棄罪と不作為による殺人罪の問題です。しかし、その場合、殺人罪のほうの成立の問題ばかりが提起されて、保護責任者遺棄罪におけるそういった議論がされないのはなぜなのでしょうか。

答 ご質問のとおり,殺人であっても保護責任者遺...続きを読む

Q時効に関して質問します。賃金の請求権の時効は二年ですが、休業手当、危険

時効に関して質問します。賃金の請求権の時効は二年ですが、休業手当、危険負担などはどうでしょうか?

Aベストアンサー

危険負担(手当)は賃金であり、休業手当は賃金と解しますので、それぞれの請求権の時効は2年です。

Q保護責任者遺棄致死か過失致死か

母親が幼児を置いて外出、幼児はライターで火事になり死亡。
この場合、この母親の容疑は保護責任者遺棄致死か過失致死のどちらですか?
遺棄が死の直接の原因ではないので、遺棄罪+過失致死ですか?
または他の法令があるのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 もう一つ、失火罪の可能性を検討します。

刑法116条 失火により、第108条に規定する物(現に人が住居に使用し又は現に人がいる建造物など)又は他人の所有に係る第109条に規定する物を焼損した者は、50万円以下の罰金に処する。

 火を放った子供本人については罰せられません。
同41条 14歳に満たない者の行為は、罰しない。

 では母親は火気の管理を怠ったことで罪になるか。

失火ノ責任ニ関スル法律(明治時代に成立した法律ですが、今も有効です)
民法第七百九条 ノ規定(損害賠償)ハ失火ノ場合ニハ之ヲ適用セス但シ失火者ニ重大ナル過失アリタルトキハ此ノ限ニ在ラス

「但シ失火者ニ重大ナル過失アリタルトキハ」損害賠償にも値すると言っています。
 過失と重過失の線引きが問題になりまでが、これは私には判断がつきません。以下のURLを元に、ご自身で判断してみて下さい。

参考URL:http://www.mezaa.net/sonpo/2005/09/post_121.html

Q遭難に遭った乗組員達が死体遺棄等の罪に

次の様な場合、この遭難に遭った乗組員達は死体遺棄等の罪に問われるのでしょうか、それとも書類送検だけで済みますか?

遠洋航海中、漁船が嵐に遭い3人の乗組員が遭難した後、セレベス沖無人島に漂着した。

3人のうち1人目の乗組員は既に死亡、
残る2人のうち2人目の乗組員芝山も栄養失調により衰弱が激しくもはや死に直面する状況、
みかねた3人目の乗組員いかりやが既に死んだ1人目の乗組員の死肉を調理して”海亀のスープ”と偽り、
何とか瀕死の状態の芝山に食べさせて救助されるまでの間をもたせた。

*出典:世にも奇妙な物語「海亀のスープ」より

Aベストアンサー

"乗組員達は死体遺棄等の罪に問われるのでしょうか、
 それとも書類送検だけで済みますか?"
  ↑
1,成立する犯罪について

芝山・・これは完全に無罪です。
    死体であるとの認識が無かったのですから
    正確には、死体損壊罪の構成要件該当性が
    否定されます。

いかりや・・他の方が回答されているように無罪に
      なるでしょう。
      彼は死体を故意に損壊していますから
      死体損壊罪の構成要件を充足しています。
      しかし、それはやむを得ない処置であったと
      思われますので、刑法37条の緊急避難が  
      成立し、違法性が阻却され、無罪になると
      思われます。

2,手続きについて
 事件が事件ですから、警察から検察に送検されると
 思います。
 そして、検察で不起訴にするでしょう。
 例え、検察が提訴しても、無罪になると思われます。
 検察送致は、おそらく書類だけで身柄は送致されない
 でしょう。

Q病院のたらい回しは保護責任者遺棄致死?

病院のたらい回しは保護責任者遺棄致死?
病院のたらい回しは保護責任者遺棄致死ではないんですか?

Aベストアンサー

病院は面倒だから「たらい回し」をやってるのではなく
患者を物理的に受け入れられない「受け入れ困難」であるためです。
また、例え受け入れたとしても、必ず救命できるものではありません。
医療には限界があります。

「救急受け入れ問題FAQ」より抜粋 http://krtsan.jugem.jp/?eid=146

●なんで急患の受け入れを断るの?

・(人員・設備が足りない…などの)物理的問題で、(裁判で「やってはいけない」とされた…などの)法的問題で、断らざるを得ない状態にあり、これは「受け入れ拒否」ではなく「受け入れ不能」なんです。

なんで「専門外だから」が断る理由になるの?

・「専門外の患者を受け入れてはいけない」という司法の判例(奈良心タンポナーデ事件)があるからなんです。

●ベッドが無いなら、廊下で治療すればいいんじゃないの?

・「設備不十分な状態で患者を受け入れてはいけない」という司法の判例(加古川心筋梗塞事件)があるんです。

・そもそも、「ベッド」「ベッド」って言われてますけど、病院でいうところの「ベッド」は、心電図とか、酸素マスクとか、呼び出し用ボタンとか、それを管理する人員とか、それら全て「込み」ですからね。もはや「ベッド」というより「設備」と言ったほうが適切かもしれません。

●応急処置してから、他の病院に移すのは駄目なの?

・「応急処置して他病院に転送する位なら、最初から十分な態勢のある病院に受け入れさせよ」という司法の判例(上に同じく、加古川心筋梗塞事件)があるんです。

参考URL:http://krtsan.jugem.jp/?eid=146

病院は面倒だから「たらい回し」をやってるのではなく
患者を物理的に受け入れられない「受け入れ困難」であるためです。
また、例え受け入れたとしても、必ず救命できるものではありません。
医療には限界があります。

「救急受け入れ問題FAQ」より抜粋 http://krtsan.jugem.jp/?eid=146

●なんで急患の受け入れを断るの?

・(人員・設備が足りない…などの)物理的問題で、(裁判で「やってはいけない」とされた…などの)法的問題で、断らざるを得ない状態にあり、これは「受け入れ拒否」ではなく「受け入...続きを読む

Q死体遺棄

テレビ等でよく聞く死体遺棄って何ですか?
簡単に調べたんですけど、よくわかりません。
私の記憶ですと、土葬は死体遺棄になったと思うんですけど、
どうなんでしょうか?
田舎のほうでは今だに、土葬しているらしいのですが、
問題はないのでしょうか?

至急教えてください。

Aベストアンサー

土葬は、埋葬で、市町村長の許可を得ればできます。
「墓地、埋葬等に関する法律」
  ↓
URL:http://www.normanet.ne.jp/~hourei/h048gR/s230531h048.htm

死体遺棄は、亡くなった人をほおっておくこと、刑法第30章 遺棄の罪
「刑法」
  ↓
URL:http://www.law.hiroshima-u.ac.jp/jobun/keiho/2hen3.htm#30sho

Q死体遺棄事件について。

最近大阪で死体遺棄事件がありましたよね。死体遺棄した人は、どんな人だと思いますか?ぼくは、かわいそうな人だと思います。

Aベストアンサー

大阪市民ですが、怖いです。
どんな人だろうと早く捕まって欲しい

Q死体遺棄2

先程の続きなのですが、
例を挙げますので、これは罪になるのか、ならないのか。
また、どんな刑罰を受けるのか、教えてください。
(例1)
自宅で90歳の祖父が死亡。
医者の死亡診断書はもらった。
役所に死亡届を出した。
自宅の庭に埋めた。

(例2)
自宅で3歳の子供が死亡。
原因は不明。
死亡診断書はもらった。
死亡届を出した。
自宅の押入れに入れた。(腐ると匂うのでホルマリン漬け)

(例3)
自宅で100歳の祖父が死亡。
遺言により、そのまま近くの川に流した。

(例4)
自宅で25歳の息子が死亡。
宗教上の理由で、手足を解体。
そして土葬した。

以上 思いつく変な埋葬の仕方を書きました。

特に意図はありません。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 死体遺棄罪は、死体を土中に埋めた場合であっても、道義的に許されない方法でなされたり、法令、慣習による埋葬することをしない場合に成立します。したがって 1 は自宅の庭だから駄目です。2、3 は、火葬あるいは土葬をしてないからだめ。4は、死体を解体することができる人は死体解剖保存法により、医師、歯科医師など特定の人に限られますので死体損壊罪が成立します。また、判例では、人を殺して、土葬の墓地に埋めたケースでも、死体遺棄罪を認めています。


人気Q&Aランキング