先日中国人の友人と話をしていて、第二次大戦の話になりました
友人が「日本が中国でしたことは永遠に許されることではない。我々が納得するまでいつまでも日本は日本がしたことを反省し、謝罪すべきだ」と言ったので
「中国だって元寇で日本を侵略しようとしたじゃないか。それを日本人が許さないと言ったら、中国人は謝罪するのか?」と反論すると
「そんな昔のことは関係ない」と一蹴されました
なんか矛盾してるような気がするのですが、中国や朝鮮の人は、過去に元寇で日本に攻め入った事実についてどのような考え方のスタンスをもっているのでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

この手の問題をよく韓国からきた研究者と話していました。


結論としては国と人間の認識の違いですね。つまり、多くの日本人が
日本人(主に大和民族)が住んでいる国が日本国であると思っているのに対して
中国人は中華人民共和国に住んでいる人間が中国人だと思っている点です。
韓国人にしても大韓民国の国籍をもっているから韓国人だそうで、
その研究者は「私は朝鮮人(チョーソン人)がいい」と言っていました。

したがって、元冦は元にすんでいた人間が日本へ攻めたのであって
元は今の中国とは関係ないという認識ですね。それに、元冦当時は
日本は何宋とは良好な関係を持っていましたから、必ずしも元冦は
中国からの侵略とは言えないこともありますね。

一方で日本はというと敗戦によって憲法は変わりましたが、国の体制が
変わったわけではありません。内閣総理大臣が伊藤博文から小泉純一郎まで
継続しているように現在の日本国は戦時中の日本と同じ政府なんですね。
なので日本は日本のしたことを謝罪すべきだってことになるんでしょう。

もちろん、中国共産党の日本敵視教育の表れでしょうけどね。
台湾だって昔は日本敵視教育で日本嫌いな人が多かったんですが
ここ10年の教育改革で日本好きが増えたし、香港人も別に日本嫌いって
ことでもない。教育って大切ですね。

その韓国人と焼肉を食べに行こうとしたら、本人は嫌だという。
理由を聞いてみたら「この辺は朝鮮総連系だから」とのこと。
北朝鮮が嫌いということですね。同じ民族でも国家が違えば
怨念の対象になるんです。
    • good
    • 0

勉強してほしいんですね。

専門家のpazueさん。
>話し合いで解決しようとする台湾と話そうとせずにミサイルを向ける。
話し合うことを拒んでいるのは、どちら方?
中国大陸では、台湾のテレビ番組・映画・雑誌・新聞・本・人・企業などなんでも受け入れている。
台湾では中国のテレビ番組・映画・雑誌・新聞・本・企業・人・企業などを禁止している。しかも、国家間の話し合いという前提付きでの話し合いなんですよ。これじゃ、何を話し合えばいいんでしょうか。中国と台湾の国交樹立について話し合う、ということでしょうか。

>チベット、ウィグルに民族浄化と言って武力で押さえ込もうとする。
もしそれは民族浄化と言えるならば、このわたくしも「浄化」されたいくらいです。何しろ、私は「一人っ子政策」に適用され・大学受験時少数民族のボーナス点がもらえず・少数民族特別予算がもらえず・戸籍謄本に「xx族」と書かれておらず「漢族」と書かれるなどなど、不平等な扱いを受けているからです。中国の民族は54、憲法上認められているし、戸籍謄本上にも民族別に書かれている。残念ながら、まだ「浄化」されていない。日本のアイヌ民族が「浄化」されたといえるじゃないでしょうか。機会があれば、チベットへ行って見てきてください。
ウィグル族の独立運動が昔からずっとあった。昔といえば第二次世界大戦のことです。いろんな国がその独立運動に一枚噛んでいたんです。ロシア・日本も含めてです(勉強したことがあるかな?)。余談ですが、その後ロシアのおかげで外モンゴルが中国から独立してモンゴル共和国となった。ウィグル族の独立運動はロシアのアフガン侵攻以降、盛んになった。爆弾テロ・要人殺害・治安問題などが起きている。そのテロを訓練しているのは、まさしくアフガンにいるウサマ・ビン・ラディン氏だ。先日、日本ニュース番組にも報道されたようにアフガンのテロ訓練場でつかまったウィグル族がいわく「ここで訓練して中国でそれをいかす」(詳しいことは忘れたが、大体そういう意味の話)。彼らはイスラム教でテロ独立を目指している。警察は彼らを捕まえると必ず西側が「武力」・「民族浄化」という言葉が出てくる。イスラム教ウィグル族は回教ウィグル族・漢族との紛争は絶えないことは事実です。だけど、それを非難して中央政府が張本人だという行為どうかな、と思います。(ウィグル族のテロについてもう一つ面白い解釈がある:ウサマ・ビン・ラディン氏が中国でやったのは正義、アメリカでやったのはテロだ。)

>平気で日本近海を潜水艦でうろうろする。
日本を母港とするアメリカ艦隊が平気な顔をして中国経済水域を横断しても、台湾海峡を通過しても、独立主権を持つ国家ーー中国に「黙ってろう」、っていうんですか。

>所詮、共産党一党独裁の非民主主義国です。
一党独裁は悪いことといいことがありますね。私は人の自己認識によって、判別が違いと考えています。私は一党独裁を賛成していない。だけど、現在の民主主義国家も賛成していません。一国の指導者が国民主導で国家をまとめるんですが、国民の間違い志向を正すのも指導者の責務です。今ではその機能を備えている民主主義国家はいません。ゆがんだ国民志向・国民のわがままを聞いているばかりなど、民主主義国家の危険な匂いがぶんぶんします。もちろん、一党独裁がいいとは言っていません。むしろ、一党独裁が最も危険な政党です。これについては説明が不要でしょう。但し、一党独裁という民主主義国家もありうるのです。
私が言いたいのは、ある種の政党が危険だとかではなく。危険なのは、ゆがんだ国民性のことです。それとその国家の「性」に沿った正しい政治システムが最も重要なことです。アメリカの政治システムが正しければ、他の国もその政治システムでなければいけない、というのはむしろ危険で世界の災いです。これこそ、自由と民主が無視されたやり方です。
国民の自由・国家の民主を問う前に、国家の自由を問うべきではないか。
    • good
    • 0

>「中国だって元寇で日本を侵略しようとしたじゃないか。


>それを日本人が許さないと言ったら、
>中国人は謝罪するのか?」と反論すると
>「そんな昔のことは関係ない」と一蹴されました
少々歴史知識を持っている人はすぐわかると思いますが、もし当時の中国(宋)が軍事的に強ければ、「モンゴル襲来」はありえないんです。残念なことで当時の中国(宋)は官が娯楽に一途、民が餓えに苦しむ。結局、国が滅びることになったんです。言いかえれば、中国(宋)の衰退が日本(鎌倉)をモンゴルから護ることができなかった、ということです。もし日本列島が中東・中央欧州・欧州のあたりに位置するとすれば、この何千年の間に一度のみの外来侵略で済む、と思いますか?大陸の儒教思想に護られてにもかかわらず...

>中国は過去にもロシアにも侵略されたし、イギリスやアメリカやドイツ等のヨーロッパ諸国にも
>領土を割譲していた歴史があります。 なのに日本だけを集中攻撃するのは、...
君、本当にわかっているかどうか、心配です。もしわかっていないならば、そういう発言を控えてほしい。
中国はいろんな国といろんな戦争を自分の国土でしてきた。その中、日本に対して最も恨みを持っています。
なぜかというと、日本軍は中国農村部に対して「三光政策」(自分で調べてください)を徹底したからです。
これだけの理由で十分答えになっていると思いますので、他の理由をつけくわえなくても、いいんでしょう。

>国家レベルで教育された徹底的な被害者意識を持っているからじゃないでしょうか
この部分が最も重要で、弁明の必要があるかと思います。
「侵略反対」というのは中国の国家レベルのスローガンです。もちろん侵略行為を持った国に対して行ったのです。ですが、その国に対して敵視する教育はなされていない、むしろその逆です。
日本について、教科書で「友好な隣国」・「一衣帯水」など、耳にたこができるほど教育されてきた。「日本の国民も被害者だ」など、「大きなお世話」と日本人に言われるかもしれないほどばかばかしい教育をうけてきたんです。知っていますか?中国共産党は中国人民が日本に対する怒りをおさえてきたことを。今のままでは、民主と自由を進めば進むほど、中国の国民が日本への非難が高まっていくんでしょう。(本当に面倒なことだ)
実際、中日国交樹立してから今まで、中国の民が日本への非難が高まって、日本の国民が中国人への不信が深まっている。最近の中国共産党の動きを見ると、どうやら中国人民が日本に対する非難をおさえることがやめたらしい。昔、あまり報道しない「日本軍の毒ガス砲弾をまた発見」「毒ガス砲弾が錆びて漏れ」「日本軍砲弾が建築時爆発」...等記事が多くみられるようになった。なんだか、怖い。
日本では中国人絡みの刑事事件を10割の確率で新聞紙やテレビニュースに登場する(アメリカ兵の暴行事件がすぐにトップニュース、だげアメリカ人の刑事事件はニュースになったことは一回もない。| アメリカ兵の暴行事件を取引に使っていない? アメリカ人が日本で犯罪してない?)。中国人による犯罪率はどのぐらいなのか、その気になればすぐ調べられるんですが、どうも今の日本では中国人が犯罪集団になっている。なんだか、恐ろしい。
中国と日本の掲示板をみていると、無意味な暴言や攻め合いが随時見られます。どちらかというと、レベル高い教育をうけてきた日本の方が無知な発言が多い。中国もどんどんその無知を追いついている。なんだか、かなしい。
私自身は国際教育者になるべく、学業をすすめてきた。あまりにも精神的につらく、途中で挫折しました。歴史の真意・教育の難しさを知れば知るほど難しくつらく思います。
どうか皆さん、国と国の間の問題については、自分が思っていることを簡単に言わないで下さい。あなたが思っていることは人に影響されて印象づけられたことです。おおきな間違いをおかす恐れがありますので。
歴史を繰り返したくないのは、人間です。
    • good
    • 0

中国と韓国、北朝鮮が現在の国の方針を変えない限りこの問題は解決されません。

今これらの国は日本に対して第2次大戦の罪を日本人に負わせることで国としての求心力を維持しようとしています。大切なのは「罪を憎んで人を憎まず」です。そういう共通認識がこれらの国と日本が持てた時にすべては解決します。少数かもしれませんが私の知り合いの台湾人、フィリピン人の知人がそう教えてくれました。
    • good
    • 0

 私は、国民の歴史、戦争論等である程度の知識を得ました。

↓で様々な回答がありましたが、恐らくは皆さんの情報源もこの辺でしょう。で、amema999さんの再質問ですが、やはりここは謝っておくべきだと私は思っています。ただ事実と違うところは違うとはっきりとさせるべきだと思います。そして両国間で共通の歴史認識を持つべきだと思います(お金はダメ、無駄)。恐らく中国は、認めないでしょうが。結局粘り強い交渉の積み重ねだと思います。現在の外務省にそんな力もないでしょうが。

 そこで、緒方さんに登場願って中韓担当大臣にでもなってもらっては?だめなら川口さんのタフネゴシエータぶりに期待。いずれにしてもこういう問題は、女性が向いていると思います。男性同士は、感情的になってしまいそうな気がしていかん気がする。でも真紀子さんはだめよ。いいなりだから。

それでダメなら、最後の手段、謝り倒す。そしてなにもしない。
    • good
    • 0

 第二次大戦の議論は、中国(当時シナ)と日本とで大きく揺れ動いてきました。


 まず、元寇に関しては確かに大昔のこと、中国という国の観念がなかった時代ですから関係ないと言われるのは仕方ないと思います。問題は第二次大戦です。amema999さんも日本が悪いことをしたと認めてますよね、これは両国で行われてきた教育のためだと思います。私も、日本はとんでもないことをしてきたんだと教えられてきました。でも、実際に当時の日本軍が大量の民間人を殺したと言う事実はないと言われています。実際に南京大虐殺は起きていなかったというのが現在の通論です。国民党軍と共産党軍の争いに日本が巻き込まれてしまったために今日のような状態になってしまったのだと思います。
 話は教育になりますが、中国は日本と違い国定教科書です、政治と深いつながりができてしまっているんです。日本に謝罪の念を抱かせることが、国(中国)のためになる。謝れ!!と言えばお金が入ってくる(ODA)。こんなにおいしい方法はないでしょ。なのに、矛盾しているのは軍国主義の道をひた歩いていること、話し合いで解決しようとする台湾と話そうとせずにミサイルを向ける。チベット、ウィグルに民族浄化と言って武力で押さえ込もうとする。平気で日本近海を潜水艦でうろうろする。所詮、共産党一党独裁の非民主主義国です。
 時間が解決してくれるといえばそうかもしれません。いつ、日本が立派な自衛隊をもち(今でも十分立派ですが)正々堂々と土下座外交をせずに中国、韓国と向かい合っていくのか?今、私たちが動くべき時なんでしょうね。他にもWTO加盟で中国の人たち(市民)がお金を持ち、自分たちの政治(民主主義)をしたいと願えば中国が変わるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当にたくさんのご意見ありがとうございます。
では、ひとつ問題を提起したいのですが、どうすれば「解決」できると思いますか?それも、「今」「日本が」「能動的に」「何らかの行動を起こすことによって」という条件付きでです。
ODAを投入すれば解決しますか?ペコペコ謝れば解決しますか?それとも「しかたなかった」と居直れば解決しますか?
ドイツのように過去を切り捨てて、「現在のドイツとは関係ない」と言いきってしまえば良いのかもしれませんが、そんな総括を今の日本ができるとは思えません。
みなさんはどう思われますか?

それと、pazueさんは「amema999さんも日本が悪いことをしたと認めてますよね」とおっしゃってますが、私のスタンスは「戦争に良い・悪いという善悪論を持ちこんでも無意味だ」というものです。単純に割り切れないからこそ難しい問題だと思います。

お礼日時:2002/03/25 11:59

大激論になってしまっているようなので補足しておきます。

私の父は昭和7年に(当時4歳)強制連行されてきた祖父と共に日本にやってきて(父の弟は強制連行中の船上で病死後海に投棄)、母は昭和9年に強制連行されてきた祖父母から誕生しています。昭和9年の室戸台風時、朝鮮人に日本人の火葬場を使わせたら汚れる、との理由でこの台風で死亡した朝鮮人(他の方は日本人というのでしょうな)は、淀川の河川敷で火葬されています。
本論からは外れてしまいますが、一般的に差別は差別する側は法的正当性を根拠にするのに対して、被差別側は、実感としての被差別を問題にします。
もし、この勉強をしてみたければ、「American dilemma」(ケネス・B・クラーク)を読んで見られることをお勧めします。もともとは1920年代にカーネギー財団の委託研究としてアメリカのracismの根本的原因を調査した著者がまとめた本ですが、アメリカの公民権運動の理論的バックボーンになった本です。

余談ですが、当然私も在日韓国人、でした(今は日本に帰化)、在日時代に、私はプロポーズに3回失敗しています。どの場合も相手の両親に「あなたに娘を嫁がせたら、親戚や地域社会に「あいつは朝鮮人に娘を売った」と言われる」といわれましたね~。(1987年~1998年)
ついでに、私の妻君(在日韓国人、私と結婚して日本に帰化)は、2000年に就職活動をしましたが、一部上場企業でも「三国人お断り」「半島人お断り」の張り紙がない所を探すだけで一苦労のようでした。

実態としてのこのような差別が続く以上、中国や韓国の人が日本人に対して「反省していない」という実感を持つのが当然ですし、今の日本の状況を見る限り中国や韓国の人には、そう言う権利があると思います。

大切なことは、実態を自分の手で調べる努力です。
もし私の回答に興味を持ってくださるなら、どうかご自分で、ご自分の目で調べてください。
    • good
    • 0

この問題はおそらく、矛盾するかしないかという論理的なものなのではなく、純粋に感情的なものなのだと思います。


先の大戦の被害者やその直接の子孫がまだ、生きていて、今もなお苦しんでいるのに対し、元寇のことなど誰も覚えていませんから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事をくださった皆様にこの場を借りてお礼を申し上げます。
感情的な問題である、とする方と国民教育を含めた政治の問題である、とする方それぞれに説得力のあるご意見をいただき参考になりました。
結局は時間が解決・・・というしょーもない結論になるのかもしれませんが、せっかくこのような時代に生まれてきているのですから、もっと能動的な解決方法を考えたいものですね。

お礼日時:2002/03/22 13:28

元寇のことは、完全に歴史上のことでしょう。

それに比べて、日本の中国等のアジア侵略は、まだまだ生々しいですよ。自分の目の前で幼い子供が銃剣で差されるのを見入る人が、居るのですよ。その人は、子供に伝えます。これも、直接見聞したことではないが、かなり生々しい印象です。

 今でも対中国戦争やそれに続く太平洋戦争時代には、、大東亜共栄圏だとか八紘一宇だとかで、本当は、日本の資源供給基地にするためだったのに、題目だけは立派なことを言ってさんざん中国等アジアの人を苦しめました。

 それなのに、今でも被害者の神経を逆なでするような発言をする大臣が居たりして、日本は本当に反省しているのかと疑われるのも無理はありません。

 なお、他の方の回答を読んで知らないことを知ることができ、ありがとうございました。
    • good
    • 0

確かに、同じアジア人同士でありながら、分かり合えないのは悲しいですよね。


ただ、こうした問題は双方に言い分があるものです。
言い出せば、限りなく言い合いになるだけなのです。
こうした言い合いに区切りをつけて、過去を水に流すのが、講和条約というものの役割でしょう。日本と中国も1972年(だったかな?)に日中共同宣言に調印しているので、これが講和条約に準ずるものと考えていいのではないでしょうか。
したがって、それから何十年もたって、謝罪や補償を求めるという行為は、国際社会の常識では、認められないと思います。
ただ、個人のレベルで、戦争犠牲者に対して、同情の気持ちを持つことは必要でしょう。小生も、先の大戦で、犠牲となられた、中国のかたがたには同情を禁じえません。
もちろん、日本の人々にも。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「永遠の一秒」の歌詞が知りたいのですが…

 24時間テレビでしたっけ?『アンドロメダ・ストーリーズ』のエンディングに流れる「永遠の一秒」の歌詞が知りたいです。著作権の問題とかがあるのは知っていますが、検索しても歌詞は分からなくて困っています。教えていただけませんか?もしも著作権が障害となっているのであれば、歌詞が掲載されているサイトを教えていただくとか、何とかお願いします。

Aベストアンサー

 残念ながらNo. 1の方のお勧めサイトでヒットするのは同名異曲ですね。
 確かにざっと捜した限りではネット上に見つかりません。海賊的に一部だけ書いてあるアブナイページを見つけてしまいました。参考URLの、kojy_2552という人の書き込みに、最後の部分だけ入っています。漢字の使い方の正誤は、今、ちょっとレコード本体のある場所にいないので確認できません。
 また、以下のサイトで「要約」が載っています。歌詞そのままの部分もあり、言葉を換えている部分もありで、ま、巧く逃げているな、という感じです。

http://blog.drecom.jp/yuttari2004/daily/200508/17

 きちんとした回答になっておりませんので、ご参考までに(或る事情もあって、私も好きな歌なのですが)。

参考URL:http://www.tanomi.com/metoo/naiyou.html?kid=2250

Q元寇は、当時の中国人も日本を侵略して日本人を殺したのでしょうか?

元寇は、当時の中国人も日本を侵略して日本人を殺したのでしょうか?朝鮮人とモンゴル人がそうしたのは確かだと思うのですが、当時の中国人もそうしたのでしょうか?もしくは、中国は国として元寇に加わったのでしょうか?

Aベストアンサー

当時の中国はモンゴル人が支配していた、というだけで
官僚や庶民の多くは漢民族ですよ。

当然でしょうが、漢民族も、上は司令官から、下は
戦闘員まで、元寇に参加していました。

劉復亨、洪茶丘、などというのは元寇における漢民族の司令官です。


”中国は国として元寇に加わったのでしょうか?”
    ↑
中国という国はモンゴルに支配されていました。
だから、中国は国として元寇に加わったことに
なります。

これは少数民族に支配されていた清国と同じです。
日清戦争では、中国は国として、日本と戦争した
わけです。

Q新居昭乃さんの「Adesso e forutuna~炎と永遠~]の外国語?の歌詞を探しています。

新居昭乃さんの「Adesso e forutuna~炎と永遠~]の外国語?の歌詞を探しています。
CDやネットでHP等探したりしてみましたが見つかりません。
どなたか手にいれる方法を知っている方が居ましたらお願いします。

Aベストアンサー

 検索してみたところ、英語版は「ETERNITY」というタイトルで発表されているようです。ロードス島戦記のサウンドトラックVOL.3に収録。中古でもCD見つかればわかるのではないでしょうか。

http://www.at-f.com/lodoss/cd/ovasantora3.html

Q日本の「謝罪・反省」とは?

今年、天皇両陛下が真珠湾を非公式訪問することで調整に入っているというニュースを先日見ました。
これは個人的には良いことだと感じています。

これとは少しベクトルの違う話になりますが、中国や韓国を中心としてアジア諸国で「日本は公式に謝罪しろ」とよく言われていると思います。
日本は公式に何度も謝罪していますし、賠償金だって払いましたし、謝罪の一環として経済的援助もしていますよね。
彼らの求める「謝罪」が「反省」の意味も含んでいることはわかります。しかし一部の右翼を除いて、日本人は反省しているしもう二度と戦争をすることはないはずだと個人的には思っています。なぜなら自衛隊があるとはいえ外部に対して攻撃することはできませんし、実際にはアメリカ軍の支援がなければ日本が武力侵略されても守りきることは出来ないと思うからです。だから戦争をしようにもする前に負けて降伏するしかないのではないかと。しかしこれは完全な私見ですから賛否両論あることと思います。

では日本人がいつもしている謝罪(反省)とは何なのでしょうか?
彼らは日本からの謝罪を謝罪と思っていないということですよね?いったいどういう言葉を用いてどういう態度をとってどのような行いをすれば彼らにとっての謝罪や反省をしたと認められるのでしょうか?
極端な表現ですが、日本人全員が一人残らず自害して消えれば謝罪し反省したことになるのでしょうか?

いったいいつまで日本人は謝れ謝れと連呼されなければいけないのでしょう。個人的な感覚で言わせていただくと、謝罪は1回、反省は一生だと思います。
反省は他人から言われずともなされるものであって、反省しろと言われてするのは反省ではないと思います。謝罪しろ(=反省しろ)と言って日本人が言われたとおり反省すれば、それは彼らにとって「反省している」ことになるのでしょうか?
なにより、真の意味での心からの謝罪は当事者しか出来ません。見聞きした人がどれだけ感情移入して心を込めて謝罪してもそれは真の意味での謝罪にはなりえません。建前としてはなるかもしれませんが。彼らはそんな建前が欲しいのでしょうか?
日本人がどうすれば、彼らが過去は過去として未来を見据えて付き合っていこうという気になるのでしょうか?

それからもうひとつ。日本は被害(原爆投下など)ばかりを口にして、加害を口にしないと言われます。
日本で原爆のことが大々的に言われるのは原爆の日あたりだけですよね。日常的には口にされることはありませんし。それに軍人ではなく大量の民間人が攻撃を受けたのですから大きな出来事でもあります。科学的にも大きな出来事ですし。
だから基本的に「~ばかり口にする」と言われるほど日本人は被害も加害も口にしていないと思います。
日本人が加害をあまり口にしないのは、そうすることで嫌な思いをする人がいるだろうと思ってのことだと思います。(単に歴史に興味がないから知らないだけという人も若者の中には多くいますが)
この辺の配慮の概念というのは本当に他国の人には通用しないことなのでしょうか?
それに日本の歴史は長いので、授業という限られた時間でWW2まで詳しく教える時間がありません。戦争がいくら大きな出来事といっても、戦争をしていた期間よりそれ以前のほうが長いのだから、必然的に教える時間は減ると思います。これは仕方ないことなのではないでしょうか?

長々と書いてしまいましたので、質問をまとめます。

1.日本がしている謝罪(経済援助等含む)や反省は他国にとって“戦争の謝罪・反省として”意味のないものなのか?
2.日本はどのように謝罪し反省すれば、まともな国家交流が出来るようになるのか?
3.日本人はもっと戦争における加害行為を日常的にテレビや雑誌などで取り上げるべきなのか?(そうした場合、他国の反応は?戦争というものに興味を持ち好戦的な人格が形成される可能性は?)
4.他国は日本以上に戦争について授業で習っているように感じられるが、彼らにとって戦争以外の歴史はどうでもよいことなのか?

以上です。様々な意見があるかと思いますのでお伺いしたいです。私は20代の戦争を知らない世代ですし軍事や外交についても素人ですので、書いたことが感情論であることは解っているつもりです。しかしこんなことを自分ひとりで悶々と考えていると欝状態に陥りそうになりましたので、皆さんの意見を聞いてみようと思いました。
なおこの質問は、いわゆる慰安婦問題や南京大虐殺についてのみ言及しているものではなく戦争全体についてのものですのでご了承ください。

今年、天皇両陛下が真珠湾を非公式訪問することで調整に入っているというニュースを先日見ました。
これは個人的には良いことだと感じています。

これとは少しベクトルの違う話になりますが、中国や韓国を中心としてアジア諸国で「日本は公式に謝罪しろ」とよく言われていると思います。
日本は公式に何度も謝罪していますし、賠償金だって払いましたし、謝罪の一環として経済的援助もしていますよね。
彼らの求める「謝罪」が「反省」の意味も含んでいることはわかります。しかし一部の右翼を除いて、日本...続きを読む

Aベストアンサー

1.
 意味は十分にあります。ただし、政府要人の謝罪を後退させるかのような発言がその後になければです。 

2.
 日本政府の要人が、戦争責任に対し、過去にされた謝罪を否定するかのような言動をしないように注意することです。

 日本側政府要人がそのようなことをしない限り、謝罪要求はされません。

・靖国神社参拝=A級戦犯合祀
・安倍元首相・・・慰安婦問題
           etc.

 田母神前航空幕僚長・・・戦争責任はないとの発言が広まって、辞任したので日本は謝罪要求されなかった。

 昔、私が日本政府の無償援助工事を受注した建設会社で働いていて、現地で病院を建てていた時に、大臣の一人が「南京大虐殺」についての発言で辞任したことがあったのですが、その時、大臣の発言で建築現場の中国人の態度・雰囲気が一変しました。

 それまで、「日本人は、戦争を反省し他国と協力して、平和協力をする国である。」との評価でした。
 現地で働く日本人=現地中国人と協力=日本人一般の姿勢と見られていたのです。

 しかし、大臣の発言後は、現地で働く日本人≠大臣=日本人一般の姿勢と見られてしまい、中国側の工事主任から、「あなた個人が平和を愛し外国と協力することが重要と思っていることは、今も疑っていない。しかし、あのような発言をする人を大臣として選んだと言うことは、日本人全体としては、戦争に対する反省が口先だけということを示している。この援助も金の力で中国人の気持ちを買うために行っている偽善で軽蔑すべき行為である。工事工事現場全体の雰囲気が変わったのは、多くの中国人が同じ気持ちであるからだろう。」との意見を聞きました。

 韓国や中国が以前に比べて格段に豊かになっている現在では、中国・韓国が日本に反省を求めるのは、「お金が目的である」というのは、完全に間違いです。お金だけを出しても『軽蔑』しか買えません。

 韓国に、日本側の「戦争責任がない」という発言に対して、日本からお金を出してもらったから抗議しないという政権があったとしても、即座に政権崩壊します。
 中国でも、そのような政権に対しては、反日を口実に共産党長期独裁政権に対する不満が爆発します。(ですから、必ず口先抗議を続けます。小泉政権の時も口先抗議でした。)
 中国も韓国も、日本側の歴史認識に対する後退発言を黙認すると、政権崩壊するのです。
 抗議するのはお金のためではありませんし、お金を出せば韓国人・中国人の軽蔑を買うだけで何の得もありません。

3.
 日本の加害行為そのものより、その評価をはっきりさせるべきでしょう。
 他の質問に対する他の回答者の引用ですが・・・
<<先の大戦については、「過去を反省する」と言う言葉を発する事が目的と化しており、実際には、誰も、何も、反省してはいません。ただ忘れたいし、忘れて貰いたいだけでしょう。田茂神元空幕長の事件などを見るに、政治家が軍人を制御できない構造が、先の大戦の時とは別のルートを辿って再現されそうな気配が見えます。国防について、政治家が真面目に本質論議をして来なかったからですが、議論が無いと言う事は、対策も無いと言う事で、結果として、今の政府にとって軍隊(自衛隊)は扱いかねる、超法規的な存在となってしまった、と言う事です。一応、今の段階では、人事権を発動する事で、辛うじて押さえが利いていますし、制服組も本気で政府に楯突くほど鬱屈してはいませんが、このままで良い筈は無いでしょう。日本人の多くが、過去の失敗の本質を殆ど理解していないから、こんな事になるのですが、あれほど強烈なインパクトを伴った先の大戦からも、教訓を得られないのですから、他の事から教訓を得られないのも当然と思えます。>>

 また、中国の戦後処理については、もっと取り上げるべきでしょう。
B・C級戦犯に対して、アメリカやイギリスの扱いは厳格・場合によっては報復的な過酷さももっていましたが、中国は相当寛大でした。
 当時の中国のトップ、蒋介石は過去に軍人として日本軍の将校であった経験があり、日本軍の内情をよく知っていて、当時の日本軍の中国での行為が、不法ではあるものの緊急避難的な要素が濃いということを十分に知っていたと思われます。

4.他国についてはあまり多くを知りません。ドイツなどはかなり詳しく教えているようです。

 韓国については、分裂国家であるという特殊事情があり、中国も分裂国家とも言え、中国共産党一党独裁の正当化という特殊事情があります。

 ナショナリズムは、民族を統一してまとめ上げる段階では、重要な道具となりますが、民族国家が成立し成熟した段階では、更なる発展を阻害する要因となりかねません。

 日本は、明治維新以後にナショナリズムを鼓舞し、薩摩・長州など藩の枠を破壊し民族国家として成長しました。
 ヨーロッパは、現在民族国家の枠を超えて、ユーロ経済圏を育てようとしています。
 それに対して、中国・韓国はナショナリズムの成長は、実質的に日本より80年送れた戦後の教育から始まり、未だに地域の意識格差が存在します。
 また、韓国・中国共に冷戦の名残によって、同じ言語を使う二国が並立していますから、統一に向けたナショナリズムの鼓舞をやめるわけにはいきません。

 韓国の場合、歴史を客観的に見て記述すれば、韓国文化・経済・社会を破壊した最悪のものは、「朝鮮戦争」と言うことになります。(また中国も日本軍の撤退後、国共内戦を戦っています。)

 しかし、民族統一を悲願とする以上、同じ民族同士が戦った記憶を封印するために、北朝鮮と韓国が同じ立場を取れる、直近の「敵」をクローズアップすることが一番簡単なのです。

 冷静に歴史的経緯を見れば、朝鮮の文化・伝統遺産・産業基盤を徹底的に破壊したのは、『朝鮮戦争』です。
 そして、韓国にとって、最大の仮想敵国は北朝鮮です。首都ソウルから、何をするか全くわからない、テロ・偽札・麻薬の元締めである金正日の指示に全面的に従う軍事独裁国家:北朝鮮と陸続きですし、北朝鮮国境から首都ソウルの大統領官邸まで、わずか40キロメートルしかありません。ですから、北朝鮮を敵国として意識して見れば、韓国は軍事費がいくらあっても足りません。(韓国国民の軍事負担は既に日本の何倍もあり、それが経済の脆弱性につながっています。)

 そこで、北朝鮮とは極力同一民族であることを強調して、緊張緩和を演出しなければ国家財政が持たないのです。そのためには、北朝鮮と韓国が同じ立場に立って考えることのできた、直近の状況をアピールするのが最も簡単です。
つまり、日本統治時代を歴史として客観的な過去のものとしてとらえる(=日本では、歴史はそのように教えている。)のではなく、感情のこもった主観的な事件として扱う必要性が出てくるのです。

 また、地方に対する所属意識が強く、国家の統一感を持たせるために民族主義が未だ必要という事情もあります。
 国民の意識を自然な形で統一して国家に帰属させるということは、国際社会で一人前の国として振舞うためのスタートラインです。
 日本は、明治維新で民族主義を国民に浸透させ始めてから150年近くたっており、明治時代の薩摩・長州・会津などの仲の悪さなどはもはやありません。
 日本が、ヨーロッパのようにオーストラリアや東南アジアと通貨統合をして、経済基盤をさらに強固にするなら、民族主義を国是にするわけにはいきません。日本の状況では、『民族主義は国益にならない』のです。

 ところが、朝鮮戦争後に国家としての体裁が整い、国民教育を始めてから、韓国は50年しかたちません。政党支持でも、社会階層・考え方によるものではなく、慶尚道・忠清道・全羅道・江原道などによって支持政党が異なる状況ですし、韓国・北朝鮮と同じ民族が真二つに分裂しています。
 民族主義は、外交上の問題を引き起こすとはいえ、国がバラバラですから、国内の事情のほうが大切で、民族が一つという意識を現在でも国是として教育せざるをえない以上、『民族主義は、外交上損だが国内的にはまだ益があり、そのほうが優先』ということなのです。

 現在の政治的必要性から、「ナショナリズム」を扱う以上、日本と戦った・日本に支配されたと言う出来事を過去のものとし、客観的に扱うことは出来ません。
 もし客観的に扱うなら、韓国にとって北朝鮮が最悪の敵ということになり、民族統一が遠くなってしまいます。
 朝鮮戦争を過去のものとし、日本の支配を最近まであった生々しいものとすることで、「民族統一」が可能となる事情が朝鮮側にあります。

 中国の場合、国共内戦は日本の侵攻に比べれば、比較的ましなものでしょうが、中国としての特殊事情、「一党独裁の正当化」教育が存在します。
 現在も一党独裁を続けている以上、その根拠である「本気で日本と戦ったのは中国共産党」と言うプロパガンダを、子供が如何に生々しく感じ取るかが重要になります。

 つまり、中国・韓国ともに、現在のところ、「大日本帝国」を過去のものとして客観的に国民に教育することが出来ない国内事情があるということです。

 ですから、中国・韓国ともに必要悪としてのナショナリズムを国内的には必要としており、政権にとって外交<内政である以上、日本の政治家に戦争責任の現状を変えるような発言や行動をしてもらいたくないのです。
 そこで、郵政選挙で大勝するまで、自民党内の支持基盤が弱かった小泉元首相は、靖国神社参拝で韓国・中国との対立を作りだすことで、国民の支持を演出しました。(外敵がいれば国内が固まると言う、常套手段。)

1.
 意味は十分にあります。ただし、政府要人の謝罪を後退させるかのような発言がその後になければです。 

2.
 日本政府の要人が、戦争責任に対し、過去にされた謝罪を否定するかのような言動をしないように注意することです。

 日本側政府要人がそのようなことをしない限り、謝罪要求はされません。

・靖国神社参拝=A級戦犯合祀
・安倍元首相・・・慰安婦問題
           etc.

 田母神前航空幕僚長・・・戦争責任はないとの発言が広まって、辞任したので日本は謝罪要求...続きを読む

Qサビで「永遠(とわ)に~♪」と女性が歌っている曲

こんにちは。
この前薬局で耳にした曲に一目ぼれしてすぐに着メロやCDが欲しくなったんですが、
何しろアーティスト名も曲名も歌詞さえもわからなくて困っています。

わかるのは、サビで「永遠(とわ)に~・・・こともなく 永遠に~・・・こともなく」
という感じで女性アーティストが歌っているということだけです。

いろんな歌詞検索サイトや着メロサイト、オリコンのランキングやラジオのランキング、ツタヤのランキングでも探したんですがわかっているのが「永遠(とわ)に」という歌詞だけなので到底見つかりませんでした…。

すごく気に入っている歌なので、この歌詞を見てピンときた方、教えて下さい!
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

今晩は
もしかしたらfaithの「2girls ~in the sepiatone~」でしょうか?↓

http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=B12894

参考URLで試聴できますのでご確認下さい。
違ってたらごめんなさい。

参考URL:http://www.kingrecords.co.jp/faith/

Q日本の華北侵略・中国問題・・・

日本の華北(中国)侵略や日中戦争がおこった当時、アメリカとの関係も良くないものとなり日米戦争へと発展しました。
当時、自分が権力者なら中国の問題にどう向き合い解決しますか?対アメリカ政策について詳しく述べてください。お願いします。

Aベストアンサー

これまで、状況説明と明後日の方向の意見だめけ、質問に対する回答はなしですね。
問題は、こんな質問をわかったような顔でする方にあるのですが。

質問の前提条件が不明です。
回答者は、どの時点から行動できるのでしょうか?
中国の問題?まさか、日清戦争や日出る処の天子のお手紙からではないと思いますが。


>当時、自分が権力者なら中国の問題にどう向き合い解決しますか?

対アメリカ対策を言ってるので、満州事変からだと解釈します。
それとも日英同盟から語れとでも?

また、こんな壮大な仕事を一般人に求める以上、それだけの超人的な能力(知力・体力・財力・科学力)とカリスマと未来を知る事ができるような能力があるという前提で仰っていただいていると思いますので、その方向で回答します。

回答:誠意を持って対話して理解を得て、資源の輸出の継続と対中支援を止めていただきます。
諸外国(アメリカ含む)にも、以下の中国の状況を説明し理解を得た上で、後述のように満州事変は国際法違反ではないことや、中国に支援をしている以上、アメリカは中立国ではなく戦争当事国であることを理解していただき、満州国を承認していただきます。
国民党にも同様に誠意を持って対し、満州事変は国民党の挑発が原因であり、非はそちらにあることを認めていただいた上で、満州国を承認し干渉を停止していただきます。


当時の中国は、共産党が支配地域で独自の政府・法・軍隊を持つ勢力となり、国民党と戦っていました。
当時の世界では、共産主義はその掲げている理想に関わらず、結果的には国家そのものを滅ぼす思想であると思われていました。
であるなら、これは最早異なるイデオロギー間の内戦ではなく、外敵の侵略に等しい状態です。
そのような国と国境を接し、現実に日本はその脅威を受けていました。
日本以外の列強国の中国での権益も失われかけていました。
当時の国際常識では、外国人の生命・財産の安全を保証できない国は、それにより被害にあった国が保護監督下においてもよいという認識です。


諸外国(アメリカ含む)の「理解」を得るための準備として、ユダヤ人を保護して原子爆弾を開発しておきます。
イタリアには、「お前は何もするな」と釘をさしておきます。


>日本の華北(中国)侵略や日中戦争がおこった当時、

侵略?
当時は侵略戦争は国際法違反とされていますが、ソ連は1933年他国と「侵略を定義する為の条約」を結び、其の中で、侵略の定義を↓のように定めています。
1:先に宣戦布告する
2:先に戦争行為を行った国
その後、ソ連とオランダは日本に宣戦布告をしています。(それまで日本はソ連に↑の行為はしていません)
これを侵略ではないというなら満州事変も同様であり、侵略を合法とするならこの条約は無意味です。

侵略の定義が無意味だとすると、それまで通り、全ての戦争は合法となります。
かろうじて、善悪を分ける理由として「自衛の為か否か」という観点もあるかもしれませんが、
アメリカは、その自衛についての判断について↓のように言っています。
「当事国が決定するものであり、その自衛の範囲は海外への軍隊の配備まで含む」

東京裁判で、日本の弁護についたローガン弁護人が↓のように言っています。
「自衛権は経済封鎖にまで及ぶ。一国の生存に必要な物資を奪う行為は、国民の士気・福祉の破壊を目的としている分、武力による殺人以上に激烈な戦争行為いえる。」
パリ条約を推進した当時のアメリカ国務長官も、↓のように言っています。
「この条約は自衛権を制限するものではなく、その内容と範囲は各国が判定できる

尚、交渉に際しては、以下の姿勢を徹底して貫き、国際協調を第一とします。
Lv1:推移を見守りたい
Lv2:対応を見守りたい
Lv3:反応を見守りたい
Lv4:懸念を表明する
Lv5:強い懸念を表明する
Lv6:遺憾の意を示す
Lv7:強い遺憾の意を示す
Lv8:真に遺憾である
Lv9:甚だ遺憾である
------(キレちまったよ・・・)------
Lv10:朕茲ニ戦ヲ宣ス


色々と「もっともな事を」話しましたが、こんな事は当時でも行っていた筈と思います。

まあ、あの国に睨まれたら何をしても無駄だと思いますが。

https://www.youtube.com/watch?v=6-rRsr3GRaA

これまで、状況説明と明後日の方向の意見だめけ、質問に対する回答はなしですね。
問題は、こんな質問をわかったような顔でする方にあるのですが。

質問の前提条件が不明です。
回答者は、どの時点から行動できるのでしょうか?
中国の問題?まさか、日清戦争や日出る処の天子のお手紙からではないと思いますが。


>当時、自分が権力者なら中国の問題にどう向き合い解決しますか?

対アメリカ対策を言ってるので、満州事変からだと解釈します。
それとも日英同盟から語れとでも?

また、こんな壮大な仕事を一...続きを読む

Qタケカワユキヒデ「永遠…」

以前友人に、「タケカワユキヒデの『永遠に君と~AND THOUGH YOU COULD HAVE ANYONE~』という曲があって良い曲だからお前も聞いてみろよ。」といわれ、その歌昔どっかで聞いたことがあるような気がすると思っていたのですが、後でハッと思い出したのが『永遠の親友~AND THOUGH YOU COULD HAVE ANYONE~』という歌でした。タイトルが似ているので、友人がタイトルを間違えたのか、それとも私の思い違いか、はたまたそれぞれ全く別の曲なのか気になっていました。後にネットで調べてみたら、どちらも曲も存在しているらしいのですが、歌詞が「永遠の親友」しか確認できないため、同曲か別曲か分からない状態です。

あと、タケカワさんが歌っている「永遠の親友」は昔の友人の家で聞いたことがあるのですが、英語版しか聞いたことがありません。昔CMか何かでタケカワさんが、「あなたは私の永遠の親友だから~♪」と日本語の歌詞で歌っていたのを覚えているのですが(当時小学生だったので、間違っていたらすいません。)、そのバージョンをフルで聞いたことがありません。これはCDなどでは発売されていないのでしょうか。

回答お願いします。

以前友人に、「タケカワユキヒデの『永遠に君と~AND THOUGH YOU COULD HAVE ANYONE~』という曲があって良い曲だからお前も聞いてみろよ。」といわれ、その歌昔どっかで聞いたことがあるような気がすると思っていたのですが、後でハッと思い出したのが『永遠の親友~AND THOUGH YOU COULD HAVE ANYONE~』という歌でした。タイトルが似ているので、友人がタイトルを間違えたのか、それとも私の思い違いか、はたまたそれぞれ全く別の曲なのか気になっていました。後にネットで調べてみたら、どちらも曲も存在して...続きを読む

Aベストアンサー

分かる範囲だけ回答です。

『永遠の親友~AND THOUGH YOU COULD HAVE ANYONE~』と、『永遠に君と~AND THOUGH YOU COULD HAVE ANYONE~』は、同じ曲です。
98年3月に発売されたCD「悠久幻想曲サウンドトラックス2nd album」に収録されたときは、『永遠の親友~』というタイトルでした。
03年10月に発売されたCD「DOUBLE STANDARDS~A BIG ROCK & ROLL STAR~」に収録の時には『永遠に君と~』というタイトルになっていました。

「あなたは私の永遠の親友だから~♪」という歌詞は、同曲の日本語版で、前者CDには、田中理恵さんの歌唱で収録されていますが、タケカワさんのヴァージョンは入っていません。

Q中国・朝鮮・台湾が、日本の領土を侵略したことはありますか?

かつて、歴史上、中国(清の時代・中華民国時代)、朝鮮、台湾が、
日本の領土を武力で具体的に侵略してきたことはありますか?

Aベストアンサー

清朝・中華民国では侵略はありません。
朝鮮と台湾も同じです。

Qオールド(アーリー)ジャズ:永遠の愛に関する曲

オールド(アーリー)ジャズで、永遠の愛がテーマの曲を探しています。
クラシックスタイルの結婚式のBGMとして流します。

有名、マイナーかどうかなどは一切こだわりません。
結婚式とはいえフランクなもので、しかもBGMとして多数の曲を流すので、片思い、失恋、別れの曲でも、「私の愛が永遠」ならばOKです。

歌詞が永遠の愛でも、曲のテーマが「永遠の愛」であるインストルメンタルでも、どちらでも結構です。
「作曲されたときのアーティストの状況からして、永遠の愛がテーマだと思われる」という私見でも結構ですが、その場合は解説をいただけるとありがたいです。

オールド(アーリー)ジャズの定義は、1939年までに発表されたもの、とさせてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
いっぱいあって選択などがむずかしいのですが、下記URLを参考にしてみてはいかがでしょうか?
http://www.kjfc.info/meika/meikasyu-n.html
ちなみにAll The Things You Are や Body And Soul, Night And Day,
My Funny Valentine, I Only have Eyes For You などはいかがでしょうか?

Q日本がアジアに対する侵略を行わなければ今の日本やアジアはどうなっていたのでしょうか?

日本はロシアの南下政策を襲れたために日露戦争を行って朝鮮を自国の植民地としました。
東南アジア各国もイギリスやフランス、オランダなどの白人国家が跋扈していたためにそこも日本が侵略することにしました。
中国は・・・、これはまた別の問題ですね。日中戦争は中国とのいがみ合いと、不況下に落ちた日本を立て直すための純正な侵略行為で欧米の国々は関係ないでしょうし。
とにかく、日本は第二次世界大戦において戦争を行うことで結果的には白人の影響を退けていました。

日本はアジアを白人から開放するために戦争をしたなんて、まるで日本が善意のために戦争をしたかのような恩着せがましいことをいうつもりはありません。
ですが、日本人は白人によるアジアの支配を恐れていたんだと思います。そこには、アジアを自国の領土にすることで国力をつけ、欧米諸国に張り合おうという気があったのかもしれません。
日本は白人たちを退け、アジアの国々を手に入れることで日本を守ろうとしたのだと思います。

そこで質問があります。もし日本が純粋に自国を守るだけでアジア諸国にはまったく手をつけず、ロシアの南下政策もほったらかしで朝鮮半島や満州はロシアの領土、ビルマもイギリスの支配下のままでインドシナはフランスの支配下のまま、インドネシアはオランダの支配下のままだったら、今のアジアや日本はどうなっていたのでしょうか?
ヨーロッパ諸国から侵略されていたアフリカだって後々開放されたしイギリスだって香港を返したのですから、アジア諸国が白人たちに侵略されたところで後々開放してもらえるかとは思いますが、その頃には日本はどうなっているのでしょうかね?

日本はロシアの南下政策を襲れたために日露戦争を行って朝鮮を自国の植民地としました。
東南アジア各国もイギリスやフランス、オランダなどの白人国家が跋扈していたためにそこも日本が侵略することにしました。
中国は・・・、これはまた別の問題ですね。日中戦争は中国とのいがみ合いと、不況下に落ちた日本を立て直すための純正な侵略行為で欧米の国々は関係ないでしょうし。
とにかく、日本は第二次世界大戦において戦争を行うことで結果的には白人の影響を退けていました。

日本はアジアを白人から開...続きを読む

Aベストアンサー

ロシア支配下の満州・朝鮮半島は、ロシア革命でソ連になった時に、放棄したでしょう。
といいますか、ロシア革命時に、満州・朝鮮の支配を続ける力が無く、満州は中華民国を、日本が朝鮮半島の支配を受け継ぐことになったでしょう。
侵略の意図を日本が持たなかったとしても、無政府状態で混乱する朝鮮半島を日本が放置するとは考えられないからです。
ソマリアのような無政府状態の国が隣にある事は、周辺諸国にとって迷惑きわまりないからです。
インドシナ半島では、フランスがナチスにより支配された段階で、自治領的な状態になるでしょう。
日本がアメリカと開戦しないのですから、ドイツのフランス支配は長引き、フランスが長期間ナチスの支配下におかれますが、ナチスがインドシナを支配できる状況にはありませんから、実質的な独立国となることは、必然でしょう。
その後、独立運動が起きれば、本国からの支援が無いフランス残存勢力がどうなるのかは、判断しにくい状況にあります。
同じことは、インドネシアにも言えます。
中南米諸国が、スペインからの独立をはたしたのは、ナポレオンにスペインが占領され、ナポレオンが敗退後元の政府が本土復興のために、課税を強化したためです。
それと同じ事が、東南アジアで起こっても不思議ではありません。

ロシア支配下の満州・朝鮮半島は、ロシア革命でソ連になった時に、放棄したでしょう。
といいますか、ロシア革命時に、満州・朝鮮の支配を続ける力が無く、満州は中華民国を、日本が朝鮮半島の支配を受け継ぐことになったでしょう。
侵略の意図を日本が持たなかったとしても、無政府状態で混乱する朝鮮半島を日本が放置するとは考えられないからです。
ソマリアのような無政府状態の国が隣にある事は、周辺諸国にとって迷惑きわまりないからです。
インドシナ半島では、フランスがナチスにより支配された段階...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報