緊急の時でも、血縁者からの輸血は避けた方がいいというのはなぜですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

GVHDの予防です。



GVHDとは輸血血液中に含まれる白血球(Tリンパ球)が、輸血された人の組織に対して生じる免疫反応のことです。
有効な治療法は確立されておらず、一度発症するとほぼ100%死亡します。症状は、発熱、掻痒感、下痢、下血、肝機能障害と多様です。
予防は、白血球除去フィルターを用いたり、輸血血液に放射線照射をすることです。

じゃあなんでGVHDがおきるかということですが、普通は患者さんのほうの白血球のほうが多くて強いため、輸血血液の白血球は死んでしまうのですが、血縁者では白血球の型(HLA)がにているため、異物だという認識をせずに攻撃をせず、逆に輸血血液のほうの白血球が元気に働いてしまうと理解してもらえば良いのではないでしょうか。

ただこれはもちろん確率の問題で、血縁者の場合は可能性が高いというだけの話なので、できる限り放射線を当てるなどの予防はしていると思います。
そして緊急時以外は事故血を使うなど万全をきしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変解りやすい説明をありがとうございました。

お礼日時:2001/01/03 12:52

血縁者からの輸血を避ける理由はGVHDだと思います。


しかし、輸血というのは血縁者からでなくともリスクのあるものです。(GVHDは血縁者でなくとも起こりますし、極めて稀なものです。)

そして、本当に生命の危機があり、使える血液が血縁者のものしかない場合、医師はそれを使うでしょう。
(そういう場面に私は出合ったことはありませんが)

むしろ、緊急性のない場合(日赤の血液が来るのを待てる場合)近親者の血液は使うべきでないと思っていただいたほうがいいと思います。
(日赤の血液はいやなので、家族の血液を使ってくれと主治医を困らせる患者さんに会ったことがあります。)
    • good
    • 1

初耳です。


どこからそのような話を聞かれたのでしょうか。
エホバは輸血そのものを拒みますけど。
    • good
    • 0

輸血を行ったときに、副作用として『輸血後移植片対宿主病(GVHD)』というものがあります。

これは、輸血する血液の中の白血球と輸血される患者の白血球の血液型タイプが同じであるとき、輸血された患者の血液は輸血された血液を自己のものと認めず、また、輸血された血液は患者のリンパ球や臓器を自己のものを認めずに、その骨髄や肝臓などの血液を多く含む器官を特に攻撃してしまう現象です。
このGVHDのリスクを少なくするためには、血縁者からの輸血は極力避けることと、非血縁者であっても新鮮血液(採血後3日以内の血)の輸血は行わないことが基本となっています。やむを得ず新鮮血液を用いなければならないときや血縁者の血液を用いなければならないときには、放射線を照射することでGVHDを防ぎます。
過去には白血球の除去を行っていたのですが、これでは不十分であることがわかったからです。
また、採血後2週間経った血液でもGVHDが起こった例もありますので、新鮮血でない場合も、大量輸血などでは油断ができません。
簡単に解説してみました。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

輸血後GVHD(移植片対宿主病)になる可能性が大だからです。


輸血後GVHDは血液製剤中に含まれるTリンパ球が受血者体内で増殖し、宿主組織(輸血された人の組織)を非自己とみなして免疫攻撃することにより引き起こされます。
臨床症状は、輸血直後にはなにも起こらず、10日ほどして皮膚に紅斑が出現し、高熱が出ます。その後肝障害や下痢などがおこり、汎血球減少(全ての造血能が低下)により感染症や出血傾向を呈するようになります。輸血後約30日で多臓器不全により死亡します。死亡率は約99%なのでこれを防ぐために近親者からの輸血はなるべく避けます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q輸血の副作用について

溶血性貧血で毎週400mlの輸血をしていますが、発熱黄疸が続き、今月から洗浄赤血球を輸血するようになりました。それでも高熱が出るのですが抗体がP式(P2)とDuffy式(Fyb)があるといわれた事と関係があるのでしょうか?適合WRCを使用していると聞いているのですが毎回輸血をするたびに弱るのでしないほうがいいのではと思っています。輸血前はいつもRBC160万、HGB3.5ぐらいです。

Aベストアンサー

ANo.#1 の補足です。

>脾腫が大きく摘脾も考えられるが要因がはっきりしないため効果
>が期待できないこと、感染のリスクが高いことなどを理由に出来
>ないといわれました。

病院側としては、大変大きなリスクの割に得られる成果は不透明で
す。
臨床データがほとんどありません。

VRSE(バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌)に感染し敗血症に移行
した場合大変厳しい状況になります。
いわゆる、院内感染ですが、保健所へ届ける義務があります。

病院は、院内感染が起きないように管理する義務がありますので医
療事故として莫大な損害賠償を請求されることもあります。

医療倫理の確立した病院は正直に報告しますが、院内感染を起こし
た病院として社会からたたかれます。


>洗浄赤血球を輸血しても副作用は収まらないとすれば何が原因な
>んでしょうか?主治医は分からないといいます。

通常、対応する検査機器や治療のための医療機器などの設備がない
場合や、専門医がおらず手に負えないと判断したら、大学病院など
の専門病院を紹介します。

確定診断のための考えられる検査は全て行っているようですので、
溶血性貧血に関する病気を研究している大学病院でも、結果は同じ
かもしれません。

現代医学は万能ではありません。
あらゆる病気の中で、原因と治療法が確立しているのは、数パーセ
ントと言われています。



希望的観測を言うべきではありませんが、
どこかの質問の回答にも書かせて頂いたのですが、
十代の前半で余命半年と宣告され、あらゆる健康法を試して、最後
にヨガにたどり着き、藁にも縋る思いで ヨガの呼吸法をマスター
して奇跡的に回復し、超人的な能力に目覚め現在も活躍している方
がおります。
一時期テレビにもよく出演しておりました。

ヨガの呼吸法は、人体に害や悪い副作用はありませんので 試して
みる価値はあるかもしれません。

驚異的な自然治癒力を目覚めさせる鍵や、アカシックレコードにア
クセスする鍵をこじ開けることができるかもしれません。

人間は、大きな病気をすると自分に正直になり物事に対する考察や
人生に対する省察が深まります。

人生は、「サムシング グレート(何か偉大なもの・真理)」に気
づくための修行の場であり、それに気づくまで何度も繰り返すとい
う考え方もあります。

QOL(クオリティー・オブ・ライフ)を高めて、内なる声に耳を傾
けて下さい。


以上参考まで。
お大事に。

ANo.#1 の補足です。

>脾腫が大きく摘脾も考えられるが要因がはっきりしないため効果
>が期待できないこと、感染のリスクが高いことなどを理由に出来
>ないといわれました。

病院側としては、大変大きなリスクの割に得られる成果は不透明で
す。
臨床データがほとんどありません。

VRSE(バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌)に感染し敗血症に移行
した場合大変厳しい状況になります。
いわゆる、院内感染ですが、保健所へ届ける義務があります。

病院は、院内感染が起きないように管理する義務...続きを読む

Q実の親から輸血を受けた子供でも献血はできませんか?

 輸血を受けた者は献血できないということは、このサイトでも何度か取り上げられていることを承知の上で、改めて質問させてください。
 高校生の娘が最近、自分も善意の献血をしてみたいと言い出したのですが、娘は1歳のときに先天性の病気の手術のため、父親から輸血を受けているので、難しいのではないかと思っています。
 念のため、手術を受けた病院で当時のカルテを確認してもらったところ、父親の血液約30ミリリットルを輸血した記録が残っていました。
 医師の話では、輸血に必要な血液を赤十字血液センターからの供給に頼っている現在と違い、当時は少量の血液なら近親者からの輸血で賄っており、このような場合は献血できるかもしれないので、センターに問い合わせてみるように、必要であれば証明書を発行するとのことでした。
 このように実の親から少量の輸血を受けたような場合であれば、献血できる可能性はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

>献血できる可能性はあるのでしょうか?


献血できないと思います。
あくまでも輸血の安全性を可能な限り高めるための措置ですから採血者に裁量の余地はないようです。(一律に「駄目」と言うこと)
輸血歴のある方が、現在何らかのウイルスに感染しているとか、あるいは病気であるからという訳ではないので。
15歳以下や70歳以上は健康であるとわかっていても駄目、と言うことと同じです。

参考URL:http://www.jrc.or.jp/sanka/blood/terms/index.html

Q輸血

抗癌剤投与後の副作用に対しての“輸血”はどんなもんでしょう?素人考えでは“輸血”とは大量出血を伴う手術以外には用いないような気がするのですが・・・

Aベストアンサー

輸血ということなので、全血という前提で書くと、出血や貧血なら手術以外でも十分に治療で使う可能性はあります。

また、成分で、特に血小板などは白血病やリンパ腫の治療、貧血や血液凝固異常でもよく利用すると思います。

白血病などは、正常な骨髄では無いので、貧血状態なことも多いですし、血小板の減少はいろんな状態で出血をしやすくしますので、抗がん剤の利用で細胞分裂の早い部位である骨髄抑制を起こしたときなどは有効でしょう。

全血の必要があればともかく、成分の必要な部分だけを利用することで、より輸血の効果が出て、無駄な献血が減らせると思います。

Q新鮮な血液を輸血に使うのはタブーという事情

さきほど別の質問を読んでいたら、

>血縁者や新鮮な血液を輸血することは、現在ではタブーとされています。
(放射線照射すれば使えないことはないのですが・・・)

という記述がありました。よくドラマなどで「私の血を使って下さい!」とやっているのが、いけないということでしょうか。
これは、なぜですか?
検査をした血液でないと危険、ということでしょうか(AIDSとか肝炎とか?)。検査に時間がかかったり、少し寝かさないと検査できない(採取直後ではわからない)、とかあるんでしょうか。
単純に考えると、新鮮なほどよさそうに思えますが、事情を教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

輸血後GVHDと言う問題があります。これについては参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www1.fukui-med.ac.jp/BLO/GVHD.html

Q自己免疫性溶血性貧血で輸血をされた猫ちゃんはいますか?

輸血をしたときの状況を教えてもらえませんか?

まずクロスマッチテスト、それを行いましたか?

クロスマッチテストを行っても副作用は0ではないと言いますが、
副作用は出たんでしょうか?

ちょっとお話をさせてください。

Aベストアンサー

猫ちゃんの御冥福をお祈り申し上げます。
たぶん、何を選択しても後悔はしてしまうと思います。
お気持ち、理解出来ます。


殊更、副作用...という感じではなかった気もしますが、こちらの思うように輸血はしてくれませんでした。
かなり数値が下がって(危険レベルまで)、ようやく輸血という状態です。
危険レベルになる前に輸血をお願いすると「出来れば輸血したくない。負担もあるから」とは言われました。
そのへんは不満でしたね。

副作用については特に躊躇はしなかったです。
輸血した時の副作用やリスクは確かに怖いですが、この子の場合、輸血しなければ確実に死んでしまうからです。
同じ後悔をするなら、何もしないで後悔するより、何かをしての後悔の方が良いと思ったので。
今は輸血が必要ないですが、輸血で命が助かるなら何度でも輸血するつもりでした。そこに迷いはありませんでした。


五年前の子はFIPからの貧血で輸血したのですが、その時の病院はクロスマッチテストの事も血液型の事も、リスクも副作用も何1つ説明がありませんでした。
輸血して少しでも愛猫が楽になれるならと、藁にもすがる思いでいわれるままに輸血しました。
結果、急変して亡くなったんです。
この病院は急変した事も、お迎えに行くまで知らせてくれませんでした。
電話1つしてくれれば良いだけなのに。

輸血との関連は低いとは言われましたが、リスクも何も説明がなかった病院に対して不信を抱きました。
もし、リスクをその時に知っていれば、負担を考えて輸血しなかったかもしれないからです。
この子に対しては、今でも後悔しています。
言われるままに輸血をした事、この病院を選んでしまった事に。

この思いはずっと心に抱えていくと思います。

猫ちゃんの御冥福をお祈り申し上げます。
たぶん、何を選択しても後悔はしてしまうと思います。
お気持ち、理解出来ます。


殊更、副作用...という感じではなかった気もしますが、こちらの思うように輸血はしてくれませんでした。
かなり数値が下がって(危険レベルまで)、ようやく輸血という状態です。
危険レベルになる前に輸血をお願いすると「出来れば輸血したくない。負担もあるから」とは言われました。
そのへんは不満でしたね。

副作用については特に躊躇はしなかったです。
輸血した時の副作用...続きを読む

Q一度しか輸血をできない病気?

血液型や病気が理由で
1度しか輸血ができないなどのものは
ないのでしょうか?

Aベストアンサー

バーディーバー(-D-)という特殊な血液型がそうですね。1度目の輸血では、その血液を攻撃する抗体がないから輸血できても、その人の中で血液中のC抗原とE抗原に対抗する抗体ができてしまい、2度目の輸血では、その抗体によって輸血の血液が溶血してしまいます。
従って、バーディーバーの人の2回目以降の輸血は、バーディーバーの血液しか輸血できないのです。
そういえば、ドラマの医龍2にそのような事例がありましたね。

Q輸血:RC-MAPからIr-RCC-LRへの名称変更

2年目看護師、輸血について勉強中です。
今年1月に、RC-MAPからIr-RCC-LRへと名称変更がありました。
それの意味がわからず調べたあげく
「製造過程において、原血液から無菌的に白血球を除去した輸血製剤」
であることは理解できました。
そして、白血球を除去することで副作用の予防・低減につながるとのことでした。
そこでどうしても理解できないことがあり、質問させてください。

なぜそんなにも白血球は除去されなければ副作用につながるのでしょうか?
そもそも白血球製剤の輸血を受けられる患者様もいらっしゃるのに、
白血球が必要でない方にとっては少しであってもそんなにも害があるのでしょうか??
血液疾患を患われている患者様には、白血球除去フィルター付の輸血ルートを使用するように先輩に以前教わりましたが、根拠はうまく説明していただけませんでした。
これと関係しているように思うので、今回どうしても同時に解決したいです。
輸血についての講義を病棟で開かなくてはいけないため、
どのような質問をされても答えられるように準備をしておかなければならないため、大変困っております。
どのような些細な情報であってもかまいませんので、情報提供をよろしくお願い致します。

2年目看護師、輸血について勉強中です。
今年1月に、RC-MAPからIr-RCC-LRへと名称変更がありました。
それの意味がわからず調べたあげく
「製造過程において、原血液から無菌的に白血球を除去した輸血製剤」
であることは理解できました。
そして、白血球を除去することで副作用の予防・低減につながるとのことでした。
そこでどうしても理解できないことがあり、質問させてください。

なぜそんなにも白血球は除去されなければ副作用につながるのでしょうか?
そもそも白血球製剤の輸血を受けられる患...続きを読む

Aベストアンサー

輸血の副作用として有名な各種の赤血球型に対する抗体反応による不適合輸血は、輸血前検査で検出し予防することができますが、赤血球以外の白血球や血小板その他の血漿成分に対する反応は検出できませんのでこれらに由来する輸血による発熱や蕁麻疹は今でも時々生じるものです。
頻回に輸血することが予想される患者さんには白血球に対する抗体が作られてこうしたことがおこりやすくなりますので輸血時に白血球除去フイルターを使っていましたが保存中に遊離して除去できなくなる抗原があったり輸血時にフイルターを通すことに由来する副作用もあり使いにくい状況でした。
こうしたものを予防して輸血副作用を減らすのが保存前白血球除去の目的です。
さらに白血球内のCMVウイルスによる感染が減ることも期待されています。
なお、輸血後GVHDの予防としてはこの白血球除去では不十分で、従来通り放射線照射が必要です。
白血球をどうしても増やす必要がある場合はG-CSFと呼ばれる薬が使えるようになっていますのでこれらが選択され、白血球輸血はごく限られたものとなっています

参考URL:http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/hp-blood/www/transfusionreactionhomepage.htm

輸血の副作用として有名な各種の赤血球型に対する抗体反応による不適合輸血は、輸血前検査で検出し予防することができますが、赤血球以外の白血球や血小板その他の血漿成分に対する反応は検出できませんのでこれらに由来する輸血による発熱や蕁麻疹は今でも時々生じるものです。
頻回に輸血することが予想される患者さんには白血球に対する抗体が作られてこうしたことがおこりやすくなりますので輸血時に白血球除去フイルターを使っていましたが保存中に遊離して除去できなくなる抗原があったり輸血時にフイルタ...続きを読む

Q腰椎麻酔の経験者の方、医療関係者の方へ質問

お恥ずかしい話、私は注射が大変苦手です。
採血などで自分の腕に注射をされる時には、顔を背けて、歯を食いしばっていないととてもじゃありませんが出来ません。
何故かって言うと、とても痛いから…ただそれだけなんです。

さて、ここからが本題。
実は7月に手術で、皮膚の下に出来た脂肪のかたまりを取り除く事になりました。
担当医いわく、『腰椎麻酔をするから』。
『腰椎麻酔』って、聞くところによれば『死ぬほど痛い』らしいじゃないですか。
背骨の骨と骨の間に注射を打つんですよねぇ…
盲腸の時に打った経験者によると、『盲腸の痛さを忘れるくらいの痛さ』だというし、出産経験者は、『陣痛と並ぶくらいの痛さ』だと言います。
事前に5~6箇所ほどその周りに麻酔を打つらしいけど、それもかなり痛くって、そのうえ腰椎麻酔もかなり痛いと聞きます。
担当医は『麻酔科の人が注射を担当するから痛くないし、子供だって我慢してるんだから』とは言いますが、看護婦さんに聞くと、『子供の場合はほとんど痙攣してますねぇ』と笑いながら答えてくれました。

そこで、腰椎麻酔の経験者の方、それに、医療関係者の方々に伺いたいと思います。
いったい、どのくらい痛いですか?
もしも打ちこんだ時に、背骨を伸ばしてしまったら神経などを傷つけて、下半身麻痺などを起こさないのでしょうか?
色々考えていたら、これから1ヶ月以上、心配で寝られない日々が続きそうなんです。
回答をお待ちしております。

お恥ずかしい話、私は注射が大変苦手です。
採血などで自分の腕に注射をされる時には、顔を背けて、歯を食いしばっていないととてもじゃありませんが出来ません。
何故かって言うと、とても痛いから…ただそれだけなんです。

さて、ここからが本題。
実は7月に手術で、皮膚の下に出来た脂肪のかたまりを取り除く事になりました。
担当医いわく、『腰椎麻酔をするから』。
『腰椎麻酔』って、聞くところによれば『死ぬほど痛い』らしいじゃないですか。
背骨の骨と骨の間に注射を打つんですよねぇ…
盲腸の...続きを読む

Aベストアンサー

盲腸の手術を受けた者です。
私も注射や点滴が大嫌いです。
すっごく痛いですよね。

あと本題の腰椎麻酔のことなんですが・・
私は手術前にした筋肉注射の方が腰椎麻酔より痛かったです。
2週間くらいは痛みが残りました。
筋肉注射打った時には涙がかなり出てしまいました。
看護婦さんは筋肉注射をした時に痛み止めを入れたから
麻酔が痛くなかったんだよと言っていました。
でも、本当かどうか。
私も腰椎麻酔がとても痛いものだと聞いていたので
怖くて盲腸の手術を拒んでいました。
もうすごい男らしい人でも腰椎麻酔したら泣くとか・・
周りの友達が口合わせて『死ぬほど痛いらしい』と言うので余計怖くて・・。
でも、やっぱり盲腸が再発したので手術することになってしまいました。
麻酔を打つ前に看護婦さん3人がかりで体をかなりおさえつけられ
(膝を抱えて横に寝る状態で打ちました!)
あ~ぁ怖い怖い、恐ろしい!!!と思っていたら・・
確かに腰の辺りに針の感覚があり、何かを打ち込まれた感覚がありました。
しかも思ったより痛くありませんでした。
あれ?こんなもの??って感じでした。
はっきり言って拍子抜けしました。
(かなり覚悟を決めていたので・・)
確かに痛いのは痛いんですが、痛みは感じ取れるか?位の痛みで、
死ぬほど痛くはなかったです。これは本当です。
チクッと針が刺さって麻酔が打たれているなぁ~と思っていました。
筋肉注射の方が普通に痛かったです。
力を抜いてと言われても緊張するし、かなり背中が震えてたけど
動いたら針が違う神経のとこに刺さるから
じっとしといてと言われ覚悟を決めて挑みました。
麻酔が怖くて病気を悪化させるのはよくないし
怖くても手術して良くなるのなら頑張ってください。

あと余談ですが・・(笑)
私は腰椎麻酔より麻酔酔いの方がひどかったです。
2度とあんな思いはしたくありません。
熱はでるし、頭ガンガンするし、すっごい吐くし。
大変でした。術後の夜は少しも寝れませんでした。
おおげさと思うかもしれませんが・・
17年生きていて1番長く辛い夜でした。
死にたい・・と寝言で言ったそうです。(母いわく)

参考になったでしょうか??

盲腸の手術を受けた者です。
私も注射や点滴が大嫌いです。
すっごく痛いですよね。

あと本題の腰椎麻酔のことなんですが・・
私は手術前にした筋肉注射の方が腰椎麻酔より痛かったです。
2週間くらいは痛みが残りました。
筋肉注射打った時には涙がかなり出てしまいました。
看護婦さんは筋肉注射をした時に痛み止めを入れたから
麻酔が痛くなかったんだよと言っていました。
でも、本当かどうか。
私も腰椎麻酔がとても痛いものだと聞いていたので
怖くて盲腸の手術を拒んでいました。
もうすごい...続きを読む

Q抗がん剤中の輸血について

現在親が抗がん剤をしており、その副作用なのか、白血球と赤血球(ヘモグロビン?)の数値が低いです。
赤血球の数値が低いので輸血をすると言われたのですが、感染症やショック死などの可能性もあると言われたそうです・・・

赤血球の数値が6.5という事なのですが、輸血はやはり赤血球の為にも必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

抗がん剤の副作用による血球の減少の時に使える薬で、白血球を増やす薬はありますが、赤血球を増やす薬はなかったと記憶しています。
赤血球はご承知の通り、酸素を運ぶ細胞ですから、これが少ないということは直接命に関わることになります。
女性に多いといわれる鉄欠乏性貧血とは異なり、赤血球そのものが少ないため、鉄剤を投与しても効果は無く、抗がん剤治療を行っていると、骨髄抑制もありますから、血球作られないという状態になってしまっています。
ですから、赤血球を増やすため直接投与する輸血が必要となるのです。

Q麻酔導入時のイソゾールを注入する時、なぜ点滴の刺入部を重要視しなければ

麻酔導入時のイソゾールを注入する時、なぜ点滴の刺入部を重要視しなければいけませんか?

Aベストアンサー

漏らしたら 壊死をつくる事有り、よって血管から漏らしてはダメ


人気Q&Aランキング