ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

数字の「四」について、「よん」と読むことのほうが圧倒的に多いと思いますが、
「四年」「四人」「四円」などの場合は「よ」ですよね?
何か規則性はあるのでしょうか。
「四年」yo-nen
「四人」yo-nin
「四円」yo-en
この3つだけを見た場合、「四」の後ろに「n」または母音が来たときに「よん」ではなく「よ」になるのかなぁ…という気もします。
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

『NHKことばのハンドブック』に、NHKの放送で使用する数字の発音・用例集が載っています。



凡例:()外 標準の読み方。
   ()内 場合によってその読み方を許容する。

【ヨ】
 重ね、言(コト)、時、時間、次元、時限、揃い、たび(度)、段(段位)、人、人前、年、柱、幕目、まわり、里(リ)、椀(ワン)

【ヨ(ヨン)】
色(イロ)、円、口(クチ)、けた(桁)、皿、字、次、畳(ジョー)、束(タバ)、玉(タマ)、通り、箱、鉢、部屋、

【ヨン(ヨ)】
株(カブ)、切れ、組(クミ)、帖、錠、粒、坪、度(回数)、度目、枚、幕、棟(ムネ)、名、輪(リン)、烈

【ヨン(シ)】
条、

【シ】
月(ガツ)

【ヨッカ】
日、日目

上記以外は【ヨン】となっています。
ただし後続の語が「ハ行音」の場合は、濁音化【ヨンb】と半濁音化【ヨンp】のケースがあります。

これらはあくまでNHKの基準ですが、一つの例ということで参考になるかと思います。

結論から言えば、普遍的なルールは無く、語によって違う(慣用による)ということですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しく教えてくださってありがとうございました。
こう見てみると「よ」と発音する場合もたくさんありますね。
とても参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2006/09/11 06:50

別に法則性はないと思います。


四円は、「よえん」とも、「よんえん」とでも言いますし、
四人は、「よにん」とも、「よんにん」とも言います。
四年に関しても同じです。
必ずしも、そう読まなくてはいけないという決まりはないと思いますよ。

逆に「ん」を付けた方が、正しい読み方だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「よんえん」「よんにん」という言い方もあるんですね。全然知りませんでした。
もともと「ん」を付けたほうが正しい言い方だったのかもしれないですね。
勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2006/09/11 06:48

四男は「よん」って読みますよね?


四員環(化学などで出てくる)も「よんいんかん」かな。

参考に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

四男もyon-nanですよね。
そうすると「n」が後ろにあっても違いますね。
四男も四員環も気づかなかったので、教えていただけてよかったです。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/09/11 06:45

書かれている通り、


>「四」の後ろに「n」または母音が来たとき
には「よ」となりますね。

「よん」+母音は発音しにくいですし、「よん」+「n」も母音ほどではないけど発音しにくいですからね。

日本語のネイティブスピーカーは、もう無意識に「よん」と「よ」を使い分けているので、あらためてこのように質問されると、逆に非常に勉強になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

発音のしやすさで色々と音も変わってくるんですね。こちらこそ勉強になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/09/11 06:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q数字の読み方(4=よん、し 7=なな、しち)の区別は?

子どもの算数の教科書(『学校図書』)を見ていたら
4=し、7=しち と読み方が書いてありました。

そこで質問です。

(1)14=じゅうし、であり、じゅうよんと読むのは間違いなのでしょうか?
(2)17=じゅうしち、であり、じゅうなな、とよむのは間違いなのでしょうか?
(3)どっちとも可なのでしょうか?

子どもにたずねられ、困っています。
根拠まで教えていただけたらなおありがたいです。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

これ何か歴史的背景があって難しい
問題かもしれません。

 4ですが、
1,2,3,4と読むときは よん でも し
でもいいですが、

6、5、4のときは必ず よん ですね。

Q4(よん し)の使い分け

1,2,3,4・・・と数えるときは「よん」と読んでも「し」と読んでもいいですよね。

7,6、5、4,3・・・のように逆に数えるときは
なぜ「し」と読まないのでしょうか?


同様に、5,6,7、8・・・のときは
7「しち」でも「なな」でもいいのに、

10、9、8、7、・・・のときは
「しち」じゃ不自然ですよね。

慣用的と言われればそれまですが、歴史的背景とか
音声学的説明があるのでしょうか?

Aベストアンサー

歴史的背景は分からないのですが、発音の規則としては「よん」で、単に数えるための数字ではなく、成句や慣用表現のときは「し」と発音するのが原則です。小学校でやることで、詳しい文法の説明などせず、九九のように反復する音読学習でやることですから、そう学んだ意識がない人がいてもおかしくないのでしょう。例えば九九を5×4=20(ごー、よん、にじゅう)と言う人がいれば違和感を感じるという感じで身についているはずです。

1234という数字の並びは、単に数字の列であるだけでなく、このままでまとまった慣用表現になって生活の中に入り込んでいるんです。音楽の4拍子で指揮棒を振るときとか、ラジオ体操のように。「いち、に、さん、し」でしょ。

「四苦八苦して」とか、「4の5の言うな!」といった慣用表現では必ず「し」と発音し、「死」をイメージして縁起悪いから、「よん」と読み直すことはないわけです。別にNHKが決めたことでもなく、今の日本語の発音の基本原則として、国語辞典に載っているような話です。

「4当5落」があるじゃないかと思われる方もいると思いますが、要はそれが学校の4字熟語の試験に出ると思いますか?ということなんです。そういったものは一般的な慣用表現にはなっていないんです。

基本原則が意識になくとも、私も1234(し)、7,6,5、4(よん)と普通に出てくる話だと思います。それをそんな決まりはないとか、個人の習慣だと決め付け、肝心んの質問にまともな答えをしないのは、単なる掲示板あらしだと思いますが。

歴史的背景は分からないのですが、発音の規則としては「よん」で、単に数えるための数字ではなく、成句や慣用表現のときは「し」と発音するのが原則です。小学校でやることで、詳しい文法の説明などせず、九九のように反復する音読学習でやることですから、そう学んだ意識がない人がいてもおかしくないのでしょう。例えば九九を5×4=20(ごー、よん、にじゅう)と言う人がいれば違和感を感じるという感じで身についているはずです。

1234という数字の並びは、単に数字の列であるだけでなく、このままで...続きを読む

Q1834円のただしい読み方

1834円の正しい読み方
おしえてください。

Aベストアンサー

せんはっぴゃくさんじゅうよえん だと思います。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「九」の読み方

 最近テレビジョンの中で、アナウンサーが99年を「キュウジュウクネン」と読んでいるのを幾度か聞きました。一語の中で「キュウ」と「ク」という二つの読み方を混ぜて使っているのには何か根拠があるのでしょうか?何故こういう読み方をしているのか、教えていただけるとうれしいです。「クジュウクネン」でも「キュウジュウキュウネン」でもないのはなぜなのでしょうか?

Aベストアンサー

私も最近、数字の読み方で質問した者です。
回答の中で「NHK ことばのハンドブック」を紹介されました。
中身を読んでいないので、自分だけの憶測を。

画面で 99 年と出ていれば、すぐ判るのですが、耳で聞いただけでも間違わないことが必要です。
また、読みは短くと思います。あわせて同じ音が重なると聞きづらい。
そこで、他の読み方を考えると

キュウジュウキュウネン → 読みが長い キュウが2度出る
クジュウキュウネン → 苦渋旧年
クジュウクネン → 苦渋苦念
クジュウは「苦渋」を連想し、何となく悪いニュースでは?と感じます。
「苦念」という熟語はありませんが、苦渋にひかれて悪いイメージで出てきます。
キュウジュウクネンの場合は、キュウジュウのために苦念が出にくいと思います。

NHK以外では割と放送コードから外れる場合も多いとは思います。

Q「同じくらい」と「同じぐらい」とはどう違う?

いま、ある文章を書く依頼を受けています。
書いていて気づいたのですが、「同じくらい」と「同じぐらい」とは、どちらかが正しいのでしょうか?
また、なぜ2種類あるような印象があるのでしょう?

教えていただければと思います。

Aベストアンサー

通信社・新聞社の用字用語辞典(*)では、
助詞(副助詞)としての「くらい」「ぐらい」に触れていないか、あるいは用例のみを示すにとどまっています。
(*)時事通信、共同通信、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞

唯一、『NHK ことばのハンドブック』には、以下の説明があります。
------------------------------
~くらい・~ぐらい
 「このくらい(ぐらい)の広さ」「10歳くらい(ぐらい)の子」
などの「くらい」「ぐらい」は,どちらを使ってもよい。
 以前は,次のような使い分けが行われていた。
(1) 体言には「ぐらい」が付く。
(2)「この・その・あの・どの」には「くらい」が付く。
(3) 用言や助動詞には,普通は「ぐらい」が付くが,「くらい」が付くこともある。

 「ぐらい」と連濁する場合はひらがな表記も濁音表記とする。
 〈例〉10歳ぐらいの子
------------------------------

以前は使い分けが行われていたが、現在は「くらい」「ぐらい」のどちらでも良いという説です。

手もとの国語辞典(*)には、どれも「くらい」の主見出しで名詞の「位」と、そこから転じた副詞(副助詞)の「くらい」の解説がありますが、ほとんどは『「ぐらい」とも』としています。「ぐらい」は参照見出し(空見出し)になっています。
(*)新明解、広辞苑、岩波、大辞林、明鏡

『明鏡国語辞典』だけは、「くらい」の項の最後に以下の説明がありました。
----------------------
[語法]
「くらい/ぐらい」は、今は区別なく使うが、伝統的には、体言には「ぐらい」、コソアド系の連体詞には「くらい」、活用語には「ぐらい」「くらい」ともに付いたという。
----------------------

結論として、
伝統的には使い分けがあった。
現代語ではどちらを使っても間違いではない。
というのが、事実上の正解でしょう。

現実には、個人の言語感覚によってかなり差があると思います。年代差や地域差もあるかもしれません。


ここまで書いて、以前別の場所で同じような話があったことを思い出しました。

『きょうのことばメモ』
  〔早稲田大学の飯間先生(日本語学)のブログ〕
http://yeemar.seesaa.net/article/14552277.html
「くらい」の清濁 2006年03月09日

「以前は」「伝統的には」というのは、江戸時代の頃のようです。

通信社・新聞社の用字用語辞典(*)では、
助詞(副助詞)としての「くらい」「ぐらい」に触れていないか、あるいは用例のみを示すにとどまっています。
(*)時事通信、共同通信、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞

唯一、『NHK ことばのハンドブック』には、以下の説明があります。
------------------------------
~くらい・~ぐらい
 「このくらい(ぐらい)の広さ」「10歳くらい(ぐらい)の子」
などの「くらい」「ぐらい」は,どちらを使ってもよい。
 以前は,次のような使い分けが行われて...続きを読む

Q「くらい」と「ぐらい」

この二つの違いがよく分かりません。
どういうときにどれを使うとか決まってますか?
ちなみに日本人です。。。

Aベストアンサー

こんばんは。

http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?id=0554870-0000&kind=jn&mode=5
を眺めてみましたが、どの例文を取ってみても「くらい」と「ぐらい」の両方が使えます。

使い分けは特に無く、話す人にとって話しやすいか否かの問題だと思われます。

Q「~になる」と「~となる」の使い分け

複数の人で手分けして報告書を作成しており、現在校正中です。
今悩んでいるのは、ある人は「~になりました。」と書き、別の人は「~となりました。」と書いているところがあり、報告書全体としては「に」と「が」が混在している状態なので、この表記の揺れをなくすために、どちらかに統一すべきかどうか、ということです。
「に」でも「と」でも全体の文意は同じのような気がするのですが、ニュアンスや文法的な違い、あるいは使い分け方法があれば教えていただきたいと思います。
よろしくご教示のほどお願いいたします。

Aベストアンサー

格助詞「に」と「と」の違いですね。この質問は過去に2,3回ありましたのでその1つを1部付け加えて回答しておきます。
「に」「と」はともに帰着または結果を表しますが、ニュアンス的には少し違いがあります。
「雨が降れば川になる」というのは平板で当然の帰結としての言い方の場合は「に」
「蛇行を繰り返し小川や多くの支流を集めて大河となる」のように紆余曲折を経る場合は「と」です。
「すったもんだの末、結局彼が村長となった。」
「すんなりと彼が村長になった」
あなたの会社の報告であれば:
「計算の結果予算は○○円になりました。」
「いろいろ審議を重ねて検討した結果○○円となりました。
また、「へと」と 「へ」との違いについての質問にも私が回答したのがありますので参考にしてください。

参考URL:http://okwave.jp/qa1126103.html

Q14日の読み方について

「14日」は何故「じゅうよっか」と読むのでしょうか?
「11日」は「じゅうついたち」ではないし、「12日」は「じゅうふつか」ではないし、
「13日」は「じゅうみっか」ではないし、「15日」は「じゅういつか」ではないし、
「16日」は「じゅうむいか」ではないし、「17日」は「じゅうなのか」ではないし、
「18日」は「じゅうようか」ではないし、「19日」は「じゅうここのか」ではないのに
何故「14日」だけ「じゅうよっか」と読むのでしょうか?
「じゅうよんにち」ではないのでしょうか?

Aベストアンサー

 「じゅうよっか」が正しいです。

Q「数」の読み方は?

漢字;数学の「数」の字の読み方は、「すう」でしょうか、それとも「かず」なのでしょうか?私は中学生の時に「すう」と読みなさい、と言われました。しかし、例えば、「数の悪魔」という本は「かずのあくま」と読むし、映画「ビューティフル・マインド」で、主人公ジョン・ナッシュがノーベル経済学賞を受賞したときのスピーチで、「私は数(かず)を信じます」と字幕に出てました。果たして、正しい読み方はどちらなのでしょうか?

Aベストアンサー

どちらでも良いとは思いますが、あえて区別するなら

数えるとき(整数、もっと限定して言えば自然数)はカズ
それ以外の有理数とか実数とかいろいろなスウを含むときはスウ

と読むのが良いと思います。

スウと式
場合のカズ

こんなもんでどうでしょう。
だから小学校のうちはカズといっていたものが
いつの間にかスウに変わるような気がします。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング