【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

この何年か出版社の倒産が相次いでおります。

そこで質問なのですが、倒産した出版社の著作物の著作権は、いったいどうなるのでしょうか。

例えば、外国の出版社が翻訳版を出したい場合とか、コンテンツ会社がその著作を原作に映像化したい場合とかは、交渉相手は著者になるのでしょうか。

つまり出版社が破産宣告した時点で、その出版社の保持していた著作権は消滅し、著作者自身のものに、自動的になるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

出版社が著作権を持っている場合、著作権が他に譲渡されることなく、会社が消滅した場合は、著作権は消滅します。

(著作権法62条)

「倒産した場合著作者に著作権を戻す」という特別な契約をしていないかぎり、著作者に自動的に著作権が戻ることはありません。

しかし、一般的に、作家さんが出版社に著作権を譲渡することはまれです。著作権自体は譲渡せずに、著作者が著作権を持ったまま、出版社に対して、独占的な出版の許諾を行うのが通例でしょう。その上で、出版社に対して翻訳・本案などについて代理権を与えるなどの条項をつけることが多いです。

そのような交渉代理権が、会社の倒産に伴ってどうなるかというのは、契約の内容や、倒産処理の方法によって、ケースバイケースとしかいえません。倒産処理の過程で、まとめて他社に譲渡されることもあれば、倒産した場合に他社への譲渡を認めず代理権が消滅するという契約になっている場合もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。たしかに本の一番最後を見ると、C著者名になってますよね。著作権を持っているのは著者で、出版社は独占出版権と代理権を持っているわけなのですね。

ただわたしも本を出したことがありますが、出版社とわざわざ契約書をかわしたことはないです。紳士協定と言うか暗黙の了解のような感じなのでしょう。きっと翻訳の話が海外から来たりしたら、そのときになってかわすのでしょうね。

倒産については、例えばつい最近、以下の2つのマンガ出版社が倒産しました。こういった場合はどうなるのでしょうか?
ぺんぎん書房
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%81%BA …
ビブロス
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%83%93 …

お礼日時:2006/09/16 17:30

出版社が著作権の譲渡を受けている場合、出版社が消滅すれば元の著作権者に返ります。


出版社が破産宣告しても、消滅しなければまだ権利はありますよ。どっかが会社ごと買い取る可能性もまだあるからです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q倒産した会社の版権はどうなる?

こんばんは。

倒産した出版社の本を、インターネットで紹介すると著作権はともかく
版権の方はどう問題が発生するのでしょう?

昔の名著を書いた人の知り合いが、出版社がつぶれてしまって絶版にな
った本の英語版を作りたいといっているのですが、
こういう場合の版権や著作権の問題は、どこで確認して対応したらいいの
かわかりません?
トラブルに巻き込まれたら大変です。どなたか知恵をお貸しください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

倒産する前に出版権を担保(譲渡担保)として資金提供を受けていれば、弁済不履行によって担保権者が権利を取得します。その場合は、文化庁著作権課に登録されていると思いますが、これを調べるのはかなり難しいことです。というのも、登録申請番号を知らないと教えてもらえませんので、当事者以外が知ることは事実上、困難です(当事者の権利行使に公証力を付与するための制度なので)。

「倒産」が法的整理によって為されている場合は裁判所選任の管財人・清算人などがつきますから、手続の中でどう処分されているかによります。破産公告などを見れば管財人・清算人などを知ることができます。

法的に処理されない「事実上の倒産」のまま放置されている場合は「?」です。

排他的・独占的出版権が存続している場合は、出版権者の承諾なしに出版することは権利侵害になります。単に一時的・非独占的出版権だったのなら、出版権が消滅している場合もあり、著作権者との権利処理の問題になります。
出版権とは、原始的に著作者が有する公表権・複製権・頒布権を『使用収益する権利』を認めてもらうことです(ブランドロゴの使用料や、フランチャイズ料などをイメージすると近いかもしれません)から、著作者の了解を受ければ出版可能かもしれません。

倒産する前に出版権を担保(譲渡担保)として資金提供を受けていれば、弁済不履行によって担保権者が権利を取得します。その場合は、文化庁著作権課に登録されていると思いますが、これを調べるのはかなり難しいことです。というのも、登録申請番号を知らないと教えてもらえませんので、当事者以外が知ることは事実上、困難です(当事者の権利行使に公証力を付与するための制度なので)。

「倒産」が法的整理によって為されている場合は裁判所選任の管財人・清算人などがつきますから、手続の中でどう処分され...続きを読む


人気Q&Aランキング