契約書を取り交わす際、契約書の割り印は「契約書が2枚以上の書面にわたる場合、それらが一体をなすことを証明するために押す」とされていますが、契約当事者双方のものが必要でしょうか。例えば、会社とお客様それぞれの割り印が必要でしょうか。
また、2通(1通は会社側、1通はお客様用)取り交わす際その2通に割り印が必要でしょうか。1通ずつが同じ内容でそれぞれに双方の署名押印があるので、いらないのではと考えておりましたが行政から2通ともに割り印が必要との指導を受け、通常一般的にはどうなのか教えていただきたいのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 契約書本体のつなぎ目の印と、2契約書にまたぐ印と、両方とも捺印されることが望ましいと思います。

係争になった場合、そのような点が指摘された場合、証拠価値が問題とされることもありますので、その意味では必要ということになります。
 なお、つなぎ目印については、A4判などを左ホッチキスして裏が白紙の場合、ヒンジ部分で割ると、も前ページの裏と次ページの表とが割印されることになりますが、その場合前ページを次ページに向かって折り込んで割印する方法と、表裏構わずヒンジ部分で割印する方法とがありますが、この扱いはまちまちのようで、表印表方式が正しいと思いこれまで全ての文書をそうしていたところ、あるとき訴状にこれを用いたら、裁判官が表印裏の方法でといったので?と思いました。内容証明や登記申請書などでは確か表印表が原則と記憶しています。これを避けるために、A3判用紙を折ってA4判となるような文書を作り、表印表方式にしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な御返事ありがとうございました。契約書の原則的な作成方法が見えました。

お礼日時:2002/03/26 13:25

契印ですよね。


必要だと思います。専門家ではないのですが。
一枚でおさまらない契約書の場合、契印を押すというのが、
普通だと思っていました。いままで、そうではない契約書を
見たことがないので。
「契印」(けいいん)などで検索されたら、と思います。
何ページにもわたる場合は、本みたいにして、押してあるのを
みたことがあります。
参考URLものせておきますね。

専門家の方の回答がつくといいですね

お役にたてば。。。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/3880/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。早速上記URLアクセスしてみます!なかなか上手く検索できなくて困っていました!ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/26 13:19

常に、契約にかかわった全員(会社、お客、連帯保証人)の


割り印を押してますけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/26 13:15

 契約書の作成は、契約の当事者に連帯責任があります。

同様に、印紙税法による印紙の貼付も、契約当事者が連帯して責任を持つことになっています。そのような観点から考えると、割り印も当事者が連帯をして押印をすることになり、契約書が一体となっていることと、2通の契約書がある場合の割り印についても、契約の当事者が確認をしながら押印をする、ということになると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。契約書の作成については文献等があるのですが、割り印についてまでは探せなくて。大変助かりました!

お礼日時:2002/03/26 13:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q割り印の押し方

ページとページの間に押す割り印の押し方。
何人もの連名の場合、A4版だと割り印を押すスペースがなくなると思うのですが、はみ出して押したり、外の人の判子と重なって押しても良いのでしょうか。

Aベストアンサー

どういう書類か分かりませんが、袋とじにすれば割り印は不要だと思います。他の人のはんこと重なってはいけないと思います。

Q2通契約書割り印-どちらを送れば?

こんにちは。
法律というより「礼儀」になると思いますが、2通契約書を作成し1通を相手方に渡す場合、割り印の上または下どちらを送れば良いでしょうか?
相手方の割り印は捺印済みです。

契約書を作成することが多い方はどのようにしているのかちょっと気になります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

割り印の下を送っています。
二者間契約という前提で、甲が此方、乙が相手方という契約書を作成してると思いますので、そのまま下(下半分が印影)を送っています。
しかし、法的にはきまりは無く、実際はどちらでも構いません。

Qパソコンの、基礎の基礎で、マウスの使い方と、キーボードの押し方を習うのに、いいガイドブックありますか

パソコンの、基礎の基礎で、マウスの使い方と、キーボードの押し方を習うのに、いいガイドブックありますか?文を、作成したいだけです。

Aベストアンサー

ありますよ。
できるだけ大きい書店のPC関係のコーナーに行きましょう。
初心者向けからプリ向け?まで、たくさんあります。
いろいろ立ち読みして、図解が多い、字が大きい、など、自分に合いそうな本を選びましょう。
残念ですが、質問者さんにどの本がお勧めか、まではわかりませんので、じっくり選んでください。
私も最初はそういう本を数冊買いました。
役に立ちますよ。

文書の作成だと、いまどきはマイクロソフトの「ワード」、と言うソフトを使うことが多いですが「ワード」専用のガイドブックも多数あります。

Q印紙(契約書)の消印は双方必要?

契約書に貼付する収入印紙ですが、過去の質問やネットで調べてみても、「両者の捺印がないと合意とみなされない。」や「二重利用の防止のためなので、片方の消印だけで有効」など様々な回答があります。

私の今までの解釈は、契約書の署名の横に押す印があれば合意は成立。印紙の消印は1つでもあれば有効。ペンで×を書いても有効。
印紙に押す印には、契約の成立の意味は全く無い。
慣習として、両方の捺印があったほうが良い(理由はわかりませんが)。
印紙代の負担は、2通の契約書の場合、慣習?常識?では、それぞれが1枚分ずつ負担。実際はどちらかが2枚分負担しても問題なし。
と思っていました。

今困っているのは、とある契約書で、署名の横にある契約書の押印は両者とも済んでいますが、印紙の消印のみ先方の押印がされていない状況です。
契約書は当社で作成し、1通のみに印紙を貼付して2通先方に郵送したところ、当社が貼付した印紙に印は押されておらず、またもう1通の契約書には印紙が貼っていませんでした。
(先方が印を押してもらうところに鉛筆&ポストイットでマークを入れて置いたのに)

先方は遠方のため、押してもらうには郵送しか方法が無いのですが、
結構いい加減なところなので、
(今回の署名の横の印を押した状態のものを返送してもらうのにも、相当時間が掛かりました。)
2通とも送ってしまうといつ戻ってくるやら・・・と思っていたので、
当社が印紙を貼ったほうの1通に、当社の印だけで消印をし、印紙の貼っていない1通を送り返そうと思っていたところ、上司から「それじゃ無効な契約書だ。ちゃんと印紙の消印も先方のものをもらえ。」と言われてしまいました。

また、印紙とは関係ありませんが、契約書の最終ページの綴じ部に押す綴印も先方の印が押していません。
当社の印は押してあり、先方が契約書のどこかを入れ替えるようなことはできないので、当社の立場からすればそのままで良いと思っていますが、上司に「先方から"差替えただろ"と言われたときに立証できない」。と言われています。
今回の契約書に関して言えば、署名の横に押した先方の印の丁度裏面が綴印のページなので、それで充分では?と思っていますが、コレに関してもアドバイス頂きたいと思っています。

「うちはこういう風にやっている」とか、「こうだと思う」とか、「そのほうがいい」とかの曖昧なアドバイスや慣習のことではなく、正しいか間違っているか、正確なことを教えてください。よろしくお願いします。

契約書に貼付する収入印紙ですが、過去の質問やネットで調べてみても、「両者の捺印がないと合意とみなされない。」や「二重利用の防止のためなので、片方の消印だけで有効」など様々な回答があります。

私の今までの解釈は、契約書の署名の横に押す印があれば合意は成立。印紙の消印は1つでもあれば有効。ペンで×を書いても有効。
印紙に押す印には、契約の成立の意味は全く無い。
慣習として、両方の捺印があったほうが良い(理由はわかりませんが)。
印紙代の負担は、2通の契約書の場合、慣習?常識?...続きを読む

Aベストアンサー

印紙税法では、以下のように規定されています。
第三条 (納税義務者) ...文書(以下「課税文書」という。)の作成者は、その作成した課税文書につき、印紙税を納める義務がある。
2  一の課税文書を二以上の者が共同して作成した場合には、当該二以上の者は、その作成した課税文書につき、連帯して印紙税を納める義務がある。
第八条 (印紙による納付等)
2  課税文書の作成者は、前項の規定により当該課税文書に印紙をはり付ける場合には、政令で定めるところにより、当該課税文書と印紙の彩紋とにかけ、判明に印紙を消さなければならない。
印紙税法施行令第五条 (印紙を消す方法) 課税文書の作成者は、法第八条第二項 の規定により印紙を消す場合には、自己又はその代理人(法人の代表者を含む。)、使用人その他の従業者の印章又は署名で消さなければならない。

“それじゃ無効な契約書だ。ちゃんと印紙の消印も先方のものをもらえ”
仮に印紙税法にのっとった処理が行われていなくても、単に脱税であって“契約書”自体の効果には全く関係ありません。また、第三条第二項によって甲乙両当事者が存在する場合(二以上の者)は“連帯して印紙税を納める義務”があるので、その一方は他方の動向に関わらず印税を納める完全な義務を負います(これが連帯の意味)。
そして、印紙税法施行令第五条では“作成者”が“印章又は署名”で“消す”ことが義務付けられているので、“消す”必要があります。

従って、“連帯”義務を負う一方が正しく“消せ”ば、納税の義務は完全に果たされるので、他の一方とは無関係です。
尚、“X”で“消す”のは“印章又は署名”とはいえないので、厳密には脱税行為です。

よって、法令上は質問者が“消す”ことで納税は完了し、また納税の完了・未了状態は“契約書”の効果には全く関係ありません。よって法令上、上司の主張は失当です。

“綴印も先方の印が押していません”については法令上の規定はありません。従来からの商習慣で行われているものです。綴印の目的は文書の改竄を防止することから、双方の印が押されていなければ、一方が改竄を行うことが困難であることが主張できなくなってきます。争い(裁判など)の場合の証明力に関わることなので、上司の主張は失当とは言えません。

“慣習のことではなく、正しいか間違っているか”については
商法第一条(趣旨等)  商人の営業、商行為その他商事については、他の法律に特別の定めがあるものを除くほか、この法律の定めるところによる。
2  商事に関し、この法律に定めがない事項については商慣習に従い、商慣習がないときは、民法 (明治二十九年法律第八十九号)の定めるところによる。
にあるように商法が優先し、その次は商習慣、そして民法の順であり、“商習慣”は民法に優先します。従って“習慣”は商行為に関する法解釈において重要な意味を持ちます。

印紙税法では、以下のように規定されています。
第三条 (納税義務者) ...文書(以下「課税文書」という。)の作成者は、その作成した課税文書につき、印紙税を納める義務がある。
2  一の課税文書を二以上の者が共同して作成した場合には、当該二以上の者は、その作成した課税文書につき、連帯して印紙税を納める義務がある。
第八条 (印紙による納付等)
2  課税文書の作成者は、前項の規定により当該課税文書に印紙をはり付ける場合には、政令で定めるところにより、当該課税文書と印紙の彩紋とに...続きを読む

Q訂正印の押し方

訂正印の押し方についてお聞きしたいのですが、
二重線で消して、その上に重ねて押すものなのでしょうか?
訂正前の文字が見づらくなるので、右横に押すというような
ことも聞いたことがあるのですが、どちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

#3です。
口座開設書類は、多分、そこまで配慮しなくてもいいと思いますよ。
要は、受入側(銀行)の判断の問題です。

Q請負契約、業務委託契約、派遣契約それぞれの違い

請負、業務委託、派遣業務それぞれの違いがいまいちはっきりしません。
私の解釈では
例えばビル立てるとしましょう。

請負契約では発注者がビルの完成を目的に契約するため、仮に請負者がどんなに失敗しようが、どんな合理化をして簡単に建ててしまおうが、結果(成果物)が出来上がれば、契約が履行されたものと考えられる。また、発注者はいかなる場合でも請負者への指揮命令権を持たない。

業務委託ではビルの完成を目的とせず、ビルを建設する作業自体を目的に契約するため、ビルが完成しなくても建設作業をおこなっていれば、契約が履行されたものと考えられる。
また、発注者はいかなる場合でも請負者への指揮命令権を持たない。

派遣契約ではビルを建設する作業をおこなうために人材を確保するのが目的なため、完成はおろか,ビルを建設する作業自体を履行しなくても問題はない。ただし、発注者は派遣労働者に対して指揮命令権をもつため、作業をするよう指示することになるため、その結果、その指示に従わなかった場合、契約が履行されていないと考えられる。

さらに掻い摘むと
請負はビルさえできれば手法は問わない(問えない)
業務委託はビルはできなくてもいいが、ビルを建てる作業はしなければならない。
派遣は発注者がビルの建て方、などを指示し、それに従わなければならない。

こんな感じ解釈していますがもんだいないでしょうか?(ここでは建設業における派遣は認められないなどということは無視していただいて結構です。成果物ををわかりやすく考えたかったのでビルとしただけなので)

請負、業務委託、派遣業務それぞれの違いがいまいちはっきりしません。
私の解釈では
例えばビル立てるとしましょう。

請負契約では発注者がビルの完成を目的に契約するため、仮に請負者がどんなに失敗しようが、どんな合理化をして簡単に建ててしまおうが、結果(成果物)が出来上がれば、契約が履行されたものと考えられる。また、発注者はいかなる場合でも請負者への指揮命令権を持たない。

業務委託ではビルの完成を目的とせず、ビルを建設する作業自体を目的に契約するため、ビルが完成しなくても建...続きを読む

Aベストアンサー

まず、「請負」「派遣」は法律用語であるところ、「業務委託」は法律用語ではないため、同列に並べて比較できるものではありません。
業務委託は取引用語のひとつであって、請負や派遣をも含めて使われることすらある、定義の一定しない用語です。そのため、法律で定義付けされている定義請負・派遣と比較しても、あまり意味がないのです。

請負・派遣と比較して意味があるのは、「委任(または準委任)」です。

民法の予定する請負の場合には、請負人は仕事の完成義務を負い、仕事の目的物に瑕疵があれば注文者の請求により修補義務を負います。また、注文者の指図も可能です(636条参照)。
したがって、お書きの事例でいえば、基本的には瑕疵のないビルさえできれば良いが、注文者の指図があればその範囲で従わねばなりません。

民法の予定する委任(または準委任)の場合には、受任者は委任事務を処理する義務を負い、委任の本旨に従って善管注意義務を負います。また、委任の内容としての指図もありえます。もっとも、請負との区分上、仕事を完成させる義務は負いません。
したがって、善管注意義務を果たしつつビルを建てる作業をしていさえすれば良い、といえます。

派遣は、労働者派遣法によるものであって、「派遣元事業主が、自己の雇用する労働者を、派遣先の指揮命令を受けて、この派遣先のために労働に従事させること」になります。究極の目的は、人の確保ではなく、労働への従事です。
したがって、派遣先である発注者の指揮命令に従う必要があります。

まず、「請負」「派遣」は法律用語であるところ、「業務委託」は法律用語ではないため、同列に並べて比較できるものではありません。
業務委託は取引用語のひとつであって、請負や派遣をも含めて使われることすらある、定義の一定しない用語です。そのため、法律で定義付けされている定義請負・派遣と比較しても、あまり意味がないのです。

請負・派遣と比較して意味があるのは、「委任(または準委任)」です。

民法の予定する請負の場合には、請負人は仕事の完成義務を負い、仕事の目的物に瑕疵があれば...続きを読む

QPキーの押し方

Pキーの押し方

現在タッチタイピングを勉強しているのですが、Pキーが非常に打ちにくいです。
小指で打つより薬指の方が速いので薬指に変更したのですが、やはり薬指では高速化に限界を感じます。しかし、小指だと指が滑らかに動きません。
何かコツはありませんか?

Aベストアンサー

確かに運指通りにやると、小指は打ちづらいですよ。何と言ったって、
小指は短いですからね。

私は薬か中指で打ちます。その時は手の平をリズミカルに浮かします。
左手は浮かさずにキーにくっ付いた感じで打てるのですが、右手は
ポンポンと跳ねるように打ちます。

人それぞれで、利き手や、指の長さが違うので、決まりはないですよ。

一番楽な方法でいいのではないですか。あとは「慣れ」だけです。

タイマーで時間を計って打つのが、速く打てるようになるコツですね。

Qお客様書式の注文書で、押印がない場合

お客様書式の注文書で、押印がない場合
その注文は無効なのでしょうか?

朱肉月の押印がない場合は、注文したとみなされませんか?

Aベストアンサー

電話でいいので,確認をとったほうが良いですよ。押印がなかったので,お手数ですが押印して再送願えませんか? といって。送ってきたんだから注文の意思はあるんでしょうが「そんなの知らねえ,誰かが俺の名を騙ってやったんだ」なーんて言われたら,返す言葉はありません。

実際に,注文元の組織内で監督者の確認(印)がないと発注を認めていない場合があります。発注責任者を明確にしておく必要があるのです。

Qこんな押し方でよいのでしょうか?続けてても大丈夫でしょうか?

こんにちは。
グループで何度か遊んだ後、気になる彼ができたので、
その人ともう少し仲良くなりたいなと思っています。
連絡先は最初に交換していて、何度かメールもくれていました。
先日ご飯にさそってみると、OKでした。
その後、彼からのメールもありましたが、ほとんど私が送っています。
メールへの返事はきちんとあり、やり取りが続いたりもします。
もう一歩前に進みたいと思い、また遊びに誘ってみると、
具体的に日にちは決まっていませんがOKでした。

あまり自分からアタック(古い?)した経験がないので、
私の押し方が下手なのか、彼にこのままどう押していけばいいか
わかりません。
彼の反応も、嫌ではなさそうですが良いとも思えず、つかめません。
私の押し方はイマイチでしょうか?
このままアタックしててもよいものなのでしょうか?
ちなみに彼も私も30代前半です。
客観的なご意見をお願いします。

Aベストアンサー

おそらく彼は自分からアタック(古い!)するのが苦手な人だと思います。
その気がないなら食事の誘いに乗るどころかメールもほとんど返信しないんじゃないでしょうか。
もう一押しでひゅ~ひゅ~だよー。

同年代の男より

Q契約書の印紙にの割り印の色

会社で契約書に貼った印紙に会社の印鑑を押そうとしたところ、誤って朱色ではなく、黒色の印鑑を割り印してしまいました。上司は大丈夫だと言ってくれましたが、気になって眠れません。色は何色でも問題ないんでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

印紙は、国に税金を納めるために貼るのです(印紙税法)。消印をするのは、その印紙を使用済みにしたという意味です。だから、印鑑は、赤でも黒でもかまわないし、判子を押さなくても線を引っぱっただけでもよいのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報