【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

雑役務費ってなんでしょうか?
請求書を読んでみると
どうやら雑用などのアルバイト代という感じがしますが、
会計ソフトにこの科目が用意されていませんでした。
近い属性の科目ではどのようなものが考えられるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

請求書の発行者が不明ですが源泉税の預り金などがなければ全額雑費か支払手数料で全額現金か預金の支払でよいと思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます。
お礼が遅くなり申し訳ございません。

お礼日時:2006/10/25 11:46

役務の提供を受けた費用ですね。


資料作成代とかです。
支払報酬のところもありますが、
当社は雑費にすると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
雑費ではどうだろうか、というアドバイスを下さる方が多いようですね。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2006/09/19 14:20

分からないときは「雑費」にしています

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2006/09/19 14:18

ご質問の仕方、内容からして人件費ではないようです。



>請求書を読んでみると
どうやら雑用などのアルバイト代という感じがしますが

どこかの会社から請求されて払うのなら「雑費」あるいは「支払手数料」でいいのではないでしょうか。

この回答への補足

回答ありがとうございます。私の説明不足で申し訳ありませんでした。
ある講演会の運営依頼をしたときの請求書が届いたのですが
その明細に
・講師料
・雑役務費(イベント設営準備、プログラム進行人件費等)
・講師等交通費 
と、記載があったのです。
私は全部をまとめて外注費として仕訳しようと思ったのですが、
講師料とか交通費とかそれぞれ分けて処理するよう指示があったため
質問に至ったというわけなのです。

補足日時:2006/09/19 14:12
    • good
    • 0

こんにちは。



ご参考になるか分かりませんが、
当社では、アルバイト代は雑給の科目で処理してます。
(社員給与の給与の科目とわける為です)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、私のところもアルバイト代は社員給与と分けて
雑給を使って処理しています。
もう一度請求内容を確認してみますね。
早速の回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/09/19 14:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q雑役務費とは?

私はとある公益法人で働いているのですが、
雑役務費の明確の範囲がわかりません?
上司は印紙代も雑役務費だと言っているのですが、
租税公課ではないのでしょうか?
以前は企業会計をやっていたせいか余計に
公益法人会計がよく理解できません。

Aベストアンサー

私が知る限り、「役務」ということなのでその仕事に関してたとえばアルバイトを雇ったとか、ガードマンを利用した等の、主な役務以外に使用した人件費が雑役務費に該当すると思います。(そう教えられました)
印紙代はやはり租税公課でしょうね。
しかしその法人においてそういう科目で従来から処理していればそれに従わないといけないのかな?

Q「役務」の読み方

契約用語で出てくるの「役務」についてですが
「やくむ」とも読むのでしょうか?

自分なりに調べてみたのですが
http://dic.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&p=%E5%BD%B9%E5%8B%99
エキムしかないようです。

というのも
ベテランの先輩が「やくむ」と普段使っていて
私は怖くて「えきむですよ。」とか
話の流れで「えきむ」と言い換えるのも度胸がないので
「やくむ」と言っちゃっていますが
別に「やくむ」でも常識的におかしいことではないですか?

そもそも「役」はヤクと読んでしまうし。
ご意見よろしくお願いします。

Aベストアンサー

エキムです。

予算科目に「役務費(エキムヒ)」というのがあります。
時折、ヤクムヒと発音する人がいますが、脳内変換して、あえて訂正はしません。

Q需要費?需用費?

PTA会計担当となりました。

支出項目に需要費というものがあります。
ネット検索すると需用費の表記も出てきます。
会計項目からすれば本当は需用費が正しいのでしょうか?

前年度会計さんもわからないまま、前年度に従って表記していたようです。

PTAでの会計だからこの表記(=需要費)を使っているなど理由があるのでしょうか?

ご存知の方、教えていただけませんでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>会計項目からすれば本当は需用費が正しいのでしょうか?
役所が使う財政(予算)の費目で、「需用費」と表記します。
消耗品費、燃料費、印刷製本費、光熱水費などをいいます。
いわゆる会社の会計費目とは違います。
「需用(需要)費」という科目はありません。

>PTAでの会計だからこの表記(=需要費)を使っているなど理由があるのでしょうか?
自治会やPTAなど任意団体の会計の費目の表記の仕方は、その団体が独自に決めているのでそれぞれで違います。
ただ、「需要費」という用語(言葉)自体ありません。
はっきり言えませんが、最初に作った人がそのような用語を作ったのか、「需用費」だったのが途中で誤った表記になってしまいそれが引き継がれてしまったかでしょう。

Q備品と消耗品の区別について

備品の管理をします。
「税法上、10万円以上は備品、10万円未満は消耗品扱い」であると、知りました。

備品と消耗品の定義を教えてください。

備品に分類する場合は、減価償却の対象になる物品だと思うのですが、
「10万円以上で、減価償却をする対象」の物品ということでしょうか?
ちなみに、この場合の「税法」とは、何税法となるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

備品と消耗品の区別は下記の通りですが、
企業によって、「備品・消耗品費」と一つの勘定科目で
処理する場合もあるので、会社の会計処理の方針に
したがって、区別すればよいかと思います。

●消耗品=1年以内に消耗するであろう物品
(コピー用紙、文具 など)
●備品=耐用年数が1年を超える物品
(机、キャビネット などの什器)

備品のうち、(1)耐用年数が1年を超え、(2)取得価額が10万円以上の物が
減価償却の対象(=固定資産)となります。

取得価額が10万円未満であれば、耐用年数が1年を超える物品で
あっても、減価償却の対象とはならず、費用として処理され、
資産計上されません。

なお、取得価額が20万円未満の物品については、「一括償却資産」
として費用処理することができます。
※「一括償却資産」について詳しくは下記をご覧下さい。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5403.htm
(国税庁 タックスアンサー)

最後に税法について、回答します。
ご質問に対する回答固定資産税および償却資産税の納付を義務付ける税法は地方税法、
減価償却について規定する税法は法人税法が該当すると
思われます。

ところで、質問者様の所属は経理部門でしょうか?
それとも資材・購買部門はたまた総務部門でしょうか?
もし、質問者様が経理部門以外の所属であれば、
会社の会計処理の方針に従うことが一番ですので、
経理部門の方ともご相談されることをおすすめします。

備品と消耗品の区別は下記の通りですが、
企業によって、「備品・消耗品費」と一つの勘定科目で
処理する場合もあるので、会社の会計処理の方針に
したがって、区別すればよいかと思います。

●消耗品=1年以内に消耗するであろう物品
(コピー用紙、文具 など)
●備品=耐用年数が1年を超える物品
(机、キャビネット などの什器)

備品のうち、(1)耐用年数が1年を超え、(2)取得価額が10万円以上の物が
減価償却の対象(=固定資産)となります。

取得価額が10万円未満であれば、耐用年数が1年...続きを読む

Q人件費と賃金の違いは

物件費とは、人件費、維持補修費、扶助費、補助費等以外の地方公共団体が支出する消費的性質の計の総称、
物件費に含まれるものは、賃金、旅費、交際費、需用費、役務費、備品購入費、報償費、委託料、使用料及び賃借料、原材料費等、

人件費、賃金、役務費の違いはどうなんでしょう、

Aベストアンサー

地方自治体での用語の使われ方でしょうか?
だとすると、

人件費
職員の給与、諸手当、特別職員の報酬

賃金
短期間の契約の雇用の職員(臨時職員)に対する報酬

役務費
サービスを受けた際に発生する費用(郵便・宅配便・などの通信運搬費、広告料、手数料、保険料など)

参考URL:http://www.town.yaese.okinawa.jp/page02/kakukape-ji/h18yosanhenseihousin/h18yosanhenseihousin.htm

Q請書と契約書の違いって何でしょうか?

契約書は2通同じものを双方押印する書類で
請書は注文書をもらってから、請書に押印する書類名だけで
やり方が違うだけで、内容はどちらも契約書と言う認識で合ってますか?

Aベストアンサー

前後関係等の文脈にもよるが、「請書」と「契約書」とを区別していない文脈であれば、請書は契約書に含まれる。契約書は契約成立やその内容を証するための書面であるところ、請書はその役目を持つためだ。

なお、契約書を「2通同じものを双方押印する書類」と定義する文脈であれば、請書は契約書に含まれない。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

QWordで、1ページを丸ごと削除するには?

1ページしか必要ないのに、真っ白な2ページ目がその下に表示されてしまった場合、この余分な2ページ目を一括削除(消去)する為に、何かいい方法があるでしょうか?

Aベストアンサー

<表示されてしまった場合>
これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。
特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。

さて、メニューの「表示」で段落記号にチェックが入っていないと、改行や改ページなどの入力情報が見えず、白紙のページを全て選択→削除してもそのままということが良くあります。
1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。
2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。
などの方法があります。

Q勘定科目使い分け 備品費・消耗備品費・事務消耗品費

勘定科目の使い分けについて教えてください!!
会計ソフトを使って入力をしています。その際にタイトルの

備品費
消耗備品費
事務消耗品費
消耗品

が勘定科目にあり使い分けに悩んでいます。
前任の経理担当者からも教えてもらったのですが、いまいち基準が分からなくて…

何人か会計に詳しい人に聞いて、上記の4つを今期からは

消耗品(10万円未満のもの)
事務消耗品費(消耗品の中でも事務で使うもの)

という使い分け方をして、二つに絞ることになりそうです。

そこでいまさら調べる必要はないのですが、あえて上記4つの勘定科目を使うなら、みなさんはどう使い分けますか?
もしくはどのように使い分けるのが一般的だと思われますか?

結局備品費って何!?消耗備品費との違いは!?事務消耗品費、消耗品とは…というもやもやをすっきりさせたいです。

Aベストアンサー

#3です。

>備品費という固定資産の科目があるということを初めて知りました。
詳しく知りたいので、
できたら資産として備品費を紹介しているページ等紹介していただけませんか?


そこまで突っ込むのであれば・・

◆「備品費」という勘定科目はほとんど見かけません。紛らわしい科目は使わない方が良いでしょう。

固定資産科目としては普通は、

「什器・備品(什器及び備品と読む。「・」が必要。什器備品という日本語はありません)」または「器具・備品」または「工具・器具・備品」

です。

器具・備品○○/現金○○

と仕訳します。


◆「消耗備品費」という勘定科目もほとんど見かけません。「消耗性備品費」が正しい。

器具・備品のうち少額のもので、税法が「費用」に計上することを認めるもの(※)。

税法が「費用」に計上することを認める:
(1)法人税法では、少額の資産は損金算入を認めます。
(2)所得税法では、少額の資産は必要経費算入を認めます。


※ちなみに、会計では「消耗品」という科目は存在しません。会計では、
消耗品費:洗剤、モップ、箒、灯油、お盆、湯のみ・・
貯蔵品:期中に消耗品費または事務消耗品費または通信費などに費用計上したもののうち期末時点で未使用のものは、「貯蔵品」という資産科目に振り替えます。「消耗品」という科目は使わない。

#3です。

>備品費という固定資産の科目があるということを初めて知りました。
詳しく知りたいので、
できたら資産として備品費を紹介しているページ等紹介していただけませんか?


そこまで突っ込むのであれば・・

◆「備品費」という勘定科目はほとんど見かけません。紛らわしい科目は使わない方が良いでしょう。

固定資産科目としては普通は、

「什器・備品(什器及び備品と読む。「・」が必要。什器備品という日本語はありません)」または「器具・備品」または「工具・器具・備品」

です。

器具・備...続きを読む

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング