私は福祉住環境コーディネーター試験にむけて勉強をしている家政学部家政学科住居・インテリアコースの学生です。今度の4月で大学3年になります。
1、福祉用具専門相談員について聞きたいのですが、講習を学生も受けてるとHPで見たのですが福祉学科の人のみとかそういう制限はないのでしょうか?
2、講習を受けるだけで専門相談員になれるのでしょうか?試験などはあるのですか?講習を受けても専門相談員になれない方もいるのでしょうか?
3、講習を行っているところが書いてあるHPがありましたが講習の場所によって良し悪しはあるのでしょうか?学ぶことは同じなのでしょうか?値段はいくらくらい、日にちはどれくらいかかるのでしょうか?
4、就職には有利なのでしょうか?私は住宅改修、福祉用具ショップなど、はっきりとは決まっていませんが福祉用具がかかわる就職をしたいと思っています。福祉住環境コーディネーターは単独では就職に有利にならないと聞いたので他に自分がやりたいことに関する資格をとりたいと思ったのです。(でもまずは福祉住環境コーディネーターに合格することが目標です)
5、福祉用具プランナーとは何が違うのでしょうか?福祉用具プランナーは学生の私ではなれるのでしょうか?
6、福祉用具専門相談員指定講習修了者、福祉用具供給事業従事者研修修了者
 (福祉機器選定相談員研修(50時間)及びこれに準じた研修の修了者を含む)
というのが福祉用具プランナーのところに書いてあったのですが、福祉用具供給事業従事者研修修了者っていうのはなんなのでしょうか?  

以上の点が私が質問したいことです。一部でもいいのでよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

1、福祉用具専門相談員について聞きたいのですが、講習を学生も受けてるとHPで見たのですが福祉学科の人のみとかそういう制限はないのでしょうか?



基本的に、ヘルパーなどの実務者、福祉系の学生、仕事で必要な方などの明記はありますが、特別制限はしてないようです。

2、講習を受けるだけで専門相談員になれるのでしょうか?試験などはあるのですか?講習を受けても専門相談員になれない方もいるのでしょうか?

指定の講義を受けることでなることが出来ます。たいていの学校が一週間のカリキュラムで終了します。

3、講習を行っているところが書いてあるHPがありましたが講習の場所によって良し悪しはあるのでしょうか?学ぶことは同じなのでしょうか?値段はいくらくらい、日にちはどれくらいかかるのでしょうか?

国でやっているところから、福祉系カルチャースクールまで様々です。
やはり人気のあるところはなかなか受講できません。良し悪しは、つけられませんね。



5、福祉用具プランナーとは何が違うのでしょうか?福祉用具プランナーは学生の私ではなれるのでしょうか?

たしか、認定機関が違うようです。
中身の内容はほぼ変わりません。

以上、私の覚えている範囲のものです。
信憑性については、本人でご確認ください。

この回答への補足

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=245547
のほうに別の質問をしているのでお答えしていただけるとうれしいです。

補足日時:2002/04/04 16:08
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。通える距離の講習会に問い合わせして日にちと値段を聞きました。5月の土日に講習会を行うところに決めました。申込をまだしていないので定員オーバーになっていないかが不安ですが。値段に8000円も差があったので驚きました。
人気があるとかやはりあるのですね。私が行くことにしたところが良いところだといいです。一ヶ所は場所が悪いのか開講されていませんでした。

お礼日時:2002/04/04 16:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q福祉用具専門相談員について

ヘルパー2級を持っていると、福祉用具専門相談員の講習会をわざわざ受けなくてもぃぃのでしょぅか?!誰か分かる方教えて下さい。事業所で福祉用具を扱う場合、二人以上福祉用具専門相談員の資格を持つ人がいないと出来ないと聞いたのですが、ヘルパー2級なら福祉用具専門相談員の講習会を受け資格をとらなくてもよいものなんでしょうか?それとも、福祉用具を扱うにはきちんと福祉用具専門相談員の講習会を受け資格をとった方がぃぃのでしょぅか?

Aベストアンサー

現時点においては、ヘルパー2級(その他にもありますが)を保有していることで
福祉用具専門相談員の要件として満たされていることとなっていますので、
特に受講する必要はありません。

ただ、今年の4月から福祉用具専門相談員の要件が改正されるようです。
これによりヘルパー2級は要件から除外されるようですので、
福祉用具専門相談員として勤める場合には、受講する必要が出てきますね。

(参考URL)
全国福祉用具専門相談員協会
http://www.zfssk.com/qa/

Q福祉用具専門員

福祉用具のお店に行くと福祉用具専門相談員の方が
色んなアドバイスや適切な提案をしてくれますが
何か資格とかあるのでしょうか?

Aベストアンサー

福祉用具専門相談員といいます。国による公的資格です。
介護保険法施行令第四条において福祉用具の貸与等を行なえる者として定義されていて、資格を認定するための決まりごと(介護保険法施行規則第二十二条の三十一)もちゃんとあります。
(令 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H10/H10SE412.html)
(規則 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H11/H11F03601000036.html)
(通達 http://www.zaitaku-kyo.gr.jp/pdf/kaigo_hoken_406.pdf)

具体的には、都道府県が実施する福祉用具専門相談員指定講習を修了すると資格が与えられます。
但し、保健師や看護師、理学療法士・作業療法士、社会福祉士・介護福祉士、義肢装具士は、講習を受講することなく、福祉用具専門相談員として認められます。
(例 https://www.pref.saitama.lg.jp/a0603/yougukousyu/yougukousyutop.html)

福祉用具を取り扱う店舗などには、必ず、この資格を持った人がいないといけません。
一方、このような店舗などでは住宅環境の整備も同時に行なうことがありますが、そちらに関する資格の名前は福祉住環境コーディネーター(http://www.kentei.org/fukushi/)といい、あくまでも民間資格(東京商工会議所による資格)であり、公的資格である福祉用具専門相談員とはまったくの別物です。

福祉用具専門相談員といいます。国による公的資格です。
介護保険法施行令第四条において福祉用具の貸与等を行なえる者として定義されていて、資格を認定するための決まりごと(介護保険法施行規則第二十二条の三十一)もちゃんとあります。
(令 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H10/H10SE412.html)
(規則 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H11/H11F03601000036.html)
(通達 http://www.zaitaku-kyo.gr.jp/pdf/kaigo_hoken_406.pdf)

具体的には、都道府県が実施する福祉用具専門相談員指定講習を修了...続きを読む

Q悩んでます。福祉用具専門相談員とホームヘルパー2級・・

今悩んでます。福祉用具専門相談員とホームヘルパー2級を受講しようとしていますが、どちらから取った方がいいですか?ホームヘルパー2級先にとったほうがいいですか??ホームヘルパー2級を取ったら福祉用具専門相談員の資格はいらないですか??
あと、福祉用具専門相談員の資格は、ホームヘルパーと同じように、一回取れば一生使える資格ですか??
悩んでます??こんな俺に、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

まず、なぜ資格を取ろうと思ってるんですか?
きつい事を言いますが、一生使える資格を目指している割には目標が低すぎます。
福祉用具専門相談員は講習のみで、ホームヘルパー2級も講習と実習のみで取れます。
せっかく、一生使える資格を目指すのだったら、介護福祉士を目指してみてはいかがですか?
ホームヘルパー2級をとって3年実務経験をつんで介護福祉士を受験するのも一つの手段だとは思いますが…。
その間に、福祉住環境コーディネーターを受験したりしてスキルアップをはかればよいと思います。
介護福祉士をとっても、それで終わりではなく、実務経験5年で介護支援専門員の受験も行ってはいかがですか?
介護の資格は一生残るかもしれませんが、介護の考え方はどんどん変わってきています。
現に平成18年4月から介護保険改正が行われます。
一度資格を取ったら終わりではなく、そこからのスキルアップが重要です。

もう少ししたら、ホームヘルパー2級がなくなるという噂もあります。
実際はよくわかりませんが…。

いろいろと調べて、どんどんスキルアップをめざしてがんばってください!!

まず、なぜ資格を取ろうと思ってるんですか?
きつい事を言いますが、一生使える資格を目指している割には目標が低すぎます。
福祉用具専門相談員は講習のみで、ホームヘルパー2級も講習と実習のみで取れます。
せっかく、一生使える資格を目指すのだったら、介護福祉士を目指してみてはいかがですか?
ホームヘルパー2級をとって3年実務経験をつんで介護福祉士を受験するのも一つの手段だとは思いますが…。
その間に、福祉住環境コーディネーターを受験したりしてスキルアップをはかればよいと思います。...続きを読む

Q介護職と福祉用具専門相談員

転職系や資格系で回答がいただけなかったので、福祉系で再質問します。

介護職と福祉用具専門相談員では、(地域や事業所など一概には言い切れないにせよ一般論として)
長期的にどちらが高収入が見込めるでしょうか?

自分なりに考えたのですが、
介護職の場合、がんばって相談員や管理者、施設長になれれば、一般論として収入はあがる気はします。
用具相談員の場合、パッと見程度ですが、福祉や介護以外でもスキルを応用しやすく、
福祉や介護以外の業務とも掛け持ちの場合が相対的に多く、その分介護保険外での収入の伸びしろがありそうな気はします。

Aベストアンサー

ケアマネ兼専門相談員です。

一般的には福祉用具専門相談員の方が、月の報酬としては高いと思います。要因としては
・一定規模以上の企業体である事が多い(給与水準、例えば職能給や役職手当、昇進など・・・)
・時間帯勤務ではない事が多いため、シフトで収入が変わらない
・歩合手当がある事業所も多い(僕の所はないですが)
ですかね。

しかし例えば、小規模の福祉用具貸与事業所はかなり安い水準になると思いますし、逆に医療法人系の老人
保健施設や市町村系の社会福祉施設などは、母体の給与水準や昇給に準ずる事が多いため、高い給与水準に
なる事も多いです。

>がんばって相談員や管理者、施設長になれれば、一般論として収入はあがる
施設による差が非常に大きいです。小規模なら職員も施設長も「やってる事は一緒」なんてケースはよく
ありますし、雇われ施設長の手当なんて微々たるものって事がほとんどです。
医療系や自治体系の幹部は、現場から上がる事はほとんど無いです。基本的には母体や銀行からの
出向であったり、天下りである事が多いですよ。

最後に、間違いなく言えるのは介護系(福祉用具も含めて)の収入水準は低いです。
一般的には「家族を養うために長く勤める職業」としてはかなり厳しいと思います。収入としても
体力的な問題としても。

ケアマネ兼専門相談員です。

一般的には福祉用具専門相談員の方が、月の報酬としては高いと思います。要因としては
・一定規模以上の企業体である事が多い(給与水準、例えば職能給や役職手当、昇進など・・・)
・時間帯勤務ではない事が多いため、シフトで収入が変わらない
・歩合手当がある事業所も多い(僕の所はないですが)
ですかね。

しかし例えば、小規模の福祉用具貸与事業所はかなり安い水準になると思いますし、逆に医療法人系の老人
保健施設や市町村系の社会福祉施設などは、母体の給与水準や昇給...続きを読む

Q福祉用具専門相談員は、未経験でも出来るでしょうか?一応、ヘルパー二級は

福祉用具専門相談員は、未経験でも出来るでしょうか?一応、ヘルパー二級は持ってます。

Aベストアンサー

現在は受験資格も試験もありません。

福祉用具専門相談員になるためには、厚生労働大臣が指定した「福祉用具専門相談指定講習会」において講義と実習を全40時間受講することで福祉用具専門相談員になることができます。

参考URL:http://www.fukushi-yougu.net/archives/2005/03/qa.html

Q福祉住環境コーディネーター2級と介護福祉士の試験問題の難易度について。

一概に比較できないとは思うんですが、介護福祉士の筆記試験についてなんですが、教えてくれる人によって難易度がまちまちで、ちょっと勉強すれば難しくない、わりと簡単。という人と、国家資格だしかなり勉強しないと難しいという人とばらばらです。

福祉住環境コーディネーターの2級は昔、勉強して合格しました。ですのでだいたい必要な勉強時間や難易度はわかっているんですが〔結構難しかった印象です〕単純比較で実技や受験資格とかは抜きにして筆記試験はどちらが難しい問題だと思いますか?両方持っておられる方に会ったことがないので・・・

実は介護福祉士の取得を迷っています。住環境2級を大きく超える勉強時間が必要なら、通信教育など研究しないといけないなとか思いまして・・・

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私もblazinさんと同じく両方の資格を取得しているものです。確かに介護福祉士試験の13分野は広範囲ですが、もし現在介護職をされているなら「介護概論」「介護技術及び形態別介護技術」などは現場で習得されている内容だと思います。(この範囲だけで40点くらいあるのですがほとんど勉強せずクリアできました)

 住環境は通信教育で結構勉強しましたが、介護福祉士は過去問題を中心に独学で出来ましたよ。(私の場合、住環境のほうが勉強しました)やはり現場では国家資格のほうが評価され、仕事内容も変わりました。
頑張ってください!取得して邪魔になりませんよ!

Q社会福祉士しか持ってなくとも、履歴書に福祉用具専門相談員の資格を書いてよいか?

 私は「社会福祉士」の資格を持っている者です。以前ここで質問したのですが、「社会福祉士資格」を持つ者は、現行では、「福祉用具専門相談員」の要件を満たす者(同相談員の資格を持つ者)と見なされている、とのことでした。
 と、いうことは、社会福祉士の資格を取ったものは、履歴書にも「福祉用具専門相談員」の資格を書いてよいのでしょうか? もし書いてよければ、その資格取得年月日は、『社会福祉士』の資格を取得した日、となるのでしょうか? このことについて詳しく知っておられる方がおられましたら教えてください。 お願いします。

Aベストアンサー

社会福祉士として「登録済」であることを前提に、登録年月日を福祉用具専門相談員の資格取得日と見なせます。
国家試験に合格していても未登録ですと、社会福祉士も福祉用具専門相談員も、どちらも「資格を有する者」とは認められません。

Q福祉住環境コーディネーターの資格について

こんにちは、お世話になります。
介護関係の仕事をしております。
福祉住環境コーディネーターの資格を取るための勉強をしようか検討中です。
社会福祉士も考えているのですが、来年以降にするかもしれません。
今後も福祉関係の仕事をしていきたいと思っています。
主に高齢者と、少しですが若年層の障害者の方にも関わるお仕事をさせていただいております。

福祉住環境コーディネーターの資格が仕事に必要というわけではないのですが、
この資格は持っていて有意義なものでしょうか?

現場の仕事ではありませんが、よく介護事務の資格はあまり意味がないと聞きます。
福祉住環境コーディネーターの資格は、どの程度活かせるものでしょうか?

Aベストアンサー

福祉住環境コーディネーター2級をもっています。
福祉住環境コーディネーターは施設よりはむしろ、在宅で生活をされている方に対して活かせる仕事のように思います。
例えば、本人がどのような障害を持っているか、そして、その場合に本人に適した福祉用具を選定し、使用することで自立も含めて生活がしやすくなる、もしくは、住宅改造の必要があるか否か、
本人や近親者を交えて提案をしてみたりします。このことで近親者の介護の負担軽減にもつながるわけです。
もし、福祉住環境コーディネーターの資格取得は、2級を目指される方が後々の知識を活かせるためにも良いでしょう。
1級は2級合格者でなければ受験が出来ませんし、1級は地域福祉のような、仕事の方向性が異なります。ただ、1級は合格者がとても少ない(まだ全国的にも170人前後)ため、勉強のし甲斐は
あるかもしれません(汗)
さらに、福祉用具専門相談員の資格を取得されることをお勧めします。

Q福祉用具専門相談員の資格について

福祉用具専門相談員の資格を持ってると、たとえばどんな所に、就職できるのですか??具体的に詳しく教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

福祉用具専門相談員の資格を持ってると文字通り、福祉用具の貸与事業(介護ベッド等のレンタル)を行う会社(福祉用具リース会社や家具店等)には向きますが、そういったところは既に福祉用具専門相談員の資格を持ってますから、福祉用具専門相談員の資格をとったからといって、すぐに就職できるものではないと思います。

Q福祉用具で開業したいです、、よくわかりません

福祉用具はレンタルした場合は必要な書類に記入して、県庁に持っていけばいいのでしょうか?家族や本人、もしくは福祉用具専門員が、その届出の行為により介護保険適の手続きができるのでしょうか?

Aベストアンサー

サービス事業所として福祉用具のレンタルをする場合、ケアマネが「サービス担当者会議」を開き、それに出席して利用者に必要なサービスを検討します。
そしてケアマネの作成した「サービス計画」と、毎月の「サービス提供票」に基づいて貸し出します。
介護度によっては、レンタル商品に制限がかかっているものもあります。また、それらの中には、主治医の意見やサービス担当者会議の内容により、ケアマネが保険者に申請して適応とされればレンタル可能になる…、など色々あります。
そして、レンタル事業者は、前月のレンタルの実績を、翌月の10日までに「国保連合会」へ「介護報酬請求」するのです。
今は、紙媒体での請求は殆どなく、FDでの請求も減ってきています。
効率をあげるため、伝送(電子媒体)を推進しています。
請求業務も結構複雑です。仕組みが分かっていないと、「返戻」や「保留」や「減額決定」や「過誤申請」をどう扱っていいのか困るでしょう。


人気Q&Aランキング