ふと疑問に思ったことです。
ちょっとお聞きするのも恥ずかしい質問なのですが、
聞くは一時の恥、ここは思い切って質問します。

物質が燃焼するとき、
酸素が必要と理科で習いましたが、
酸素の無い宇宙空間で、
太陽は何故燃えるのでしょうか?

素人にもわかりやすく教えて頂ければ幸いです。

A 回答 (7件)

こんにちは。

NorthBearと申します。

>>物質が燃焼するとき、
>>酸素が必要と理科で習いましたが、
>>酸素の無い宇宙空間で、
>>太陽は何故燃えるのでしょうか?

太陽は燃えてるわけじゃなく、太陽の内部で「核融合」という反応が起こってエネルギーを放出しているのです。核融合とは、水素・ヘリウム・リチウムなどの軽い原子核が融合して重い原子核になる原子核反応です。その際、中性子などと共に大量のエネルギーを放出するんです。この現象が起こるためには、酸素はいりません。

「燃焼」というのは化学反応でありまして、物質が急激に酸素原子を取り込む(酸化)ことによって起こります。爆弾や銃に使われる火薬は、酸素を発生する物質・点火剤・燃料を混ぜ合わせたもので、一気に燃焼が進むため、爆発が起こります。

「原子核反応」には、「核分裂」と「核融合」があります。前者は重く、不安定な物質の原子核が割れて別の物質に変化することによって起こります。後者は、前にご説明したとおり。この反応は「酸化」ではありませんから、酸素はいらないんです。

人間が手にしているものでは、核分裂反応を応用したものは原子爆弾や原子力発電所、原子炉などがあたり、核融合反応を利用したものは水素爆弾があります。今のところ、核融合反応は、出てくるエネルギーが大きすぎて、軍事目的以外では利用できないという状況にあります。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございました。
よく分かりました。
そういわれてみれば、テレビで太陽は、中性子を宇宙空間に放出している…なんていうのを見たことがあるような気がします。(記憶が曖昧ですが)

ところで、原子爆弾と水素爆弾とはまた別物なんですね。
広島・長崎に投下されたのは、原子爆弾のほうですよね?
水素爆弾が過去に使われたことがあるのかな?など、
いろいろ疑問が湧いてきました。
また勉強したいと思います。
どうもありがとうございました。m(_ _)m

お礼日時:2001/01/04 18:14

太陽のほとんどは水素で出来ています。


そして、燃えるという表現をしますが、水素と酸素の化学反応で
水が出来ているわけではなく、水素と水素が核融合反応でヘリウ
ムとなって、エネルギーを出しています。“燃えている”という
表現は、原子炉でウラン燃料を核分裂反応させる事を“燃やす”
という事と同じでしょう。

水素と水素がくっ付いてヘリウム(と、本当は中性子)になるだ
けで、なんでエネルギーが出るかというと、最初の水素の原子の
合計の重さより、出来たヘリウム(と、中性子)の重さの方が軽
いのです。その軽くなった分が反応で出てくるエネルギーです。
化学で質量保存の法則というのを聞いた事があると思いますが、
あれも本当は測定不可能なくらい出ていったエネルギー分軽く
なっています。それが、核反応ほどの莫大なエネルギーの放出
の場合は現在の技術でなら測定可能なほど微少の質量が減少し
て、その分のエネルギーが放出されます。

ところで、炭を燃やすと外側から燃えていきますが、太陽は内側
が燃えていて表面はグラグラ煮立っているだけで燃えていません。
酸素との化学反応で燃える炭とはちょうど反対ですね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答いただきましてありがとうございました。
先程、別の方への御礼文に、
「太陽が燃えている」という表現は微妙に間違っている
と書きましたが、
「燃える」という表現 = 「酸化」と考える方が
間違っているのかも知れませんね。
日本語の曖昧さに私はひっかかってしまった様ですね。
辞書で調べてみます。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/01/04 18:36

太陽が燃えるのは、酸素の必要の無い、熱核融合(水素が高温、高圧力で化学変化を起こす時膨大なエネルギーを発生させる)を起こしているからです。


 太陽の水素はあと30億年で使い切るそうで、水素が無くなったら恐らくブラックホールになると言われています。
ちなみに、太陽より高温を発生するのは、最高殺戮兵器の水素爆弾です。
変な例えなのですが、超巨大水素爆弾が自然界で爆発し続けているのです。

参考URL:http://www.fujinon.co.jp/jp/club/husigi15.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答いただきましてありがとうございました。m(_ _)m
太陽が燃える現象は、酸化とは別ものであるという
ことで納得しました。
太陽の温度より殺戮兵器が高い温度を生み出すとは
知りませんでした。
人間ってコワイものを作ってしまったのですね。

太陽が無くなった後のブラックホールにも
ただ単純に好奇心から興味がありますが、
それまで生きてないし、
太陽が無くなったら地球は寒くって
生きていけないですよね。(笑)

どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/01/04 18:02

 実は太陽は燃えていないのです。

太陽の中心核では自重による高温高圧のせいで、水素がヘリウムへと転換する「核融合」が起こっています。このときにエネルギがガンマ線として発生します。このガンマ線が水素原子やヘリウム原子などにぶつかってしだいにエネルギーを失いながら(つまりは水素原子などを高温にし再放出されながら)太陽表面へと向かいます。そして、ついには可視光線となって太陽表面から宇宙空間に出ていくのです。ちなみに、中心から表面まで達するのに実に5千万年もかかるそうです。
 というようなわけで、核融合で光を発しているので酸素は必要ないわけです。

参考URL:http://www.cgh.ed.jp/TNPJP/nineplanets/sol.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答いただきましてありがとうございました。
「太陽は燃えている」という表現は
微妙に間違っているということですね?(笑)

教えて頂いたホームページも面白いですね。
金属が0.1%しかないというところで、
起こっている現象が酸化ではないことも納得です。
(0.1%といってもすごい量なんでしょうけど…)
どうもありがとうございました。m(_ _)m

お礼日時:2001/01/04 18:19

燃えるってのはおっしゃる通り酸素が必要なんです(実際はそうでもない。

中学か高校の化学の実験で塩素ガスの中でロウソクを燃やす実験、ありませんでしたっけか)が、太陽はそういう意味じゃ燃えてる訳じゃないんですね。

太陽の中ではものすごい重力のおかげで、水素原子が2個ぶつかってくっつき合ってヘリウム原子に化ける、という反応が起ってます。これ、核融合といいまして、地球上では水素爆弾としておなじみ(でもないか)の現象です。この現象を核分裂みたいに人間があるていどちゃんと制御できると発電所なんかに使えるんでしょうけど、今のところ爆弾にでもするぐらいしか実用化の道がないんですね。

で、何で水素原子がぶつかると太陽が光るのか。水素原子2個がぶつかってヘリウム原子1個になると、少し軽くなります。で、軽くなった分の重さがどこに消えちゃうかというと、その分は相対性理論(エネルギーは質量と光速の二乗の積に等しいって奴)でもってエネルギーに化ける事が証明されてます。で、この重さが減った分のエネルギーが熱と光になって放出されてると、簡単に言えばそういうことです。

シロートが記憶を叩いて書くとこんな具合ですが(^^;ゞ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答いただきましてありがとうございました。
物質の燃焼に酸素が必ずしも必要というわけではない、
という答えも実はちょっとショックだったのですが、
「おなじみ」水素爆弾を私は知らなかったというのも
かなりショックでした~。
もっと勉強しなくては~。

私、理数系の高校を卒業した
ハズなんだけどなぁ。(笑)

どうもありがとうございました。m(_ _)m

お礼日時:2001/01/04 18:23

太陽は核融合によって成り立っているようです。


(4つの水素原子が1個のヘリウム原子になる)
そのときエネルギーが放出されるようです。
 ちなみにgooで"太陽の構造"で調べました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答いただきましてありがとうございました。
ご指摘の通り、質問する前に先に調べてみるべきでした。
大変失礼いたしました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/01/04 18:25

地球上でものが燃えるのは酸化という化学反応で、可逆的です。


宇宙で太陽が燃えるのは核融合・核分裂という核反応です。可逆的ではなく反応は地球上では自然には起こりません。
つまり燃えるしくみがまったく異なるのです。

この核反応を利用したものが原子力で、太陽のようになかなか燃え尽きる事のないエネルギーなのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきましてありがとうございました。
「可逆的」という言葉をまず調べないと
なりませんが、大筋で理解できました。
私が知っている物質の燃焼が
太陽で起こっているわけではない、
ということですね。

ついうっかり、
私の弟の
「太陽には大気があるのでは?」説や、
友人の
「太陽は光合成をして酸素を産み出している」説
を信じそうになりました。
…素人ってコワイ。(笑)

正しい知識を得ることができたので、
思い切って質問してよかったです。
どうもありがとうございました!

お礼日時:2001/01/04 18:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q変換効率100%の太陽電池の色

変換効率100%の太陽電池が出来たとします。
すると太陽電池の色は何色になるのでしょうか?
りんごは赤色以外の光を吸収し、赤色の光を反射しているから赤色に見えるんですよね。
そうすると変換効率100%の太陽電池はすべての色の光を吸収してしまいます。
反射する色がなくなってしまうのではないでしょうか?
黒になるのでしょうか?
回答お願いします!

Aベストアンサー

答は黒ですが、実は黒く見えないかも知れません。

物は温度によって、光を放射します。室温では、その波長はほとんど赤外線であるため、目に見えませんが、1000度位になれば、赤く光っているのが見えます。

したがって、効率100%の太陽電池であっても、それに温度がある限り、まったくの黒になることはありません。周りの温度を絶対零度近くにして余分な光をなくせば、太陽電池が微かに赤くなっていることが分かるでしょう。

なお、太陽電池とその周りの温度が同じ場合、周りの物からの放射光で発電することはできません。熱力学第二法則です。つまり常温で効率100%の太陽電池は存在しません。

Q酸素があれば物は燃えると習いましたが、酸素がないとされる宇宙の太陽は

燃えています。

酸素があるから燃えているのか

酸素がなくても物は燃えるのですか

Aベストアンサー

太陽のエネルギー源は、水素の原子核がヘリウムの原子核になる反応(核融合反応)で、モノが燃える酸化反応とは異なります。
http://www.s-yamaga.jp/nanimono/uchu/taiyo-04.htm

> 酸素がなくても物は燃えるのですか
・ハイ、燃えます。

モノが燃える事を酸化すると言いますね。

炭素Cに酸素Oが化合すると熱を発生し、二酸化炭素CO2が生成されます。

では、ナゼ熱が発生するのか?

酸素原子は様々な物質と化合します。
その際に相手の原子から電子を奪います。
他の原子から電子一個を酸素原子が奪う際に1.46電子ボルトのエネルギーを放出します。
このエネルギーの放出がメラメラ燃える、発熱する正体です。
そして、地球上で酸素原子は、特に他の原子から電子を奪う(化合する)力が強い原子なのです。
しかも、大量に存在します。

=整理します。=
「酸化とは、原子が、他の原子から電子を奪うとこと。」

酸素原子よりも、他の原子から電子を奪う力の物質は元素周期表の右から2列目の一番上。
http://www.gadgety.net/shin/trivia/ptable/
「フッ素」があります。

フッ素原子の方が酸素原子よりも電子を奪う力が強い原子です。
フッ素と酸素を化合させると、フッ素が酸素原子から電子を奪う、酸素が酸化する怪現象が起こります。
そこら辺の石をフッ素ガスに投げ込むと、そこら辺の石がメラメラ燃え出します。

従って、「酸素が無くてもモノは燃える。」が回答です。

太陽のエネルギー源は、水素の原子核がヘリウムの原子核になる反応(核融合反応)で、モノが燃える酸化反応とは異なります。
http://www.s-yamaga.jp/nanimono/uchu/taiyo-04.htm

> 酸素がなくても物は燃えるのですか
・ハイ、燃えます。

モノが燃える事を酸化すると言いますね。

炭素Cに酸素Oが化合すると熱を発生し、二酸化炭素CO2が生成されます。

では、ナゼ熱が発生するのか?

酸素原子は様々な物質と化合します。
その際に相手の原子から電子を奪います。
他の原子から電子一個を酸...続きを読む

QAmazonの2.3000円くらいまでの偏光グラスで、可視光線透過率低いの(10%くらいの)で、太陽

Amazonの2.3000円くらいまでの偏光グラスで、可視光線透過率低いの(10%くらいの)で、太陽の光真正面から見てもなるだけ眩しくないのはどれになりますか?

また、なるだけ軽量で反射ギラつき映り込みなるだけカットするオススメなのはどれになりますか?

Aベストアンサー

先日バイク用にこれ買ってみましたが、軽さは文句なし。
太陽正対の場合ミラータイプのほうが良いと思います。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01CR3T0T4

品質的にものすごく良いってものでもない(値段見ればわかりますね)ですが、これと言って不満もありません。
釣りには使ったことありませんのでご了承ください。

Q宇宙て酸素ないのにどうして太陽は燃えているの?

宇宙て酸素ないのにどうして太陽は燃えているの?

Aベストアンサー

比喩的に「燃える」とはいいますが (光や熱を出すからか?), 実際に「燃えている」わけではありません. 既に回答はでていますが, 太陽 (を含む主系列星) は核融合反応で光や熱を出しています.

Q家庭用太陽光発電100% 売電できますか?

家庭用太陽光発電で、配線接続を操作して、

質問1.  100%売電することが、できますか?
         
質問2.  上記できるのであれば、補助金とか売電の単価も規定どおり、適用される
       のでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 できません。家庭用の売電は余剰電力のみのものとなっており、全量売電が可能なのは事業用のみです。

 配線をいじってということですが、専門的な知識と電気工事士資格があれば可能ではあると思いますが、もちろんそれは契約違反ですしすぐバレます。屋根に搭載されている太陽電池の容量に吊り合わない量の売電がなされているとわかれば調査が入るでしょうしね。バレたらもちろん契約解除の憂き目に合うでしょうし、補助金などの返還すら求められるかもしれません。

Q太陽は何故燃えてる?

宇宙には空気がないのに
何故太陽は燃えているのですか?

Aベストアンサー

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「核融合反応」
●http://www.asahi-net.or.jp/~rt6k-okn/fusion.htm
(核融合とは)
●http://www.ile.osaka-u.ac.jp/world/icf/fusion.html
(太陽エネルギーと核融合)
●http://spaceboy.nasda.go.jp/note/Taiyo/J/Tai02_j.html
(太陽)

ご参考まで。

参考URL:http://www.expocenter.or.jp/netu-coment.htm

Q皆既日食で90%隠れてるのに90%暗くならないのはなぜでしょうか?

先日の皆既日食、TVの各局でも自分でも空を見たりして拝見しました。そこでTVを見ていて疑問に思ったのですが、90%以上太陽が隠れているのになぜか回りは薄暗くなる程度で、そんなに暗くなりませんでしたよね。

90%隠れたら90%暗くなると考えていたのですが、東京でも75%隠れていたそうですが暗くなりはしたもののそこまでといった感じではありませんでした。

さらにはTVで見ているともうほんわずか、もうほぼ99%(スジ程度しか太陽がない)状態でも回りはそこそこ明るかったです。皆既になる瞬間にどっと暗くなる感じでした。

あの程度の細さの太陽でもそこまで明るさを保てるものでしょうか?
回りの雲などに反射して光線が届いてるとしても理解できないぐらいでした。なにか他に原因があるのでしょうか?

Aベストアンサー

食分:日食の場合、太陽がどれだけ欠けたか、の割合を指します。貴方がまさに90%以上、等々書かれている数字の事です。

>直径方向の比なので、面積比にはなっていない>これがちょっと分かりませんね。

食分は、(同じく日食の場合)太陽の直径の何パーセントまで隠されたか、で表示します。面積の何パーセントが隠されたか、ではありません(し、ましてや視直径の比ではありません(^^))。分かりにくかったですね、ごめんなさい。

食分が50%の場合の例を簡単なイラストにしました。太陽が残っている白い部分が(面積では)50%を超えているのが直ぐお分かりになるかと思います。

Q太陽はどうして燃えているのか

火は酸素のあるところでしか燃えませんが
太陽ってずっと燃えてますよね?

宇宙に酸素ないのにどうしてですか?

燃えてるんではないのでしょうか?

Aベストアンサー

燃えると言うより、核融合しています。
水素のような軽い原子が核融合でだんだん重い原子になります。

Q中国に太陽神がいないのはなぜですか?

他の多くの文化と異なり、中国では太陽や月を神格化して崇拝することはない。その尤もな理由としては、月を陰、太陽を陽とみなす、中国の文化における道教と易経の強い影響力にあると思われる。詳しくは陰陽思想を参照されたい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E7%A5%9E#.E4.B8.AD.E5.9B.BD.E3.81.AE.E7.A5.9E.E8.A9.B1
より引用

そこで陰陽思想のところを読んでみても「なぜ中国に太陽神がいないのか」よくわかりません。

道教には多くの神がいますが
http://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E9%81%93%E6%95%99%E3%81%AE%E7%A5%9E

北極星の神とか、南極老人星の神はいるのに、太陽神はいない理由についての考察をお聞かせいただければありがたいです。
また太陽神がいないということは月の神もいないのでしょうか。

Aベストアンサー

いますよ。
太陽はそのまま太陽星君(太陽公)、月は太陰星君もしくは嫦娥(ジョウガ)というのがいます。

太陽星君についてはなぜだかほとんど道教での伝承が残っていません。
が、陰陽思想が出る前の古代は太陽=王として崇めていた節が見られます。

古代は夏や商など大きな国はあっても完全な統一国家でもなかったですしね。。。

主に太陽を崇めていた農耕部族国家は狩猟部族国家に淘汰され、太陽星君の伝承は消えていったのでしょう。

もしくは炎帝に姿を変えさせられてしまったのかもしれません。
炎帝の「炎」は「火」ではなく「太陽」を現しているのかもしれません。
また炎帝は農耕神神皇の別名であります。

Q大気圏で燃えることについて

大気圏を落下してくると、空気との摩擦で燃えてしまうから、流れ星などができるわけですが、いまいちしっくりいきません。スカイダイビングで落下をすると少しは熱くなるものなのでしょうか?逆に寒そうなんですが・・・。また、ジェット機などの機体は飛行中、同様に熱くなったりするのですか?

Aベストアンサー

 コンコルドの先端は空気との摩擦熱で160度近くまで上がるそうです。
 マッハ2(秒速600メートル以上)でこの温度ですから、地球を集会するために必要な速度が約マッハ20(8000メートル毎秒)であることを考えると、かなりの温度上昇になると思います。たいてい地上につく前に衝撃波で粉々になりますが。
 また、大気圏中の人の自由落下速度が速くても(頭を下にしたとき)100~150メートル毎秒で音速を超えないので、上の二つの例に比べれば、たいしたものではないでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報