今、日曜日で自宅にいますが・・

いろいろ、仕事の事が気になって、これから会社いこうむかと思っています。私は「サザエさん症候群」かも
サザエさん症候群」を御存知ない方は下記を参照して下さい。


http://www2.health.ne.jp/library/0700/w0700070.h …

どうしたら、よいか教えて下さい。

A 回答 (2件)

inochiさん、はじめまして。


「ムッ、これはfugutaとしては回答せねばっ」
などと、勝手に捉えて回答します。
実は、その症状にそんな名前があるなんて知らなかったのですが。

僕も、学生の頃はかなりそれがありました。
勿論、今でも、日勤(交代勤務なんで・・)の前とかはなりますね。
そうなったときは、仕事の事は一切考えないよう割り切って過ごします。

inochiさんの仕事は、家に帰っても考えなければならない仕事でしょうか?
もしそうなら、この方法はまるで役に立たないのですが・・。

もし、暇があるなら、mamasouさんが言うようにするのもいいと、思います。
僕は、本を読むのもひとつの方法かと、思うのですが。
本は、体を動かさないから逆に嫌になってしまうと、思ってしまうかもしれませんが、
頭が結構すっきり、というかのめりこめるものなので、仕事の事を忘れることができると思いますし。
それに寝る前、会社の昼休み、帰ってから、などなど携帯できる趣味ですし。
そして本を買いに、そして売りに行く事だって立派な気分転換かと思います。

土曜、日曜で気分を変えると、仕事についての考えも多少は楽になると、思います。

結局お力添えになってない気がしますが、少しでも参考にしてもらえれば幸いです・・・。

それでは。頑張ってください。

この回答への補足

御回答ありがとうございます。

>inochiさんの仕事は、家に帰っても考えなければならない仕事でしょうか?

うーん、建前的に平日に仕事が終わるはずなのですが・・
平日は朝から版まで・・いろんなところから電話がかかりつづけで・・いろんな資料作成が出来るように鳴るのは午後9時過ぎなので・・

金曜の午後9時過ぎになっても・・いっぱい資料を作成しなければ行けない懸案事項がいろいろ残っています。

でも、金曜日は1週間分の疲れが溜まっているので疲れて・・残したまま帰ってしまいます。

>土曜、日曜で気分を変えると、仕事についての考えも多少は楽になると、思います。

土曜日は多少気分転換にいろいろ出来ますが・

日曜日は残した懸案事項の資料作りをしに会社によく行きますので・・

>僕は、本を読むのもひとつの方法かと、思うのですが。

わたしも本が好きなので・心に余裕が有れば本も読む気がしますが・・ 会社では昼休みも仕事をしていますし、・・

補足日時:2002/03/31 16:08
    • good
    • 0

URL参考になりました。


私も笑点、サザエさんくらいから仕事をしていた時にはとてもブルーな気持ちになってきてどうにもたってもいられない胸騒ぎみたいなのを良く感じていたなぁと思い出しました。
仕事が好きになれれば解消されのでしょうが、探すだけでも大変ですし、しっくり合う仕事と巡りあえる人の方が希ですものね。
私の仕事はとても責任のある仕事でしかも上司がとても仕事上厳しく、本当に毎日がキリキリした緊張状態の中で仕事していました。
今は仕事から離れているので今度は毎日が日曜日の様で曜日感覚のないのも考えものだとは思っていますが男の人や独身の方はそうは言っていられないですものね。
URLの内容に書かれていた事ももっともだと思いますが、趣味といっても忙しい中で自分に合うものを探すのも大変ですよね。
とりあえず体を動かし、身体の緊張をほぐす事からはじめては如何でしょうか?
お花のたくさんある公園とか広い海岸などをジョギングやサイクリングしてみたり。
私は良く海を見に行きました。私は故郷というと海という感じでとても落ち着く場所でした。そういう場所を見つけたり。自分がとてもリラックスできる相手(彼氏、彼女、友人、家族など)を探して一緒にいる時間を休日は持つというだけでも違うかと思います。

この回答への補足

御回答ありがとうございます。

>とりあえず体を動かし、身体の緊張をほぐす事からはじめては如何でしょうか?

私とってサルサダンスはリラックスできて良いのですが・・

私の妻は、私がサルサダンスを妻以外の女性することは浮気だ怒りますので今はサルサダンスをしていないですが・・

詳細は下記参照して下さい。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=244462

補足日時:2002/03/31 13:51
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアスペルガー症候群

アスペルガー症候群の人は強く言われることで折れてしまうことがあるというのは本当ですか?

Aベストアンサー

私自身アスペルガー症候群なので、回答します。

強く言われると折れてしまうことがあるというのは
言われた本人の性格にもよる部分があると思いますので、
一概に相手が折れやすいという理由でアスペルガー症候群である
と言えないので、これを考慮した上で読むようにしてくださいね。

アスペルガー症候群に限らず広汎性発達障害というのは
軸というものがなく、非常にポイントがずれやすいという傾向があります。

また、強気の姿勢を取ることができないです。
仮に強気の姿勢を取ることはできないんことはないんですが、
周囲を見渡す限りでは、普通の人と比較して非常に労力を使っており、
その影響もあり発達障害を抱え込んでる立場からすると、
普通の人が強気の姿勢を取るという行為は非常に簡単にやってのけてる
という印象が強いです。

私は基本的にアスペルガー症候群であることは
周囲に伏せたままで生活しているのですが、
簡単に折れたり、強気の姿勢を全く取らないので
気が弱い性格で、簡単に軸がぶれてしまう人と思われてます。

最後に繰り返しになりますけど、
強く言われることで折れやすいというのは発達障害に限らず、
その人の性格により影響される場合があることは、
忘れないでおいてください。

私自身アスペルガー症候群なので、回答します。

強く言われると折れてしまうことがあるというのは
言われた本人の性格にもよる部分があると思いますので、
一概に相手が折れやすいという理由でアスペルガー症候群である
と言えないので、これを考慮した上で読むようにしてくださいね。

アスペルガー症候群に限らず広汎性発達障害というのは
軸というものがなく、非常にポイントがずれやすいという傾向があります。

また、強気の姿勢を取ることができないです。
仮に強気の姿勢を取ることはできないんことはない...続きを読む

Q代理ミュンヒハウゼン症候群って?

テレビを見ていてニュースで言っていた言葉なんですが
恐らく「代理ミュンヒハウゼン症候群」って言っていたと
思います。国語辞典、新語辞典、外来語辞典など調べてみましたがのってませんでした。
毒物で自分の子供を殺した疑いのある母親のニュースで出てきたと思うのですが・・・・
なぜか気になって、メモしておいた言葉ですので漢字とかは違っているかもしれません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「ミュンヒハウゼン症候群」は、自分で病気や怪我など、いわば自傷行為で他人の同情や関心を引くことによって、自分の充足感を満たす人格障害です。その間に自覚はあってもなぜそういうことをするかという動機や人に関心を持ってもらいたいという欲求への自覚が無い場合が多いです。ドクターショッピングをすることもありますが、仮病とは、動機や欲求の自覚がない分だけ、仮病とは異なり精神障害だといえます。

で、「代理による」とは、自分ではなく他人を病気や怪我に追い込み、献身的にその世話をするという矛盾した行為を行なうもので、病気や怪我をさせた自覚はあるのですが、それがどういう結果を招くか、なぜそういうことをするのかまで考えてはいない、というものです。要は対象が自分ではないため、「代理による」というフレーズがつけられています。

私もかつては心理学専攻でしたが、この病名は事件で初めて聞きました。

詳しいことを調べたいということでしたら、「メルクマニュアル」というページがありますので、検索してみてください。

参考URL:http://merckmanual.banyu.co.jp/cgi-bin/kensaku_frame.cgi

「ミュンヒハウゼン症候群」は、自分で病気や怪我など、いわば自傷行為で他人の同情や関心を引くことによって、自分の充足感を満たす人格障害です。その間に自覚はあってもなぜそういうことをするかという動機や人に関心を持ってもらいたいという欲求への自覚が無い場合が多いです。ドクターショッピングをすることもありますが、仮病とは、動機や欲求の自覚がない分だけ、仮病とは異なり精神障害だといえます。

で、「代理による」とは、自分ではなく他人を病気や怪我に追い込み、献身的にその世話をするとい...続きを読む

Qアスペルガー症候群とADHDの新人

アスペルガー症候群とADHDの新人

会社規模100人程度の会社に勤めています。
今年、新入社員が入ってきましたが一つ一つを丁寧にゆっくり教えてやらないと理解しない。
また一般的には1つ指導すればその解釈を広げて、自分で「こんな感じかな」というように
根幹をつくり成長していくのだと思っていますが
マンツーマンで1から100まですべて指導しないと理解できないのです。
また、独り言が非常に多く、癖も半端なく多く それを一つずつつぶしていくのは
道具を使わず汚水を飲み水に変えるような気の遠くなるような感覚です。

ただし勉強はよく出来ていたようで、入社試験では分からなかったようです。

今後、どのように対処していけばいいのかよく分からなくなっています。
会社ですから本人を「辞めさせる」ことは困難だと思います。

大きな会社ではないですので、こういう1人が全体に大きな負担になっています。

現在私も2ヶ月ずっと二人っきりですので気が病みそうです。
彼の状況は皆に知られていますので誰も引き取ってくれません。(違う部署など)

この先、ずっと何年も彼と一緒にされると本当に「うつ」になりそうです。

何かよい方法ありませんか?

指導方法でも、彼から離れる方法でもなんでも結構です。

契約企業に入り込んで仕事をしているのですが
その会社の方からも「使えない彼をどうするんだ?」という声が多く
努力してきた私や同僚社員も信頼を失いつつあります。

会社は雇用しておいて無責任かも知れませんが
本人もその症状に自覚がありますので、そのことを伝えなかったのかと思います。

アスペルガー症候群とADHDの新人

会社規模100人程度の会社に勤めています。
今年、新入社員が入ってきましたが一つ一つを丁寧にゆっくり教えてやらないと理解しない。
また一般的には1つ指導すればその解釈を広げて、自分で「こんな感じかな」というように
根幹をつくり成長していくのだと思っていますが
マンツーマンで1から100まですべて指導しないと理解できないのです。
また、独り言が非常に多く、癖も半端なく多く それを一つずつつぶしていくのは
道具を使わず汚水を飲み水に変えるような気の遠くな...続きを読む

Aベストアンサー

質問者様の苦労、ご察しします。わからないことだらけの中、2か月もよく指導されたと思います。

しかし、このことはアスペルガーの新入社員の方にも言えることだと思います。「1つのことから解釈を広げるということができない障害をお持ちのあなたが、この環境でよく2カ月頑張ったと思います。」と。

ここから先は少し質問者様に対して回答にならず、辛口となってしまうかもしれません。気分を害されたら申し訳ありません。無視していただいて構いません。

アスペルガーという障害を、すべて理解してほしいとは言いません。でも、少し知っていてほしいのです。アスペルガーの方には基本的に知的な障害はありません。むしろ勉強はできると言えます。ただ、コミュニケーションや興味・関心について特異な部分が多いのです。

「1つ指導すればその解釈を広げて、自分で「こんな感じかなというように根幹をつくり成長していく」
「マンツーマンで1から100まですべて指導しないと理解できない」
「独り言が非常に多く、癖も半端なく多い」

これらはすべてアスペルガーの典型的な障害です。本人のせいではありません。あなたの教え方が悪いのでもありません。誰のせいでもありません。発症の原因はいろいろ研究されていますが、これです、という決定的なものはありません。

むしろ、会社だからこそ何らかの理由をつけて解雇することはできるかもしれません。でも、それでは何の解決にもなりませんし、アスペルガーの人の未来をつぶしてしまうことにもつながります。質問者様や会社の方に悪意はなくても、そう受け取られてしまうのです。

自覚症状のある本人も、きちんと会社に伝えなかったことはいけないと思います。しかし、もし伝えていたらいくら入社試験の結果が良くても会社は彼を採用したか?それを考えて新入社員の方も(周りが止めたのかもしれません)言わなかったのかもしれません。

アスペルガーの方は、自分の興味関心のないものに対してはまったくできませんが、少しでも関心があればとことんつきつめます。2カ月一緒にいて、思い当たることはありませんか?この部分だけはできる、みたいな。そこから道は開けてくるかもしれません。

また、指導される時にはめんどうだと思いますが、1つ1つ具体的に説明してあげてください。彼らに冗談や比喩表現は通じず、言葉通りに受け取ってしまいがちです。例えば「雷に打たれたような衝撃」と言うと「雷に打たれたら体に電気が走り・・生きていないか体に障害が残ります。病院に行きましょう」など真面目な顔で言われてしまいます。
間違っていることに対しても、「これは違う」とただ否定するよりも「これはこうした方が良い」と具体例をあげて説明すると良いです。ただ、いちいちやっていくのは大変ですよね。ご自分のお仕事もあるし。

今の部署がどのようなお仕事をされているかわかりませんが、解釈を広げることを求められる部署ならば、きっと合ってないと思います。事務的というか、1人で黙々とやる仕事やプログラマーのような仕事など、彼に合う仕事が見つかれば、会社にとってかなりのプラスとなると思うのですが。アスペルガーの特性を生かして、と部署替えはできませんか。お荷物だと思わずに。

ちなみに、アインシュタインがアスペルガーだったのでは?という話は有名ですが聞いたことはありませんか?診断を受けているわけではないのであくまで憶測の領域を出ませんが、紙一重だということです。

質問者様の苦労、ご察しします。わからないことだらけの中、2か月もよく指導されたと思います。

しかし、このことはアスペルガーの新入社員の方にも言えることだと思います。「1つのことから解釈を広げるということができない障害をお持ちのあなたが、この環境でよく2カ月頑張ったと思います。」と。

ここから先は少し質問者様に対して回答にならず、辛口となってしまうかもしれません。気分を害されたら申し訳ありません。無視していただいて構いません。

アスペルガーという障害を、すべて理解してほしい...続きを読む

Qアイデンティティ拡散症候群という、

アイデンティティ拡散症候群という、
青年期にアイデンティティの確立に失敗すると起きる特徴的な障害について、

(1) 人生の目標や計画を主体的に形成できない
(2) 時間感覚が希薄になり、重要な決定を先延ばししてしまう
(3) 何事も可能であるような気がするが、何事も可能性のまま終わってしまう
(4) 特定の集団やグループに属して自分の役割を果たせない
(5) 職業選択や結婚など人生の重大事に際して自己決定ができない

などがあるようですが、どれも身震いしてしまうような内容です。

そこで質問です。
I.
(2)の時間感覚が希薄になり、というのはどういう意味でしょうか。
具体的な例を持って教えてください。

II.
以上のようにアイデンティティの確立に失敗してしまった人はその後どのような人生を歩むのでしょうか。一概には言えないと思いますが、これも例で示して下さいますと助かります。

III.
青年期にアイデンティティの確立に失敗した人が、その後の人生でアイデンティティの確立に成功することはありますか?その際、どのようなことを心懸けたら上手くいくのでしょうか。

(自分がアイデンティティの確立に失敗してしまったような気がするので質問させていただきました。)

アイデンティティ拡散症候群という、
青年期にアイデンティティの確立に失敗すると起きる特徴的な障害について、

(1) 人生の目標や計画を主体的に形成できない
(2) 時間感覚が希薄になり、重要な決定を先延ばししてしまう
(3) 何事も可能であるような気がするが、何事も可能性のまま終わってしまう
(4) 特定の集団やグループに属して自分の役割を果たせない
(5) 職業選択や結婚など人生の重大事に際して自己決定ができない

などがあるようですが、どれも身震いしてしまうような内容です。

そこで質問です...続きを読む

Aベストアンサー

この事は、宗教と密接に関係しています。その前に人間の心と、脳の関係を書いて見ますので、参考になれば幸いです。

人間の心(意識)は簡単に言うならば、二つ在ります。一つは感情を感じる側の意識『自我意識』です。もう一つは感情を湧かせる者としている働いている意識です。この事を明快に論文として実験結果を、世界に発表した人が過去に存在しています。そうしてノーベル賞まで貰った人ですので、その実績をまとめたものを、参考までに載せておきます。

”ロジャースペリー 分離脳
ノーベル賞受賞者
受賞年:1981年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:大脳半球の機能分化に関する研究


ノーベル賞の受賞理由となった業績として分離脳研究がある。てんかん治療の目的で半球間の信号伝達を行っている脳梁を切断した患者に、片方の脳半球に依存することが知られている作業を行ってもらい、二つの脳半球が『それぞれ独立した意識』を持っていることを実証した。”

この左右の脳に『それぞれ独立した意識』を持っていることを実証した。』と云う事に注目して下さい。今から29年も前の研究ですが、この事がアイデンティティの確立に関係しています。

人間には二つの意識が在りながら、一つしか意識が無いと思っています。この事と、宗教と、精神疾患や、心を病むと云う事が関係しています。

今の時代は『心が苦しくなった時』精神科医の元を訪れています。精神科医が存在しない時代には、宗教家の元を訪れていた筈です。

心が苦しくなる事には様々な症状が在りますが、その根本原因は同じです。その根本原因を書いて見ます。

始めに結論を書いて、それから、説明していきたいと思います。左脳の機能は『言葉』で出来ています。この言葉を持った時から人間の苦しみが始まったと言っても過言ではありません。何故ならば『右脳の意識』は言葉を持っていないからです。それでも毎日左右の脳は脳梁を通して絶えず情報交換をしているからです。

言葉で言い表せる事には限界が在ります、言葉は自らの力で限界を作って、その言葉で考える事によって、或いは言葉そのもの力で自ずから有限の世界に閉じこもってしまうからです。左脳の機能は物事を分別して考える機能から成り立っているからです。

従って左脳の機能から言うならば、有限の世界の中で、閉じ込められたと云う感覚になってしまいがちと言う意味になります。

処が右脳の機能は、割切れないもので出来ています。割切れないものを、『無限』と言っています。無限で出来ている事とは、言葉を変えたなら、『永遠』で出来ていると云う事になります。人間の苦しみとは、有限と、永遠とのせめぎ合いという事になります。この事から二元論が始まって、終わる事の無い様に見える『心の戦い』が始まっています。

この有限と永遠の戦いに終結をもたらすものが、宗教の力と云う事で、過去から今まで、宗教文化の発展として人類は後押しをしてきました。此処に宗教の存在価値が存在する訳です。その事はさて、置きまして、もう文字の制限がありますにので、簡単に書いておきます。

右脳の(意識)の機能を書いて見ます。赤ん坊が生まれた瞬間から命を働かせて生きています。この命そのものを働かせる機能です。呼吸でも、ホルモンの調節でも、心臓の速さでも、腸の働きでも、命を守って働かせる機能全部を受け持っています。

そうして更に、心も働かせています。赤ん坊は教えられなくとも既に、『安心も不安も恐怖と言うものも』既に知っています。この機能を司っている者が、右脳の意識という事になります。ですがこの者の存在は分らない様に仕組まれているようです。

何故ならば、その者は『無意識の中に』封印された形で存在しているからです。人間(自我意識)が思わない時に働いている者です。

その一端を書いてみます。スピードを出しすぎた時に『言葉に拠らない情報で教えます。』高い所に上がった時もです、鋭い刃物を見た時にもです、余りにも咄嗟の時は、自我意識では間に合わないと云う判断をして『自我意識』は思わないにも拘らず、体まで操作しています。『思わずに体が動く時』の事です。体自身が反応する時です。

精神疾患や、神経症や、自律神経失調症や、心身症等、検査をしても何処も悪くないにも拘らず、不調を訴える場合、今云った二つの意識が争っている場合です。深い悩みに苦しむ場合にも云えます。原因が分らないと思っていますが、簡単な原理からです。『心の矛盾』を生き難さとして受け取っています。

ですから、これ等の問題を解決する事は、人間の心の成り立ちが分ってしまうなら、簡単なことと云えます。どうするのかと云うと、自我意識の機能には出来ない事を了解するだけです。

脳の機能から云って出来ないとは、無意識に任せる事です。

この事は、宗教と密接に関係しています。その前に人間の心と、脳の関係を書いて見ますので、参考になれば幸いです。

人間の心(意識)は簡単に言うならば、二つ在ります。一つは感情を感じる側の意識『自我意識』です。もう一つは感情を湧かせる者としている働いている意識です。この事を明快に論文として実験結果を、世界に発表した人が過去に存在しています。そうしてノーベル賞まで貰った人ですので、その実績をまとめたものを、参考までに載せておきます。

”ロジャースペリー 分離脳
ノーベル賞受賞者
受賞...続きを読む

QADHD・アスペルガー症候群について

ADHD・アスペルガー症候群の特徴の1つに「正直さ」が挙げられていますが、
例えばつまらなくて眠たくなった場合、
一緒に居る人の前で誤魔化さずあくびを連発してしまいますか?

Aベストアンサー

[お礼に書いてある事へ一つ」、つまらない方するあくびと、ねむたくてするあくびの区別がひつようか、と言う趣旨の質問かと思いますが、見た目にはどちらもあくびは、あくびです。

要は、「あくびを大きな口を開けて指定よい場所か・場面か」の判断をする癖をつけることです。

ADHDのかたは、思い立ったら直球でなげてしまう、ということろがありますね。
そこをちょっと待て、今は直球か、投げないのがよいか、カーブがよいか、と「末」癖をつけると、だんだんと「今はあくびをしてもよい」「今はだめ」とわかってくると思います。

ご存じかどうかわかりませんが、有名なマンガ「ワンピース」の主人公ルフイは、人を見れば、「割れ頭」とか、でかっぱな、とか相手が傷つくような外形の特徴を「ドーン」と指摘します。また、知らない人の店にも、「おじゃまします」とどんどん入っていき、そこが危険かどうかも考えずに中に入っていくので仲間達がおいおい、とあわてます。言い方を変えれば無頓着、天然キャラ・それが仲間思いで強いから愛されるのでしょうが、現実の世界では、困った君になりますよね。

そこまでは行かなくても、AQDHDやアスペルガーのかたに、私もずいぶんどっきりさせられてきましたから、怒りっぽい人や、事情を知らない人だったら、けんかになるようなこともたくさんありました。

そこで思うのは、人にきくことは恥ずかしくないから、職場で、仲の良い人に事情を話して、自分が判断にまよったら、「どうしたらよい」と聞くことがよい人間関係を保つ秘訣ですね。
今盛んにおkなわれているSSTというのはそれですから。

基本的マナーは、よく覚えておきましょう。そして、更にその場のローカルマナーも徐々にね。がんばれ。

[お礼に書いてある事へ一つ」、つまらない方するあくびと、ねむたくてするあくびの区別がひつようか、と言う趣旨の質問かと思いますが、見た目にはどちらもあくびは、あくびです。

要は、「あくびを大きな口を開けて指定よい場所か・場面か」の判断をする癖をつけることです。

ADHDのかたは、思い立ったら直球でなげてしまう、ということろがありますね。
そこをちょっと待て、今は直球か、投げないのがよいか、カーブがよいか、と「末」癖をつけると、だんだんと「今はあくびをしてもよい」「今はだめ」とわか...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報