テレビCMでオール電化を薦めていますが、そうなると
夏場のピーク時などに、困るんじゃないかなと思いますが、また、たくさんの原発が必要になるのではと思いますが、今電気は余っているのでしょうか?
深夜電力を使おうという理由であれば、納得は出来ますが。

A 回答 (3件)

一般の家庭がオール電化にした場合のメリットは、他の方が書いたとおりだと思います。


電力会社がオール電化を薦めるのは、単純に需要の増大を
図っていることと思います。
ただし、深夜電力の需要を増やすのも目的の一つです。
オール電化にしてもらって、第2深夜電力などの契約もして貰うわけです。
深夜電力は昼間の半分程度しか使われておらず、発電設備も遊んでいるわけです。
発電設備を動かしたり止めたりもコストがかかりますし、
昼間のピークに合わせて設備を保持していかなければならないのは、設備投資や保守などのコストも掛かるわけで
これが、電気料金の決定にかかわってくるわけですから
バカに出来ません。
もし、昼間ピークが深夜に移動できれば、新たに設備を
創る必要がなく、ものすごいコストダウンにつながるわけです。ただし、設備のメーカーは困ってしまいますが・・・
昼間のピークを移動できれば、電気料金も下げることが
出来ることになります。
オール電化にして、深夜電力を使用する機器にして貰えれば、と長い目で見ながら推奨していると思います。
    • good
    • 0

  一つは、ガスに対抗する為です。

お風呂やガスコンロなど、ガスを使用している所が多いので、オール電化になれば、ガス会社に入っていたお金が関西電力に入ります。他には、現在、大口の収入源が不景気の影響で倒産したり、電気の使用量を絞ったりして収入が減っています。
 また、大口の電気は自由競争で、電力会社以外の会社から購入できるようになったので、小口(一般家庭)は対象外なので、頑張っています。
 電気は余っているのかというと、電気をつくる施設は余っています。今は電気代を安くする為に原子力発電所を中心に大型の火力発電所を起動して、小型の火力発電所は動いてません。昼間のピーク時には、揚水水力発電所(深夜電力)を起動しています。
 実際には余剰電力を必ず持っておかないといけないので、5%~10%くらいは常にあまっているはずです!
 又、先ほど説明した大口の電気の収入が減っている分電気も余っているはずです。
 他の方の回答にもありましたが、一般家庭の昼間の電気の使用量はたかが知れているので、そんなに心配は無いと思います。(近頃は皆さん節電の意識が進んできてると思います)深夜電力や夜、会社など大口の電気の使用量の減った時間の余っている電気を家庭で使用してもらったほうが効率が良くなり、関西電力としては大助かりというわけです。その他の効果としては、原子力発電所中心としているので、無駄な石油を使用しなくて良いとか、揚水発電所使用して地球に優しいとかあります。
 電気が足りないから原子力発電所を作るという発想は無いと思います。作るとしたら、地球に優しい(二酸化炭素を出さないとか、石油が値上がりしていくので、安いとか)とかが理由になると思います。
 実際には今燃料電池(水素による発電)が実用化に向けて進んでいるので、電気の需要は増えても、供給の方は多様化していき、何とか追いついていくと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとう御座いました。
今は結構余っているんですね。
使っても使わなくても、発電コストが変わらなければ、
値下げや、時間帯別料金制(温水器以外の一般供給で)などがあれば助かりますね。
個人的には、マイクロガスタービンG+コージェネが早く安価、低騒音で普及して欲しいと思います。
工場も家庭も自前の設備で、送電ロスや事故を考えると、分散型電源はメリットが有りそうな気がしています。
電気よりもガスの方が、パワーがありますね。

お礼日時:2001/01/08 02:16

オール電化のウリは,


・ミセスが嬉しい省家事住宅
・火を使わない安心住宅
・家計にやさしい経済住宅
・地球にやさしい環境共生住宅
ということだそうです.

>夏場のピーク時などに、困るんじゃないかなと
オール電化の家では夏場の昼間はそんなに(エアコン以外の)電気は使わないと思います.主に使いそうなのは朝食の準備,夕食の準備,夜,深夜(温水器)で,ピークカット云々というよりは,朝夕深夜の余剰電力をうまく使ってもらって,電気料金をたくさん払っていただきましょう・・・という営業活動のように見えるのですが... :-)

発電送電施設などはピーク時に合わせて作られていますので,その規格を越えるといろいろと不都合が発生します.そこで夏のピークカットとか,工場などの大口需要家に対してデマンド管理をしていますが,それ以外の特に深夜とかでは発電送電施設には余裕が出てきます.その時に電気をたくさん使ってもらえば,電力会社としてもうれしいんではないでしょうか・・・
#地球にやさしい,という点ではちょっと違うような気がします. :-P
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとう御座いました。
一般家庭の消費はピークには問題ないんですね。

お礼日時:2001/01/06 02:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオール電化の住宅ローンって一見ものすごく条件いいのですが、本当はどうですか?

関西電力とみずほ銀行がタイアップしている
オール電化の「はぴeホームローン」という
住宅ローンをご存知でしょうか?
当初3ヶ月金利0、そのあとはずっと店頭金利より
1パー減、当初6ヶ月保証料無料といった感じの
ローンです。
まだ住宅ローンについて調べ始めたばかりなので、
この一見ものすごくお得な住宅ローンの思わぬ落とし穴というのを発見できません。
このローンについて詳しい人や実際組んだ人がいたら
一見ものすごくお得なこのローンの実際の感想について
教えてください

http://www5.nkansai.ne.jp/com/k-kashio/alldenka.htm

Aベストアンサー

変動金利から-1%と記載されているのですが、
固定金利の場合はどうなのか確認した方がよいと
思います。

6ヶ月間、元金据え置きというのが、支払いが
元金返済に充てられないという意味ならば、
かなり損ではないでしょうか。
元金が減らなければ利息はかかりますし、
利息には利子がつかないので、利息の前払いは
得にはなりません。
3ヶ月間金利がゼロといっても、あとの3ヶ月で
パーになるのでは?

Qオール電化のブレーカーについて

まったくの文系人間なので、電気系統の説明が幼稚になって
いたらお許し下さい。

我が家は2年前に新築したオール電化の一戸建てです。
3階建てですが、現在60Aのブレーカーです。これは私も
主人も文系なのでまったく気にしていなかった部分で、
ハウスメーカーとの間で打合せも何もなく、デフォルトで
付けられてました。

ところがいざ生活してみると、暑い日や寒い日にエアコンを
2台使用するとよく落ちるんですね。エアコンだけだと大丈夫
なのですが、他にもテレビを見たりパソコンをしたり洗濯機や
食洗機を回したりしながら料理を作る・・・となると一発です。

先日アンペアを上げようと思ったのですが、100Aまで
だったらブレーカーを交換するだけでできるが、それ以上
だと壁紙を剥がしたりしての大掛かりな配線工事が必要に
なる、と言われました。

そこで詳しい方にアドバイスをお願いしたく・・・。

・3LDKの一戸建て
・10帖以上用の比較的大型なエアコンが3台ありよく使用
  するのはそのうちの2台。
・大型プラズマテレビをCATVを通して使用。他にDVD機
  も多用。
・海外製の大型洗濯機。
・ビルトインの大型食洗機。
・460Lの大型冷蔵庫。
・ノートパソコン、小型プリンター、電話&ファックス
・電子レンジ。

毎日使用するのは以上です。料理をする時はヒーターを二つ
一度に使っています。

こんな家庭で80~100Aで十分でしょうか?どうにも電力の
計算がちんぷんかんぷんなので・・・。宜しくお願いします。

まったくの文系人間なので、電気系統の説明が幼稚になって
いたらお許し下さい。

我が家は2年前に新築したオール電化の一戸建てです。
3階建てですが、現在60Aのブレーカーです。これは私も
主人も文系なのでまったく気にしていなかった部分で、
ハウスメーカーとの間で打合せも何もなく、デフォルトで
付けられてました。

ところがいざ生活してみると、暑い日や寒い日にエアコンを
2台使用するとよく落ちるんですね。エアコンだけだと大丈夫
なのですが、他にもテレビを見たりパソコンをしたり...続きを読む

Aベストアンサー

No.3です。

>ブレーカーは東京電力の名前が入ったものです。ブレーカーは一つしかなく、単3用Sブレーカーと書いてあります。これが60A…

北海道、東北、東京、北陸、中部、九州管内の場合、やはり 60Aまでしか使えません。
他の回答者のように 120Aまで使えるというのは、関西、中国、四国、沖縄管内の話で、この場合は電力会社名の入ったブレーカではありません。

>クッキングヒーターは4800W、給湯はエコキュートです…

クッキングヒーターは 200Vですが、北海道、東京ほか 4社で言う契約電流は 100V換算ですから、48A 流れると解釈します。
60A - 48A = 12A
ですから、お料理時間帯は 12Aしか余裕がなく、照明やテレビぐらいしか使えません。
元ブレーカが落ちて当然です。
もともとの設計が悪かったのです。

>契約種別は電化上手です…

6kVA (60A) の次は、10kVA (100A) まで基本料金が一緒です。
10kVAというのは、
【電力会社名ではないブレーカで 50A】
です。
私の先の回答で、
【(2) ・・・・電力会社の名前が入ったブレーカが付いているなら、そのとなり (or下) にあるブレーカは、何アンペア・・・】
とお聞きしましたが、となりが 50Aであれば、電力会社のブレーカを取り去るだけで、10kVA (100A) の契約に代わります。
となりが 60Aとか 75Aとかであれば、50A に取り替えてください。

お書きの設備内容では、10kVA (100A) あればじゅうぶんです。
壁を取り壊して電線を入れ替える必要などはありません。

>これだと60Aより上げると基本料金が最大まで上げても同じなので…

そんなことはないですよ。
10kVA (100A) を超えれば 1kVA (10A) 毎に基本料金が増えていき、最大 50kVA (500A) まで契約できます。
http://www.tepco.co.jp/e-rates/custom/gokatei/denka/index-j.html

>最初は「じゃ、最大にあげちゃえ!」と短絡的に考えてた…

最大は論外としても、他の回答者が言われる
【100Aのブレーカ】
も必要ありません。
ブレーカは 50Aで、10kVA (100A) の契約になります。
100Aのブレーカなら、20kVA (200A) の契約になり、これでは基本料金がもったいないですし、壁を壊して電線の入れ替えが必要になります。

電力会社の違う方の回答を、鵜呑みにしないようご注意下さい。

No.3です。

>ブレーカーは東京電力の名前が入ったものです。ブレーカーは一つしかなく、単3用Sブレーカーと書いてあります。これが60A…

北海道、東北、東京、北陸、中部、九州管内の場合、やはり 60Aまでしか使えません。
他の回答者のように 120Aまで使えるというのは、関西、中国、四国、沖縄管内の話で、この場合は電力会社名の入ったブレーカではありません。

>クッキングヒーターは4800W、給湯はエコキュートです…

クッキングヒーターは 200Vですが、北海道、東京ほか 4社で言う契...続きを読む

Qオール電化

私はよくテレビのCMなどでオール電化というものを聞きますが、実際オール電化とはどんなものかということを知らず、東京電力のホームページで調べたんですが、オール電化自体のことは詳しくは書いてなく、なぜオール電化というものがいいのか分かりません。ホームページには、電気で全てのエネルギーをまかなうというようなことが書いてありましたが、これが、何故いいのかというのも分かりませんでしたし、実際ホームページは宣伝しかないので全くオール電化のよしあしが分かりません。そんなわけなので、オール電化とはどういうものなのか、何故今、これがいいのか、また、オール電化のよしあしや現状などが知りたいので教えてください。

Aベストアンサー

#2の追記
私のような素人には電気をいっぱい使う=環境にわるいといういめーじがあって、どうしてもいいものとは思えないんですがどうなんでしょか
● 家庭で使われるエネルギーの最大は 風呂への給湯です。

● オール電化はこの給湯を夜間に効率の良いエコキュートで沸かします。
● エコキュートはエアコンと同じ方式で外気の熱を圧縮し、沸かす為、沸かすエネルギーに1/3程度の消費電力となります。

● 電力会社の発電に使われるエネルギーは全国年間平均で30~35%が原子力で電力会社により50%を超える会社もあります。
●然し、夜間は電力の使用が少なく、大部分が原子力発電となります。

● 夜間の電力で沸かす湯の大部分は原子力であり、炭酸ガスの放出が少なく環境に優しいと言えます。

まとめ オール電化は夜間電力で湯を沸かし貯めておき使います、夜間電力は原子力が主体で炭酸ガスの発生が抑制されています。

Q電力の規制緩和とオール電化の関係性について

電力小売の自由化と『オール電化』ってどんな関係があるんでしょうか?
今、現在電力小売の自由化によって生まれた新サービスについて調べているのですが、なかなかキッチリとした関係性が見出せません。
電力小売の自由化により低価格にサービスできるってことがわかったのですが、そのほかにも何かあるのでしょうか?

まだ勉強し始めなもので、的外れな質問でしたらすみませんっ

Aベストアンサー

二年くらい前のNHKの番組の記憶と、電気会社に勤めている友人との雑談から文章を作成しているので、現状の裏は取ってくださいね。

電気を売っているのは「商社」だったりします。
広島の魚市場の電力を九州電力から買ってきて売る。って構図。
九州電力は原子力比率が高いのに対して、中国電力は低いので、電気の生産コストが違っていました。

送電線会社と分社化してないので、送電コストが不明確だなんて事を聞いた覚えがある。

新規顧客の獲得は、一軒の家に営業するのも、一つの工場に営業するのも、そんなに変わらない、まぁいいところ一桁くらいし変わらないんじゃないかな。とすると、まとまってくれないと営業しづらいんですよ。

電話の自由化が参考になると思います。
電話回線だけの営業ですと、当時、20年近く前ですが家庭に電話はかかってこなかった、営業の。電話機が自動的に安い電話にしますなんていう LCR機能付きの電話機を売る(電話機販売店に客が来る)という販売方式でした。
今、光通信にしませんか?なんていう営業電話がかかってきますよね。
あれは、電話だと月額で千円・二千円くらいの売上にしかならないけど、電話+光通信ネット+光通信でコンテンツ販売という感じで、顧客単価が大きくなるので、個人に電話してまで営業するコスト効率で見合うようになったからなんです。
この意味で売電単価が小さいと営業しづらいって事になります。

送電コストが送電会社分離により、明快になるそして、電気の顧客単価が大きくなれば、営業しやすくなると言うことです。

って事でカテゴリー的にはマーケティング的な範疇の問題です。

二年くらい前のNHKの番組の記憶と、電気会社に勤めている友人との雑談から文章を作成しているので、現状の裏は取ってくださいね。

電気を売っているのは「商社」だったりします。
広島の魚市場の電力を九州電力から買ってきて売る。って構図。
九州電力は原子力比率が高いのに対して、中国電力は低いので、電気の生産コストが違っていました。

送電線会社と分社化してないので、送電コストが不明確だなんて事を聞いた覚えがある。

新規顧客の獲得は、一軒の家に営業するのも、一つの工場に営業するのも...続きを読む

Qオール電化って電気代はどうですか?

新しい借り家はオール電化を入っている家です。
キチンはガスですけど、あとは全部オール電化ですね、オール電化って使ったことがないので、ちょっと不安です
オール電化って電気代は高くなるでしょうか?メリットとデメリットは何ですか?
どちらが知っている方がいますか?
教えてお願いします。

Aベストアンサー

>オール電化って電気代はどうですか?
オール電化って電気代は高くなるでしょうか?

家計(中でも光熱費)を全て電気にする事です。
従って、電気代は通常アップしますが、同じような生活をした場合の電気代に加えガス代や灯油代を足した場合に比べては給湯や空調(冷暖房)で時間帯別料金制度(深夜料金)やマイコン割引制度、エネルギー消費係数[省エネ度)が高い機器を使用しますと効率的・経済的・快適な暮らしが実現します。



>メリットとデメリットは何ですか?

3つのポイントがあります。
(1)オール電化(冷暖房・給湯・厨房)にされるのかどうか?
(2)ランニングコストの燃費比較に加え、設備費のイニシャルコストも含めたトータルコストでの判断
(3)燃費・設備費・設置スペース・操作性・安全安心・メンテナンス・商品寿命のプライオリティ

家庭のエネルギー源は究極は電気に収斂していくと思います。
それは、安全・安心・操作性・技術開発・メーカー数・温暖化対策の面からの優位性です。
そのオール電化のサービス内容は、全国10電力会社別に異なりますので、正確には、お住まいの地域、現在の光熱費、オール電化以降後の生活パターン(電気製品の使用時間や設定モード)によって、個別ケース(家庭の契約内容)で、他熱源との燃費の比較は変化します。

また、オール電化の適用は家庭内の熱源を全て電気系統にする事を条件にしておりますので、ガス(閉栓する)&石油機器も原則不使用となると思いますので、厨房&暖房等の志向・使用方法も判断材料です。

簡単に言えば、オール電化は燃費(家計では光熱費)の大半を占めるエコキュート(給湯器)が経済メリットのポイントであり、各電化製品の使い方と使用時間帯(深夜と昼間の使用頻度)で節減ギャップ(光熱費の差・節約金額)が出て来ます。

少し、専門的な用語や要素も出て来ますので、機器の構造やヒートポンプの原理等は省き説明します。
詳細は最寄の電力会社のホームページ又は営業部サービス課等(領収書に記載の連絡先)に確認・相談される事をお薦めします。

前提
◇家庭内の光熱費は一般的には、
給湯関連 :40%
冷暖房  :20%(エアコン台数と使用時間、省エネ性能で変化)
冷蔵庫  :20%
調理・厨房:10%
その他家電品及び照明・待機電力:10%

◇オール電化(時間帯別電気料金制度)・・・我が家の場合(関西電力)
※KWhあたりの料金単価(1KWを1時間使用)

ナイトタイム:約7円  →夜11時から翌朝7時
リビングタイム:約17円→朝夕のナイトタイムとデイタイム除く時間
デイタイム :約23円 →当日の10時から午後5時まで
その他に、マイコン割引・季節調整・深深夜割引料金等のサービスあり

◇経済性の目安
オール電化移行前の光熱費=電気・ガス・石油の年間合計額
以降後の光熱=年間電気代
∴移行前の光熱費-以降後の電気代=プラスorマイナスで評価

そこに、オール電化に移行する際の機器の購入費や設置費用(償却年数は暫定10年位として)判断される。
従って、オール電化による安全・安心・操作性や、ガス&石油の燃料補給(保管)の手間は除外してのランニングコストの変化、節減メリットは上記の算式で試算は出来ます。

結論的に申し上げると、オール電化は時間帯別料金制度の利用と光熱費に占めるウエートの高い給湯(エコキュートまたは深夜電力温水器)の利用、なるべく消費電力の大きい機器(エアコンや洗濯乾燥機・食器洗い機)は夜間(深夜割引料金)に利用する等の工夫で、より大きな節減メリットが出ます。

例えば、洗濯や食器洗い、蓄熱暖房等の使用時間を深夜時間帯にシフトしたりタイマー運転の設定や利用をすると同じ仕事量で電気代には大きな差が生まれるのです。
光熱費(熱効率、深夜料金制度の優遇策を利用)の観点からは、石油・ガスは徐々に高騰の傾向にあり、しかもオイルタンクやボイラーのスペース、LPGボンベそれに火災予防上の空間が不可欠です。
また、火災の心配や燃料供給の煩わしさ(外部タンクへの充填)も給湯器だけの為なら億劫な事です。

オール電化&エコキュートにする最大のメリットは燃費の良さ(省エネ志向)と安全性・操作性・エコライフ(環境への優しさ)です。
蛇口を捻れば、いつでもタップリのクリーンなお湯のあるホットライフは快適・便利です。
オール電化にすれば、暖房や調理(IH調理器・食洗機・炊飯器他)も含めて、一層の効果があります。
ただし、初期費用(機器プラス工事代-助成金)が高い事と設置スペースが大きい点のデメリットもあります。

同じ電気熱源でも、エコキュートは単純な電気ヒーター通電と違いヒートポンプ(空気熱回収)技術で効率(エネルギー消費効率:COP)が約3~4倍高く、その消費電力当たりの電気代(kwh)が深夜時間帯料金(昼間料金の約1/3)ですから、石油やガスと比べても燃費(ランニングコスト:円)は1/4~1/6以下になります。
※実際には、追い炊き機能の利用や残湯の保温性能、運転停止機能の活用状況で節約度合いは変化

ご参考URL
hhttp://nc-copo.co.jp/f-alldenka.htm


結論:
オール電化は経済性・使用性・安全性に於いて優れている。
我が家の切り替え前との比較では電気代+ガス代+石油(灯油)代に比べ、約30%超の低減が出来ていました。
デメリットは、初期投資費用ですが、エコキュートの補助金や2~3ン円文の光熱費節約分を充当したと考えると、それ以降は大きくお釣りが来て、地球環境&家計にも優しいエコで快適な生活が実現すると思います。

>オール電化って電気代はどうですか?
オール電化って電気代は高くなるでしょうか?

家計(中でも光熱費)を全て電気にする事です。
従って、電気代は通常アップしますが、同じような生活をした場合の電気代に加えガス代や灯油代を足した場合に比べては給湯や空調(冷暖房)で時間帯別料金制度(深夜料金)やマイコン割引制度、エネルギー消費係数[省エネ度)が高い機器を使用しますと効率的・経済的・快適な暮らしが実現します。



>メリットとデメリットは何ですか?

3つのポイントがあります。
(1)オー...続きを読む

Qオール電化と省エネ

素人質問ですみません。
省エネ、省エネといいながら(これはガスも含むと思いますが)オール電化住宅を薦めるのはなぜですか?
電力はそんなに無限大にあるのでしょうか?

Aベストアンサー

熱効率は、IHヒータがガスよりも高いようです。
また、電気を熱源とする場合は、細かな調整制御装置を取り付けることができますので、比較的無駄なエネルギーを使わずにすみます。

電力は、無限にはありません。電気を発生させるために、他のエネルギーを利用する必要があるからです。
ただし、電力の需要が安定的で、各発電所が、常に一定の状態で運転していると、発電に必要なエネルギーが少なくていいんです。
これは、加速や減速を繰り返す街中で車を運転するより、一定の速度で車を運転するほうが、燃費がいい事と似ています。
電化住宅を進める背景には、企業で使用する電力分が過剰になる夕方から夜間にかけて、安定した量を消費してほしい電力会社の思惑があるからです。

Qオール電化のメリットデメリット

オール電化(メリット・デメリット)について調べております。

現在は、電力会社のホームページを見たりしているのですが、実質の料金(メンテナンスやそれに伴うアイテムを含む)など、細かい費用や、オール電化のデメリットが記載されていません。
実は今年中に移り住む新居を探していて「オール電化住宅」も検討しているのですが、実際オール電化で居住したことなくわかりません。
オール電化のメリット・デメリットを教えていただけませんか?
質問の仕方が不明瞭ですみません。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

おはようございます♪

昨年オール電化に改造しました。
最大の理由は妻の灯油運びが大変になってきたからです。
選べばエアコンによる暖房代がそれほど負担が大きくないという情報も後押しをしました。

電気料金・光熱費は冷房の夏場は総じて安くすみました。
大きな要因は19年前のエアコンを最新型に代えたからでしょう。
冬場は電気料金としてはオール電化前と同じ程度でした。
以前はお風呂と調理はプロパンガス 暖房は灯油でしたので その分トータルでは安くなりました。

投資額を回収期間で考えてみると10年間くらいはかかりそうな感じですが その間修理などの管理費がかかるかと思いますので更に長期間なんでしょう。

電磁調理器のために調理器具はほとんど買い換えました。
慣れれば調理の不都合はなさそうです。(妻・娘の感想)
火災などの安全性の高さは実感していますし 不使用時にレンジ部が平面なので物を置ける便利さもあるようです。
また 使用範囲しか熱くならないので周辺に可燃物があっても安全ですね。

まだ1年間くらいの経験なので・・・

おはようございます♪

昨年オール電化に改造しました。
最大の理由は妻の灯油運びが大変になってきたからです。
選べばエアコンによる暖房代がそれほど負担が大きくないという情報も後押しをしました。

電気料金・光熱費は冷房の夏場は総じて安くすみました。
大きな要因は19年前のエアコンを最新型に代えたからでしょう。
冬場は電気料金としてはオール電化前と同じ程度でした。
以前はお風呂と調理はプロパンガス 暖房は灯油でしたので その分トータルでは安くなりました。

投資額を回収期間で...続きを読む

Qオール電化住宅の幹線

電気工事士を目指しているものです。
先日、知人宅がオール電化住宅を新築するとの事で良い機会だと思い勉強しております。
場所は東京電力管内で建築延べ床面積95平米になります。
質問(1) 
 幹線の太さと主幹を決める時に電気機器の総容量を求めますがエアコンの電流値は運転電流、始動電流、最大電流のどれを使いますか
質問(2)
 エアコンの電流値が最大電流を使用した場合、以下の総容量になります。この場合、幹線の太さがCVTの14SQと主幹の容量75Aで大丈夫でしょうか。
●エコキュート 22.5A
●IHヒーター  29A
●エアコン 15Ax5箇所=75A
●浴室乾燥機  14.3A
●洗濯乾燥機  14.5A
●オーブンレンジ14.5A
●炊飯器     14A
●食洗機     12A
●温水便座 13Ax2台=26A
●電気床暖房   25A
総容量 246.8A

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

引込口配線の選定
http://www.tepco.co.jp/service/custom/koujiten/sumai/kaden12-j.html

上記URLの第4表によると、95平米では主開閉器50Aで足りてしまいます。
実際、75Aの主開閉器で契約すると契約容量が15kVA(電化上手契約で基本料金3,465円)になります。
主開閉器50Aなら契約容量10kVA(電化上手契約で基本料金2,100円)で済みますので、基本料金節約のためにも10kVAか12kVA位の契約が良いのではないかと思います。

東京電力 電化上手
http://www.tepco.co.jp/e-rates/custom/gokatei/denka/index-j.html

主開閉器容量を決める際は、お使いになる知人様の生活の中でどの家電を同時に使う可能性があるか?という事を確認して考えられると無駄なく契約容量が決められると思います。

また、一番上URLの第6図の様に主開閉器の手前で分岐させて接続した場合、契約容量算定の際にエコキュートの容量を0.1倍で計算する事ができます。
例えば、主開閉器50A(10kVA)、エコキュート消費電力2kWの場合、
10k+2k×0.1=10.2k(四捨五入)→10kVA契約。
よって、主開閉器の手前で分岐させる接続方法が、電灯やコンセントの他にエコキュートが使えるため、お奨めです。

最後に個人的なお奨めとしては、
(1)リミッタースペース付きの分電盤にして、漏電遮断器を60Aにし、リミッタースペースに契約用の主開閉器50Aを取り付け、契約10kVAで生活をスタートする。

(2)電気を使いすぎて50Aが動作する様なら主開閉器50Aを外して、漏電遮断器60Aで12kVA契約(基本料金2,646円)にする。

(3)将来的に2人暮らしとかになり電気をあまり使わなくなったら、リミッタースペースにある主開閉器50Aを外して、アンペアブレーカー60Aを取り付け、契約6kVA(基本料金1,260円)に減らして節約。

オール電化対応 リミッタースペース付き分電盤の例
http://biz.national.jp/Ebox/compact21/conts/2_4_11_c.html

幹線は、主開閉器60A+エコキュートであればCVT14でも足ります(ケーブル長が長ければCVT22がお奨め)。
主開閉器75A+エコキュートの場合はCVT22がお奨めです。

下の参考URLは、実際のオール電化の間取り、契約容量、家族人数、光熱費などが分かるページです。
それほど契約容量を大きくしていないのが良く分かります。

参考URL:http://www.tepco-switch.com/cost/saving/index-j.html

引込口配線の選定
http://www.tepco.co.jp/service/custom/koujiten/sumai/kaden12-j.html

上記URLの第4表によると、95平米では主開閉器50Aで足りてしまいます。
実際、75Aの主開閉器で契約すると契約容量が15kVA(電化上手契約で基本料金3,465円)になります。
主開閉器50Aなら契約容量10kVA(電化上手契約で基本料金2,100円)で済みますので、基本料金節約のためにも10kVAか12kVA位の契約が良いのではないかと思います。

東京電力 電化上手
http://www.tepco.co.jp/e-rates/custom/gokatei/denka/in...続きを読む

Qオール電化住宅向け料金プランなしでのオール電化

東京電力がオール電化の新規営業を中止をしたそうですが、それはオール電化住宅向け料金プランの契約をしないという意味ですよね。

家の新築を予定していて、都市ガスの来ていないところなので、太陽光発電を導入してオール電化にする予定でした。

プロパンは高いと聞いているのですが、太陽光発電を導入してもオール電化住宅向け料金プランでないとオール電化は電気とプロパンとの併用より高くなってしまうのでしょうか?

オール電化の停電時のデメリットは考えていませんが、ランニングコストは気になります。
(ガスを使うものも着火には電気を使うので停電時にはほとんど使えなくなるので)

これから設計でまだ変更可能なので、検討したいと考えています。

よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

HPを見る限り、今の所は「スマイル・クッキング割引」は受け付けてませんが、その他のプランは特に受け付け中止とは表現されていなかったですね。

全電化住宅割引の5%割引が廃止されたとしても、電化上手やおトクなナイト、深夜電力のプランが残れば、エコキュート分はそれなりに対応出来ると思います。

もしこれらが廃止されて従量電灯だけになった場合のシミュレートを自宅の電気代からシミュレートしてみました。
私は中電地区なのであくまで参考ですが、月平均 12000円→16000円となりました。
暖房もエアコンです。

以前は3LDKのアパートでプロパン生活でしたが、電気代とガス代で月平均18000円程掛かっていました。
それに比べれば従量電灯にしても、うちの場合はメリットがありますね。
ただ給湯をボイラーを灯油にすると、電化住宅+従量電灯と同じ位になるかもしれません。

詳細は 月平均740kw 昼間8% 朝晩51% 夜間41%の割合です。
日中は殆ど電気を使いませんので、比較的オール電化のメリットを受けている状況だと思います。

先月より太陽光を4.2kw程入れまして、日中の使用量が少ない為、シミュレーション的には年間5万位のプラスになる予定です。
従量電灯だと電気代はちょっとマイナスになる位かな。
投資費回収とは別に考えてです。
これから新築であれば、固定資産税に影響しますが住宅ローン内に組み込み太陽光に合わせた屋根にしてやれば、今年も補助が出ていますし、まだ売電42円@10年なので、月の電気代自体の負担は減らせると思います。
但し太陽光の場合はパワコンが10~15年で修理又は買い換えが必要になりますし、エコキュートも今の所耐久は10~15年程度と言われています。
その場合の出費はガス給湯よりも高い為、その辺りも計算しておく必要が有りますよ。

ご参考までに。

HPを見る限り、今の所は「スマイル・クッキング割引」は受け付けてませんが、その他のプランは特に受け付け中止とは表現されていなかったですね。

全電化住宅割引の5%割引が廃止されたとしても、電化上手やおトクなナイト、深夜電力のプランが残れば、エコキュート分はそれなりに対応出来ると思います。

もしこれらが廃止されて従量電灯だけになった場合のシミュレートを自宅の電気代からシミュレートしてみました。
私は中電地区なのであくまで参考ですが、月平均 12000円→16000円となりました。
暖房もエアコ...続きを読む

Qエコキュートとオール電化について

エコキュートとオール電化について質問します。
知人がエコキュートを使っているのですが、「変な低周波公害が噂されている上に、すぐに温かいお湯がでない。ガスの瞬間湯沸かし器の方がいいと思う。」と言われました。

でネットでしらべたのですが、エコキュートでオール電化といっても、要はエアコンのフロンのかわりにCO2で狭い空間を暖房してお湯を作っているようなものですよね。

とすればガスと併用してエコキュートで作ったお湯をガスで沸かせば素人考えでは一番いいのではと思えます。

エコキュート=オール電化という考えが頭があるのですが、ガス給湯のバックアップとしてもエコキュートというのはないのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
エコキュートの導入のご検討でのご疑問ですね。
私も過去に検討し、また、周り導入済みの方の感想等を聞いたことがあります。
その結果として・・・
ポイントは、「ご指摘のエコキュートの欠点と疑問はごもっともで、メーカも含めて多くの人が悩んでいる。結局、ガスの基本料を払う気があるかどうかの問題・・・でも、最近では別の選択肢のほうが良いかも」

まず、エコキュートは、多くの方が、次のような感じで検討されていますが、質問者さんの感覚と共通しているでしょうか。。
・きっかけの多くが「台所・室内を電化したい」。IH調理器が発達し裸火のガスコンロより安全にも見える。暖房も、あまり寒くない地域ならエアコンで十分だし、部屋の空気も汚れない。
・そうなれば、ガスを使うのはあとは風呂と台所等の給湯だけ。そのためだけにガスを引いて基本料を払うのはもったいない・・・あっ、お湯だけなら、「お湯専用暖房エアコン」を安い深夜電力で動かせばいいだろう。・・・これがエコキュートであり、オール電化。
・ところが、エコキュートは、「追い焚き」が苦手。お湯の量不足する不安も。じゃあ追い焚きのためにガスを引こうかと思うと・・・
・もともと、「お湯だけのためにガスを契約するのはもったいない」の考えなので、さらに「追い焚き・追加給湯のためだけにガスを契約するのはなおさらもったいない」という考えになり、「ガス追い焚き付きエコキュート」は買い手が少なく製品化されない・・・

・・・とまあこんなところですね。

次に最近の動向として次の状況は理解しておくのがよいでしょう。

・深夜電力が安いのは出力がほとんど調整できない原子力での電力が夜には余っていたから。原子力が止まる時代では深夜電力料金も上がるはず。そうなればエコキュートのメリットはない。でも、原子力が止まって電力不足で特に困るのは日中。だから、電力会社は、全体の料金を上げた場合でも、深夜料金は比較的安くせざるを得ない。うーん。結局どうなっていくだろう???(これは専門家でも予測しにくい問題です。結局、ガスの価格との比較ではあるのですが)
・エコキュートの追い焚きも進化した。「追い焚きは不可能で、追加給湯でごまかしていた時代」から、「蓄熱タンクとの熱循環をうまくやってけっこう効率的な追い焚きもどきが実現でる」状況にもあり、高い電気料にはなるが、熱不足を避ける機能も搭載している。
・でも近所との問題も覚悟が必要。動作音が静かになったとはいえ、やはり音は出る。密集住宅地で自宅の裏に設置するよくある例の場合、裏隣の方から見れば、「自分の庭の真正面に、威圧感のあるのっぽの機械(タンク)が設置され、自分の家に向かって排気(といっても冷気ですが)を出しながら真夜中にうなっている」というのは気持ちのいいものではない。(当家の周りの方で設置した方は、自分の家の庭(表)に設置しておられるようです。でも超低音だけは意外に遠くまで伝わって「低周波公害」と言われる不安は残る)
(なお、蛇口をひねってすぐお湯が出るのは室内型の瞬間湯沸器だけの特権。でも排ガス中毒事故の問題から、通常は避けてガスでも風呂釜一体の集中型が主流なのでお湯の出が遅い点はエコキュートと同じ。)

結局、我が家では3年前に検討したものの他にもガスを使いたい理由もあってオール電化は断念。その代わり、
・屋根の大部分に太陽電池を設置。100万円+αの蓄えを吐き出す投資は必要だったが昼はこれが動作するので夜間割引電気料(昼は高額だが)が効果的で、電気料は差し引きほぼ0円。(3年たちますが10年でほぼモトは取れそうです。今はもっと安くなっているらしい。)
・太陽電池の設置しにくい形の屋根の一部には太陽熱温水器を設置。天候や季節で差はあるが、夏ならガスを全く使わずに風呂に入れる。
(太陽熱温水器は比較的安く確実に効果が出るので、屋根に日が当たるのならエコキュートよりはるかにお勧め・・・現実的にガスのバックアップ!)

ご参考になれば。
ちょっと長くなってしまいましたがお役に立てば幸です。

こんにちは。
エコキュートの導入のご検討でのご疑問ですね。
私も過去に検討し、また、周り導入済みの方の感想等を聞いたことがあります。
その結果として・・・
ポイントは、「ご指摘のエコキュートの欠点と疑問はごもっともで、メーカも含めて多くの人が悩んでいる。結局、ガスの基本料を払う気があるかどうかの問題・・・でも、最近では別の選択肢のほうが良いかも」

まず、エコキュートは、多くの方が、次のような感じで検討されていますが、質問者さんの感覚と共通しているでしょうか。。
・きっかけの多く...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報