退職してからも、時々お世話になっている人がいます。ずっと「○○係長」と呼んでいて、辞めてからも「○○係長」と呼んでいました。

4月になり、その方は課長代理になられたそうです。
やはり「○○課長代理」「○○代理」とお呼びすべきでしょうか。
退職前だったら、もちろん何のためらいもないのですが、もうそこで働いていない私が、新しい役職名で呼ぶのは何かおかしい気がして・・・。
でも、「係長」のままというのも失礼ですよね?

何かご意見頂ければと思います。よろしくお願いします。

A 回答 (6件)

私の場合は、退職直後から「○○さん」と呼び変えるように意識しましたが、やはり違和感がありましたよ。



それまで「○○係長」でなれていたので呼びやすかったですが、会社での「仕事上」の「役職」付きのおつきあいではなく、会社を離れたおつきあいを続けたいという気持ちがあったので変えました。

会社以外で知り合った人を呼ぶ場合は、その人の役職を調べて役職付きで呼ぶなんてことはしないで、すべて「○○さん」で呼びますよね。

呼ばれる方も私生活でのつきあいの中で「係長・課長代理」という肩書きがついて回るより「さん」と呼ばれる方がいいんじゃないでしょうか。
もちろん人によって違うとは思いますよ。

冗談半分で、
「昇進されたそうですね。これからは○○係長じゃなくて○○課長代理と呼ばなくちゃいけませんね。」
とか言ったら、
「やめてくれよ。」
とか言って照れるんじゃないでしょうか。
「それじゃあ○○さんにしましょうか。」
とか言って言い換えるというのはいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。

いかに自然に変えるかを考えると、haku-yさんがおっしゃるように、冗談半分で、これからは「さん」で呼びますと、宣言してしまうのがいいかなと。(No.1のご回答のお礼にも書きましたが照れ隠しにもなりそうです。)

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/08 00:23

率直なところ「係長」と呼ぶのだけはやめた方がいいと思います。

呼びやすいと言うのはよくわかります。「係長」「係長」と頼って成長してくる時期が誰にでもありますから。自然な呼び名の一部みたいなものですよね。ただ、現に今は係長ではなく誤りですし、それを知っているのですから。まぁまた昇進等して変わるかもしれないし、部外者であれば、これを機に新たな呼び方を考えるのがいいかも知れませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。

やはり変え時ですね。
確かに、また昇進もあるでしょうし、もしかしたら、今の会社を辞められる事があるかもしれません。
私は、これからもおつきあいを続けていきたいと思っていますので、先のことを考えると、「○○さん」と呼ぶのが一番ですね。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/08 00:23

退職してからでさえ、相手に役職名を付けて呼ばなければならないとは、不便な慣習ですね。



私は、役職名で人を呼ぶような会社で働いたことがありませんので、上下関係・年齢にかかわらず、いつも「~さん」です。

あなたの場合には、退職されたのですから、なおさらのこと、役職名で呼ぶのは「不自然」だと思います。

それにしても、いろいろと余計なことに気を使わなければならない日本の会社組織ですね。私などは、同情するよりも、あきれてしまっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。

私が役職名を付けていたのは、単に、慣れてて呼びやすかったからで、深くは(というか何も)考えていませんでした。「不自然」だとも思っていませんでした。
でも、これから改めて新しい役職名を付けるのは、確かに「不自然」な気がします。

自分でも,何をそこまで悩むのかとあきれています。(普段は大雑把なはずなんですが)

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/07 00:12

こんばんは。


自分に当てはめて、考えてみました。

私は今は、自営ですが、以前勤めていた時の方達には
今でも私を、『部長、店長』と肩書きで呼ぶ人も居られます。
特に悪い気は、しませんが、公の場で困る場合もあります。

私は、以前の上司には『○○さん』と呼ぶようにしています。

現在も、仕事上のおつき合いがあるなら、役職名で(昇進後の)、
プライベートな、おつき合いなら、これを機会に御名前で
呼ばれたら、いいかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。
ご回答ありがとうございます。

勤めていた時に、よく同じ部内の人と4、5人で飲みに連れて行ってもらってて、退職後も声を掛けて頂いているんです。ですから、私以外の人は当然「課長代理」な訳で、それで「さん」と呼びにくいというのもあります。

ちなみに、そのメンバーの中には、「○○さん」から「主任」になられた人もいるのですが、その人には、これからも「○○さん」でいくつもりです。

お礼日時:2002/04/07 00:11

runa_runaさん、こんばんは。


僕ならこんな風にするでしょう。
「○○係長…、あ、昇進されたんですってね。○○課長代理ぃ~」
次からは、○○課長代理でOKです。

理由
・自分も認知したことを表意し、それから変えることも表意することが大事
・やっぱり偉い方で呼ばれるほうが気分イイですよね?
・すでに、○○課長代理と呼ばれていますので混乱しない。
このあたりが上記作戦のメリットです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。

やはり「係長」のままというのは一番良くないですよね。
「あ、課長代理になられたそうですね」と、sakikumoさんがおっしゃるように、認知したことを表意はするつもりです。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/07 00:10

会社を離れてお世話になっているのでしたら「○○さん」でいいと思いますよ。



「係長」・「課長」とおつきあいしているわけではなく、「○○」とおつきあいしているわけですから、そろそろ変え時ではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。
早速のご回答有難うございます。

役職名を意識して付けていた訳ではなく、呼びやすかったんですね。
そうですねー、変え時だと思います。

蛇足ですが、なぜか、友達を初めてあだ名で呼ぶ時のような照れくささを感じるのは、私だけでしょうか・・・。

お礼日時:2002/04/07 00:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「課長代理」や「課長補佐」、「課長」と呼ぶの?

取引先担当者の名刺の肩書きが「課長代理」や「課長補佐」となっていた場合、
ご本人を呼ぶ時は、“代理”や“補佐”を取って単に「(お名前)課長」とするのが良いのでしょうか?

また相手が民間の方の場合、行政(公務員)の方の場合とではそれぞれ状況は異なるのでしょうか?

Aベストアンサー

あくまで参考マデ。
 その会社の呼びかたもありますし、会社によって違うのではないでしょうか。社内では、代理、補佐、と呼んでいることもあるし。肩書きなしで呼ぶ場合も。役所では、課長補佐のことを補佐と呼んでいましたね。
 民間の出入りの業者の人は、取引先の課長代理を○○課長と呼んで、ちょっと持ち上げたりする場合があります。これも、本人ひとりと話する場合はいいですが、本当の課長の同席がある場合は難しいですしね。

Q課長の下の役職って係長?

課長の下の役職って係長になるのだと思うのですが、
課長職はまだ任せられず課長を目指し奮闘してほしいと言う意味もあって課長よりひとつ下の役職を与えたいと思っています。
ただ、多くの企業では「係長」と呼んでいる記憶が私の中では薄く、課長に満たない役職は名前で呼び合っている気がします。
名前で呼ばれるのではなく、彼の下の人間から役職名で呼ばれることで意識の改革もしてほしい願いがあります。
係長だと呼びにくい(舌をかみそう)との意見もあり、適当な役職を知りたいのでどなたかアドバイスお願いできますか?

Aベストアンサー

#3です。
質問は、係長は任せられても、課長は???という方について如何するかの悩みですね。
社員の制度としては、一般的な「職制」ですが、少し大きな会社では、プラス「資格制」で上下を付けている会社もあります。
参考
「職制」部長以下上位から
部長、部長代理、次長、課長、課長代理、係長、係長代理、主任、副主任
「資格制」上位から
理事、副理事、参事、副参事、参与、主事、副主事、主任、副主任
職制と資格の関係は、
副主任=副主任、主任=主任、副主事=係長、主事=課長、参与=次長、副参事=部長が一般的です。
資格が上位で職制が次となります。
この制度を使う場合、資格があっても職制無しの方も出てきます。
例として資格が参与で職制が課長や資格が副主事で職制が課長が出てきて、同じ課長でも上下を付けられます。
給与に関しては、管理職手当を資格給と職制給に分ける必要が出てきます。
慎重に熟慮して考えて下さい。
御参考まで

Q副課長と課長代理は同じ?

「副社長」という表現はよく聞きますが、「副課長」というような表現は普通、世間一般では使いますでしょうか?普通は、「課長代理」と呼びませんか?どちらも同じでしょうか?名刺には、普通どちらで刷ったらよいのでしょうか?ビジネス界の通念にお詳しい方、教えて下さい。よろしく御願い致します。

Aベストアンサー

役職名なんて、その会社が適当につけているだけでしょう。
某一流メーカーなんか、ひとつの課に課長が何人もいて、“統括課長”という役職の人が、実質的な課長をしています。何で“平課長”がたくさんいるかというと、役職手当をもらうため(爆)。

以下、あくまで個人的な考え。
法律では、代理人のした行為は本人に帰属することになる。
つまり、課長代理のした行為は、課長の行為になる。したがって、行為の全責任も課長にある。
もし、取引先の課長代理という役職をもった人がミスってこっち側に損害を与えた場合、課長に全責任をとってもらう。
一方、副課長のした行為は、あくまでも副課長の行為であって、基本的に課長とは何の関係もない(管理不行届きの責任はあるかもしれないが)。
・・・と私は考えるのですが。

Q課長代理と課長補佐はどっちが偉い?

暇な質問ですみません。

課長代理と課長補佐、普通はどっちが偉いんでしょうか?
詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

代理が偉いです。
代理は課長と代わりに同等という意味ですが、補佐はサポート(副課長意味)ですので、代理が指揮命令系統上、上位です。
ですので、オー人事のコマーシャルはおかしいです。

Q部長代理 部長 課長 なら

部長
部長代理
課長
の順でえらいですか?

Aベストアンサー

私が居た会社ですと、部長代理と課長は同格でした。
会社の組織で部や課を作ったり廃止したりするには、年1回の株主総会の承認を得る必要があり、世の中の経営環境の変化に素早く追随して組織を変えることができません。
そこで、課は管理部門の総務や経理などあまり変わらないところだけにし、製造、販売などの部門は、課ではなくグループという組織にしていました。
グループのリーダーの名刺に部長代理という肩書を付けていました。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報